自己 pr 面接。 面接で効果的に自己PRをする方法|マイナビ新卒紹介|新卒学生向け無料就職エージェントサービス

【新卒の面接】自己prはここが大切!すぐに使える例文10選

自己 pr 面接

転職面接における「自己紹介・自己PR」の基本とは まずは、「自己紹介・自己PR」の基本を押さえましょう。 どうして「自己紹介・自己PR」が行われるのか、どのタイミングで聞かれるのかなどを理解しておくことで、慌てずに回答できるようになりますよ。 面接の流れをチェックしよう 中途採用における面接の一般的な流れを知っておきましょう。 自己紹介に関しては、聞かれるなら「初回の面接の導入部分」とほとんどが決まっています。 ただ、その後の内容は企業や選考段階によって変わるため、必ずしも自己紹介を求められるとは限りません。 まずは導入として今回取り上げる自己紹介を行います。 その後、職務経歴を聞かれ、あなたがなぜ転職しよう敏孝の理由を問われます。 そのあとに志望動機を聞かれ、企業ごとの細かな質疑応答に入ります。 あとは面接官から募集内容の説明や条件の確認をされます。 最後に逆質問があって、終了となります。 面接において自己紹介の役割とは? たまに勘違いしている方がいるのですが、特に転職面接においては、「面接を受けるのはこんな人物です」と伝えることに終始すればよいのです。 自己紹介では詳しい経歴の説明や自己PRは過剰に行わず、1~3分程度で簡潔に自分のことを伝えてください。 これまでの業務内容や経験・スキル、転職の理由などはその後行っていきますから、自己紹介のタイミングですべてを伝えようと身構えなくて大丈夫です。 採用担当者との信頼関係を築くことを念頭に置いて、落ち着いて簡潔に伝えるようにしましょう。 面接官が自己紹介・自己PRを求める理由 自己紹介で面接官があなたを見るとき、どのような目線で見ているか気になりますよね。 基本的に、あなたが一体どんな人なのかを知りたがっているのです。 自己紹介は、面接官にあなたが入社後に活躍できる人か教える第一歩と考えていいでしょう。 そのなかで、応募者のビジネスパーソンとしてのコミュニケーションスキルも確認しています。 つまり、自己紹介・自己PRの話し方で与えた第一印象がよければ、内定に一歩近づくといっても過言ではないのです。 さらに詳しく見ていきましょう。 理由その1 自分自身を客観的に捉えられているか見たい 自己紹介や自己PRは、自分はどんな人間で、どんなことが得意かなどを客観的に話します。 それがうまくできているかを確認したいと思っているのです。 なぜなら、仕事において客観的に自分を捉えられない人は、物事を俯瞰的に見られず、仕事能率も悪いといえるからなのです。 一緒に働く上で自分を見つめられている人と働きたいと思うのは、企業にとって当然です。 自己紹介では、自分自身を客観的に捉えられている人材かを見せるように心がけましょう。 理由その2 経験やスキルが自社とマッチするか確認したい 自己PRや自己紹介では、個人が持っているスキルや強みを見られます。 その内容と会社が求める内容がマッチしているかを面接官は確認しているのです。 さらに、自己PRで言われたことを面接官がその後の面接で深掘りすることで、さらに深く、企業とのマッチレベルとスキルの習熟度をチェックしようとしています。 そのため、先述のとおり、あまり多くを語る必要はなく、簡潔さを求められるわけです。 面接で話す自己紹介・自己PRはどんな内容を話すべき? それではさっそく、自己紹介・自己PRの内容について見ていきましょう。 面接官に優秀な人材だと思ってもらえる、第一印象が良くなる自己紹介のアピールポイントを解説していきます。 どのような点をピックアップして話せばいいか、ふたつの基準に照らし合わせてチェックします。 仕事上の実績・スキルは「裏付け」があるものを話す 自己紹介においてやってしまいがちなのですが、「いつも明るく前向き」「優しいと言われる」などといった人柄的な強みは不要です。 自己紹介・自己PRでこれまでの仕事で上げた実績やスキルを話すときは、具体的な数値に裏付けられたものだけに絞ってください。 数値やキーワードでシンプルに伝えられるものがいいでしょう。 いままでの経歴や頑張ったことも、ここでは言う必要はありません。 基本的に面接官は仕事で残した実績や成果を知りたいので、アピールする点は仕事上の強みに絞って話すことが重要です。 応募先の会社・職種で活かせる内容に絞って話す 二つ目の基準が、「応募先の会社・職種で活かせる内容に絞って話す」です。 これはどういうことかというと、自己紹介やPRをする際に自分の実績やスキルばかりを話してしまうのはNG,ということです。 