はねあげ 池袋本店。 はねあげ池袋本店(池袋東口/東池袋 居酒屋)のグルメ情報

一人2次会 はねあげ 池袋本店 第64回 池袋駅から目白、目白から高田馬場界隈散策 古河・上尾・小山カルチャーセンター「お江戸巡り㉒」 記録 Brasserie La・mujica : 中年夫婦の外食2

はねあげ 池袋本店

「池袋駅」東口から徒歩約3分のところにある「はねあげ 池袋本店」。 東口から出て、ビックカメラのある方へ進み、右へ曲がった小道に佇んでいます。 「池袋で朝までどうやって時間を潰そう…。 」とお悩みの方にもおすすめです。 「はねあげ 池袋本店」は、鶏料理を中心としたお料理をリーズナブルに召し上がることができます。 「はねあげ 池袋本店」でおすすめしたい料理は、 「手羽先唐揚」¥280(税抜)。 1人前を頼むと手羽先が3本ついているので、沢山の種類のおつまみを頼みたい方は、1皿頼んで分け合って食べるのもよさそう。 手羽先の味は甘口・辛口の2種類から選ぶことができます!筆者は、辛口を選びましたが胡椒が効いており、レモンサワーがぐびぐび進みました。 みんな大好き「レモンサワー」は¥280(税抜)、「ゆずハチミツサワー」は¥290(税抜)で飲めます。 時間や品数も幅広く用意されているので、自分の利用シーンに合ったものが見つかるはず! コース料理の中でも1番人気は、「3h飲み放題付《料理10品》ーお試しプランー」¥2,998(税抜)。 優しい味付けの創作和食は、素材の旨みを存分に感じることができますよ! 「ボリューム満点な肉料理をがっつり食べたい!」なんて時は、「STANDARD PARTY」¥4,500(税込)がおすすめ。 5時間全75種類の飲み放題と全9品の料理が堪能できるコースメニューです。 おろしにんにくポン酢とマスタードオニオンソースでいただく「合鴨と地鶏の2種のお肉カルパッチョ」、タンシチューをたっぷり閉じ込めた「自家製パイ生地ピザ」など。 23:30) 土・日・祝日 16:00~翌0:00(L. 23:30) 看板メニューである「つくね」の味は、なんと全14種類。 全て¥190(税抜)~¥260(税抜)という価格設定もありがたい…! 「塩」や「タレ」をはじめとした定番の味から、チーズがとろ〜っとつくねに絡む「つくねゴルゴンゾーラ」や 世界一辛い唐辛子を使った「ジョロキアつくね」といった変わり種まで。 5時間約60種類の飲み放題、全8品。 前日までの予約必須のメニューです。 程良く脂がのった大山鶏はとってもジューシー!噛むとじゅわ〜っと広がる旨味を、是非堪能していただきたい! 飲み放題のドリンクの中には、こだわりの日本酒はもちろん、「そば茶ハイ」や「ゆず梅酒」などあまり見かけないような気になるお酒もちらほら。 こちらはただのお刺身の盛り合わせではありません!一緒に提供される鉄板で、 自分好みにお刺身を炙ることができるメニューなんです。 14:00)/17:00〜23:00(L. 22:00) 土 11:30〜14:30(L. 14:00)/17:00~23:00(L. 