妖怪 ウォッチ トイレ の 花子 さん。 妖怪ウォッチJam 妖怪学園Y~Nとの遭遇~「第7話」

【妖怪ウォッチぷにぷに】さくら満開花子さんチーム隠しステージ解放条件※4月13日更新

妖怪 ウォッチ トイレ の 花子 さん

ナツメside 今日も怪奇案件を解決するべく、調査をしてる。 トウマ「手がかりはないな…」 ナツメ「そうよね…」 アキノリ「あっーもう!なんで!アヤメさんがいないんだー!!!!!」 ナツメ「アキノリ、うるさいよ。 」 アキノリ「ごめん!」 今日は、アヤメちゃんは家の用事で来られないらしくって、だからアキノリがずっーとアヤメちゃんのことばかり言ってるのだ。 トウマ「ケースケは?」 ナツメ「友達とお出かけしてるの。 凄く楽しみにしてたよ、ケースケ。 」 トウマ「そっか。 」 話しながら、歩いていると… アキノリ「さぁーて、んっ?」 アキノリ「此処、何処だ!?」 ナツメ「って、あれ!?確かに!」 トウマ「知らないところだね。 」 アキノリ「こういう時には、スマホだ!」 アキノリ「えっーと……嘘だろー、ここ圏外じゃん!!」 ナツメ「駄目じゃん!!」 トウマ「どうしよ…」 と、考えて数分後。 アキノリ「取り敢えず、歩こう。 歩いとけば、電波がある所に行けるさ!」 トウマ「そうだね。 」 ナツメ「んじゃ、行こ。 」 アキノリ「んっ?此処は、学校か?」 ナツメ「なになに……『かごめ学園』?」 トウマ「僕達の知ってる学校じゃないね。 やっぱり、此処は知らないところだね。 」 アキノリ「取り敢えず、中に入る?」 ナツメ「駄目でしょ!流石に!」 アキノリ「なんで!」 トウマ「アキノリ、此処は学校だよ?」 アキノリ「あっ……」 アキノリ「そうだったー!!!」 私達が困っていると… ?1「どうしたんですか?」 ?2「……?」 声の方をみると、女の子が2人立っていた。 ナツメ「あっ、え、えっーと……」 アキノリ「道に迷ってて…」 トウマ「……」 頷く ?1「あっ!もしかして、転校生さん達ですか!」 ナツメ、アキノリ、トウマ「「「えっ…?」」」 ?1「だって、貴方達…。 私達と同じ制服着てるし…」 …と女の子が言ってる。 真逆と思い、私達の服をみると… アキノリ「う、嘘!?さっきまで、こんなの着てなかったのに…!?」 トウマ「どういうことだ…?」 ナツメ「何が何だか、分からないよー!」 ?2「あ、あのー…」 ナツメ「あっ、これはそのー…」 ど、どうしよ… 「おーい!こんな所に居たか!転校生ども!!」 ?1「あっ!先生だ!!」 ?2「あっ!もう行かなくちゃ遅れるよ!」 …と女の子2人は、走っていった。 先生「さっさと、こっちに来い。 」 私達は先生の後を、ついていった。 [newpage] ナツメ「あ、あのー…先生、此処は…」 先生「何処って、学校に決まってるだろ。 」 ナツメ「で、ですよね…」 先生「さて、えっーと名前は…」 ナツメ「私は、天野ナツメです。 」 アキノリ「有星アキノリです!」 トウマ「月浪トウマです。 」 先生「んっ…と。 」 先生は、紙に私達の名前を書いた。 先生「んじゃ…此処にある教科書と鞄と…」 先生が沢山の物を持ってきて、私達に渡した。 先生「さっさと、やれよ。 朝のHRが始まるからな。 」 ナツメ、アキノリ、トウマ「「「分かりました。 」」」 ナツメ「何だか分からないけど…私達、転校生ってなってるね。 」 トウマ「そうだね。 でも、如何して…」 アキノリ「これって、あれじゃん!『トリップ』だよ!きっと!」 ナツメ「トリップ?」 トウマ「確か、よくネットとかでキャラ達が違う世界に行っちゃうってやつだよね。 例えるなら、『転生したら、子供になっちゃった』の小説とか。 」 ナツメ「あっ!それ知ってる!面白いよね!」 アキノリ「真逆とは、思ったけど…流石にこれは『トリップ』だろ。 」 トウマ「元の世界に帰れないのかな?」 アキノリ「今のところは、手がかりもないし。 てか、分からないことだらけだよ…」 ナツメ「まずは、情報を…」 先生「コラッ!!お前等、さっさとしろ!! 」 ナツメ、アキノリ、トウマ「「「すいません!!」」」 先生「今日は、転校生達を紹介する。 入ってこい。 」 ガラッ うわぁ…皆見てるよ… 先生「自己紹介して。 