まずは求人情報をベースにして、「求める人物像」「業務内容」「成し遂げてほしいミッション」とに自分が近いかどうかを一度考えてみてください。 そして、それに関係のある実績やスキルを選んでアピールすることで、面接官の評価が上がります。 転職面接においてやりがちなミスが、テンプレート化した自己紹介です。 同じ職種や業務内容であったとしても、企業によって重視するポイントは異なるため、応募先の企業で求められている人材がどんなものなのかは必ず確認してください。 どうしてもアピールポイントが見つからない場合 経験職種への転職ならいざ知らず、異業種、異職種への転職にチャレンジする場合、アピールできるポイントが見つからないこともあるでしょう。 そんな時は、企業そのものではなく、その「仕事」においてどんなことが必要とされているか、自分が持っている実績、スキルとの共通点がないか探してみましょう。 仕事というのは、必ず何かを達成しなくてはなりません。 自分が今までどんな目標に挑戦し、成し遂げてきたかを話すことで、どこかで必ず応募先企業、応募職種とリンクするはずです。 そうすれば、面接官の質問意図に沿った回答となり、応募職種にも応用できることを伝えられます。 面接での自己紹介・自己PRの伝え方 面接で大事なのはコミュニケーションです。 自分がいかに優秀であっても、それを上手に伝えられなくては何の意味もありません。 面接官から良い評価を得るための自己紹介・自己PRの伝え方のポイントを学んでおきましょう。 結論から話し始めるのが鉄則 社会人になって、業務の報告をするときにダラダラしている人がいますよね。 それはなぜなのか、その理由は「結論から話していない」ことにあります。 ビジネスの基本として、結論から話し始めるのが鉄則です。 なぜなら、今から話すことが何なのか整理され、相手に伝わりやすくなるからです。 「自己PRをしてください」と言われたら、まずは一番アピールしたい実績やスキルを結論として話しましょう。 そこに続いて、その実績を達成するために具体的にどのような行動をしたのかを説明します。 具体的な行動、将来の展望につなげる そこからさらに、実績を達成するための具体的な行動を伝えます。 ここで、その実績を達成するために使ったスキルの詳細を話してもいいですね。 最後に、今後の展望を話しましょう。 ポジティブな印象を与えられるよう、今後自分が、今話したことをこの仕事でどのように活かしたいと考えているかを伝えるといいですね。 これらを話すときは、簡潔に話すことを心がけてください。 いくつも紹介すると長くなるので、面接官へ本当に伝えたかった部分が伝わらない場合もあります。 時間を自分で測り、シミュレーションしながら調節しましょう。 また、簡潔に述べることで、面接官自身が気になる点を深掘りしてくれる余白も生まれます。 はきはきと話し、明るく謙虚な姿勢で伝える 面接全体を通じて言えることなのですが、基本的に前向きに明るく話すことは大前提です。 緊張しているのはよくわかりますが、やはり怖い面持ちの人よりも、柔らかな雰囲気の人と働きたいと思うのは当然でしょう。 自分の実績やスキルを話すとき、上から目線になったり不遜な態度をとったりするのも絶対にNGです。 謙虚な姿勢を心がけてください。 人間的に尊敬できない人とは、誰だって一緒に働きたくないと思うでしょう。 もし自分にスキルが不足していても、高慢な態度や横柄な物言いをする人より謙虚な人のほうが、組織は求めています。 時間は1分〜3分の間で調整する 基本的に、自己紹介と自己PRは1-3分の間で行うのが定番です。 稀に、企業から時間指定をされる場合もありますが、ない場合はこの時間で留めれば問題ないでしょう。 長く話したいけれど時間がないからと言って早口で喋らないようにしてください。 聞き取りやすいスピードで、笑顔も忘れずに話しましょう。 一文字1秒くらいを目処に原稿を作るのがベターです。 質問したくなるような部分を含めておく 自己紹介や自己PRのあと、それについて必ず面接官から深掘り質問がされます。 そのため、再三言っているように「詳しく話しすぎない」ことが大事になります。 さらにもう一点、「それはどういうこと?」と、面接官の興味を引く部分も含められれば上級者です。 私が面接官の立場の時に興味を惹かれたのは、「使っているSNSはあるか」という事前質問に対して、「SNSはやったことがありません」ということでした。 若い方だったためどうしてなのか聞いてみたくなり、質問したところ「なぜか登録するとエラーになる」という返答で、場が和みました。 フランクな面接ではありましたが、その人のひととなりが分かる一場面でした。 自分を飾りすぎず対策をしっかり行うことで、印象を良くしましょう。

