疲れ 歯 が 痛い。 疲れた時に歯が痛い。歯医者さんに行くべきか迷っています

歯が浮く原因は7つ!これだけ知っていれば大丈夫!

疲れ 歯 が 痛い

ストレスや疲れで歯が痛くなることは、実際にあるのでしょうか? 急に歯が痛くなったり、歯ぐきが腫れたりしたのに、しばらくしたら落ち着いた。 歯医者でレントゲンを撮っても虫歯は見つからない……。 そんな歯痛はストレスが原因かもしれません。 詳しくご紹介しましょう。 ストレスが原因で間接的に歯の痛むことも ストレスが歯の痛みを直接的に引き起こすということは、一般的にはありません。 しかしストレスが高まったときに、寝不足や疲れにより、歯の調子がおかしくなるのはよくあること。 実はこれらの痛みは、ストレスによって間接的に体の抵抗力が落ちることで現れてくるのです。 しかし歯周病の原因となる歯石やプラークが付着していると、歯ぐきの抵抗力でなんとか炎症を押さえ込んでいる状態になっているため、ストレスで抵抗力が減少すれば歯ぐきが腫れることがあります。 考えられる主な原因は2つ。 ストレスが原因の歯ぎしりが続き、健康な歯が一時的に歯が横方向に過度に揺らされて浮いてしまった場合。 咬み合わせを調整することで痛みが軽減します。 根の奥に膿が溜まったり、歯周病などの慢性炎症がある場合。 通常は体の抵抗力で痛みを押さえ込めていても、ストレスや疲れで抵抗力が落ちるとバランスが崩れ、歯が浮くことがあります。 歯の根の治療が必要。 歯ぐきのおできは噴火口にすぎず、その奥の骨の中に、歯が原因のマグマのような膿溜まりがあることも。 体調によって腫れたり引っ込んだりを繰り返すことがほとんどですが、根の治療を行わない限り完治しません。 細菌から出ている悪臭などは通常唾液が洗い流してくれているのですが、口の中が乾くことで一時的に口臭が発生しやすくなります。 しかし歯の神経の近くまで進行した深い虫歯や、一部神経などに達している虫歯は、体の抵抗力が落ちると急に痛くなることがあります。 軽いものは体の抵抗力で炎症を押さえ込んでいます。 末期の歯周病になると、ストレスや疲れで抵抗力が落ちたタイミングで一気に腫れて歯がグラグラになります。 ひどい場合は抜歯となることも。 繰り返す腫れや痛みは要注意! 口のトラブルのほとんどは、腫れや痛みを繰り返すことが多いもの。 落ち着くたびに、「治った」と思い、また腫れや痛みが出ると「やっぱりダメか。 でもまたしばらく待てば……」と思い、歯科での治療を先延ばしにしがち。 様子見と放置を繰り返しているうちに、虫歯や歯周病がさらに悪化してしまったケースはよく目にします。 痛みや腫れの繰り返しは、基本的にはどんなに待っても良い方に改善することはありません。 自然に治るわけではないのです。 さらに腫れや痛みがひどい時ほど、無痛治療が行いにくいことも忘れてはいけないでしょう。 痛くない時が治療のチャンスなのです。 検査もせずに歯や歯ぐきのトラブルをすぐにストレスに結びつけ、「ストレスがなくなれば、どうせ自然に治るさ」といった思い込みは、思わぬ病気を見逃すことに繋がることもあります。 かかりつけの歯科医院などを利用して、問題がないかチェックだけでもしてもらうことをオススメします。 【関連記事】•

次の

歯が痛い

疲れ 歯 が 痛い

最近、夕方から夜にかけてだけ、右の歯が激しく痛むようになりました。 歯は上の歯か下の歯かわからず、歯自体を押したりしてみても痛みませんが、なぜか温かい食べ物を食べた時と、入浴中からしばらくの間に痛みます。 歯医者に行ってレントゲン撮っても虫歯はなく、空気を吹き付けるとわずかに歯茎が痛いので、歯茎が痩せてきての知覚過敏だろうという診断で、薬を塗布されました。 ところが冷たい飲み物などは一切痛くならないのに、歯茎周辺が温まると激しく痛くなることを不審に思いました。 それとは別に、運動疲労による筋肉痛が慢性的にあるので整骨院に通っているのですが、姿勢の歪みからか私は右半身ばかり凝ったり張ったり痛めたりします。 マッサージ、電気治療、針治療などをしてもらうのですが、電気治療の時に右の首肩を温めてもらうと歯が激しく痛み始めました。 