即位礼正殿の儀 なぜ10月22日。 即位礼正殿の儀はなぜ10月22日に行われるの?日程を決めた理由考察

【詳報】即位の礼を振り返る 天皇、皇后両陛下の1日 [令和・即位]:朝日新聞デジタル

即位礼正殿の儀 なぜ10月22日

概要 [ ] が新たに皇位に就くことを「」といい、古代では神へ(よごと)を奏上し、を献納する事を中心とした、簡素なものであったが、に「」である「 践祚(せんそ)」と「 即位(そくい)」が別の儀式として行われるようになり、風の儀式がまで続いた。 即位にかかる儀式全般を即位儀礼というが、これは皇嗣が即位する「 践祚の儀(せんそのぎ)」と、即位したことを内外に宣下する「 即位の礼」に分かれる。 の(明治12年)に制定された旧「」に属するによって儀式の内容が細かく規定されたが、(22年)に、同令は旧皇室典範と共に廃止となった為、現行の新「」でも即位の礼を行う定めがあるにも拘らず、内容についての具体的規定は無い。 そのため、大嘗祭をどの様に行うのか、の前後から、様々な(政治・思想的)立場から論議が起きた。 による以降の現代に至る、明治時代・・・、と、他の重要な「慶弔行事」と同様に、即位の礼の挙行日は、その年限りのとなることが慣例となっている。 下で即位の礼を行ったとの時にはにより、下で即位の礼を行った(現・)との時はによって、祝日として定められた。 以来、即位の礼は「剣璽等承継の儀」、「即位後朝見の儀」、「即位礼正殿の儀」、「祝賀御列の儀」、「饗宴の儀」の5つの儀式から構成され、これらは全て国事行為である。 即位の礼と憲法 [ ] 明治憲法下において、「即位ノ礼」はに基づいて挙行され、との区別も厳格に行われていなかったが、日本国憲法下で初となる天皇明仁の即位の礼はに基づいて行われ、の即位の礼もこれに倣った。 現在の即位の礼の一連の儀式は全てである。 国民の一部に、即位の礼への国費支出や即位の礼へのやの参列が憲法のの観点から違憲であるという意見がある。 この観点から即位の礼は違憲であるとして、いくつかのが起こされているが、訴えは全て斥けられている。 これらの敗訴は、国費支出が原告に不利益を与えないという判断であったり、知事が参列することが政教分離のに照らして政教分離に反しないという判断によるものである。 1977年(昭和52年)7月にで下された判決によると、「憲法の政教分離規定は国家が宗教とのかかわり合いをもつことを全く許さないとするものではなく、相当とされる限度を超えるものと認められる場合にこれを許さないとするものである。 」とあり、政府はこれを理由の一つとして即位の礼への国費支出を認めている。 ただし、1995年(平成7年)の判例では「平成の即位の礼が既に終了しており、原告に不利益を与えない」との主旨で原告の訴えを斥けながらも、において「平成のでは、政府は、旙(ばん、装飾用の旗)からにおいて天皇の権威の象徴とされるを取り除いたり、元来が正殿の階段の下の宮殿中庭から正殿・高御座の天皇を見上げて万歳三唱するところを、 正殿内で万歳三唱するよう修正したりして政教分離、にも一定程度配慮した」と、政府の政教分離に対する配慮を認めたうえで「憲法違反の疑いは一概に否定できない」と指摘したこともある。 (平成30年)12月10日、原告241名がの規定による明仁天皇の退位と新天皇徳仁の即位に伴う「」、「即位の礼」、「大嘗祭」などの実施が政教分離を定めた憲法の規定に違反するとして、国を相手取り公金支出の差し止めと損害賠償を求め、に提訴した。 儀式 [ ] 日本国憲法施行後の「即位の礼」では、5つの儀式(国事行為)が行われる。 ここでは儀式を概説する。 剣と璽(イメージ、実物は非公開)• 即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ)--- 皇位継承当日か、後日行われる儀式。 天皇が即位後初めてをはじめとする国民の代表者と会う。 正殿松の間に天皇・皇后や皇族が入場し、天皇の「おことば」の後、内閣総理大臣の式辞がある。 これは明治憲法下の 践祚後朝見の儀(せんそごちょうけんのぎ)に相当する。 (そくいれいせいでんのぎ)--- 天皇が即位を国の内外に宣明する、いわば即位の礼の中心といえる儀式で、、即位式に相当し、各国の・らや国内の代表が参列する。 皇位継承当日とは日を隔て行われる。 宮殿正殿の松の間に高御座、御帳台が設置されて、それぞれ「御装束」に身を包んだ天皇・皇后が登り、諸皇族、三権の長が左右に控える。 天皇の「おことば」があり、内閣総理大臣が祝辞である「寿詞」を読み上げ、万歳を三唱して参列者一同がこれを唱和する。 天皇の礼服である。 に記される記録の限りでは、即位礼は元日に行われていたが、これはの時代にから暦法が輸入されたときに、大陸の歴代帝室の例に倣って正月即位が取り入れられるとともに、さかのぼってそれ以前の即位礼の日付も正月が与えられたのではないか、とされる。 それ以前の即位礼はと一体をなしており、大嘗祭が冬至の日(で11月頃)に行われた翌日、新帝が祭での霊威を得てから群臣の前に姿を現す形式であったとされる。 この時点では、神祇伯がを奏上し、が献上されることにより皇位継承を内外に宣明した。 その後、即位礼の時期が正月に繰り上げられ、大嘗祭に先んじておこなわれるようになった。 記紀の記述によっても詳細な儀式次第は明らかでないが、まずはじめにが授受され、即日または後日、改めて「壇」に昇る式が行われた。 儀式次第が詳細に記録された最初は4年正月1日(690年2月14日)のの即位礼である。 この時は、以下の式次第である。 がを樹てる。 のが天神寿詞を詠む。 が神器のとを奉った。 公卿百寮が羅列してを打ち、拝礼する。 この時点では天神寿詞は大嘗祭と併せて2度詠まれていた。 「」(720年)においても 凡そ践祚の日、中臣天神寿詞を奏し、忌部神璽の鏡剣を上る。 とあり、寿詞の次に神器授受が行われていたことがわかる。 