鬱病 と は。 うつ病と睡眠障害(不眠)|うつ病、うつ状態|MSD

うつ状態とは?うつ病とはどう違うのか

鬱病 と は

気持ちが落ち込んでいたり、イライラしていると、何気ない言葉で傷つくこともあります。 うつ病でタブーとなる言葉とは、具体的にどんな言葉だと思いますか? 気持ちが落ち込んでいたり、イライラしている時は相手のちょっとした言葉にカチンとくることもあるかと思います。 例えば「あなた何してるの?」「まだなの?」といった言葉に思わずムッとする事もあるかもしれませんが、多くの場合、その気持ちは引きずらないでしょう。 しかし、うつ病で気持ちが落ち込んでいる人は相手の言葉に過敏になっている事が少なくありません。 場合によっては、相手を思いやって言った言葉が逆に相手を追い込んでしまう事もあります。 ではいったい、どんな言葉が相手を傷つけてしまうのでしょうか? うつの人に言ってはいけないタブーの言葉と、その理由について解説します。 <目次>• うつ病の人に言ってはいけない言葉1:うつを軽視する言葉 うつになると、自分の大切な人に愛情を求める一方、相手から拒絶されないか不安な気持ちもあります。 相手の言葉をネガティブに受け止めやすいのも、うつ病的な思考パターンです。 うつを軽く見るような発言は相手の病状に無頓着あるいは無責任な発言になり、「自分の事を全然分かっていない!」といった気持ちに相手をさせやすいものです。 以下のような言葉は軽い気持ちで言わないようにしましょう。 誰でも時には気分が落ち込むもの• たいした問題ではない• 世の中にはあなたよりもっと困っている人がいるのよ• いったいどうしちゃったの?• カラオケにでも行かない? 落ち込んだ時はそれが一番! うつ病の人にかけてはいけない言葉2:感情的な言葉 うつ病になると欲求のレベルが低下しがちです。 せっかく美味しい物を作ってあげても食べてくれない、あるいは夜、誘ってみてもあっさり拒絶されてしまう。 また、何をするにも億劫になり、場合によっては怠けているだけのように見えてしまうかもしれません。 さらに、うつの人は自責の念が強く、自信を失っていることが多いので、以下のような感情的な言葉は抑えましょう。 せっかくあなたの為に作ってあげたのに……• いい加減にして!• 私を困らせたいだけなの?• 役立たず• あっちへ行って• だらだらしていないで、何かしたら? また、うつになると、不安やイライラが強くなりがちです。 場合によっては壁に物を投げつけてしまう、あるいは、ふとしたことから感情を爆発させてしまうかもしれません。 その時は共に冷静さを失わないよう、相手と直に向き合うのは避け、相手の感情が落ち着くまで、そっとしておきたいものです。 うつ病の人にかけてはいけない言葉3:励ましの言葉 うつになると、頑張りたくても頑張れなくなることも、うつ病の辛さの一つです。 意外な事に、うつ病では励ましの言葉もよくありません。 脳内が病的になった結果、頑張りたくても頑張れなくなってしまうのが、うつ病なのです。 頑張れないことに悩んでいる相手に励ましの言葉をかければ、かえって相手を追い詰めてしまう可能性があります。 以下のような言葉には十分ご注意ください。 頑張って!• たまには笑顔を見せて• 元気を出して うつ病の相手への接し方・かけるべき言葉・傷つけない付き合い方 まず、相手の話を十分に聞くということをしっかり考えて頂きたいです。 うつになると気持ちが不安定になり、自分の周りのいろいろなことをネガティブに感じやすくなります。 相手がたとえグチをこぼすだけであっても、話すことによって相手の心の緊張が軽減する事は、聞く側はしっかり認識しておきたいです。 そして、相手が話している間は、なるべく口を挟まないなど、相手が話しやすいように持っていきましょう。 かけるべき言葉を知りたい方が多いと思いますが、相手を励ましたいときは、言葉よりむしろ、相手の背中をさするなどスキンシップが良いと思います。 以上のような事を家族やパートナーの方が注意していても、時には何気ない言葉で相手が傷ついてしまうかもしれません。 また、病気の経過にも個人差があり、場合によっては2歩前進して1歩後退的な時期もあるかもしれません。 でも治療を続けていくうちに多くの場合、症状は改善していきます。 あせりは禁物です。 気長に相手を見守っていける態勢を家族やパートナーの方はご考慮ください。 なお、うつ病になってしまった時は、自殺のリスクがあることは決して忘れないでください。 もし自殺をほのめかすようなことがあれば、それは緊急事態とご留意ください。 決して軽く考えず、相手の様子に十分注意を払い、すぐに主治医に報告するか、精神科(神経科)を受診するなど、迅速なる対処をお願いします。 【関連記事】•

