絶対 零度 こう さか。 『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』沢村一樹×横山裕×本田翼が語る、パワーアップした“ミハン”|Real Sound|リアルサウンド 映画部

絶対零度の逆、温度の上限とは?(動画)

絶対 零度 こう さか

絶対零度シーズン3のキャスト 2018年7月からフジテレビの月9ドラマとして全10回で放送された「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」(シーズン3)。 はじめに絶対零度シーズン3の主要キャストのご紹介です。 知識量が豊富で鋭い洞察力をもっている。 犯罪者に対して強い憎しみをもっている。 男性恐怖症で武闘派。 一刻も早くミハンシステムを法制化させることを目的としている。 情報収集能力が高い。 ただ、ピッキングや鑑識の技術をもっている頼れる刑事。 井沢の同期。 valuecommerce. valuecommerce. このミハンシステムが割り出した危険人物を操作するのが井沢ら未然犯罪捜査チーム=ミハン。 第一話では、桜木(上戸彩)が捜査中に命を落としたとされた。 しかし、桜木は生きていた。 そして桜木は誰かを憎んでいた… 真相はこうだった。 ミハンの発足当初のメンバーは東堂と桜木、赤川だった。 そしてミハンが出した犯罪をおこすと予想された人物は谷口という人物で、 その後赤川が追いかける中、谷口を射殺した。 その後赤川が謎の死を遂げ、桜木も失踪したのだった。 しかし、実際には谷口は冤罪で、ミハンシステムが誤って出した結果だった。 ただ、なんとしてもミハンシステムを法制化させたい東堂や、町田らはこの事実を隠ぺいした。 そのため、桜木はこの真実を明らかにするため偽装工作をし、一人で動いていた。 そして町田の隠ぺいなどの過程で井沢の妻と子供は亡くなったのだった。 物語ラスト、井沢は町田を追い詰め銃口を向けるが、なんとか踏みとどまった。 この出来事は世に知れ渡り、ミハンシステムの法制化も見送られた。

次の

絶対零度シーズン3のネタバレ最終回・キャスト!動画も無料で!

