ちっ うっせ ー な 反省 し て ま ー す。 4℃(田中栄子)「ちっ、うっせーな。これで文句ないだろ?」

チッ、うっせーよとは (チッウッセーヨとは) [単語記事]

ちっ うっせ ー な 反省 し て ま ー す

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 選手としての最盛期には在住であった。 スノーボード技術コーチ(2013-2014シーズン)。 来歴 [ ] に生まれ育ち、4歳の時にスキー場で初めてを目にし、父親に頼み込んで始めたという。 1992年当時は子供用のスノーボードが無かったので、大人用のスキー板を使って父親が自作してくれたスノーボード板でスノーボードを始めた。 子供の頃から等を滑り、世界に通用する独特のスタイルを身につけていく。 石狩市立生振小学校在校中に史上最年少の11歳でプロ試験に合格。 12歳でとプロ契約をし、国内外での選手活動を本格化させる。 に進学すると三大国際大会の一つであるの大会(スイス)で優勝するなど頭角を現していく。 高校卒業後はに進学(在学中にに統合)して選手活動を継続した。 選手として [ ] 2003年、世界最大規模のスノーボード大会の一つ全米オープンにて14歳ながら2位となり、注目を浴びた。 この頃から ()の撮影クルーに参加。 2004年、世界最大の大会であるに初出場し、4位入賞を果たす。 また、日本オープンで史上最年少王者となった。 に(競技の一種目)日本代表として17歳で初出場するも、実力を発揮することができず予選敗退(最終順位23位)に終わった。 翌年も精力的に国際大会に出場しで日本人初メダルとなる銀メダル、男子ハーフパイプ優勝 など順調に経験を重ねながら、 ()等のスノーボードムービーの為の映像を撮影し多数出演。 2007年6月21日にスポーツ振興基金からの助成金を原資に月額20万円が活動費用として支払われるエリートA指定を辞退し、A指定の選手として活動していくことがより発表された。 2008年、ニュージーランドオープン制覇を達成した。 しかしその後故障し、出場予定であった翌2009年のX Gamesや世界選手権への出場はならなかった。 2009年、復帰戦となったで骨折明けながら男子ハーフパイプおよび男子ビッグエアーの2種目で優勝。 8月に行われたニュージーランドオープンではらに次ぐ3位入賞を果たし、11月のW杯スイス大会では4シーズン振り3度目のW杯優勝を達成。 8月に行われいたW杯ニュージーランド大会で優勝したに続き代表入りに内定した。 2010年1月、X Gamesで銅メダルを獲得。 トリノに続く形でバンクーバーでもハーフパイプ日本代表に選抜された。 しかしこの時、國母はスノーボーダーとしての着こなしや謝罪会見での不用意な発言などから強いバッシングと批判報道を受けた。 一時は代表出場も危ぶまれたが、日本代表選手団の団長の判断で開会式欠席のみとなった。 競技では予選二組目を2位で突破し直接決勝に進んだが、決勝では1回目は最後の技で転倒し流血、2回目でも最後のダブルコーク1080の着地が乱れたものの最終順位8位の記録を残して入賞となった。 同年にで開かれた五輪入賞者を労う茶会にも招待を受けたが、國母はアメリカ滞在中であったことから出席を辞退している。 アメリカ滞在中にはバンクーバー五輪における銀メダリストの、銅メダリストの、4位の、5位のら強豪が出場する中、97. 17点という圧倒的な点数を記録し全米オープンを日本人で初制覇する。 2011年には全米オープンを連覇し、主催企業であるスノーボード用具のトップメーカー・の広報映像に起用された。 撮影ではオープニング映像のためにカナダの山岳地帯で雪山の崖からジャンプなどの技を披露し、海外の専門誌の表紙を飾るなど話題を集めた。 連覇を記念したインタビューで國母はについて「特定の大会に拘りはなく、スノーボード活動の一環として捉えている」と返答した上で「2年前の五輪は楽しかったです」、「自分の気持ちが向いていたら出たいですね」と返答している。 2012年の全米オープンでは、ショーン・ホワイトに次ぐ史上二人目の男子ハーフパイプでの三連覇が期待されたが決勝前の練習中に腰を強打し、その影響や疲労からトリックは見せず、合掌しながらを滑り降りを観客に投げ渡して棄権した。 それまで所属していたから及びに移籍した。 2013年、にて採点や國母自身の演技への不服から波紋を呼んだ。 また、アディダス・スノーボードから自身のドキュメントムービー『Welcome:Kazu Kokubo』が公開された。 他、のチームムービーに出演。 同年12月、デュー・ツアーに出場、以降大会には出場せずのスノーボードムービーの撮影などに専念。 2014年、前述のドキュメンタリームービーの完成度が評価され、 ()のオンライン・ビデオ・シリーズ・オブ・ザ・イヤーを受賞する。 