京都 サンガ スタメン。 誰もが魅せられる悪魔の左足。京都U

Jリーグ

京都 サンガ スタメン

の協力により、オンライン取材をさせて頂いています やれることもわかったし、やれないこともわかった。 だが、一度その基準を知ってしまったからには、もう後戻りすることは叶わない。 「自分ももっとやればあのレベルに行けないことはないというか、世界で戦ってみたい気持ちはメチャクチャ強くなりました。 自分の代の世界のトップを知れて、やれる自信も付きましたし、もっと課題を補っていかないといけないというのも突き付けられた感じですね」。 誰もが魅せられる悪魔の左足を持つ男。 京都サンガF. U-18のレフティモンスター。 中野桂太 3年 は世界への階段をはっきりと、力強く登り始めている。 ほとんど位置や距離は関係ない。 ゴールというターゲットを見つけたが最後、左足から放たれた軌道はあっという間に目標へ到達する。 「ゴール前で仕事ができるのは自分の武器だと思います」と言い切る男は、その利き足からマンチェスター・シティのフィル・フォーデンやユベントスのパウロ・ディバラを参考にこそしているものの、「自分のプレーに合う選手がなかなかいなくて…」と口にするように、独特のスタイルで異彩を放っている。 ただ、昨シーズンは苦しい時期も経験している。 夏前には所属するサンガでもスタメンから外れ、終盤に投入される試合が続く。 「もちろん焦りはありましたし、悔しかったですけど、監督やコーチの 前嶋 聰志さんとも話したりする中で、『ここを超えるとワールドカップにもいい形で持っていけるんじゃないかな』というのはありました」。 10月開催のFIFA U-17ワールドカップを見据える中で、転機になったのも代表での活動だった。 リーグ戦で3試合のスタメン落ちを経て、迎えた国際ユースサッカーin新潟。 最終日のU-17新潟選抜戦で、日の丸を付けた中野の左足が火を噴く。 後半36分にペナルティエリア外でパスを受けると、左足一閃。 ボールは右スミのゴールネットへ鮮やかに突き刺さる。 「得意な形のミドルシュートだったので、自分の武器はこれだと改めて感じましたし、自信の付いたゴールでした」。 ようやく調子を上げながら臨んだクラブユース選手権では、最初こそスタメンではなかったが、2点差以上での勝利が義務付けられた横浜FCユース戦で、「自分が点を獲るイメージというか、大丈夫やろという自信があった」という言葉を証明するゴールを叩き出してグループステージ突破を手繰り寄せると、以降は定位置を奪い返し、チームトップの4得点を記録するなど、ベスト4進出に貢献。 「自分の中ではあの大会が本当に大きな分岐点でした」と振り返る手応えを取り戻してみせた。 10月。 ブラジルでのワールドカップメンバーに選出される。 初戦のオランダ戦は途中出場で世界デビューを果たし、3戦目のセネガル戦では90分フル出場。 しかし、さらなる飛躍を期して挑んだラウンド16のメキシコ戦は、中野の心に忘れられない悔しさを打ち付ける。 2点のビハインドを負いながら、アップエリアにいた彼の名前が最後まで呼ばれることはなく、交替枠を残したままで敗退の瞬間を味わった。 「チームが苦しんでいる中で、力になれなかったのが悔しかったですね。 『アイツを出せば何とかやってくれる』という信頼を、自分自身が勝ち獲れていなかったというか、そこはそれまでの自分の積み重ねだとわかっていましたけど、何とも言えない悔しさがあって、『これから見返してやりたい』という想いはかなりありましたし、今でもあります」。 とはいえ、得たものも決して小さくない。 「自分ももっとやればあのレベルに行けないことはないというか、世界で戦ってみたい気持ちはメチャクチャ強くなりました。 自分の代の世界のトップを知れて、やれる自信も付きましたし、もっと課題を補っていかないといけないというのも突き付けられた感じですね」。 やれることもわかったし、やれないこともわかった。 だが、一度その基準を知ってしまったからには、もう後戻りすることは叶わない。 今年はキャプテンに就任した。 チームを率いる前嶋監督は、彼を指名した理由についてこう言及する。 「本人としてはキャプテンをするイメージはなかったみたいなんですけど 笑 、間違っているものは間違っているとちゃんと言える強さを持っているので、そういう性格は本当に魅力的だなと思います。 実は監督から話した方がいいか、彼がちゃんとみんなに話をして、選手たちの中で解決に導こうかという相談はよくしている中で、彼が『自分で引き受けます』と言うことが多くて、責任感を持ってやってくれているんだろうなと凄く感じますね」。 間違いを正せるメンタルも、グループの責任を担う覚悟も頼もしい。 優勝を掲げたプレミアリーグは中止が決まったが、もう次の目標へと頭を切り替えている。 「プレミアがなくなってしまったのはもちろん残念ですけど、関西での試合だといろいろな方に応援に来てもらえる機会も増えると思うんですよ。 自分の友達も違う高校にいて、そのチームとも試合できたりするので、みんな前向きに考えていますし、新しいリーグでの優勝は狙っています」 「サンガは自分を選手としても、人としても成長させてくれた場所で、中学生の頃はトップチームの試合も『カッコいいな』という感じで見ていたんですけど、高校生になってからは自分も成長して、その舞台に近付いている感覚はありますし、やっぱりサッカーでしか恩返しできないと思っているので、個人としては1日でも早くトップチームに絡んで、Jリーグで点を獲るのが目標です」。 誰もが魅せられる悪魔の左足を持つ男。 立ちはだかる壁はすべて破壊してみせる。 京都サンガF. U-18のレフティモンスター。 中野桂太は世界への階段をはっきりと、力強く登り始めている。 群馬県立高崎高3年時にはインターハイで全国ベスト8に入り、大会優秀選手に選出。 著書に「メッシはマラドーナを超えられるか」 亘崇詞氏との共著・中公新書ラクレ。

