メダカ 飼育。 メダカの飼い方

メダカの飼育方法・水槽立ち上げ方法まとめ

メダカ 飼育

pHとは pH(ペーハー)とは水素イオン指数の単位で、水溶液の酸性・中性・酸性の程度を表します。 0~14の数値で表され、7を中性とし、数値が小さくなれば酸性が強くなり、数値が大きくなればアルカリ性が強くなります。 日本国内のにおける水道水のpH値は、中性に近い5. 8~8. 6に定められています。 pHショック 異なるpH環境へ移動された際のショック症状を、pHショックといいます。 pH値の急激な変化はメダカの負担となり、異常行動や体調不良、となってしまうおそれがあります。 そのため、新規購入時や飼育容器の引っ越しなど、メダカの飼育環境が大きく変化する可能性のある場合には、慎重なを行う必要があります。 メダカ飼育に適したpH 弱酸性~弱アルカリ性の、比較的広い水質での飼育が可能です。 特に、中性~弱アルカリ性の水が適しているとされていますが、pHの急激な変化がなければ、通常飼育で問題になることはほとんどありません。 pHを変化させる要因 飼育環境や管理の方法など、様々な要因で飼育水のpH値は変化します。 底床 底床の種類によって、飼育水を酸性・アルカリ性に傾けます。 一般的に、ソイルやは酸性に、砂・砂利(など)やサンゴなどはアルカリ性に傾ける効果があります。 硝酸 や残餌などから発生するアンモニアは、のはたらきによって分解され、硝酸に変化します。 飼育水中に堆積した硝酸は、pH値を下げて酸性に傾けます。 飼育環境下では硝酸の排除は主に水換えによって行われますので、pH値の急激な変化を避けるためにも、が必要です。 雨 環境省: 第2部 第4章 より引用 の場合、容器に降り込む雨もpH値を変化させる原因となります。 環境省の発表においても、日本は全国的に酸性の雨(平均pH:4. 72)が降り、特に冬~春季にかけは濃度が濃いと報告されています。 飼育容器の容量にもよりますが、大量の雨(酸性雨)が降り込んだ場合、水質が酸性に傾くおそれがあります。 グリーンウォーター は、植物プランクトンが大量に発生した状態の水です。 植物プランクトンは、水中の二酸化炭素を利用して光合成を行います。 飼育水に溶けている二酸化炭素はpHを酸性寄りにしていますので、光合成によって二酸化炭素が奪われることで、pH値は上がり、アルカリ性に傾きます。 pHを調整するには 底床 先述したとおり、底床の種類はpHに影響を与えます。 底床の選択には、濾過バクテリアの定着(水質の安定)や水草の有無など、目的や飼育環境も関係しますので、総合的に判断する必要があります。

