インフルエンザ 熱下がる。 インフルエンザの熱が一日で下がる場合と再び上がる場合

インフルエンザの熱が続く期間は何日くらい?下がらない時は?

インフルエンザ 熱下がる

市販の風邪薬はインフルエンザに効くのでしょうか? またドラッグストアや薬局でインフルエンザに効く薬はあるのでしょうか? まず答え 残念ですが市販で販売されてるインフル対策の薬はありません。 またインフルエンザに市販の風邪薬は効果がありません。 もしインフルエンザだと思ったらインフル用の薬は病院でしかもらえませんから、すぐに病院に行きましょう。 なぜ? インフルエンザは、インフルエンザウイルスが悪さをすることでかかります。 インフルエンザウイルスの悪さをおさえる成分は 抗インフルエンザウイルス薬の中に入っていて市販の風邪薬には入っていません。 抗インフルエンザ薬は ・タミフル ・リレンザ ・イナビル ・ラピアクタ などがあります。 もらえるのは病院になります。 市販で販売されていません。 例えば、タミフルは体内の細胞の中でどんどん増えていった原因となるインフルエンザウイルスを被害の範囲を広げるのをふせいで外に出ないようにするんですね。 薬がなかった頃は、風邪もインフルエンザも安静にして寝させて治してましたし、外国ではそのように治療する国もあります。 しかしインフルは重篤化すると合併症にかかって大変になったりする恐れもあるので タミフルやリレンザなどを使うのがポピュラーになりました。 抗インフルエンザ薬は症状をやわらげるスピードを速めてくれるんですね。 ・早く熱を下げられる。 熱が出て2日以内に使うと効果が上がる ・頭がクラクラで倒れそう。 ひどい症状をスピードを速めておさえるようにする といった効果があるんですね。 タミフルを子供が飲んで異常行動があったんじゃないか、と報告されましたが インフル薬は扱いや飲むタイミング、回数や量は慎重さが必要ですから お医者さんの診断や丁寧な処方が必要なために薬局では販売してないんですね。 原因のウイルスはまだ残ってるからです。 病院に行けば、どちらなのかの検査してもらえるので違いが分かります。 またどんな薬でも口に入れるには注意が必要です。 医師の処方された薬以外に、早く症状をよくしたいからといって、風邪薬をダブルでバカスカ飲んでしまうと 副作用や肝障害を引き起こす恐れがありますから飲む量やどれを飲むかには確認が必要なんですね。 市販の風邪薬とのちがい インフルエンザも普通の風邪も、悪いウイルスが原因となって熱が出る点は同じです。 そしてどちらも対症薬(たいしょうやく)といって、症状をやわらげる薬を出されます。 しかしその原因となるウイルスの種類がちがいます。 風邪にかかるウイルス ・ライノウイルス ・ロタウイルス ・アデノウイルス ・RSウイルス ・ボカウイルス など インフルエンザ ・インフルエンザウイルス A型 ソ連型、香港型 B型 など 市販の風邪薬の中にはインフルエンザの動きを抑える成分は入っていないんですね。 ・市販の風邪薬に含まれる成分 ・熱を下げる成分 ・せきとたんをおさえる成分 ・鼻水をおさえる成分 ・のどの痛みをおさえる これらが入っていて下のようなのは入っていません。 ・抗インフルエンザ薬 ・増加したインフルエンザウイルスが外に出るのを防ぐ成分 ・インフルエンザウイルスの動きを鈍くする成分 子供に解熱剤を安易にあげるのは危険 小さな子供に、熱があるからとりあえず家にある解熱剤でも飲ませようか、と気軽に与えてしまうのは危険です。 理由は解熱剤の成分にもよりますが ・アスピリン が入っていてそれを小さい子供に与えると、脳症にかかってひどい症状になってしまう恐れがあるからです。 また大人用の風邪薬の成分にある ・メフェナム酸 ・ジクロフェナクトリウム が入っているのも危険だと考えられています。 子供に用いられるインフルエンザの時の解熱剤の成分は ・アセトアミノフェン になります。 たとえ病院でもらった薬だとしても、子どもに合わない成分が入っているかもしれませんから 家の薬箱をあけて、これ飲ませよう、と与えてしまわないようにしてください。 熱でうなされてる子供を見たら、早く薬を与えて、下げなきゃと思うのは親心ですが きちんと子供を病院に連れて行き、お医者さんからきちんと診断をうけて処方をうけてもらった薬を飲んだ方がリスクが減ります。 インフルエンザに効く漢方薬は? ・麻黄湯(まおうとう)がインフルエンザの治療に効果があると言われている 風邪の漢方薬といえば、葛根湯(かっこんとう)や小青龍湯(しょうせいりゅうとう) が知られていますが、インフルエンザには効果があまりないと考えられています。 それよりも漢方だと麻黄湯が使用され ・高熱の続く期間を短くしてくれる ・タミフルなどと併用するとさらに効果をアップさせて効く という調査もあります。 しかし漢方薬は西洋医学のように解明されていない部分も多く、 なぜ麻黄湯がインフルエンザに効き目があるのかは分かっていません。 漢方薬はくさみや苦い味のために小さいお子さんには飲ませにくい といったデメリットもありますね。 他 豆知識 風邪もインフルエンザもウイルスが原因ですが、抗生剤と呼ばれる薬を聞いたことがあると思いますが、細菌をころすのですがこの薬は効かないんですね。 ウイルスに抗生剤は効果がないんですね。 反対に抗ウイルス薬は、細菌に対しては効果がありません。 だから薬を選ぶ際には、何が原因で悪さをしているのかその原因を探ることが大事なんですね。 同じ風邪のような症状 ・咳がでる ・高い熱がある であっても、何の病原体が原因なのかで飲む薬も違ってきますから、お医者さんは咳や熱が出る 原因を探ろうと診察して質問や問診をされます。 僕はひどいせきが続いて、風邪だと思って風邪薬を飲んでも効かず、病院に行って血液検査をしたらマイコプラズマ肺炎だったことがありました。 薬を飲むのには正しい判別が大事になります。

次の

インフルエンザ 病院に行くタイミングは?熱が下がってからでは遅い?

