トラネキサム酸 副作用 白髪。 【医師監修】トラネキサム酸(トランサミン)の美白効果と副作用とは

美白の有効成分トラネキサム酸!効果と副作用(内服&化粧品)

トラネキサム酸 副作用 白髪

トラネキサム酸(商品名:トランサミン)の作用機序 異常な出血を起こすと、それだけ血液が流れ出ていくようになります。 これを出血傾向とよび、鼻血や血便などの症状が出やすくなります。 体のあらゆる部位から内出血を起こすことがあり、これが脳で起こると脳卒中を発症して危険な状態に陥ります。 そこで、出血を止めるように体のバランスを調節します。 そのために、薬を使用します。 血液が固まるとき、 フィブリンと呼ばれる物質が重要になります。 私たちがケガをして出血するとき、通常であればこのときの血はすぐに固まります。 このときの塊を血栓といいますが、血栓が作られるためにはフィブリンの働きが必要なのです。 血栓というのは、いいかえればフィブリンの塊であるともいえます。 フィブリンには、血液を凝固させる作用があります。 これにより、フィブリン血栓が作られます。 ただ、このとき作られるフィブリンは分解されることがあります。 これは、重大な病気を防ぐためです。 例えば、血管内に異常な血栓ができたとき、これが脳に飛ぶと脳梗塞を起こします。 血栓が心臓を詰まらせると、心筋梗塞を発症します。 異常な血栓は体にとって悪い影響を与えるため、血栓を溶かす働きが体内に備わっています。 フィブリンの分解に関わる物質として、 プラスミンが知られています。 プラスミンが働くと、血栓が溶けていくのです。 ただ、先に挙げた白血病患者などでは、「フィブリンが分解される過程」が異常に活発になっています。 つまり、血液を固めるために血栓を作ろうと思っても、血栓がすぐに分解されてしまいます。 そのため、なかなか出血を止めることができません。 そこで、プラスミンの働きを阻害します。 「フィブリンを溶かす働き」を有するプラスミンが作用できなくなれば、血栓が正常に作られるようになります。 こうして、止血作用を強めます。 このような考えにより、「血栓を溶かす物質」の働きを阻害することにより、血液を積極的に止めさせるように働きかける薬がトラネキサム酸(商品名:トランサミン)です。 トラネキサム酸(商品名:トランサミン)の特徴 プラスミンの作用を阻害するため、トラネキサム酸(商品名:トランサミン)は抗プラスミン薬と呼ばれています。 プラスミンによる血栓溶解は、専門用語で線溶系といわれています。 全身の線溶系が活発になる病気として、白血病や再生不良性貧血、紫斑病、全身手術などが知られています。 また、部分的に線溶系が活発になるのは、肺出血、鼻出血、性器出血、腎出血などです。 トラネキサム酸(商品名:トランサミン)はこれらの病気による出血傾向の治療に有効です。 なお、プラスミンはアレルギーを引き起こす物質としても知られています。 そのため、 プラスミンの働きを抑えるトラネキサム酸(商品名:トランサミン)は、湿疹や皮疹、そう痒(かゆみ)などを改善させる働きがあります。 保険の適応にはなりませんが、 皮膚科領域でシミ(肝斑)を改善させるためにトラネキサム酸(商品名:トランサミン)を使うこともあります。 このような特徴により、止血作用から抗アレルギー作用、さらには美容を期待して投与されることもある薬がトラネキサム酸(商品名:トランサミン)です。

次の

トラネキサム酸の効果と副作用

トラネキサム酸 副作用 白髪

Key:GYDJEQRTZSCIOI-LJGSYFOKSA-N トラネキサム酸(Tranexamic acid)は人工合成されたであり、・抗炎症剤として出血の予防・治療に用いられる。 重度外傷、分娩後出血、外科手術、抜歯、鼻出血、重度月経などに投与される。 遺伝性血管浮腫にも使用される。 1962年にとにより開発された。 現在に収録されている。 日本国内では止血剤として トランサミンなどの商品名でも販売され、またも存在する。 の適応では第一類医薬品の トランシーノ内服薬が販売されており、ほか有効成分として化粧品にも含有される。 副作用はまれ。 血栓症の危険因子がある場合には注意が必要となる。 投与経路は、経口、静注など。 水に易溶。 味は非常に苦いため、経口投与の際はに製剤化される。 作用 [ ] 血中のはに結合してプラスミノーゲン活性化因子(、)により活性化され、フィブリンを分解する。 トラネキサム酸はここでフィブリンに拮抗してプラスミノーゲンに結合することで活性化を阻害し、これによってフィブリンの分解による出血を抑制する。 抗剤()として、一次線溶亢進による異常出血には極めて有効とされる。 トラネキサム酸は、プロテアーゼのインヒビターとして認識されているが、プラスミン阻害作用、プラスミノーゲンのプラスミン変換の阻害以外に作用点はない。 プラスミンはセリンプロテアーゼに分類されるが、トラネキサム酸はプラスミン以外のセリンプロテアーゼ、例えばトリプシンを阻害しない。 薬物動態 [ ] 血中半減期は1-1. 5時間程度であり、3-4時間以内に腎臓から尿中に排出される。 腎機能障害のある人の場合は半減期が遅延する。 