神器の授受は「剣璽渡御の儀」として即位式前(皇位継承直後)に行われることがあったが、元年(781年)のの皇位継承に際し、「即位」から日を置いて「大極殿に御して詔して」とあることから、事実上の践祚と即位の分離が行われるようになった。 さらに8年(930年)のの皇位継承に際して、明示的に「践祚」と「即位」が分離されるに至る。 「」(870年代)「」(11世紀)において、即位礼の式次第が以下の通り明示された。 天皇は高御座で杓を把って南面する。 命婦が御帳をかかげ、香をたく。 王公百官の拝舞、舞踏、拝舞、武官による万歳三唱 ここでは養老律令に定められていた剣璽渡御および天神寿詞が取り除かれ、また南面、を着用するなど、大陸様式を取り入れた式次第になった。 ところが、中期になると、早くもこの形が崩れ、殿上の擬侍従(平安初期には親王がつとめたので上首を親王代とよび、次席と少納言の3人の構成で左右計6人)に(に相当)・(一般参列者の公卿であるが、指名された者のみが立つ。 殿上人以下の参列はなくなった。 なお外弁の内の一人が宣命使となる。 中世から近世にかけて外弁は大納言・中納言・参議各2名というのが一般的であった。 )・典儀などの限られた公卿・官人しか即位式に参加せず、その役目を持たない公卿は大臣であっても、の左右に設けられた幔の内側から「見物」している有様であった。 (長和5年)に行われたの即位式の様子は、当時のの重鎮であった・の日記『』に詳しく記されているが、それは実資が即位式の参加者ではなく、見物者として観察出来たことによるものであった。 なお、摂政は平安時代後期(以後)以後には高御座の中層または下層、関白は高御座の後方東側(南側から見て右寄り)の北廂東幔内に姿で(礼服でないのは正式な参列でないから)控える例であった(後一条天皇の摂政であったもこの位置にいるため、初期の摂政も同様であった可能性が高い)。 儀典の会場は、平安時代を通じ、原則的に、(八省院)のが用いられたが、大極殿焼損のため陽成天皇は豐楽殿を使用した。 病気のためはので即位し、大極殿焼失のためは、は内裏の紫宸殿を用いた。 大極殿は(安元2年)の以降廃絶したため、より中期のまでのすべての天皇(ただし、にいなかったの・・は例外)は、太政官庁を使用した。 以降は太政官庁は再建されず、の紫宸殿を使用することとなり、に至るまでこの場所で行われた。 以降(初例はとされているが、恒例となったのは以後とされる)には、と呼ばれる様式の儀式も執り行われた。 後期まで、その様式は続けられた。 即位式は行事の中でも最も重要な儀式の一つであるが、のの時期は皇室財政が逼迫しており、(明応9年)に即位したにも拘らず、儀式を行えず、(大永元年)、などからの援助を元に、即位22年目にして即位礼を行った。 直接のきっかけは幕府が二万疋を献じたことであるが、実際には年間以来それまでに何度か幕府から献じられていた費用および、朝廷が本願寺などからの献金を得て準備した道具が蓄積しており、その費用だけで実施できたのではない。 後奈良天皇は後柏原天皇即位の所用品が多く残されていたにもかかわらず、やはり費用不足で十年ほど即位が延引した。 また、の時も皇室財政から即位礼費用の拠出は叶わず、の援助を得て挙行した。 しかし、多くの困難にもかかわらず、のため短期間しか在位できなかったを除き、一代も欠かさずこの儀式は挙行されている。 なお、宮廷儀礼は平安時代より雑人 庶民 の見物の対象であったが、承久の乱後の四条天皇即位では庭上にも見物人が乱入し、これ以後も公家日記に、見物人のため儀式に支障をきたしていたことがうかがわれる記事が散見される。 後柏原天皇即位に際しても「雲霞の如く」見物人が集まったという。 こうした伝統を受けて江戸時代には、切手札(観覧券のようなもの)を買うことで、一般庶民もでの即位の儀式を見ることができた事が最近の研究により判明している。 なお、後桜町天皇即位のとき、儀礼の役にあたらず、ただ出御した天皇のお見送りだけに参内した野宮定晴は、「武家奴隷 武士の下人 」や「雑人」が多くて一般の公家の多くが儀式を見物できなかったこと、にもかかわらず幕府の使者は非公式ながら紫宸殿に上げてもらって見物できたことに憤慨している。 以降は旧皇室典範並びに登極令の制定により、天皇の践祚・即位に関わる一連の儀式の様式が定められた。 御大礼(即位の礼)は引き続き京都で行われることとされ、大正天皇・昭和天皇の御大礼は引き続き京都御所において挙行され、「 即位礼の儀」と称した。 (22年)制定の現行のでは場所については規定されず、、の即位の礼は東京・皇居で行われた。 式次第については旧例が踏襲されたが、従来「紫宸殿の儀」と称していた儀式が「正殿の儀」となった。 儀式はの祖神であると歴代の天皇へ期日を奉告することに始まり、皇居内のへの報告と、へが遣わせられる。 時期は登極令によりからとされ、先帝のから1年間は服喪期間として即位の礼・大嘗祭は行われない。 なお、この服喪期間を特に「」という。 即位の礼では最重要の儀式が「正殿の儀」であり、天皇は、はに身を包む。 天皇の束帯は「(こうろぜんのごほう)」と言い、天皇以外は着用できない。 正殿の儀にて使用されるは天皇のものを(たかみくら)、皇后のものを(みちょうだい)と呼ぶ。 造りは三層黒塗り継檀の上に八角形の屋根を置き、・等の装飾がある。 高さ5. 9メートル、幅6メートル、重さ8トンに及ぶ。 明治の即位の礼 [ ] 明治天皇の親謁 第122代・明治天皇の即位の礼が行われた当時は、が用いられており、現在のとは日付が異なるため、天保暦(グレゴリオ暦)の順番で記載する。 2年()、第121代・の崩御を受け、睦仁親王が翌慶応3年(1867年)に践祚してし、第122代天皇となった。 当初は11月に即位の礼を行う予定であったが、によるなど時勢が急速に変化していく中で、国事多難を理由に見送られた。 は亀井に唐風儀式の撤廃と古式復興を命じた。 