「えび串」や「サバ塩焼き」、「殻つきホタテ」など9種の海鮮+6種の野菜の浜焼が食べ放題というコスパ抜群のメニューです。 目の前の網で自分たちで焼き上げる浜焼は、アツアツを食べられるから美味しさ倍増! 浜焼食べ放題の他にも、「枝豆」や「たこわさ」、「唐揚げ」など定番のおつまみや揚げ物7品と白ご飯が提供されるので、飽きることなく思う存分浜焼を満喫できるはずです。 また、プラス¥500(税抜)でハイボール・チューハイ・ソフトドリンクの飲み放題も追加可能。 お酒とともにコスパ良く海鮮をいただきたい方は是非訪れてみてくださいね! 【営業時間】 365日24時間営業 「てしごとや」で楽しめるのは、全国から厳選して仕入れられた魚を使った料理! 魚は毎朝旬のものを仕入れているので、その季節で特に美味しいものを新鮮なうちにいただくことができるんです。 初めて訪れる方は、素材の味をダイレクトに感じられるお刺身を是非召し上がっていただきたい!お刺身メニューのラインナップは毎日変わります。 どれも¥680(税抜)~¥950(税抜)程度です。 色々なお刺身を少しずついただきたい時は、「鮮魚盛合わせ」¥2,000(税抜)~を!こちらは、人数に合わせて好みの量を盛り付けてくれるメニューです。 全体的にコスパの良いメニューが多い「やきとん だいだら」。 多くのドリンクメニューが¥500(税抜)以下で注文できるので、飲めるだけ飲みたい人は嬉しいプライス。 日本酒にこだわりがあり、その日の仕入れによって異なる種類のお酒が用意されているので、何が飲めるかは行ってからのお楽しみ! 筆者おすすめの注文の組み合わせは、美味しい日本酒と「焼とん」。 「焼とん」とは、焼き鳥の調理方法で豚肉を串焼きにしたもので、こちらのお店では様々な部位の焼とんを堪能することができます。 1本¥90(税抜)で、てっぽう・はらみ・たんもとなど、13種類から選ぶことができます。 学生の方のデートにおすすめなのが、「学生コース」¥3,000(税抜)。 料理が3品付いて、2時間飲み放題でドリンクを注文できます。 サラダやお刺身、炊き込みご飯など、自慢の地魚を色々な料理で満喫できるコースメニューは、「ino」の魅力がギュッと詰め込まれています。 魚だけでなく、鳥・豚・牛などもバランスよく堪能できる贅沢なコース内容になっていますよ! コースメニューには飲み放題がついていないので、お酒も余すことなく堪能したいという時は「飲み放題」も一緒にいただきましょう!2時間¥1,500(税抜)、2. 5時間¥2,000(税抜)の飲み放題では、地酒や焼酎を含む、料理のよく会うこだわりのお酒を堪能できます。 【営業時間】 17:30〜翌2:00(L. 翌1:00) デート・女子会におすすめしたいメニューが、「ローストビーフ肉寿司食べ放題コース」¥2,990(税込)。 3時間60種類以上の飲み放題と全8品の料理が味わえます。 こちらはなんと、 「ローストビーフ肉寿司」と「フライドポテト」が食べ放題。 23:30 ドリンクL. 23:00) 土・日・祝日 17:00~翌0:00.