」 ナツメ「初めまして、天野ナツメです。 」 「あの子、可愛いな。 」 小声 「確かに!」 小声 「あっー!!さっきの人達!」 先生「八尋、座れ。 」 八尋 ? 「す、すいません…」 あっ、あの子… さっきの… 先生「はい、次。 」 トウマ「初めまして。 僕は、月浪トウマです。 」 「あの子、かっこいいよね!」 小声 「イケメンねー!」 小声 先生「次。 」 アキノリ「初めまして、有星アキノリです。 」 「……あっ、うん。 」 小声 「だよねー」 小声 皆の小声で言ってることは、聞こえてるよー。 先生「席は…」 [newpage] ナツメ「ふぅー…なんとか、中には入れたね。 」 トウマ「でも、此処の生徒になったけどね…」 苦笑い アキノリ「それより!!なんで、俺の評価は…!!」 八尋 ? 「あの、天野さんと月浪くんと明星くんだよね?」 ナツメ「あっ!えっーと、貴方は…」 や、やし… 寧々「私、八尋寧々!宜しくね!」 寧々「んで、こっちは赤根葵。 」 葵「宜しくね!」 寧々「ねぇ、私達と喋る時はタメ口でいいからね!あと、呼び捨てで良いよ!」 ナツメ「分かった。 」 葵「ねぇ、3人とも知ってる?」 ナツメ「何が?」 葵「かごめ学園の七不思議。 」 トウマ「未だ…」 アキノリ「来たばかりだし…」 葵「んじゃ、教えてあげるね!」 『全部の正しい話を集めると、何かが起こるっだって。 』 アキノリ「七不思議といえば…」 ナツメ「あっ、トイレの…」 トウマ「あっ、トイレの花子さん?」 葵「七不思議で1番有名なのはね。 其れが、七不思議の7番目なの。 」 七不思議か。 そして、葵ちゃんは七不思議のことについて話してくれた。 [newpage] _放課後_ 葵「じゃーね!」 寧々「また明日ね!バイバイ!」 葵ちゃんと寧々ちゃんに手を振った。 アキノリ「んじゃ、七不思議を調べるか!」 トウマ「そうだね。 」 ナツメ「んじゃ、行こ!」 _旧校舎 3階 女子トイレ_ ナツメ「此処だね。 」 トウマ「確か、3番目だよね。 」 アキノリ「んじゃ、やるぞー!」 トイレの花子さんの呼び出し方は、まずノックを3回。 コンコンコンッ そして、『花子さん、花子さん。 いらっしゃいますか?』と言う。 ナツメ、アキノリ、トウマ「花子さん、花子さん。 いらっしゃいますか?」 「はーあーい。 」 ナツメ「っ…!」 アキノリ「返事が返ってきた!」 トウマ「うんっ…!」 ギィーと個室が開く。 ナツメ「でも、誰いないよ?」 アキノリ「ナツメ、妖怪ウォッチで!」 ナツメ「そっか!」 私が妖怪ウォッチでトイレの中を照らそうとしたら… 「こっちだよ。 」 …と後ろから声がしたので、振り返った。 ナツメ「ってあれ?男の子?」 アキノリ「触れてみる…」 男の子の体を触ろうとしたが… スゥー… アキノリ「触れないな。 」 トウマ「透ける体、人魂、昔の制服…君は…」 「俺は怪異さ。 学園七不思議が7番目、『トイレの花子さん』。 初めまして。 」 ナツメ「怪異って、妖怪じゃないの?」 花子さん「そこまでは知らないよ。 」 アキノリ「でも、ちょっとまてよ!花子さんといえば、『おかっぱ頭』で『赤いスカート』を着てるし!しかも、女の子でしょ!なのに、何故男の子なんだよ!」 花子さん「そーゆーの最近流行らないんだよねー。 あと、花子くんって呼んで?」 ナツメ、トウマ、アキノリ「「「怪異に流行りってあるだ…」」」 花子さん「まぁ、確かに俺は男だよ。 でも性別以外は、君達が聞いた噂の通り_」 花子さん「何か一つを代償に呼び出した者の願いを叶える。 」 花子さん「君達にもあるんだろ?聞かせてよ、願い事。 」 アキノリ「あのなぁー、俺達は七不思議を調べに来たんだ。 別に願い事なんか…」 花子さん「ふぅーん…」 目を細める ナツメ「実は私達、この世界にトリップして来たらしいの。 」 花子さん「トリップ?」 花子さん「あっー。 トリップね。 そうなんだー。 」 アキノリ「マジで!!」 ナツメ、トウマ「「アキノリ…」」 アキノリ「あっ!いけない、いけない…」 アキノリ「どうしても教えてくれないなら……力づくで…!」 私達が戦おうとしたら… 「だめーー!!!」 ナツメ「って、寧々ちゃん!?なんで…」 花子さん「あっ、ヤシロ!」 えっ!寧々ちゃん、花子さんの知り合いなの!?.

