はあちゅう 炎上。 【炎上】作家はあちゅう先生が「個人情報使って個人を脅迫してる」と問題視 / 怒りの声「普通にヤクザの恫喝のやり口」 | バズプラスニュース

はあちゅう炎上!妊娠してから妊活宣言は不妊女性へのマウンティング

はあちゅう 炎上

1 ブロガーのはあちゅう氏が、会社員時代に上司から受けたパワハラ・セクハラを告発したことが、話題になっています。 これを受けて、はあちゅう氏自身が、過去に自身のツイッターで童貞の男性をいじったり、小馬鹿にするような投稿を繰り返していたことに関して、「これもハラスメントでは?」と批判的な声が殺到。 久田将義氏と 吉田豪氏 がパーソナリティをつとめるニニコニコ生放送『 』にて、ゲストに 徳光正行氏を招き、一連の炎上騒動について解説を行いました。 画像は より。 はあちゅうさんの肩書は作家?ライター? 左から久田将義氏、徳光正行氏、吉田豪氏。 吉田: これは肩書は、作家でブロガーが正解なんですか? 徳光: 作家のくくりって、あれ、吉田さんとモメたんでしたっけ? 吉田: (笑) 久田: モメてないです。 徳光: 作家っていう定義をどうするか。 吉田: 「インタビューとかのプロフィールで肩書がライターになっていると、私は作家に直しています」というのを読んで、「いや、あなたは作家というよりはライター枠だと思いますよ」と書いたことでの炎上騒動があって。 久田: ああモメたの? あれ。 吉田: 正確に言うと僕はその直後、はあちゅうさんからツイッターのフォローを外されてました。 徳光: (笑) 久田: じゃ怒ったんだな。 徳光: でも小説書いてるんですか? 久田: 書いてないですよ。 吉田: いや、ようやく書き始めて、最近単行本が1冊出たんです。 『通りすがりのあなた』画像は より。 久田: じゃ作家か。 徳光: 小説を書いてない人は作家じゃないですよ。 吉田: 小説……あの時点で、雑誌で小説を何本か発表した段階です。 徳光: ああ、そうですか。 久田: ですから、その時はね、単行本とかなってなくて、どっかの雑誌に。 吉田: そう、純文学系の雑誌で書いてて、 だから本人いわく、私は自分の事を書いてるから作家、他人のことを書くのはライターって言ってたんですけど。 久田: いや違いますね。 吉田: そのくくりも絶対に違うんですよね。 徳光: えー? 頭悪いですね。 一同: (笑) 吉田: 頭悪くないですよ。 慶應義塾大学法学部政治学科専攻卒業。 徳光: いい大学出てらっしゃるのは、分かるんですけど、そのくくりを自ら設けるのを僕は、賢いとは思えないな。 久田: 痛々しいですね。 だからライターでいいですよ。 吉田: だからコントラストが見えちゃうんですよね、そこに。 久田: ライターって名乗ることに、アメリカに行けばライターって、作家で、小説家ですからね。 スティーブン・キングなんかも作家ですからね。 徳光: そうですよね。 久田: 例えば、映画の『ミザリー』だって、主人公が大ベストセラーの小説家ですけど、ライターと言ってますから。 ライターでいいんですよ。 吉田: 僕は自分のこと山程書いてますけど、ライターですよ。 久田: いいんですよ。 ライターで。 徳光: だって僕も、僭越ながら、私小説じゃないですけど、実はホラー4冊出してるけど、作家なんて、絶対言えないもん。 いやいや僕はもうただ執筆業をちょっとさせて頂いているだけなんで。 吉田: 全然わかるんですよ。 そう思われたいっていうのが、すごい全面にでる人で。 そこなんですよね。 皆はそこで、気遣いがあるじゃないですか。 徳光: そうですよね。 吉田: 僕は、他の人たちもいるし、僕はそこまでは言えない。 それがないからたぶん色々鼻についちゃうっていうか、色々言われがちな人なんですね。 徳光: 馬鹿じゃなくて、厚かましいっていうことですね。 一同: (笑) 吉田: 徳光さん、いいタイミングですよ。 久田: レベルアップしましたね。 徳光: そうなのかなって思って。 申し訳ないですけど。 吉田: (笑) 久田: だんだんそうなっちゃってる感じですよね。 厚かましい(笑)。 吉田: (笑) 徳光: 申し訳ない。 