次の

池袋の24時間営業の居酒屋特集|コスパ最強!クーポンでさらにお得になる店も!

はねあげ 池袋本店

「池袋駅」東口から徒歩約3分のところにある「はねあげ 池袋本店」。 東口から出て、ビックカメラのある方へ進み、右へ曲がった小道に佇んでいます。 「池袋で朝までどうやって時間を潰そう…。 」とお悩みの方にもおすすめです。 「はねあげ 池袋本店」は、鶏料理を中心としたお料理をリーズナブルに召し上がることができます。 「はねあげ 池袋本店」でおすすめしたい料理は、 「手羽先唐揚」¥280(税抜)。 1人前を頼むと手羽先が3本ついているので、沢山の種類のおつまみを頼みたい方は、1皿頼んで分け合って食べるのもよさそう。 手羽先の味は甘口・辛口の2種類から選ぶことができます!筆者は、辛口を選びましたが胡椒が効いており、レモンサワーがぐびぐび進みました。 みんな大好き「レモンサワー」は¥280(税抜)、「ゆずハチミツサワー」は¥290(税抜)で飲めます。 時間や品数も幅広く用意されているので、自分の利用シーンに合ったものが見つかるはず! コース料理の中でも1番人気は、「3h飲み放題付《料理10品》ーお試しプランー」¥2,998(税抜)。 優しい味付けの創作和食は、素材の旨みを存分に感じることができますよ! 「ボリューム満点な肉料理をがっつり食べたい!」なんて時は、「STANDARD PARTY」¥4,500(税込)がおすすめ。 5時間全75種類の飲み放題と全9品の料理が堪能できるコースメニューです。 おろしにんにくポン酢とマスタードオニオンソースでいただく「合鴨と地鶏の2種のお肉カルパッチョ」、タンシチューをたっぷり閉じ込めた「自家製パイ生地ピザ」など。 23:30) 土・日・祝日 16:00~翌0:00(L. 23:30) 看板メニューである「つくね」の味は、なんと全14種類。 全て¥190(税抜)~¥260(税抜)という価格設定もありがたい…! 「塩」や「タレ」をはじめとした定番の味から、チーズがとろ〜っとつくねに絡む「つくねゴルゴンゾーラ」や 世界一辛い唐辛子を使った「ジョロキアつくね」といった変わり種まで。 5時間約60種類の飲み放題、全8品。 前日までの予約必須のメニューです。 程良く脂がのった大山鶏はとってもジューシー!噛むとじゅわ〜っと広がる旨味を、是非堪能していただきたい! 飲み放題のドリンクの中には、こだわりの日本酒はもちろん、「そば茶ハイ」や「ゆず梅酒」などあまり見かけないような気になるお酒もちらほら。 こちらはただのお刺身の盛り合わせではありません!一緒に提供される鉄板で、 自分好みにお刺身を炙ることができるメニューなんです。 14:00)/17:00〜23:00(L. 22:00) 土 11:30〜14:30(L. 14:00)/17:00~23:00(L. 「えび串」や「サバ塩焼き」、「殻つきホタテ」など9種の海鮮+6種の野菜の浜焼が食べ放題というコスパ抜群のメニューです。 目の前の網で自分たちで焼き上げる浜焼は、アツアツを食べられるから美味しさ倍増! 浜焼食べ放題の他にも、「枝豆」や「たこわさ」、「唐揚げ」など定番のおつまみや揚げ物7品と白ご飯が提供されるので、飽きることなく思う存分浜焼を満喫できるはずです。 また、プラス¥500(税抜)でハイボール・チューハイ・ソフトドリンクの飲み放題も追加可能。 お酒とともにコスパ良く海鮮をいただきたい方は是非訪れてみてくださいね! 【営業時間】 365日24時間営業 「てしごとや」で楽しめるのは、全国から厳選して仕入れられた魚を使った料理! 魚は毎朝旬のものを仕入れているので、その季節で特に美味しいものを新鮮なうちにいただくことができるんです。 初めて訪れる方は、素材の味をダイレクトに感じられるお刺身を是非召し上がっていただきたい!お刺身メニューのラインナップは毎日変わります。 どれも¥680(税抜)~¥950(税抜)程度です。 色々なお刺身を少しずついただきたい時は、「鮮魚盛合わせ」¥2,000(税抜)~を!こちらは、人数に合わせて好みの量を盛り付けてくれるメニューです。 全体的にコスパの良いメニューが多い「やきとん だいだら」。 多くのドリンクメニューが¥500(税抜)以下で注文できるので、飲めるだけ飲みたい人は嬉しいプライス。 日本酒にこだわりがあり、その日の仕入れによって異なる種類のお酒が用意されているので、何が飲めるかは行ってからのお楽しみ! 筆者おすすめの注文の組み合わせは、美味しい日本酒と「焼とん」。 「焼とん」とは、焼き鳥の調理方法で豚肉を串焼きにしたもので、こちらのお店では様々な部位の焼とんを堪能することができます。 1本¥90(税抜)で、てっぽう・はらみ・たんもとなど、13種類から選ぶことができます。 学生の方のデートにおすすめなのが、「学生コース」¥3,000(税抜)。 料理が3品付いて、2時間飲み放題でドリンクを注文できます。 サラダやお刺身、炊き込みご飯など、自慢の地魚を色々な料理で満喫できるコースメニューは、「ino」の魅力がギュッと詰め込まれています。 魚だけでなく、鳥・豚・牛などもバランスよく堪能できる贅沢なコース内容になっていますよ! コースメニューには飲み放題がついていないので、お酒も余すことなく堪能したいという時は「飲み放題」も一緒にいただきましょう!2時間¥1,500(税抜)、2. 5時間¥2,000(税抜)の飲み放題では、地酒や焼酎を含む、料理のよく会うこだわりのお酒を堪能できます。 【営業時間】 17:30〜翌2:00(L. 翌1:00) デート・女子会におすすめしたいメニューが、「ローストビーフ肉寿司食べ放題コース」¥2,990(税込)。 3時間60種類以上の飲み放題と全8品の料理が味わえます。 こちらはなんと、 「ローストビーフ肉寿司」と「フライドポテト」が食べ放題。 23:30 ドリンクL. 23:00) 土・日・祝日 17:00~翌0:00.

