稀惺かずと コネ。 松岡修造の娘・松岡恵が宝塚を卒業!身長は?成績は?何組だった?

松岡修造の娘・稀惺かずと、宝塚の組配属で祖母と同じ星組に

稀惺かずと コネ

松岡修造の娘の名前や身長などのプロフィール! 松岡修造さんの愛娘の名前は 松岡恵(めぐみ)さんです。 恵さんの PFは、以下です。 名前:松岡 恵(まつおか めぐみ) 生年月日:1999年5月生まれ 年齢:19歳 2019年5月で20歳 身長:169㎝ 出身校:日本女子付属高等学校 実際に身長が公表されている訳ではありませんが、週刊誌が撮影した写真などで見たところ 169cmはあると思われます。 恵さんの隣に写っているのは彼女の母親で修造さんの妻の田口惠美子さんです。 ビデオを片手に娘の晴れの姿を撮影していたところだと思います。 ちなみに奥様の身長は 160cm前後と言われていますので、恵さんと比べると 169cmくらいかと思います。 松岡修造の娘松岡恵宝塚歌劇団のメンバー!? 松岡修造さんの愛娘、恵さんは今年の 2019年3月、宝塚音楽学校を卒業し宝塚歌劇団の団員になりました。 宝塚劇団からも未来のスターとして注目されているようで、かなりの特別待遇を宝塚音楽学校時代からされていた等の噂もあります。 さらに、事情通曰く 「華やかなオーラとノーブルな顔立ちですでに男役として出来上がっています。 仲間を思い、立ち上がる元貴族の役柄を情感たっぷりに演じて存在感も抜群でした」 と言われるほど、役者としての評価も高いようです。 その実力は宝塚音楽学校の文化祭で主役を務めるほど高いものがあったそうです。 未来のタカラジェンヌ育成イベント「すみれ募金」にも参加! 宝塚音楽学校前で行われる社会貢献活動のひとつ「すみれ募金」は毎年 5月に行われます。 ファンと宝塚音楽学校の生徒が触れ合う事が出来る数少ない場の一つです。 恵さんのいるグループのところにファンが殺到したため募金活動を一時中断しないといけないような場面もありました。 期待のスターであるがゆえに嫉妬やイジメの対象に…? 将来、期待のスターとして注目されている松岡恵さん。 嫉妬やイジメがおきるのではないかという懸念がファンの間から囁かれています。 宝塚出身の女優さんの多くがイジメを経験していると発言しています。 かつて宝塚音楽学校を首席で卒業し宝塚歌劇団に入団。 その後先輩から激しいイジメに遭ったことを小柳ルミ子さんは後のインタビューで話しています。 「楽屋から舞台に向かおうとしたとき、いましがたまで履いていた靴がない。 慌てて探してみると、階段の下に隠されていた。 」 「衣装に袖を通す。 ファスナーに指をやるとチクりと痛みが。 針が一本刺さっていて、指に食い込んでいるんです。 」 また、黒木瞳さんもイジメを経験していたことがあるそうです。 その時はファンぐるみでイジメを経験したそうです。 当時、月組トップスターだった大地真央さんの相手役として大抜擢された黒木瞳さん、 トップスター大地真央さんの相手役に決りましたがそれを許さないファンからの激しいイジメがあったそうです。 こういったことがあり、松岡恵さんに対してもイジメがあるのではないかと懸念の声が寄せられています。 かわいくないし美人でもない• 性格も悪そう• コネでデビューはできそうだが 先輩のいじめに耐えられるか 恵さんの家系は宝塚創設者との関係があります。 その為、恵さんに対して気を使う事が有っても、イジメまでに発展するような先輩や同期は居ないのではとイジメの可能性に否定的なコメントも見られました。 一部関係者によると 「学生のうちからここまで注目されている恵さんが、嫉妬などの対象にならないようにと申し送りがあったそうです。 万が一、恵さんへのいじめが起きたり、それが表沙汰になったりしたら、未来の大スターを失いかねません。 さらに、このファントムに主演した蘭寿とむさんは松岡修造さんの従兄弟と交際をしていたそうで、恵さんが宝塚音楽学校への入学が決まる1年前の2016年秋、松岡さんの従兄弟の男性と結婚しました。 松岡恵の芸名は? 松岡恵さんの芸名ですが、音楽学校本科生( 2年)時に本人の希望を出して卒業までには決っているはずです。 芸名についての詳しい事は後述します。 