医療用途 [ ] 全身性線溶亢進が関与すると考えられる出血傾向(、、など)、局所線溶亢進が関与すると考えられる出血傾向(肺出血、腎出血、鼻出血など)、扁桃腺炎・喉頭炎による、口内炎による口内痛及び口内粘膜アフタなどに適応がある。 抗炎症作用として耳鼻科領域の喉の痛みを緩和することは出来るが、解熱作用はない。 外科手術等で身体にを加えた後の浮腫などの生体反応を抑えるために処方されることもある。 一般市販品 [ ] 市販のにも配合される商品がある。 従来からの止血剤としては、歯茎の出血・炎症を抑えるとして、などにも入れられている。 (シミ)の治療に内服薬の()が第一類医薬品として販売されている。 トラネキサム酸は日本国外で色素沈着の緩和に用いられたことはなかったが、日本では肝斑が薄くなったということから適用外処方されるようになり、『今日の治療指針2007年版』にも内服薬が処方例として掲載されるようになり、臨床試験が行われ、2007年に一般用医薬品として発売された。 トラネキサム酸は品にも配合される。 2002年にの申請で、医薬部外品の有効成分として承認を得た。 2017年の文献レビューでは、肝斑に対して経口、外用共にトラネキサム酸は他の標準的な治療と少なくとも同等に有効で、副作用が少ない可能性がある。 2018年のレビューでは、経口のトラネキサム酸は500mgの低用量でも、アジア人の肝斑に対して有効である。 2019年の分析では、内服のトラネキサム酸の1日500mg、750mg、1000mg、1500mgの間で服用では肝斑の重症度の指数に有意な差は見られなかった。 副作用 [ ] 内服薬には、軽い月経の減少や胃の不調がある。 併用禁忌薬や、患者の危険因子を慎重により分ければ、それ以外の人では血栓症のリスクは増加されていない。 生体内における線溶(体内で生じた血栓を溶解する生体反応)を抑制する作用があるため、や、などの疾患をもつ人に対しては慎重投与。 また、圧迫止血処置を受けている人や、術後臥床状態にある人は静脈血栓を生じやすいので注意が必要である。 安全性 [ ]• 534) 獣医学分野では、イヌやウシの手術時および出血を伴う疾患の出血防止、哺乳豚の下痢などに使用する。 出典 [ ]• British Medical Association. 2015. 170. Shakur, Haleema; Roberts, Ian; Fawole, Bukola April 2017. The Lancet. www. medicines. org. uk 2016年9月. 2016年12月14日閲覧。 Shosuke Okamoto and Utako Okamoto. Keio J Med. 11, 105-115• 平成19年3月22日. 薬事・食品衛生審議会一般用医薬品部会. 2007-3-22. Ando H, Matsui MS, Ichihashi M. 2010-6. International journal of molecular sciences 11 6 : 2566—2575. Pazyar, Nader; Yaghoobi, Reza; Zeynalie, Maryam; et al 2019. Clinical, Cosmetic and Investigational Dermatology Volume 12: 115—122. Marina Perper, Ariel Eva Eber, Rachel Fayne, Sebastian Hugo Verne, Robert James Magno, Jessica Cervantes, Mana ALharbi, Ibrahim ALOmair, Abdulkarem Alfuraih, Keyvan Nouri 2017-6. American journal of clinical dermatology 18 3 : 373—381. Dermatologic surgery 44 6 : 814—825. European journal of dermatology 29 1 : 55—58. Fahmida Malik, Malik Muhammad Hanif, Ghulam Mustafa 2019-6. Journal of the College of Physicians and Surgeons 29 6 : 502—504. Budamakuntla L, Loganathan E, Suresh DH 2013-7. Journal of cutaneous and aesthetic surgery 6 3 : 139—143. Janney MS1, Subramaniyan R2, Dabas R; et al 2019. Journal of cutaneous and aesthetic surgery 12 1 : 63—67. Atefi, Najmolsadat; Dalvand, Behzad; Ghassemi, Mahammadreza; et al 2017. Dermatology and Therapy 7 3 : 417—424.