新時代の象徴として、式典においてを用い、皇威を世界に知らしめることを目的とした。 孝明天皇即位に使用された高御座は元年()の内裏焼失によって失われていたので、例年の節会などに使うをもって高御座と称した。 唐風とみなされた装束や装飾は全廃されたため、礼服 は廃止され、平安時代以来礼服に次ぐ正装であったが使用された。 庭に立てる儀仗用の旗の類も廃止され、幣旗というがたてられた。 慶応4年(1868年)に、10日後の(1868年)に即位の礼を行うことを発表し、同月21日から関連儀式を執り行った。 殊にに勅使を遣わし命日である同月26日に霊前でを読み上げた翌日27日、即位の礼当日は、宣命使が宣命を読み上げ、参列者中、筆頭位の者がを読み、古歌を歌われた。 そして「拝」と一同唱和し、式典が終了した。 明治の大礼…総費用4万3800両• 伊勢神宮へ勅使発遣の儀 慶応4年8月21日(1868年10月6日)• 神武天皇陵・・前三代天皇陵へ勅使発遣の儀 同年8月22日(同年10月7日)• 紫宸殿・清涼殿御殿洗 同年8月23日(同年10月8日)• 即位礼 同年8月27日(同年10月12日)• なお、は明治4年11月17日(1871年12月28日)に東京で行われた。 大正の即位の礼 [ ] 大正天皇の即位の礼 ・制定後、初めての挙行となった第123代・大正天皇即位の礼は、(4年)に紫宸殿で行われた。 本来は(大正3年)に挙行される予定だったが、同年4月にの崩御により1年延期された。 明治天皇の即位時には新調できなかった等が新調された。 また、この時から高御座の隣に皇后の御座である御帳台(これは江戸時代以前のと異なり、高御座に準拠して考案された新儀である)が設けられたが、は懐妊中であった(後に第四皇男子のを出産)ために欠席した。 この時に上院の書記官長を務めていたも大正天皇の御大礼に出仕しており、後にについての提言を残している。 は復活せず、が使用されたものの、高御座は江戸期の様式が復活し、その他、旗の類も神話にちなむ刺繍を入れたものの、榊はやめて綾や錦を使うなど、総じて江戸時代以前の様式と明治の即位を折衷したような形式になっている。 明治よりも神事性が後退したかわりに、賢所大前の儀が新たに制定され、即位の前提に神道があることを強調する儀式構成になった。 男性のは近世の故実を参照してあまり変更を加えず、女性のは近世以前の資料によりつつも、らが中心となって、新たに定められた。 大正の大礼…総予算853万8357円(当時の金額)• (3年)、第124代・は即位の礼を執り行う為、を出発し、へ向かった。 京都へ向かう天皇の行列は2名のを先頭にの神鏡を奉安した御羽車、昭和天皇の乗る6頭立て(鳳輦)・の乗る4頭立て馬車・代表・()・内閣総理大臣()の馬車と続いた。 全長600メートルにも及ぶこの行列は、1分間に進む速度が86メートルと決められていた。 、即位の礼当日の参列者は以上の者665名、外国使節92名他、2,000名以上の参列者があり、式典では内閣総理大臣・田中義一が万歳三唱した。 天皇は紫宸殿の儀を終えた後、にを親拝し、即位の大礼に係る一連の儀式を終えた旨、奉告し、帰京した。 帰京後は宮中、などの祝宴の他、・等が執り行われた。 朕惟フニ我カ皇祖皇宗惟神ノ大道ニ遵ヒ天業ヲ経綸シ万世不易ノ丕基ヲ肇メ一系無窮ノ永祚ヲ伝ヘ以テ朕カ躬ニ逮ヘリ朕祖宗ノ威霊ニ頼リ敬ミテ大統ヲ承ケ恭シク神器ヲ奉シ茲ニ即位ノ礼ヲ行ヒ昭ニ爾有衆ニ誥ク 皇祖皇宗国ヲ建テ民ニ臨ムヤ国ヲ以テ家ト為シ民ヲ視ルコト子ノ如シ列聖相承ケテ仁恕ノ化下ニ洽ク兆民相率ヰテ敬忠ノ俗上ニ奉シ上下感孚シ君民体ヲ一ニス是レ我カ国体ノ精華ニシテ当ニ天地ト並ヒ存スヘキ所ナリ 皇祖考古今ニ鑑ミテ維新ノ鴻図ヲ闢キ中外ニ徴シテ立憲ノ遠猷ヲ敷キ文ヲ経トシ武ヲ緯トシ以テ曠世ノ大業ヲ建ツ皇考先朝ノ宏謨ヲ紹継シ中興ノ丕績ヲ恢弘シ以テ皇風ヲ宇内ニ宣フ朕寡薄ヲ以テ忝ク遺緒ヲ嗣キ祖宗ノ擁護ト億兆ノ翼戴トニ頼リ以テ天職ヲ治メ墜スコト無ク愆ツコト無カラムコトヲ庶幾フ 朕内ハ則チ教化ヲ醇厚ニシ愈民心ノ和会ヲ致シ益国運ノ隆昌ヲ進メムコトヲ念ヒ外ハ則チ国交ヲ親善ニシ永ク世界ノ平和ヲ保チ普ク人類ノ福祉ヲ益サム事ヲ冀フ爾有衆其レ心ヲ協ヘ力ヲ戮セ私ヲ忘レ公ニ奉シ以テ朕カ志ヲ弼成シ朕ヲシテ祖宗作述ノ遺烈ヲ揚ケ以テ祖宗神霊ノ降鑒ニ対フルコトヲ得シメヨ 日程 銀製女性用裏面 なお、現在のの前身であると、の前身であるは、この昭和天皇即位大典に間に合わせるようにして、それぞれ暫定開業している。 関連では、(14年)から開始されたで中継が実施されたが、行列を直視しながらの実況は禁止されていたので、音とスケジュールだけを頼りに実況した。 紫宸殿での式典の際には、新聞などマスコミ関係者はすべての外に締め出された。 唯一、陸軍が内部の様子を撮影しており、そのフィルムが後年公開された。 各新聞は京都で撮影された写真を東京の本社に(当時は「写真電送機」と呼んでいた)で送信し、その写真が掲載された号外をその日のうちに発行することができたという。 これによって、日本製のファクシミリの技術が大きく進歩するきっかけとなった。 (昭和4年)5月4日-5日、宮城内旧三の丸覆馬場及びにおいてが開催され、史上最大の催事となった。 平成の即位の礼 [ ] 1990年 平成2年 、大嘗祭 第125代天皇明仁の即位の礼・大嘗祭を巡る儀式は、(2年)の期日奉告の儀から始まり、1年間に渉り関連行事が行われた。 政府は国事行為「即位の礼」として、新天皇が即位を内外に宣明する「即位礼正殿の儀」、新天皇・のオープンカーパレードである「祝賀御列(おんれつ)の儀」、即位の礼の祝宴「饗宴の儀」の3儀式を行うことを決定した。 即位の礼にあたり、式典の・には先帝・昭和天皇のでの3万2000人を大きく上回る3万7000人の、が動員され徹底したなどが行われた。 この警備の特別予算は54億円に上ったとされる。 の輸送に当たっては、による妨害を防ぐため、のヘリコプター()で隠密に行われた。 