次の

はねあげ 池袋本店

はねあげ 池袋本店

20200114 一人2次会は池袋で、「はねあげ池袋本店」 第64回 池袋駅から目白、目白から高田馬場界隈散策 古河・上尾・小山カルチャーセンター「お江戸巡り㉒」 食事記録 散策は学習院大学んら鬼子母神。 解散は池袋となった。 その後、池袋東口の飲食店貝を徘徊、新しい店を探していたら何か聞いたことのある店名「はねあげ」と言う店を発見。 この名前も先日町田で立ち寄った店の名前と同じ、聞けば同系列である。 どの店でもその地では本店を名乗るのだろうか「はねあけ池袋本店」となっていた。 規模はそんなに多くない店舗。 中央に大きな囲炉裏を模したカウンターが有り、私のような一人客を迎えてくれる。 その周りに8脚ほどのテーブル席が配置されていた。 そういえばこの店のお薦めは、「手羽先唐揚」、前回食べていなかったので頼んでみた。 町田のように格安 190円 な物ではないが、390円のビールがあったので頂く。 なかなか分量もあるもの。 いただく。 少し歩いていただけにおいしい。 手羽先も程なく提供され、案内の力を借りて食べていく。 香辛料もつき味も濃い。 ビールには十分合う物だった。 3本の手羽を大切につまみにしながら、ほっぴーが割安だったので、頼む。 焼酎の量も十分、適度にませながら飲む。 たまにはホッピーも良い物である。 追加を頼めば、別容器で提供。 これをたす制度らしい。 これもなかなかな良い。 ついついおかわりを2杯頂いてしまった。 なかなか落ち着くカウンター席だった。 現在も参加者募集しています。 現地集合ですので関東近郊の方は参加できます。 ヨークカルチャーセンター上尾 048-777-0440 古河カルチャーセンター 0280-31-6011 小山古河カルチャーセンター 0285-21-2811 この企画は 私が引率します 参加したい方はご連絡ください。 090-3436-8532 20200114 一人2次会は池袋で、「はねあげ池袋本店」 第64回 池袋駅から目白、目白から高田馬場界隈散策 古河・上尾・小山カルチャーセンター「お江戸巡り㉒」 食事記録 散策は学習院大学んら鬼子母神。 解散は池袋となった。 その後、池袋東口の飲食店貝を徘徊、新しい店を探していたら何か聞いたことのある店名「はねあげ」と言う店を発見。 この名前も先日町田で立ち寄った店の名前と同じ、聞けば同系列である。 どの店でもその地では本店を名乗るのだろうか「はねあけ池袋本店」となっていた。 規模はそんなに多くない店舗。 中央に大きな囲炉裏を模したカウンターが有り、私のような一人客を迎えてくれる。 その周りに8脚ほどのテーブル席が配置されていた。 そういえばこの店のお薦めは、「手羽先唐揚」、前回食べていなかったので頼んでみた。 町田のように格安 190円 な物ではないが、390円のビールがあったので頂く。 なかなか分量もあるもの。 いただく。 少し歩いていただけにおいしい。 手羽先も程なく提供され、案内の力を借りて食べていく。 香辛料もつき味も濃い。 ビールには十分合う物だった。 3本の手羽を大切につまみにしながら、ほっぴーが割安だったので、頼む。 焼酎の量も十分、適度にませながら飲む。 たまにはホッピーも良い物である。 追加を頼めば、別容器で提供。 これをたす制度らしい。 これもなかなかな良い。 ついついおかわりを2杯頂いてしまった。 なかなか落ち着くカウンター席だった。 Brasserie La・mujica 第64回 池袋駅から目白、目白から高田馬場界隈散策 古河・上尾・小山カルチャーセンター「お江戸巡り㉒」 記録 河・上尾・小山カルチャーセンター「お江戸巡り㉒」 埼玉・茨城から東京を楽しむたび 修正202001.

次の