ホームセンター アント。 ホームセンター

ホームセンターアント/守山店のチラシと店舗情報|シュフー Shufoo! チラシ検索

ホームセンター アント

Soigniesの(ベルギー) - 典型的な古いハードウェアストアの内部。 ホームセンターとは、主として日用雑貨や住宅設備に関する商品を販売する店のである。 なお、ホームセンター home center はである。 では , store, Home improvement retailerなどと表現されるものが近い (「近い」のであって、「と、表記される」のではない。 例えば hardware store という表現は(本来は)工具や鍋釜や刃物といった金属製品が「硬い」ということに由来しており、日本語では雑貨屋の細分類である「金物屋」に(本来は)相当するのであって、近年の日本でいう「ホームセンター」のような総合的な店のことを「表記」してはいない)。 主な取扱い分野 [ ]• :家庭の設備機器などの小修理や改造などを使用者自身が行うこと。 BIY Buy It Yourself :家庭の設備機器などを使用者が購入し、専門業者に取り付けを頼むこと。 SIY Supervise It Yourself :家庭の設備機器の選び方・専門業者の選定方法などの助言を得ること。 さらに、近年では家のリフォームの窓口としての機能が注目されている。 具体的に販売されている商品として、下記のようなものがある。 大型店では、本職の大工や配管工事などの業務()用の要求にも、ある程度までは対応できる品揃えを持つ場合もある。 DIY関連• 、、配管材、、、、、ナット• (床材、、壁紙、)• 、電動工具、• 作業着、作業用品(、ウエス、など)• 製品(UHFアンテナ、FMアンテナ、BS・CSアンテナなど)• 自動車用品• 、、などの消耗品• LEDライト、電源ケーブルなどの電装品• 、、(一部店舗を除く)• との競争が激化している。 広い意味での家庭用品• ホームファニシング(ホームファッション、ホームファニチャー):・・など商品だけではなく、その組み合わせを提案する販売方法が求められるようになった。 、器具• 一般の電器店や家電量販店ではほとんど扱っていない電材(配線材料)関係の扱いがあるが、一般電気製品については、、などの消耗品や、、健康・美容器具や小型、中型の、、に限られる。 生活雑貨・日用品• 、洗濯用・清掃用(業務用の大型サイズのものもある)• 調理用具、食器類• 、事務用品• 、、、生理用品• (掛け時計、腕時計、置時計など全般)• (業務用の大型サイズのものもある)• 喫煙具:やなど• 合鍵作成サービス• (一部店舗を除く)• 性の薄い衣料、、など• (一部店舗を除く)• (一部店舗を除く)• 、、、、• (一部店舗を除く)• 、、など• (一部店舗を除く)• 、、など• レジャー用品• 、用火鉢、などアウトドア用品• ペット関連商品• おもちゃ• 、爪切りなど• ・・・などの生体(一部)• 用品・資材• 鉢植え、樹木・野菜などの苗• 、用土、、• 農業用フィルム()• (、など)• (一部店舗を除く) 以下のような3分野ととらえることもある。 HI(Home Improvement):住まいと暮らしの改善を目的とした、ホームインプルーブメント - 木材、建材、道具工具など、元来のホームセンターの商品分野。 の大型化といえる• HK(House Keeping):日常的な家庭生活に不可欠なハウスキーピング - ドラッグストアや薬局が扱っていた商品の取り込み分野で、日常購買のうち生鮮食料品でないものを抱え込む。 