妊娠 気づかなかったタバコ。 妊娠に気づかずタバコを吸った!喫煙が赤ちゃんに及ぼす影響とは?

妊娠超初期にお酒を飲んじゃった!赤ちゃんへの影響や飲酒量の上限は?

妊娠 気づかなかったタバコ

もともと生理不順だったこともあり、しばらく妊娠に気づかなかった私。 微熱に貧血、得体の知れない気持ちの悪さと、初期症状は山ほどあったのにも関わらず、妊娠を疑うことはありませんでした。 一番印象的だったのは、取材先でしばらく立っていなければならない…という状況の中、突然耳元でザァーーと砂嵐のような音が鳴り響き、目の前が明るく白くなった時のこと。 「貧血だ!」「しかし今、倒れる訳にはいかない!! 」 冷や汗をかきつつ堪えようとしましたが、結局取材先の控え室で寝かせてもらい、水まで買ってきてもらうはめに(申し訳ない!)。 それでも当時は仕事が多忙だったので、疲労とストレスだろうと思っていました。 そんな私の妊娠に気づいたのは、なんと夫。 とある週末、昼を過ぎても起きてこない私を見てさすがにおかしいと思ったようで、妊娠検査薬を買ってきたのです。 これが見事に陽性で、慌てて休日に開いているレディースクリニックに行きました。 お腹の赤ちゃんはすでに心拍が確認でき、通常より若干遅い妊娠判明だったようです。 妊娠判明時の私の心境はというと…嬉しさより不安の方が勝っていたように思います。 何しろそれまで妊娠を疑うこともなかったので、毎晩のようにお酒を飲んでいたし(体調不良が続いていたのに!)、1日1箱ペースでタバコを吸うヘビースモーカーだったし、おまけに妊娠初期症状を風邪と勘違いして、何度が薬も飲んでいました。 これが赤ちゃんに良い訳がない! 赤ちゃんは無事に育つのか、障害が出ることはないのか…。 不安で不安で、当初はネットで調べてばかりいました。 しかしこれが非常に良くなくて、調べれば調べるほど不安は増すばかり。 そんな気持ちを吹き飛ばしてくれたのは、私の主治医だった女医さんの言葉でした。 「流産も障害も、可能性はあります。 でももしそうなったとしても、その原因がお酒やタバコや薬のせいとは特定できない。 分からないとしか言いようがないんですよ。 もうね、産むと決めたら腹をくくるしかないんです!」 そうは言っても、なかなか腹をくくれないから不安になるわけで…、それでもやっぱり、腹をくくるしかないんだよなぁ〜、と、妙に納得できる一言でした。 100%不安のない妊娠なんて、存在しないのでしょうね。 そういえばこの女医さん、なかなか手厳しい方で、こんなことも言っていました。 「結婚している女性なら、もう少し自分の体に敏感になって欲しかったな。 妊娠の可能性はいつだってあるんだから、薬を飲む前に検査薬するくらいの慎重さを持つべきです。 」 それを言われると非常に辛いのですが…。 妊娠判明後に騒いでも後悔先に立たず、というやつなんでしょうね。 私ももし次があるのなら気をつけようと思っています。