1990年(平成2年)、即位礼正殿の儀に際して 用語 賢所大前の儀及皇霊殿・神殿に奉告の儀 天皇が賢所・皇霊殿・神殿(合わせて宮中三殿と呼ぶ)に祀られている天照大神・天神地祇・歴代の天皇に即位の礼を行うことを告げる(神々に告げることを 奉告という)儀式 斎田(さいでん) 大嘗祭の使用する新穀を作る田。 田の選定は古代から(きぼく)により、京都以東以南の地方から選ばれる「悠紀田(ゆきでん)」と、京都以西以北の地方から選ばれる「主基田(すきでん)」の2つが定められる。 前四代天皇陵 上皇明仁の前四代天皇は孝明天皇、明治天皇、大正天皇、昭和天皇。 孝明天皇陵 後月輪東山陵(今熊野字泉山)• 明治天皇陵 (京都府京都市桃山町古城山)• 大正天皇陵 ()• 昭和天皇陵 武蔵野陵(東京都八王子市長房町) 即位の礼に参列した各国要人• 国家元首級:70カ国• 皇室・王室:20カ国• 副大統領級:15カ国• 首相級:20カ国• 閣僚級:35カ国 アジア• :大統領夫妻• :ベンカタラマン大統領• :大統領• :大統領• :大統領夫妻• :エルシャド大統領夫妻• :国王• :国王• :アズラン・シャー国王・王妃• :大統領夫妻• :大統領夫妻• :殿下• : (、)殿下 (当時によって占領されていた為、亡命政権によって派遣される)• : (、)殿下• :首相• :ウィジェートゥンガ首相• :皇太子• :国務院副総理• :皇太子及び王弟・同妃• :国家評議会副議長• :ター・トゥン法務長官夫妻• :閣僚評議会副議長夫妻• :大統領夫人 ヨーロッパ・北アメリカ• :大統領• :夫妻• :スパドリーニ上院議長• :夫妻• :バシリュウ夫妻• :国王・王妃• :女王・王配• :大統領夫妻• :ゲンツ大統領• :夫妻• :ジェーレフ大統領夫妻• :国王・王妃 席次No. 1であった• :大統領夫妻• :タポーネ大統領夫妻• :ヨビッチ連邦幹部会議長夫妻• :大統領• :大公・大公妃• :皇太子・皇太子妃• :皇太子• :ナティシャン• :夫妻• :夫妻• :連邦議会議長• :首相夫妻• :コザエキビッチ下院議長夫妻 ラテンアメリカ• :大統領• :パロディ副大統領夫妻• :クリスティアーニ大統領夫妻• :ホイト大統領夫妻• :リベラ外相夫妻• :カルデロン大統領夫妻• :ハラミージョ副大統領夫妻• :マンレイ首相• :シルバ・シマ外相• :シグノレット大統領• :エンダラ大統領夫妻• :ロドリゲス大統領夫妻• :夫妻• :パス・サモラ大統領• :カジェハス大統領夫妻• :トマシーノ最高裁判所長官夫妻• :アリンデール総督夫妻• :モラレス副大統領夫妻• :ダス大使夫妻• :トレホス最高裁判所長官夫妻• :ラトルチュー外相夫妻• :メイナード副首相夫妻• :モラレス国会議長夫妻• :マルチャン外相夫妻• :ゴードン総督• :サリーナス夫人 オセアニア• :タバイ大統領夫妻• :ドウィヨゴ大統領夫妻• :国家元首• :ガニラウ大統領夫妻• :カブア大統領夫妻• :ハグレルガム大統領夫妻• :ヘイドン総督夫妻• :レピン総督夫妻• :リーブス総督夫妻• :エリ総督夫妻 アフリカ• :大統領夫妻• :ジャワラ大統領• :大統領• :カウンダ大統領• :大統領• :ディウフ大統領• :コリンバ大統領夫妻• :大統領夫妻• :マシーレ大統領夫妻• :デイビッド殿下 駐韓国大使 及び妃殿下• :トラオレ大統領夫妻• :殿下 第2王子• :ベンハビレス憲法評議会議長夫妻• :トラオレ外相• :グリラブ外相夫妻• :ムタリ国民会議議長夫妻• :ムボニンパ外相• :クーン総領事夫妻• :革命評議会議長 国際機関• :事務総長• :アンドリーセン副委員長夫妻 招待状を送付したが各国の事情により参列しなかった国• :により消滅。 :により、・側からの一方的な取り消し通告。 :内乱継続中のため。 またの古写真でも紫宸殿内に帳台がおかれた写真があり、高御座が常設されるようになったのは比較的近年のことのようである-といっても半世紀以上は経つが)。 (平成元年)、明仁天皇の代には即位の礼・の開催地を巡り、「」と「」で議論となったが、最終的にの内で開催された。 これには時代の変遷により止むを得なかった事情がある。 前3代と異なり、の天皇即位の礼()においては、一連の式典に外国の要人も多数参列し、京都に比べ東京のほうが警備がしやすく、かつその費用も抑えられた。 当時はまだが建設中で、もなく、関西では要人の大規模な受け入れ態勢が十分には整っていなかったのである。 専門家による「伝統を守るべき」との主張 もあり、京都側はが懇談会を設置する等、京都での開催が多方面から主張された。 そういった事情への配慮もあり、皇居での「即位の礼」関連行事をほぼ終え、のやの陵にし、先帝四代ののうちにある()・()に親謁に伴い、同市にあるにおいて各の首長やなどの各種団体の代表、界の首脳陣らを招いて大規模な茶会 が催された。 令和の即位の礼 [ ] 三唱する内閣総理大臣 第126代天皇は、2019年(元年)5月1日に即位した。 これに先立つ2018年(平成30年)3月、()はの成立を受けて、以下の5つの儀式を新天皇の国事行為たる即位の礼として指定した。 剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ) 2019年(令和元年)5月1日10時30分から 10分程度〔宮殿 正殿〕• 即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ) 同日11時10分から 10分程度〔宮殿 正殿〕• (そくいれいせいでんのぎ) 2019年(令和元年)10月22日午後1時から 〔宮殿〕• 饗宴の儀(きょうえんのぎ) 10月22日、25日、29日、31日〔宮殿 豊明殿・長和殿〕• 祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ) 11月10日午後3時から 〔宮殿 - 赤坂御所〕 この他、皇室行事として「 」(だいじょうさい)の中心儀式である「 大嘗宮の儀」(だいじょうきゅうのぎ)が11月14日から15日にかけて行われた。 