次の

メダカ飼育と水槽~色、素材、大きさ、季節。それぞれの特徴、注意点~

メダカ 飼育

トロピカではYouTubeチャンネル『 トロピカチャンネル』を公開しています。 メダカ飼育の素朴な疑問やヒント、その他熱帯魚や金魚についてなどを動画でわかりやすく解説しています。 ぜひ、チャンネル登録お願いします! メダカ水槽のよくあるトラブル10個! メダカを飼育しているときに起こるトラブルは、• メダカ自身のこと• 飼育環境 この2つに分けられます。 具体的には成長不良や病気といったメダカ自身のトラブルと、水質やアオコの発生など、メダカの飼育環境に起こるトラブルです。 一見すると別物のように見えますが、飼育環境の問題はメダカの健康状態を大きく左右するため、トラブルの原因になっていることも少なくありません。 トラブル1:水草が枯れてしまう 水草の合間を泳ぐメダカに憧れ、熱心に植えるのにすぐ枯れてしまう、といった経験はありませんか? 原因として考えられるのは、• 光量不足• 栄養不足• 種類の選定ミス などが挙げられます。 水草も植物なので、成長には光が欠かせません。 特に屋内は薄暗くなりがちで、光量が足りないこともあります。 そのような場合は飼育容器を明るい場所に置く、もしくは照明を使うと良いでしょう。 栄養不足は立ち上げ初期の生体がいない環境では考えられますが、飼育してしばらく経過した状態であれば問題ありません。 それよりも、飼育が難しい水草を選んでしまっているケースが多いです。 メダカであれば、• マツモ• カボンバ• ホテイアオイ などが丈夫でおすすめです。 特にホテイアオイなどの浮草はメダカの産卵床にも向いています。 具体的には、• ちゃんと雌雄が入っているか• 水温は適正(23度~26度)か• 日照時間は十分か(1日13時間以上) これらの条件がそろっているにも関わらす繁殖しない場合は、ペアの相性が悪い可能性があるため、組み合わせを変えてみてください。 案外すんなりと繁殖することがあります。 トラブル7:メダカの稚魚が育たない メダカの稚魚が育たないと悩む人は少なくありません。 メダカの飼育では稚魚の期間が一番難しいため、一筋縄ではいかないこともよくあります。 上手くいかない場合は以下の3点を心がけてみてください。 卵が産まれたら別容器で孵化• 稚魚だけ隔離して育てる• 餌は稚魚用をこまめに与える 卵や稚魚は親メダカに食べられてしまうため、別容器で孵化・飼育しましょう。 また、稚魚期は餓死しやすいので、稚魚用の小さな餌をこまめに与える必要があります。 人工飼料の他にもブラインシュリンやミジンコといった生き餌も効果的です。 そのような場合は活性炭をろ材に追加してみてください。 臭いの原因物質を吸着してくれます。 また、エアレーションを強化することで、臭いの元になる嫌気性バクテリアを減らすこともできます。 トラブル9:メダカが病気になった メダカが病気になってしまったら、症状をしっかり確認して病気に合った治療をすることが大切です。 そして、飼育環境や掃除の頻度、ろ過能力が足りているか見直してみてください。 水質の悪化は病気の大きな要因なので、真っ先に対処する必要があります。 メダカがかかりやすい病気や治療法に関しては、こちらの記事も参考にしてみてください。 トラブル10:メダカが増えすぎた メダカは環境が整っていれば、すごい勢いで増えます。 あまりに数が多いと過密飼育になってしまうため、別の容器に分けて飼育しましょう。 飼育スペースを確保できないようであれば、• 専門店に引き取ってもらう• 卵や稚魚を隔離せず自然の流れに任せる といった方法があります。 間違っても自然の河川などに放すことはやめましょう。 品種改良されたメダカは本来自然にはいないものなので、生態系に悪影響を与えてしまいます。 まとめ:メダカ水槽のよくあるトラブル10個!メダカ飼育の悩み解決策はコレだ! メダカ人気が上昇するとともに、飼育する人口は急増しています。 なかには魚の飼育経験が乏しい人も多く、トラブルに頭を抱えてしまうことも少なくありません。 そのような場合は今回ご紹介した10個の例から当てはまるものを探して、解消法を実践してみてください。