次の

あにてれ :「近頃のトイレの花子さん」「妖怪しきるん蛇」「コマさん探検隊! 完全踏破 恐怖のジャングル・アマゾン奥地3000キロ! 謎の原始超人『ダノタ・ツサンオ』は実在した!」

妖怪 ウォッチ トイレ の 花子 さん

概要 [ ] 「誰もいないはずの学校のトイレで、ある方法で呼びかけると『花子さん』から返事が返ってくる」というもの。 赤いをはいた、おかっぱ頭の女の子の姿が最も有名である。 白いワイシャツを着ているともいう。 それ以外の噂の詳細は、地方により異なる。 最もポピュラーな噂は• 「学校の校舎3階のトイレで、扉を3回ノックし、『花子さんいらっしゃいますか?』と尋ねる行為を一番手前の個室から奥まで3回ずつやると3番目の個室からかすかな声で「はい」と返事が返ってくる。 そしてその扉を開けると、赤いスカートのおかっぱ頭の女の子がいてトイレに引きずりこまれる」というもの。 古くは頃から流布されていた「 三番目の花子さん」と呼ばれる都市伝説が原型であるとされる。 頃から全国の子供たちの間で噂になり、には映画、漫画など、様々な作品に登場した。 テレビ番組の収録中に花子さんとされる声が録音されたこともあるという。 噂に見る「人物像」 [ ] 「花子さん」のルーツとして• 「休日の学校に遊びに来ていた少女が変質者に追われ、トイレの3番目の個室に隠れたが見つかって殺害された 」• 「生前、父親から虐待を受けていた少女の霊で、おかっぱ頭はその時の傷を隠すため 」• 「の図書館の窓から落ちて死んだ少女の霊 」 などが語られる。 のある学校のゴミ捨て場、またはのある学校の体育館の裏に花子さんの墓があるとの説もある。 また「柿の木から柿をもいで老人ホームに届けていた少女が、交通事故で死んだ後に霊となってその木の上に住み着いた」、という「柿の木の上の花子さん」という話も伝わる。 霊となる前の生前の人物像については、本名は 長谷川花子で1879年 明治12年 生まれ、牛乳が嫌いで白系の色も嫌い、赤系と青系の色が好き、学校では卓球部に所属、花粉症などの情報がある。 バリエーションとしては、• 花子さんに「遊びましょ」と呼びかけると「はーい。 何して遊ぶ? 」と聞かれる。 この時、「首絞めごっこ」と答えると本当に首を絞められて殺されると続く場合も。 では、トイレを出る際「花子さん」と呼ぶと返事があり、嫌な声で返事をされたときには何か起こる、と伝わる。 山形県の別説では、「花子さんの正体は3つの頭を持つ体長3メートルの大トカゲで、女の子の声で油断した相手を食べる」、というものもある。 黒沢尻町では、3番目の個室に入ると「3番目の花子さん」と声がして、床穴から白い大きな手が現れる。 では、花子さんと遊ばないと追いかけられる、と伝わる。 では、「女子トイレにハナコさん、さらに男子トイレにはヨースケさんがいて、呼びかけて3秒以内に逃げないと殺される」、「男子トイレで便器の周りを3回回って「ハナコさん」と呼ぶと、便器から血だらけの手が現れる」、と伝わる。 では、1番目のトイレには花子さんの父、2番目には母、4番目は妹、5番目に弟、男子トイレの2番目に祖父がおり、これらを呼ぶと「うちの花子に何か用か?」と聞かれる。 ほかにも花男、小花子という名の親戚もおり、これら親戚筋のの一族が毎年で集会を開き、その年の方針を決めている、ボーイフレンドに太郎というお化けがいて、深夜の学校の体育館でバスケットボールをしている。 女子トイレのマークの消えかかった箇所を花子さんがペンで直していたので、「ご苦労さま」と声をかけると「日頃みんなを脅かしているお礼です」と言って消えた。 では花子さんを呼ぼうとトイレのドアをノックすると、標準語で「危ないわね、やめなさいよ」と声が返った。 