「(平成30年法律第99号)」により、即位の日である2019年(令和元年)5月1日と即位礼正殿の儀の行われる日である10月22日が祝日扱いの休日となった。 即位礼正殿の儀 [ ] 儀式は基本的に平成時の例を踏襲したが、天皇の出御の際の動線や参列者の座席についてなどの変更点があった。 また、当日はから変わった低気圧の影響で雨天であったため、中庭の庭上参役者を減らして屋内に配置するなど「雨儀」の仕様となった。 儀式の模様は及び民放各テレビ・ラジオ局にて生放送された他、やなどで配信も行われた。 NHKの午後1~2時の平均視聴率は22・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区) 、ネット配信の視聴者数(アーカイブ含む)は、YouTube Live公式アカウントで121万人 、ニコ生で21万人に達した。 即位礼正殿の儀での「おことば」 [ ] さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。 ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。 上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。 国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。 安倍内閣総理大臣の寿詞 [ ] 出席した国・地域・機関 [ ] は、日本が国家として承認している195か国の元首などを招くことを決定した。 参加した国、地域および機関は以下の通りである。 国名 出席者 肩書 国王・国家元首級 王妃 () 王妹 王太子 王妃 () 王妃 王妃 () 王子 王妃 () 王妃 () 王妃 マシオフォ・ファアマウシリ・レイナフォ 国家元首夫人 () () リンダ・マクマーティン 総督夫人 () () メアリー・ヴナギ () 総督夫人 () 総督配偶者 () () () () トゥアイネ・マースターズ () 女王名代夫人 () () 大統領夫人 サヴィータ・コーヴィンド 大統領夫人 () 大統領夫人 モハンマド・アブドラ・アルハブシー 大統領配偶者 大統領夫人 () 大統領夫人 () サミナ・アルヴィ 大統領夫人 () 大統領夫人 ラシダ・ハーミド 大統領夫人 () サロテ・ファガ・コンロテ 大統領夫人 トミー・キジナー 大統領配偶者 大統領夫人 () パトリシア・エドウィン 大統領夫人 () () 大統領夫人 () 大統領夫人 () 大統領夫人 王太子・副大統領・首相級 (中国) (中国) () 議長夫人 王太子 王太子妃 王太子 () 王太子 () 王太子 () () () ウーリー・エツ・ハンダヤニ 副大統領 副大統領夫人 () () 副大統領 () 副大統領 () () () シチャン・ビパバン 国家副主席夫人 () () () () () () () () () 首相夫人 兼外相 ボロルツェツェグ・フレルスフ 首相夫人 () 国会議長 () () () () ガウデンシオ・モハバ・メス () () () () () () キャサリン・マンデヴィル () 長官夫人 王族・閣僚級 () 、国家安全保障顧問相 フレデリコ・カルドーゾ 大統領府文官長 () () 大臣配偶者 () () () () () () () () 、国際関係・協力担当副首相 ドーン・ヘイスティングス=ウィリアムス 大統領府付大臣 サルーム・シセ ()、元 ルアテキ・テカイアラ インフラ・持続可能エネルギー大臣 () 、元 () 副議長 () 外務大臣 () 、王宮府顧問兼国務大臣 () 外務大臣 () () () アマドゥ・ホットゥ 経済・計画・協力大臣 () () アブドゥルカディル・アーメドキール・アブディ 外務・国際協力閣外大臣 () 大統領府付公共サービス・行政機能強化担当大臣 () 法務・通信・外務大臣 () 文化・観光大臣 () () 大臣夫人 () () () 、名誉主席司祭 () () () () () () () () () () 上院副議長 () () 副大臣級 () () () () () () 要職経験者 前 元 () 夫人 アンドリ・ムスタコーデス 夫人 元 元 () () () 前、元 同夫人 () 元 () () ()夫人 マリア・アンヘレス・ガルシア ()外務大臣夫人 駐日代表、元 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、は駐日大使らが参列。 スウェーデンの、オランダの、スペインの、モナコの、ブルネイの、イギリスの、クウェートの ()、トーゴのは平成の即位礼に続いて2回連続の参加となる。 なお、トルコのは、への対応を理由に、の大統領は10月20日に同国で発生したバス事故に対応するために、それぞれ当初の予定を変更して出席しなかった。 装束 [ ] 即位礼正殿の儀• 天皇:御束帯()• 皇后:御五衣・御唐衣・御裳• 皇嗣 :束帯(、帯剣)• 皇嗣妃 :五衣・唐衣・裳• :()(これにより難い場合には、(勲章着用)とする。 親王妃、、及び:五衣・唐衣・裳(これにより難い場合には、ロングドレス(勲章着用)とする。 、宮内庁次長、、侍従次長、、皇嗣職大夫、皇嗣職宮務官長、長及び式部副長:束帯• 長及び女官:五衣・唐衣・裳• 威儀の者及び衛門:束帯(帯剣、弓)• 威儀物捧持者、司鉦司鼓及び鉦鼓の係員:束帯• 参列者• 男子:燕尾服、、又はこれらに相当するもの• 女子:、、白襟紋付又はこれらに相当するもの・勲章着用• 礼砲を行う陸上自衛官: 饗宴の儀• 男子:燕尾服、、又はこれらに相当するもの• 女子:、、白襟紋付又はこれらに相当するもの・勲章着用 祝賀御列の儀• 天皇:燕尾服• 皇后:ローブデコルテ ギャラリー [ ]• 即位の礼• この例では、天皇は皇位継承前に3年余りにわたって(国事行為代行者)を行っており、この日正式に皇位を継承した。 