えも いわれ ぬ 意味。 これだけは!覚えて欲しい古文法

ディスタント・ドラムス

えも いわれ ぬ 意味

概要 [ ] 長野県は南北に長く、隣接する多くの地域からのの流入、また各盆地におけるの違いがみられるため、それぞれの地域に特有の方言と、県全域で通じる方言とに二分される。 また、長野県方言は大体は東日本の言葉、つまり本州東部の方言に含まれるが、伊那や木曽地方には本州西部の言い方が多く用いられ、東西日本の方言の境界にあたる。 長野、新潟県境のは音韻体系や文法が特異なとなっている。 との連続性もある。 方言意識 [ ] 話者()の方言観として「信州弁(或いは自分の居住する地域の方言)はごく一部の語彙を除けば、や東京周辺のとほぼ同じだ」と錯覚している者の多いことは、長野県下各地の共通項として挙げられる。 実際には語彙が東海東山方言的であり、後述するアクセント体系に決定的な違いがある他、文の抑揚()が共通語に比べてやや大きい。 また、いわゆる「気がつきにくい方言」 や、共通語と同じ語彙でありながら用法がドメスティックなために県外では伝わらないものなども数多く存在する。 また、「同じ信州でもの南やのへ行くと、ことばが優しくなりどことなくに似たところが出てくる」、「へ行くとことばが荒っぽく勇ましくなる。 ヒとシを間違えるとこなんか、のことばに近い」、「では、イとエは一緒で『胃』も『柄』も区別のない人がいる。 と繋がっているという感じだ。 」などの声も聞くが 、信州の方言についてのこうした意識は、この方言の位置や性格をかなり正確に言い当てている。 方言の位置 [ ] 信州の方言はに属し、かつその西の境界にあり、地域と境を接している。 (ただし、畑美義、福沢武一など、南信方言をに含める学者もいる。 ) また、十州に及ぶ周辺諸国から、街道、峠道により文物とともに各地の方言が運ばれ、在来の方言と混じり合い発達した方言である。 方言区画 [ ] 長野県下の方言区画は、が青木千代吉の区画をベースとしに「信州のことば」で提示した以下の区画が最も一般的である。 一般的な地域区画とは多少異なった区分が用いられる。 大区画 小区画 地域 長野県方言 奥信濃方言 のみ 北信方言 (南部を除く)、(栄村を除く) 東信方言 南部、、 中信方言 (旧、旧除く)、、、北部(以北) 南信方言 、上伊那地域南部(以南)、 (旧・旧を含む) 基盤となった青木千代吉の区画は以下の通りである。 中区画が5、小区画が14ある。 奥信濃方言(小谷地域、北部(岳北地域))• 小谷地域• 岳北地域• 北信方言((南部を除く)、北信地域南部(岳南地域))• 上高井地域、上水内地域、岳南地域• 更埴地域北部• 東信方言(南部、、)• 長野地域南部、上田地域• 佐久地域• 中信方言(、(北部除く)、、北部)• 松本地域、北アルプス地域(北部除く)• 諏訪地域• 上伊那地域北部• 南信方言(、南部、)• 上伊那地域南部、南信州地域北部(旧飯田市以北)• 南信州地域南部• 木曽地域北部• 木曽地域山間部• 木曽地域南部 また、以下のような区画もある(浅川清栄区画)。 例えば、の方言区画ではの南部は方言圏に含まれ、・のそれぞれ南部は方言圏に含まれている。 また、福沢武一の論文では、旧の信級地区は方言圏に含まれている。 では詳しい調査がされている。 『飯島町誌 下巻 現代 民俗編』によると、の以南の地域は上伊那に属しながら方言よりも方言と共通点が多い。 「」も参照 文法 [ ]• 東西方言の語法上の対立• 「だ」と「じゃ や 」:平叙文におけるとの語尾は県のほぼ全域での特徴である「だ」である が、旧入山では高年層で「じゃ」を使い、「入山のジャことば」として有名である。 「…ない」と「…ん」:の否定は、南信方言での特徴である「+ん」を用い、他地域での特徴である「未然形+ない(ねえ)」を用いる。 最も、中信方言の南信方言と接する地域では「…ん」と「…ない」を併用する。 中信方言における「+ます」の否定は「連用形+ません」ではなく「連用形+ましねえ」である。 「…なかった」と「…なんだ」:動詞の過去否定は、中信・南信方言全域及びこれに接する北信方言の一部での特徴である「未然形+なんだ」を用い、北信・東信方言の大部分ではの特徴である「未然形+なかった」を用いる。 南信方言における「連用形+ます」の過去否定は「連用形+ませなんだ」。 「…なければ」と「…ねば」:否定条件は中信・南信方言全域及びこれに接する北信・東信方言の一部での特徴である「未然形+にゃあ」を用い、中信・北信・東信方言ではの特徴である「未然形+なければ(なけりゃ、ねけりゃ、なきゃ)」を用いる。 すなわち、中信方言では両方用いられている。 南信方言では「…なければならない」は「…にゃならん」のほか「…んならん」という言い方も用いられる。 「…ろ」と「…よ」:一段活用動詞やサ行変格活用動詞の命令形語尾は中南部と南端部での特徴である「命令形+よ」となり、そのほかの地域ではの特徴である「命令形+ろ」となる。 サ行イ音便の有無:サ行五段活用動詞が過去の助動詞「た」や接続助詞「て」などに続く場合は、南信方言及び中信方言の伊那谷北部・諏訪地方での特徴であるを用い(後者では連母音が融合する)、「連用形+した」「連用形+して」が、それぞれ「連用形+いた」「連用形+いて」になる。 そのほかの地域ではサ行イ音便のまとまった分布はなく、的である。 ワ行五段活用動詞のウ音便と促音便:「買った」、「払った」などは県の全域での特徴である促音便形をとり、「こーた」、「はろーた」とはならない。 形容詞連用形のウ音便の有無:「白く」、「赤く」などは県の全域で「しろー」、「あこー」と言ったようなウ音便を取らず的である。 しかし語や用法にとって分布対立にかなりの差が見られ、「早く」ではウ音便形「はよー」がやのあちこちに点在するようになり、「よく 来た 」ではウ音便形「よー」が木曽谷や伊那谷で非ウ音便形「よく」をはるかに上回っている。 継続態と結果態の区別の有無:動詞の進行形では南信方言で「連用形+とる(ておる)」を用い、他地域で「連用形+てる(ている)」を用いる。 「…とる」はの特徴でありとして「継続態」と「結果態」を語形で区別するものが多いが、木曽谷の北部を除いた地域で継続態と結果態の区別を持つ。 二つのタイプがあり、木曽谷の平野部(沿い)では継続態が「…よる(おる)」・継続態過去形が「…よった(おった)」、結果態が「…とる」・結果態過去形が「…とった」となり、木曽山間部では継続態が「…いた」・継続態過去形が「…いたった」、結果態が「…ていた」・結果態過去形が「…ていたった」となる。 伊那谷中南部では継続態・結果態ともに「…とる」・過去形が「…とった」となり、「…とる」、「…とった」を用いる点では的だが、継続態と結果態の区別を持たない点では的である。 中信方言と南信方言の接触地域では、比較表に示すように多種多様な分布を見せる。 比較表 伊那 駒ヶ根 奈川 開田高原 木曽福島 継続態 …てる …とる …てる …いた …よる 継続態過去形 …てた …とった …てた …いたった …よった 継続態否定形 …てねえ、 …てん …とらん、 …とりゃせん …てん …いたらん …よらん 結果態 …てる …とる …てる …ていた …とる 結果態過去形 …てた …とった …てた …ていたった …とった 結果態否定形 …てねえ、 …てん …とらん、 …とりゃせん …てん …ていたらん …とらん• 推量表現• 「…ずら」:中信・南信方言と東信方言ので「…ずら」が用いられる。 では「…ずろ」となる場合もある。 上伊那中部以南の地域では動詞、形容詞に接続する場合は「…んずら」となる。 「だら」:と南部で「…だら」が用いられる。 動詞、形容詞に接続する場合は「…んだら」となる。 「…ずら」が高年層を中心とした推量表現なのに対し「…だら」は若年層もよく用いる。 「…ら」:とで「…ら」が用いられる。 「…ら」は動詞と形容詞のみに接続する。 上伊那南部以南では「…ら」は「…ずら」や「…だら」よりも確実性が高いという。 「…だらず」:北信方言と東信方言のでは「…にてあらむとす」が変化した「…だらず」を用いる。 「…だず」となる場合もある。 また、多くの場合「…だろう」と併用される。 「…べー」:とでは「…べー」も用いる。 佐久地域では若年層ほど使用するという。 意志表現• 「…ず」:意志は「…むず」が変化した形を用いる。 例えば「行こうと思う」という場合、「いかずと…」や「いかっと…」となる。 勧誘表現• 「…まいか」:南信方言と中信方言南部では「…まいか」を用いる。 「行こうか」は諏訪、上伊那北部で「いくまいか」、木曽谷南部で、「いこまいか」、そのほかの地域では「いかまいか」となる。 「…ねぇか」:北信・東信・中信方言で用いる。 