米、ペットフードなど嵩高品、重量品も取り込むようになってきている。 CL(Car Leisure):カー・レジャー - 自動車関係、キャンプ用品など、隣接する専門分野からの取り込み。 スポーツ用品店、自転車店の大型化といえる。 日本における歴史 [ ] 1960年代 [ ] に、のハードウェアショップをヒントにしたがに、ハウジングランド順天堂駅前店を開店。 同年9月には、村内ホームセンター(現:)がに開店。 日本で最初にホームセンターという名称を使ったという。 で巨大な駐車場を備え、家具を中心として絨毯、照明などのインテリアをモデルルームのようにそろえた。 展示だけではあったものの当時は珍しかった外車も並べられ話題を呼んだ。 ただし、近年の日本で使われる「ホームセンター」が指す形態とは若干趣が異なる。 1970年代 [ ] 日本で最初の「現代の」ホームセンターであるともいえるの店がに開業した。 また、専門外の事業者も参入していた。 1980年代 [ ] で店舗面積が規制されたため他の業態が切り捨てた分野を取り込んで、バラエティストア化した。 の確保が必要な生鮮品や、流行に左右されやすいファッション衣料品以外の多種多様な商品を扱うようになった。 のロードサイドの工場跡地などへ、広い売り場面積、多台数の駐車場での展開が始まった。 薬剤師の常駐が必要なや、地元商店街との調整が難航した総合に比べ出店店舗が多かった。 1990年代 [ ] 食品スーパーマーケット・ドラッグストアとともにネイバーフットに出店することが多くなった。 大手事業者への集中や、小規模事業者の廃業・業態転換が目立つようになった。 2000年代 [ ] の施行により、都市近郊や郊外での他の業態との競争の激化が起こり、各企業ごとに違った戦略がとられるようになった。 農業や工務店向けの業務用需要を取り込む。 PRO需要専門店の展開。 地価の下がった都心部へ出店する。 農村部への出店が可能な小型店舗の開発。 をテナントとして導入し雑貨を任せて、DIY・BIY・SIYに特化する。 生鮮食料品を取り扱ってとなる。 1,000を少し下回る小型店の展開と、10,000m 2を超える大型店の展開の併用 主なホームセンター [ ]• 会社名(親会社等の系列・本社所在地)店舗数・年間売上高(連結)• 太字が売上高が大きな9社(年によって変動あり)五十音順、系列下の店は親会社に含む。 あ行 [ ]• (ホームセンタームサシ)()54店舗/820億円(2015年2月期)• ()…グループ。 (福島県福島市)• (ホームセンターハッピー)()• 元はバローホールディングス傘下だったが、バローホールディングスとアレンザホールディングス(旧ダイユー・リックホールディングス)の経営統合に伴い、2019年4月よりアレンザホールディングス傘下となる。 (ホームセンターミスタートンカチ)(三重県四日市市)5店舗• (ハウジングランドいない、スーパーホームセンターいない)() 22店舗(2006年2月期)185億円(2006年2月期)• (デコールホームキーパー)()…旧ホームセンターナカイ。 現、関連会社だが事業は大幅に縮小。 (ニューライフカタクラ)()• (ホームセンターかんぶん) 11店舗 82億円• 日曜大工センターまるちょう( 2002年コーナンの子会社和歌山コーナン株式会社となり、翌年コーナン商事へ吸収合併)• (ホームセンタービーバートザン)()10店舗• ( 2006年4月コメリへ吸収合併)• キッコリー(元傘下、 コメリ傘下となった後、2006年4月コメリへ吸収合併) さ行 [ ]• (ベストホーム)()• (ホームセンタージョイ)(、2015年9月にサンデーに吸収合併)• 関西島忠、関東島忠、島忠ホームズの3社は2007年9月に島忠に合併• (ニューライフジャスト)()• (ホームセンタースーパーバリュー)()• (旧称「ホームセンター・ディック」、)• 株式会社オーマート()• 株式会社ジョイフル朝日(大阪府)• (元は傘下、)• (2006年にホーマックの子会社となる)• (青森県)• (旧ニックホビーショップ)(、2009年9月にケーヨーに吸収合併された)• チャンピオン(ホームセンターチャンピオン)(東京都) な行 [ ]• () は行 [ ]• (新潟市)• (ホームセンターハッピーワン)()3店舗• (ホームセンターマルニ)()15店舗• (PLANT、ジョイフルストアーみった)(福井県)• (HIヒロセ)(大分県大分市) 20店舗(2007、食品スーパー含む)• ()14店舗 139億• ()15店舗• (大分県) 8店舗(2007)• 38店舗 2016• イオン九州 ま行 [ ]• (ハンディホームセンター)()• () や行 [ ]• (ホームセンターヤサカ)()• (ヤスサキホームセンター、ワイホーム)(FC)()• 山岸()()• () 21店舗• (ユニディ)(傘下、)• ()21店舗 260億円 ら行 [ ]• 合併、資本系列など捉えにくい側面もあるが、近年は業界首位のカインズをコーナンが追いかけるという構図であった。 特に平成13年度から15年度にかけては、コーナンがカインズの前年度売上高を上回るが、カインズがさらに売上高を伸ばす(この3年で約600億円)ことで首位を守る状況が続いた。 平成16年度はコーナンの売上がカインズの前年度売上を超えられなかったが、依然熾烈なトップ争いが続いている。 東大阪ではコーナンが2005年6月に開店した(7273平方メートル)の約100メートル北方に、同年11月にカインズが東大阪店(大阪府初出店、約10000平方メートル)を開店し、業界1位のカインズが2位と直接対決を行う構図となった。 カインズは、この1店で年間売り上げ60億円程度 [ ]と予想している。 その中で、2006年9月にホーマック・カーマ・ダイキが経営統合し、DCMホールディングスとなった。 単純に売上合計すると約4100億円となり、カインズ・コーナンを上回り、売上高で一気に業界首位に躍り出ることとなった。 (ダイシン・)• イエローグローブ()• (いない・モリス)• (FC)• (旧ホームピック・系列)• かねひで()• かんぶん()• さくもと()• (島屋)• (系列)• STOCK()• ハッピー()• デコールホームキーパー()• (系列)• ハマート・マルニ(系列)• ハンディ()• ベストホーム()• ミスタートンカチ()• ムサシ()• ヤスサキワイホーム(系列、FC)• ユートク(系列)• (系列)• 消滅・撤退・業態変換• ビッグサム()• ベル()• デイツー()• エルム(キノシタ)• 大国屋• ハンデーエーモン(栄門商事)• ニューライフカタクラ()• アクト• (長崎)• サンビックス()• ハンドメーク• サンモール(新潟)• ハッピー()• コドーリビング館()• オックス生活館(ツダデンキ)• マンモス()• 名鉄ホームセンター(系列)• ナイスライブピア(系列)• (系列)•

