プロスピ2019 野手。 プロスピオーダボーナス、野手

プロスピ2019パスワード

プロスピ2019 野手

2019年7月18日に発売される「プロ野球スピリッツ2019」。 プロスピシリーズでは初となる高校野球育成モード、「甲子園スピリッツ」が搭載されることが明らかになりました。 甲子園スピリッツとは 引用: 甲子園スピリッツは3つのモードからなります。 1年チャレンジ:夏の甲子園までのラスト1年間のストーリー。 イベントと練習で選手を育成する。 大会チャレンジ:試合中心の育成モード。 アクションに自信がある人はこちら。 練習チャレンジ:カード練習でキャライベントを狙って選手を簡単に育成。 ざっくり言ってしまえば、リアル寄りのパワプロのサクセスといった感じでしょうか。 1年チャレンジ 基本 引用: 「1年チャレンジ」は、2年生夏からスタートします。 チームメイトとのポジション争いから始まることもあり、登場キャラクターはチームメイトの主要キャラ9人のほか、マネージャー、監督、他校のライバルなど、総勢40人以上登場します。 それぞれと交友可能であり、交友を深めることでスタータスにも好影響を与えるとのことです。 「極意」が上がると、能力アップ時に必要な成長ポイントを節約することができます。 そのほか、他校のライバルとの勝負(ホームラン数など)や、彼女イベントもあるそうです。 アクティブ・集中力 引用: 1年チャレンジでは、主に「練習」「移動」「回復」のコマンドを選択することになります。 コマンドを選択することで、コマンド回数を消費します。 「アクティブ」のパラメーターを高めると、コマンド回数を増やすことができます。 「集中力」のパラメーターを高めると、練習での成長ポイントの獲得量が増加します。 アクティブやパラメーター、先ほど紹介した極意を高めてから選手能力を上げたほうが、強力な選手を育成できるでしょう。 とはいえ選手能力をある程度上げていかないと、試合に勝つこともままなりませんので、そのあたりはバランスですね。 投手の守備力についても言及があり、E程度までは上げておくのがよいそうです。 移動 引用: 移動できる場所により、さまざまな効果が発生します。 「定食屋」では体力とアクティブがもらえますし、ライバルの足立と会うと極意レベルが上がります。 キャラクターごとにさまざまなイベントが発生し、経験ポイントがたくさんもらえたり、特殊能力がもらえたりします。 高評価でのプロ入りを目指すのであれば、スカウトをある程度追う必要があります。 ドラフト順位は最も高い球団の評価、契約金は全スカウトの合計値で決まります。 これらが高いほうが、もらえるポイントボーナスが多くなります。 マネージャーと仲良くすると、スカウト評価が上がりやすくなります。 チームメイト 引用: 練習でタッグ練習をすると、チームメイトの能力が上がります。 「移動」などのイベントでも、能力は上昇します。 チームメイトの能力も程よく上げていくことが、試合で勝ち進むためのポイントとなるでしょう。 自動試合でも負けにくくなるそうです。 作成したオリジナル選手は、継承選手となり新入部員として入部します。 