共通語の「…ないか」と同じ。 「…んか」:南信方言とそれに接する中信方言で用いる。 打ち消しが「…ん」であるためであり、共通語の「…ないか」と意味は同じ。 「…じゃねーか」、「…じゃんか」:東信・中信・南信方言で用いる。 「行こうか」は「いくじゃねーか」、「いくじゃんか」となる。 理由・原因• 「…に」:用言に接続する「…に」が北信方言の南部からほぼ全県で用いられるが、他県にはほとんど見られず、長野県独自である。 ただし多くの場合「…で」などと併用され、「…に」を専ら用いるという地域は少ない。 「…で、…もんで」:「…で」は、中信方言・南信方言で盛んに用いられるほか、北信方言西部や東信方言西部にも分布している。 「…もんで」は共通語の「…ものだから」に相当し、用法が少し異なる。 例えば、「雨が降るから傘を持っていけ」という際には「…で」は使えるが「…もんで」は使えない。 分布は「…で」に似ているが、北信地域などでの分布が広くなる。 「…から」:北信方言と東信方言に分布している。 特に佐久地域に色濃い。 「…んで」:北信方言には「…んで」も多く分布する。 その他の地域にも転々とした分布が見られる。 「…んて」:北信方言に転々と分布する。 「…さげ」、「…すけ」:奥信濃方言や、など新潟県との隣接部には「…さげ、…すけ」も多く分布する。 にも転々とした分布がみられる。 「…せー」:長野地域にわずかにみられる。 「…によって」:南信方言伊那地域の辺境で用いられる。 「…けん」:中野地域の方言集に載る。 この地域では「…けれども」という意味でも「…けん」を用いることがある。 その他• 動詞一般に接続して命令を強調する助詞は共通語の「よ」に対して、専ら「や」が用いられる。 木曽地方の山間部ではナ行・バ行・マ行の五段活用動詞の連用形が化する。 諏訪地方では「もの」「の」「こと」等の準体助詞が省略され、用言が準体法をとることがある。 例えば「(そんなことを)言うのは誰だ」は「言うは誰だ」となる。 共通語においても「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」のように様々な諺や格言に残る。 動詞の未然形に可能の助詞「られる」がつく場合、能力可能表現であれば「ら」が脱落するが、状況可能表現であればそのままとなるといった使い分けがある地域が多い。 参照:• 動詞の前に促音・撥音を含む接頭語が挿入される傾向がある。 中南部(以南)と南部では否定の表現に「…へん」や「…せん」も用いる。 では、方向を表すのに「…せ」を用いる。 やの「…さ」と結びつくものであり、「…え」や「…い」を用いる県内のほかの地域とは明確な一線を画している。 下伊那地方では「お…(動詞の連用形)…る(た)」という形の尊敬表現がある。 例えば「お書きになる(なった)」は「お書きる(お書きた)」となる。 また漢字の熟語で構成される形容動詞の末尾が「い」に変化して形容詞化するものがみられる。 例えば「大儀な」は「大儀い」、「横着な」は「横着い」となる。 これらはと共通する特徴である。 語彙 [ ] 広域 [ ] 強調表現にアクセント。 注意:ここで挙げられている例は、地域的・世代的な差異があるので、ニュアンスなども含めて、必ずしも長野県全域・もしくは各地方であまねく通じるものではない。 また、県外に共通のものも含まれることに留意されたい。 あいく:(中信、南信)「歩く」の転訛。 歩いていくは「あいってく」。 あ いさ:(全県)「あいだ(間)」の転訛。 あ おのけ:(北信、中信)「あおむけ(仰向け)」の転訛。 あ かす:(東信、南信)「告げる」「密告する」の意。 あ げる:(北信、中信)「嘔吐する」の意。 あっこ 1 、 あっくい:(全県)「かかと」の意。 あ っこ 2 、あ すこ:(全県)「あそこ」の転訛。 あ ったら:(北信、東信)「惜しい」の意。 あ すぶ:(全県)「遊ぶ」の転訛。 あ ばける:(北信、東信、中信)「ふざけて騒ぐ」の意。 あ まびらかす:(北信、東信)「焦がす」の意。 あ まぶれる:(北信、東信)「焦げる」の意。 あ めんぼう:(東信、中信)「つらら」の意。 あ らかた:(北信、東信)「ほぼ」の意。 用例:「あらかた完成した。 あ らびる:(中信、南信)「暴れる」の意。 い きあう: (全県)「出くわす」「(偶然に)遭遇する」の意。 予め待ち合わせた場合には使用しない。 い きれる:(北信、東信、中信)「蒸し暑くなる」「蒸れる」の意。 古語の形容詞「厳し(いかし)」の副詞的用法に由来。 い じれる:(北信、中信、南信)「癇癪を起こす」の意。 い たかい:(北信、中信、木曽)「いらっしゃいましたか」「ご在宅でしたか」の意。 訪問時の挨拶。 い ただきました:(北信、中信 /い ただきました 南信 「ごちそうさまでした」に相当する挨拶。 「いただきます」と対応させている。 い ちゃつく:(全県)「狼狽する」「あわてふためく」の意。 …いつ:(北信、東信、中信)「…頃」の意。 用例:「あさっていつ届く」• い つける:(北信、東信)「結びつける」の意。 用例:「柱にいつける」• い っける:(北信、東信)「(上に)乗せる」の意。 用例:「棚の上にいっける」• い とに:(北信、東信、中信)「…あいだに、…うちに」の意。 「暇(いとま)に」が変化したものと思われる。 用例:「目を離してるいとにどこかへ消えた。 いぼ( えぼ)をつる:(全県)「すねる」の意。 北信では「えぼ」、それ以外では「いぼ」。 うってがえし:(中信、南信)「口答え」の意。 本来は囲碁用語だが、共通語にはない意味合いがある。 う とい:(中信、南信)「愚かな」「鈍感な」の意。 う なでに:(北信、東信)「自然に」「おのずと」の意。 え えまち:(全県)「過ち」の転訛。 「怪我」の意。 後述する「あや」が「ええ」に転訛する例。 用例:「工事でええまちした」• え ごい:(北信、南信)「あくが強い」「にがい」の意。 えぶ:(北信、東信、中信)「歩く」の意。 用例:「えべ」• え らい 1 :(全県)「とても」「ずいぶん」の意味。 副詞形「えらく」も。 用例:「えらい(えらく)待たせたな」• え らい 2 :(中信、南信)「大変だ」「難儀だ」の意。 用例:「10キロの道のりを徒歩で来てえらかった」• お おけん:(全県)「おおよそ」「概して」の意。 お こつる:(東信、中信)「怠る」の転訛。 おおふう:(北信、東信、中信)「気前がいい」の意。 お く:(北信、東信、中信)「遠慮する」「しないでおく」の意。 お くらぶち:(全県)「囲炉裏を囲む木枠」の意。 お しこくる:(東信、中信)「力強く押す」の意。 お じょうこ:(北信、東信)「生意気」の意。 お ぞい:(全県)「粗悪な」の意。 お たくら:(北信、東信)「冗談」「無駄話」の意。 お だむ:(北信、東信、中信)「穏やかになる」「(雨風雪が)止む」の意。 「おだゆむ(小弛む)」に由来。 お ちょうべ:(北信、東信、中信)「媚び諂い」の意。 「ひれ伏す」の意味で使う地域もある。 動詞形は「つくばう」または「つくべる」。 おっさま:(中信、南信)「和尚さん」「和尚様」の意。 おった【落った】:(北信、東信)「落ちた」「おっこちた」が促音便化したもの。 用例:「試験に落ったらどうしよう? また南信に限り「居た」の意も。 お めったい:(北信、東信、中信)「めんどくさい」の意。 おらほ:(東信)、お らほ:(南信)「俺の方」「俺たち」の意。 用例「おらほの村では…」• お やげない:(東信、中信、南信)「かわいそう」の意。 お やす:(東信、中信)「(仕事を)終らせる」の意。 お やすみなさい:(東信、南信)「さようなら」の代用語。 日没前であっても使用する。 お んかに:(全県)「公然と」の意。 おんじょう:(中信、南信)「文句」「泣き言」の意。 「音声」に由来。 が あた: (東信、中信、南信)「外周」「外殻」の意。 か いしき:(北信、東信)「まるっきり」「皆目」の意。 かう: (中信、南信)「かける」「あてがう」の意。 用例:「ボタンをかう」「毒(ぶす)をかう」• か かしらう: (北信、東信、中信)「嘲弄する」の意。 中信・南信の「ひどろっこい」に同じ。 か じける: (中信、南信)「(身体の一部が)かじかむ」の意。 用例:「手がかじけた」• か ずける:(全県)「口実にする」「かこつける」の意。 子どもが集団遊びに参加したいとき「かてて」などと言う。 共通語にも「かてて加えて」という表現がある。 か まける:(北信、中信)「愚痴をいう」の意。 東信では(物事に)「いそしむ」の意となる。 か みゆき【上雪】:(北信、東信、中信)「通過型の気象状況のときに降る雪」の意。 か や?:(全県)疑問文の語尾につく。 