次の

肌を白くする薬、シナールとトラネキサム酸の効果や副作用をわかりやすくまとめてみた

トラネキサム酸 副作用 白髪

トラネキサム酸化粧品とは? トラネキサム酸とは、もともとアミノ酸の一種で、止血剤や湿疹薬として医療用に使われていた成分です。 主にシミの肝斑治療に有効な効果が認められたことで、美白有効成分として化粧品にも用いられるようになりました。 トラネキサム酸が、どのようなメカニズムでシミを防ぎ、美白を目指す働きをするのか、他の美白成分とどう違うのかなど、もう少し詳しく見ていきましょう。 トラネキサム酸で美白を目指す まずは、なぜトラネキサム酸で美白を目指せるのか、そのメカニズムについて解説していきます。 トラネキサム酸は国が効果を認めた成分 トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の一種で、喉の炎症を抑えたり、止血剤として使用されてきました。 1979年に、その副次的な効果として、肝斑が薄くなりシミに効果があるという報告がなされ、肝斑の治療にも用いられるようになりました。 その後、日やけによるシミ、ソバカスに対して効果のある有効成分として厚生労働省から認可されています。 トラネキサム酸には、m-トラネキサム酸という名称もあります。 成分の違いがあるのか気になるところですが、m-トラネキサム酸は資生堂がマーケティングとして使用している名称で、mはメラニンへの働きかけを中心とする、という意味のようです。 そのため、成分自体はトラネキサム酸と違いはありません。 メラニンの生成を初期段階でブロック シミは、メラニン色素がたまって黒ずむことにより起こる肌の変化です。 シミがどのように作られるかというと、• 紫外線などの誘因物質が、ケラチノサイトを刺激• ケラチノサイトが、プラスミンやエンドセリンなどのメラノサイトを活性化させる物質を生む• メラノサイトが活性化されるとチロシナーゼ酵素が増え、メラニンを生成• 過剰にメラニンが作られた結果、シミが増える このようなメカニズムで出来ます。 トラネキサム酸は、このプラスミンという、メラノサイトを活性化させる物質を阻害する働きを持っています。 これは他の美白有効成分よりも初期の段階でメラニンの生成をブロックしていることになります。 トラネキサム酸と他美白成分との違い 日やけによるシミを防ぐとされる美白有効成分は、トラネキサム酸のほかに、• ビタミンC誘導体• アルブチン(コケモモに含まれる成分)• ルシノール(モミの木に含まれる成分)• カモミラET(西洋カミツレに含まれる成分) などがあります。 ビタミンC誘導体は、出来てしまったシミの色を薄くしたり、メラニンの生成を遅らせたりする働きを持っています。 アルブチンとルシノールは、いずれもチロシナーゼ酵素の働きを抑制・予防する効果があります。 プラスミンに働きかけ、阻害するトラネキサム酸とは異なりますが、いずれもメラニンが生まれる原因を阻害したり、予防したりするものです。 それぞれシミへの作用する段階が違うため、各メーカーは美白有効成分を1つに絞らず、複数の美白有効成分を配合した製品を出しています。 また上記の美白有効成分の中で、カモミラETはエンドセリンの抑制をする働きがあり、トラネキサム酸と同じような段階で働きます。 このように、トラネキサム酸と他美白有効成分とは、相乗関係にあったり、同じような働きをする仲間であったりします。 シミ(肝斑)に効くトラネキサム酸 トラネキサム酸は1979年ごろにシミの一種である肝斑の改善効果を確認されたことから、肝斑治療のための医薬品などに活用されるようになった成分。 トラネキサム酸がどのようなメカニズムでシミ・肝斑に効果を発揮するのか、詳しく解説していきます。 トラネキサム酸とは トラネキサム酸は、人工的に合成されたアミノ酸の一種。 