どの選手が入部するかは運とのことです。 試合 引用: このモードでは、試合の難易度を3段階から選択することができます。 イージーなら試合には勝ちやすくなりますが、成長ポイントにマイナス補正がかかります。 ハードなら試合には勝ちにくくなるものの、成長ポイントにプラス補正がかかります。 なお、仮に負けて終了となっても、選手を登録することは可能です。 プレイする都道府県を選ぶ「地区選択」も重要です。 「敵チーム難易度」が高い地区を選択すると、試合に勝ちにくくなる分、成長ポイントにプラス補正がかかります。 難易度補正のほうがより補正幅が大きくなります。 成長ポイントは、高い難易度のほか試合での得失点も重要になります。 全員操作でゴリゴリ打ちまくるのが有利。 そのためにもキャプテンを目指しましょう。 レギュラー入りももちろん早いほうがよさげ。 野手は開始時に、得意不得意コースの設定をできます。 自分の好きなコースを得意コースに設定しておけば、打撃も多少楽になるでしょう。 大会チャレンジ 引用: アクション野球を中心に育成を進めるモードです。 アクション野球と練習チャレンジをミックスしています。 プレイ時間は20~40分程度で、運に左右される面もあるとのことです。 基本はやはり、試合でいい結果を残すことです。 練習でチームメイトがいるベース位置に泊まると、成長ポイントボーナスが入ったり、チームメイトの能力が強化されたりします。 ライバルも出現し、こちらも練習でライバルがいるベース位置に止まるとと、スカウト評価が上がります。 これらのイベントを多くこなすには、マネージャーをコンプリートして練習ターンを増やすことが重要になるとのことです。 練習チャレンジ 引用: サクッと育成できるモードです。 パワプロで言うところの、サクサクセスモードですね。 最短1分かからないレベル、ラストまで進んでも15分くらいで選手が作れます。 このモードで重要なのが「ハリキリシステム」です。 画面左上に表示されているメーターで、顔の位置で止まるとキャラに応じたイベントが発生します。 最後のベースでは、「Mr. 〇〇〇〇」というキャラが登場します。 成功率50%で能力が上がります。 さらに確率2. 5%で大成功もあるそうです。 プロ野球速報プレイ こちらは別モードの紹介です。 公式戦だけではなく、交流戦やオールスター、クライマックスシリーズ、日本シリーズも対応予定とのことです。 試合のある日には毎日シナリオを配信し、最短で試合終了後1時間でプレイ可能です。 シナリオはいつでもプレイ可能です。 プレイ内容によってスコアを獲得し、それをもとにランキングで競います。 またミッションを達成すると、ほかのモードで使えるアイテムがもらえます。 引用: 引用: 【終わりに】高校野球には驚いた プロスピに高校野球のモードができるイメージはなかったので驚きました。 パワプロのサクセスみたいに、奇抜なイベントはあるのかな?彼女がいるのもうれしいですね。 やりこみがいがありそうです。 その他のモードの詳細もまとめていますので、よろしければチェックしてみてください。