キャピタの映像作品『Defenders of Awesome 2 — STAY BAD ASS』、アディダススノーボードの映像作品『adidas Snowboarding : Nomad』シリーズ、のスノーボードムービー『Snowboarding: For Me』等に出演。 その影響で翌2015年にかけて日本・アメリカ・スペイン・韓国等のスノーボード雑誌10誌の表紙を飾り、 ()によるSnow Exposure-Meterでスノーボーダーの全米雑誌露出で総合10位、広告ページを除いた順位では4位にランクインした。 2015年、 ()のメンズ・ビデオパート・オブ・ザ・イヤー、メンズ・ライダー・オブ・ザ・イヤー、スタンドアウト・パフォーマンス・オブ・ザ・イヤーの三部門にノミネートされた。 トランスワールドの映像作品「Origins」に出演した他、サマーキャンプの「キャンプ・オブ・チャンピオンズ」でらと共演。 また、自身が率いていたSTONPチームの最終作品をリリースした。 のリアルスノー部門に初出場し同部門日本人初のメダルとなる銀メダル及びウェブによる投票のファン・フェイバリット賞を過半数以上の支持を得て獲得する。 2016年、國母はアメリカのスノーボーダー・マガジンのライダー・オブ・ザ・イヤーの10人の内の一人に選ばれ、らから賛辞が送られた。 また、トランスワールド・スノーボード誌主催のRIDRES POLL 18において、ユニオン社が制作した「STORONGER」でメンズ・ビデオ・パート・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀ビデオパート賞)を受賞した(同賞の受賞は日本人初)。 前年に公開された「Origins」の映像がアディダス・スノーボードのチーム・ムービーに使用された他、の広告映像「Never Enough Time」に出演した。 CAPiTAからは自身のシグネイチャー・モデルのスノーボード板が発売された。 2018年12月16日放送『3時間SP』では、オフシーズンの2~3ヵ月間は北海道で家族と過ごしている事を明かしている。 コーチとして [ ] 2013年5月、國母はへの出場を目指さない意向を示し 、これを受けては全日本チームの技術アドバイザー(TA)への就任を要請した。 全日本スキー連盟のスノーボード部長は「技術面での貢献や、新技についての情報も早い」とコメントしている。 競技内容の変化が早いハーフボード種目においては第一線で活躍する現役選手が技術指導を兼務する事が望ましく、コーチは「常に進化しているものを周りに教えられる人はなかなかいない」と評している。 國母は国際大会での経験や高い技術力に加え、人格面でも後進選手から慕われている点が考慮された。 特にとは実質的な関係にあり 、訓練面のみならず私生活での面倒も見るなど深い信頼関係だという報道もある。 また、も尊敬する選手として國母の名前を挙げている。 に技術コーチとして帯同した。 続くソチ五輪にも日本代表の技術コーチとして渡露、平野の銀メダル獲得と平岡の銅メダル獲得に貢献した。 各メディアからは國母について「改心」などと後進の指導に活躍した事を評価する報道が行われた。 人物 [ ] 地震の犠牲者にささげる勝利 [ ] 2011年のUS OPENは東日本を襲った大震災の翌日に行われた。 國母はこの日、US OPENで2年連続の優勝を飾ったのち"I talked to my family and everybody is okay, but I have some friends I still haven't been able to contact. " "I hope my win brings a little joy and happiness to Japan. " (「家族と話して、みんな無事だとわかったんですが、まだコンタクトが取れていない友人もいて」「この勝利が日本に少しでも喜びを届けることができればいいと思います」と語っている。 My main focus was not on winning or the competition itself at that point, but just getting the day over with and being with my wife who was flying to California from Japan. 」「すぐ、どうしても自分の国のために何かしなくちゃと思ったけれど、誰もそうだったと思うんですが、僕もどうやっていいのか見当もつかなかったんです。 あの時は、目の前の競技に勝つことよりも、とにかくその日を何とか乗り越えて、日本から(在住の)カリフォルニアに飛ぶ妻と一緒にいてあげなくては、ということに気持ちが行っていました。 」2011年4月には、國母はJEARS Support Japan Earthquake Rescue and Support をとおして日本へのサポートを発表している。 