次の

【J2第2節】京都サンガ、再開初戦白星!ウタカ2発で磐田に快勝

京都 サンガ スタメン

時間 チーム テキスト速報 京都ボールでキックオフ、試合開始 前半0分 京都 予想フォーメーションは3-4-2-1。 前節からのスタメン変更は3人。 若原、荒木、曽根田が入る。 ついにサンガSでの公式戦初戦を迎える。 敵チームの選手に名を刻まれぬよう、新エースであるピーターウタカを中心とした攻撃陣には先制点を決める活躍を期待したい 前半0分 磐田 予想フォーメーションは4-4-2。 前節からのスタメン変更は2人。 大武、伊藤が入る。 注目は2トップの一角に入ることが見込まれる小川航。 開幕節で2得点を挙げ、エースとして名乗りを上げた。 敵地ではあるが「新スタジアム公式戦第1号」を決め、運気を上げたい 前半0分 両者の過去対戦成績は22勝5分け5敗と磐田が勝ち越している 前半0分 京都は安藤、磐田は山本がそれぞれキャプテンマークを巻く 前半2分 磐田 ボールを持つと、4バックの陣形を整える最終ラインの選手が程よいスペースを保ちながらパスを回す。 急ぐことはせずに相手の出方をうかがう 前半4分 磐田 マイボールを保持する時間帯が続く。 両サイドへの大きなサイドチェンジを繰り返しながら相手の隙を探っている 前半5分 京都 磐田にボールを持たれるが、守備の陣形を保ち、縦パスを入れさせないようにしている 前半6分 京都 ハーフウェーライン付近で相手のサイドチェンジしたボールを飯田が奪う。 前進した飯田は右サイドの敵陣中央からグラウンダーのクロスを供給。 ペナルティエリア中央で反応したピーターウタカは自身ではシュートを打たず、打つそぶりだけみせて背後にいた宮吉に任せる。 宮吉がシュートを放つも、枠の上に大きく外れる 前半10分 磐田 ペナルティエリア右から松本がシュートを放つ。 しかし、シュートコースに滑り込んだ相手に当たったボールは大きく浮き上がり、若原に処理されてしまう 前半10分 磐田 左サイドの敵陣中央からルキアンが走り出した小川航の動きに合わせてニアサイドにクロスを入れる。 反応した小川航がシュートを打ちに行くが、わずかに追い付かず。 そのままゴールに向かったボールは若原にキャッチされてしまう 前半11分 磐田 ペナルティエリア手前の左に切り込んだルキアンが右足で勢いよくシュートを放つ。 しかし、精度の欠いたボールとなり、枠を外れてしまう 前半13分 磐田 右サイドの敵陣中央から小川大がペナルティエリア中央のルキアンに向けて右足でクロスを上げる。 しかし、ルキアンに届く前にジャンプしたヨルディバイスに余裕を持ってクリアされてしまう 前半14分 磐田 荒木と接触した小川大がピッチ上にあおむけになって倒れる 前半16分 磐田 小川大は立ち上がり、自らの足でいったんピッチの外に出る 前半16分 磐田 小川大がピッチに戻る 前半17分 京都 庄司がグラウンダーのシュートを放つ。 ゴール左下に向かうも、勢いがもう一つ足らず、八田に止められてしまう 前半18分 磐田 左サイドの敵陣中央からルキアンが大きな弧を描くサイドチェンジのボールを供給。 このボールの軌道に合わせて小川大が駆け上がり、収める。 右サイドの敵陣深くから小川大が右足でクロスを上げるも、ニアサイドでDFにクリアされてしまう 前半21分 京都 ピーターウタカがフィジカルの強さを見せ、前線で起点となる。 