次の

うつ病

鬱病 と は

うつ病がどうして起こるのか、まだ十分に解明されていませんが、現在わかっている原因として、 「心理的なストレス」、「脳内の変化」、「なりやすい体質」の3つがあります。 これら3つの原因が重なって、うつ病を引き起こしていると考えられます。 うつ病は心の病と思われがちですが、じつは脳の病気でもあります。 心理的なストレスとは、過労や対人関係のトラブル、離婚や死別といった生活上の問題が原因となるストレスですが、そうした心理的なストレスがきっかけとなり、そのストレスで脳の働きのバランスが崩れることで、うつ病が発症すると考えられています。 脳にはたくさんの神経細胞があり、さまざまな情報を伝達していますが、その働きで「感情」が生まれます。 最近の研究では、ストレスを受けることで脳の一部の神経細胞の形に変化が生じ、それによって感情や考え方にゆがみが起きるのではないかと指摘されています。 うつ病では、さまざまな心の不調や体の不調が現れます。 体の不調としては、睡眠障害や疲労感・倦怠(けんたい)感、首・肩のこり、頭が重い、頭痛などがあり、心の不調としては、意欲・興味の減退、仕事能力の低下、抑うつ気分、不安・取り越し苦労などが挙げられます。 うつ病は、精神科や精神神経科の専門医でも診断が難しい病気です。 他の病気のように血液検査や画像検査などで異常を見つけることができないため、詳しい聞き取りを行って診断をつけることになります。 うつ病を診断するときに特に重要なのが、「憂うつな気分」と「何に対しても興味が持てない」という2つの症状です。 この2つのうち、どちらかひとつでも、ほとんど一日中、ほとんど毎日、2週間以上続いている場合、うつ病の可能性が高いと考えます。 体の不調は本人も感じやすく、人にも伝えやすいのですが、心の不調は自覚するのが難しいこともあって、受診時に体の症状を訴える人が多いようです。 眠れなかったり、食欲がなかったり、息切れしたりといった症状も、うつ病が原因で起こっている場合もあります。 憂うつな気分や意欲・興味の低下など、うつ病に似た症状を起こす病気は、うつ病のほかにもいろいろあります。 精神疾患としては、「不安症」や「パーソナリティ障害」、「適応障害」などがあります。 また、脳や体の病気で、うつ症状が現れることがあります。 最近、うつ病と間違われることが多くなっているのが「認知症」です。 うつ病なのか認知症なのかを見分けるには、詳しい問診を行い、場合によっては画像検査も行います。 うつ病は認知症に移行しやすいこともわかっているため、高齢者のうつ病の治療は大切です。 脳の血管が詰まって「脳梗塞」になると、脳の働きが悪くなるため、うつ症状がみられることがあります。 その場合、症状が急に現れるのが特徴で、言葉が出にくい、物の見え方がおかしいといった脳梗塞独特の症状がないかをチェックする必要があります。 また、「甲状腺の病気」などでもうつ病に似た症状が出ることがあります。 うつ病は本人が気づきにくい病気です。 うつ病に関する知識がないと、症状が現れているのにうつ病に気づかないこともあります。 また、重症になると、脳の働きが低下し、病気であることを認識できなくなります。 重症になる前に、医療機関を受診して治療を行うためには、家族や周囲の人が気づくことがとても大切です。 ただし、無理に受診を勧めると、本人がよけいに落ち込んでしまう原因になりうるため、サインを正しくとらえて本人に具体的に伝えることが大切です。 周りの人が気づきたいうつ病のサインとしては、「口数が少なくなる」「イライラしている」「朝や休日明けに調子が悪い」「遅刻、欠勤が増える」「だるさを訴える」「身辺整理をする」などが考えられます。 本人に直接伝えづらい場合には、家族や親しい友人、その人が信頼している人から伝えてもらってもよいでしょう。 職場であれば産業医に相談できます。