次の

メダカ飼育の初心者が揃えておきたい飼育用品!必見です

メダカ 飼育

スポンサーリンク メダカにとって水は命と同じものです。 飼育するための水が汚れていたり、メダカに適した温度でなければメダカが弱ってしまったり、病気になってしまう可能性が高まってしまいます。 汲み置きした水道水が最も安全で手軽 メダカを飼育するのに最も適しているのが、1日程汲み置きしておいた水道水です。 日本の水は世界の中でもトップクラスに綺麗な水で、滅菌のために含まれているカルキや塩素を抜いてしまえば、これほど飼育に適した水は無いといえます。 ただし、前述したように水道水にはカルキや塩素が入っています。 水道水をそのまますぐに飼育水に利用してしまうと、メダカがショック症状を起こして弱ってしまいます。 そうならないためにも、バケツに汲み置きして1日程放置して塩素やカルキが空気中に放出されるのを待ちましょう。 また、綺麗な水が良いのであれば、ミネラルウォーターや井戸水、湧き水を利用すればよいのでは?と考える人も少なくありません。 ですが、これらの水はその土地や商品によって水質に違いがあります。 後で述べますが、これらの水がメダカを飼育するのに最適なph(ペーハー)で無い場合が多く、水合わせを慎重に行う必要も出てくるのです。 そういった意味でも、メダカの飼育環境に最も適した飼育水が水道水であり、最も安全で手間のかからない方法なのです。 飼育に適した水とそうでない水• 井戸水(〇)・・・適している• 河川水(〇)・・・適している• この値が小さくなればなるほど酸性が強く、逆に pH が大きくなればなるほどアルカリ性が強くなります。 メダカに最適な pH は6. 5~7. 5と言われており、繁殖を促すには弱酸性がよいとされています。 しかし、メダカを飼育していると、このpHの値が徐々に酸性に傾いていきます。 そして、水質が酸性に傾きすぎると病気が発生してしまいます。 ただし、メダカは水質の適応範囲が広いので、水質を綺麗に保っていればそこまで気を使うこともないでしょう。 尚、このpHの値を測るための道具も販売されており、ペットショップやネットショップで「水質検査キット」等の名称で販売されています。 リンク グリーンウォーターで稚魚を育成する グリーンウォーターと呼ばれる水があります。 メダカを飼育していると、いつのまにか水の色が緑色になってしまうことがあります。 この緑色の水こそ、稚魚の育成に最適と言われている緑水(グリーンウォーター)なのです。 グリーンウォーターはクロレラや緑藻類等の植物性プランクトンが繁殖した水で、メダカにとって高い栄養価を誇るエサとなります。 デメリットとしては、水の色が透明でなくなるので、メダカの鑑賞がしづらくなり見た目的にも綺麗でないことから、敬遠する人も少なくないという点です。 また、植物性プランクトンがあまりにも増えすぎるとメダカが酸欠を起こしてしまいます。 サラサラとしたグリーンウォーターが、ドロドロとして粘り気が出てくるようであれば要注意です。 グリーンウォーターの作り方 作り方は簡単です。 グリーンウォーターを作りたい水槽を日光の良くあたる野外や窓際に置き、メダカを飼育していた水(種水)をその水槽に入れて放置しておくだけで、1週間~10日程でグリーンウォーター化してきます。 また、メダカを飼育している水槽を野外に置くだけでも緑化します。 すでにグリーンウォーターが出来上がっている水槽があれば、その水を別の容器に移して水を足すだけでもOKです。 注意点として、緑化させたい水槽にはあまり水草を入れないようにします。 水草や浮き草には水質の浄化作用がありますので、緑化のスピードが遅くなったり、或いはまったく緑化しないとうい場合もあります。 スポンサーリンク メダカの飼育に適した水温は18度~28度 メダカが最も活発になる水温は18度~28度の間と言われております。 この水温の範囲内で保たれた水槽内では、メダカは活発に行動しエサもよく食べます。 尚、メダカは変温動物なので、水温が徐々に上昇したとして40度近い高温にまで耐えることもあります。 また、冬期の氷が張ってしまうような池や水槽の中でも生き抜き、水槽の底でジッと動きを止め、氷が解ける春を待つのです。 しかし、極端に水温が高い、または低い環境では、丈夫なメダカも弱ってしまいます。 暖かい水から突然冷たい水に移動させる(その逆も然り)といったことはしないでください。 どうしても水温差のある環境に移さなければならない場合は、必ず水合わせ()を行うようにしてください。 水温によるメダカの様子の変化 メダカは水温が15度を下回ると、徐々に動きが鈍くなってきます。 0~5度まで水温が下がると、水底でじっと動きをとめて、殆ど動かなくなります。 逆に、水温が30度を超えるような環境でも元気が無くなり、食欲も落ちてしまいます。 先の項目でも書きましたが、メダカは急激な水温の変化には弱い生き物です。 水温の変化が大きいと、それがストレスとなってしまい、病気になったり弱ってしまう可能性が高くなってしまいます。 メダカを飼育する上で理想の水温は、15度~28度の範囲と覚えておいてください。 この範囲内で水温を保つことができれば、メダカは活発に動き回り、食欲も旺盛でスクスクと育っていきます。 また、産卵の頻度も高まっていくのです。 水温の調整について メダカの鑑賞を一年中楽しむ場合、夏であれば水を冷やし、冬であれば水を温めるといった対処を行う必要があります。 室内がとても冷え込んだ場合であれば、水槽を温める専用のヒーターを利用して、水温を上昇させます。 冬場でも水温を温めることで、メダカは活発に行動してエサも良く食べるようになります。 ただし、水温を急激に温めすぎるとメダカが弱ってしまいますので、温度調整は慎重に行うようにしてください。 一方、夏場は水温が上昇しやすくなります。 特に、窓際に水槽を置いている場合、水温があっという間に上昇してしまいます。 水槽の容量にもよりますが、40度近くにまで水温が上昇することも・・・。 そうならないためにも、窓際に水槽を置いている場合は、カーテンを閉めたり、よしず等で直射日光を遮るといった配慮が必要になってきます。 また、野外水槽においても、夏場の直射日光であっというまに水温が上がってしまいますので、野外水槽にもよしづ等で日陰を作るようにして、温度の急激な上昇を抑えるようにしましょう。

次の