ピーターウタカに向けてボールが送られると、ピーターウタカは相手を背後に背負いながらもキープ。 味方が上がってきたタイミングでパスを渡し、攻撃を構築している 前半23分 磐田 敵陣中央の左でFKを獲得。 キッカーの山本が右足でファーサイドを狙ってクロスを上げると、反応したのは小川航。 相手の裏に抜け出した小川航は頭で合わせるも、シュートはゴール右に外れてしまう。 その後、小川航の位置がオフサイドの判定を受ける 前半26分 京都 前線に飛び出してきたヨルディバイスがピーターウタカに渡す。 受けたピーターウタカはヨルディバイスの縦への動きを見てペナルティエリア手前の中央から縦パスを供給。 ペナルティエリア内でヨルディバイスが合わせに行くも、DFに阻まれてしまう 前半28分 京都 G O O O O O A L! 敵陣中央の左から金久保が浮き球のスルーパスを出すと、反応したのはピーターウタカ。 ボールの軌道に合わせてピーターウタカはペナルティエリア内に進入。 八田の飛び出しに対しても慌てず、冷静に左足でシュートを放ち、ゴールネットを揺らす 前半28分 京都 「新スタジアム公式戦第1号」を決めたのは、ピーターウタカ。 ゴール後はピーターウタカを中心にピッチ上にいる11人が適度な距離感を保って集まり、自宅から応援するサポーターに向けてゴールセレブレーションを行う 前半32分 京都 前線で起点となっているピーターウタカは相手のプレッシャーにもボールを失わず。 京都の攻撃を構築している 前半34分 京都 マイボールにすると、素早くは仕掛けずにゆとりを持ちながらパスを回して展開を落ち着かせる 前半35分 京都 右サイドの敵陣深くから飯田がロングスローをペナルティエリア内のピーターウタカに向けて供給。 これは精度が悪く、DFにクリアされてしまうが、クリアが不十分だったボールはピーターウタカの下へ。 反応したピーターウタカがオーバーヘッドシュートを放つ。 だが、ゴール右上に向かったシュートは八田に止められる 前半39分 磐田 再びマイボールにする時間帯が続く。 最終ラインを高く保ち、相手に圧をかけている 前半41分 磐田 フェルナンドフベロ監督が審判団から注意を受ける。 指笛を鳴らしながら指揮を執っていたフェルナンドフベロ監督であったが、主審の笛の音と似ていたため、抑えるように要請される 前半44分 磐田 左サイドの敵陣中央から宮崎がクロスを上げるも、プレッシャーを掛けに来たピーターウタカに当たってしまう 前半44分 京都 ピーターウタカが攻守に渡って奮闘。 ここまで別格の動きを見せている 前半46分 アディショナルタイムは3分の表示 前半46分 磐田 右サイドの敵陣深くでルキアンがヨルディバイスと競り合う。 ルキアンは何とかパスを送ろうとしたが、ヨルディバイスに守りきられてしまう 前半49分 前半終了。 1-0と、ホームの京都のリードで試合を折り返す 磐田ボールでキックオフ、後半開始 後半0分 マスク姿の森保監督が視察に訪れている。 日本代表選出に向け、選手たちはアピールできるか 後半2分 京都 G O O O O O A L! 左サイドの敵陣中央で荒木が相手の寄せに負けずに持ち運ぶ。 荒木から出されたボールをペナルティアーク内から宮吉がワンタッチでパスを供給。 