「かな?」の意。 … からかす:(中信、南信)「乱暴に…する」の意。 用例:「食いからかす」• か わばる:(北信、中信)「(表面が乾いて)固くなる」の意。 か んから:(北信、東信、中信)「空き缶」の意。 か んじる【寒じる】:(北信、東信、中信)「寒さが身にしみる」「(全身が)かじかむ」の意。 身体の一部がかじかむ場合には使わない。 「し みる」が物理的低温をさすのに対し、「寒じる」は体感温度の低さをさす。 か んます:(北信、東信、中信)「掻き回す」の意。 き なし:(北信、東信、中信)「無意識に、なにげなく」の意。 用例:「きなしに捨てちまったわ」• き のうな、き んな、き んの:(全県)「昨日は」の意。 き びしょ:(全県)「急須」の意。 ぐ ざる 1 :(中信、南信)「叱る」の意。 ぐ ざる 2 :(東信、南信)「(子供が)むずがる」の意。 く ちい:(北信、東信、中信)(満腹で)「腹が苦しい」状態。 くね:(北信、東信、中信)「垣根」の意。 動詞の様態をとる。 く ねっぽい:(中信、南信)「おとなびている」の意。 形容詞の様態をとる。 くむ 1 :(中信、南信)「交換する」の意。 く む 2 :(中信、南信)「崩落する」の意。 用例:「10くら、20くら」• く らせる:(全県)「殴りつける」の意。 用例:「くらしつけるぞ!」• く りくり:(北信、東信)「残らず」「きれいさっぱり」の意。 用例:「くりくり盗まれた」• く れる:(全県)「(物を)あげる」「くれてやる」の意。 用例:「花に水をくれる」• げいに:(全県)「力強く」「強引に」の意。 げ いもない:(北信、東信、中信)「…する甲斐も無い」「もったいない」の意。 け えこむ:(東信、中信)「汲みこむ」の意。 け えだす:(東信、中信)「汲み出す」の意。 け たくる:(東信、中信)「蹴りつける」の意。 … けつかる:(全県)「…していやがる」の意。 けそけそ:(北信、東信)「平気である様子」の意。 北信では「日が暮れる」の意もある。 け なるい:(中信、南信)「うらやましい」の意。 けもない:(中信、南信)「た易い」の意。 け やす:(全県)「消す」の意。 … けんども:(北信、東信、中信)「…けれども」の転訛。 こがふく:(北信、東信、中信)「黴が生える」の意。 こ ぎる:(北信、中信、南信)「値切る」の意。 こく:(全県)「言う」の意。 特に文句などをいう場合に使う。 用例:「文句をこくな」• こ ぐ:(東信、中信)「(植物を)引き抜く」の意。 こ ごり:(北信、東信、中信)「塊」の意。 共通語にも「煮こごり」などがある。 ご ざる 1 :(全県)「いる」の謙譲の意。 ご ざる 2 :(北信、東信、中信)「腐る」の意。 東信では「死ぬ」「気が触れる」の意味もある。 ご したい:(北信、東信、中信)「疲れた」の意。 「てきない」と意味が似るが、「ごしたい」は北信北部、諏訪、上伊那を中心に、広い範囲に点々と分布する。 こ すい:(全県)「ずるい」「卑怯」の意。 こ ずむ:(中信、南信)「沈澱」するの意。 こ そっぽい:(北信、東信、中信)「(ざらざらしていて)滑らかでない」の意。 こ てる:(北信、東信)「堪える」の転訛。 こ なす:(東信、中信、南信)「脱穀する」「収穫する」の意。 こ のがる:(全県)「前かがみになる」「中腰になる」の意。 ご むさい:(北信、東信)「汚い」の意。 こ もっつるし:(中信、南信)「戸を開け放した状態」の意。 こ わい 1 【強い】:(東信、中信、南信)「硬い」の意。 本来の意味であり、固いことを「こわい」とよぶ表現は共通語にも「」という単語の中に生きている。 恐怖心を表す「こわい」は「おっかない」を使う。 こ わい 2 :(北信、東信、中信)「濃厚な」の意。 こん:(北信、中信)「こと」の転訛。 用例:「そんなこんねーわ」• さ かる:(北信、東信、中信)「繁盛する」の意。 用例:「さかってる店だ」• さ くる:(全県)「畝を作る」「中耕する」の意。 さ さらほうさら:(全県)「いい加減な」「支離滅裂な」の意。 さしゃく:(東信、中信、南信)「指図」の意。 … さら:(中信、南信)「…ごと全部」の意。 さ んだす:(全県)「差し出す」の転訛。 し こう:(北信、東信、中信)「風采」「身なり」の意。 し なくれる:(全県)「乾いて縮む」の意。 し みる【凍みる】:(北信、東信、中信)「凍りつく」「気温が下がる」の意。 アクセントは中高型で、共通語の「(寒さが身に)しみる」の平板型と異なる。 し もゆき【下雪】:(北信、東信、中信)「大陸からの寒気の吹き出しやの影響などによる雪」の意。 … じゃん( じゃんか):(東信、中信、南信)「…じゃないか」の意。 から首都圏を経由して全国に伝播したものとして知られ、長野県下でも大正時代頃から使われ始めたが、当初は女性語としての意識が強かったという。 長野県方言では「じゃん」や「…じゃねえか」は動詞の終止形に接続して勧誘の意味を併せ持つが、共通語には見られない用法である。 用例:「そろそろ行くじゃんか、…行くじゃねえか(そろそろ行こう)」。 また伝聞表現と融合して「…(なん)だってじゃん」となることもあるが、これも共通語には見られない独特の語形であると言えよう。 用例:「明日、雨(なん)だってじゃん。 」 東信と中南信では、平板型動詞に接続した場合のアクセントが異なる。 しょう:(北信、東信、中信)「衆」の転訛。 後述する北信地域に顕著な音韻的特徴だが、他の地域にも分布する。 用例:「あそこのしょうは…」• しょ うしい:(北信、東信)「恥ずかしい」の意。 じょ うや:(北信、東信、中信)「始終」「常日頃」の意。 し る:(北信、東信、中信)「する」の意。 し わい:(東信、中信)「吝嗇である」の意。 し んとう:(東信、中信、南信)「(物体の)芯」の意。 …ず:(全県)「…しましょう」の意。 勧誘や意思を表し、動詞の未然形語幹につく。 ただし、南信方言では勧誘には用いず意思のみに用いる。 古語の「むず」に由来する。 は「べ、べぇ」を使うとの境界なので「鳴くべ鳴かずの峠」と呼ばれた(ただし、碓氷峠以西のにも「べえ」は分布しており、境に位置するでは「ず」よりも「べえ」の方が使用頻度が高い。 また、若い層ほど使用する傾向にある。 「する」につく場合は南信方言以外の地域では「せず」ではなく「しず」になる。 これは「する」を「しる」というからである。 「…ず」が「…ざぁ」に転訛する地域もあり、また「…ずか」が「っか」に転訛する地域もある。 例:「そろそろ行かず、…行かざぁ」「…行かっか」(そろそろ行きましょう、…ましょうか)。 北信地方とそれ以外で平板型動詞に接続した場合のアクセントが異なるが、起伏型の場合は同じ。 ず く:(全県)しばしば共通語による定義ができないとされる名詞。 強いて言うならば、億劫がって何かをやりだそうとしない状態を「(あなたは)ずく無しだ」などと形容するが、その逆になにか面倒なことを敢えてするようなときに「ずくを出す」と用いられることもある。 あるいは、エネルギー(精神的なものを含む)の積極的な消費を厭わないような性質のこととも言える。 その構造分析に於いては、「ずく(主語)-が-無い(述語)」がひとつのセンテンスである、と見る者もあれば、「ずく無し(だ)」が一語の形容動詞である、と見る者もある。 す てでかい:(東信、南信)「巨大な」の意。 す てばて:(北信、東信)「手に負えないもの」の意。 ず ない:(北信、東信)「意地悪」「図太い」の意。 ず ら:(東信、中信、南信)推量、同意、確認の語尾の一種。 「…だろう?」の意。 「…ずらむ」から変化したと思われる。 「だら(ら)」と併用される伊那谷地方や、「べえ」と併用される佐久地方の場合、それぞれ「だら(ら)」や「べえ」のほうが「ずら」よりも確実性が強い場合に使用されるという。 過去の場合は「つら」とも。 例)「学校行っつら?」「…行ったっつら」(学校へ行ったんでしょ?)• ず るい:(北信、東信、中信)「動作が鈍い」の意。 この場合、狡猾を表す「ずるい」には「こすい」を使う。 す んがけに:(東信、中信、南信)「即座に」の意。 せんしょう:(東信、中信)「お節介」の意。 そ っける:(東信、中信)「好機を失う」の意。 用例:「電車に乗りそっけちまった」• そ らっこと:(北信、東信、中信)「嘘」の意。 せ う:(北信、木曽)「言う」の意。 「そう言う」に由来。 せ っこういい:(北信、東信、中信)「根気よく働く」の意。 せ る:(南信)「する」の意。 名古屋付近に多い言い方。 せ んど:(北信、東信、中信)「先ごろ」「過日」の意。 た いら:(全県)「盆地」の意。 主に長野県の地形をさす。 