次の

うつ病 薬を使わない治療法~「体から治す」という考え方

鬱病 と は

1.うつ病で痛みが生じるのは何故? うつ病で痛みが生じる理由は、明確には分かっていません。 しかし現段階での考えでは、「 モノアミンが少なくなると、痛みを感じやすくなる」ことが原因だと考えられています。 うつ病は、脳内のモノアミンが少なくなる事が発症の一因だと言われています(これを「モノアミン仮説」といいます)。 モノアミンとはセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなど気分に影響を与える物質の総称で、これらが少なくなると、落ち込んだりやる気が出なくなったりといったうつ症状が出現するのです。 このモノアミン、実は気分だけでなく「痛みを抑える」はたらきもあることが解明されてきています。 人の身体には、「下行性疼痛抑制系」という痛みを抑えるはたらきを持つ神経があり、この神経は主にモノアミン(特にノルアドレナリン)を分泌することが分かっています。 うつ病で痛みが生じるのは、モノアミンが減少することによって、 痛みを抑える力が落ちてしまうためだと考えられています。 2.うつ病の痛みの特徴 うつ病患者さんの約6割に何らかの痛みが伴っていると言われており、その頻度は決して少なくありません。 しかし、「うつ病で痛みが起こる」という事があまり知られていないのは、 うつ病の痛みにはあまり特徴がないからです。 特徴に乏しいのが特徴だと言ってもいいくらいで、どんな痛みでも起こり得るため、その痛みがうつ病の症状だと患者さんもなかなか気づかないのです。 部位としては、一番多いのが頭痛だと言われていますが、その他にも腰痛、肩痛、胃痛、歯痛、舌痛など、あらゆる部位に痛みは起こります。 性状としては、「鈍く慢性的な痛み」が多いようです。 実際に患者さんから話を聞くと、刺されるような鋭い痛みというよりは、鈍くジワジワした痛みだと表現されます。 とにかく特徴に乏しく、「これがうつ病の痛みだ!」と断言しにくいため、整形外科や内科などの他科を受診する患者さんが非常に多いのが現状です。 3.うつ病の痛みに対する治療法 うつ病の痛みは、どのようなに治していけばいいのでしょうか。 治療法を紹介します。 痛みが強いと、どうしても痛みの治療という目先のものに捉われてしまいますが、痛みを治すことだけにとらわれすぎず、うつ病の治療をしっかりと行いましょう。 うつ病の治療はモノアミンを増やすようなものがほとんどです。 モノアミンを増やせば、気分も改善しますが痛みも改善します。 うつ病の経過が良くなれば、痛みは自然と改善していきます。 日中はなるべく身体を起こしておく。 ベッドで1日中寝たきりなどは避けましょう。 散歩などでもいいので、身体を適度に動かす。 夜はお風呂に入ってしっかりと温まる。 痛みがある時って身体を動かしたくないものですが、うつ病の痛みは筋肉や骨、内臓がダメージを受けているわけではありませんので、動かして問題ありません。 むしろ適度に身体を動かすことで、自然なモノアミンの分泌が促されます。 また、規則正しい生活も、自然なモノアミンの分泌に非常に有効です。 うつ病はシフト勤務など不規則な生活をしている人で起こりやすいという報告もあり、やはり、モノアミンの分泌を安定させるには規則正しい生活は重要なのです。 これらを意識して生活するだけでも、痛みはだいぶ改善しますよ。 説明したように、ノルアドレナリンが痛みの抑制に大きく関わっているため、ノルアドレナリンを増やす作用に優れる抗うつ剤が特に効果的です。 具体的には、第一選択としてSNRIが使われることが多いです。 サインバルタ、トレドミンなどですね。 これらはノルアドレナリンを増やすことに優れた抗うつ剤であり、痛みの改善にも定評があります。 また、Nassaもノルアドレナリンを増やす作用があるため、検討してもよいでしょう。 リフレックスやレメロンなどですね。 Nassaを使う場合は、眠気と体重増加の副作用が起こりやすいため気を付けましょう。 SNRIやNassaがあまり効かなかった場合、「三環系抗うつ剤」も候補に挙がります。 三環系抗うつ剤もノルアドレナリンを増やす作用には優れるおくすりなのですが、古いおくすりのため副作用が多いのが欠点です。 主治医と相談しながら慎重に検討してください。 三環系の中でもノルアドレナリンへの作用が強いノリトレンやトフラニールが使われることが多いようです。 うつ病で精神的に疲弊している方は、時に筋緊張性の痛みを起こすことがあります。 筋弛緩作用に優れるデパスやレキソタン、セルシンなどのベンゾジアゼピン系がよく用いられます。 ただしこれらのおくすりはしばしば依存が問題となるので、漫然と長期間使用してはいけません。 主治医の指示に従い、勝手に増減せずに服薬してください。 有名なものでいうとカロナールやロキソニン、ボルタレンなどです。 これらの鎮痛剤は、PG(プロスタグランジン)という物質の合成を抑えるはたらきがあります。 PGは炎症反応を促進したり痛みを感じやすくするはたらきを持つため、これを抑えてあげると痛みに対する感受性を下げることができます。 一般的に鎮痛剤は胃腸を荒らしますので、長期間や大量の服薬はしないように気を付けましょう。 どうしても長期になりそうな時は、主治医と相談の上、胃薬などを併用して胃腸を保護してくださいね。

次の