当初は10月22日午後3時30分から行う予定だったが、関東・甲信地方や東北地方で甚大な被害が出(台風19号)の被災地の状況に配慮する政府の判断で延期となった。 が続くは「政権の非人道性が指摘されている」ことを理由に除外された。 祝賀使節中席次筆頭• 前回の即位礼では、中国からの(当時)が参列した。 王副主席は最高指導部のを務めた経験があり、呉氏よりも格上として位置づけられる。 (ポルトガル語)Frederico Manuel dos Santos e Silva Cardoso• (ポルトガル語)Ministro de Estado e Chefe da Casa Civil• (英語)Dawn Hastings-Williams• (英語)Minister of State in the Ministry of the Presidency• (キリバス語)Ruateki Tekaiara• (英語)Minister for Infrastructure and Sustainable Energy• (フランス語)Amadou Hott• (英語)Abdulkadir AhmedKheyr Abdi• (英語)Minister of State in the President's Office Public Service Management and Good Governance• 出典 [ ]• 『日本国憲法の原理と「国家改造構想」』1994年• 大正天皇、昭和天皇の即位の礼はこの形式で執り行われた。 「」も参照。 尚、明治以前のの時代まではが紫宸殿の中庭にて群臣に対して即位の詔書を伝える(宣命)形式で、新天皇が即位時に勅語を発することは無かった。 裁判所• 2019年1月21日閲覧• , pp. 169-170. , pp. 170-172,176. , pp. 29-30. , pp. 27-28. , pp. 32-33. , pp. 33-34. , p. 藤森健太郎『古代天皇の即位儀礼』(、2000年)所収の、第二部・第六章「十~十二世紀の[天皇即位儀]」より• 末松剛『平安宮廷の儀礼文化』(吉川弘文館、2010年)所収の、第一部・第一章「即位式における摂関と母后の高御座登壇」より• 礼服は、が中絶した平安中期以降即位だけに使用する装束であった。 皇后不在の即位礼を、「何モノカノ前徴警示」のごとく感じた学者がいたらしいことを、柳田國男は『大嘗祭ニ関スル所感』に書いた。 または日記の中で、即位の礼に出なかった皇后は死んでいるという噂が広がったことを記している。 朝日新聞2019年10月19日土曜特別be面、のコラム• 山下紘一郎『神樹と巫女と天皇 初期柳田国男を読み解く』(梟社、2009年)と、『柳田国男の皇室観』(梟社、1990年)に詳しい。 読売新聞 1989年5月30日 「即位の礼用の高御座を隠密空輸 京都から自衛隊ヘリを使用」• 1989年4月4日付「天皇「即位の礼」は皇居で 京都の警備に難点 「大嘗祭」と分離も/宮内庁」• 読売新聞 1989年5月3日付「伝統のある大嘗祭は閑静な京都御所で」(寄稿)• なお、即位10周年の(平成11年)秋、20周年の(平成21年)秋、30周年の(平成31年)春にも同様にに赴き、京都御所で「茶会」を催している。 2019年(令和元年)5月1日内閣告示第2号「」• 2018年3月30日付 「政府:「即位礼」来年10月22日基本方針を決定」• 毎日新聞 2019年10月22日. 2019年10月22日閲覧。 日本放送協会. NHKニュース. 2019年10月22日閲覧。 - J-CASTニュース 2019年10月23日• - YouTube 首相官邸 公式アカウント 2019年10月22日配信• - 2019年10月22日配信• NHK. 2019年8月13日. 2019年10月22日閲覧。 外務省. 2019年10月18日閲覧。 HLN 2019年8月14日. 2019-09-18d閲覧。 外務省. 2019年10月23日閲覧。 Gert's Royals 2019年4月25日. 2019年10月3日閲覧。 2019年9月18日閲覧。 TFIPOST. 2019年10月21日閲覧。 Royal Central 2019年9月19日. 2019年9月26日閲覧。 日本放送協会. NHKニュース. 2019年10月20日閲覧。 www. bernama. com. 2019年10月20日閲覧。 Government of Lesotho 2019年10月21日. 2019年10月23日閲覧。 Royal Central 2019年9月19日. 2019年10月8日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年10月18日閲覧。 Gulf-Times 2019年10月20日. 2019年10月20日閲覧。 Mainichi Daily News. 2019年10月21日. 2019年10月21日閲覧。 emtvonline 2019年10月15日. EMTV Online. 2019年10月15日閲覧。 ShamshadNews 2019年10月20日. Shamshadnetwork. 2019年10月20日閲覧。 armenpress. 2019年10月19日閲覧。 外務省. 2019年9月26日閲覧。 時事通信. 2019年8月14日. 外務省. 2019年10月8日閲覧。 NHK WORLD. 2019年10月20日閲覧。 