吉田: セルフプロデュースの人なんで、どうしても、そういう感じにはなっちゃうんでしょうけどね。 徳光: それで思い出すのが、ノマドワーカーとかって。 吉田: いいましたね、ある時期、たまにしか仕事してないのに、ノマドを名乗る感じの。 徳光: 意味がわかんなくて、なんかね。 久田: いやだから徳光さん、たぶんぶっちゃけて正論だと思うんですよ。 だって、徳光さんだって、本出してて、その小説ですよね。 書いてるのは。 だけど無理やりっていうとあれですけど、名乗ろうと思えば言えますよね、自分で。 徳光: 言っちゃえばいいだけの。 久田: でも、そこで控えるわけじゃないですか。 そこの違いだと思うんですよ。 はあちゅうさんのほうが被害者なのに… 吉田: だからそういうはあちゅうさんに、反感を感じるのはわかる。 それとこれは別という話なんですよね。 セクハラとか。 徳光: セクハラは本当に。 久田: それはもちろん。 徳光: 僕も全部読ませて頂きましたけど、お気の毒だと。 吉田: 最近ものすごく思うのが、 結局告発された電通の人が、告発された後に、まあ認めることは認めて、ツイッターのアカウント消して、その後完全に無言じゃないですか、上手いんですよ。 徳光: 上手い? 吉田: 何かが起きた時の対処として、本当に上手いんですよね。 徳光: ああ! 吉田: はあちゅうさんはそれの逆なんですよ。 はあちゅうさんが完全に被害者で、はあちゅうさんが酷い目にあってるのに、はあちゅうさんが過去の童貞いじりがどうみたいな感じで、反論した後、とりあえず謝罪文出した後、やっぱりあの謝罪文おかしかったって言って取り下げたり。 対応が本当に下手で、結果どっちもどっち感になっちゃってるのが、本当におかしくて、悪いのは明らかに電通の人なのに。 久田: もちろんそうだよね。 吉田: はあちゅうさんの対応によってそっちが消えちゃってるんですよ、今。 電通の人の対応上手すぎ。 徳光: もうちょっとしたたかになればいいのに。 久田: そうですね。 吉田: どっちもどっち問題では絶対にないですよ。 明らかに電通の人の方が問題。 久田: その通り。 吉田: はあちゅうさんにも問題あるけど、問題の質が違う、レベルが違うっていうか。 久田: 要するに、後々出てくるけど、大相撲問題と同じで、殴った殴られるの話があるじゃないですか。 殴った奴が悪いんですよ。 で、OKなんですよ。 それでもうやめましょ。 という話で、この人も、 はあちゅうさんもセクハラ受けました。 受けた方が被害者で、やった奴が悪いんですよ。 それでいいんですよ。 その後の童貞いじりは、また別問題で、作家とか憤懣言いたいなとかあると思うんですよね。 それを置いといて。 やった奴が悪いんですよ。 徳光: 相手の方ですね。 久田: ちょっと宣伝入っちゃって、悪いんですけど、博報堂にいた中川淳一郎さんが、書いてくれたんですけど。 電通博報堂のクリエイターの鼻高々って凄いみたいですもんね。 吉田: 中川さん自身が広告代理店出身なのに、だからこその怒りがあるという感じ。 久田: 相当です。 だから営業の社員に対して、ちょっとクリエイターとか、アートディレクターとかタメ口らしいですもんね。 年上の営業の人にも。 え? そんな世界なんだ! と思いながら。 徳光: 失礼な奴が多いっていうことですよね。 久田: ですよね。 ちょっと嫌ですよね。 吉田: 確かにね思うんですよ。 広告代理店出身の人特有の、何かって絶対にあるんですよ。 久田: 大手ですよね。 吉田: なんだろう? この人! と思う人が、後からプロフィール調べると代理店出身だったりすることは、確かにあるんですよ。 なんかこう人の感情、わかんねえなこの人! みたいな人が。 仕事でそうなってる感じがあるんだよね。 徳光: ああ、なるほど、なるほど。 吉田: うん。 徳光: いやまあね、あんまりね、人に大きな態度で出るというのは、好ましくないですよね。 久田: 本当にその通りだと思いますよ。 偉い人ほど、偉そうな態度取りませんね。 徳光: そうですよね。 久田: 僕の編集者での経験でいうと、凄い偉い編集長ほど、なんか偉くなさそうにしてますね。

