お 宮参り 大安。 2020年6月の大安カレンダー

お宮参り時期》いつ・大安・里帰り・仏滅・七五三・お盆・春・夏・秋・冬

お 宮参り 大安

赤口でのお宮参りの縁起的な影響 赤口はお宮参りの日程としては不向き お宮参りは、赤ちゃんが生まれてからおよそ1か月の経過を目処に、神様に誕生のご報告をする大切な行事です。 赤ちゃんが生まれてから最初に訪れる大きなイベントですし、これからの健やかな成長を祈願するものなので、大変喜ばしい お祝いの行事といえます。 しかし赤口は、カレンダーに書かれている 六曜(=大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅)のうち、仏滅と並ぶ運気の悪い凶日であるのにくわえて、特に お祝い事が大凶とされる日です。 そのため、 お宮参りで参拝する日としては縁起的に不向きとなります。 もし、うまく日程の調整をして回避できるようであれば、やはり 大安などの吉日を選んで参拝した方が無難です。 もし、仕事の都合などでどうしても赤口の日にしか行くことができない場合には、 11時から13時(昔でいう 「午の刻(うまのこく)」)の時間帯に参拝するのが良いでしょう。 陰陽道では、赤口の赤は「太陽」すなわち「昼」を意味しています。 赤口は基本的に凶日ですが、太陽が昇る正午の前後1時間に限り 運気が吉になるとされているので、この時間中の参拝ならば特に問題はありません。 ただ、吉とはいっても短い時間ですし、やはり大安などの吉日に比べると運気の面では劣ってしまいます。 「午の刻」での参拝方法は、どうしても赤口の日にしか行けない場合のみに使用するのが良いでしょう。 ちなみに、仏滅もお宮参りには不向きな日であり、こちらは赤口とは違って「運気が良くなる時間帯」が存在しないため、避けた方が無難です。 スポンサーリンク お宮参りの日程調整で大事なこと お宮参りは、生まれてから1か月後を目処に行われますが、正式な日数としては 男の子が31日、 女の子が32日となっています。 しかし、必ずこの日数で行かなければならないというわけではなく、あくまでも正式な日取りがこの日数というだけで、厳守する必要はありません。 多少の日程のずれこみに関しては問題ないので、日柄の良い日を選んだり、うまく都合のつく日を選択するのが良いでしょう。 お宮参りに行く際に特に気をつけたいのが、 赤ちゃんとお母さんの体調です。 真夏や真冬と言った気候が厳しい季節には、母子ともに体調を崩さないように配慮して、無理のない日程を組む必要があります。 いくら縁起が良い日だからといっても、 体調不良を押してまで参拝したりすることのないように注意してください。 特に、大安の日に参拝をする場合には、神社が混雑する傾向があるので、人が多くて何かと疲れやすくなることを加味する必要があります。 まだまだ赤ちゃんにも手間のかかる時期ですので、なるべく 付き添ってくれる家族が多い日を選択するというのも良い方法です。 スポンサーリンク 六曜やお日柄はどこまで重視すべきか お宮参りだけに限った話ではないですが、六曜などのお日柄をどこまで気にするかについては、 人によってかなり温度差があります。 六曜は古来から存在していますが、あくまでも吉凶占いの一種に過ぎず、縁起を担ぐために使うことはあっても、無理をしてまで守ったり、ましてや人に押し付けたりする類のものではありません。 大野湊神社の公式HPには、六曜について以下のように書かれています。 神社の祭事を六曜の良し悪しで決める方がいらっしゃいます。 もちろん考えはそれぞれですので否定はしませんが、一般的に神社(参拝および祭事など)と六曜は何ら関係ありません。 仏滅だからお参りに向かない、お祭りを控えるというのは必要ありません。 出典: これは、神社だけに限らず仏教やお寺などでも同様です。 「仏滅」という日柄があるので勘違いされがちですが、実は六曜と仏教の間には 何の関連性もありません。 六曜は「人間界」での占いに過ぎないため、「神界」や「仏界」に影響など与えませんし、そもそもお釈迦様は占い自体を禁止しています。 つまり、神社もお寺も 「六曜は一切影響しない」というのが、公式の見解なのです。 とはいえ、六曜の影響力は今でも根強く、「迷信」「俗説」などの意見があっても、 なかなか無視することが難しいのも事実です。 最近は多少意識が薄れてきてはいるものの、六曜の影響力は 現在でも十二分に生きていることがわかります。 特に年配の方には気にされる方がまだまだ多いですし、家族ぐるみのイベントだと気にせざるを得ないという場面が多々あります。 「人にとやかく言われるのを防ぐ」という意味でも、 それとなく吉日を選んでおくのもひとつの方法です。 後悔しないことが大切 くれぐれもやってはいけないのは、縁起の悪い日を選んでしまった後に、そのことに 強く後悔の念を持ってしまうことです。 凶日に行ったことをずるずると引きずり、子供に何か悪いことが起きるたびに「あの時のせいだ!」と結びつけたりしないようにしてください。 吉日を選んでいれば悪いことが起きないという保障などありませんし、因果関係があると思い込んでしまうと、それが 本当に悪いことを呼び込むことにも繋がりかねません。 お宮参り自体が子供の健やかな成長を祈願をするものなので、縁起の良し悪しよりも、 神様によるご加護と子供の力を信じることがなにより大切です。 縁起を担ぐ行為は、入れ込みすぎず、かといって軽んじすぎない範囲で行うのが、ちょうど良いバランスだと思います。 母子の健康を考えて、 お宮参りが何事もなく無事に終えられるような日程を組むことが何よりも大切です。 縁起を担ぐのは、余裕がある時に行えばそれで十分でしょう。