西日本方言に類似した語彙がなく、「」によるが成り立たない例。 た しない:(東信、中信、南信)「乏しい」「稀少な」の意。 だ で:(中信、南信)語尾につく。 「だぜ」「ですよ」。 東筑摩で「だじ」とも。 た ねる:(北信、中信、南信)「(背負う荷物の)荷造りをする」の意。 た める:(全県)「狙いをつける」の意。 …だらず:(北信、東信)推量。 「…だろう」の意。 「…にてあらむとす」から変化したと思われる。 中信・南信・佐久地方の「ずら」と似るが、両者が併用される佐久の場合、「だらず」のほうが確実性が強い場合に使用されるという。 佐久地方以外では「…だろう」と併用され、北信の北端部では専ら「…だろう」のみとなる。 北信と東信では、平板型名詞に接続した場合のアクセントが異なる。 … だれ:(北信、東信)「…たち」の意。 用例:「おいだれ、わんだれ(お前たち)」「おらだれ(俺たち)」• だ れえ:(北信、東信、中信)相手の言葉を否定する際に反語的に用いられる。 ち がしぬ【血が死ぬ】:(北信、東信)打撲した際に内出血した部位(蒼くなったところ)をさす。 用例:「血ぃ死んだ」• ち だらまっか:(東信、中信)「血みどろ」の意。 ちっ とべえ:(北信、東信)「少しくらい」の意。 用例:「弟とはちのみちだ」。 共通語では「血管」をさす。 ちゃ っと:(全県)「早急に」の意。 ちゃ んする:(北信、東信)「正座する」の意。 ちょ うきゅう:(中信、南信)「まともな様子」の意。 ちょ んこづく:(北信、東信)「調子に乗る」の意。 つ くなる: 北信、中信、南信 「(力が抜けて)へたり込む」の意。 でえじん:(北信、東信)「金持ち」を揶揄する語。 「大尽」の転訛。 て きない: 北信、中信 「疲れた」の意。 「ごしたい」と意味が似るが、「てきない」は松本盆地や木曽、北信南部を中心に、かたまって分布する。 て んづけ:(北信、東信、中信)「最初」「真っ先」の意。 と うじる: 東信、中信 「(患部を)水や液状の薬に浸す」の意。 と がめる:(北信、東信)「化膿する」の意。 ど うずく: 全県 「どつく」「殴りつける」の意。 ど うずる:(北信、東信 「怠ける」の意。 と きに: 東信、中信 「当座に」の意。 と ぶ:(全県)走る、駆ける。 「とびっくら」は「かけっこ」の意。 と まぐち: 全県 「玄関」の意。 ど やす: 全県 「どつく」「殴りつける」の意。 なおしか: 北信、中信 「なおさら」の意。 な から【半ら】:(全県)「半ば」ではなく、「ほとんど」「ほぼ」の意。 な ぎ:(東信、中信、南信)「(山の)崩落地」の意。 … なして: 北信、中信 「…なさって」の意。 「なさる」に助詞「て」が接続する場合は「なさって」ではなく「なして」となる。 なな…と:(北信、東信)動詞の活用語幹につき禁止を表す。 古語の「な…そ」に由来する。 用例:「ななやっと」「ななしと」• … なりきに、… なりきの:(北信、東信、中信)「…なりに、…なりの」の意。 用例:「それなりきに努力が必要だ」• な るい:(北信、中信、南信)「緩やかだ」「容易だ」の意。 … なんじゃった:(中信、南信)動詞の未然形につき、過去否定「…なかった」の過失態を表す。 用例:「行かなんじゃった」• …な んし:(東信、中信、南信)「…なさってください」の意。 江戸時代のに由来。 なんたら:(北信、東信、南信)「なんと」の意。 強調を表す。 に かっこ:(北信、中信)「新生児」の意。 に なう:(東信、中信)「(神輿や箪笥などの大きなものを)ふたりで担ぐ」の意。 東海地方での使用例もある。 ね ぐさい:(北信、東信、中信)「腐臭がする」の意。 ね なくら:(北信、東信)「出鱈目」の意。 ねこのしっぽ:(中信、南信)「末っ子」の意。 …のざ っぺえに:(北信、東信、中信)「…のくせに」の意。 用例:「子供のざっぺえに」• の っくむ:(北信、東信)「嚥下する」の意。 の っこす:(東信、中信)「追い越す」の意。 の ぶい:(北信、中信、南信)「図太い」の意。 不足感をあらわす。 ば くる:(東信、中信、南信)「交換する」の意。 は じくなる:(北信、中信)「中腰になる」の意。 は しゃぐ:(北信、東信、中信)「乾燥する」の意。 用例:「桶がはしゃぐ」• ばそく:(全県)「即座に」「突然」の意。 は ば:(北信、東信、中信)「段丘崖」の意。 は やす:(東信、南信)「孵化させる」の意。 ば らざくれ:(東信、中信)「薔薇の棘などによる擦過傷」の意。 は んぺた:(全県)「分割した半分」の意。 一晩中は「よっぴて」。 ひ きる:(北信、東信、中信)「(蚕が上蔟して)熟蚕になる」の意。 ひ だりっかち:(東信、中信)「左利き」の意。 ひ だるい:(北信、東信、南信)「空腹だ」の意。 対義語は「くちい」。 ひ とっきり:(北信、東信、中信)「少しの間」の意。 用例:「ひっときり買い物行ってくる」• ひ どろっこい:(中信、南信)「まぶしい」の意。 北信・東信の「かがっぽい」に同じ。 ひね…:(北信、東信、中信)名詞の前について「古い」ことを表す。 用例:「ひね漬け」「ひね餅」• ひ やかす:(東信、中信)「水に浸す」の意。 ひ わかい:(北信、東信、中信)「未熟な」の意。 へえ:(全県)話題や行動の転換時に使う間投詞。 「早や」の転訛で「もう」「早くも」の意。 南信では「はい」とも言う。 用例: 「へえ、昼飯食わず 食べましょう 」「はい、帰る頃だ」• べど:(全県)「土」の意。 へ ぞる:(中信、南信)「反り曲がる」の意。 へ ぼい:(全県)「弱い」「不出来だ」の意。 へら:(全県)「舌」の意。 へ んぼ:(北信、中信)「蝿」の意。 「打ち遣る」の転訛。 ぶ に:(全県)「分け前」の意。 ぼ こ:(全県)「幼児」の意。 ぼっ ち:(中信、南信)「突起部」「つまみ」の意。 「栓」の意味で使う地域もある。 ほ とばす【潤ばす】:(北信、中信)「水に浸す」の意。 古語の「ほとぶ」に由来。 自動詞形は「潤びる」。 「まえで 通りますが 失礼 します 」のように使う。 」という用法とは異なる。 ま くらう:(全県)「大食する」の意。 まっ つぐ:(北信、東信、中信)「まっすぐ」の転訛。 ま ていに:(全県)「丁寧に」の意。 ま ねる:(北信、東信)「告げ口をする」の意。 ま まやく:(北信、東信、中信)「吃音する」の意。 ま めな:(東信、中信、南信)「健康な」「壮健な」の意。 共通語では「勤勉な」「誠実な」の意味となり、用法が異なる。 まる【放る】:(北信、東信、中信)「排泄する」の意(古語に由来)。 み ぐさい:(北信、東信、中信)「醜い」「格好悪い」の意。 み やましい:(中信、南信)「(物が)整っている」「(人の性格が)品行方正な」の意。 む ける:(北信、中信)「孵化する」の意。 自動詞形は「むく」。 むせっけいに:(北信、東信)「向こう見ずに」の意。 む かさる:(北信、東信)「嫁ぐ」の意。 む っくし:(北信、東信、中信)「(否定語を伴って)いっこうに」の意。 用例:「むっくし動かない。 めた:(北信、東信、中信)「やたらに」「好き勝手に」「尚更」の意。 も うらしい:(北信、東信、中信)「かわいそう」の意。 もおる:(全県)「(雨などが)漏る」の意。 や くやく:(全県)「わざわざ」の意。 や けっつる:(東信、中信)「やけどする」の意。 や しむ:(東信、中信)「叱責する」の意。 …やす:(北信、東信)「…ます」の意味だが、「ます」とはアクセントが異なる。 用例:行きやす(い きやす)• やだくて:(北信、東信、東筑摩・安曇)「嫌になって」の意。 形容動詞のような形態をしながら形容詞のような活用をする。 連用形「やだくなる」連用形「やだかった」連体形「やだ(やつ)」仮定形「やだけりゃ」• や ぶせったい:(北信、東信、中信)「うっとうしい」「気分が晴れ晴れしない」の意。 現在は共通語に合わせて後者が主流となっている。 …やれ:(全県)動詞の命令形に接続する。 補助動詞「ある」の命令形「あれ」(「お試しあれ」「ご覧あれ」など)に由来。 現在は「…や」に置き換わっている。 用例:「行けやれ(行けよ)」• ゆ きやけ:(北信、東信)「しもやけ」の意。 「雪に反射した太陽光線による日焼け」とは異なる。 よ いと:(北信、東信、中信)「ゆっくりと」の意。 よ うでもない:(東信、南信)「不要な」「役立たずの」の意。 よ じける:(北信、東信、中信)「よろける」「ぐらつく」の意。 よ せる:(全県)「(洗濯物を)とりこむ」の意。 よ っぴて:(全県)「夜通し」の意。 よ てる:(北信、東信、中信)「得意とする」の意。 よ ばる:(北信、東信、南信)「人を呼ぶ」「招待する」の意。 受身形は「よばれる」。 り きむ:(北信、東信、中信)「威張り散らす」の意。 