Wanja, Claire 2019年10月21日. KBC Kenya's Watching. 2019年10月21日閲覧。 BENIN WEB TV 2019年10月14日. 2019年10月15日閲覧。 時事ドットコム. 2019年10月21日閲覧。 中日新聞 CHUNICHI Web. 2019年9月26日閲覧。 外務省. 2019年9月26日閲覧。 2019年8月23日閲覧。 Hoque, Kamarul. 2019年10月20日閲覧。 Times Online - Daily Online Edition of The Sunday Times Sri Lanka. 2019年10月20日閲覧。 www. tasr. 2019年10月19日閲覧。 english. sta. 2019年10月18日閲覧。 www. bundespraesident. 2019年10月20日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 ORIENT: NEWS AGENCY 2019年10月19日. 2019年10月20日閲覧。 時事ドットコム. 2019年10月21日閲覧。 Khabarhub English News 2019年9月22日. 2019年9月26日閲覧。 www. radio. gov. 2019年10月18日閲覧。 Newsroom Panama 2019年10月19日. 2019年10月20日閲覧。 時事ドットコム. 2019年10月21日閲覧。 日本放送協会. NHKニュース. 2019年10月10日閲覧。 Hungary Today 2019年10月17日. 2019年10月18日閲覧。 外務省. 2019年9月26日閲覧。 日本語 , 2019年10月20日閲覧。 foreigner. foreigner. 2019年10月15日閲覧。 2019年8月13日閲覧。 www. novinite. com. 2019年10月21日閲覧。 BENIN WEB TV 2019年10月14日. 2019年10月15日閲覧。 FENA. 2019年10月21日閲覧。 外務省. 2019年10月21日閲覧。 Times of Malta. 2019年10月13日閲覧。 時事ドットコム. 2019年10月21日閲覧。 The President's Office. 2019年10月19日閲覧。 2019年10月4日閲覧。 CdM 2019年10月20日. 2019年10月20日閲覧。 www. baltictimes. com. 2019年10月21日閲覧。 www. lrp. 2019年10月19日閲覧。 Stiri pe surse. 2019年10月20日閲覧。 2019年8月13日閲覧。 www. info. gov. 2019年10月20日閲覧。 www. gov. 2019年10月22日閲覧。 2019年8月13日閲覧。 Royal Central 2019年9月19日. 2019年9月26日閲覧。 www. kongehuset. 2019年9月26日閲覧。 TFIPOST. 2019年10月21日閲覧。 South China Morning Post 2019年10月8日. 2019年10月8日閲覧。 Bhwana, Petir Garda 2019年10月20日. Tempo. 2019年10月20日閲覧。 www. statehouse. gov. 2019年10月18日閲覧。 www. radiohc. 2019年10月20日閲覧。 Journal du Cameroun. 2019年10月21日閲覧。 2019年8月18日閲覧。 時事ドットコム. 2019年10月21日閲覧。 中日新聞 CHUNICHI Web. 2019年10月10日閲覧。 Radio Prague International. 2019年10月20日閲覧。 VnExpress. VnExpress International — Latest news, business, travel and analysis from Vietnam. 2019年10月18日閲覧。 NNA. ASIA. 2019年9月9日閲覧。 MONTSAME News Agency. 2019年10月18日閲覧。 azertag. 2019年10月19日閲覧。 NHKNEWSWEB. 2019年10月5日閲覧。 UrduPoint. 2019年10月21日閲覧。 毎日新聞. 2019年10月18日閲覧。 Observer, Oman 2019年10月20日. Oman Observer. 2019年10月20日閲覧。 MENAFN. menafn. com. 2019年10月20日閲覧。 外務省. 2019年10月21日閲覧。 2019年8月13日閲覧。 の名誉主席司祭。 Yabiladi. com. yabiladi. com. 2019年10月23日閲覧。 ライブドアニュース. 2019年10月10日閲覧。 www. org. 2019年10月18日閲覧。 europa. 2019年10月18日閲覧。 首相官邸. 2019年10月27日閲覧。 Hadjioannou, Bouli. In-Cyprus. com. 2019年10月27日閲覧。 時事ドットコム. 2019年10月18日閲覧。 中国語. 自由時報. 2019年10月22日. 2019年10月22日閲覧。 www. mofa. 2019年10月21日閲覧。 「」『NHKニュース』、2019年10月16日。 2019年10月22日閲覧。 com. 2019年10月21日. 2019年10月27日閲覧。 参考文献 [ ]• 『大嘗祭』、2019年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 外部リンク [ ]• - (2019年1月1日アーカイブ分) [ ].