直後の2011年5月にはJEARSのスタッフと共に福島の被災地を訪れ、飼い主と離れ離れになってしまった ペット達を保護するボランティア活動を行った。 私生活 [ ] 既婚者であり、2009年11月16日に3歳年上の一般人女性と結婚している 、現在はサンクレメンテの自宅で暮らしているという。 やトレーニングで毎年訪れるの高山の氷河が年々減少している事に問題意識を持ち、バンクーバー五輪の際には「メダルを取ったら氷河保全の活動に寄付をしたい」と語っている。 他選手との関係 [ ] 友人のプロスノーボーダー選手であるが難病であるを患うと、選手仲間と治療費の為に募金活動を立ち上げている。 國母らの努力によって治療費が集まり、荒井は無事手術を受ける事が可能になった。 また海外遠征の合間に見舞いに訪れると病状について話すよりも、競技についての話をすることで闘病へのモチベーションを上げる様に気遣っていたという。 では、平野のコーチとして私生活も含め全面的なバックアップを行い、平野自身も國母に尊敬の念を持っていると語っている。 他に「7-SAMURAI」や「STONP」というプロスノーボーダーチームに所属してフィルミング活動も行っている。 現在ではや、 ()等多数のグローバルチームに所属しており、主に国外のスノーボーダーと世界中で積極的にフィルミング活動を行っている。 一方、元スノーボード選手でトリノ時に國母と同じ日本代表であったのとの不仲がしばしば報道され、同五輪でのスノーボード代表団内の対立に関する報道について 、これを國母と童夢の対立を指していると主張する報道も為された(事実は不明)。 前述の舌禍騒動でも童夢は國母について積極的に批判するコメントを残している。 問題・騒動 [ ] バンクーバーオリンピックでの服装問題 [ ] 騒動の経緯 [ ] 2月9日、國母はスノーボード・ハーフパイプ日本代表としてに向かう際、日本選手団公式ユニフォームを崩し、、緩めた、またの前を開け放しの裾も出し、さらにはに、というスタイルでに現れ、「結果よりも内容。 (滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。 最近のスノーボードはすげぇダセえから」と持論を展開し、そのままバンクーバーに向けて出国した。 この様子を見た人々から(JOC)と(SAJ)に対し抗議が殺到した。 日本選手団公式服装着用規定 違反でもあり、JOCは日本代表選手団の団長を通じスノーボードの監督に厳重注意し、國母は選手村の入村式を欠席させられた。 國母は翌10日、ハーフパイプ陣の記者会見にて、「気持ちは何も変わっていないです。 自分にとって五輪はスノーボードの一部で、特別なものではないので」「自分の滑りをすることしか考えていません」と意気込みを語り、服装の乱れについても「反省してまーす」と発言した。 しかし國母はこの際に舌打ちしつつ「チッ、うっせーよ」と言葉を発した。 國母の騒動を受け、國母の所属する東海大学の監督が急遽謝罪のために現地に向かった。 また、東海大学は札幌キャンパスでの國母の応援会を中止すると発表した。 SAJから國母のオリンピック競技への参加を辞退させる意向が伝えられたものの、橋本団長の判断で開会式は辞退するが「競技をしないで帰国することは逆に無責任になる」として競技に参加できることになった。 この問題は日本国外の報道機関も報道した。 2月15日公式練習後の試合会場での即席会見で國母はを入れたまま答えたため、 一部マスコミ [ ]はマナーが欠けるとした。 騒動に関する意見 [ ] 肯定 [ ]• 格闘家のは「(批判について)くだらん」「試合前にこんなバッシングしてどうすんだよ。 すんなら後にしろって感じだな」と國母に対する競技前のバッシングを批判した。 は「よその国は彼を全然批判してない。 日本だけが批判しているんですよ」 とコメントした。 自民党参院幹事長は「スポーツ選手は個性があり、國母選手の一見乱れた服装もやむを得ない」「選手を怒るのはかわいそう」「監督にも責任がある」と擁護している。 否定 [ ]• 東海大学は2月12日に「國母選手に対する本学の見解について」で見解を示し、服装や記者会見について國母の言動に「誠に遺憾であります」とし、「大学側として國母に対し日本代表として模範となる行動を取るべきであり、今後とも学生への教育・指導に努めます」と述べた。 政界ではでこの國母の問題についての衆議院議員が取り上げ、(当時)は「代表の服装としては全く適切ではなく極めて遺憾。 一緒にいたコーチが服装について指導せず、記者会見も本当に反省している態度では無く、皆の期待を受けて国を代表して参加している自覚が著しく欠けていた」と答弁した。 騒動後の國母 [ ] 2月21日、日本代表チームが帰国した際の國母の公式スーツの着こなしはシャツ出し、腰パン姿ではなかった。 國母は「最後まで応援してくれた人に感謝してます」「自分のスタイルを変えずに、そのままいきたい」「スノーボード界の流れはこれで確実にいい方にいくと思う」と述べた。 