少年が学校のグラウンドで転んで膝に小さな傷を負ったが、この傷に「花子菌」が感染し、傷口のかさぶたの下に小さなキノコが群生した。 ある学校に花菜子(かなこ)と花世子(かよこ)という名の双子の姉妹がおり、花菜子が事故死した後、花世子が花菜子の幽霊と間違われることを苦に自殺し、その幽霊が「双子の花子」として現れるようになった。 のある小学校では、3階の女子トイレの奥で「花子さーん」と呼ぶと「なーに? 」と声が返り、16時過ぎにトイレで「花子さん、ごめんなさい」と言うと「いいのよ」と声が返る。 のある小学校では、校内に旧式の汲み取り式便器があり、そこで3回回って「花子さーん」と呼ぶと「はーい」と返事が返る。 のある小学校では、トイレの4番目のドアを15回ノックして「花子さん、遊びましょ」と呼ぶと「はーい」と返事が返る。 3番目のトイレに入るときには5回ノックして「花子さん」と3回呼ばなければドアが開かない。 無理に開けようとすると金縛りや神隠しに遭う。 などの話が伝わる。 「花子さん」の噂は日本各地に広まっているが、これらの花子さんはすべて従姉妹同士との説もある。 また、名前が「花子さん」以外の噂もあり• では、女子トイレの3番目の個室をノックして「ゆきこさーん」と呼ぶと「はーい」と返事が返る。 では、2階のトイレの2番目の個室で3回回って「みーちゃん」と呼んで水を流すと「はーい」と返事が返る。 といったバリエーションがある。 花子さんの撃退方法として、遭ったときは100点の答案を見せると悲鳴を上げて消え去るという説もある。 民間信仰との関連 [ ] 日本ではから初期にかけて(トイレの)の信仰が盛んで、赤や白の女子の人形や、美しい花飾りを便所に供えることで厠神が祀られていた。 戦後において厠神の信仰が廃れた後も、トイレにが飾られていることが多いのは、こうした風習の名残とみられている。 トイレの花子さんの服が赤や白であること、名前が「花子」であるのは、こういった風習に由来するとの説もある。 「花子さん」が登場する作品 [ ] 「トイレの花子さん」を扱った作品は非常に多く、マスコットキャラ的な登場も多い。 ここでは、「花子さん」がメインの作品を挙げる。 映画 [ ] トイレの花子さん [ ] 、系公開。 花子さんは悪霊ではなく、の守護霊的存在。 終盤、変質者から子供たちを救うものの、直接登場はしない。 日本国内においてビデオ化・LD化はされているが、DVD化はされていない(台湾では鬼娃娃花子2のタイトルでDVD化されている)。 5億円。 スタッフ• 監督:• 脚本:、松岡錠司• 音楽:矢倉邦晃、• 撮影:• 照明:市川元一• 美術:斎藤岩男• 録音:辻井一郎• 編集:• 助監督:、七字幸久、仰木豊、板庇竜彦、白石克則• スクリプター:川野恵美• 製作担当:及川義幸• 音響効果:渡部健一()• アクションコーディネーター:斎藤英雄(ナンバーワンプロモーション)• ボディスタント:清水武尊、石澤成未• フォークダンス指導:穂保美佐子• 特殊車両:スーパードライバーズ• 音楽協力:松竹音楽出版、• タイトル:• 現像:• スタジオ:、• MA:にっかつスタジオセンター• プロデュース:榎望、梅川治男• 製作者:中川滋弘、中澤敏明• 製作協力:株式会社タイムズイン、 株式会社パキッシュ• 製作:松竹 キャスト• 水野冴子:• 坂本拓也:• 坂本なつみ:• 鈴木百合子:• 坂本雄二:• 坂本翼:• 加藤ヒロシ:• 太田加奈子:• 宮崎由紀:• 久保田先生:• 校長先生:• 変質者:• ヒロシの父:• ヒロシの母:• 女子児童: 挿入歌• 「I Wish…」 主題歌• 前田愛「」• 「ひとひと」(イメージソング) 新生 トイレの花子さん [ ] 、系公開。 