資料 送付 送付 状。 送付状ワードテンプレート(無料)

送付状ワードテンプレート(無料)

資料 送付 送付 状

機種に依存する文字は使わない (1)機種依存文字を使うと、文字化けする場合があるため使わないようにする。 一部の文字が文字化けします。 こうした文字は使わないようにします。 その他 上記以外に、メールの特性として下記を頭に入れて使いましょう。 (1)予期せぬ トラブルによって先方に届かないこともある 最近はトラブルがずいぶん減りましたが、落雷や停電、プロバイダーのトラブル、サーバーのトラブル、通 信回線のトラブルなどにより、メールが相手方に届かないこともあります。 心配な場合は、「さきほどメールを送りました」など、電話でフォローしてください。 (2)セキュリティー面では、万全でない 情報が100%安全にやりとりできるとは思わないで使って下さい。 機密情報のやりとりには不向きです。 (3)ウイルス対策を行う ウイルスに感染しているパソコンからメールを送信すると、先方にもウイルスが感染してしまう可能性があります。 お互いの安全のために、適宜ウイルス対策を行いましょう。 見本商事株式会社 製造部 部長 高橋様 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 早速ではございますが、ご依頼をいただきました資料を 本日発送いたしましたのでお知らせいたします。 お手元に届きましたら、内容をご確認の上、ぜひとも ご検討いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 今後とも宜しくお願い申し上げます。 03-0000-0000 FAX. またこのたびは資料をご請求いただきまして、ありがとうございました。 なお、恐れ入りますが商品はご注文いただいてからの手配となります。 何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。 今後とも宜しくお願い申し上げます。 03-0000-0000 FAX. pdf形式)にてお送りします。 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 今後とも宜しくお願い申し上げます。 03-0000-0000 FAX.

次の

送付状の例文&テンプレート9選!ビジネスの書類や資料での書き方も

資料 送付 送付 状

書類送付状(送り状・添え状)の見本・サンプル 本テンプレートは書類送付状(送り状・添え状)の書き方の例です。 ワードで作成したビジネス文書形式です。 見積書・請求書などのさまざまなビジネス文書から就職活動や転職活動の際に出す履歴書などを 添付文書・ 添付書類として送る際に使用できます。 シンプル・実用的な送付状(書類送付状)のフォーマットで、さまざまな文書・書類等の送付状・案内状の書き方の例文・文例として利用できます。 書類送付状のジャンルでは人気の高いテンプレートなのですが、書類送付状のテンプレートはほかにも各種ありますので、是非こちらもご参照ください。 なお、 書類送付状の書き方なのですが、次の3つのパートに分けて考えるとよいと思います。 前文・挨拶文(あいさつ文)• 主文・本文• 末文 前文には、「拝啓 時下ますますご清栄…」という定型フレーズを書きます。 そして、末文には、「以下の書類を送付させていただきます。 ご査収くださますよう…」と書きます。 基本的には、この前文と末文だけでも大丈夫ですが、他の書類送付状テンプレートとは異なり、ちょっとした「事情」を記載できるようにしています。 すなわち、書類を送付する事情を説明する必要がある場合には、主文に、「このたびは…」「早速ですが…」などの接続詞から書き始め、簡単に書類を送付する事情を書けばよいかと思います。 タイトルは、「書類送付のお知らせ」としておけば十分でしょう。 文章表現は好みに応じて適宜修正してご利用ください。 また、本テンプレート以外にもさまざまな書式・様式の送付状の雛形・テンプレートがありますので、あわせてご利用ください。 では、書類送付状の見本・サンプル・ひな形・たたき台としてご利用・ご参考にしてください。

次の

書類送付の案内・メール送付方法・書類送付状の書き方と例文

資料 送付 送付 状

請求書の送付状の書き方、ルールやマナーを解説! 請求書を送る際、「送付状」を添付するのが一般的です。 請求書の送付状に関するルールやマナーなど、送付状の書き方についてお話しします。 <目次> ・ ・ ・ 請求書の送付状とは?なぜ必要なのか? そもそも、請求書を送る際に請求書はなぜ必要なのでしょうか? 請求書の送付状とは、請求書に同封する請求の概要や挨拶を記載した書類です。 請求所の間違いを防止する目的があるほか、ビジネスマナーのひとつとして慣例的に作成されています。 請求書をFAX送信する場合は、請求書とは別に送られるのが一般的です。 請求書をメールに添付する場合、メールの本文が送付状に該当します。 請求書発行は経理部門にとって重要な仕事ですが、当然ながら内容にミスが生じることもあります。 送付状を合わせて送付することで、先方がミスに気づきやすくなり、処理の問題を事前に防ぐことができます。 送付状には「請求書送付の挨拶」という側面もあるため、礼儀正しい文言を使うことも大切です。 請求書の送付状に書くべき5項目【便利なテンプレート付き】 請求書の送付状には一般的に以下の項目を記載します。 それぞれ書き方や内容にはマナーがあるため、注意が必要です。 送付上に記載する代表的な5つの項目についてお話しします。 宛先には送付状を受け取る会社名を省略せずに記載するのが基本です。 会社・部署宛に送付する場合は、「御中」を忘れずに付け加えてください。 担当者がわかっている場合は、会社名・部署名に続き役職・個人名まで記載します。 個人名はフルネームで書くのが基本です。 下の名前が不明な場合は、苗字のみを記載します。 書類作成日の日付を記載する場合もあります。 送付日の真下に記載するのが一般的です。 個人名だけでは企業が発行する送付状として不十分なため、会社名や部署名、会社の所在地、連絡先電話番号などを記載しましょう。 個人事業主の場合は、個人名のほか屋号を記載します。 差出人情報の欄には、会社の角印(個人事業主であれば屋号の角印か個人印)を押印するとベターです。 本来、請求書や送付状への押印は義務ではありません。 一方で、押印しておくとその書類の正当性が高まり、不正やトラブルが起きにくくなります。 タイトルは「書類送付のご案内」「請求書送付のご案内」などが一般的です。 本文の内容に特に決まりはありませんが、多くの場合は挨拶を告げる「前文」、請求書送付を案内する「主文」、まとめとして記載する「末文」で構成されます。 事務的な印象をやわらげるために季節の話題に触れる「時候の挨拶」は、請求書の送付状ではあまり登場しません。 ここに記載されている内容と、実際に送られている書類内容、枚数に違いがあれば、先方がこちらのミスに気づきやすくなります。 各項目を記載する場所については、こちらのテンプレートを参考にしてみてください。 【メール版】請求書の送付状の書き方 メールで請求書を送る場合も、基本的な送付状の書き方は書面送付の場合と同じです。 メールで送付する場合の一般的な送付状の内容を例とともにご紹介します。 案件「A」の請求書を添付ファイルにて 送付させていただきますのでご査収くださいませ。 ==================== 添付ファイル:案件A請求書 No. 0000-1. また、ご不明点やご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。 何卒よろしくお願い申し上げます。 添付ファイルで請求書を送る性質上、ファイルに問題があった際に連絡してほしいという旨を添えておくと親切です。 ビジネスメールでは送信者情報として署名欄を作成しておくのが一般的です。 署名欄を作成している場合、本文中に新たに送信者情報の欄を設ける必要はありません。 請求書に添付する送付状の作成方法についてご案内しました。 経理処理に直接かかわるわけではありませんが、ビジネスマナーとして覚えておいて損はありません。 失礼がなく、わかりやすい内容を心がけましょう。

次の