次に歯の痛みを我慢して首のマッサージをしてもらっていると急速に歯が治り、むしろ気持ちよくなりました。 おそらく歯痛は首肩の凝りからきているようで、整骨院の先生もその可能性があるといいます。 長年、ひどい首肩の凝りや凝りで腕が上がりにくくなるということを治療しながらきましたが、歯が激痛なのは初めてで、凝りがましになると歯痛もましですが、整骨院に行けない日などは激痛で食事が取れないぐらいです。 この症状は歯医者ではなく、整骨院などで治療すべきなんでしょうか? 頬から顎の筋肉を指で触ると、左は何ともないのに右は痛いのですが、口腔外科などの方がよいのでしょうか? 歯肉炎は全く考えなかったのですが、なぜなら半年に一度、歯の着色を落としてもらいにだけ歯医者に行きますが、もともと虫歯ができにくい体質?のため永久歯になってからの虫歯治療は一度もなく(現在36歳)、歯石もない状態です。 ただワインやコーヒーで歯の裏側の着色が気になるので、着色クリーニングだけしてもらっています。 私の中で歯肉炎とは、歯茎周辺に歯垢がついたりして歯茎が腫れ、歯磨き程度で出血したり歯磨きがいたい、触れたら痛いという症状と考えていました。 今回、歯磨き時には痛みも出血もなく、見た目歯茎も腫れなしなのです。 歯医者、心配なので別の歯医者で歯肉炎の可能性について聞いてみようかと思いました。 ありがとうございました。 Q 最近、右下の歯が時々痛みます。 そこは、4年ほど前に深い虫歯になり治療した歯で(神経はあります) 銀が詰めてあります。 気になったので歯医者で見てもらいましたが レントゲンでは異常なく、 「もしかしたら銀歯の下が虫歯なのかもしれないけれど、はずしてみないとわからない」と 言われました。 私としては、それで確認出来るならそれもありかなと思っているのですが、 「深く削ってあるから、新たに銀を入れ替えるとなるとさらに削らないとなので 神経に近くなってしまう」みたいな事を言われました。 もし銀歯をはずして、虫歯がなかったとしても、新たに銀をつめる場合は 削らないといけないのでしょうか? そう考えると、様子を見たほうがいいかなとも思うのですが 痛みが本格的になってから治療するとなると、神経を抜く事になってしまいそうで不安です。 どなたか詳しいかた、教えてください。 A ベストアンサー 通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。 そして線量も少ないので金属は通しません。 だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。 金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。 4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。 あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。 金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がないし、ダイヤモンドでも直ぐだめになる。 注意深く除去すれば時間もかかるので、歯を削って除去する歯医者のほうが多いんです。 つまり「やってみないと判らない」のです。 それに削る穴や土台の形も結構歯医者によって好みがありますからね、納得して責任ある治療するためにはある程度の修正はやむをえないでしょう。 もちろん神経を抜かないで済むように努力はするでしょうが、絶対などということはいえないのです。 逆に「絶対」などと安易に言う歯医者は気をつけたほうがいいかもしれません。 でも、時折痛むならはずしたほうがいいと思います。 虫歯になっている可能性もあるし、金属は熱伝導がいいので、神経に熱刺激によるストレスが溜まっている可能性もあります。 もしこれらの状況があれば、いずれ歯は何もしないときでも痛みを発する可能性が出てきます。 