舞台はで、花子さんの伝説は出るものの、その実体は和の悪霊であった。 タイトルは「新生」だが、前述の松竹版との関連は無く、向けを意識した松竹版より本格的な。 キャッチコピーは「 この学校の怪談が一番怖い。 日本国内ではビデオ化・DVD化はされている(台湾では鬼娃娃花子のタイトルでDVD化されている)。 スタッフ• 監督:• 脚本:• 音楽:• 選曲:• 助監督:、、、• スタントコーディネーター:• 音響効果:、• 現像:• MA:東宝サウンドスタジオ• 技術協力:• プロデューサー:伊藤満、南條昭夫、野村敏哉、渡邉範雄• 企画:尾越浩文、遠藤茂行• 製作協力:タイムズイン• 製作:東映、、アルカディア・ピクチャーズ キャスト• 倉橋里美:• 鹿島玲子:• 沢口香苗:• 間宮悦子:• 柏木浩輔:• 矢部:()• 浅岡:• 安城みゆき:• 北村真理:• 倉橋武雄:• 倉橋暎子:• 倉橋かおり:• 僧侶:• 養護教諭:• 教師:、、 主題歌• 「」 トイレの花子さん 新劇場版 [ ] 公開。 舞台は田舎町の高校。 スタッフ• 監督:• 脚本:• 製作:、• プロデューサー:、、、、、、• 撮影:• 音楽:• 配給:、• 製作:、チャンス・イン キャスト• 長沢さよ:• 小山貴子:• 佐伯達也:• 佐伯真帆:• 木下恵子:• 恵子の取り巻き:()、()• 花子:• さよの母:• さよの祖母:• 校長先生:• 佐伯達也(幼少期):• 小山貴子(幼少期):• クラスメイト:桜衣かれん(青SHUN学園)、(青SHUN学園)、石井晶子(青SHUN学園)、原田真帆(青SHUN学園)、佐藤彩(青SHUN学園)、濱崎愛華(青SHUN学園) 主題歌• 上野優華「君といた空」 トイレの花子さん新章 〜花子VSヨースケ〜 [ ] 7月2日公開。 監督は、主演は()。 スタッフ• 監督 -• 原案 -• 脚本 - キャスト• 雫音 - ()• ミカ - ()• ジョー - ()• 村上亜季 -• 水峰美代 -• 河嶋泉 - 加藤明子• 村上優弥 -• マサト - 深澤恒太• タケル -• 花子 - 遠藤未悠• ヨースケ - 青山和也• 仁 - 主題歌• 「ファンタスティックパレード」 オリジナルビデオ [ ] トイレの花子さん [ ] 、製作・発売:ポニーキャニオン。 「消えた少女の秘密」と「恐怖校舎」の2巻からなる スタッフ• 監督:佐々木正人• 脚本:• 音楽:斉藤修 キャスト• 鈴木夕佳• 学校の都市伝説 トイレの花子さん [ ] 、いじめを受けて自殺した「池谷花子」の亡霊という設定になっている。 とでロケが行われた。 後述の「ビギニング オブ トイレの花子さん イジメ」から始まる物語に内容が酷似。 スタッフ• 監督:• 脚本:田中智章、吉田浩太• 音楽:• 製作者:小林洋一、仲尾雅至、大橋孝史• プロデューサー:宇田川和恵、小野直樹、上野慎介• 製作:、TCエンタテインメント、トルネード・フィルム キャスト• 沢口美香:(幼少期:金城成美)• 新田浩一:• 池谷花子:坂野真理• 神谷花子:• 校長:• 保健室の先生:• 、、 ほか ビギニング オブ トイレの花子さん イジメから始まる物語 [ ] 、転校先の学校でいじめにあう主人公の周囲でいじめっ子たちが行方不明になる。 前述の学校の都市伝説 トイレの花子さんに内容が酷似。 スタッフ• 監督:柴山健次• 脚本:、小田泰之• 音楽:加藤久貴• 製作プロデューサー:小田泰之• プロデューサー:薄井三佳• 撮影:藤田秀紀• 助監督:片山雄一• 製作:アムモ98 キャスト• 柊花子:• 良太:• 山本愛:• 熊谷奈菜:• 平野葉月:• 吉岡彩:• 先生: など。 