次の

ホームセンター

ホームセンター アント

接客の仕事がしたい。 でも、土日も休みたい。 「土日休みじゃないから」 そんな理由で退職する人は当社にはいません。 好きな接客の仕事を長く続けていただけるように 交代で土日にも休みがとれるようにしています。 その為に、お互いフォローしあえる余裕のある人員体制を実現。 社員は5〜7名。 パート・アルバイトさんも含めて 店内にスタッフが常時15名〜20名います。 同業から転職してきた社員もちょっと驚くぐらい 余裕のある人員体制。 それは、お客様がスタッフに声をかけやすいように スタッフ間のフォローがしやすいように という思いがあるからです。 全4店舗間の距離が車で30分圏内という とことん地域密着の形式での店舗展開も お客様と社員の為にという、あえての戦略なんです。 お客様とも長く関係性を築いてほしいから、 基本的には転勤なし。 仮に転勤があったとしても自宅から通える範囲にしか 店舗が無い為、通勤の心配はありません。 中途や新卒で入社してくれた20代のスタッフが 「楽しい」と日々仕事に励んでくれているのが 経営側としてはとても嬉しいこと。 そんな社員をもっと増やしたいと思っています。 現場主義の当社では 部長も店長も一緒になってお客様に接しています。 「管理職という立場で現場に出なくなると、 見えなくなってくることもあるから」と 部長が雑務をサポートしてくれるので、 スタッフは思い切り接客に注力しています。 こうした一体感を持った当社で 接客の面白さを感じて仕事をしませんか。 土日も交代で休める、年間休日110日など、働きやすい環境を整えています。 前回の募集では5名の採用ができました。 今回は若手を増員する為の募集。 同期入社の社員がいる事が心強いと思います。 仕事の内容 商品の売り場作成、仕入れ、接客などホームセンター内の業務 【具体的には】 園芸コーナー、資材コーナー、工具コーナーなど売り場は30部門以上。 最初はあなたの興味のある商材のあるコーナーを担当していただきます。 そこで、ディスプレイの奥深さや、売れ筋商品の特徴、 などを先輩から学んでいってください。 【売り場作りはココが面白い】 限られたスペースの中で、いかにして見てもらえるか、 手にとっていただけるのかはディスプレイの腕の見せ所。 例えば、POPは自由に手作りしていいという方針。 それを見て足を止めてくれるお客様、 購入してくれるお客様がいるととても嬉しいです。 【お客様との関係性が嬉しい】 瀬戸店から高蔵寺店に異動した時に 瀬戸店で常連だったお客様が 高蔵寺店まで僕あてに尋ねて来てくれたんです。 それがとても嬉しかったです。 必要とされていると実感できるからこそ、 知識を深めたいと、仕事も前向きになれます。 ここではお伝えできませんが、明確な評価制度があり、 自分がどのように実績を上げれば どれくらいの給与になるのかということも分かります。 最短半年で管理職になった社員もいます。 【店舗間の交流も活発】 ボウリング大会や販売キャンペーンなど 店舗毎で競い合うことで良い刺激になっています。 1982年に設立し、現在愛知県内に4店舗を展開。 連絡先 株式会社 ホームセンターアント() 〒487-0024 愛知県春日井市大留町4-6-3 0568-52-2578/採用担当.