次の

お宮参りは大安以外の友引や先勝・先負でもいいの?赤口はダメ?

お 宮参り 大安

大安は一日中どの時間でも良い日とされ、お祝い事には最も適した日だと言えます。 結婚式などのお祝い事も、大安に行われる人は多いです。 六曜と聞いても、あまりピンと来ていない人でも、 大安の日の意味はよく知られているため神社にはお宮参りや安産祈願、七五三、交通安全など、ご祈祷を希望するたくさんの人であふれます。 しかし、 お宮参りをする上で必ず六曜に沿って、大安でなければいけないなどの決まりごとはありません。 お宮参り以外でも、結婚式をあえて仏滅に行う人もいらっしゃいます。 結婚式場の費用や予約状況などの理由から、スムーズに行うために、仏滅を選ばれる方が多いようです。 その地域に伝わる生後日数でも良いですし、家族がそろうことのできる週末でも良いでしょう。 六曜はあくまでも六曜は、お宮参りの日程を決めるうえでの参考程度にとどめておくと良いですよ。 Contents• お宮参りの日取りを決めるのにもこだわりたい【六曜】について お祝い事をしようと思った時にはこだわりたい「六曜」ですが、必ず六曜の通りにしなければいけないというわけでもありません。 そもそも、六曜ってなに? そんな人にも、六曜についてご説明いたします。 【先勝】午前中のお宮参りならOK 「先ずればすなわち勝つ」という意味を持ちます。 勝負事などをする時は強気に勝負に出ても勝ってしまうという日。 一日の吉凶は午前中が吉!赤ちゃんの機嫌がいいのも比較的午前中が多いので、ちょうどいいですね。 【先負】お宮参りするなら午後から 「先ずればすなわち負ける」という意味を持ちます。 つまり焦って勝負などをすれば負けてしまうと言う日。 このことから平静を保った方が良い日とされています。 先勝とは反対に、焦ると負けてしまいます。 冷静な判断がおすすめです。 また、午前中は凶なので、行動を起こすなら午後から起こすようにしましょう。 夕方になると、泣き出してしまう赤ちゃんもいるので、不安な人は、先負は避けると言う人も少なくはないようですよ。 スポンサードリンク 【赤口】午の刻ならお宮参りもOK 一般的に厄日とされますが、午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみは吉とされています。 春秋冬であれば比較的すごしやすい時間ですね。 お宮参りが夏でなければ、選択肢に入れてもいいかもしれませんが、六曜にこだわる人であれば、避けた方が良いとも言われています。 【友引】お宮参りの日取りとしてOK もともとは勝負事で共に引き分けになる日ということから共引という名前の音が同じであることから友引と変わり、意味としては「凶事に友を引く」ということ、です。 このためお祝いごとを行う分には良いとされますが、葬儀は友達をあの世に連れて行ってしまうと考えられ良くないとされています。 六曜にあまりこだわりを持っていない人でも、ほとんどの方が、友引にお葬式をしていないと思います。 一番こだわる部分でもあるかもしれません。 【大安】お宮参りに最も選びたい 六曜の中で最も吉の日とされる「大いに安し」の意味です。 神社にはお宮参りや安産祈願、七五三、交通安全など、ご祈祷を希望するたくさんの人であふれます。 お宮参りの日取りを決める際も、最も選ばれるのも当然【大安】ですが、あまり気にしない家族の場合は、人ごみを避けるためあえて【大安】を避ける場合もあります。 【仏滅】お宮参りには避けたい 六曜の中では、一番厄日という印象のある仏滅。 何をするにも凶とされる日。 大安と同じく六曜に関心を持たない人でも知名度が高い日です。 結婚式などのお祝い事は仏滅を避ける傾向にありますが、最近はいろいろな事情から、あえて仏滅に結婚式を行う人も増えています。 お宮参りも同じく仏滅の日は避けた方が良いでしょう。 1日予定をずらすことができれば大安となるので、できることなら予定をずらしてみましょう。 どうしても無理であれば六曜は気にせずお宮参りを取り行うようにしましょう。 朝は吉、昼は凶、夕方は大吉とされています。 スポンサードリンク お宮参りと六曜のまとめ お宮参りに行くなら、出来れば大安を狙っていくのが理想的です。 しかし、大安でなければいけないということではなく、幸せを願う気持ちと、家族みんなの都合に合わせて、行くのが一番重要になってきます。 無理のないスケジュールで参拝しましょうね。