絶対 零度 こう さか

こんにちは。 HGSSで少し育成論をあげていたsurisuです。 さて、今回は自分も大好きな フリージオの紹介です。 努力値は、個体値がすべて31であることを前提に設定しています。 HABCDSといった略称を使うことをご理解ください。 他のポケモンとの差別化 コメントにも書きましたがこちらで明確に書いておきます。 特殊受けとしてだけで使うと単純にハピナスの劣化になってしまいます。 そこで フリージオらしさというのを出していかなければなりません。 ハピナスとの差別点は呼び込む相手が違うという点(竜を呼びにくい点)・一撃必殺の有無・速さなどがあります。 特にこの速さからの一撃必殺というのは他のポケモンには無い、最大の フリージオらしさです。 立ち回りについて 特殊耐久ポケや弱点つかれない特殊アタッカーに繰り出していきます。 (例えばハピナス・スイクン・ミロカロス・シャワーズ・ポリ2・サンダース・サンダー・ブルンゲル・水ロトム・ドレディア)火力がないので相手の弱点をつける以外はほぼ絶対零度のぶっぱになります。 先手で壁さえ貼ってしまえば受けきることがほぼ可能で、絶対零度を撃つ回数を確保できます。 フリージオを出すと相手は大体物理アタッカーに (例えばバンギラス・メタグロス・ヘラクロス・カビゴン・テラキオン・ウインディ・マリルリ・ゴウカザル)変えてくるので交代際に絶対零度ぶっぱしたりして運良ければ相手のサイクルをぶち壊すことができます。 運ですがフリージオで3たてとかも結構できますw フリージオを使う上で注意事は 控えにしっかりと物理を受けれるポケモンを用意することです。 努力値の説明に参ります。 このポケモンのSはだいたいの竜より早い 105と設定されているので、抜けるように調整しています。 Sに236振ることにより、実数値が170になり最速ガブリアスを 1だけ上回る数値になります。 そして、Hに全振り。 Hに振ることによって耐久が飛躍します。 最後に余りをDに振るといった感じです。 火力の低いフリージオですが、耐久に振られていない氷4倍竜はれいとうビームで 確定一発で倒すことができます。 フリージオの被ダメ計算 臆病C252眼鏡ラティオス流星群・・・76. プラス安定したダメージソース。 ダメージ計算・・・C無振りフリージオ 技 れいとうビーム 無振りラティオス・・・61. 特殊相手に出して打つ回数を稼ごう。 選択技(上の技ほど優先度が高い) じこさいせい・・・優秀な回復技。 素早さの高いフリージオなので先手で回復しやすいので使いやすい。 ひかりのかべ・・・さらに特殊に強くなれる。 じこさいせいと合わせると受けやすくなる。 リフレクター・・・呼びやすい物理相手への対策技。 後続の負担を軽減できる。 どくどく・・・安定したダメージソース。 めざめるパワー・・・狙い目は炎・地面・格闘。 しかし、火力不足でぜったいれいどを打ったほうがいい場面が多い。 あやしいひかり・・・運ゲー。 でもこれをするくらいならぜったいれ(ry 持ち物考察 オボンのみ・・・そこまで耐久のがあるわけではないので即効性のあるオボンがベスト ラムのみ・・・マヒしたらかなりきついので状態異常対策としてはあり。 たべのこし・・・タイプゆえに長持ちしづらいので、オボンのほうが優秀かと。 以上で考察を終わります。 追加してほしいダメージ計算とかありましたら、コメントお願いします。 至らない点が多いと思いますので、上級者様アドバイスのほうもよろしくお願いします。 それに絶対零度がある限り、このポケモンは受けポケモンに対してかなり有利に立ち回れます。 実際にこのフリージオを使ってみましたが、特殊相手には安定して繰り出せ、相手が物理アタッカーに交換するときに絶対零度を撃ってそのまま相手のサイクル崩壊で勝ち確定になったり、フリージオは早いので大半の物理アタッカーには交換から数えて2回絶対零度を撃てるのでその時点でこちらのほうが確率的にも有利です。 使ってみるとかなり優秀ですよこれ。 というわけで良い育成論だと私は思いました。 また、相手の決定力を呼び放題です。 結果的にこちらのパの負担が増し、相手の負担が減ってしまっています。 絶対零度も2発でやっと5割ですし、スカーフ持ち、襷持ちを考えると5割を切ってきます。 絶対零度で相手のサイクルを崩壊させるより、こちらのサイクルが崩壊する方が多くなりがちだと思われます。 そんなに決定力を呼ぶのが嫌ならフリージオを使わなきゃいい話です。 はっきり言って、あなたの言っていることはこの育成論と無関係です。 この型がフリージオのベストだと私は思うのですが。 本文にも太字で、フリージオを使う上での注意事項が書かれています。 受けに繰り出す受けはパにかかる負担が大きいですよ という指摘をしているんです。 まぁ、 具体的にこうすれば… とまでは言えない私の知識不足な点は申し訳ありませんが。 >あはんさん フリージオを使うと確かにパーティーに負担がかかりますが、周りでしっかりとサポートしてあげればちゃんと活躍しますよ>< 本文中に書いたポケモンは受け主体のポケモンが多いですが、フリージオは速いので先手で壁を貼れればかなりの範囲を受けることが可能になります。 (炎ロトムなんかも先手で壁さえ貼れれば、オーバーヒートを受けることも可能で、返り討ちにすることなんかもできました><) どのポケモンにも一長一短ありますので、それをパーティーで補っていくことでポケモンたちが輝けるのだと私は思っています。 育成論はすごくいいと おもいました。 リフ込み先手技は微妙 他に候補技としては凍える風や吹雪などの冷凍ビームとの使い分け あるいは凍える風は冷凍との二刀 、スイクン辺りで調整して身代わり、雨乞いや壁からの爆破無償等でしょうか。 上記の計算と合わせて溶けない氷や氷のジュエル 零度で消費しない 、光の粘土や対スカーフガブリ等に気合のタスキ、オッカの実辺りが有効利用できる持ち物候補かなと思います。 仰られているようにタイプ的に消耗するのは早いので、オボンや氷のジュエル等即効性のあるものが向いてると思います。 HP252振り というか現状の配分 って確定でしょうか? 63なら40%、60%ダメージでオボン込み3発・2発耐え調整にしたり、 溶けない氷+凍える風+冷凍ビームで対ドラゴン、後出しポケに対する特攻調整をしたりする余地は十分にあるので 特定の配分で1つの育成論ではなく育成論の中でさまざまな調整を挙げて、各々が想定する仮想敵に合わせて調整先を決められるようにするのが良いかなと。 例えばこれとは別に「タスキ型」フリージオ育成論があったらタスキ型以外でタスキを持たせてはいけない、みたいな。 特殊流しがこの素早さで一撃必殺持ちってだけで他との差別化については十分できてると思いますし、決定力を完全に呼ばせない耐久あるいは流しなんてないですからねえ。 呼んだ替え先に1発零度を撃てる、この1発の試行がフリージオの大きな利点ですよね、替え先がどんなポケモンであろうが絶対零度は頑丈以外で受けられないわけですし。 ジュエルによる竜狩り性能にはまだ多少考察の余地がありますが、オボンがないと本来の役割である特殊への受けが辛くなりますし、竜狩りはあくまでこの型ではおまけのようなものですしね。 せっかくの特防を活かしたいフリージオとしてはこの育成論がベストと思いましたね。 リフレクターのメリットとしましては、呼ぶ物理に対して後続の負担を減らすのが最大のメリットです。 ですので、使い所としましては相手の交換に合わせてリフレクターを貼るといった使い方になります。 交換読みで使うなら絶対零度でいいじゃないかと思う方もいると思いますが、当たれば確かに万々歳ですが裏を返せば70%で相手の無償降臨を許してしまいます。 こういった読みのリスクを減らすことが出来るのがリフレクターの良いところです。 まぁ、私は光の壁をお勧めしますが。 組み合わせる物理受けとしてはゴルーグとかよさそうですね。 フリージオの弱点の格闘、岩は楽に受けられますし炎、鋼に対しては地面技が有効になりますし、ゴルーグの弱点が特殊技がメジャーな悪、ゴースト、水、草、氷というのもなかなかいいです。 組み合わせて使ってみるとします。