抗炎症や抗アレルギー効果、止血作用があり、古くから湿疹や蕁麻疹の治療、のどの腫れや口内炎の治療、止血などのために医療現場で活用されてきました。 1979年に肝斑の治療に有効であることがわかってからは、肝斑の治療薬などに用いられるように。 日焼けによるシミ・そばかすに効果のある有効成分として厚生労働省の認可を受けてからは、美白有効成分としてさまざまな化粧品に配合されることが増えています。 トラネキサム酸は、m-トラネキサム酸と表示されることもありますが、これは資生堂独自の呼称で、どちらも成分としては同じものを指します。 トラネキサム酸がシミ(肝斑)に効く仕組み 紫外線を浴びると、肌を紫外線ダメージから守るためにメラニン生成を促す情報が出され、表皮の中にあるメラノサイトという細胞がメラニンを生み出しどんどん蓄積されていきます。 このようにメラニン色素が蓄積されていくことで、肌が黒ずみ、シミ・肝斑になっていきます。 トラネキサム酸は、メラニン生成を促す情報に含まれるプロスタグランジンという物質を食い止めたり、酵素チロシナーゼを分解したりする作用があり、メラニンの生成を阻害してシミやそばかすを防いでくれます。 またトラネキサム酸には、シミや肝班の発症原因のひとつといわれるプラスミンを抑える作用があり、シミや肝班を初期段階から予防する効果があると考えられています。 肝斑には女性ホルモンも影響しているといわれていますが、トラネキサム酸は女性ホルモンの乱れを整えることはできません。 他の美白成分とトラネキサム酸の違いは? トラネキサム酸は、数ある美白成分のなかでも厚労省にその美白効果を認められている美白有効成分です。 トラネキサム酸のほかにも美白有効成分はいくつかあります。 <主な美白有効成分> 、アルブチン、リノール酸、 コウジ酸、プラセンタエキス、エラグ酸、 カモミラET、ルシノール、マグノリグナン など。 こうした美白有効成分の働きは、「メラニンの生成過程に働きかけるもの」、「できてしまったシミを還元するもの」、「メラニンを含む古い角質を剥がすターンオーバーを促すもの」の3つに分類されます。 このように美白有効成分のシミへの働きにはいろいろなものがあるので、化粧品には美白有効成分を複数配合することが多いようです。 トラネキサム酸の副作用は? トラネキサム酸は、副作用が少ない美白有効成分です。 とくに化粧品で肌から吸収される量は副作用が出るほど多くはなく、またメーカーによる安全性テストも繰り返されているので、妊娠・授乳中の方でも使用できます。 皮膚科で処方されるトラネキサム酸配合の薬などは効果が高いため、ごくまれに胸やけや食欲不振、嘔吐、かゆみ、発疹などを発症することがあります。 その場合は医師や薬剤師に相談してください。 トラネキサム酸化粧品の選び方 ネットやドラッグストアなどの店舗を見ても、トラネキサム酸美白化粧品はたくさんあります。 成分表をみると、美白有効成分は記載があるものの、どのような効果なのかなかなか読み解くのが難しいですよね。 「どのように選んだらいいの?」という方のために、• 美白有効成分が複数配合されているか• クリーム状かどうか• 予算を決める このような簡単な3つの基準を掲げてみました。 それぞれの基準を具体的に見ていきましょう。 美白有効成分が複数配合されているか メラニン生成の最も初期段階で抑制するトラネキサム酸以外にも、ビタミンC誘導体や、アルブチン、ルシノールといった美白有効成分は、チロシナーゼ酵素の働きを阻害したり、メラニンの生成を遅らせたりと、それぞれ働きかける段階が異なります。 つまり、働きかける段階の違う美白有効成分を複数取り入れることで、メラニン生成を幾重にもブロックしますので、美白を目指す際には相乗効果があります。 