テプラ カタカナ 入力。 小さい「い」等の打ち方

[FAQ番号:010919]「ゐ」「ヰ」「ゑ」「ヱ」「々」を入力する|FAQ Search|エプソンダイレクト

テプラ カタカナ 入力

まず最初にご紹介するテプラの使い方は、書類整理です。 書類はよくファイルなどに挟んで保管しているという人も多くいると思いますが、中に挟んでいる書類を探す場合、ファイルの外に記載しておく必要があります。 そこで役に立つのが、テプラ。 テプラはラベルシールのようなものですので、ラベルライターを使用し、中に挟んである書類がどのような書類なのかを把握するために、テプラを貼っておけばよいのです。 テプラを貼ってあると貼ってないとでは、書類を探す手間も省けます。 また、すぐに必要な時でも、さっと書類を取り出すことができるため時短にもなります。 文字が長いものであれば2行に分けて書いたり、目の悪い人のことを考えて太字にしたり、1年おきに書類を仕分けしておきたいのであれば、数字を記載して置いたりと、分かりやすく書いて貼っておくだけで、書類整理もかなり楽です。 また、見やすいようにファイルの背見出しに貼る場合は縦書きがおすすめです。 続いてご紹介するテプラの使い方は、宛て名作成です。 文字に自信がない人にとってテプラは強い味方。 例えば取引先などに書類を郵便で届けたい場合、きれいな字を書こうと努力はしますが、中々うまく書けないという人もいるともいます。 そんな時は、ラベルライダーを使用し、送りたい相手の住所や名前を打ち込んで、後はテプラとして印刷するだけ。 テプラにした後は、封筒などにそのまま貼って自信をもって送ることができます。 この場合、相手先の住所より名前の方を少し太字にし2行以上で書いた方が見栄えも良いです。 また、よく書類を送る相手であればまとめてテプラを作っておいて、後は保管しておくという方法も便利です。 テプラは、縦書きも横書きもできるものですが、書類の場合は、横書きがおすすめです。 続いてご紹介するテプラの使い方は、スイッチです。 家の中では困ることはないと思いますが、大きな会社などには、一つの部屋に様々な電気スイッチがまとめてつけてある場所もあると思います。 そのような場合、ほとんどが同じ形で同じ色のスイッチ。 どのスイッチがどの電気のスイッチかなど覚えるのも大変と言った場合は、テプラの出番です。 テプラに一つ一つのスイッチの場所を記載して、スイッチ本体に貼っていく。 たったそれだけで、どのスイッチがどの電気のスイッチなのか一目瞭然。 使わない場所のスイッチをいちいち消す手間も省けます。 また、とりあえず全部つけようと言った無駄な電気代を省くこともできます。 スイッチ用のテプラを作る場合は、太字で必要ならばカタカナ、そしてスイッチの中にしっかりと貼れるように、縦書きではなく、横書きがおすすめです。 続いてご紹介するラベルライターは、「ダイモ テープライター」。 上記の2つに比べて変わった形をしていますが、この商品もラベルライターです。 このラベルライターで打ち込めるのは、カタカナ、ひらがな、アルファベット、数字、記号のみ。 本体のダイヤルを回しながら一文字ずつ文字を打ち込んでいくというスタイルです。 そのため、文字の変更もダイヤルで選ぶだけ。 使い方も非常に簡単で、どこにでも持ち運ぶことはできますが、機能性としては上記の2つには劣ります。 がしっかりとテープライターの役目を果たしてくれていることは確か。 濡れるような屋外に貼っていてもはがれにくいと、購入者の方からも評価いただいています。 数字やカタカナだけが打ち込めればよいという人にはおすすめのラベルライターです。