ろ くったま:(東信、中信)「(否定語を伴って)ろくに」の意。 わ かされ:(全県)「(交通の)分岐点」「追い分け」の意。 わ にる:(全県)はにかむ、人見知りする。 主に幼児に対して用いる。 わ で:(北信、東信、中信)「(位置的に)上の方」の意。 「上手」と書くことが多い。 奥信濃方言 [ ] の「南越方言」(魚沼地方)にきわめて類似し、信州方言の語彙、音韻、アクセントの特徴が当てはまらないことが多い。 そのためはの一部に分類している。 中でも言語の島として知られるの語彙は以下の書籍に詳しい「 秋山郷の方言」。 北信方言 [ ] 隣接すると類似する特徴を持つ。 共通の語彙 [ ]• あ んじょ:尼僧を意味する「あんじゅ(庵住,庵主)さん」の転訛。 お き:広い田んぼや耕地をさす。 「…沖」という地名が多く分布する。 お ざんざ:麺類の意。 「衆(しゅう)」の転訛。 かすをこく:「生意気なことを言う」の意。 き ぼつく:「小理屈を言う」の意。 けそけそする:「日が暮れる」の意。 …し まに:…がけに。 動詞の連用語幹につく。 古語の「…しなに」と同じ。 用例:「帰りしまに」• そ さび:「間食」の意。 だあ:「いいえ」「(否定語を伴って)誰が…か」の意。 た あくらたあ:「馬鹿者」の意。 のタクランケを参照。 ちょっけはやい:「すばしっこい」の意。 て んこ:「一斗缶」の意。 … とくらい:動詞に接続して「…てください」の意。 なす: 「(債務を)弁済する」の意。 な っちょ:「どのように」「どんな」の意。 ね ておきる:(寝て起きる) 「短時間寝る」「仮眠を取る」の意。 「長時間寝る」「本格的に寝る」場合は「ね る」という。 は しる:「去る」の意。 過去形は「 はした」となる。 は ちのあ たま:「蜂の頭」の意だが、勢いをつけるためのの一種であり、実際には特に意味はない。 用例:「…も蜂の頭もあるか!」• ひ ごすい:「表裏ある」の意。 まくまくする:「日が暮れる」の意。 中野・飯山地域 [ ]• い っせき:「常に」「一切」の意。 い っつに:「とっくに」の意。 お さめる:「捕まえる」の意。 長男は「あに」、長女は「あね」。 が ったくる:「奪い取る」の意。 ~かし:動詞の連用形語幹や接続助詞「て」について軽い命令を表す。 「寄ってかし(寄ってください)」• ぎる:「捕獲する」の意。 げ っとに:「強引に」の意。 け もしい:「たくさんあって見事」の意。 用例:「林檎がけもしいように生っている」• こぐ:「(雪などを)掻きわけて進む」の意。 … さけぇ:「…だから」の意。 「さかい」の転訛。 ざや:「薄氷」の意。 用例:「寒さでざやが張ってる」• し こたれる:「破れる」の意。 せこかう:「入れ知恵する」の意。 た っけに:「各自銘々に」の意。 ふ んがしげる:「踏み違える」「足をくじく」の意。 へがいる:「(果実が)熟成しすぎてだめになる」の意。 べちゃ、 びちょ: 「風呂」の意。 元は幼児語。 ほ うりょうする:「(植物が)繁茂する」の意。 ま ぶる:「混ぜ合わせる」の意。 も んじゃくる:「丸めて皺だらけにする」の意。 よしか…たら:「仮に…たら」の意。 用例:「よしか暇があったら旅行に出るんだが」 長野地域 [ ]• お め(さん):「あなた」「お前」の意。 複数形は「おめ(さん)たち」。 こ うばいがはやい:「要領がいい」「気転が利く」の意。 …ご てら:「…ごと」の意。 …し ない?(するしない?):「…じゃない?」「…だよね(よね)?」「…しよう」「…だろう」という意味の。 動詞または形容詞の終止形に「しない?」をつけ、勧誘、推量、同意を求めるときに使うが、用法には地域差がある。 名詞の後につく場合は「…だしない?」となる。 用例:「これってかわいいしない? 」(これってかわいくない?)「映画に行くしない? 」(映画に行かない?)「あいつってバカだしない?」(あいつってバカじゃない?) ころで発生し、ころ隣接のはじめ長野県北部に拡大したとされているが、末に須坂でとの異説もある。 年齢層の若い人がよく使うが、発生当時の若い世代が今現在も使い続けているかは不明である。 ス チロパール:の新方言。 長野市内の一企業の登録商標が一般名詞化。 …す るきりない:…する以外に方法がない。 … ぞっき:「…ばかり」の意。 ちょ うっくらい(ち ょっくん):「中くらい」の転訛だが、意味は「真ん中ぐらい」ではなく「大したことない」「適当な」。 用例:「あいつはちゅうっくらいなこんしか言わね」• やむ:「痛む」の意。 わ くめる:「弁済する」の意。 東信方言 [ ] と共通する方言的特徴を持ち、群馬県境に近づくにつれ増す。 共通の語彙 [ ]• あ いって:「歩いて」の転訛。 あたくさ:「たくさん」の意。 あ ばつる:「競ってする」の意。 用例;「釜の底に僅かに残っていた飯を、兄弟であばつって食った。 あんもて:「世話」の意。 い すかに:「たいへんに」「大層」の意。 い ずむ:「嫉妬する」の意。 い っさら:「全然」「まったく」の意。 用例:「いっさら聞いたことねえ。 いな:「変な」の意。 う でっこき:「手腕家」「技量者」の意。 お いこくる:「追い払う」の意。 お おばかく:「(場所を)占有する」の意。 親や先生が子供に「おじゅうくすんな!」• お そなわる:「遅参する」の意。 おだ:「いい加減な話」「談笑」の意。 か まける:「いそしむ」の意。 北信や中信では「愚痴をいう」の意になる。 が める:「盗む」の意。 か らっけつ:「一文無し」の意。 ぎょ うにく:「意地を曲げる」の意。 け えなったりない:「不足だ」の意。 け えろくみらい:「開闢以来」の転訛。 「未曾有」の意。 け ころに:「いい加減に」の意。 対義語は「まていに」。 けそくれる:「無視する」「しらばっくれる」の意。 け たくそわるい:「胸糞悪い」の意。 け っする:「便秘する」の意。 け んたかぶる:「虚勢を張る」の意。 けんつくくれる:「けんもほろろにする」の意。 こ そげる:「削り落とす」の意。 ころふける:「老いて老獪になる」の意。 こ わす:「(高額の貨幣から小額の貨幣へ)両替する」の意。 「くずす」とも。 さ くい:「気安い」の意。 し たませ:「最低限度」の意。 しょ うずく:「懲りる」の意。 しんの:「くたびれた」の意。 用例:「病み上がりでしんのだ」• すがいる:「(根菜に)空洞が生じる」の意。 す く:「編む」の意。 す くなむ:「しゃがむ」の意。 す っぺり:「残りなく」「すっかり」の意。 す てきもない:「素敵な」の意。 ず まずまとした:「小さくまとまった」の意。 …せ:方角を表す「…に」「…へ」に相当。 「京へ筑紫に坂東さ」は東信では「せ」を使う。 せ えたらはじき:「余計なお節介」の意。 せ きさか:「せいぜい」の意。 用例:「せきさかそんなもんだ」• そ つにする:「粗末にする」の意。 そ ぼろったい:「喧しい」の意。 た たる:「建つ」の意。 用例:「あそこに新しい家(店)がたたった。 つ っかげる:「(手足が)かじかんで自由に動かなくなる」の意。 つ っぺえる:「ぬかるみにはまる」の意。 つ れっぱなす:「仲間はずれにする」の意。 つ やす:「膿を出す」の意。 て ばる:「(仕事量が)処理能力を超える」の意。 て ぼっけなし:「経済観念がない人」の意。 て んごうをかく:「欲張る」の意。 に えっかえす:「ごった返す」「混雑する」の意。 ぬ くとまる:「暖まる」の意。 ね こかく:「横たわる」「寝る」の意。 の うずる:「懈怠する」の意。 の そら:「不熱心な」の意。 用例:「のそらな奴だ」• は やす:「切り揃える」の意。 用例:「野菜の葉をはやす」• ば んきり:「その度毎に」の意。 ぶ んに:「特別に」の意。 ぶ んまわし:「コンパス」の意。 ほぅ: 何か物を指し示すとき等に用いられる間投詞。 「ほら」「ほれ」の意。 … まし:「…ごと」の意。 「みかんを皮まし食べる」• ま じっぽい:「まぶしい」の意。 ま んざら:「(否定語を伴って)まったく」の意。 用例:「まんざらわからない」• み がいる:「筋肉疲労を起こす」の意。 む しっつる:「(穀物が)虫に食われる」の意。 め ごい:「かわいらしい」の意。 も とらない:「自由が利かない」の意。 も とる:「役立つ」「有用である」の意。 よ さる:「寄り集まる」の意。 よ っちゃばる:「寄り集まる」の意。 上田地域 [ ]• お てしょ:「小皿」の意。 おおちょうだい:「ご馳走」「もてなし」の意。 『大頂戴』か。 ご さまくり:「宴の席で最後まで残っている人」の意。 さ っちら:「随分とたくさん」の意。 しゃ らっつない:「図々しい」の意。 