この相乗効果を生かさないのはとてももったいないことですので、トラネキサム酸の美白有効成分を最大限に生かすためにも、他の美白有効成分が複数配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。 クリーム状かどうか トラネキサム酸は水溶性ですので、そのままだと肌なじみがあまり良くなく、油脂性基剤(ワセリンなど)に混ぜてあげる方が肌へのなじみはよくなります。 つまり、基剤が水などの美白化粧水()よりも、油性成分を主としている美白クリームや美白乳液の方がより肌への吸収率が高くなるので、トラネキサム酸美白化粧品は、出来るだけ美白クリームや美白乳液を選ぶのがポイントです。 予算やトラネキサム酸の配合量で決める トラネキサム酸のような美白有効成分は、化粧品にも入っている場合があります。 しかしそれらは安全性の保証がないため、通常、国から安全性が認められた医薬部外品か医薬品を手に取りますよね。 医薬部外品と記載されている美白化粧品には、安全性の理由から、 トラネキサム酸の配合割合が必ず決められています。 配合割合の上限は決められているものの、どの程度入れるか、ということは各メーカーで自由に決められますから、同じ医薬部外品でも若干異なってきます。 他の美白有効成分との兼ね合いなどにもよりますが、基本的には有効成分が多ければ多いほど、価格に反映されていきます。 まずはどの程度トラネキサム酸美白化粧品にお金をかけられるかを自分で設定して、予算を決めてから、候補に挙がった美白化粧品を選ぶといいでしょう。 また、製造上の機密事項に当たる等の理由で、トラネキサム酸の配合割合は公表されていないことがほとんどです。 万が一公表されているものがあれば、それを基準にし、価格が高ければトラネキサム酸の配合割合が高い可能性がある、と推測は出来るので、ひとつの参考にしてみてください。 トラネキサム酸化粧品おすすめランキング2019 ベスト3 では実際に、どのようなトラネキサム酸美白化粧品が人気なのか、詳しくご紹介します。 HAKU メラノフォーカスV 美白美容液 価格 10,000円 税抜 メーカー名 資生堂 内容量 45mL(約2. 5ヶ月分) 特長 医薬部外品、4MSK配合、m-トラネキサム酸配合、美白、保湿、シミ、くすみ、毛穴、エイジングケア 資生堂が誇る、シミ予防に特化したスペシャルブランド「HAKU」。 トラネキサム酸と、4MSK(メトキシサリチル酸カリウム塩)の美白有効成分のダブル使いで、メラニンの生成ルートを狙い撃ちでブロック。 3Dターゲティング処方で、明るく透明感あふれる、なめらかな肌に導きます。 パックのように密着するのにべた付きません。 しっとりとうるおいを与えつつ、トラネキサム酸などの有効成分をしっかり角質層の奥まで浸透させてくれる化粧品です。 実際に使った方の口コミ 年齢の割にひどいシミで、皮膚科に行ってレーザーの治療も考えていました。 そんな時にこの化粧品に出逢って使っていたら少しずつシミが薄くなっていってびっくりです。 美白のためにサプリメントと併用して様子をみてみます! WEB限定で最安値で試す方法 まずは少しだけ試してみたい!という方におすすめなのが、WEB限定のトライアルセットです。 美白美容液である、メラノフォーカスVをはじめとして、美白化粧水、美白乳液とライン使いが出来る3点セット。 7日間お試し、送料無料で1,080円(税込)はものすごくプチプラでお買い得ですよね。 持ち運びも出来るから、トラベル用としても使えるので、何かと便利です。 天然コットンや、次回のお買い物に使える500円のクーポンのオマケもついてくるのが嬉しいポイントですね。 