次の

プロスピ2019|プロ野球スピリッツ2019 公式サイト|KONAMI

プロスピ2019 野手

2019年7月18日に発売される「プロ野球スピリッツ2019」。 プロスピシリーズでは初となる高校野球育成モード、「甲子園スピリッツ」が搭載されることが明らかになりました。 甲子園スピリッツとは 引用: 甲子園スピリッツは3つのモードからなります。 1年チャレンジ:夏の甲子園までのラスト1年間のストーリー。 イベントと練習で選手を育成する。 大会チャレンジ:試合中心の育成モード。 アクションに自信がある人はこちら。 練習チャレンジ:カード練習でキャライベントを狙って選手を簡単に育成。 ざっくり言ってしまえば、リアル寄りのパワプロのサクセスといった感じでしょうか。 1年チャレンジ 基本 引用: 「1年チャレンジ」は、2年生夏からスタートします。 チームメイトとのポジション争いから始まることもあり、登場キャラクターはチームメイトの主要キャラ9人のほか、マネージャー、監督、他校のライバルなど、総勢40人以上登場します。 それぞれと交友可能であり、交友を深めることでスタータスにも好影響を与えるとのことです。 「極意」が上がると、能力アップ時に必要な成長ポイントを節約することができます。 そのほか、他校のライバルとの勝負(ホームラン数など)や、彼女イベントもあるそうです。 アクティブ・集中力 引用: 1年チャレンジでは、主に「練習」「移動」「回復」のコマンドを選択することになります。 コマンドを選択することで、コマンド回数を消費します。 「アクティブ」のパラメーターを高めると、コマンド回数を増やすことができます。 「集中力」のパラメーターを高めると、練習での成長ポイントの獲得量が増加します。 アクティブやパラメーター、先ほど紹介した極意を高めてから選手能力を上げたほうが、強力な選手を育成できるでしょう。 とはいえ選手能力をある程度上げていかないと、試合に勝つこともままなりませんので、そのあたりはバランスですね。 投手の守備力についても言及があり、E程度までは上げておくのがよいそうです。 移動 引用: 移動できる場所により、さまざまな効果が発生します。 「定食屋」では体力とアクティブがもらえますし、ライバルの足立と会うと極意レベルが上がります。 キャラクターごとにさまざまなイベントが発生し、経験ポイントがたくさんもらえたり、特殊能力がもらえたりします。 高評価でのプロ入りを目指すのであれば、スカウトをある程度追う必要があります。 ドラフト順位は最も高い球団の評価、契約金は全スカウトの合計値で決まります。 これらが高いほうが、もらえるポイントボーナスが多くなります。 マネージャーと仲良くすると、スカウト評価が上がりやすくなります。 チームメイト 引用: 練習でタッグ練習をすると、チームメイトの能力が上がります。 「移動」などのイベントでも、能力は上昇します。 チームメイトの能力も程よく上げていくことが、試合で勝ち進むためのポイントとなるでしょう。 自動試合でも負けにくくなるそうです。 作成したオリジナル選手は、継承選手となり新入部員として入部します。 どの選手が入部するかは運とのことです。 試合 引用: このモードでは、試合の難易度を3段階から選択することができます。 イージーなら試合には勝ちやすくなりますが、成長ポイントにマイナス補正がかかります。 ハードなら試合には勝ちにくくなるものの、成長ポイントにプラス補正がかかります。 なお、仮に負けて終了となっても、選手を登録することは可能です。 プレイする都道府県を選ぶ「地区選択」も重要です。 「敵チーム難易度」が高い地区を選択すると、試合に勝ちにくくなる分、成長ポイントにプラス補正がかかります。 難易度補正のほうがより補正幅が大きくなります。 成長ポイントは、高い難易度のほか試合での得失点も重要になります。 全員操作でゴリゴリ打ちまくるのが有利。 そのためにもキャプテンを目指しましょう。 レギュラー入りももちろん早いほうがよさげ。 野手は開始時に、得意不得意コースの設定をできます。 自分の好きなコースを得意コースに設定しておけば、打撃も多少楽になるでしょう。 大会チャレンジ 引用: アクション野球を中心に育成を進めるモードです。 アクション野球と練習チャレンジをミックスしています。 プレイ時間は20~40分程度で、運に左右される面もあるとのことです。 基本はやはり、試合でいい結果を残すことです。 練習でチームメイトがいるベース位置に泊まると、成長ポイントボーナスが入ったり、チームメイトの能力が強化されたりします。 ライバルも出現し、こちらも練習でライバルがいるベース位置に止まるとと、スカウト評価が上がります。 これらのイベントを多くこなすには、マネージャーをコンプリートして練習ターンを増やすことが重要になるとのことです。 練習チャレンジ 引用: サクッと育成できるモードです。 パワプロで言うところの、サクサクセスモードですね。 最短1分かからないレベル、ラストまで進んでも15分くらいで選手が作れます。 このモードで重要なのが「ハリキリシステム」です。 画面左上に表示されているメーターで、顔の位置で止まるとキャラに応じたイベントが発生します。 最後のベースでは、「Mr. 〇〇〇〇」というキャラが登場します。 成功率50%で能力が上がります。 さらに確率2. 5%で大成功もあるそうです。 プロ野球速報プレイ こちらは別モードの紹介です。 公式戦だけではなく、交流戦やオールスター、クライマックスシリーズ、日本シリーズも対応予定とのことです。 試合のある日には毎日シナリオを配信し、最短で試合終了後1時間でプレイ可能です。 シナリオはいつでもプレイ可能です。 プレイ内容によってスコアを獲得し、それをもとにランキングで競います。 またミッションを達成すると、ほかのモードで使えるアイテムがもらえます。 引用: 引用: 【終わりに】高校野球には驚いた プロスピに高校野球のモードができるイメージはなかったので驚きました。 パワプロのサクセスみたいに、奇抜なイベントはあるのかな?彼女がいるのもうれしいですね。 やりこみがいがありそうです。 その他のモードの詳細もまとめていますので、よろしければチェックしてみてください。