で、その芸名ですが 『稀惺かずと』に決ったそうです。 宝塚の男役らしい名前ですね。 苗字がなかなか読めないことに悩んでいるファンが多かったようです。 ツイッターで検索してみたところ以下のようなコメントがありました。 稀惺かずと さんね。 きせい、でいいのかな? なかなか難しい読み方ですね。 正解は 【稀惺 かずと】(きしょう かずと) です。 宙組宝塚大劇場公演『オーシャンズ 11』で、第 105期生は初舞台を踏み、ラインダンスと口上を行います。 稀惺かずと(恵さん)は2019年4月21日(日曜日)5月3日(金曜日)5月7日(火曜日)の日程で口上者の予定です。 105期生 卒業 ラインダンス 口上 きっとこれから活躍していくことでしょう。 逆に言えばこの三つの基準をクリアしていればほとんどOKだと思われます。 以前、ネット上では事情通と思われる人から以下のようなコメントがありました。 他にも、ちびまる子ちゃんが好きなあまり「麻倉ももこ」と申請した方もいました。 真矢みきさんは下の「みき」の部分は変わらないものの、なかなかOKが出ず、その中には「のり みき 漢字は忘れてしまいました。 」というものもあり、これは「海苔巻」のように聞こえるから駄目だったそうです。 名前を申請する時は第二希望・第三希望まで出すようで、どのような名前が OKになるかは運営側の考え方一つのようです。 元タカラジェンヌで現在ライターをしている桜木 星子さんは以下のように話しています。 私の期は、どちらかと言うと厳しかった学年。 あっちでもこっちでも「返された~」「考え直さなくちゃ……」という声が。 年代によって基準の厳しさも違うようです。 芸名を考えるだけでもかなり苦労をしなくてはいけないとは、宝塚は厳しい世界なのですね。 ・本名はNG 芸名で下の名前は本名でも OKですが苗字については本名は NGです。 宝塚には 「すみれコード」と呼ばれる暗黙のルールが有ります。 ディズニーランドのように夢を壊さない事が重要と考えられています。 「すみれコード」というのは「宝塚」というブランドを汚す行為や品性に欠ける言動、そして個人情報や恋人の有無などという「現実」を思わせるものすらNGとしています。 だから本名をそのままつかうのは「現実的」でNGとなり別の名前を考えるようにと言われるそうです。 ・読みやすく書きやすい 宝塚歌劇団の芸名には書きやすく読みやすいものでないといけないという決まりがあります。 なぜ読みやすく書きやすい文字でなければならないのでしょうか。 元タカラジェンヌで現在ライターをしている桜木星子さんはこの疑問について以下のようなコメントを書いています。 」 「 職員室に何度も出向き、校長先生に涙ながらに訴え、やっとOKをいただいたという思い出があります。 」 「同期にも、第一希望が却下された人……たくさんいましたね。 理由はやはり、読みづらい、漢字が難しい。 中には「芸名として品がない」なんていうカワイソ~な理由で却下!された人もいました。 」 つまり書きやすく読みやすい文字でなければファンからの認知も難しく、団員としての品格もなくなると言う事です。 読みにくい文字で品がなくなるというのも少しおかしい話ですね。 事情通が語るところによると宝塚歌劇団では先輩・後輩の上下関係が厳しくその中で先輩と名前が被ってはいけません。 印象に残りやすい名前ほど選ばれないと宝塚歌劇団では言われているようです。 その理由は過去に在籍していた女優とどこか似ている名前だから印象に残りやすく、そのため選考で落とされやすいそうです。 高校の入学はコネだった!? 高校への入学がコネだったという情報があります。 彼女の通っていたのは、 日本女子付属高校です。 コネで入学したかについては情報がありませんでした。 また、宝塚音楽学校についてはコネ入学ではないかという話があるようです。 」 という記事がありました。 しかし、宝塚関係者はこの可能性を否定しています。 万一、それで入学したとしても、あまりの厳しさについていけません。 」 と語っており、一部芸能ブログでは彼女が今回宝塚音楽学校を受験したのも「二回目の正直」であり、過去に受けた時は二次試験で落ちているという情報があります。 