メーカー名 持田ヘルスケア ブランド名 コラージュ セット内容 化粧水30ml、乳液20ml、クリーム8g(各7日分) 特長 薬用化粧品、5つの無添加(香料・色素・アルコール(エタノール)・パラベンなど防腐剤)、パッチテスト済み、ノンコメドジェニックテスト済み、スティンギングテスト(刺激感の有無を確認するテスト)済み 年齢を重ねて傾いた敏感肌に、しっかりうるおい対策をしてくれる「コラージュ ビーケーエイジ」。 トラネキサム酸に3種類のセラミド、ヒアルロン酸も配合し、年齢を重ねる毎に実感できるうるおい処方。 アルコールフリー、パッチテスト済みなど、デリケートな年齢肌に優しい処方。 トラベル用にも便利なサンプルパウチもついて、送料無料でこのお値段で試せるのは嬉しいですね。 通常価格 7,280円 (税別) メーカー名 株式会社あいび 内容量 30ml(約1ヶ月分) 有効成分 トラネキサム酸、ナノ化油溶性甘草エキス 特長 医薬部外品、8つの無添加(紫外線吸着剤・動物性原料・合成香料・タール系色素・パラベン・石油系界面活性剤・シリコン・鉱物油) 徹底的に「浸透」と「美白効果」にこだわって生まれた「ベルブラン」。 トラネキサム酸はもちろん、油溶性甘草エキスなどの保湿成分やカモミラエキス等、ニキビ染み最適成分が角層までじっくり浸透します。 動物系原料やタール色素など、不純物が入っていないので、イオン導入も可能! 角質層までしっかり浸透していくから、ニキビを繰り返した肌のキメを整え、健やかな肌へと導きます。 メーカー名 資生堂 ブランド名 エリクシール セット内容 化粧水30ml、乳液18ml、日中用乳液5ml(約7日分) 特長 コラーゲン配合、デイリー用UVケア乳液付き、トラネキサム酸 ハリと透明感を満たして、ツヤ玉が輝く肌になる「エリクシールホワイト」。 コラーゲン配合で、肌のキメを整え、健やかな肌に導きます。 ローズやジャスミン、ミュゲなどを配合し、アクアフローラルの香りでリラックスできて心地いいスキンケアタイムを生み出します。 日中用乳液にはトラネキサム酸が含まれています。 デイリー用乳液はUVケア&化粧下地として使用できる2WAYタイプで時短メイクも可能です。 化粧水はさっぱりタイプとしっとりタイプとが選択可能で、お好みに合わせて選べるのも嬉しいですね。 通常価格 3,980円 (税別) メーカー名 株式会社アンビシャス 内容量 40g(約30日分) 有効成分 トラネキサム酸、アルピニアカツマダイ種子エキス、党参抽出物加水分解液、油溶性甘草エキス 特長 医薬部外品、6つの無添加(パラベン・香料・着色料・エタノール・紫外線吸収剤・鉱物油)、無香料、GMP認定工場で製造 シミやくすみを狙い撃ちし、キメの整った肌に導く「プレミアムベルエタンセル」。 トラネキサム酸、アルピニアカツマダイ種子エキス、党参抽出物加水分解エキスの3種の有効成分で、シミへと働きかけ、元気で健やかな肌に導きます。 スクワランなどの保湿成分が入っているのに、エタノールや着色料がフリーで、乾燥肌や敏感肌の方にもお使いいただける優しい処方です。 とろけるような塗り心地で肌に密着し、うるおいを与えます。 無香料無着色で、化粧品特有の匂いがしないので、匂いに敏感な方にもおススメです。 <あたためて使う方法>• 手の甲、あるいは手のひらに美白化粧品を取る。 そのまま美白乳液や美白クリームなら指でくるくる回しながらあたためる。 美白化粧水ならそのまま数秒待つ。 顔やボディに塗っていく。 あたためると言っても、お湯などにつける必要はありません。 数秒手に取るだけで十分ですし、冷たい美白化粧品をそのまま乗せるより、肌への浸透率は上がります。 今すぐに出来る方法なので試してみてくださいね。 メーカーが示す用法用量を守って使う 化粧品には必ず使用するための説明書や説明書きがあり、どの程度の量をどのように使ったら一番いいかというのが示されています。 メーカーが行った様々な実験データに基づいて決定されているものですので、記載されている方法、量を優先するようにしてください。 