今 私 の 願い事 が 叶う なら ば。 翼をください、は誰の曲?

【コロナウイルス】薬をください。今私の願い事が叶うならば...【替歌/翼をください】

今 私 の 願い事 が 叶う なら ば

でもその前に怪我治せ・・・おい!」 彼女は死んでいた その後のことは良く覚えていない 医者と看護士が慌しく入ってきて死亡判断?のような事をやっているのを眺めていた そして気がついたら彼女は棺桶に入っていた のろのろと病院に来た家族の人たちは冷めた表情だった 葬式も告別式も身全てが事務的だった 悲しんでる人はいなかった 「ああめんどくさい」と愚痴るやつもいたと思う 後日、家族の人に頼まれて彼女の家を整理しに行った 古ぼけたアパートで部屋も狭かった 相当質素な生活をしていただろう 机に日記帳があったので開けてみると下手な字で俺との出来事が書き込まれていた 日付は交通事故の前日で止まっていた 涙が止まらなかった 「ゆう君の大せつなエンターぷラいずをぷラモデルやさんでつくった みせの人にてつだってもらったけどじょうずにできたかな あしたはこれをもってゆう君のいえにゆこう おかゆもそうじもれんしゅうしたから ゆう君は、よろこんでほしいな」 今、彼女の墓は吉祥寺にある もし願い事が一つ叶うなら、この愚かな俺に、もう一度彼女を会わせて欲しい 原因作ったのは彼本人。 生涯苦しむのは当然なのでは? そうなる前に彼女の立場に立って考えられなかった彼の自業自得としか思えません。 一緒にいて恥ずかしい?外側しか見てないですね。 だったらその時点で別れれば済む。 道理を弁えぬたわけた甘ったれの人間のクズが苦しむのは当然です。 亡くなった彼女が気の毒で堪りません。 むしろ彼が殺したも同然。 実際死ねと申されてますね。 むしろそのエゴの塊を美談化するなど読んでて虫唾が走りました。 怒りで震えが止まりません。 このような不道徳極まりない見本が美談となるのであれば、この記事を選ばれた理由は人間を堕落させる意図があるようにすら感じます。 人間としての軽薄さと思慮の無さ。 そして相手の心を顧みなかったが為に亡くなった命。 このような不幸は二度と起きては欲しないです。 彼は地獄に落ちても落ちても飽き足らない、菩薩すら訪れない地獄の下へと落ちるのでしょうね。

次の

【コロナウイルス】薬をください。今私の願い事が叶うならば...【替歌/翼をください】

今 私 の 願い事 が 叶う なら ば

本田という。 最近ゴチで見ました。 可愛い。 テレビの話 5、6年ほどテレビを全く見ない時期があった。 特別な理由はなく、単純にテレビが無かった。 最近になってまたテレビのある生活が戻ってきた。 これも特別な理由はない。 強いて言うならそこにテレビがあった。 しかしまあ見始めると止まらない。 夕食を取りながらダラダラと見てしまう。 とてつもない吸引力。 お酒と手を組んだ日には気づいたら0時。 恐るべし。 ぽちぽち…ポチポチ…色々なチャンネルを見る。 色々なタレントが、お店が、次々に消費されていく。 ふと目に止まる。 (今でしょの人) 5、6年前も出ていた某予備校教師がまだテレビの中にいた。 この流行り廃りの激しい業界で生き延びていた。 「テレビ業界は彼に弱みでも握られているのだろうか」そんなことを思いながら眺めていた。 ある日古本屋に行ったらこんな本を見つけた。 100円で売っていた。 買った。 読むなら今しかないと思った。 流行りはやがて定番になると言うが、定番とは流行り続けているモノだ、とも言える。 某予備校教師は流行りから定番になったのか。 その謎に迫れると思った。 読んだ結果、それは分からなかった。 昔々あるところのお話 この本には「今すぐできる45の自分改造術!」というサブタイトルがついている。 身につけるべき習慣や逆に捨てるべき行動、判断基準などなどが45個も羅列されていて、最終的に麻雀を勧められる。 そんな中、一番印象に残ったのはなんと最初も最初「はじめに」に出てくるこんな言葉。 かの・ローマの昔、が演説を終わったとき、民衆は「なんと雄弁だろう!」と感服した。 しかし、デモステネスの演説が終わると今度は、口々に叫んだ「さあ、行進しよう!」と。 カの政治家の言葉らしい。 要するに「感服」させるのでなく「行進」させるのが演説の目的ではなかろうか、と言うことだ。 塾の講師なら「わかりやすい授業」は当たり前で、「勉強するぞ」という気持ちを掻き立てるのが真の仕事。 ミュージシャンなら「かっこいいな」「歌上手いな」と思われるのは当たり前。 その先に、感動、共感の涙を流してもらったり、実際にギターやドラムを手にとってもらったり、「反対!」といった気持ちを掻き立てるためにパフォーマンスをしている、といったところだろうか。 (売れると変な方向に行ってしまうロックバンドがいるのは、「かっこいい」を目指していたけどそれはプロとして当たり前だと気付いてしまうからなんだろうな、と思った) ふと、僕の仕事っぷりは誰かを「行進」させているのだろうかと考える。 考えるうちに気が遠くなる。 今日も黙々と仕事をこなす。 夜になったらテレビを見る。 その頃にはこんな本を読んだことも忘れて、ぐっすり眠る。 takimitsukun.