劇場アニメ [ ] トイレの花子さん [ ] 公開 スタッフ• 原作:KKベストセラーズ• 監督:• 作画監督:• 脚本:平見瞠• 音楽:• キャラクターデザイン:• 演出:• 美術監督:中村隆• 撮影監督:やまぐちとしあき• 音響監督:• 効果:神保大介• 録音:阿部幸男• 音楽ミキサー:室克巳• 録音スタジオ:アバコクリエイティブスタジオ 松本登• タイトル:石田功• 編集:中溝哲生• 制作協力:• 制作:マルチボックス• プロデューサー:辻本幸七• 製作:映画「忍たま乱太郎」製作委員会 キャスト• 花子さん:• 宮野かおり:• 小林なおや:• 野原ゆり:• 猪俣実香:• 石渡タクミ:• 上岡山大介:• 岩山岩男先生:• 石川よしこ先生:• 骨皮教頭先生:• オバケ大王:• ウーパー:• ルーパー:• 冒頭の声:、 児童文学 [ ] 学校のコワイうわさ 花子さんがきた!! [ ]• 『THE都市伝説』、2004年、9頁。 2014年4月14日時点のよりアーカイブ。 2014年11月3日閲覧。 , p. 142-145. 124-126. 高橋敏弘「」『西郊民俗』第132号、西郊民俗談話会、1990年9月、 31頁、 、 2014年11月3日閲覧。 松谷みよ子『現代民話考』第2期 II、立風書房、1987年、97頁。 常光徹『』8、講談社〈講談社KK文庫〉、1996年、157頁。 63-66. 『放課後のトイレはおばけがいっぱい』日本民話の会・学校の怪談編集委員会編、〈学校の怪談〉、1991年、37-38頁。 「1995年邦画作品配給収入」『』(8年)下旬号、、1996年、 161頁。 MANTANWEB 毎日新聞デジタル. 2013年5月4日. 2013年5月4日閲覧。 映画ナタリー. 2016年4月23日. 2016年4月25日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年4月23日. 2016年4月25日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年4月25日. 2016年4月25日閲覧。 参考文献 [ ]• 『』〈講談社KK文庫〉、1990年。 『最強の都市伝説』、2007年。 並木伸一郎・他『DISCOVER妖怪 日本妖怪大百科』VOL. 10、講談社コミッククリエイト編、講談社〈KODANSHA Official File Magazine〉、2008年。 『本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑』、2007年。 関連項目 [ ]• 3Dサウンドホラーハウス「新生トイレの花子さん」• のアトラクション。 1998年の東映版映画をもとにしている。 ()の過去のリングネームとして「トイレの花子さん」がある。 外部リンク [ ]• (1995年)• (1996年 - 1998年)• (1998年)• シリーズ(1998年、2014年)• (1998年 - 現在)• シリーズ(1999年、2004年)• (1999年 - 2000年)• (2000年)• 美少女生活(2001年 - 2002年)• (2001年)• (2002年、第5話まで)• (2004年 - 2005年)• シリーズ(2005年 - 2006年、2008年、2010年)• (2006年)• (2009年)• (2009年 - 2011年)• (2010年、第4話)• (2012年)• シリーズ(2012年、2015年)• シリーズ(2013年、2015年)• (2016年)• シリーズ(2016年 - 2018年)• (2019年、第1話)• (2019年) OVA.