佐久地域 [ ] ことに南部においては佐久甲州街道(佐久往還)を経由したの流入によってとも類似性が見られる。 また中仙道を経由したなどの西関東方言も流入している。 い かすかもない:「法外な」の意。 い ぶくれる:「拗ねる」の意。 い ぶさい:「酷い」の意。 い もくう:「落第する」の意。 うっきざっきする:「落ち着き無くそわそわする」の意。 う っちゃらかす:「放っておく」の意。 う のがでに:「自然に」の意。 お こよまいり:「トイレ」に行くこと。 いまではほとんど使用されていない。 きゃてえ:「きわどい」の意。 き もいる:「腹が立つ」の意。 漢字を当てると『肝煎る』か。 こ てっぱやい:「すばやい」の意。 し だらもなく:「際限なく」の意。 じゃんぼん:「葬式」の意。 じゃんぼん回りは「左回り」。 つ まる:「肩が凝る」の意。 て とうなしに:「無計画に」の意。 ちょびちょびしてる:「落ち着きがない」「軽率にでしゃばる」の意。 用例:「まぁづあっこの子供はいつもちょびちょびしてるわ」• と んぽに:「だしぬけに」の意。 にっちか:「折悪しく」の意。 はご:「違法」「掟破り」の意。 め かご:「ものもらい」の意。 中信方言 [ ] 的特徴が色濃い。 共通の語彙 [ ]• あ ずくむ:「胡坐をかく」の意。 い じむさい:「意地汚い」の意。 お こりばち:「おこりっぽい」の意。 き もびしい:「じれったい」の意。 くっくと:「精を出して」「怠らずに」の意。 こ くれる:「適した季節を逃す」の意。 用例:「収穫にこくれた」• …っし、… っしゃれ:動詞の未然形語幹につく。 軽い命令形。 用例:「行かっし、行かっしゃれ(行きなさい)」• し こる:「(寒さで)じっとする」「うずくまる」の意。 じ っと:「しょっちゅう」の意。 しゃ ら…:形容詞の前について意味を強調する。 「しち…」に同じ。 用例:「しゃらっきたない(とてもきたない)」• じょうる:「(鳥獣や魚類を)さばく」の意。 し んきり:「開墾すること、開墾地」の意。 す っこんかぶり:「(防寒のため)頬かぶり」の意。 す ねる:「熟す」の意。 す める:「納得する」「腑に落ちる」の意。 ず りこむ:「入り込む」の意。 せんに:「以前に」「先頃に」の意。 …ただ:「…したのだ」の意。 過去の助動詞「た」の後に、助詞「の」を介さずに、断定の助動詞「だ」を接続させる。 つ っからかす:「突付く」の意。 と める:「なぞる」の意。 …な さんし:「…なさってください」の意。 は すい:「狡猾だ」「機敏だ」の意。 はちあがる:「よじ登る」の意。 … はてら:「…たてに」の意。 動詞の連用語幹につく。 用例:「起きはてらに掃除する」• …ひず:糸や紐などの繊維の助数詞。 用例:「糸が一ひずある」• ふ んづぶす(ふ んぶす):「踏み潰す」の転訛。 用例:「靴のかかとをふんづぶすなよ」• ふ すぐれる:「すすける」の意。 ほ かす:「圧縮を解く」の意。 、或いはについて用い、「ぼけりんご」などと連語的にも使う。 む しっぽい:「吐き気がする」の意。 めをおとす:「(老衰や病死等で床についた状態で)死亡する」の意。 交通事故死のような突発的な死亡には使わない。 松本地域 [ ]• う つかる、うっ つかる:(机やテーブルに)「突っ伏す」の意。 (柱などに)「もたれかかる」の意味で使う地域もある。 …すけ:動詞未然形に接続し、強い反語をあらわす。 用例:「そんな物あらすけ」(そんな物あるはずがない)• ずる:「(…へ)去る」の意。 だ いじょう:「大丈夫」の意。 例、だいじょう? 大丈夫なの?• … つける:「…し慣れる」の意。 動詞に接続する。 つ みっかく:「爪で引っかく」の意。 つ もい:「きつい」の意。 用例:「この靴つもい」• ね ておきる:「仮眠する」の意。 仮眠(昼寝)直後の寝ぼけた状態のことも指す。 「…ませよ」の転訛で軽い命令形。 「…してください」• まんこ:子供を背負うこと。 安曇地域 [ ] 北部に於いては語彙や音韻の面で若干、北信方言や日本海沿岸の要素が混ざる。 あ くされる:「ふざける」の意。 い せなしに:「唐突に」の意。 い せむ:「妬む」の意。 か あつる:「(影で)怠ける」の意。 こ け:「茸」の意。 苔は「こけら」という。 け ぞねえ:「飽き足らない」の意。 せっぺせっぺと:「懸命に」の意。 ぞ くねる:「だだをこねる」の意。 せ っこうかける:「促す」の意。 た っぺ:「見当」「要領」の意。 で がある:「長持ちする」の意。 て どから:「自業自得」の意。 ど ざまく:「どっさりと」の意。 に がむ:「掴む」の意。 は まる:「手向かう」の意。 ふ ける:「蒸れる」の意。 ほ うじょう:「住職」の意。 「方丈」に由来。 ま くしつける:「押し付ける」「転嫁する」の意。 ま めむすび:「こま結び」の意。 め そつく:「雨が降り出す」の意。 も す:「燃やす」の意。 や ぐさい:「焦げ臭い」の意。 ゆ てらかす:「濁す」「淀ませる」の意。 諏訪地域 [ ] 地理的、歴史的にもの影響を受け、甲州弁に類似性がみられる。 用例については前述のも参考にされたい。 いいどこじゃねえ:「非常によろしい」の意。 い ける:「埋める」の意。 い っこく:「頑固」の意。 い っとう:「最も」の意味。 用例:「いっとう良い」• い にむに:「なんとしてでも」の意。 うざうざする:(虫などの)群集がうごめき群がっている様子。 「うじゃうじゃ」の意。 「うざったい」のような不快感は無い。 お つかみ:「概算」「どんぶり勘定」の意。 おえ:呼びかけの「おい」の意。 き さんじい:「すばらしい」の意。 用例:「宿題やったけ(宿題やっただけ)?」(宿題やったんですか?)• し もげる:「(植物が)降霜によって傷む」の意。 …じゃあ:同意・感動の終助詞「…だね」の意。 用例:「大きくなったじゃあ」(大きくなったね)• そらで:「暗誦で」の意。 …た:名詞に接続し、「…たち」の意。 用例:「俺た」(俺たち)• … だえ・… でえ・… どう:「だよ」の意の終助詞。 用例:「何やってるだえ(何やってるでえ)」(何やってんだよ)、「平気どう」(平気だよ)• て えくれえ:「誠意が無いこと」の意。 てっ てと:「さっさと」「とっとと」「早く」の意の副詞。 用例:「あれはてってと走ってったわ」(あの子はとっとと走っていったよ)• な んちょうも:「何卒」の意。 に いしい:「新しい」の意。 ね えつぶれる:「計画が頓挫する」の意。 は そんする:「修繕する」の意。 「破損」ではなく「把針(はしん)」の転訛という説がある。 は ずむ:「(便意が)急迫する」の意。 ほう:「そう」の転訛。 用例:「ほうずら?」(そうでしょう?)「ほうするじゃあ」(そうしようね)• はんで:「早急に」の意。 ぶすをかく:「ふくれる」の意。 ぶっさろう:「叩きつける」の意。 ふ るしい:「古い」の意。 み がいる:「(植物が)実る」の意。 む かあさり:「婚礼」「嫁入り」の意。 … もしっかす:「…もしないくせに」の意。 動詞の連用形に接続する。 やいやい:感動詞。 「あらあら」「おいおい」の意。 …わ え:「ですよ」の意の終助詞。。 用例:「今、来たとこだわえ」(今、来たところなんですよ) 上伊那北部地域 [ ] 否定の助動詞は「ない」と「ん」を併用する。 あ わたく:「慌てる」の意。 い かつい:「立派な」の意。 い きなりな:「いい加減な」「粗雑な」の意。 い けいに:「どんなに」、「いかほどに」の意。 …い ちら:「…のままの状態で」の意。 い ぶる:「ゆさぶる」の意。 い ろむ:「色づく」の意。 かがかがする:「あくせくする」の意。 からっぴ:「(水が)干上がった様子」の意。 が りあう:「言い争う」の意。 ぎ すい:「(戸などの)すべりが悪く開け閉めしにくい」の意。 きっきと:「休みなく」の意。 ぎゅうす:「懲らしめる」の意。 ぐ しゃつく:「水気や湿気が多くなる」の意。 … くに:「…ように」の意。 用例:「いつものくに」• げ ほうもねえ:「沢山の」の意。 こ うぜい:「不平不満」の意。 ご まい:「狡賢い」の意。 こ ろましい:「見事な」の意。 さす:「密告する」の意。 さ っきゃく:「さしあたり」の意。 さ わす:「水に浸す」「灰汁を抜く」の意。 し もげる:「凍傷を起す」の意。 しょうがない:「腐食して脆い」の意。 しょ ぼろったい:「腹立たしい」の意。 す ねくる:「ただをこねる」の意。 す れる:「仲違いする」の意。 せ いどない:「騒々しい」の意。 ぞろっぺえ:「だらしない」の意。 たっ こねえ:「不器用」の意。 た っぽれる:「あてなく彷徨する」の意。 ちょ ろっこい:「要領が悪い」の意。 …でも:「…しなくても」の意。 