次の

ホームセンター

ホームセンター アント

Soigniesの(ベルギー) - 典型的な古いハードウェアストアの内部。 ホームセンターとは、主として日用雑貨や住宅設備に関する商品を販売する店のである。 なお、ホームセンター home center はである。 では , store, Home improvement retailerなどと表現されるものが近い (「近い」のであって、「と、表記される」のではない。 例えば hardware store という表現は(本来は)工具や鍋釜や刃物といった金属製品が「硬い」ということに由来しており、日本語では雑貨屋の細分類である「金物屋」に(本来は)相当するのであって、近年の日本でいう「ホームセンター」のような総合的な店のことを「表記」してはいない)。 主な取扱い分野 [ ]• :家庭の設備機器などの小修理や改造などを使用者自身が行うこと。 BIY Buy It Yourself :家庭の設備機器などを使用者が購入し、専門業者に取り付けを頼むこと。 SIY Supervise It Yourself :家庭の設備機器の選び方・専門業者の選定方法などの助言を得ること。 さらに、近年では家のリフォームの窓口としての機能が注目されている。 具体的に販売されている商品として、下記のようなものがある。 大型店では、本職の大工や配管工事などの業務()用の要求にも、ある程度までは対応できる品揃えを持つ場合もある。 DIY関連• 、、配管材、、、、、ナット• (床材、、壁紙、)• 、電動工具、• 作業着、作業用品(、ウエス、など)• 製品(UHFアンテナ、FMアンテナ、BS・CSアンテナなど)• 自動車用品• 、、などの消耗品• LEDライト、電源ケーブルなどの電装品• 、、(一部店舗を除く)• との競争が激化している。 広い意味での家庭用品• ホームファニシング(ホームファッション、ホームファニチャー):・・など商品だけではなく、その組み合わせを提案する販売方法が求められるようになった。 、器具• 一般の電器店や家電量販店ではほとんど扱っていない電材(配線材料)関係の扱いがあるが、一般電気製品については、、などの消耗品や、、健康・美容器具や小型、中型の、、に限られる。 生活雑貨・日用品• 、洗濯用・清掃用(業務用の大型サイズのものもある)• 調理用具、食器類• 、事務用品• 、、、生理用品• (掛け時計、腕時計、置時計など全般)• (業務用の大型サイズのものもある)• 喫煙具:やなど• 合鍵作成サービス• (一部店舗を除く)• 性の薄い衣料、、など• (一部店舗を除く)• (一部店舗を除く)• 、、、、• (一部店舗を除く)• 、、など• (一部店舗を除く)• 、、など• レジャー用品• 、用火鉢、などアウトドア用品• ペット関連商品• おもちゃ• 、爪切りなど• ・・・などの生体(一部)• 用品・資材• 鉢植え、樹木・野菜などの苗• 、用土、、• 農業用フィルム()• (、など)• (一部店舗を除く) 以下のような3分野ととらえることもある。 HI(Home Improvement):住まいと暮らしの改善を目的とした、ホームインプルーブメント - 木材、建材、道具工具など、元来のホームセンターの商品分野。 の大型化といえる• HK(House Keeping):日常的な家庭生活に不可欠なハウスキーピング - ドラッグストアや薬局が扱っていた商品の取り込み分野で、日常購買のうち生鮮食料品でないものを抱え込む。 米、ペットフードなど嵩高品、重量品も取り込むようになってきている。 CL(Car Leisure):カー・レジャー - 自動車関係、キャンプ用品など、隣接する専門分野からの取り込み。 スポーツ用品店、自転車店の大型化といえる。 日本における歴史 [ ] 1960年代 [ ] に、のハードウェアショップをヒントにしたがに、ハウジングランド順天堂駅前店を開店。 同年9月には、村内ホームセンター(現:)がに開店。 日本で最初にホームセンターという名称を使ったという。 で巨大な駐車場を備え、家具を中心として絨毯、照明などのインテリアをモデルルームのようにそろえた。 展示だけではあったものの当時は珍しかった外車も並べられ話題を呼んだ。 ただし、近年の日本で使われる「ホームセンター」が指す形態とは若干趣が異なる。 1970年代 [ ] 日本で最初の「現代の」ホームセンターであるともいえるの店がに開業した。 また、専門外の事業者も参入していた。 1980年代 [ ] で店舗面積が規制されたため他の業態が切り捨てた分野を取り込んで、バラエティストア化した。 の確保が必要な生鮮品や、流行に左右されやすいファッション衣料品以外の多種多様な商品を扱うようになった。 のロードサイドの工場跡地などへ、広い売り場面積、多台数の駐車場での展開が始まった。 薬剤師の常駐が必要なや、地元商店街との調整が難航した総合に比べ出店店舗が多かった。 1990年代 [ ] 食品スーパーマーケット・ドラッグストアとともにネイバーフットに出店することが多くなった。 大手事業者への集中や、小規模事業者の廃業・業態転換が目立つようになった。 2000年代 [ ] の施行により、都市近郊や郊外での他の業態との競争の激化が起こり、各企業ごとに違った戦略がとられるようになった。 