そうなると根の治療をしなければならなくなるので確認したほうがいいと思いますよ。 通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。 そして線量も少ないので金属は通しません。 だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。 金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。 4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。 あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。 金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がない... Q 10年以上前に治療した右下の奥歯(神経を抜いて銀歯を被せてあった物)が先週木曜日からズキズキ痛み始め、我慢できない状態になったので、月曜日に受診しました。 レントゲンをとった所、神経をとった歯の根っこに膿がたまっており、隣の歯の根っこまで及んでいるとの事だったので、被せ物を取り隣の歯も神経を抜いて、切開をし膿を出す処置をして頂きました。 (歯茎が化膿しているので麻酔も治療も非常に痛く、涙が出るほど痛かったです) 翌日、消毒との事で再度受診、麻酔無しで針金の様な物をぐりぐりされて終了しました。 現在もガス?を出す為、次回の診察(お盆明け16日)まで空けてある状態との説明を受け、治療は終了しました。 初日に痛み止め(ロキソニン)と抗生物質(レフトーゼ・フロモックス)を処方して頂き、服用しています。 翌日の受診時に痛みが治まらず、首のリンパと頬がはれている事を伝えると、抗生物質は2日たたないと効かないので、2・3日すれば痛みは治まるでしょうと言われました。 (明日からお盆休みに入るので、抗生物質とロキソニンを追加で出して頂きました) 薬を飲み始めてから2日が経過しますが、痛みが落ち着く所か酷くなっていき(脈打つ様な激痛)、ロキソニンも3時間しか効かず我慢が出来ません。 夜も薬がきれると激痛で目が覚めてしまいます。 頬の腫れも酷くなり、おたふく風邪の様に腫れあがり痛みがあります。 こちらの薬を飲み続ければ、本当に痛みは治まるのでしょうか? 時間が経つごとに酷くなっていく様な気がしてとても不安です。 痛みのあまり支離滅裂な文章で申し訳ありません。 歯科医療従事者の方、同じ様な痛みの経験者の方のアドバイス・ご意見宜しくお願い致します。 10年以上前に治療した右下の奥歯(神経を抜いて銀歯を被せてあった物)が先週木曜日からズキズキ痛み始め、我慢できない状態になったので、月曜日に受診しました。 レントゲンをとった所、神経をとった歯の根っこに膿がたまっており、隣の歯の根っこまで及んでいるとの事だったので、被せ物を取り隣の歯も神経を抜いて、切開をし膿を出す処置をして頂きました。 (歯茎が化膿しているので麻酔も治療も非常に痛く、涙が出るほど痛かったです) 翌日、消毒との事で再度受診、麻酔無しで針金の様な物をぐりぐりされて... A ベストアンサー その後お痛みは続いているのでしょうか? 歯を抜いた痛みより歯茎を切ることで痛みがかなり出る場合もあります。 それから親知らずですと骨にしっかり埋まっているものを抜き出すことも多いのでそれなりに痛みはあります。 あとは、親知らずを抜いたため親知らずが埋まっていたところの骨が凹んでいるというか、そういう状態になっていますし、骨が平らになるまでにはかなりの期間がかかります。 歯茎もまだ穴が開いているような状態ではないでしょうか? そのため、親知らずの生えていた位置にもよりますが、一つ手前の歯の後ろの部分(親知らずと隣り合っていた部分)が歯茎が少し足りなくなっていて、しみやすい部分が露出して痛みが出ている可能性もありますので、しみるような神経に障るような痛みが続く場合などはその旨を歯科医院にて伝えたほうがよいかと思います。 日常生活に支障が出る状態が続くのはつらいですものね。 