次の

妊娠に気づかず、お酒、タバコ、風邪薬を止めていなかった私に、医師が言った言葉

妊娠 気づかなかったタバコ

1.長引く微熱 もしかしたら妊娠したかもしれないと思ったエピソードとして多いのが、長引く微熱です。 風邪の症状はないのに、ずっと微熱が続いている状態になったとき、妊娠しているかもしれないと気づくケースがとても多いのです。 2.高温期の継続 妊娠しているかもしれないと気づくエピソードとして、次に多いのが高温期の継続です。 妊活している女性なら、基礎体温を測って記録していますから、すぐにピンとくると言います。 実際に妊娠検査薬を試してみると、陽性反応が出ることも多く真面目に記録と付けている女性ほど、早く気づく傾向にあります。 3.身体のだるさ 微熱に続いて、だるさも妊娠しているかもしれないと気づくポイントになります。 二日酔いのような気だるさがずっと続き、何をするにも身体が思いと感じてしまうようです。 意味もなくボーッとしてしまうことも多く、仕事中に何度も注意されることから、体調の変化に気づく方もいます。 4.珍しい頭痛 妊娠の兆候として、普段頭痛など出ない体質なのに、急に頭痛に見舞われる方もいらっしゃいます。 頭がズキズキといたんだり、重く感じたりすることが多く、中には静かに眠っていられないほどひどくなる人もいるようです。 血圧や自律神経の変化が影響していると考えられます。 5.めまいが起きる 受精卵が着床してからすぐに、お母さんの身体は血液を増やしてお腹の赤ちゃんへ酸素や栄養を送る用意を開始します。 血液量が増えるのですが、血液を増やすといっても赤血球はあまり増えずに、血液の循環を促すために水分が増えるので、結果として妊娠中は鉄欠乏性貧血になりやすくなるのです。 そのため妊娠前から貧血の方は、妊娠を自覚する前からめまいや立ちくらみが多くなり、いつもの貧血とは何か違うと思う方もいるかもしれません。 元々貧血とは縁が無いような方はこの時期はあまりめまいを感じる事は少ないのですが、食事内容によっては妊娠中期・後期になってから貧血を起こす可能性がありますので、注意しましょう。 6.お腹の重さ、痛み 痛みが出るのは頭だけではありません。 お腹にも症状が現れることがあります。 お腹全体が張っているように感じたり、重く感じたり、時折ズキっと痛むなど、人により症状の出方はさまざまです。 また、生理前のお腹の重さと似ていることから、そろそろ生理が来るのでは?と勘違いする人も多くいます。 7.胸の張り 生理前症状と勘違いしやすいものとして、胸の張りもあります。 胸が苦しくなったり、乳首が敏感になったりと僅かな変化が訪れるようです。 比較的、生理前にこのような症状が出る人ほど、妊娠した時に同じような症状が現れる傾向にあるようです。 もちろん、普段は全く胸の張りを感じないのに、突然感じる方もいらっしゃいます。 8.乳頭の色が濃くなる 生理前は胸が張る方も多いですが、その張り方がいつもとちょっと違う事から妊娠を思いつく事も珍しくありません。 また乳頭の色がなんだか濃くなったと感じる時も、妊娠の可能性を考えた方がよいでしょう。 受精後はプロゲステロンとエストロゲンが、通常の生理周期に分泌される量よりもはるかに多く分泌されるようになりますが、これらの女性ホルモンはメラニン色素を刺激する作用を持っている為、分泌量が増え始めたこの時期から少しずつ目立つようになります。 乳頭の他には、脇や外陰部など元々メラニン色素が多い部分がなりやすいのですが、色の白い方ならすぐに分かるかもしれませんね。 9.とにかく眠たくなる どんなに睡眠時間を長くとっても、全く眠気が取れないというのも、妊娠している女性に多く見られる症状です。 寝ても寝ても寝足りないという状態が続くことから、もしかしたら妊娠したかも?と気づくようです。 異常な眠気は、脳が身体を休めようとしているサインとも言われています。 大切な時期だからこそ、身体に無理をさせないよう、眠気でブレーキをかけているのです。 10.匂いに敏感になる 今までは何とも思っていなかった匂いが、急にキツく感じることがあります。 タクシーのタバコの臭い、雨の日の満員電車の湿気っぽい臭い、また、上司の加齢臭がきつくなったように感じるケースもあるようです。 匂いに敏感になるのは、防衛反応が強くなるからと言われています。 匂いを敏感に察知し、有害なものからできるだけ避けるようにするためです。 タバコやアルコールの匂いも気になりやすいものですが、男性の匂いが気になるのは、オスを遠ざけようとする潜在意識が働いているからとも言えます。 近頃匂いに敏感になってきたかな?と思ったら、妊娠したかも?と疑ってみましょう。 11.よだれが止まらない お腹が空いているわけでも、梅干を見たわけでもないのに、急に唾液が増えたように感じたら、それは妊娠しているサインかもしれません。 妊娠した女性の中には、よだれの量が増える人もいるのです。 よだれには殺菌作用があるため、食べたものの毒を消す作用があります。 よだれが増えたように感じるのは、ウィルスや雑菌から身体を守るためなのです。 また、よだれと同様に鼻水が増えるという場合もあります。 いずれにせよウィルスなどの身体に悪いものをブロックし、体外へと排出しようとする働きのひとつなのです。 12.