あざ 白血病。 【熱が下がらない・あざができる】進行の早い「急性骨髄性白血病」とは

白血病の初期症状【あざ写真画像はこちら!】

あざ 白血病

白血病であざができやすい場所やどこなのでしょう。 がんは、がん細胞が増えることで、正常な細胞の割合が減っていくという病気です。 そして血液のがんと言われている白血病でも、同じような現象が血液において起こります。 がん細胞が増殖するにつれて、正常な赤血球や白血球が減少していくことになるのです。 スポンサーリンク 血液の中には、血液を固める力を持つ血小板もあります。 怪我をして出血した時に、血液は徐々に固まってかさぶたとなりますが、それは血小板の働きによるものなのです。 この血小板も、白血病になると少なくなります。 そのため白血病を発症すると、血液が固まりにくくなります。 つまり、出血した場合には、なかなか止まらず流れ続けるということです。 また、あざも治りにくくなります。 あざは、皮膚の内部で起こる出血なので、これも通常は血小板の働きによって、徐々に治っていきます。 しかし血小板が少ないと、なかなか治らないのです。 また、白血病が原因となっているあざには、特にできやすい場所や部位があります。 具体的には、太ももから膝にかけての内側や裏側です。 スポンサーリンク 下半身の血管は、上半身の重みによって圧迫されがちです。 その中でも特にこれらの場所や部位は、柔らかい分、重みの影響を受けやすいのです。 そのため圧迫された血管から内出血が起こりやすく、しかも出血が止まりにくいので、目立つあざとなるわけです。 もちろん、何かにぶつかったりした場合にも、内出血が生じることがあります。 しかし特にそのような記憶がないにもかかわらず、これらの部位や場所に赤色や紫色のあざが多くでき、なおかつそれがなかなか治らない場合には、念のために血液検査を受ける方が良いとされています。 その結果、仮に白血病だったとしても、早期発見だった場合には、負担の少ない治療で完治させることが可能です。 スポンサーリンク.

次の

足立梨花の顔のあざの原因はストレス?白血病や皮膚がんの可能性も! | GORAKU DAILY

あざ 白血病

原因 白血病の原因は、それぞれの種類によって異なる。 急性骨髄性白血病の場合は、血液をつくる過程の細胞に何らかの異変が生じ、その異常により変異遺伝子がつくられ、血をつくる機能が低下したり、がん化した白血病細胞が増殖したりすることによって発症する。 骨髄では正常な血液細胞がつくれなくなり、全身の血液でも正常な白血球や赤血球が減っていく。 異常を生じる原因はまだ明らかになっていない部分も多い。 急性リンパ性白血病は、白血球の中のリンパ球が若いうちに悪性化し、白血病細胞が増え続けることによって発症する。 主に骨髄でリンパ球が悪性化するものを急性リンパ性白血病という。 6歳以下の子どもに多く見られ、成人の発症もまれながら起こり得る。 特に脳や脊髄に白血病細胞が侵食し、血をつくる機能も低下するため、腫れや痛みなどさまざまな症状を引き起こす。 治療 代表的な治療方法は化学療法、放射線療法、造血幹細胞移植で、中でも抗がん剤を用いた化学療法が一般的。 化学療法では、抗がん剤によって白血病細胞を死滅させ、正常な血液細胞を増やす。 放射線療法は、放射線を照射してがん細胞の死滅を図る治療法である。 造血幹細胞移植は、患者自身や他者(ドナー)の造血幹細胞を移植して造血能を回復させる方法。 化学療法や放射線治療で効果が見られない場合に選択される。 急性骨髄性白血病の場合、複数の抗がん剤を組み合わせて治療する。 若い人の多くは数値の正常化をめざせる。 合わせて造血幹細胞移植を行うこともある。 急性リンパ性白血病の場合においても、抗がん剤による化学療法と同種造血幹細胞移植が主で、治療により白血病細胞が減った後も、強化療法などで複数回の治療を要する。 都道府県からクリニック・病院を探す 内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 血液内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の