お大事になさってください。 A ベストアンサー 本回答は参考程度としてください。 疑問点や症状の悪化などがありましたら受診されますことを強くお勧めいたします。 >顎のラインと言うのは、説明し辛いのですが下顎あたりの顔の輪郭の骨の上にあるので、耳の下ではないんです。 位置的には口角の直線上位の位置です。 この位置は首の上の方で、口の周囲の所属リンパ節の一つです。 明らかな原因がなく腫れる場合も多く、CTでの判断基準もここのリンパ節は大きくなりやすいことが言われております。 5cm以上は精密検査を要するとしており、「豆粒大」はやや小さい印象を受けます。 唾液を作る場所で、炎症が起こることがあります。 以上より、口やあごに関した炎症でもその部分は腫れますし、唾液腺の炎症でも腫れることがあります。 そのほかの原因でも腫れます。 またリンパ節の場合、炎症が治まっても腫れだけが残ることがあります。 様子を見て、症状が続いたりご心配ならやはりかかりつけの先生か、歯科や耳鼻咽喉科でご相談なさってはどうでしょうか。 ご参考になれば幸いです。 本回答は参考程度としてください。 疑問点や症状の悪化などがありましたら受診されますことを強くお勧めいたします。 >顎のラインと言うのは、説明し辛いのですが下顎あたりの顔の輪郭の骨の上にあるので、耳の下ではないんです。 位置的には口角の直線上位の位置です。 この位置は首の上の方で、口の周囲の所属リンパ節の一つです。 明らかな原因がなく腫れる場合も多く、CTでの判断基準もここのリンパ節は大きくなりやすいことが言われてお... Q 右首の付け根の痛みと上の歯の右側の歯茎全体の痛みがひどく悩んでいます。 3年前から右首の付け根(頭の付け根にすごく近いところです。 )が痛むようなりました。 いくつもの整形外科で診察を受けましたが骨に異常が無く肩からくる凝り等と言われて治療に通いましたが痛みが一向に良くなりません。 その後2年前に上の歯の右側の歯2本(一番奥の歯と前歯から数えて5番目の歯です。 )が虫歯にかかり歯の神経を抜きました。 治療半年後に神経を抜いた奥歯が痛み出し歯科に行った所、神経が取りきれていなかったため痛みがでたと言われ再度治療を受け神経を全部取ったのですがこの頃から右上の歯茎に強い痛みが出るようになったのです。 先生に診てもらいましたが歯肉炎や歯槽膿漏ではないと言われました。 痛みは右上の歯茎全体でずきずきと痛く、指で歯茎を押しても痛くないのですが舌の先で歯と歯の間を軽く押すと歯茎全体とこめかみ辺りまでにかけて神経にふれたような強い痛みが走ります。 歯茎の痛みが強いときは鼻の中や耳、顎の下にも痛みがでます。 右首の付け根の痛みともつながっているのか付け根の痛みの無い時も右首の付け根を押すと歯茎に強い痛みが走ります。 この痛みが良くならないため今も奥歯に詰め物ができない状態です。 現在は体と歯を総合的に治療してくれる歯科医院を見つけ通院していますが痛みの原因になっている病気が見つかりません。 痛みも全く良くならず毎日痛い状態が続いてとても悩んでいます。 私の症状の場合に考えられる病気やどうのような検査を受けたら良いか是非教えて下さい。 宜しくお願い致します。 右首の付け根の痛みと上の歯の右側の歯茎全体の痛みがひどく悩んでいます。 3年前から右首の付け根(頭の付け根にすごく近いところです。 )が痛むようなりました。 いくつもの整形外科で診察を受けましたが骨に異常が無く肩からくる凝り等と言われて治療に通いましたが痛みが一向に良くなりません。 その後2年前に上の歯の右側の歯2本(一番奥の歯と前歯から数えて5番目の歯です。 )が虫歯にかかり歯の神経を抜きました。 治療半年後に神経を抜いた奥歯が痛み出し歯科に行った所、神経が取りきれていなかった... A ベストアンサー 大変お困りのようですね。 医療機関も幾つかまわられていますので見当違いでしたらごめんなさい。 右頸部~後頭部にかけての痛みと上顎(右上の奥歯)の部の痛みがどの程度関連しているかはわかりませんが、右上顎の痛みは「三叉神経第2枝」の領域の痛みのような気がします。 