動詞の未然形語幹につく。 用例:「そんな所には行かでもいい」• でんぷに:「多量に」の意。 て っぺんずけ:「最初に」の意。 と りあべる:「組み合わせる」の意。 に くたらかす:「繰り返し長時間煮る」の意。 ば っちらがる:「先を争う」の意。 は っちる:「跳ね上がる」の意。 み じく:「意気地がない」の意。 むく:否定形を伴って「まるで…ない」の意。 や える:「重なる」の意。 よ うせい:「脆い」の意。 よ じめる:「(間隔を)縮める」の意。 わ ぐむ:「歪む」の意。 南信方言 [ ] やとの間に類似性がみられる(西日本方言に含める学者もいる)。 否定の助動詞は「ん」、居るは「おる」を用いる。 共通の語彙 [ ]• い きれる:「調子づく」「図に乗る」の意。 い ぼる:「化膿する」の意。 う ます:「(米などを)蒸らす」の意。 自動詞形では「うみる」。 お いでる:「いらっしゃる」の意。 お くせる:「しり込みする」の意。 お ひなる:「起床する」の意。 か しき:「炊事」の意。 か んこう:「工夫」の意。 く すがる:「突き刺さる」の意。 く すげる:「突き刺す」の意。 く つばっこい:「くすぐったい」の意。 く るう:「暴れ戯れる」の意。 「くるいっこ」は「じゃれあい」を言う。 す がく:「(蚕が)熟蚕になる」の意。 す びる:「萎む」「(腫れが)ひく」の意。 そ そくる:「(破れたい類を)縫う」の意。 …だら:推量の終助詞。 「…でしょう」「…だろう」• た るくさい:「とろい」「情けない」の意。 ちゃ りる:「ふざける」の意。 つ くねる:「(乱雑に)積み重ねる」の意。 べ んこう:「早熟」の意。 詠嘆を表す。 ね ぐさる:「(食べ物が)腐る」の意。 ひ となる:「成長する」の意。 他動詞形では「ひとねる」。 ほ かる:「捨てる」の意。 … まいか:動詞について勧誘を表す。 伊那谷では未然形(ア段)や連用形につき、木曽谷では未然形(ア段・オ段)や命令形につく。 やいやい:(感動詞)「あらあら」「おいおい」に該当。 わや:「無理なこと」「わがまま」の意。 南信州地域・上伊那南部地域 [ ] 隣接するやと類似する特徴を持つ。 あ いそしい:「かわいらしい」の意。 あ おたく:「仰ぎ見る」の意。 あ つけったい:「暑苦しい」の意。 あ らける:「(火や灰を)かき広げる」の意。 い ぐる:「寝返りを打つ」の意。 い けえ:「いかが」の転訛。 い せる:「わざとする」の意。 い ってきました:「ただいま」に相当する挨拶。 「行って来ます」と対応させている。 う まかりそうだ:「うまそうだ」• う める:「(水などを足して)薄める」の意。 う ら:「後ろ(の方)」の意。 え らいき:「生意気」の意。 お あがりて:「おあがりください」の意。 お うちゃくい:「図々しいの意。 お かしま:「正座」の意。 お かたじけ:「ありがとう」の意。 お ったくる:「追い払う」の意。 お ったて:「霜柱」の意。 かある:「倒れる」の意。 き いない:「黄色い」の意。 き ぶる:「不機嫌になる」の意。 きやきやする:「じれったい」の意。 き りばん:「まな板」の意。 ぎゃ らしい:「忌まわしい」の意。 こ んきい:「息苦しい」の意。 さ いぼうをふる:「指図する」の意。 しだらがない:「だらしない」の意。 じょ うぶい:「丈夫な」の意。 形容動詞が形容詞化したもの。 じれじれする:「じれったい」の意。 す うしい:「涼しい」の転訛。 す こやか:「立派なこと」の意。 ず つない:「苦しい」の意。 …たくる:動詞に接続して「…しまくる」の意。 用例:「悪口を言いたくる」• た くなる:「(衣類が)折り重なる」の意。 …だに:「…だよ」の意。 た わける:「愚かなことをする」の意。 ちゅうど:「当時」の意。 ちょ うらかす:「からかう」の意。 つ る:「手で持って運ぶ」の意。 ど ざえる:「ふざけて騒ぐ」の意。 どっすわる:「あぐらをかく」• 〈用例〉「食べないよ。 は ならかす:「引き離す」の意。 ほ がける:「(果実の)初穂を食べる」の意。 ほ んやり:「どんど焼き」• …ま:「…様」の意。 用例:「おじーま(おじいさま)、おばーま(おばあさま)」• … まるけ:「…だらけ」の意。 み しる:「むしる」• む きつけて:「面と向かって」の意。 も っくら:「雪袴」の意。 や やける:「慌てる」の意。 ゆ るさい:「余裕がある状態」の意。

次の

楊名時とは|楊名時太極拳事務所

えも いわれ ぬ 意味

巫女神楽() のなどで見受けられ、まれにでも行われる。 平安中期に様式が完成したとされ、約90首のが存在する。 神楽は、神社に「神楽殿」がある場合、そこで行われる事が多い。 一般に、「かぐら」の語源は「神座」(かむくら・かみくら)が転じたとされる。 神座は「神の宿るところ」「招魂・鎮魂を行う場所」を意味し、神座に神々を降ろし、・が人々の穢れを祓ったり、神懸かりして人々と交流するなど神人一体の宴の場であり、そこでの歌舞が神楽と呼ばれるようになったとされる。 ・のの段でが神懸りして舞った舞いが神楽の起源とされる。 アメノウズメの子孫とされるが宮中での儀に関わるため、本来神楽は招魂・鎮魂・に伴うだったとも考えられる。 神楽は、宮中の 御神楽(みかぐら)と、民間の 里神楽(さとかぐら)に分けられる。 また幾つかの神社では、も行われている。 神楽殿 [ ] 小規模の神楽殿 御神楽 [ ] 宮中ので行われる御神楽(賢所御神楽)を指し、古くは内侍所御神楽と言われた。 ()に含まれる。 の清暑堂での琴歌神宴(神楽)、臨時祭の還立の神楽、園并韓神祭の神楽、臨時祭の神楽がもとになったという。 4年()あるいは2年()から隔年で行われ、後に毎年の行事となった。 明治41年(1908年)ので「小祭」の一つと定められたが、1947年にその祭祀令は廃止となる。 現在も毎年12月中旬に、楽部によって、簡略化された御神楽が賢所で行われる。 また、大嘗祭でも同様に行われる。 里神楽 [ ] 一般的に「神楽」と言われるもの。 里神楽という語は御神楽と対比して用いられ、狭義ではの民間の神楽を指す。 芸能研究者の(1906-2001)がさらに下記4系統へ分類したが、各地の神楽にはこれらの要素が混合している場合があるなど、この分類では不都合もあるため近年里神楽の分類の見直しも考えられている。 (演目は『』) 巫女神楽(神懸かり系・早乙女系) が舞う神楽。 本来はのための舞であったが様式化して、祈祷や奉納の舞となった。 前者の特徴は順・逆に回って舞うことなどだが、現在では後者がほとんどである。 ・・・・などとなるを持って舞う。 採物神楽(出雲流神楽) ・の御座替神事を源流とする。 この神事( )は取り替えたを清めるための舞と、や神社縁起などを劇化した神能から成り、この出雲流神楽の流れを汲んで性・性を高め、独自の変化を遂げた神楽がを中心として全国へ広がっている。 湯立神楽(伊勢流神楽) と神楽が結びついたもの。 のの神楽役たちが行ったものが各地へ広まったとされる。 、とも言われる。 釜で湯を沸かし、巫女などが自身や周囲の人にその湯をかけて清める「湯立」に、採物または着面の神楽が加わる。 獅子神楽 の一種。 風流系とは異なり、獅子頭をとして各地を巡って祈祷やお払いを行う。 二系統あり、の山伏神楽と、などの太神楽がある。 太神楽 [ ] 詳細は「」を参照 脚注 [ ] []• 『』 [ ]• 、 、 、 、 、• 参考文献 [ ]• 日本史用語研究会『必携日本史用語』、2009年2月2日、四訂版。 関連書籍 [ ]• 『民俗の事典』 ほるぷ、1977年、pp. 327-331。。 『民俗の事典』(岩崎美術社、1972年)の再刊。 内容は同じ。 『日本民俗大辞典』上、福田アジオ他編、吉川弘文館、1999年10月、pp. 327-329。。 『精選 日本民俗辞典』 福田アジオ・新谷尚紀・湯川洋司・神田より子・中込睦子・渡辺欣雄編、吉川弘文館、2006年3月、pp. 118-121。。 『日本民俗事典』 大塚民俗学会編、弘文堂、1972~80年、pp. 131-132, 136-137。 縮刷版(1994年6月、、内容は同じ)も有り• 民俗学辞典 柳田國男、東京堂出版、1951~69年 P96~98• 『民俗芸能辞典』 三隅治雄・他編、、1981年9月、pp. 109-110。。 八幡和郎・西村正裕 『「日本の祭り」はここを見る』 〈祥伝社新書 053〉、2006年11月、pp. 90-120。。 『お神楽 - 日本列島の闇夜を揺るがす』 〈別冊太陽 日本のこころ 115〉、2001年10月。。 中村延寿 『神楽面の彫り方 - 入門から彩色まで』 日貿出版社、1984年5月。。 関連項目 [ ].

