しらたき英語。 こんにゃくを英語で説明するとdevil's tongue(悪魔の舌)?

こんにゃく・しらたきについて

しらたき英語

しらたきと糸こんにゃくの製造法の違いは? まずは しらたきと糸こんにゃくの製造法を調べてみました! 両方とも原材料は 蒟蒻芋(こんにゃく芋)。 しらたきは、蒟蒻芋を粉にして水で溶いて糊状にし、 それをパスタのように細い穴から押し出して、 お湯に流し込んで固めることで作ります。 固めるのが後というのは意外ですよね。 では、糸こんにゃくはどうでしょうか? 糸こんにゃくは、 板こんにゃくを細く切って、 糸状にしたものです。 こちらは固まったものを切るという方法なんですね。 しらたきの作り方は 関東地方の発祥で、 糸こんにゃくの作り方は 関西地方の発祥と言われています。 でも、現在はというと、 どちらも水で溶いたものを細い穴に通して作っているんですね。 ということは、 製造法では違いがない!ということになります。 困りましたね〜。 しらたきと糸こんにゃくの色の違いは? 続いては しらたきと糸こんにゃくの色の違いを見ていきましょう! しらたきは漢字で書くと 白滝。 この名前は作り方からきています。 お湯に流し込まれる細いこんにゃくが まるで白い滝のようだったので、 白滝というわけですね。 というわけで、しらたきの色は白となります。 それに対して、糸こんにゃくは 普通の板こんにゃくを切ったもの。 こちらの色はいわゆるこんにゃくと同じ黒ということになります。 白滝は白。 糸こんにゃくは黒。 こういう風にいけば簡単なのですが、 そうはいきません。 黒い白滝や白い糸こんにゃくが存在してしまうのです。 ご存知の通り、こんにゃくの色についても 地域によって違いがありますので、 白滝や糸こんにゃくの色にも地域差があるんですね。 どうすればいいんでしょう? しらたきと糸こんにゃくの太さは? それでは、しらたきと糸こんにゃくの 次の違いにいきましょう。 今度は 太さです。 もともとの製造法が異なりますから、 しらたきと糸こんにゃくは太さが違うはず。 糸こんにゃくは固めた後に切るので、 あまり細くはできないですよね! 調べてみるとやっぱり違いがありました。 直径が太いものが糸こんにゃく、 直径が細いものがしらたき。 このようになるようです。 数字で見せるとこうです。 直径4-8cm:糸こんにゃく 直径2-3cm:しらたき ですが、残念ながら、業者によっては 太さに種類はあっても全て「糸こんにゃく」なんてところも。 残念ながら、両者の違いとしては弱いようです。 まとめてみると結局違いは? というわけで、いろいろ調べてみましたが、 製造法、色、太さとも決定的な違いとはなりません。 あえて違いをというと 名前ということになります。 スポンサードリンク つまり、しらたきは関東生まれなので、 関東では細い麺状のこんにゃくをしらたきと呼び、 糸こんにゃくは関西生まれなので、 関西では細い麺状のこんにゃくを糸こんにゃくと呼びます。 なんとも言えない結論ですが、 確かに関東在住の私にとって 糸こんにゃくという名称は身近ではないのは事実。 ビミョーですが、納得するしかない結論でした! -.