次の

今、私の願い事が叶うならば

今 私 の 願い事 が 叶う なら ば

とは言っても、叶わない願いもありました。 では、叶う願い事と叶わない願い事は何が違うのでしょうか? まず、願い事とは何か?と言いますと・・・・ 願い事とは、人の持つ「想念の力」なのですね。 そして、この想念のパワーが大きければ大きいほど、願い事が早く叶ったりします。 逆に、想念の力が小さければ、願い事は叶いにくくなりますし、叶うまでに凄く時間がかかったりします。 多くの人は「想念の力」は物凄く小さいと言えます。 ですから、願い事は、願い続けなければ、叶わないものなのです。 しかし、 一人ひとりの想念の力は小さくても、その力が沢山集まれば、その力は大きくなります。 つまり、 願い事は一人で願うよりも、沢山の人が同じ願いをした方が、より叶いやすくなります。 想念のパワーは足し算が可能で、多くの人が同時に行う「願い」は、より叶いやすいと言えるのですね。 これは、とても単純な話なのですが・・・ たとえば、AチームとBチームが、草野球で試合をしていました。 それぞれのチームの選手は、もちろん自分のチームが勝つことを願っていました。 そして、それを応援するそれぞれのチームの応援団やお客さんも、同じように自分たちのチームが勝つことを願っていましたが・・・ 実は、これが「矛盾した願い事」なのです。 この願い事の場合、双方のチームが「自分のチームを勝たせたい」という「矛盾した願いの想念」を出していたので、宇宙の力も、引き寄せの法則も発動はしないのです。 結果的には、どちらかのチームが勝つことになるのですが、それはただ単にチームの実力差でしかないのですね。 しかしこれは逆に言うと、 矛盾した願い事でなければ、その願い事は叶うと言えます。 さらに、願い事は、多くの人が同じ「願い」を持って、同時に「同じ想念」を出すことにより叶いやすくなります。 こういった願いは、自分だけでなく多くの人が同じ願い(想念)を発していることでしょう。 この様に、多くの人が願う同じ想念は、それが現実化しやすいと言えます。 反対に、「素敵な恋人がほしい!」という願いは、自分だけの願いです。 もしかすると、あなたの回りにいる人たちはあなたに「恋人が出来ることを許さない」かもしれません。 なぜなら、人とは嫉妬深い生き物だからです。 このように、自分の願いに反する人がいる場合は、その願いは叶いにくいのですね。 世の中には、信じられないような奇跡を起こす人がいます。 たとえば、昔は、一度に大勢の人たちで雨乞いをする事により、本当に雨が降ったりすることもあったそうです。 現代人は信仰心も薄く、「信じる」という事をしないので、願いが叶わないようになってきていると言えるのです。 なぜなら、願い事とは「想念」だからです。 つまり、願い事は、自分自身が願い事として意識して「お願い」している事というよりも、 普段からわたしたちの頭に浮かぶ「考え」なのですね。 そして、最近のことですが、この「悪い願い事(念)」が、叶いそうになってしまった事件がありました。 まだ先々週のことですので記憶に新しいですが・・・ 8月12日、全日空37便(羽田~伊丹)の飛行機が、 トラブルにより緊急着陸をする事故がありました。 この事故の事は、ニュースで知っている方も多いかもしれませんね。 幸い、怪我人も出ず、事なきを得たのですが、問題は、この飛行機がトラブルにより緊急着陸した日時なのです。 気づいた方もいるかもしれませんね。 実は、今回のこの飛行機事故は、 「悪い願い事が叶ってしまった」事例なのですね。 Youtubeには、事故当日の機内の様子を撮影した動画が上がっていますので、気になる方はぜひ観てみてください。 緊急事態発生を知らせる機長のアナウンス、緊急着陸を知らせるCAの声は、あきらかに震えているのです。 中には、搭乗しているお客さんの中にも、「そう言えば今日は日本航空123便墜落事故の日だな」と気づいていた方も何人かいたかもしれません。 その結果、何千人という人が同時に、 「事故が起きたらどうしよう!? 」という 「不安な想念」を出してしまったのでしょう。 そして、その マイナスな想念が、マイナスの「願い事」となり、今回の事故を引き起こしてしまったと言えるのです。 つまり、多くの人が「同時に願う想念の力」というのは、これほど凄まじいパワーなのです。 つまり、 「心配」とは「悪」なのです。 そして、このサイトでもよく書いていますが、これが、わたしたちが 「楽観的にプラス思考で生きなければならない理由なのです。 近年、テレビやネットを見れば「良いニュース」よりも「不幸なニュース」ばかりを多く目にします。 これは、わたしたちが脳の構造的に、「不幸な事」に注意が行くようになっている性質をよく知った上でのマーケティングでもあるのです。 「心配」は何もプラスにならないのに、あえて「不幸な情報」を流し続けて、人々に「心配」をさせる手助けをしている人たちと言うのは、とんでもなく悪いことをしている・・・と言えます。 ですから、人々の心に「心配事」を植え付けるような情報がたとえ自分の所に流れてきても、それを他人に伝えてはいけないのですね。 逆にわたしたちは、 周りの皆が幸せな気分になる様な「安心する情報」を発信し続けなければならないのです。 そうすることにより、わたしたちの「幸せな波動」は、わたしたちの思考から思考へとどんどん伝染し、大きな事故や災害を避けることも出来るのですね。 タイトルを読んでこの記事を見られた方は、「思ってた内容と違う!」と思われたかもしれませんね。 2018. 先祖供養とたたりのお話」と題しまして、先祖[…]• 2018. 2019. 2017. 2019. 2019. 2018. 2018. 2017. 2018. 記事カテゴリ• 116• 136• 16 最近の投稿• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020.

次の