東急 バス 東 98。 なぜ東急バスが東京駅に? 東急の最長路線「東98」 世田谷の端まで直通220円

東98 (都営バス・東急バス)

東急 バス 東 98

東98系統(とうきょう98けいとう)は、が運行しているである。 2013年3月31日までは東急バスとの共同運行となっていた。 都営バスと東急バスでは運賃が異なっていた。 都営バスでは「ひがし」98系統と読んでいた。 東急バスでの正式路線名は「自由が丘線」となっている。 区間はどちらも東京駅丸の内南口~東京タワー~目黒駅~都立大学駅入口~等々力操車所(3月まで存在した都営バスのみ、下りは一つ手前の等々力駅前止まりであった)となっている。 車両は主に都営便は港南支所の主力車両であるが、東急便は主にエアロミディが使用されてきたが東京駅復元完成にともなう乗客増を考慮して現在はやなど、数多くの車種が運行され、復刻塗装車やワンロマ車が入るときもある。 詳細については、• 現在運行している東急バスについてはを参照のこと。 かつて共同運行していた都営バスについてはを参照のこと。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

東急バスの最長路線「東98」系統・自由が丘線に燃料電池バス「SORA」(みんなの経済新聞ネットワーク)

東急 バス 東 98

東急バス(目黒区)が東京駅と等々力操車所間を結ぶ路線「東98」系統(自由が丘線)に、水素で走る燃料電池バス「SORA(ソラ)」を導入して1カ月が過ぎた。 (自由が丘経済新聞) トヨタ自動車製・ソラは通常のバスの燃料である軽油を使わず、水素と空気中の酸素を化学反応させ発電し、その電力でモーターを駆動させて走行する。 走行時に二酸化炭素(CO2)など大気汚染の原因となる有害物質を排出しない。 燃料電池バスはこれまでに、都営バス、横浜市営バス、京急バスなどで導入されており、導入事業者として東急バスは6番目。 「環境問題が社会的課題として関心を寄せられるようになって久しい中、昨今の時世を考慮した上で導入に至った」という。 運行するのは、同社の一般路線では最長路線で、東京駅南口と等々力(とどろき)操車所(世田谷区)間・約15キロを結ぶ「東98」系統。 同路線はもともと東急バスと都営バスが相互乗り入れしていた路線で、2013(平成25)年に都営バスが撤退したことから、それ以降は東急バス単独運行となった。 同路線が「自由が丘線」と呼ばれるのは、1959(昭和34)年に目黒駅から等々力操作所へと路線が延長されるまで、目黒駅と自由ヶ丘(旧表記、現在の「八雲三丁目」)間で運行されていたことに由来する。 ソラの車体サイズは通常のバスとほぼ同じで、デザインは東急バスオリジナル仕様。 車体フロント下部分からリヤにかけては同社のノンステップバスのカラーリングと同じで、後方は同社コーポレートカラーのオレンジ色。 車内床面は木目模様となっている。 今後の展開について、同社は「燃料電池バスの増備予定については未定だが、最新技術に触れることにより、クリーンエネルギーへの転換という環境面だけではなく、次世代バスの具現化やあり方について引き続き検討していきたい」としている。 運行は平日のみで、「等々力操作所方向」では1日4便、「東京駅南口方向」は1日5便。 ただし、同路線の平日は現在「臨時土曜」の特別ダイヤで運行している。

次の

東急バス研究室 東急バスの路線たち 東98

東急 バス 東 98

東急バス(目黒区)が東京駅と等々力操車所間を結ぶ路線「東98」系統(自由が丘線)に、水素で走る燃料電池バス「SORA(ソラ)」を導入して1カ月が過ぎた。 (自由が丘経済新聞) トヨタ自動車製・ソラは通常のバスの燃料である軽油を使わず、水素と空気中の酸素を化学反応させ発電し、その電力でモーターを駆動させて走行する。 走行時に二酸化炭素(CO2)など大気汚染の原因となる有害物質を排出しない。 燃料電池バスはこれまでに、都営バス、横浜市営バス、京急バスなどで導入されており、導入事業者として東急バスは6番目。 「環境問題が社会的課題として関心を寄せられるようになって久しい中、昨今の時世を考慮した上で導入に至った」という。 運行するのは、同社の一般路線では最長路線で、東京駅南口と等々力(とどろき)操車所(世田谷区)間・約15キロを結ぶ「東98」系統。 同路線はもともと東急バスと都営バスが相互乗り入れしていた路線で、2013(平成25)年に都営バスが撤退したことから、それ以降は東急バス単独運行となった。 同路線が「自由が丘線」と呼ばれるのは、1959(昭和34)年に目黒駅から等々力操作所へと路線が延長されるまで、目黒駅と自由ヶ丘(旧表記、現在の「八雲三丁目」)間で運行されていたことに由来する。 ソラの車体サイズは通常のバスとほぼ同じで、デザインは東急バスオリジナル仕様。 車体フロント下部分からリヤにかけては同社のノンステップバスのカラーリングと同じで、後方は同社コーポレートカラーのオレンジ色。 車内床面は木目模様となっている。 今後の展開について、同社は「燃料電池バスの増備予定については未定だが、最新技術に触れることにより、クリーンエネルギーへの転換という環境面だけではなく、次世代バスの具現化やあり方について引き続き検討していきたい」としている。 運行は平日のみで、「等々力操作所方向」では1日4便、「東京駅南口方向」は1日5便。 ただし、同路線の平日は現在「臨時土曜」の特別ダイヤで運行している。

次の