次の

「即位礼正殿の儀」の祝日も「出勤日」、日本企業は休ませ下手か:日経ビジネス電子版

即位礼正殿の儀 なぜ10月22日

天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位礼正殿(せいでん)の儀」が10月22日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。 同日は祝日となったので、21日に有給休暇を取得して4連休となった会社員も多いのではないだろうか。 2019年は「天皇の即位の日」の5月1日も祝日となり、ゴールデンウイークは10連休となった。 ただ、すべての会社員が5月1日や10月22日を祝日として仕事を休んだわけではないようだ。 ツイッターなどのSNS(交流サイト)では「うちの会社では10月22日は祝日ではないらしい」「有休を奨励された」といった声が見られた。 実は元旦(1月1日)や海の日(7月の第3月曜日)など毎年ある祝日と、今年に限り祝日となった5月1日や10月22日は厳密には異なる存在だ。 前者は「国民の祝日に関する法律」(祝日法)によって定められた年間16の祝日を指す。 一方、天皇陛下の即位に関連して休日となった5月1日や10月22日は「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」(18年12月14日施行)によって定められた休日だ。 内閣府の担当者によると「双方ともに『国民の祝日』の効果を持つが、それを定める法律は異なる」という。 ちなみに10連休にあった4月30日と5月2日は法的には「祝日」ではなく「休日」。 国民の祝日に関する法律第3条第3項に規定される休日だ。 この規定では当該日の前日と翌日が「国民の祝日」に挟まれた平日は休日になる。 つまり、4月30日は昭和の日(4月29日)と祝日扱いの休日(5月1日・天皇の即位の日)に挟まれ、5月2日は5月1日(同)と憲法記念日(5月3日)の間にある平日なので、休日となった。 ただし、企業によっては「祝日法に定められた祝日を休日とする」という判断もあり得る。 そのため、祝日法とは異なる法律によって休日となった5月1日や10月22日を「出勤日」とした上で、有休の取得を奨励するといったことも想定される。 前述のツイッターのつぶやきはこのような事例を指していると思われる。 内閣府の担当者も「言い回しの問題だが、『国民の祝日は勤務を要さない』とする場合、10月22日は休日となるだろう。 一方で『祝日法に基づく祝日を休日とする』と就業規則などで明記する場合は22日が勤務日となる可能性もある」と話しており、企業ごとに判断は分かれたようだ。 10月のカレンダーを見ても、14日の体育の日は祝日を示す赤い文字となっている一方、22日は平日と同じ黒い文字で表記されているものもあった。 そんな中、企業の休日をめぐって注目を集めたのが大手コーヒーチェーンのドトールコーヒーだ。 今春から会社の休日を年間119日に固定し、祝日を「出勤日」にしていると一部のメディアに報じられ、批判を浴びた。

次の

2019年は10月22日も祝日に!その理由はなぜ?3連休にはなる?【即位礼正殿の儀の行われる日】

即位礼正殿の儀 なぜ10月22日

10月22日、「即位礼正殿の儀」をテレビ中継で見た。 病を得てから、宮中祭祀などの儀式はお休みすることがほとんどだった雅子さま。 ビッグイベント中のビッグイベントであるこの国事行為に、どのように臨まれるのか。 その姿を見たかった。 儀式が始まったが、ほとんど雅子さまは映らなかった。 これは想定外で、かなり戸惑った。 陛下が即位を内外に宣言するという儀式なのだから、当然と言えば当然だ。 だが、高御座 たかみくら ばかりが映り、御帳台 みちょうだい が映る時間がこれほど短いとは思っていなかった。 とばりが開き、陛下が「おことば」を述べ、安倍首相が「寿詞 よごと 」を述べ、参列者による万歳三唱があり、再びとばりが閉められる。 その15分ほどの間で、雅子さまの表情がわかる映像は2度だけだった。 「おことば」前の30秒ほどと、「おことば」後のほんの数秒。 儀式の性質を理解しつつ、皇室とはそういう世界なのだなあと思ったりしながら見ていた。 コラムニスト 1961年生まれ。 83年、朝日新聞社に入社。 宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。 その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。 「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。 2011年4月、いきいき株式会社 現「株式会社ハルメク」 に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」 現「ハルメク」 編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。 著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。

次の