次の

はあちゅう、女銭湯絵師炎上に見る「美人だから何をしてもいい」わけじゃないだろう問題

はあちゅう 炎上

清水 はあちゅう氏の行った反論に関しては、申し訳ないのですが「論外」です。 はあちゅう氏の反論には、「血液クレンジング」に関する客観的証拠が何も記載されていないので。 また「BuzzFeedNews」の記者に対して批判ツイートをした件も、記者が「そのような発言は一切していません」「揶揄することなどあり得ません」と冷静に反論したことによって、結果的に、はあちゅう氏が解釈を間違えていたであろうことが、浮き彫りになってしまいました。 「医学的裏付けのないものをステマしていたのでは」と炎上に発展した。 その後、はあちゅう氏は「BuzzFeedNews」のインタビュー(19年11月10日付「はあちゅう、血液クレンジング拡散を謝罪『ステマではない』『何も信じられない』」)で、ステマではないとしつつも、「裏どりのできていない健康法を安易に広めてしまったことに対して申し訳ない」と謝罪したが、今年2月10日にTwitterで「その後、いろいろな立場のお医者様に話を聞く機会があり、病気を『治療』できる標準医療ではないけれど、『予防』医療の観点では部分的効果が認められ、『ニセ医療』ではないと断言する方にも複数お会いしました」と、批判に対する反論と取れるツイートをして再炎上。 加えて同日「BuzzFeedNews」の取材について「『取材を受けるのは炎上を利用した売名行為ではないですか?』と聞かれたのはびっくりした&悲しかった。 依頼したのそっちなのに…と」と記者を批判し、当人から「そのような発言は一切していません」と反論された。 そうした医師に対して、はあちゅう氏が「『はあちゅう嫌い』が先にあって、私が医学的根拠に乏しいことをうっかりつぶやくと『はあちゅうサンガー!! 』って嬉しそうに騒ぎ出す医者クラスタも嫌い」(2月10日)というツイートをし、またもや非難の嵐になったのですが……。 清水 批判している医師側は、医学的根拠のない治療法を拡散することに対し、善意で警鐘を鳴らしているだけであって、個人的な「好き嫌い」の感情で言ってるわけではない……客観的に、そう見えると思います。 ただ、医師たちの中には攻撃的な言い方をする人もいるので、はあちゅう氏が不快に思う気持ちもわからないではありません。 しかし、そうした専門家の指摘よりも「自分のほうが実は詳しい」と受け取れる姿勢でツイートしているので炎上が収まらないのでしょう。 その後、「気持ちをいろいろ言ったら、気が済んだのでツイートいくつか消しました」と削除しています。 これもネット上で大きな批判を呼びました。 清水 それは、はあちゅう氏がデザイナーの著作権を侵害している可能性がありますね。 著作権は、権利自体を譲渡していない限り、基本的にはデザインをした人が持っています。 通常、サンプルとして上がってきてボツになったデザインに関しては、はあちゅう氏に権利が譲渡されていたり、また著作権者と「自由に使用可能」という契約を結んでいるケースはほとんどないと思うので、デザイナーがはあちゅう氏を訴えれば勝ちます。 削除しても権利侵害があった事実は消せるわけではありません。 清水 ダルビッシュ氏の「レスバトル」を見ていると、一般人と有名人の「互いの認識」のギャップが、炎上を発生しやすくしているように思います。 というのも、一般人は有名人のことをよく知っているため、友達ではないのに「友達感覚」で話しかけてしまう面があるものの、有名人からすると、突然知らない相手から馴れ馴れしく話しかけられたと感じ、その認識のギャップが炎上の火種となる。 ただ、この事例について言えば、ダルビッシュ氏の主張は客観的に見て「そこまで批判されなければいけないことなのかな」と感じますし、特に問題があるようには思いません。 ちなみに、有名人が炎上を避けたほうがいいのは、炎上によって仕事などに悪影響が及ぶからですが、彼はスポーツ選手であり、実力で勝負する世界の人なので、よほど倫理的に問題がある発言でない限りは、炎上による悪影響はないと思います。 19年11月7日、少年と撮影した写真をアップしたのだが、少年を「ダルビッシュ氏の息子」と勘違いした女性ユーザーからリプを受け取ると、「はい?」と返信。 それを見た別のユーザーが「そんな強い口調で言わなくてもいいのにはい?とか」と批判すると、「はい?のどこが強いんでしょう笑」「訳の分からない価値観を押し付けるのはやめてください」「わざわざ俺のTwitterにまできてクソみたいなことをわざわざ言いに来る人に黙れって言ってなにが悪いんだよ笑」などと怒涛の反論を展開した。