國母により競技への関心が集まった事で、「メジャーといえないスノーボード界全体にスポットライトが当たった」ことや、「プロ選手の待遇改善の起爆剤になるのでは」として、國母を擁護する者もいる。 3月24日、國母が発端となった服装の乱れの再発防止として、は代表の行動規範を制定する原案を提出した。 2012年、全米オープン連覇を記念した朝日新聞のインタビュー記事の中で騒動について國母は「もう終わったこと。 嫌な思い出は全くないです」と返答している。 代表的な出演作品 [ ]• Draw the Line(スタンダード・フィルム、2007年)• Standing Sideways(バートン、2011年)• Welcome:Kazu Kokubo(アディダス・スノーボード、2013年)• DEFENDERS OF AWESOME 2 -STAY BAD ASS-(CAPiTA、2014年)• STONP OR DIE(STONP、2015年)• Origins(トランス・ワールド・スノーボード、2015年)• STRONGER(ユニオン、2016年) 主な成績 [ ]• 2004年 Winter X Games HP 4位• 2008年 Winter X Games HP 5位• 2010年 Winter X Games HP 3位• 2011年 Winter X Games HP 5位• 2003年 Burton US Open HP 2位• 2004年 Burton US Open HP 6位• 2008年 Burton US Open HP 8位• 2010年 Burton US Open HP 1位• 2011年 Burton US Open HP 1位• 2007年 Burton New Zealand Open HP 7位• 2008年 Burton New Zealand Open HP 1位• 2009年 Burton New Zealand Open HP 3位• 2004年 FIS World Cup SUI HP 4位• 2005年 FIS World Cup SWE HP 3位• 2005年 FIS World Cup SUI HP 1位• 2005年 FIS World Cup CAN HP 1位• 2007年 FIS World Snowboard Championship 2位• 2007年 FIS World Cup JPN HP 3位• 2008年 FIS World Cup SUI HP 3位• 2009年 FIS World Cup NZL HP 3位• 2009年 FIS World Cup SUI HP 1位• 2006年 Abominable Snowjam HP 2位• 2007年 Abominable Snowjam HP 4位• 2007年 HP 1位• 2010年 HP 8位• 2011年 Burton European Open HP 2位• 2012年 Red Bull Supernatural 6位• Riders Poll オンライン・ビデオ・シリーズ・オブ・ザ・イヤー 受賞(2014年)• Riders Poll メンズ・ビデオパート・オブ・ザ・イヤー ノミネート(2015年)• Riders Poll メンズ・ライダー・オブ・ザ・イヤー ノミネート(2015年)• Riders Poll スタンドアウト・パフォーマンス・オブ・ザ・イヤー ノミネート(2015年)• X Games Real Snow Backcountry 2015 ファン・フェイバリット賞(2015年)• スノーボーダー・マガジン ライダー・オブ・ザ・イヤー 受賞(2016年)• Riders Poll メンズ・ビデオ・パート・オブ・ザ・イヤー 受賞(2016年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2012年1月17日. の2012年1月20日時点におけるアーカイブ。 読売新聞・東京朝刊: p. 2019年11月7日 - ヨミダス歴史館にて閲覧• 日本オリンピック委員会. 2009年4月29日閲覧。 日本オリンピック委員会. 2009年4月29日閲覧。 毎日jp 毎日新聞社. 2010年1月30日. [ ]• SANSPO. COM 産経デジタル. 2010年2月19日. の2010年2月20日時点におけるアーカイブ。 MSN産経ニュース 産経デジタル. 2010年5月10日. の2010年5月13日時点におけるアーカイブ。 2017年2月4日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年6月27日. 2014年2月5日閲覧。 MSN産経ニュース 産経デジタル. 2013年8月9日. の2013年8月10日時点におけるアーカイブ。 2014年2月5日閲覧。 デイリースポーツ online デイリースポーツ. 