胃もたれが続く 普段何を食べても平気なのに、ずっと胃がムカムカしていることも、妊娠したかも?と思うきっかけになるようです。 常に胃がムカムカしていることから、食事もあまり美味しく感じなくなり、お水ばかり飲もうとすることもあります。 人によっては吐き気を催す場合もあります。 胃のムカムカは、つわりの前兆とも言われており、妊娠のサインのひとつでもあるのです。 13.食欲の変化 いつもヘルシーな食事しかとっていなかったのに、急にラーメンやカレーが食べたくなった。 急に酸っぱいものが好きになった、ご飯を食べる量が急に増えてきた。 そんな症状も、妊娠したかも?と感じるきっかけになります。 実際に妊娠すると味覚や食欲に変化が生じる女性は多く、妊娠のサインとしても認識しやすいものです。 14.トイレの回数の増加 妊娠した女性の中には、最近、やたらトイレに行く回数が増えてきた、と思っていたら妊娠していたというケースもあります。 お腹の赤ちゃんが少しずつ成長していく過程で、膀胱を刺激するからです。 いつもなら朝まで寝ているのに、夜中に1回は必ずトイレに起きるようになったという場合も多く、日中も頻繁にトイレに向かうことが増えるようです。 15.便秘や下痢 妊娠が影響するのは、膀胱だけではありません。 近くの腸にも影響します。 特に便通に問題がなかったのに、便秘が続く、下痢が止まらないという方もいるようです。 比較的便秘になる妊婦さんの方が多く、慢性の便秘症かと疑い、病院で診てもらったところ、妊娠が発覚したというケースもあります。 16.おりものの量が増える 生理周期に合わせておりものの量も変化しますが、妊娠するとおりものの量が増えるようになります。 元々おりものは子宮分泌物や子宮頸管分泌物・古い細胞・皮脂などが混ざったものですが、妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増えるため、それに刺激されておりものも増えるのです。 特に子宮の入り口である子宮頸管からの分泌物が増えるのですが、これは細菌やウイルスが侵入してこないように膣内を常に酸性にしておく必要があるからなのです。 増えたおりものはこまめに下着を取り替えたりライナーを使用して、雑菌が繁殖しないよう清潔を保ちましょう。 17.体毛の変化 生理がなかなか来ないと思っていたら、お腹の産毛が濃くなっていて、妊娠したかも?と気づいたというケースもあります。 妊娠するとお腹を守ろうとする力が強まるため、お腹周りの毛がどんどん濃くなっていくのです。 普段あまり体毛が濃くないという女性ほど、気づきやすいといいます。 もし、最近生理が遅いなと感じて体毛の濃さに変化を感じたら、一度調べてみるとよいでしょう。 18.肌荒れ ホルモン分泌量が一番多いのは男女とも思春期なのですが、女性の場合は妊娠中も思春期同様に分泌量が増えます。 女性ホルモンが急激に増える事で、新陳代謝が活発になり柔らかい角質がどんどん皮膚の表面に押し出される為に水分蒸発が増えるのですが、肌の乾燥を押さえるために皮脂を過剰に分泌するようになり、それが肌荒れの原因となるのです。 排卵後はいつも肌の調子が悪いと言う方も多いですが、一定期間後には良くなるのに悪い状態が長く続く、これまでの肌荒れとはちょっと違う感じがすると思ったら、妊娠の可能性を考えましょう。 この時期は無影響期なので、肌荒れの薬を飲んだり塗ってもお腹の赤ちゃんへ悪影響を与える事はありませんが、万が一を考えて皮膚科には妊娠しているかもしれない、という事を伝えておきましょう。 19.生理前の少量出血(着床出血) 出血があったので生理が来たと思ったら量や色が全く違った、生理が来る時期では無いのに少量の出血があった、こんな方は病気ではなく妊娠した可能性が高いです。 生理予定日の10日~1週間前位の時期にある出血は着床出血といい、卵管で受精した受精卵が子宮まで移動して子宮内膜に着床した際に起こるものです。 受精卵が子宮内膜へ辿りついた後、内部へ向かうのですが、その際に内膜を溶かしながら侵入するので、その溶けた部分が体外へ排出され出血として認められるのです。 着床出血とともに感じる下腹部痛を着床痛と呼ぶ事もありますが、痛みの原因が判断できない為、医学的根拠は無いと考える専門家が多いです。 妊娠検査薬を使うタイミング 妊娠したかも?と思う症状は人それぞれですが、妊娠の有無を知るための妊娠検査薬はいつから有効的なのでしょうか。 平均すると、前回の生理から30日前後だと反応が出るようです。 個人差はあるものの妊娠検査薬に反応が出たら、産婦人科で詳しい検査を受けるようにしましょう。 検査薬の精度は高いものの、あくまで簡易的な検査なので、きちんと医師に診察してもらい、正式に妊娠していると確認してもらいましょう。 ここまでのまとめ 妊娠したかも?というきっかけには、さまざまな症状があります。 人それぞれ症状の現れ方は違いますし、前触れもなく急に妊娠したかも?と感じる方もいるようです。 いずれにせよ、生理がなかなか来ない状況で、ご紹介した症状があらわれた場合は、速やかに妊娠検査薬を試してみてください。 また、反応が出た場合は産婦人科で診てもらい、きちんとした診断をしてもらいましょう。 さまざまな症状で現れる、可愛い赤ちゃんのサインを見逃さないようにしてください。