出身学校はどこ?学歴は? 彼女の出身高校は日本女子大学付属高校です。 この日本女子大学付属高校は宝塚音楽学校に多くの合格者を出している事で有名です。 この高校には舞台劇を行う演劇部があり、そこで見た舞台に松岡恵さんも刺激されたという話もあります。 ちなみに、偏差値は 65でした。 【リアル華麗なる一族!?】松岡修造&松岡恵はそもそもの家系が凄すぎる! 松岡修三さんのイメージとは少しあいませんが彼や松岡恵さんの家系はかなり豪華で 「リアル華麗なる一族」と言われています。 松岡修三さんの兄、 松岡宏泰さんは現在、東宝の取締役を務めています。 また、恵さん以外に 修造さんの母や叔母さん、従姉妹など元タカラジェンヌがいます。 また父方の親戚には 阪急東宝グループ創業者「小林一三」やサントリー創業者「鳥井信治郎」等がいます。 まさに「リアル華麗なる一族」と言っていいでしょう。 松岡修造の曽祖父 小林一三は日本史上に残る超セレブ! 松岡修造さんの曽祖父である 小林一三さんは財界の天皇と称されるほどの大物でした。 関西人にはなじみの 「阪急百貨店」や映画会社の 「東宝」といった 「阪急東宝グループ」の創始者であり、関西企業に多くの影響力を持っていたことでも有名です。 古くは新宝塚温泉に 「宝塚歌劇団」を創設したのも小林一三さんです。 松岡恵さんが宝塚音楽学校を志望したのもこれがひとつの要因ではないかといわれています。 これは有名な話ですが、宝塚歌劇団も運営は阪急電鉄で、阪急電鉄創遊事業本部歌劇事業部が行っていて団員も阪急電鉄の従業員として存在しています。 また、今はオリックス・ブレーブスと合併しましたが、プロ野球チーム・阪急ブレーブスも運営していました。 小林一三は多くの企業を生み出し、現在にもその影響力は大きなものがあります。 また、商売だけでなく、地域の発展や鉄道などのインフラ、歴史や文化の創生に至るまで多大な功績を残した正真正銘のセレブだと言えると思います。 松岡修造の父 松岡功もプロテニス選手兼東宝の社長! 松岡修造さんの父、 松岡功さんは現在、東宝の名誉会長として現役です。 息子同様テニスプレイヤーだったこともあり意外な一面をもっています。 甲南大学の出身で、テニスプレイヤーとして活躍、国際的なテニス大会「デビスカップ」の日本代表に選出されるほどの実力でした。 その後、実業家としての道を進むため、自身のテニス道具等、全てを処分しテニスの完全に引退しました。 テニス世界で活躍していた功さんですが、息子、修造さんがテニスプレイヤーとして活躍することには、反対していたようで、修造さんには一切、経済的支援を行いませんでした。 さらに一時、女優沢口靖子さんと松岡修造さんの間に熱愛疑惑があがった時に 「沢口は映画界のスター。 あんなテニス選手と付き合っているわけがない」 と切り捨てたこともあったそうです。 自分にも他人にも厳しい方なのかもしれないですね。 松岡修造の母は元宝塚歌劇団星組男役の超スター! 松岡修造さんの 母・松岡葆子さんはかつて宝塚歌劇団、星組で男役をしていました。 芸名は 千波 静で、在籍していたのは 1958年から 1965年の間です。 松岡修三さんからすれば母の姉妹たちもそろってタカラジェンヌでした。 叔母たちの芸名は「千波淳」「千波薫」と苗字に千波とついており、三姉妹として活躍しておりました。 ちなみに松岡修造さんの娘、恵さんは「千波」という苗字を受け継いでおりません。 宝塚歌劇団では過去に血縁者が宝塚に居れば、その人と同じ苗字を芸名にしてよいという風潮があるようですが恵さんはその流れに乗らなかったのか、あるいは認められなかったのかもしれません。 まとめ 今回わかったことをまとめると以下のようになります。 ・松岡修造さんの娘は、松岡恵(めぐみ) ・宝塚音楽学校105期生 芸名は「稀惺かずと」で宝塚歌劇団入団 ・コネ入学という噂もあり。 ・高校は日本女子大学付属高校。 ・松岡家は【リアル華麗なる一族】祖父は【阪急東宝グループ創設者、小林一三】 ・母方の家系は 宝塚一家。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