すると、ペナルティエリア内で受けたピーターウタカは反転しながらシュートコースを探り、対じしたDFの股下を抜くシュートを左足で放ってゴールに突き刺す 後半2分 京都 このゴールでJ2通算800得点を達成 後半2分 京都 ボウリングのパフォーマンスを披露。 このボールに反応したルキアンが相手と競り合い、もつれ合う。 しかし、これはルキアンのファウルを取られてしまう 後半13分 磐田 ペナルティエリア手前の右から山本がペナルティエリア内にグラウンダーのスルーパスを入れるも、パスコースに滑り込んだDFに処理されてしまう 後半14分 京都 自陣の中央から庄司が前線にロングフィードを供給。 これは左サイドへ大きく流れるが、全速力で駆け上がったピーターウタカがタッチライン際で何とか残す。 対じした相手をかわし、自身より中央にいた金久保に出す。 ペナルティエリア手前の左から金久保がシュートを放つも、至近距離でDFに当たり、枠の上に外れる 後半17分 前半よりもオープンな展開に。 ボールを持った宮吉が自陣の中央から前線にいるピーターウタカに向けて浮き球を送る。 しかし、このボールはピーターウタカには合わないボールとなり、相手に渡ってしまう 後半23分 磐田 自陣のハーフウェーライン付近から針谷が低い弾道の鋭い縦パスを送る。 ペナルティエリア手前の小川航の下に向かうが、小川航は対応しきれず。 ペナルティエリア左に進入したジュニーニョは左足でシュートを放つも、八田に止められてしまう 後半35分 磐田 山田にイエローカード 後半36分 京都 右サイドの敵陣中央から飯田がペナルティエリア中央の野田に向けてクロスを上げる。 これは野田の手前でジャンプしたDFにクリアされてしまうが、背後にこぼれたボールに黒木恭が反応。 ペナルティエリア手前の左から左足でダイレクトで強烈なシュートを放つが、枠の上に外れてしまう 後半38分 磐田 ここまでピッチ内を駆け回っていたルキアンが足をつって倒れ込む。 若さを生かしたアグレッシブなプレーに期待がかかる 後半42分 磐田 左サイドの敵陣中央から山本が右足でクロスを入れる。 しかし、ニアサイドにいたヨルディバイスに足でクリアされてしまう 後半43分 京都 左サイドの自陣深くでボールを持った安藤は相手に寄せられる中、冷静に相手に当ててボールをゴールラインから越えさせる 後半44分 磐田 ペナルティエリア手前から山田が左足でシュートを放つも、シュートコースにいたDFに当たってしまう 後半45分 京都 磐田に攻め込まれる時間が続く。 陣形を保ってピンチを作らない動きを見せ、クロスボールに対してはヨルディバイスを中心にはじき返す 後半46分 アディショナルタイムは5分の表示 後半47分 磐田 右CKを獲得。 キッカーの針谷が右足で相手の意表を突く、枠内に向かったクロスを入れる。 ゴール前でワンバウンドしたボールに三木が合わせに行くも、わずかに合わずに若原にキャッチされてしまう 後半49分 京都 左サイドの敵陣深くでマイボールにすると、すぐに攻め込まずに選手の人数を掛けてキープする 後半50分 京都 安藤を中心に守りを固める。 相手に隙を与えていない 後半50分 磐田 右サイドの敵陣中央から櫻内が左足でクロスを上げるも、ペナルティエリア中央でヨルディバイスにクリアされてしまう 後半51分 試合終了。 2-0でホームの京都が勝利.