次の

「間違った育児を正す」はあちゅう氏のアンチ集団が語る「正義」

はあちゅう 炎上

人気ブロガーのはあちゅうさん(34)の子育てSNSが炎上している。 生後4か月の息子が遊具で遊んでいる途中、突然うたた寝をしてしまう動画をインスタグラムに投稿したところ、「動画撮ってないで助けなよ」「寝ている赤ちゃんの首が締まっている。 窒息死しちゃう」「児童虐待じゃん」というコメントが殺到。 虐待の通報を受けた警察官が、自宅に確認しに来る事態にまで発展した。 はあちゅうさんは、虐待を通報した人物に心当たりがあるという。 「私が把握しているだけでもはあちゅう専用のアンチアカウントは40個くらいある」とはあちゅうさんは言う。 そのアンチ集団の一部が、児童虐待の通報をするようSNSに投稿し、警察が駆けつける騒ぎになったと推測しているのだ。 はあちゅうさんはツイッターで「苦しそうに見える瞬間だけを切り取って『長時間遊ばせていた』等の事実無根の思い込みを加えて虐待通報運動始めるとか『悪意の切り取りが過ぎる』」と訴えている。 2019年の「妊活疑惑」からアンチが激増 アンチ集団は「自分の落ち度を認めず、論点をすり替えるな」「はあちゅうを潰したい。 こいつの消える瞬間を見るまで」などと執拗に批判を続けている。 はあちゅうさんが嫌われるようになったきっかけは、2019年1月の妊活宣言の時のある疑惑だ。 当時、はあちゅうさんは「今これを描いている時点で私のお腹に赤ちゃんはいません」と書いていたが、2か月後に妊娠報告をし、「性別はたぶん男の子」というコメント。 2か月では性別は判明しないので、「1月時点ですでに妊娠していたのでは?」と疑いが浮上し、「裏切られた」「話題作りのために親切心を踏みにじっている」とファンが一転アンチになってしまった。 アンチの人たちに取材したところ、「はあちゅうさんの間違った育児を正したい」「子どもをコンテンツ化して愛情を持って接しているように感じない。 見ていて気分が悪い」「影響力のある人が子どもを危険にさらしている。 真似をする人がでないようSNSをやめさせたい」などという声があった。 司会の立川志らく「アンチが言っているのは全部姑が言うようなこと。 色んな正義を振りかざしてくるけど、この正義が大きなお世話です。 気分が悪くなるなら見なきゃいい」.

次の