化粧品をあたためる方法を紹介しましたが、メーカーによってはそのまま使う方が良い製品もあります。 そのような場合は、パッケージや製品に必ず記載がありますので、使用前にきちんと確認しましょう。 また、UVカット効果のある乳液の場合は、手に取る量が少ないと、UVカット効果も減少してしまいます。 UVカット効果というのは、1平方センチメートルあたりの皮膚に対して、2mgの日焼け止めを塗布した時と決まっています。 これを参考に、美白化粧品のUVカット効果も決められているのです。 つまり、これ以下の量ですとUVカット効果が十分に得られず、日焼け止めを塗っているのにその効果が十分に得られない状態になってしまいます。 量が多すぎると、美白どころか逆に肌の負担になることも考えられます。 美白化粧品の効果を最大限得るためにも、用法、用量を守るというのは思っている以上に大事なことなのです。 イオン導入美顔器と併用して使う イオン導入美顔器は、美白有効成分が肌へ浸透する浸透率を高めてくれる機械です。 最近は市販のものも多くなり、美容クリニックにわざわざ行かなくても気軽に自宅でケアできるようになりました。 トラネキサム酸もこのイオン導入美顔器を通せば、手やコットンでつける場合と比べ、数十倍の浸透率で肌に浸透してくれることもあります。 トラネキサム酸以外にも、プラセンタやグリシルグリシンなどをイオン導入することができ、同じく肌への浸透率が高くなり、美白を目指せる効果があります。 ただし、イオン導入を見越してトラネキサム酸配合の美白化粧品を作っていないために、効果があまりないことも多いため、事前にメーカー側にイオン導入した場合の効果について直接確認してみるといいですね。 イオン導入に対応したトラネキサム酸美白美容液ももちろん市販されていますので、興味がある場合はそちらを購入するのが手っ取り早いかもしれません。 抗酸化力の高い食材を摂る カラダの中からもメラニン生成をブロックしていけるよう、毎日の食生活に気をつけたいものです。 とくに積極的にとりたいのは、メラニンの生成を促す活性酸素を除去する抗酸化物質です。 抗酸化物質として有名なのはビタミンA・C・Eやポリフェノールを含む食材です。 <主な抗酸化物質>• ビタミンA:ブロッコリー、かぼちゃ、にんじん など。 ビタミンC:ピーマン、カリフラワー など。 ビタミンE:アボカド、アーモンド など。 ポリフェノール:ブルーベリー、いちご など。 こうした抗酸化物質を多く摂る食事を心がけることで、カラダの内側からもメラニンの生成を抑制でき、トラネキサム化粧品の効果を高めることにつながります。 サプリメントや内服薬を活用する トラネキサム酸を配合した化粧品の効果を高める方法のひとつに、トラネキサム酸配合のサプリメントや、トランシーノのようなトラネキサム酸配合の市販内服薬を併用するという方法があります。 カラダの内側からシミや肝斑の原因にアプローチするという発想です。 もっと早くシミや肝班を治療したいという場合は、皮膚科やクリニックで医師にトラネキサム酸配合の錠剤などを処方してもらうのがおすすめです。 ただし、医師に処方してもらうトラネキサム酸は効果が非常に強いので、ごくまれに食欲不振や嘔吐といった副作用が出ることがあるので気をつけましょう。 トラネキサム酸化粧品と併用する場合は、効果が穏やかなサプリなどがおすすめですよ。 トラネキサム酸化粧品の注意点 トラネキサム酸は美白有効成分です。 美白有効成分である以上、使い方には少なからず注意が必要です。 トラネキサム酸には副作用がある もともと医療用に使われていた成分であるトラネキサム酸には、副作用があるのか心配なところですね。 しかし、医薬部外品で使用できるトラネキサム酸の量は限られていますし、肌からの吸収率も限られています。 