これを念頭にアドバイスさせていただきます。 脳神経外科もしくは神経内科(この領域に不得意な医師もいますが)を受診して三叉神経痛の可能性がないかを診てもらって下さい。 これでも何も見つからなければ、ペインクリニック(麻酔科医がやっていることがほとんどです)を受診し、とりあえず神経ブロックで上顎の痛みを止めてもらってみて下さい。 これで右後頸部の痛みも軽くなるようならしめたものですが、もし上顎の痛みだけしか治まらなければ改めて後頸部の痛みについて調べてもらうのが良いでしょう。 早く痛みがとれると良いですね。 お大事に。 A ベストアンサー はじめまして。 神経を抜いても歯が痛む事はあります。 神経がある歯はしみる症状が主に出たりしますが(虫歯等で... ) 神経の無い歯は体の抵抗力が落ちた時や、歯の周りが食べかすで汚れていた時 などにうずく様な感じで痛みが出たりします。 tmnymdさんはどのような痛みに当てはまりますか?? しみる症状では無いと思いますが.... (質問からしてみますと.. ) また、神経を抜いても何らかの原因で歯の根の先に膿がたまり痛みや腫れが出たりする事もよくあります。 この場合はレントゲンを撮ればすぐに分かります。 レントゲンを撮ってもらいましたか? 歯は神経を抜くと弱くなってしまいます。 その為に歯の周りの歯周組織もちょっとした汚れ等で炎症を起こし易くなってしまいます。 もちろんズキズキ痛んだりもしますよ。 tmnymdさんの状態がはっきりと分からないので回答も難しいですが... 時々痛む様でしたらやはりその歯、直接の痛みではなくて歯の周りの歯周組織 からくる痛みではないのでしょうかね?? その原因としてほとんどが磨き残しなんです。 痛いなぁ~って感じたら、まず良く磨いて補助的用具として『歯間ブラシ』 という物をお勧めいたします。 歯と歯の間のお掃除をする道具です。 歯ブラシコーナーには必ず売っていますよ! もしそのブラシを入れてみて毛の方に汚れが付いてくるようでしたら よく掃除してみて下さい。 (よく歯ブラシをした後に使用して下さい) 歯の周りの汚れが落ちると痛みも落ち着くと思いますよ。。 所見上なんともない時の痛みの原因はだいたい上記の事がほとんどです。 2年位前に受診した時に先生の方からこのような痛みの時の対策法やアドバイスはありませんでしたか? 痛みが落ち着くといいですね^^; もし違っていたらごめんなさいね。。 おだいじになさってください。 はじめまして。 神経を抜いても歯が痛む事はあります。 神経がある歯はしみる症状が主に出たりしますが(虫歯等で... ) 神経の無い歯は体の抵抗力が落ちた時や、歯の周りが食べかすで汚れていた時 などにうずく様な感じで痛みが出たりします。 tmnymdさんはどのような痛みに当てはまりますか?? しみる症状では無いと思いますが.... (質問からしてみますと.. ) また、神経を抜いても何らかの原因で歯の根の先に膿がたまり痛みや腫れが出たりする事もよくあります。 この場合はレントゲンを撮ればすぐに... A ベストアンサー はじめましてwakamaluさん。 私も同じ様な経験があります。 といっても、本当にちょこっと似ているだけなのですが・・・。 私も甘いものを食べた時、又は長時間下を向いていると左右両方の犬歯が凄く痛むといった症状がありました。 キャラメルやチョコレートを食べたり、勉強などをしていて下を向いている状態が続いた後は「ジーン」とした嫌な痛さが・・・!! 歯科で虫歯検査しても虫歯は無し。 念のためレントゲンをとって診てもらった結果、「歯と歯の間があなたの年齢(16歳です)にしては小さい。 大人の歯みたいにギチギチしている。 きっと隣り合わせの歯と歯同士が当たっていて痛むのでは・・・?」みたいな事を言われました。 実は私、サッカーをしていて、ヘディングなどで歯を食いしばったりするのでそれが原因だろうと言うことです。 えっと、質問者さんの場合は奥歯ですし・・・全く関係ないのかもしれませんが、こういうケースもあるということも知っていただけたらばと思います。 