次の

テプラの使い方について教えてください。

テプラ カタカナ 入力

ローマ字変換で入力するとき、うまく変換できない場合があります。 「ず」と「づ」を正しく使い、「ディ」「ヵ」などの文字の入力方法を覚える必要があります。 まず、日本語の入力方法ですが、2つの方法があります。 かな変換と、ローマ字変換です。 私は、ローマ字変換が良いと思います。 かな変換だと覚えなければならないキーが増えますし、4段目のキー(数字キー)も使うので、かなり大変です。 かな変換入力は、ローマ字変換入力に比べて、キー入力が少ないのですが、人間の思考を文章にするときは、ローマ字変換で問題なく打っていけます。 かな変換入力と、ローマ字変換入力の簡単な切り替え方法は、「ALT」キーと「カタカナひらがな ローマ字」キーを同時に押すことで、切り替えができます。 本題のローマ字変換入力で、迷ってしまう文字ですが、いくつかピックアップしました。 ゐ WI 、ゑ WE 、を WO• ウィ WI 、ウェ WE• ヴァ VA 、ヴィ VI 、ヴ VU 、ヴェ VE 、ヴォ VO• ヂャ DYA 、ヂィ DYI 、ヂュ DYU 、ヂェ DYE 、ヂョ DYO• デャ DHA 、ディ DHI 、デュ DHU 、デェ DHE 、デョ DHO• テャ THA 、ティ THI 、テュ THU 、テェ THE 、テョ THO 小さい文字 ァ, ィ, ゥ, ェ, ォ, ヵ)は、XA, XI,,, XKAや、LA, LI,,, LKAというように、「X」や「L」に続けて打ちます。 先ほどの「ウィ」などの文字が、どうしても思いつかなかった場合、「ウ」 U と「ィ」 XI を2つ打てば表現できます。 また、小さいツ ッ は、子音を重ねて入力しますが、「XTU」でも入力できます。 漢字変換する場合に、難しいのは、「ず」と「づ」をきちんと使い分けないと正しい漢字候補が出てこないことです。 「難しい」という字は、「MUZUKASHII」と打ちますが、「MUDUKASHII」では変換されません。 IMEの設定で、間違っても変換できるように設定できますが、正しい日本語を覚えるためにもお勧めしません。 記号で、良く使う文字として、「? 一度試せばいいので、特に気にする事は無いと思います。 ちなみに、「~」は、「KARA」や「NYORO]と打って変換します。 IMEに様々な辞書を登録する事により、英語をカタカナで書いて、カタカタから英語に変換できたり、「KAO」を変換すると顔文字を表示できたり、郵便番号から住所に変換する事もできます。 カーソルキーを使って、単語ごとに変換する方法や、「無変換キー」で、一発でカタカタに変換する方法もありますが、ブラインドタッチの話からどんどん外れてしまいますので、この辺にしておきます。 また別途記事にしたいと思います。 ブラインドタッチができたら、キー入力の効率をアップするため、コントロールキーを使ったショートカットを2,3個覚えるとさらに良いと思います。 次回は、キー入力の効率化について書いてみます。 153•

次の

テプラの使い方について教えてください。

テプラ カタカナ 入力

まず最初にご紹介するテプラの使い方は、書類整理です。 書類はよくファイルなどに挟んで保管しているという人も多くいると思いますが、中に挟んでいる書類を探す場合、ファイルの外に記載しておく必要があります。 そこで役に立つのが、テプラ。 テプラはラベルシールのようなものですので、ラベルライターを使用し、中に挟んである書類がどのような書類なのかを把握するために、テプラを貼っておけばよいのです。 テプラを貼ってあると貼ってないとでは、書類を探す手間も省けます。 また、すぐに必要な時でも、さっと書類を取り出すことができるため時短にもなります。 文字が長いものであれば2行に分けて書いたり、目の悪い人のことを考えて太字にしたり、1年おきに書類を仕分けしておきたいのであれば、数字を記載して置いたりと、分かりやすく書いて貼っておくだけで、書類整理もかなり楽です。 また、見やすいようにファイルの背見出しに貼る場合は縦書きがおすすめです。 続いてご紹介するテプラの使い方は、宛て名作成です。 文字に自信がない人にとってテプラは強い味方。 例えば取引先などに書類を郵便で届けたい場合、きれいな字を書こうと努力はしますが、中々うまく書けないという人もいるともいます。 そんな時は、ラベルライダーを使用し、送りたい相手の住所や名前を打ち込んで、後はテプラとして印刷するだけ。 テプラにした後は、封筒などにそのまま貼って自信をもって送ることができます。 この場合、相手先の住所より名前の方を少し太字にし2行以上で書いた方が見栄えも良いです。 また、よく書類を送る相手であればまとめてテプラを作っておいて、後は保管しておくという方法も便利です。 テプラは、縦書きも横書きもできるものですが、書類の場合は、横書きがおすすめです。 続いてご紹介するテプラの使い方は、スイッチです。 家の中では困ることはないと思いますが、大きな会社などには、一つの部屋に様々な電気スイッチがまとめてつけてある場所もあると思います。 そのような場合、ほとんどが同じ形で同じ色のスイッチ。 どのスイッチがどの電気のスイッチかなど覚えるのも大変と言った場合は、テプラの出番です。 テプラに一つ一つのスイッチの場所を記載して、スイッチ本体に貼っていく。 たったそれだけで、どのスイッチがどの電気のスイッチなのか一目瞭然。 使わない場所のスイッチをいちいち消す手間も省けます。 また、とりあえず全部つけようと言った無駄な電気代を省くこともできます。 スイッチ用のテプラを作る場合は、太字で必要ならばカタカナ、そしてスイッチの中にしっかりと貼れるように、縦書きではなく、横書きがおすすめです。 続いてご紹介するラベルライターは、「ダイモ テープライター」。 上記の2つに比べて変わった形をしていますが、この商品もラベルライターです。 このラベルライターで打ち込めるのは、カタカナ、ひらがな、アルファベット、数字、記号のみ。 本体のダイヤルを回しながら一文字ずつ文字を打ち込んでいくというスタイルです。 そのため、文字の変更もダイヤルで選ぶだけ。 使い方も非常に簡単で、どこにでも持ち運ぶことはできますが、機能性としては上記の2つには劣ります。 がしっかりとテープライターの役目を果たしてくれていることは確か。 濡れるような屋外に貼っていてもはがれにくいと、購入者の方からも評価いただいています。 数字やカタカナだけが打ち込めればよいという人にはおすすめのラベルライターです。

次の