次の

妖怪ウォッチJam 妖怪学園Y~Nとの遭遇~「第7話」

妖怪 ウォッチ トイレ の 花子 さん

ナツメside 今日も怪奇案件を解決するべく、調査をしてる。 トウマ「手がかりはないな…」 ナツメ「そうよね…」 アキノリ「あっーもう!なんで!アヤメさんがいないんだー!!!!!」 ナツメ「アキノリ、うるさいよ。 」 アキノリ「ごめん!」 今日は、アヤメちゃんは家の用事で来られないらしくって、だからアキノリがずっーとアヤメちゃんのことばかり言ってるのだ。 トウマ「ケースケは?」 ナツメ「友達とお出かけしてるの。 凄く楽しみにしてたよ、ケースケ。 」 トウマ「そっか。 」 話しながら、歩いていると… アキノリ「さぁーて、んっ?」 アキノリ「此処、何処だ!?」 ナツメ「って、あれ!?確かに!」 トウマ「知らないところだね。 」 アキノリ「こういう時には、スマホだ!」 アキノリ「えっーと……嘘だろー、ここ圏外じゃん!!」 ナツメ「駄目じゃん!!」 トウマ「どうしよ…」 と、考えて数分後。 アキノリ「取り敢えず、歩こう。 歩いとけば、電波がある所に行けるさ!」 トウマ「そうだね。 」 ナツメ「んじゃ、行こ。 」 アキノリ「んっ?此処は、学校か?」 ナツメ「なになに……『かごめ学園』?」 トウマ「僕達の知ってる学校じゃないね。 やっぱり、此処は知らないところだね。 」 アキノリ「取り敢えず、中に入る?」 ナツメ「駄目でしょ!流石に!」 アキノリ「なんで!」 トウマ「アキノリ、此処は学校だよ?」 アキノリ「あっ……」 アキノリ「そうだったー!!!」 私達が困っていると… ?1「どうしたんですか?」 ?2「……?」 声の方をみると、女の子が2人立っていた。 ナツメ「あっ、え、えっーと……」 アキノリ「道に迷ってて…」 トウマ「……」 頷く ?1「あっ!もしかして、転校生さん達ですか!」 ナツメ、アキノリ、トウマ「「「えっ…?」」」 ?1「だって、貴方達…。 私達と同じ制服着てるし…」 …と女の子が言ってる。 真逆と思い、私達の服をみると… アキノリ「う、嘘!?さっきまで、こんなの着てなかったのに…!?」 トウマ「どういうことだ…?」 ナツメ「何が何だか、分からないよー!」 ?2「あ、あのー…」 ナツメ「あっ、これはそのー…」 ど、どうしよ… 「おーい!こんな所に居たか!転校生ども!!」 ?1「あっ!先生だ!!」 ?2「あっ!もう行かなくちゃ遅れるよ!」 …と女の子2人は、走っていった。 先生「さっさと、こっちに来い。 」 私達は先生の後を、ついていった。 [newpage] ナツメ「あ、あのー…先生、此処は…」 先生「何処って、学校に決まってるだろ。 」 ナツメ「で、ですよね…」 先生「さて、えっーと名前は…」 ナツメ「私は、天野ナツメです。 」 アキノリ「有星アキノリです!」 トウマ「月浪トウマです。 」 先生「んっ…と。 」 先生は、紙に私達の名前を書いた。 先生「んじゃ…此処にある教科書と鞄と…」 先生が沢山の物を持ってきて、私達に渡した。 先生「さっさと、やれよ。 朝のHRが始まるからな。 」 ナツメ、アキノリ、トウマ「「「分かりました。 」」」 ナツメ「何だか分からないけど…私達、転校生ってなってるね。 」 トウマ「そうだね。 でも、如何して…」 アキノリ「これって、あれじゃん!『トリップ』だよ!きっと!」 ナツメ「トリップ?」 トウマ「確か、よくネットとかでキャラ達が違う世界に行っちゃうってやつだよね。 例えるなら、『転生したら、子供になっちゃった』の小説とか。 」 ナツメ「あっ!それ知ってる!面白いよね!」 アキノリ「真逆とは、思ったけど…流石にこれは『トリップ』だろ。 」 トウマ「元の世界に帰れないのかな?」 アキノリ「今のところは、手がかりもないし。 てか、分からないことだらけだよ…」 ナツメ「まずは、情報を…」 先生「コラッ!!お前等、さっさとしろ!! 」 ナツメ、アキノリ、トウマ「「「すいません!!」」」 先生「今日は、転校生達を紹介する。 入ってこい。 」 ガラッ うわぁ…皆見てるよ… 先生「自己紹介して。 」 ナツメ「初めまして、天野ナツメです。 」 「あの子、可愛いな。 」 小声 「確かに!」 