それと、素人の私がこんなこと言ってはいけないと思うのですがレントゲンを撮られた方が良いかもしれません。 レントゲンを撮って歯に何もなければ他に原因が、歯に何かあったら見つかって良かった!ってな感じで。 なんだか生意気にすみませんでしたー。 はじめましてwakamaluさん。 私も同じ様な経験があります。 といっても、本当にちょこっと似ているだけなのですが・・・。 私も甘いものを食べた時、又は長時間下を向いていると左右両方の犬歯が凄く痛むといった症状がありました。 キャラメルやチョコレートを食べたり、勉強などをしていて下を向いている状態が続いた後は「ジーン」とした嫌な痛さが・・・!! 歯科で虫歯検査しても虫歯は無し。 念のためレントゲンをとって診てもらった結果、「歯と歯の間があなたの年齢(16歳です)にしては小さい... Q 初めて投稿します。 28歳の主人の肩こりと歯痛についての質問です。 肩こりは最近です。 昼間はあまり痛みはなく、夜になると肩の痛みがあり、同時に歯全体が痛み出す症状になってきました。 市販の鎮痛剤(イブA錠)を飲んでも聞かなくなったので、今日病院に連れて行きました。 病院(整形外科)では、レントゲンをとり、異常がないか検査をしてもらい、薬を処方してもらいました。 ミオナール錠50mg、アドフィード、シップを処方してもらいましたが全く効かず、今でも痛がってます(><) 保冷剤で、頭のこめかみ部分を冷やしていますが、歯が痛いし肩もいたい、頭も痛いと言い出しました。 どうしたらいいかわかりません。 肩と首には異常がないと病院でいわれました。 処方された薬やシップが効かないこと、夜になると肩と歯が痛み出す、この症状の原因がわかりません。 経験者の方、いらっしゃたらアドバイスをお願いします。 長文失礼いたしました。 A ベストアンサー みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。 我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。 要するに普通は不必要に抜髄はしません。 で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。 デメリットとしては、 1 神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。 2 抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。 3 歯が生活歯にくらべて、もろくなる。 4 変色していく。 5 臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。 (残髄等) などがあげられます。 しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。 要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。 で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。 痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。 我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。 要するに普通は不必要に抜髄はしません。 で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。 デメリットとしては、 1 神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。 2 抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。 3 歯が生活歯にくらべて、...

次の

歯茎が痛いのはストレスや疲れのせいなの?病院へ行くタイミングは?