次の

妊娠超初期の喫煙は大丈夫?タバコの影響とおすすめ禁煙方法は?

妊娠 気づかなかったタバコ

止められないという気持ち、よーーーーく分かります。 私も、しばらく喫煙していました。 結果から言うと、子供はとっても無事に生まれ、今もすくすく成長中です。 しかし、妊娠後期からよくお腹が張るようになり、 特に喫煙中と喫煙した後は激しい張りを感じました。 張りのせいで赤ちゃんもどんどん下がってきて、 結局は切迫早産で自宅安静になりました。 さらに、1度下がった赤ちゃんはあがることはまずなく、 ますます下がってきて入院で絶対安静、トイレと食事以外はベッドに横になっていなければなりませんでした。 無事に正期産となりましたが、入院は一ヶ月以上も続き、しかも点滴を24時間つけられて、かなりつらい毎日でした。 赤ちゃんが下がりやすい体質だったのかもしれませんが、喫煙による張りの影響もあったのだと思います。 あのつらい入院生活中、何度喫煙しなければ…と思ったことか。 次は絶対禁煙します!! 赤ちゃんが無事か、ということももちろん心配でしょうが、自分の身にも被害が及ぶこともあります。 頑張って禁煙して、健康な妊婦ライフ、健康な赤ちゃんを迎えてくださいね。 ユーザーID:• と思いながら、禁煙する事でストレスを溜めるよりは・・と自分に言い訳をして産まれるまでずっと吸い続けていた意志の弱〜い私です。 妊娠5ヶ月位まで妊娠している事に気付かず、1日2箱ぐらいはスパスパ吸ってました(汗) それからはさすがに1日5〜10本位に減りましたけどね。 やはり喫煙の影響は心配でしたが、3700gのいたって健康優良児が産まれました。 今3歳ですが、体格も大きめで病気になりやすい事も無く丈夫な子供です。 こんな私ですが、他の方には禁煙をお勧めしますね。 かりに喫煙が原因でなくても、産まれた子供に何らかの問題があれば自分を責めてしまうでしょうし。 こんなケースもあるよ・・位に読んで下されば幸いです。 ユーザーID:• やっぱり… すんまへん。。。 私、吸ってました。 とにかく、契約の仕事の関係で、ぎりぎりまで働いていたんですが、すごくストレスがあって。 なるべくふかすように気をつけたんですが。。。 ただ、胎児が動いているのがわかる時期になって、タバコをすうと、子供が動くんですね。。。 おそらく、苦しい、苦しい。。。 っていってんのかな、と。 こういう悪い親なんですが、子供はいたって健康に生まれてきました。 非常に頭のよい子ではないかと思います。 (保育園の先生も言います) ただし、喫煙すると、胎児に影響が出る確率が高くなる。 これは、事実です。 だから、やめたほうがいいに越したことはないけど、どうしてもやめられないのなら、本数を、なるべく減らす努力をする。 これしかないかな。 妊娠したときから、周囲は母親になる自覚をせよと、何かと周りがうるさくなる。 そうすべきなんだろうけど、ストレスが多いのも事実。 一方的に非難するのではなく、妊娠して大変な彼女の立場に立って、よりよい子供を産めるよう、精神的にサポートしてあげてくださいよ。 ユーザーID:• セブンスターはちょっと・・・ タバコを吸っていることによって、血液の循環が悪くなるようですから、それによる弊害ってかなり有るのではないでしょうか。 たとえば、妊娠中に体を冷やさないように気を使わなかった人にも言えると思いますが、血液の循環がわるくなることによる、発育不良。 それと、酸欠とビタミン不足。 タバコをすう人は、ビタミンが慢性的に壊されているというのは、一般的に言われていることですし、血液の循環が悪くなれば、もちろん酸素欠乏の状態になっていますよね。 血液循環が悪い上に、質の悪い血液のせいで、赤ちゃんの成長に必要な酸素と栄養がちゃんと供給されないということに。。。 ビタミンが少ないと赤ちゃんの皮膚が弱くなるとも聞いたことがあります。 医者でない私が思いつくだけでも、こんなことが想像できてしまうのに、それを「他の人が大丈夫だから自分も大丈夫」という自信の根拠はどこにあるのか? タバコの害ってニコチンだけではなくて、一酸化炭素中毒という危険もありますね。 タバコを吸う人の息には相当量の一酸化炭素が含まれているとか・・・ 赤ちゃんは、お腹の中で、苦しんでいないのでしょうか? ユーザーID:• 私ではありませんが トピ主さんは、何をお聞きになりたいのでしょうか? 