次の

長井 一真(京都サンガF.C. 背番号38)

京都 サンガ スタメン

最終的には8位でフィニッシュでした。 今年はサッカーラグビー専用スタジアムであるサンガスタジアムが竣工するなど縁起の良いスタートとなっています。 さて、どうやら選手の大幅入れ替えが行われたようですが、今年のチームはどうなのでしょうか? しっかり見ていきましょう! この記事について: この記事を読むとこれがわかる• 京都サンガの2020移籍情報• 2020登録全選手のポジションと年齢分布• 3つの注目ポイント• 2020予想フォーメーション• 京都サンガの試合を見る方法 *目次から必要なところへどうぞ! お品書きはこちら!• GK太田岳志:カターレ富山• DF森脇良太:浦和レッズ• DFヨルディ・バイス:Vファーレン長崎• DF飯田貴敬:清水エスパルス• DF麻田将吾:カマタマーレ讃岐• MF荒木大吾:ジュビロ磐田• MF曽根田穣:ヴァンフォーレ甲府• MF中川風希:横浜 Fマリノス• MF山田楓喜:京都サンガユース• MF川崎颯太:京都サンガユース• MF谷内田哲平:帝京長岡高• FW野田隆之介:湘南ベルマーレ• FWピーター・ウタカ:ヴァンフォーレ甲府• FW李忠成:横浜Fマリノス• 昨年ヒットした攻撃サッカーに魅力を感じてか、ウタカ選手・中川風希選手・李忠成選手・森脇選手に荒木選手など一線級の多彩なタレントが入団してきました。 セレッソをプレシーズンの相手に迎えての新スタジアムこけら落としは素晴らしいものになりました。 若手も昇格組のほかブラジル帰還組などが興味深いが、ここでは帝京長岡出身の谷内田選手に注目したい。 テクニックはすでに超高校級だっただけに J2のタフなフィジカルを乗り越えて活躍してほしいですね。 個人的には中川選手とファンタジスタコンビになってもらいたいです。 OUT (:移籍先)• GKキムチョルホ:未定• GK菅野孝憲:コンサドーレ札幌(完全移籍移行)• DF下畠翔吾:いわてグルージャ盛岡• DF牟田雄祐:いわてグルージャ盛岡• DF増川隆洋:未定• DF田中マルクス闘莉王:引退• DF磐瀬剛:ザスパクサツ群馬(完全移籍移行)• MF仙頭啓矢:横浜Fマリノス• MF小屋松知哉:サガン鳥栖• MF湯澤洋介:サガン鳥栖• MF中坂勇哉:ヴィッセル神戸(レンタル終了)• MF藤本淳吾:ガンバ大阪(レンタル終了)• MF重廣卓也:アビスパ福岡• MF島村拓也:セレッソ大阪(レンタル)• MF望月嶺臣:ヴィアティン三重• FW一美和成:ガンバ大阪(レンタル終了)• FWエスクデロ競飛王:栃木SC• FW大野耀平:カターレ富山(レンタル) 【POINT】 様々な名場面と得点を彩ってくれた日本のレジェンド闘莉王選手が引退となりました。 この位置にはヨルディバイス選手が入るでしょう。 どちらも覇王色の覇気が使えるので今年もディフェンスは迫力がありそうですね。 ほかにも昨年のアタッキングフットボールを見せてくれたオフェンス三羽ガラスがチームを離れ、J1へ個人昇格していきました。 仙頭選手はマリノス、小屋松選手は鳥栖、一美選手は大阪へ帰らず横浜FCへ。 彼らが今年どんなサッカーを見せてくれるのか注目したいですね。 京都サンガ:戦力分析3つのポイント 全選手・年齢・ポジション分布図 こちらの表を用いてチーム事情をみていきます。 今年は中田監督から實好監督に交代。 チームメンバーも大きく入れ替わっています。 攻撃ではパワープレーとポストが出来るウタカ選手を軸に中川選手など技術のある選手ががセカンドトップ拾っていく「より現実的で力強いスタイル」ではないかと考えます。 