各メーカーもテストを繰り返して出している化粧品ですので、妊娠、授乳している方でもトラネキサム酸美白化粧品は使用できます。 副作用が出る可能性はほぼ心配しなくても大丈夫でしょう。 ただし、皮膚科など医療機関で処方されるトランサミンなど、トラネキサム酸の錠剤を服用する場合は別です。 医薬品になり効果が強いため、副作用が出る可能性はゼロというわけではありません。 食欲不振• 胸やけ• 痒みや発疹 などの副作用がごくまれに出ることがあります。 副作用が出た場合は、かかりつけの皮膚科や内科など、医療機関を受診して相談してみるといいですね。 効果を出すために内服薬を併用する シミ治療の美容クリニックなどに行くと、トラネキサム酸の内服薬であるトランサミンを、シナールのようなビタミンCの錠剤と一緒に処方される場合があります。 この場合は医薬品になりますので、経口摂取するとしみ・そばかすに効果があり、飲み続けることで薄くなったという方もいるようです。 広範囲にわたる肝斑には、実験結果もあるトラネキサム酸は効果的です。 市販でもトランシーノのようなものがあるので受診をしなくても購入が可能です。 しかし、自己判断をして用いるよりも、クリニック等に通い、医師や薬剤師の処方で対策をすることによって、安全で効果的にトラネキサム酸を用いることが出来るのでおすすめです。 トラネキサム酸と同じく美白も市販や通販で買えるのでおすすめです。 抗酸化物質を意識的に摂る トラネキサム酸配合の美白化粧品は、外側から働きかけてメラニンの生成を阻害しますが、同時に内側からも、メラニンが出来にくくするようなものを取り入れることが大事です。 よく知られているように、活性酸素はメラニンの生成を促進しますので、活性酸素を除去できる抗酸化物質を、食事からも摂るようにしましょう。 抗酸化物質は、 ビタミンA、C、E、ポリフェノールを含む食品です。 ビタミンA:かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん等• ビタミンC:ピーマン、カリフラワー等• ビタミンE:アボカド、アーモンド等• ポリフェノール:プルーベリー、いちご等 これらの栄養素を、毎日バランスよく摂ることも大事です。 外からと併せて、内側からもキレイになることで、トラネキサム酸がメラニンの生成を阻害することをより効果的にし、美白に近づくことができるのです。 毎日きちんと使い続ける 錠剤のトランサミンに比べ、医薬部外品で使用できるトラネキサム酸の上限は安全のために決まっているので、最大限配合されたものを使用してもその効果は爆発的なものではありません。 緩やかに、穏やかに働いていくので、じっくりと使い続ける必要があります。 各メーカーが定期コースで美白ラインの化粧品を出しているのも、「美白を目指すには、使い続けて初めて実感できる」と分かっているからなのでしょう。 具体的な期間は化粧品毎の成分の違いや、個人差があるので一概には言えません。 しかし、60日~120日程度の返金保証がある期間を考えると、2~3か月程度、出来れば半年ほど使い続けて様子を見るのがいいようです。 美白化粧品は、予防的に使う化粧品です。 UVカット製品ではありませんから、夏の間だけ、紫外線が強いときだけ、という使い方はせず、毎日使うようにしましょう。 美白を目指すには、そのようにきちんと使い続けることは大切ですが、万が一痒みなどの症状が現れた場合は、使用を中止し、医療機関を受診するようにしてくださいね。 まとめ トラネキサム酸と美白の関係、トラネキサム酸美白化粧品などを見ていきましたが、いかがでしたか? 老けてみられるシミは、早めに対策するのがコツです。 今からでも遅くはありません。 トラネキサム酸美白化粧品を取り入れて、美肌を目指し、健やかで元気な自分を取り戻しましょう。

次の