「タバコを吸っても健康な子が産まれたよ」と言う人の意見を聞いて、「あーやっぱり大丈夫なんだ」と、妹さんの行為を受け入れたいのでしょうか? 女性が子供を身ごもって、始めて親として子供にしてあげられる事は、子供が健康に産まれて来れるように、最善の努力をする事(だからと言って健康な子供が絶対に産まれると言う確証はないけど、親になる責任を受け止めると言う意味でも) それも出来ず、最初から責任感もなく放棄している人に、果たして今後親として、子供を育て躾けて行く事が出来るのでしょうか? 厳しい言い方で申し訳ないのですが、こういう人達って、例え子供が健康に産まれたとしても、子供より自分優先になるのでは? 一例をあげれば「パチンコしたいが為に、暑い車内に子供を放置する親」となんら変わらない。 ユーザーID:• 続きです 私は、1日1箱半吸う喫煙者でしたが、妊娠が分った時点で、残っていたタバコをその場で捨て、キッパリ止めました。 タバコを止めるのに一番大きいキッカケになるのは、女性の場合、やはり妊娠でしょう。 それなのに、妊娠しても止められないとなると、もう何を言っても無駄ではないですか?(しかも、一度つわりで煙草を吸えなくなったと言う最大のチャンスがあったのに...) とは言え、産まれてくる子に罪はないし、子供に何かあったら子供自身が可哀想。 他人事ながら、無事健康に産まれて来て欲しいと言う思いも同じ位あります。 健康な子が産まれる事もあるかもしれませんが、だからと言ってそれを、自分の意志の弱さを正当化する言い訳にするのは、あまり親になる身として無責任だし、リスキーです。 ユーザーID:• たくさん見てきて 私も喫煙者。 一人目はつわりがひどくてその間は匂いも嫌だったんですけど結局やめられず、一日5本程度でした。 結果は一人目は予定日より2週間の早くで体重は2700g。 二人目は3週間早くて体重は2400g弱。 4歳、2歳の今は身体は小さいけど他の子に比べて元気すぎるほど。 体が小さいのはパパも子供の頃やせっぽちのチビだったそうです。 妊婦時代の私、貧血とは言われましたが体重も7キロ増に抑えその他のトラブルは全くなし。 いけないと思いますよ、喫煙。 でも、ストレスためるのも良くないと思います。 やめるにこしたことないですけどね。 お勧めはしませんけど、後悔もしてません。 ユーザーID:• 低身長・計算能力の低下がデータで明らかになったそうです 私自身は喫煙者ではありません。 医療関係者です。 子持ちです。 喫煙と低体重出生児は関係あります。 体重が少ないだけならいいじゃん、お産もラクで!なんて思わないでくださいね。 生まれたときには問題なくても、成長の過程で生じる様々な問題があるんです。 いわゆる2500g以下の未熟児ちゃんは、発達の遅れやその他知的な問題が出るリスクが高くなります。 自治体によるのかもしれませんが、よく母子手帳の後ろに「低出生体重児の届」がついていますよね。 あれは、届けをもとに保健師が訪問して、お子さんの発達などをフォローする必要があるからですよ。 無事生まれれば万歳、終わりではありません。 喫煙は怖いです。 ユーザーID:• 乳幼児突然死症候群の原因になるとも??? 妊娠前はヘビースモーカーだったんですが、妊娠してから自分でも驚いた位にあっさりと禁煙出来ました。 だけど、その後ちょっと家で色々ありまして、精神的にかなり不安定になってしまい煙草に手を出してしまいました。 そして産婦人科と精神科に通う事になったのですが、もちろん産婦人科には喫煙の事を相談しました。 先生は「なるべく我慢する。 どうしてもダメで感情が押さえられなくなって、最悪なことになってしまうといけないから何本かなら・・」(本気で自殺しようと思っていました。 場所とか方法とか時期とかを具体的に考えていた状態でした・・・・自殺の)と、言ってくれました。 生まれた子はちょっと小さめ。 ただ、たまたま運が良かったのか特にアレルギーなどの症状はありません。 だけどもっと我慢すべきでした。 喫煙する場合、そういう深刻な事情がある場合もあるかもしれません。 そんなでしたら精神科も勧めてあげて欲しいです。 ユーザーID:• 副流煙?.

次の