白血病の初期症状【あざ写真画像はこちら!】

あざ 白血病

白血病は血液細胞ががん化したものです。 がん化にはいくつかの遺伝子異常が関わっています。 子どもが病気にかかったことについて、ご両親は自分たちに原因があるのではないかと深くお悩みになることが多く見受けられます。 しかし、子どもが病気になったのは誰のせいでもありません。 病気の発症を予測し、予防をするのは非常に困難なことなのです。 放射線被ばく、遺伝的素因、ごく一部でウイルス感染が原因となりますが、多くの場合、原因は特定できません。 しかし、白血病もほかの「がん」と同様に、遺伝子の傷が重なって発症することがわかっています。 では「がん」とは一体何でしょうか? 人間の体はたくさんの細胞から成り立っており、健康なときには古くなった細胞が新しい細胞と毎日入れ替わっています。 しかし、体の中に「がん」細胞ができると、全体の規則を無視して、限りなく増え続けてしまいます。 血液の「がん」である白血病では、「がん」化した白血球 白血病細胞 が骨髄 硬い骨の中心にあるスポンジのような部分 の中で異常に増え続けています。 もともと骨髄の中では正常の血液細胞 赤血球・白血球・血小板 が作られているのですが、白血病細胞は骨髄に蓄積されて正常な血液細胞を作る妨げとなったり、リンパ節・肝臓・脾臓の中でも増え続けたりするため、血液の異常をはじめとしたさまざまな症状が出てきます。 症状だけではすぐに白血病とは判断できません。 白血病では正常な血液細胞を作ることが妨げられるために、発熱・顔色が悪い・出血が止まりにくいなどの症状がみられます。 しかし、初期では、風邪やその他の子どもによくある病気と区別できないことも多いので、血液検査をしないと症状だけでは白血病かどうかはわかりません。 「顔色が悪いけれど、元気に幼稚園や学校に通っていた」というようなケースも見られます。 そのうちに手足にしつこい痛みが出てきたり、くり返し熱を出したり、あざがたくさんできるようになったり、リンパ節・肝臓・脾臓が大きく腫れて、外から触ることができるようになってきます。 これらの症状がいくつかそろえば白血病の可能性が疑われます。 白血病を診断し、治療法を決めるためには、血液検査に加えて骨髄の検査が必要です。 通常、骨髄の検査は入院して行います。 小児急性リンパ性白血病では、骨髄移植を必要とすることは少ないです。 これは全身に広がっている白血病細胞に対して、注射や飲み薬をからだのすみずみまで行き届かせて治療します。 ただし、お薬が届きにくい体の場所が2ヶ所あります。 それは、中枢神経 脳と脊髄 と、男の子の場合はこう丸(精巣)です。 このため特に中枢神経に対しては、腰から髄腔内に注射を行うことで薬を十分に行き渡らせます。 こう丸に対しては、治療法が進歩したことにより、再発の率に特に違いはなくなりました。 造血幹細胞移植は、化学療法よりも治療後の合併症が高い頻度で起こるため、化学療法で治りにくい患者さんに限られます。 そのため、初期に病気の治りやすさを的確に予測して、治療法を選択します。 化学療法の副作用にはどんなものがありますか? 化学療法の作用は、細胞の成長・増殖を抑えて、細胞を破壊することです。 このため盛んに増える白血病細胞を破壊することができるのです。 しかし盛んに増える細胞であれば正常な細胞であっても同じように作用してしまうため、副作用が現れるのです。 主な副作用として、• 感染症を起こしやすくなる• 吐き気・下痢・便秘など 胃腸の症状• 口内炎など粘膜の症状• 脱毛、爪・皮膚色の変化など外見上の変化• 貧血・白血球減少・血小板減少 3つをあわせて「骨髄抑制」と表現します• 肝臓や腎臓の障害• 心臓の障害 などがあげられます。 その他、お薬によってはアレルギー反応などの副作用もあります。 同じお薬でも個人差もあり、また場合によっても副作用の出方にはばらつきがあります。 ほとんどの副作用は、薬を使った後しばらくの間だけ見られるもので、自然に回復します。 白血病に対する治療効果をあげるためには、ある程度の副作用が出ることは避けられないことですが、副作用に対して有効なお薬を用いることによって副作用の軽減に努めます。

次の