2013年8月10日. 2014年2月5日閲覧。 東スポWeb 東京スポーツ新聞社. 2014年2月12日. 日刊サイゾー サイゾー. 2014年2月12日. 私見「クローズアップ現代」 j-cast. 2014年2月12日. スノーボード&フリースタイルスキー世界選手権2015. テレビ東京. 2015年11月25日閲覧。 2011年3月12日. 2015年11月25日閲覧。 TransWorld SNOWboarding Magazine. The Enthusiast Network 2011年4月26日. 2015年11月25日閲覧。 BURTON. 2011年9月27日時点のよりアーカイブ。 2020年1月8日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2010年2月6日. の2010年2月13日時点におけるアーカイブ。 2009年2月6日閲覧。 ZAKZAK 産経デジタル. 2010年2月17日. の2010年2月18日時点におけるアーカイブ。 ロケットニュース24 ソシオコーポレーション. 2010年2月12日. の2011年9月20日時点におけるアーカイブ。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2010年2月9日. スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2010年2月10日. の2010年2月11日時点におけるアーカイブ。 東京新聞 TOKYO Web 中日新聞社. 2010年2月12日. の2015年11月25日時点におけるアーカイブ。 2015年11月25日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2010年2月11日. の2010年2月13日時点におけるアーカイブ。 毎日jp 毎日新聞社. 2010年2月11日. の2010年2月12日時点におけるアーカイブ。 スポニチ Sponichi Annex. 共同通信 スポーツニッポン新聞社. 2010年2月11日. の2010年2月13日時点におけるアーカイブ。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2010年2月12日. の2010年2月14日時点におけるアーカイブ。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2010年2月13日. の2010年2月15日時点におけるアーカイブ。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2010年2月13日. の2010年2月16日時点におけるアーカイブ。 gooニュース. YOMIURI ONLINE goo. 2010年2月15日. の2010年2月20日時点におけるアーカイブ。 スポニチ Sponichi Annex. 共同通信 スポーツニッポン新聞社. 2010年2月13日. の2010年2月15日時点におけるアーカイブ。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2010年2月14日. の2010年2月16日時点におけるアーカイブ。 gooニュース. スポーツニッポン goo. 2010年2月17日. の2010年2月20日時点におけるアーカイブ。 livedoorスポーツ ライブドア. 2010年2月15日. J-CASTテレビウォッチ. ジェイ・キャスト 2010年2月15日. 2013年5月2日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2010年2月16日. の2010年2月17日時点におけるアーカイブ。 東海大学ニュース. 東海大学. 2010年2月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年5月2日閲覧。 NIKKEI NET(日経ネット) 日本経済新聞社. 2010年2月15日. の2010年2月18日時点におけるアーカイブ。 産経デジタル. 2010年2月22日. の2010年2月24日時点におけるアーカイブ。 エキサイトニュース. エキサイト. 2010年2月22日. の2010年2月24日時点におけるアーカイブ。 asahi. com 朝日新聞社. 2010年3月24日. の2010年3月27日時点におけるアーカイブ。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 國母和宏 - 動画ブログ - 動画ブログ• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• - - マネージメント事務所。 kazukokubo -.