次の

世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演 勅使川原三郎『ABSOLUTE ZERO 絶対零度 2017』

絶対 零度 こう さか

こんにちは。 HGSSで少し育成論をあげていたsurisuです。 さて、今回は自分も大好きな フリージオの紹介です。 努力値は、個体値がすべて31であることを前提に設定しています。 HABCDSといった略称を使うことをご理解ください。 他のポケモンとの差別化 コメントにも書きましたがこちらで明確に書いておきます。 特殊受けとしてだけで使うと単純にハピナスの劣化になってしまいます。 そこで フリージオらしさというのを出していかなければなりません。 ハピナスとの差別点は呼び込む相手が違うという点(竜を呼びにくい点)・一撃必殺の有無・速さなどがあります。 特にこの速さからの一撃必殺というのは他のポケモンには無い、最大の フリージオらしさです。 立ち回りについて 特殊耐久ポケや弱点つかれない特殊アタッカーに繰り出していきます。 (例えばハピナス・スイクン・ミロカロス・シャワーズ・ポリ2・サンダース・サンダー・ブルンゲル・水ロトム・ドレディア)火力がないので相手の弱点をつける以外はほぼ絶対零度のぶっぱになります。 先手で壁さえ貼ってしまえば受けきることがほぼ可能で、絶対零度を撃つ回数を確保できます。 フリージオを出すと相手は大体物理アタッカーに (例えばバンギラス・メタグロス・ヘラクロス・カビゴン・テラキオン・ウインディ・マリルリ・ゴウカザル)変えてくるので交代際に絶対零度ぶっぱしたりして運良ければ相手のサイクルをぶち壊すことができます。 運ですがフリージオで3たてとかも結構できますw フリージオを使う上で注意事は 控えにしっかりと物理を受けれるポケモンを用意することです。 努力値の説明に参ります。 このポケモンのSはだいたいの竜より早い 105と設定されているので、抜けるように調整しています。 Sに236振ることにより、実数値が170になり最速ガブリアスを 1だけ上回る数値になります。 そして、Hに全振り。 Hに振ることによって耐久が飛躍します。 最後に余りをDに振るといった感じです。 火力の低いフリージオですが、耐久に振られていない氷4倍竜はれいとうビームで 確定一発で倒すことができます。 フリージオの被ダメ計算 臆病C252眼鏡ラティオス流星群・・・76. プラス安定したダメージソース。 ダメージ計算・・・C無振りフリージオ 技 れいとうビーム 無振りラティオス・・・61. 特殊相手に出して打つ回数を稼ごう。 選択技(上の技ほど優先度が高い) じこさいせい・・・優秀な回復技。 素早さの高いフリージオなので先手で回復しやすいので使いやすい。 ひかりのかべ・・・さらに特殊に強くなれる。 じこさいせいと合わせると受けやすくなる。 リフレクター・・・呼びやすい物理相手への対策技。 後続の負担を軽減できる。 どくどく・・・安定したダメージソース。 めざめるパワー・・・狙い目は炎・地面・格闘。 しかし、火力不足でぜったいれいどを打ったほうがいい場面が多い。 あやしいひかり・・・運ゲー。 でもこれをするくらいならぜったいれ(ry 持ち物考察 オボンのみ・・・そこまで耐久のがあるわけではないので即効性のあるオボンがベスト ラムのみ・・・マヒしたらかなりきついので状態異常対策としてはあり。 たべのこし・・・タイプゆえに長持ちしづらいので、オボンのほうが優秀かと。 以上で考察を終わります。 追加してほしいダメージ計算とかありましたら、コメントお願いします。 至らない点が多いと思いますので、上級者様アドバイスのほうもよろしくお願いします。 それに絶対零度がある限り、このポケモンは受けポケモンに対してかなり有利に立ち回れます。 実際にこのフリージオを使ってみましたが、特殊相手には安定して繰り出せ、相手が物理アタッカーに交換するときに絶対零度を撃ってそのまま相手のサイクル崩壊で勝ち確定になったり、フリージオは早いので大半の物理アタッカーには交換から数えて2回絶対零度を撃てるのでその時点でこちらのほうが確率的にも有利です。 