次の

プロスピ2019パスワード

プロスピ2019 野手

2019年7月18日に発売される「プロ野球スピリッツ2019」。 プロスピシリーズでは初となる高校野球育成モード、「甲子園スピリッツ」が搭載されることが明らかになりました。 甲子園スピリッツとは 引用: 甲子園スピリッツは3つのモードからなります。 1年チャレンジ:夏の甲子園までのラスト1年間のストーリー。 イベントと練習で選手を育成する。 大会チャレンジ:試合中心の育成モード。 アクションに自信がある人はこちら。 練習チャレンジ:カード練習でキャライベントを狙って選手を簡単に育成。 ざっくり言ってしまえば、リアル寄りのパワプロのサクセスといった感じでしょうか。 1年チャレンジ 基本 引用: 「1年チャレンジ」は、2年生夏からスタートします。 チームメイトとのポジション争いから始まることもあり、登場キャラクターはチームメイトの主要キャラ9人のほか、マネージャー、監督、他校のライバルなど、総勢40人以上登場します。 それぞれと交友可能であり、交友を深めることでスタータスにも好影響を与えるとのことです。 「極意」が上がると、能力アップ時に必要な成長ポイントを節約することができます。 そのほか、他校のライバルとの勝負(ホームラン数など)や、彼女イベントもあるそうです。 アクティブ・集中力 引用: 1年チャレンジでは、主に「練習」「移動」「回復」のコマンドを選択することになります。 コマンドを選択することで、コマンド回数を消費します。 「アクティブ」のパラメーターを高めると、コマンド回数を増やすことができます。 「集中力」のパラメーターを高めると、練習での成長ポイントの獲得量が増加します。 アクティブやパラメーター、先ほど紹介した極意を高めてから選手能力を上げたほうが、強力な選手を育成できるでしょう。 とはいえ選手能力をある程度上げていかないと、試合に勝つこともままなりませんので、そのあたりはバランスですね。 投手の守備力についても言及があり、E程度までは上げておくのがよいそうです。 移動 引用: 移動できる場所により、さまざまな効果が発生します。 「定食屋」では体力とアクティブがもらえますし、ライバルの足立と会うと極意レベルが上がります。 キャラクターごとにさまざまなイベントが発生し、経験ポイントがたくさんもらえたり、特殊能力がもらえたりします。 高評価でのプロ入りを目指すのであれば、スカウトをある程度追う必要があります。 ドラフト順位は最も高い球団の評価、契約金は全スカウトの合計値で決まります。 これらが高いほうが、もらえるポイントボーナスが多くなります。 マネージャーと仲良くすると、スカウト評価が上がりやすくなります。 チームメイト 引用: 練習でタッグ練習をすると、チームメイトの能力が上がります。 「移動」などのイベントでも、能力は上昇します。 チームメイトの能力も程よく上げていくことが、試合で勝ち進むためのポイントとなるでしょう。 自動試合でも負けにくくなるそうです。 作成したオリジナル選手は、継承選手となり新入部員として入部します。 どの選手が入部するかは運とのことです。 試合 引用: このモードでは、試合の難易度を3段階から選択することができます。 イージーなら試合には勝ちやすくなりますが、成長ポイントにマイナス補正がかかります。 ハードなら試合には勝ちにくくなるものの、成長ポイントにプラス補正がかかります。 なお、仮に負けて終了となっても、選手を登録することは可能です。 プレイする都道府県を選ぶ「地区選択」も重要です。 「敵チーム難易度」が高い地区を選択すると、試合に勝ちにくくなる分、成長ポイントにプラス補正がかかります。 難易度補正のほうがより補正幅が大きくなります。 成長ポイントは、高い難易度のほか試合での得失点も重要になります。 全員操作でゴリゴリ打ちまくるのが有利。 そのためにもキャプテンを目指しましょう。 レギュラー入りももちろん早いほうがよさげ。 野手は開始時に、得意不得意コースの設定をできます。 自分の好きなコースを得意コースに設定しておけば、打撃も多少楽になるでしょう。 大会チャレンジ 引用: アクション野球を中心に育成を進めるモードです。 アクション野球と練習チャレンジをミックスしています。 プレイ時間は20~40分程度で、運に左右される面もあるとのことです。 基本はやはり、試合でいい結果を残すことです。 練習でチームメイトがいるベース位置に泊まると、成長ポイントボーナスが入ったり、チームメイトの能力が強化されたりします。 ライバルも出現し、こちらも練習でライバルがいるベース位置に止まるとと、スカウト評価が上がります。 これらのイベントを多くこなすには、マネージャーをコンプリートして練習ターンを増やすことが重要になるとのことです。 練習チャレンジ 引用: サクッと育成できるモードです。 パワプロで言うところの、サクサクセスモードですね。 最短1分かからないレベル、ラストまで進んでも15分くらいで選手が作れます。 このモードで重要なのが「ハリキリシステム」です。 画面左上に表示されているメーターで、顔の位置で止まるとキャラに応じたイベントが発生します。 最後のベースでは、「Mr. 〇〇〇〇」というキャラが登場します。 成功率50%で能力が上がります。 さらに確率2. 5%で大成功もあるそうです。 プロ野球速報プレイ こちらは別モードの紹介です。 公式戦だけではなく、交流戦やオールスター、クライマックスシリーズ、日本シリーズも対応予定とのことです。 試合のある日には毎日シナリオを配信し、最短で試合終了後1時間でプレイ可能です。 シナリオはいつでもプレイ可能です。 プレイ内容によってスコアを獲得し、それをもとにランキングで競います。 またミッションを達成すると、ほかのモードで使えるアイテムがもらえます。 引用: 引用: 【終わりに】高校野球には驚いた プロスピに高校野球のモードができるイメージはなかったので驚きました。 パワプロのサクセスみたいに、奇抜なイベントはあるのかな?彼女がいるのもうれしいですね。 やりこみがいがありそうです。 その他のモードの詳細もまとめていますので、よろしければチェックしてみてください。

次の