農業や工務店向けの業務用需要を取り込む。 PRO需要専門店の展開。 地価の下がった都心部へ出店する。 農村部への出店が可能な小型店舗の開発。 をテナントとして導入し雑貨を任せて、DIY・BIY・SIYに特化する。 生鮮食料品を取り扱ってとなる。 1,000を少し下回る小型店の展開と、10,000m 2を超える大型店の展開の併用 主なホームセンター [ ]• 会社名(親会社等の系列・本社所在地)店舗数・年間売上高(連結)• 太字が売上高が大きな9社(年によって変動あり)五十音順、系列下の店は親会社に含む。 あ行 [ ]• (ホームセンタームサシ)()54店舗/820億円(2015年2月期)• ()…グループ。 (福島県福島市)• (ホームセンターハッピー)()• 元はバローホールディングス傘下だったが、バローホールディングスとアレンザホールディングス(旧ダイユー・リックホールディングス)の経営統合に伴い、2019年4月よりアレンザホールディングス傘下となる。 (ホームセンターミスタートンカチ)(三重県四日市市)5店舗• (ハウジングランドいない、スーパーホームセンターいない)() 22店舗(2006年2月期)185億円(2006年2月期)• (デコールホームキーパー)()…旧ホームセンターナカイ。 現、関連会社だが事業は大幅に縮小。 (ニューライフカタクラ)()• (ホームセンターかんぶん) 11店舗 82億円• 日曜大工センターまるちょう( 2002年コーナンの子会社和歌山コーナン株式会社となり、翌年コーナン商事へ吸収合併)• (ホームセンタービーバートザン)()10店舗• ( 2006年4月コメリへ吸収合併)• キッコリー(元傘下、 コメリ傘下となった後、2006年4月コメリへ吸収合併) さ行 [ ]• (ベストホーム)()• (ホームセンタージョイ)(、2015年9月にサンデーに吸収合併)• 関西島忠、関東島忠、島忠ホームズの3社は2007年9月に島忠に合併• (ニューライフジャスト)()• (ホームセンタースーパーバリュー)()• (旧称「ホームセンター・ディック」、)• 株式会社オーマート()• 株式会社ジョイフル朝日(大阪府)• (元は傘下、)• (2006年にホーマックの子会社となる)• (青森県)• (旧ニックホビーショップ)(、2009年9月にケーヨーに吸収合併された)• チャンピオン(ホームセンターチャンピオン)(東京都) な行 [ ]• () は行 [ ]• (新潟市)• (ホームセンターハッピーワン)()3店舗• (ホームセンターマルニ)()15店舗• (PLANT、ジョイフルストアーみった)(福井県)• (HIヒロセ)(大分県大分市) 20店舗(2007、食品スーパー含む)• ()14店舗 139億• ()15店舗• (大分県) 8店舗(2007)• 38店舗 2016• イオン九州 ま行 [ ]• (ハンディホームセンター)()• () や行 [ ]• (ホームセンターヤサカ)()• (ヤスサキホームセンター、ワイホーム)(FC)()• 山岸()()• () 21店舗• (ユニディ)(傘下、)• ()21店舗 260億円 ら行 [ ]• 合併、資本系列など捉えにくい側面もあるが、近年は業界首位のカインズをコーナンが追いかけるという構図であった。 特に平成13年度から15年度にかけては、コーナンがカインズの前年度売上高を上回るが、カインズがさらに売上高を伸ばす(この3年で約600億円)ことで首位を守る状況が続いた。 平成16年度はコーナンの売上がカインズの前年度売上を超えられなかったが、依然熾烈なトップ争いが続いている。 東大阪ではコーナンが2005年6月に開店した(7273平方メートル)の約100メートル北方に、同年11月にカインズが東大阪店(大阪府初出店、約10000平方メートル)を開店し、業界1位のカインズが2位と直接対決を行う構図となった。 カインズは、この1店で年間売り上げ60億円程度 [ ]と予想している。 その中で、2006年9月にホーマック・カーマ・ダイキが経営統合し、DCMホールディングスとなった。 単純に売上合計すると約4100億円となり、カインズ・コーナンを上回り、売上高で一気に業界首位に躍り出ることとなった。 (ダイシン・)• イエローグローブ()• (いない・モリス)• (FC)• (旧ホームピック・系列)• かねひで()• かんぶん()• さくもと()• (島屋)• (系列)• STOCK()• ハッピー()• デコールホームキーパー()• (系列)• ハマート・マルニ(系列)• ハンディ()• ベストホーム()• ミスタートンカチ()• ムサシ()• ヤスサキワイホーム(系列、FC)• ユートク(系列)• (系列)• 消滅・撤退・業態変換• ビッグサム()• ベル()• デイツー()• エルム(キノシタ)• 大国屋• ハンデーエーモン(栄門商事)• ニューライフカタクラ()• アクト• (長崎)• サンビックス()• ハンドメーク• サンモール(新潟)• ハッピー()• コドーリビング館()• オックス生活館(ツダデンキ)• マンモス()• 名鉄ホームセンター(系列)• ナイスライブピア(系列)• (系列)•

次の