松岡修造の娘・稀惺かずと、宝塚の組配属で祖母と同じ星組に (2019年5月15日)

稀惺かずと コネ

スポンサーリンク 松岡修造には 娘がおり、実は長女の恵さんは 宝塚なのです。 「ええ!?」と驚かれる方も多いと思います。 意外と知られていない松岡修造さんの娘さんについて…! 松岡修造の娘長女の名前(芸名)は「稀惺かずと」 松岡修造の子供は長女、長男、次女の三人、 長女の名前は 恵さんですが、芸名は「 稀惺かずと」と言います。 読み方は「 きしょう かずと」 名前の意味 稀惺かずとに込められた意味とは…… 「 稀」は、「めったにない。 めずらしい。 少ない。 まれ」 「 惺」は、「心が澄みきって落ち着いている。 また、にぶることなく、いつもさめているさま」 つまり芸名 「稀惺かずと」に込めた願いとしては… 澄み切った星を表すことから、純粋でまじめな人になるように。 さえわたる星空のように、物静かで聡明な心を持った人になることを願って。 星のように輝く未来に向かって真っすぐに歩いて行ける人に。 名前が発表される前は「千波」の文字を使うのでは?と言われていたりもしました。 なぜならお祖母様やその姉妹、父のいとこの全て芸名は「千波 ちなみ 」という苗字をつけていたからであります。 なので、恵さんも「千波」の苗字を使うのではと言われていました。 全く違う芸名の「 稀惺かずと」となっています見た目のイメージからですが「千波」よりも「 稀惺かずと」の方がしっくりきますね。 力強く凛々しい雰囲気の字であります。 コネで入った説について 出ました。 コネ説。 有名人は必ずと言っていいいほどコネ説が出ます。 実際は違うのですが、でもコネ説が出てもおかしくないほど、松岡家の家計はスゴイ人物ばかりなのです…! そのすさまじい家計を御覧ください。 昭和37年入団、40年退団の男役。 全然関係ないですが、曽祖父は阪急東宝グループの創始者ですし、義叔父は阪急電鉄の元社長で、資産も半端ではないと言われています(噂では総資産一兆超えとか……) このようにスゴイ家計なのでコネ説が出るのもまぁ仕方ないかとは思うのですが、でも恵みさんはコネで宝塚に入ったのではありません。 実力で入っています。 その理由ですが…… コネでない理由1 元宝塚である真矢みきさんが說明 朝の番組ビビットに出演している真矢みきさんが說明しています。 真矢みきさんといえば、元宝塚の男役トップスター。 番組でコメンテーターに「コネ合格じゃないの?」と質問され、コネはありえないことを說明しています。 真矢みきさんいわく…• 「 この子が入ってきたら合格は明らか」• 「 舞台は嘘が通じない世界」• 「 人がどこに目がいくか、お客さんがついてくるかこないの世界」 とのこと。 たしかにパッと見て、人を引きつける感じがあります。 宝塚ではこういうのが大事ってことなんですねー。 理由2 宝塚OGも說明 宝塚OGがこういっている。 有名人の娘さんはほぼ必ず「親の七光り」「コネ」と言われる そして 「作家の故つかこうへいさんの長女の愛原実花が合格した時も、つかさんの作品が上演されたことで、コネ入学だ、などと陰口をたたかれていました。 万一、それで入学したとしても、あまりの厳しさについていけません」 とのこと。 万が一仮にコネで合格したとしても、厳しくてついていけるような場所ではないと說明しています。 ちなみに恵さんは1040人が受験し、合格者は40人という狭き門を合格。 競争倍率で言えば26倍! 難関突破の合格だったのです。 まとめ• 芸名「 稀惺かずと」• コネではない。 有名人の娘は必ずそう言われるが、実力が無いと入れない場所である.