次の

お宮参り・初宮参りとは?服装・時期はいつ・やり方・作法の基礎知識 [赤ちゃんの行事・お祝い] All About

お 宮参り 大安

大安・仏滅など、日の吉凶を表すものを「六曜」といいます。 ほとんどのカレンダーに記載されていて日の吉凶を判断するのによく用いられていますので、古来からあるものと思っている人も多いようですが、しかし六曜はもともと暦とは直接関係なく、民間で自然発生的につくられた、いわゆる民間信仰的なものなのです。 読み方や意味の解釈が定まらずまちまちなのはそのためで、また「先勝」「先負」といった言葉からも分かるとおり、本来は勝負ごとの勝ち負けを占うために用いられたものと言われています。 六曜は幕末頃より少しずつ流行しはじめ、太陽暦となった明治以降になって本格的に広がったといわれています。 大安 「たいあん」「だいあん」。 万事に良い大吉の日、何事も成功する日。 婚礼によいとされる。 先勝 「せんかち」「さきかち」「せんしょう」などと読まれる。 先んずることで幸運を勝ち取る。 積極的に出て、急ぐことが良い日。 また、午前が吉、午後は凶ともいわれる。 友引 「ともびき」「ゆういん」。 「友を引く」ことから、葬儀などは避けるのが一般的。 何事も引き分けで勝負がつかない日とも。 先負 「せんまけ」「さきまけ」「せんぷ」など。 何事も控えめにするのがよいとされる日。 急用や勝負事は避ける。 午前中は凶、午後は吉とも。 赤口 「しゃっく」「しゃっこう」「せきぐち」など。 お昼前後の午の刻だけが吉で、朝夕は凶。 とくに祝い事は大凶。 仏滅 「ぶつめつ」。 すべてによくない凶日。 勝負事や商取引では損をする。 結婚、開店、移転など新しいことを始めるのもよくないといわれる。 大安・仏滅の計算方法 六曜は旧暦をベースにして算出します。 先勝 正月と7月1日 友引 2月1日と8月1日 先負 3月1日と9月1日 仏滅 4月1日と10月1日 大安 5月1日と11月1日 赤口 6月1日と12月1日 表のように、まず旧暦の1月1日が「先勝」からスタートして、1月2日は「友引」、1月3日は「先負」…という感じで六曜がくり返し、月末でいったんリセットして次の2月1日は「友引」からスタート、という感じで一年が続きます。 現代のカレンダーからみると、六曜の並びはやや不規則に見えるところに占いらしい神秘性を感じるものですが、実際は旧暦を基準とした案外単純なルールで算出されているのです。 六曜の歴史 今日われわれがよく知る六曜は日本で誕生・発展したものですが、そのルーツは中国の暦にあると考えられています。 おそらくはこれが六曜と大安のルーツではないかと思われます。 【六壬時課】 大安 万事に吉。 失物は遠からず。 留連 事成難し。 ゆっくりが良い。 速喜 喜び事来る。 旅行に吉。 赤口 災厄あり。 旅行は凶 小吉 最も吉。 万事上々。 空亡 事は進展せず。 財を求めても利益なし。 さらに十七世紀後半頃の「頭書長暦」(小泉光保)を見ると、 「大安」、「則吉」、「小吉」、「立連」、「赤口」、「虚妄」という吉凶判断が載っていて、六壬時課が日本式に変化・発展を遂げた様子が伺えます。 八ツよりくれ六までわるし。 友引 この日ハよしあしなし。 先負 この日ハあさよりひるまでわるし。 八ツよりくれ六までよし。 仏滅 この日ハ大あく日なり。 よろづわるし。 大安 この日ハ大吉日なり。 よろずよし。 赤口 この日ハあく日なり。 午のこくばかりハよし。 【解説文】 右六ようのくりやうハ、その月のあたる星を朔日(ついたち)とし、ひだりへじゅんにかぞへ、しゃくかう(赤口)より又せんがち(先勝)へもどり、うらなう日のかづほどくりて、そのあたるほしにてよしあしをしるべし。

次の