インフルエンザ 熱下がる

インフルエンザといえば、38度を超えるような高い熱が一気に出ること、筋肉などの痛みや、日常生活がままならないほどの強い倦怠感などさまざまなつらい症状が出ることで知られている疾患です。 時には40度近くも出ることがある高熱は、インフルエンザの症状のトレードマーク的な存在ともいえるかもしれません。 インフルエンザにかかったというと、一週間近く寝込むような漠然としたイメージをお持ちの方も多いのですが、インフルエンザの熱は平均どのくらいで解熱することが多いのでしょうか。 インフルエンザの熱が下がるまでの時間 インフルエンザは、抗インフルエンザ薬を使用しなくても熱が高いのはせいぜい3日程度といわれています。 症状が出てから48時間以内に抗インフルエンザ薬を服用したとすると、症状が重いといわれるA型インフルエンザでおよそ1~2日、お腹の風邪のような消化器症状が出やすいB型インフルエンザでおよそ2~3日でたいていの場合熱が下がります。 それ以上発熱が長引く場合は、肺炎や脳炎などの合併症を引き起こしている可能性もあり得ますので注意が必要です。 高熱が出ることも含め、インフルエンザにかかると全身の消耗が激しく、やはり一週間程度は自宅で無理をせず療養したほうがよいでしょう。 特に高い熱が出ると身体の水分や電解質を急速に失い、脱水を起こしやすくなりますので、十分な水分・電解質の補給は非常に大切です。 解熱剤の種類には要注意! また、高熱が出ると慌てて、自宅に常備してある解熱剤などを使おうとする方がいらっしゃいますが、インフルエンザの場合、使ってはいけない解熱剤がとても多くあります。 ごく一般的に市販されているものの中にも、インフルエンザの熱に対して使うとインフルエンザ脳炎など重篤な合併症の問題が起きるものがありますから、自己判断で服用せず、病院を受診するか、少なくとも服用の可否をかかりつけの病院に問い合わせるようにしましょう。 小さなお子さまがインフルエンザにかかって苦しそうだと、心配のあまりおろおろしてしまうのが親心ですね。 いろいろとインフルエンザの危険性について怖い報道がなされていますが、正しい処置をとればインフルエンザはほとんどの場合、問題なく回復する病気です。 出来るだけ正しい知識を持って、落ち着いて対処するようにしましょう。 不安や疑問が湧いた場合は、ためらわずにかかりつけの先生を受診して、相談するようにしてくださいね。

次の

インフルエンザの熱が下がってから何日ぐらいで出勤可能?

インフルエンザ 熱下がる

スポンサーリンク インフルエンザの熱が一日で下がることはあるの? 感染すると何日も高熱に苦しみ、身体の節々が痛くなる、といったイメージが強いインフルエンザですが、投薬のタイミング等によっては、熱が一日で下がってしまうことがあります。 ただ熱が下がったとはいえ、身体にはウイルスが残っているため、一定期間は登園・出社せずに自宅で安静にする必要があります。 子供の場合は、文部科学省の定める学校保健安全法により、発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日(幼児の場合は三日)を経過するまでは、出席・登園を避けるように定められています。 一日で熱が下がったからと言って、何か違う病気?と心配することはないので安心してくださいね。 スポンサーリンク インフルエンザの熱が再び上がることはある? インフルエンザの発熱において、一度下がっても再び上がる、というような場合もあり、そのような症状を二峰性 にほうせい 発熱といいます。 二峰性発熱のはっきりした原因は分かっていませんが、インフルエンザ自体にそういう性質がある、また薬のおかげでいったん熱が下がったが、ウイルスがまた活性化して再び熱が上がる、などの要因が考えられるようです。 一度下がった熱がまた上がりだすと心配になってしまうかもしれませんが、熱の割に元気そうだったり、食欲があり水分も取れている場合は、自宅で様子を見ても大丈夫です。 明らかに具合が悪化しているような様子があれば、再度受診してみましょう。 心配であれば小児科に電話して、アドバイスを貰うのもいいですよ。 インフルエンザの熱が上がったり下がったりする? インフルエンザの症状は様々で、人によっては数日間熱が上がったり下がったりを繰り返すケースもあります。 特に、小さな子供は免疫がまだしっかりしていないため、そのような傾向が強いようです。 熱が上がったり下がったりしても特別異常ということではないので、水分をしっかり取って安静に過ごすようにしましょう。 また、病気の時こそしっかり食べさせて栄養を摂らせなきゃ、と思うママも多いかもしれませんが、食欲のないときは子供が食べやすいアイスクリームやプリンなどを食事代わりにあげてもOK。 食欲が戻ってきたら消化のいいものから食べさせてあげてくださいね。 さいごに 今回はインフルエンザの熱の症状についてご紹介しました。 子供ももちろん心配ですが、家族がうつってしまうことも心配です。 マスクに手洗い、うがいなど、しっかり予防をして乗り切ってくださいね。

次の