疲れ 歯 が 痛い

スポンサーリンク 歯が痛いのに虫歯じゃないってどういうこと? 歯が痛いのに虫歯ではない。 これはそんなに珍しいことでもないようです。 現に私管理人も虫歯がないのに歯が痛んだときがあります。 かかりつけの歯医者さんに行って診てもらいましたが、異常なし。 歯のクリーニングだけして帰ってきたことを思い出します。 結局そのときの歯痛は、自分では「副鼻腔炎」が原因だったのではないかと思っています。 副鼻腔が炎症を起こして膿が溜まる、いわゆる「蓄膿症」とも呼ばれる副鼻腔炎。 これは溜まった膿が原因で周辺が圧迫され、頭痛や歯痛の症状が出る場合もあるそうです。 その頃私は確かに副鼻腔炎でしたから、虫歯ではない歯の痛みの原因としては、充分考えられるものだと思います。 歯医者さんはただ「虫歯はないんだけどね」と言うだけで、特に何もしてはもらえませんでした。 その内、私自身も歯痛が治まってきたのでそのままにしていましたが、なかには歯痛がいつまでも治まらず、苦しんでいる人もいるでしょう。 色々と調べてみると、虫歯ではないときの歯の痛みには結構重大な病気が隠されていたり、早く何らかの対処が必要な場合があるのですね。 歯医者さんも万能ではないので、かかった歯科医によっては見落とされる恐れもあります。 現に歯が痛むのに虫歯がないと言われる。 そこで歯科医から別の提案がされない場合。 自分で自分の身を守ることも大切なのだと思います。 そこで虫歯じゃないのに歯が痛むときに考えられる原因を、ここで探ってみましょう。 虫歯じゃないのに歯が痛いときの原因 虫歯じゃないのに歯が痛いときの原因で、考えられるものを挙げていきます。 しかも歯医者さんに診てもらったのに、見過ごされてしまう虫歯があることも。 例えば以前治療して被せものをした歯などは、虫歯が見つけにくいそうで。 レントゲンを撮っても確認できず、それでも痛いから被せものを取って確認してもらったら、中で虫歯が進行していた、という話も耳にしました。 以前に治療したときに神経を損傷してしまっており、それが後に痛む、ということもあるそうです。 「この歯が絶対におかしい」「ピンポイントでこの歯が痛む」という自分なりの確信があれば、歯科医に言って被せものを取ってチェックしてもらいましょう。 歯ぐきから見えていなくても、歯茎の内側に埋没していたりして、一見すると分からないこともあります。 その隠れている親知らずが神経に触り、痛みとなって表れているのかもしれません。 歯医者で分かるような気がしますが、運悪く見つけてもらえない場合もある様子。 総合病院の歯科か、口腔外科を受診してみてください。 あるいは、普段からグッと歯を食いしばる癖はないでしょうか? 原因不明の歯痛のなかでも、よく聞くのがこの「歯ぎしり」と「食いしばり」です。 上下の歯をグッと噛み締めると、かなりの力がかかります。 この食いしばりは無意識に行っていることが多く、しかも癖になってしまっているので、常に歯には負荷がかかっている状態なのですね。 歯ぎしりもそうです。 寝ているときにギリギリと歯をすり合わせているときにかかる、歯への圧力は相当なもの。 最悪、歯が割れてしまうこともないとも限りません。 早めに歯科医へ行き、マウスピースを作るなどの対処が必要です。 歯ぎしりや食いしばりは、ストレスが原因である場合もあります。 根本的に治療するには、ストレスへの対処法も考える必要があるかもしれませんね。 この三叉神経がなぜ痛むのか、原因はさまざまなようです。 脳腫瘍など、脳が原因で起こることもあれば、血管が三叉神経を圧迫して痛みを感じる場合もあります。 三叉神経は3つの枝に分かれています。 額と頬、下顎へと伸びていて、その枝のある範囲に痛みが出ます。 だらだらと長く続く痛みではなく、一瞬か数秒・数十秒ほどの突発的に発生する強い痛みです。 痛みを誘発するポイントのようなものもあるそうで、顔を洗うと痛いとか、どこかを触ると痛みが走る場合は、三叉神経痛の可能性が高くなります。 歯磨きすると痛い。 水を飲むと痛い。 触ると痛むポイントがある。 