わかっていても止められないピーターウタカ選手に合わせるのは庄司選手。 中央でビルドアップからのサイド展開の絵が浮かぶようですね。 これは連携が高まれば J2では必殺パターンになりうるのではないでしょうか。 ベテランでネームバリューのある選手が来る• 若手が学び良い競争になる• ベテランは勝つ姿勢を知っている• 有名選手でサポーターも喜ぶ 我々は昨年のJ2でこういうチームを知っています。 そう、横浜FCです。 新スタジアムで盛り上がりたい京都サンガですからおそらく昨年の横浜FCよろしく今年は年間を通してお祭りムードでいくでしょう。 ベテラン有名選手は試合だけでなく練習でも好影響なはずです。 「あの選手がいるなら見に行こう!」そう思える選手がいることはチームにとってプラスでしかないですよね。 そして李忠成選手。 浦和でもマリノスでも、どこに行っても移籍を惜しまれる素晴らしい選手です。 思えば森脇選手と浦和コンビ再燃ですね。 盛り上げ隊長として、リーダーとして、京都にタイトルをもたらしてほしいですね。 昨年の若手主体のアタッキングサッカーは非常に面白く、最終的な順位もプレーオフ寸前までいきました。 しかし、勝たねばならない最終節。 今回はここではあえて書きませんが、勝つこと叶わず、中田体制は1年のみになりました。 ここまで見ていただいた通り、昨年の主力メンバーはいないため正直同じサッカーは出来ないでしょう。 今年もチームビルドのために結果は尻上がりかもしれません。 ですが新スタジアム、新メンバー、ダイナミックな外国人 …。 楽しみじゃないですか。 苦しいときも、嬉しいときも、選手・フロント・サポーター、年間通してお祭り騒ぎで頑張って欲しいですね。 京都サンガ:2020予想スタメン・フォーメーション 昨年 2020予想スタメン トレーニングマッチメンバーを中心に決めました。 前線にウタカ選手、DFにバイス選手。 心強いですね。 公式戦が待ち遠しいですね。 試合を見る方法 さて、ここからは実際に試合を見る方法です。 すでに観戦スタイルが確定している人は特に飛ばしていいです。 DAZNで見る(1ヶ月は無料) だいたいの方はもう加入してると思いますが、J2の試合を見るには加入するしかないのでまだ登録してない方は入らないとですね。 登録はこちらからどうぞ。 (ドコモの方は980円) 試合のない時期は解約している方もそろそろ加入する時期だと思います。 チーム応援には必須なのでサポさんで加入してない方は上のリンクからどうぞ。 現地で見る 僕は寒いのも暑いのも嫌なんで引きこもりつつPC観戦で現地は行かないのですが、チケットは以下の方法で買えます。 ・ぴあ 王道のぴあ。 こちらからチェック。 ・チケットストリート チケット売買サイトです。 ホームで売り切れみたいなチケットもちょっと安くなるかもしれないですね。 ご希望の場合はこちらからどうぞ。 ・セブンネットショピング こちらの画像がリンクです。 セブンでチケットを買うってあんまりイメージないですけど時代ですね。 受け取りがセブンな送料無料ですから、家から近い人は便利ですね。 ・公式サイトでも買えます。 こちらからどうぞ。 まとめ 僕は結構京都が好きで、子供ができる前は奥さんと休みが合わないときは1人で旅したりしました。 そんな京都に新スタジアム! めちゃくちゃいきたい。。。 機会をうかがいます。 試合もしっかりチェックしていきますよ!! それでは! yamadaman0618.

次の