次の

ちっ!うっせーな

ちっ うっせ ー な 反省 し て ま ー す

反省してま~すとは、がではなった一言である。 に反省していないときに使われる言葉である。 9日の出発時と入時に、ウのを下げるなど装に乱れがあったためで、委員会()、連 盟に複数のがあった。 同競技の文和がを注意し、子らとともに、幹部に報告、謝罪した。 ~(中略)~ は同日行われたには出席し、装の乱れについてはに促されて「反省してまーす」。 競技に関しては「だからといって特別な意識はない」と、これまでと同じ言葉を繰り返し強気だった。 (元 ) まとめると、 ・入時に装の乱れを摘されたので、選手村入村式への参加を。 ・その後ので「反省してま~す」と発言。 ・しかしその態度が全然反省しているように見えないために、上でになった。 ちなみに「反省してま〜す」と答える直前には、「」と聞こえないように小で発したつもりだったが、 残念ながら に入ってま〜 す 反省しているはずなのに反省しているように聞こえない「反省してま〜す」は、謝っているはずなのに謝っているようには聞こえない「」と、同じである。 反省が本当であれであれ、言葉に気持ちがこもってなければ受け取る側はその言葉を信用できないという良い例である。 ピコカキコしてま~す.

次の

FINAL FANTASY XIV

ちっ うっせ ー な 反省 し て ま ー す

Contents• 【動画】国母和宏の腰パンフルボッコ事件とは? 國母さんは、2006年のトリノオリンピックに17歳で出場し、予選敗退。 しかし、その後の 2010年のバンクーバーオリンピックへも出場を果たします。 2回連続出場で注目を浴びますが、それが思わぬ 「騒動」につながってしまいます。 その原因になったのは、カナダのバンクーバーへ出発するときのこの写真。 他の選手たちと成田空港へ現れた國母和宏さんは、日本選手団のスーツを個性的に着こなしていました。 ゆるめたネクタイ、裾を出したシャツ、そして腰パン…。 スポーツ選手というよりは、アーティストやシンガーという赴き。 この姿を見た人から、日本オリンピック委員会と全日本スキー連盟には「日本人としての自覚が足りない」と多数の苦情が殺到。 それに対する國母選手の言動が火に油を注ぎ、さらなる大きな騒動 「フルボッコ事件」に発展していまいます。 その経緯は…• バンクーバーでの記者会見で、 出国時の服装の件について問いただされた國母和宏さんは 「チッうっせーな…」と呟き 「反省してま~す」と明らかに反省していない調子で返答。 これをテレビのマイクが鮮明に拾ってしまっていた。 日本中から 大バッシング。 オリンピック代表でありながら、国民から「フルボッコ」に。 全日本スキー連盟(SAJ)は 国母選手の大会そのものへの出場を辞退させる意向を示した。 しかし、 橋 本聖子団長の判断で競技には出場することを決定。 開会式参加だけを自粛することでなんとか収まった。 そのときの動画もありました。 反省しているようには見えませんね…。 「チッ・・・うるせーな・・・」「反省してまーす」で名を轟かせた國母和宏容疑者の当時の記者会見。 この決定を受けて、当時、國母選手もコメントを発表していました。 いろいろな方々にご心配とご迷惑をおかけしてすいませんでした。 応援してくれる方々のために雪の上でいい滑りができるよう頑張る。 責任を重く感じています。 archive. sponichi. html しかし、実は心の底からは反省していなかったようで、のちのインタビューではこのように語っていました。 当時、服装の乱れを批判されたことに対しては、「なんでだよ」ではなく「だろうな」と思っていたそうだ。 「えーって思うほどバカじゃない。 学校でも制服を着崩していたら注意されるじゃないですか。 ただ、日本代表じゃなくて、 俺はプロスノーボーダーの國母和宏として行ってたから。 そこを変える気はなかった」。 hatenablog. また、よからぬニュースで登場してしまった國母選手。 バンクーバーオリンピック日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏容疑者(31)が、厚生労働省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことがわかった。 fnn. 去年、 アメリカから国際郵便で大麻を送り日本に密輸 した疑いがもたれていて、11月6日午前、東京・千代田区の厚労省 麻薬取締部に出頭し、逮捕された。 fnn. 大麻の使用に関しては、その前なのか、後なのか?もしくは使用自体は認めていないのかはまだわかっていません。 フルボッコ騒動後の ソチ五輪では、スノーボード男子ハーフパイプで 銀メダル獲得した15歳の 平野歩夢選手と、 銅メダルを獲得した18歳の 平岡卓選手の テ クニカルアドバイザーとして、國母選手がこの快挙を後押ししたという報道が各種スポーツ紙などでされました。 いろいろと言われてきましたが、スノーボードの実力は確かだった國母選手。 それだけに残念です。 マリファナだし,普通は起訴 初犯なら執行猶予付き まではいくだろう。 アメリカで生活してた筈では?と思ったらオフシーズンは日本で生活してるそうな向こうにいる感覚で日本でも吸おうと思ったんやろうね。 何で持ち込めると思ったんだ こいつに関しては、なるようになったなという感想しか無い。 真面目に取り組む他のアスリートが気の毒。 見た目は悪いが実際は、悪い事をやってそうでやってない本当は、とっても良い子てえ言うなら判るが見た目の悪い人が悪い事をやってそうでやってたてぇ!そのまんまやん!ダメダメじゃん!.

次の