使ってみるとかなり優秀ですよこれ。 というわけで良い育成論だと私は思いました。 また、相手の決定力を呼び放題です。 結果的にこちらのパの負担が増し、相手の負担が減ってしまっています。 絶対零度も2発でやっと5割ですし、スカーフ持ち、襷持ちを考えると5割を切ってきます。 絶対零度で相手のサイクルを崩壊させるより、こちらのサイクルが崩壊する方が多くなりがちだと思われます。 そんなに決定力を呼ぶのが嫌ならフリージオを使わなきゃいい話です。 はっきり言って、あなたの言っていることはこの育成論と無関係です。 この型がフリージオのベストだと私は思うのですが。 本文にも太字で、フリージオを使う上での注意事項が書かれています。 受けに繰り出す受けはパにかかる負担が大きいですよ という指摘をしているんです。 まぁ、 具体的にこうすれば… とまでは言えない私の知識不足な点は申し訳ありませんが。 >あはんさん フリージオを使うと確かにパーティーに負担がかかりますが、周りでしっかりとサポートしてあげればちゃんと活躍しますよ>< 本文中に書いたポケモンは受け主体のポケモンが多いですが、フリージオは速いので先手で壁を貼れればかなりの範囲を受けることが可能になります。 (炎ロトムなんかも先手で壁さえ貼れれば、オーバーヒートを受けることも可能で、返り討ちにすることなんかもできました><) どのポケモンにも一長一短ありますので、それをパーティーで補っていくことでポケモンたちが輝けるのだと私は思っています。 育成論はすごくいいと おもいました。 リフ込み先手技は微妙 他に候補技としては凍える風や吹雪などの冷凍ビームとの使い分け あるいは凍える風は冷凍との二刀 、スイクン辺りで調整して身代わり、雨乞いや壁からの爆破無償等でしょうか。 上記の計算と合わせて溶けない氷や氷のジュエル 零度で消費しない 、光の粘土や対スカーフガブリ等に気合のタスキ、オッカの実辺りが有効利用できる持ち物候補かなと思います。 仰られているようにタイプ的に消耗するのは早いので、オボンや氷のジュエル等即効性のあるものが向いてると思います。 HP252振り というか現状の配分 って確定でしょうか? 63なら40%、60%ダメージでオボン込み3発・2発耐え調整にしたり、 溶けない氷+凍える風+冷凍ビームで対ドラゴン、後出しポケに対する特攻調整をしたりする余地は十分にあるので 特定の配分で1つの育成論ではなく育成論の中でさまざまな調整を挙げて、各々が想定する仮想敵に合わせて調整先を決められるようにするのが良いかなと。 例えばこれとは別に「タスキ型」フリージオ育成論があったらタスキ型以外でタスキを持たせてはいけない、みたいな。 特殊流しがこの素早さで一撃必殺持ちってだけで他との差別化については十分できてると思いますし、決定力を完全に呼ばせない耐久あるいは流しなんてないですからねえ。 呼んだ替え先に1発零度を撃てる、この1発の試行がフリージオの大きな利点ですよね、替え先がどんなポケモンであろうが絶対零度は頑丈以外で受けられないわけですし。 ジュエルによる竜狩り性能にはまだ多少考察の余地がありますが、オボンがないと本来の役割である特殊への受けが辛くなりますし、竜狩りはあくまでこの型ではおまけのようなものですしね。 せっかくの特防を活かしたいフリージオとしてはこの育成論がベストと思いましたね。 リフレクターのメリットとしましては、呼ぶ物理に対して後続の負担を減らすのが最大のメリットです。 ですので、使い所としましては相手の交換に合わせてリフレクターを貼るといった使い方になります。 交換読みで使うなら絶対零度でいいじゃないかと思う方もいると思いますが、当たれば確かに万々歳ですが裏を返せば70%で相手の無償降臨を許してしまいます。 こういった読みのリスクを減らすことが出来るのがリフレクターの良いところです。 まぁ、私は光の壁をお勧めしますが。 組み合わせる物理受けとしてはゴルーグとかよさそうですね。 フリージオの弱点の格闘、岩は楽に受けられますし炎、鋼に対しては地面技が有効になりますし、ゴルーグの弱点が特殊技がメジャーな悪、ゴースト、水、草、氷というのもなかなかいいです。 組み合わせて使ってみるとします。

次の