次の

しらたき を 英語

しらたき英語

どちらもこんにゃく芋からつくられます。 こんにゃく芋をすりつぶしたもの、又は、こんにゃく芋を乾燥させて粉状にしたもの(こんにゃく精粉)を水に溶かし、凝固剤として水酸化カルシウムを加え、袋や型に入れて熱をかけて固めたものがこんにゃくです。 しらたきは、こんにゃくと同じように、凝固剤の水酸化カルシウムを加えた後、シャワーの出口のようなところからお湯の中に細長く出し、流して固めたものがしらたきです。 こんにゃく芋はアクが強く、素手で触るとかぶれることもあります。 その為、じゃがいも・里芋などのようにゆでたり、ふかしたりするだけでは食べることができません。 こんにゃくの白と黒の違いは? 作り方は同じですが、黒こんにゃくは海藻粉末が混ぜてあります。 昔のこんにゃくは生芋こんにゃくでしたから、芋の皮や芋のアクで茶色〜灰色のような黒っぽい色をしていました。 こんにゃく精粉だけでつくると白こんにゃくになるため、こんにゃくらしく見せるために海藻を入れていると言われています。 こんにゃくがスポンジのようにスカスカで固い・・・ しらたきが細く固くてはるさめのよう・・・。 どうして? 料理したら固くて食べられなかった・・・こんなときは、一度凍ってしまったものかもしれません。 冷蔵庫でも、冷気の吹き出し口や吹き溜まりは温度が低くなります。 水分が少ない食材と違って凍りやすく、部分的に冷えて凍り、庫内の位置変更や冷蔵庫の開閉によって再び解凍することがあります。 一度凍ってしまうと水分が抜け、解凍してもこんにゃくは固くごわごわした食感になり、しらたきは細く縮んで固くなってしまいます。 逆に、この変化を使って作られる「凍み(しみ)こんにゃく」という料理もあります。 「凍り(こおり)こんにゃく」とも呼ばれています。

次の

キノコの英語 シイタケ、マツタケ、しめじ等は何て言えばいい?

しらたき英語

こんにゃくを英語でいうと? 辞書で引くとこんにゃくの英訳はいろいろあります。 Jelly-like food made from the starch of the devil's tongueや A paste made from konjac flourなどなど。 「こんにゃくの粉からできたペースト」はともかく、 「悪魔の舌のでんぷんからできたゼリーみたいな食べ物」というのはすごいですよね。 こんにゃくの黒くてプルプルしたところが悪魔の舌かなと思っていましたが、 そうではなく、 こんにゃくの花が「悪魔の舌」のように見えるので、 そう言われているようです。 ちなみに 蒟蒻芋(こんにゃくいも)そのものはelefant rootと言われることもあります。 これも見た目からですね。 現在では健康食品としてこんにゃくが英語圏でも有名になってきたので、 Konjacと言われることも増えてきました。 もちろん、 Konnyakuという日本語がそのまま通じることも多いですよ。 また、ゼリー状の食べ物という言葉だけでなく、 yam cakeという表現を用いることもあります。 yamというのは芋の一種なので「芋のケーキ」といったところですね。 英語で説明するのであればこんな感じです! Konnyaku is a jelly-like food made from the starch of konjac potato. こんにゃくは蒟蒻芋のデンプンから作られたゼリー状の食べ物です。 こんにゃくの色はそもそも何色? こんにゃくは黒くてプルプルしていて、 悪魔の舌って言われてもそれほどびっくりしないのですが、 こんにゃくはもともとあの色なのでしょうか? 実は違います!! 蒟蒻芋のデンプンから作られるので、 基本的には白いものなんです。 ただ、これは 乾燥した粉から作った場合。 生芋から作ると皮が入ったりするので、黒くなるようです。 関東では白、関西では黒が好まれるのも 各地方でこんにゃくの製法が異なるから。 ただ、現在は基本的に粉から作り、 海藻のアラメ・ヒジキ・カジメの粉末で色をつけて作っています。 白いこんにゃくは関西ではあまり好まれないんですね。 私は関東人ですが、それでも黒い方が好きですね。 スポンサードリンク こんにゃくは低カロリーで食物繊維がたっぷり入っているので、 健康食品として世界的に注目されています。 こんにゃくで作られたパスタも 欧米では売られているようですよ。 それに伴い、 Devil's tongueという名前も徐々に使われなくなったのか、 現在は wikipediaでも konjacが出てくるようになりました。 それはそれで寂しいですね! -.

次の