季節の変わり目に痛くなる。 などという場合、三叉神経痛を疑ってみてください。 脳神経外科・ペインクリニックなどを受診してみましょう。 または以前に帯状疱疹が顔に出たことがある人は、帯状疱疹後三叉神経痛になる恐れもあります。 ちなみに帯状疱疹とは、痛みのある水ぶくれや赤い斑点といった発疹が、神経に沿って帯状にできるものです。 ピリピリとした痛みと痒みがあり特徴的なので、一度かかるとピンとくるのではないでしょうか。 私も罹ったことがありますが、とても痛いしかゆいです。 顔に出ると、発疹が出ていない段階では重い歯痛のように感じる人もいるそうです。 ただ、帯状疱疹であればそのうち発疹や水ぶくれが出てくるはずなので、それで見分けがつくかと思います。 顔が痛んで、できものが出てきた。 ピリピリして痛痒い。 という場合、早めに皮膚科を受診しましょう。 帯状疱疹は治療が遅れると、帯状疱疹後三叉神経痛などの後遺症が残る恐れがあります。 ですから以前に帯状疱疹に罹った人が、体の抵抗力が落ちたときなどに、顔に痛みを感じることもあるのです。 特に顔だと、目や耳などに帯状疱疹が出ると影響が怖いので、即受診してくださいね。 顎の関節がカクカクする。 音がする感じがあれば、病院を受診しましょう。 町の歯科では対応できない場合もあるかもしれません。 受診するなら口腔外科が良いですね。 歯周病になりかけている人などは、普段は抵抗力があって問題ないけれど、忙しすぎたりストレスを感じやすい時期になると抵抗力が落ち、急に症状があらわれることもあります。 体の対抗力が回復すると元に戻ることもあるようですが、繰り返すと本格的な歯周病になってしまうことも考えられますので、注意してくださいね。 心筋梗塞や狭心症などの発作である可能性も無きにしも非ず。 原因不明の歯の痛み、息苦しさ等の異常を感じたら、できるだけ早く循環器外科を受診してください。 物を持ったときに歯が痛む、などの痛みの出方は心臓からきている可能性があるそうです。 頭痛がするときに一緒に歯痛も起こるような感じらしいですが、症状の出方は人によってさまざまですから、歯痛だけが出ていても一応脳からきている可能性は考えておいたほうが良いかもしれません。 脳腫瘍の治療は脳神経外科です。 虫歯じゃないのに歯が痛いときの対処法 虫歯じゃないのに歯が痛いときの対処法ですが、まずは必ず歯医者に行って、虫歯ではないと確信を得ておいてくださいね。 でも残念ながら、たまたま受診した歯医者さんでは原因特定できないことも大いに考えられます。 歯の痛みから、鼻や心臓や脳に異常があると直結して考えてくれる歯医者さんには、そうそう出会えないかもしれません。 一か所歯医者を受診したけれど、原因が見つからず、その後のケアもない。 そんな場合はセカンドオピニオンをおすすめします。 その際受診する歯科は、できれば総合病院・大学病院の歯科にしておくと良いでしょう。 本当に虫歯や歯周病が原因ではない、歯科の管轄ではないと判明したときに、別の科に回してもらえるはず。 口腔外科、耳鼻科、脳神経外科、循環器外科など、歯の痛みから導き出される病気を特定できる可能性が高くなります。 いろいろな病院をはしごするのも疲れますから、あらゆる科がそろっている総合病院のほうが、時間も短縮できます。 歯の痛みは原因がさまざまなので、対処法としては原因を特定してから治療するしかありません。 なので必ず効くとは断言できませんが、一応念のために、歯が痛いときに痛みを悪化させない対処法を書いておきますね。 もし隠された虫歯や歯周病であれば、触れることで菌が入ってしまうかもしれません。 まとめ 虫歯じゃないのに歯が痛い。 原因不明の歯の痛みは、対処に困ってしまいますよね。 考えたくはないことですが、脳腫瘍や心臓病など、重大な病気から発生している歯の痛みである可能性もあります。 何でもなければそれでOK。 不安なままでは嫌ですよね。 痛みも早くなくしたいものです。 まずは歯医者の受診。 そこで虫歯ではないと分かったら、総合病院を受診しましょう。

次の