次の

松岡修造の娘・稀惺かずと、宝塚の組配属で祖母と同じ星組に (2019年5月15日)

稀惺かずと コネ

来歴 [ ] 2007年、入学。 2009年、宝塚歌劇団にとして入団。 入団時の成績は14番。 公演「薔薇に降る雨/」で男役として初舞台。 その後、月組に配属。 2010年、「」で、後に相手役となるの恋人役に抜擢を受け、初めて女役を演じる。 2011年5月30日付で娘役へと転向。 同年、「」で新人公演初ヒロイン。 続く「」(・)で、バウホール・東上公演初ヒロイン。 2012年、・トップコンビ退団公演となる「」で、2度目の新人公演ヒロイン。 同年4月23日付で、龍真咲の相手役として月組トップ娘役に就任。 「」でトップコンビ大劇場お披露目を果たす。 2016年に龍が退団後は、に次ぐスピード就任となったを2人目の相手役に迎え 、翌年の「/カルーセル輪舞曲」で新トップコンビ大劇場お披露目。 同公演の演出家トミー・チューンには、「言葉の壁がなければブロードウェーにも立てる」と高く評価された。 2018年、「愛聖女(サントダムール)」で、娘役としては異例 のバウホール公演初主演。 トップ娘役のバウホール主演は以来17年ぶりとなった。 同年11月18日、「」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。 トップ在任期間はトータル6年7か月に渡り 、・に次ぐ歴代3番目の記録となった。 同年12月より所属となり、芸能活動を開始。 2019年、ミュージカル「」に出演。 自身が退団公演で演じたタイトルロールの役を再び演じることとなった。 人物 [ ] 3歳からクラシックバレエを習い始め、小さい頃から歌ったり踊ったりすることが好きだった。 小学3年の時に、地元に来た宙組全国ツアー「/」を観て、宝塚のファンになった。 学生時代は、バレエと両立できる放送部に所属していた。 中学卒業時に音楽学校を受験し、1回で合格した。 音楽学校時代は、1年目の予科生は娘役として授業を受けていたが、身長が伸びたこともあり、2年目の本科生になる前に男役に転向した。 その後、周囲から娘役転向を勧められたこともあったが、入団後に龍真咲から「絶対に娘役の方がいい」言われたことなどがきっかけとなり、入団3年目に娘役へ再び転向した。 愛称の「ちゃぴ」は本名の響きに由来する。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 [ ] 初舞台 [ ]• 2009年4〜5月、『薔薇に降る雨』『』(のみ) 月組男役時代 [ ]• 2009年10〜12月、『ラストプレイ-祈りのように-』『Heat on Beat! (ヒート オン ビート)』• 2010年4〜7月、『』 - 、新人公演:ベン(本役:)• 2010年9〜11月、『』 - ヴィオルカ『Rhapsodic Moon(ラプソディック・ムーン)』• 2011年1月、『Dancing Heroes! (ダンシング ヒーローズ)』()• 2011年3〜5月、『』 - 新人公演:ハチドリ(本役:)『ONE-私が愛したものは…-』 月組娘役時代 [ ]• 2011年7〜10月、『』 - フランソワーズ、新人公演:サビーヌ(本役:)『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』 新人公演初ヒロイン• 2011年11〜12月、『』(バウホール・) - アリス バウ・東上初ヒロイン• 2012年2〜4月、『』 - アデール・アステア、新人公演:(本役:蒼乃夕妃)『Misty Station-霧の終着駅-』 新人公演ヒロイン 月組トップ娘役時代 [ ]• 2012年6〜9月、『』 - ジュリエット 大劇場トップお披露目公演• 2012年10〜11月、『』 - バーバラ・オブライエン『Heat on Beat! (ヒート オン ビート)』(全国ツアー)• 2013年1〜3月、『-と編-』 - 、エトワール• 2013年5月、『』() - サリー・スミス• 2013年7〜10月、『』 - カーラ・ド・レルヌ『Fantastic Energy! 2013年11〜12月、『』 - 橘咲、結命『Fantastic Energy! 』(全国ツアー)• 2014年1月、『』(梅田芸術劇場) - メラニー・ハミルトン 初エトワール• 2014年3〜6月、『宝塚をどり』『』 - レイラ『TAKARAZUKA 花詩集100!! 』 - 花のエトワール、マーガレット、蘭の女王、トップスター女、レディ、銀の花の女• 2014年7〜8月、『宝塚をどり』『明日への指針-センチュリー号の航海日誌-』 - レイラ『TAKARAZUKA 花詩集100!! 』()• 2014年9〜12月、『』 - ハーミア『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』• 2015年2〜3月、『風と共に去りぬ』() - メラニー・ハミルトン エトワール• 2015年4〜7月、『』 - 、新人公演:兵士• 2015年11〜2016年2月、『』 - マノン『GOLDEN JAZZ』• 2016年3〜4月、『』 - カルメン『』(全国ツアー)• 2016年6〜9月、『』 - 『Forever LOVE!! 2016年10〜11月、『』(・シアタードラマシティ) -• 2017年1〜3月、『』 - エリザヴェッタ・グルーシンスカヤ『カルーセル輪舞曲(ロンド)』• 2017年5月、『』 - おしま、芸者『カルーセル輪舞曲(ロンド)』(博多座)• 2017年7〜10月、『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』 -• 2017年11〜12月、『』 - トゥーランドット『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』(全国ツアー)• 2018年2〜5月、『』 - 高崎美波『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』 - グッディ• 2018年8〜11月、『』 - 退団公演 出演イベント [ ]• 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』• 2012年3月、ミュージック・サロン『VERY BEST OF ME』• 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜• 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』• 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』• 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』• 2015年9月、愛希れいかミュージック・パフォーマンス『Wonder of Love』 主演• 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』• 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』• 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』• 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』 宝塚歌劇団退団後の主な活動 [ ] 舞台 [ ]• 2019年6〜8月、『』() - (とWキャスト)• 2019年11〜12月、『』(・) - クリスティーヌ・ダーエ(とWキャスト)• 2020年9〜10月、『』(・・シアタードラマシティ) - アレックス 予定• 2020年12〜2021年1月、『The Illusionist-イリュージョニスト-』() - ソフィ 予定 TV出演 [ ]• 2012年9月、『』• 2017年3月、『』 広告・CM出演 [ ]• 2016年、『』 受賞歴 [ ]• 2012年、『』 - 2011年度新人賞• 2013年、『』 - 娘役賞• 2014年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2013年度優秀賞• 2018年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2017年度優秀賞 脚注 [ ] []• サンスポ. 2019年1月7日閲覧。 MSN産経ニュース. 2013年7月22日閲覧。 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、50頁。 デイリースポーツ. 2018年7月1日閲覧。 スポーツ報知. 2018年5月8日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年7月1日閲覧。 ステージナタリー. 2019年1月7日閲覧。 ステージナタリー• WEBマガジン【ジャラス】• ステージナタリー• オリックス公式サイト 外部リンク [ ]• (1926年退団) ・・ (1929年退団) ・・ (1931年退団) ・・ (1942年退団) ・・ (1935年退団) ・・ (1937年退団) ・・ (1957年退団) ・・ (1947年~1950年の月組公演主演は主に淡島、1950年退団) ・・ 固定スター不在(、ら) ・・ ( ~1970年) ・・ (1970年12月31日? ~1976年8月31日) - (1976年9月1日~1980年4月30日) - (1980年5月1日~1982年7月31日) - (1982年8月1日~1985年9月1日) - (1985年9月2日~1990年12月26日) - (1990年12月27日~1995年12月26日) - (1995年12月27日~1999年2月7日) - (1999年2月8日~2001年7月2日) - (2001年7月3日~2004年10月10日) - 固定スター不在(2004年10月11日~2005年5月22日) - (2005年5月23日~2008年7月6日) - 固定スター不在(2008年7月7日~2009年12月27日) - (2009年12月28日~2012年4月22日) - (2012年4月23日~2018年11月18日) - (2018年11月19日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。 (1974年月組)• (1975年花組)• (1975年雪組)• (1976年星組)• (1976年月組・東京)• (1989年雪組)• (1989年星組)• (1990年花組)• ・(2001年宙組)• ・(2014年宙組)• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1994年月組、宝塚・東京・全国)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットI• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットII• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) アシュレ• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) メラニー• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• (1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・宝塚)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) 宝塚・東京公演は本公演のみ(新人公演は載せていない).

次の