小声 「あっー!!さっきの人達!」 先生「八尋、座れ。 」 八尋 ? 「す、すいません…」 あっ、あの子… さっきの… 先生「はい、次。 」 トウマ「初めまして。 僕は、月浪トウマです。 」 「あの子、かっこいいよね!」 小声 「イケメンねー!」 小声 先生「次。 」 アキノリ「初めまして、有星アキノリです。 」 「……あっ、うん。 」 小声 「だよねー」 小声 皆の小声で言ってることは、聞こえてるよー。 先生「席は…」 [newpage] ナツメ「ふぅー…なんとか、中には入れたね。 」 トウマ「でも、此処の生徒になったけどね…」 苦笑い アキノリ「それより!!なんで、俺の評価は…!!」 八尋 ? 「あの、天野さんと月浪くんと明星くんだよね?」 ナツメ「あっ!えっーと、貴方は…」 や、やし… 寧々「私、八尋寧々!宜しくね!」 寧々「んで、こっちは赤根葵。 」 葵「宜しくね!」 寧々「ねぇ、私達と喋る時はタメ口でいいからね!あと、呼び捨てで良いよ!」 ナツメ「分かった。 」 葵「ねぇ、3人とも知ってる?」 ナツメ「何が?」 葵「かごめ学園の七不思議。 」 トウマ「未だ…」 アキノリ「来たばかりだし…」 葵「んじゃ、教えてあげるね!」 『全部の正しい話を集めると、何かが起こるっだって。 』 アキノリ「七不思議といえば…」 ナツメ「あっ、トイレの…」 トウマ「あっ、トイレの花子さん?」 葵「七不思議で1番有名なのはね。 其れが、七不思議の7番目なの。 」 七不思議か。 そして、葵ちゃんは七不思議のことについて話してくれた。 [newpage] _放課後_ 葵「じゃーね!」 寧々「また明日ね!バイバイ!」 葵ちゃんと寧々ちゃんに手を振った。 アキノリ「んじゃ、七不思議を調べるか!」 トウマ「そうだね。 」 ナツメ「んじゃ、行こ!」 _旧校舎 3階 女子トイレ_ ナツメ「此処だね。 」 トウマ「確か、3番目だよね。 」 アキノリ「んじゃ、やるぞー!」 トイレの花子さんの呼び出し方は、まずノックを3回。 コンコンコンッ そして、『花子さん、花子さん。 いらっしゃいますか?』と言う。 ナツメ、アキノリ、トウマ「花子さん、花子さん。 いらっしゃいますか?」 「はーあーい。 」 ナツメ「っ…!」 アキノリ「返事が返ってきた!」 トウマ「うんっ…!」 ギィーと個室が開く。 ナツメ「でも、誰いないよ?」 アキノリ「ナツメ、妖怪ウォッチで!」 ナツメ「そっか!」 私が妖怪ウォッチでトイレの中を照らそうとしたら… 「こっちだよ。 」 …と後ろから声がしたので、振り返った。 ナツメ「ってあれ?男の子?」 アキノリ「触れてみる…」 男の子の体を触ろうとしたが… スゥー… アキノリ「触れないな。 」 トウマ「透ける体、人魂、昔の制服…君は…」 「俺は怪異さ。 学園七不思議が7番目、『トイレの花子さん』。 初めまして。 」 ナツメ「怪異って、妖怪じゃないの?」 花子さん「そこまでは知らないよ。 」 アキノリ「でも、ちょっとまてよ!花子さんといえば、『おかっぱ頭』で『赤いスカート』を着てるし!しかも、女の子でしょ!なのに、何故男の子なんだよ!」 花子さん「そーゆーの最近流行らないんだよねー。 あと、花子くんって呼んで?」 ナツメ、トウマ、アキノリ「「「怪異に流行りってあるだ…」」」 花子さん「まぁ、確かに俺は男だよ。 でも性別以外は、君達が聞いた噂の通り_」 花子さん「何か一つを代償に呼び出した者の願いを叶える。 」 花子さん「君達にもあるんだろ?聞かせてよ、願い事。 」 アキノリ「あのなぁー、俺達は七不思議を調べに来たんだ。 別に願い事なんか…」 花子さん「ふぅーん…」 目を細める ナツメ「実は私達、この世界にトリップして来たらしいの。 」 花子さん「トリップ?」 花子さん「あっー。 トリップね。 そうなんだー。 」 アキノリ「マジで!!」 ナツメ、トウマ「「アキノリ…」」 アキノリ「あっ!いけない、いけない…」 アキノリ「どうしても教えてくれないなら……力づくで…!」 私達が戦おうとしたら… 「だめーー!!!」 ナツメ「って、寧々ちゃん!?なんで…」 花子さん「あっ、ヤシロ!」 えっ!寧々ちゃん、花子さんの知り合いなの!?.

次の