次の

「いわれ」の意味や使い方 Weblio辞書

えも いわれ ぬ 意味

中島みゆきさんの掲示板 みゆき姫掲示板過去ログ! このページは過去の掲示板の内容をコピーしたものです。 ちょっとの違いなのに。 ミルク32は…。 解釈は色々ありそうですね〜。 ミルクというお店は実際に存在したそうですよ。 管理人的なイメージとしては、こんな感じです。 主人公の女性は、店でよくデートをしていた。 二人が付き合っていた頃、相手の男はまだ見習で、 アルコールが飲めなかったからいつもミルクを飲んでいた。 しかし二人が些細なことで喧嘩をして別れた後、 彼には新しい女ができた。 その女と付き合うようになって、 それまで飲まなかったはずのアルコールを彼は飲むようになった。 主人公の女性は、もはや自分が彼の中では過去になってしまったこと、自分と付き合っていた頃と変わってしまったことを知る。 けれど主人公の女性は相変わらず、この店に来るとミルク(を飲んでいた彼)のことを思い出す。 つまり、彼女の中では、彼は別れる前とその存在の意味に何も変わっていない。。。 曲が3つに別れていますが、初めの2つはマスターに対して、最後の1つはミルクを飲んでいた元彼に対して言っているような気がします。。。 3649 そうなんですか!? なんか誰か(友達)が何でも話せるが恋愛までには至らない親しいバーテンダーの人に長々と失恋話をしてる歌。 ッて聞いたので・・・・・子供には早い歌なのかなぁ・・・ッと思っタンです。 十人十色ですよね、歌ってモンは・・・おか〜サンとかが言うには中島みゆきの歌は中学生にはまだちょっと早いそうです・・・・・歌詞の意味が把握できなかったりでそうなのかなぁ・・・っと。 3656 人生が短い=人生観は確定しない 私はまだ生きて10ちょイ・・・人生観なんてまだまだです。 3662 10年たったら25歳だ!!! 3663 十年たったらみゆきさん63歳!!!!! 何歳になってもがんばってほしいです!!何年経とうがあの美貌は衰えることを知りそうになさそう。。。 3664 みゆきさん、そのときは63歳かぁ〜ってことはうちの親とそんなに変わらないんだなぁ。 3666 「ミルク32」はどう聞いても、女性がミルクとあだ名をつけたマスター1人に 対して話しかけてるように思いますけど、私の解釈としては、 この女の人は、マスターが見習いでミルクを飲んでいた若い頃には常連でよく店に通っていて、 若い頃はよく二人で話して意見がぶつかりあって行き違いになったりした。 月日がたっても、ふられた時には酔って店に現れてマスターに愚痴をこぼしてる。 忙しそうなマスターが愛想が悪いのを気兼ねしながらも 少し嫌味を言ってみたりする。 最後の「あたしたちずっとこのままね」は、 マスターと友達以上の関係になりたいのに…と思ってるかも知れない切ない女心ですよね〜。 「愛していると云ってくれ」の「ミルク32」の歌い方はけだるそうで切ない。 それから約10年後の夜会「1990」で歌われた「ミルク32」は歌い方も仕草も もう大人で色っぽくてそれでいて可愛らしいですよね。 全く別人のよう! 「ミルクもう42…?あたしたちずう〜〜〜っとこのままね」のヤケクソな歌い方が 可笑しくて笑いました。 みゆきさんは詩人としても歌う表現力も凄い天才ですよね。 今から10年経ったら、みゆきさん本当にいい男つかまえて 絶対に幸せになってほしいです。 管理人さんもちあきさんも…。 何度か聞くうちに。。。 そんな人いるはずな〜い!! でも永遠の片想いも辛いのは確か。。。 (弱気発言) ミルク32はですね、初め聴いた頃はミチさんのおっしゃるような印象だったんですよ。 でも何度も何度も聞いていたら、主人公の女性がカウンターに一人座って、グラス相手にひとり言を言っているシーンが思い浮かんできて。。。 ねえミルク…って、本当にミルクさんがそこにいるんじゃなくて、 いない人に(自分から去っていった人に)話し掛けている光景です。 ちょっと寂しい。。。 なんか、相手の気配みたいなものを感じない、どこか一方的な話し掛けのように思えたからかもしれません。 3671 みゆきさんと私は母と娘の関係ではちょっと歳が離れすぎてる・・・・・家のお母さんとみゆきさん10以上の年の差があります。 3674 うちの母はみゆきさんより年上だから、管理人的にはOKです!!(爆) まあ、僕とみゆきさんの年の差よりも、母とみゆきさんの年の差のほうが近いけど。。。 3679 みゆきさん・・・・・とても50代には見えないよぅ!!! みゆきさんって童顔ですか??? それとも綺麗だからヵな。。 ? あの!!どうしてみゆきさんって40超えてから益々綺麗になったんですか?? 3684 なんせ、アメリカでは未成年と間違われたというから。。。 スーパー50代です、はい(^o^) そうなんですよ、40歳過ぎてから、どんどんみゆきさん、綺麗になっているんです!! ミルク もう? おお、そういう解釈もありましたか。 私には新鮮です。 やはり、いろいろな人の解釈をきいてみるのは興味深いですね。 「なんで あんなに あたしたち 二人とも 意地を 張りあったのかしらね」 ということで、当時友人以上恋人未満だった二人。 意地を張り合わなければ、恋人になり、結婚していたかもね、 というかんじ。 今も未練があるというより、昔のよしみで落ち込んでいる時くらい少しはやさしくしてくれても、という思いでしょうか。 3690 外国の人は日本人の目から見るとふけてますモンね・・・・・・だから日本人は海外から見ると若く見える。 管理人、そういう関係多いです(笑) いや、だってムリとは分かっていても、やっぱりみゆきさんのこと好きだから、なかなか他の女性に一歩踏み出すってのは。。。 (と急に真面目な話に。。。 晩婚化は進んでいるとはいえ、年の差からして、自分の両親や祖父母との年齢と比較してますから、無意識のうちに。 でも、、、みゆきさんは特別な管理人です(テヘ... 3699 みゆきさん綺麗ですがときたま()おばちゃんに見えてしまうときが・・・「みゆきさん、顔おばちゃんになってるよ。 」みたいな・・・失礼な餓鬼じゃァ〜〜〜でも・・・50代で全然おばちゃんじゃないじゃ苦労してないか魔女。。。。。。。 3700 ミルクというのは猫で、猫に向かって話しかけているのかも知れない と思ったら面白いなぁって考えてました。 「ミルク32」もだけど、みゆきさんの歌は、 歌詞や言葉の内に秘められた心の感情をどう読むか、で 意味が変わってくるから…すごいなぁって思います。 本当にみゆきさんのことを心から尊敬しています。 歳に関係なく、10代の頃のみゆきさん、20代の頃のみゆきさん、30代の頃のみゆきさん、今もこれからも ずっと尊敬しています。 みゆきさんが綺麗であってもなくても尊敬しています。 みゆきさんだけではなく、プロジェクトX見たら、 頑張ってこられた年上の方をすごく尊敬しますよね。 人の生き方とかを尊敬しないで、 女の値打ち、人の値打ちは、若さだけ、というのなら、 10代の若い頃はいいけど、 20才超えたら生きてる価値がなくなってしまいますもんね。 30代の管理人もたまにやばいことになっているので気をつけねば(汗汗... 流浪の詩みたいで。 パワフルなみゆきさんには頭が上がりません。 あれだけのダンス、歌をツアーでは連日行っているなんて。。。 管理人だったら間違いなく2日後筋肉痛の刑になってます。。。 3708 ダンスしながら歌うんですか?? 私だったら「もう無理ぃ〜〜〜!」ってぜぃぜぃはぁはぁです。。。 3712 ダンスしながら歌いますよ〜、みゆきさん。 コンサートでも夜会でも。 バクテンとかはしないけど。 3722 すごいっす!! 僕はその辺はまったく。。。 怖くないですか? みゆきさん、身軽かもしれないけれど。。。 運動神経はどうよって気もしますけどぉ〜。 リズム感はあるから、ダンスはともかくとして。 3724 >ちあきさん すごいですね!尊敬! >管理人さん みゆきさんのステージは超人的でパワフルだけど、 健全で健康的な体操やスポーツとは全く違うし、 運動神経や体力があっても、それだけではなく、 魅力が備わっていないと無理だと思います。 みゆきさんの動きは美しくて、情がこもっていて、 えも言われぬ色気があって、 これほどまでに見てる人を惹きつけて離さないでトリコにしてしまう 見惚れさせてしまう力に脱帽します。 みゆきさんを見てると、時間も何もかも忘れるくらい、 みゆきさんに惚れてしまいます。 たくさんのファンの人に愛されてほしいけど、 値打ちが分からない人に見せるのは もったいないって思ってしまうほどですよ。 これだけイイ女なのだから…。 これだけイイ女。。。 ダンスしているみゆきさん、夜会やコンサートではなかなか表情までは見えませんでしたが、DVDで見るとすっごく楽しそうで、見ているほうも元気がでます。 みゆきさんって運動神経ないってよくご自分で言われてますけれど、ダンスをしているところを見る限りではそうは見えないのが不思議です。 3729 まじでみゆきさんはいい女ですね!!同性の目から見てこんなに魅力を感じるんだから異性からだとモットよい指摘を受けるでしょうね。。。 何故かみゆきさんって色っぽい服とか着ていなくても上品な色気がありますよね! ってか、個人的に体のラインがすごく綺麗だと思います。 それと、完璧な美人ではないと思うんですが・・・美人オーラがすごいとも思います。 3736 やっぱりあの若さ、美しさは同性も釘付けにしてしまいますか!?(笑) 美人オーラ、出てますよね、確かに。 3758 みゆきさんの場合、結婚していないからこそいい女なんですよ!! 「結婚したら子供ができた!で体はぼろぼろになるは、家事に追われるはでしわが増える。 3759 みゆきさん、確かに結婚していたら、いろいろ制約もあったりして、今みたいな活躍はしていなかったかもしれないですね。 でも、子供を産みたいという気持ちもあったと思いますよ。 もし子供を産んでいたらいたで、また違って表現をできたと思うので。

次の