次の

【例文つき】自己紹介と自己PRは違う!面接官の心を掴む「自己紹介」の方法

自己 pr 面接

面接で自己PRを聞かれたらどうする? ポイントと注意点をチェック! 面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ 自己PRでは、「何を、どのように述べるのか」を意識することが大切です。 転職面接では、ほとんどの場合、自己PRを求められます。 志望動機と同じくらい重視される質問ですから、事前に対策を練っておくことが大切です。 ここでは、自己PRをする際にアピールすべきポイントや注意点を解説します。 自己PRでアピールすべき3つのポイント 転職面接は、企業とのお見合いのようなものです。 「自分が言いたいこと」だけを声高にアピールしても、良い結果を得ることはできません。 自分の実績を伝えるのが自己PRですが、相手が何を求めているのかを理解しておかなければ、一人よがりになってしまいます。 自己PRの内容を考える前に、まずは伝えるべき3つのポイントを整理しておきましょう。 企業の求める人物像と合致する点 自己PRは自分のアピールポイントや実績を伝える場ですが、これはあくまでも、「その企業にとって自分がいかに有用な人間であるか」をアピールするために行っていることを忘れないようにしましょう。 自己PRで伝えるべきなのは、自分の輝かしい実績ではなく、「企業から見て魅力的だと感じてもらえる実績」です。 どれだけ立派な実績があっても、企業が求める人材像とかけ離れた分野のエピソードしか語れないようであれば、魅力的な人材だと思ってもらうことはできません。 そのため、転職面接の自己PRで語る内容は、企業ごとに変える必要があるのです。 そのためには、応募先の企業の求人票を見返します。 「求める人材」という項目がないでしょうか。 企業の求人サイトや求人票には、どのような人材を求めているのか、具体的に書いてあることが珍しくありません。 「必須」「優遇」と、項目を分けてほしい人材を指定しているケースもあります。 さらに、企業の近年の事業展開や、経営方針、経営者インタビューなどをチェックすることで、より深く企業が求めている人材像や、今後どのような経営展開をしていきたいのかを知ることができます。 しかし、たとえ資格を保有していなくても、関連する業務に携わったことがあったり、学んだことがあったりした場合は、アピールポイントとなります。 また、経験したことがない仕事であっても、別の業務の実績が評価される可能性もあります。 このように、自己PRを述べる際は、自分の実績の中から企業が求めていると考えられるものをピックアップして伝えるようにしましょう。 アピールポイントの根拠となる具体的なエピソードと成果 仕事に限らず、誰かを説得する際には、その根拠を伝えるのが効果的です。 その際の根拠は、主観的なものや感情論ではなく、客観性がなければいけません。 これは転職面接における自己PRでも同様です。 「営業として顧客からの高い信頼を得ています」と言ったとしても、それが本当なのか嘘なのかを面接官が判断することはできません。 本人の思い込みで、実際には信頼を得られていないこともあるかもしれません。 そこで、「高い信頼を得ている」と主張できるだけの根拠を提示します。 この根拠とは、リピート率や売上のような「数字」であったり、顧客満足度の高さで表彰を受けたといった「他者からの評価」であったりします。 将来の展望 自己PRでは、入社した後でどのように働いていくつもりなのかにもふれるようにしてください。 企業の採用担当者が本当に知りたいのは、「入社した後、それを自社で活かして働くことができるかどうか」だからです。 いくら優れた実績があっても、その企業で役立てられないのであれば意味がありません。 「顧客のニーズを理解し、満足度を向上させてきた経験を活かし、業界顧客満足度ナンバー1の御社で、さらなるリピート率の向上と新規顧客獲得に邁進したいと考えております」というように、企業が求めている人材像を踏まえた上で、自分を採用するメリットについて伝えましょう。 自己PRをする際に注意したい4つのポイント 続いて、自己PRをするときに気を付けておきたい4つのポイントと、それらを踏まえた自己PR例をご紹介します。 結論を最初に話す 自己PRでは、結論を最初に述べましょう。 ここでいう結論とは、「PRポイント」のことです。 たとえば、「コミュニケーション能力が高い」のであれば、最初にそれを言います。 その後で、「根拠やエピソード」「得られた仕事上の実績」「転職後の活かし方」などと続けてください。 最初に結論を述べておけば、話の流れを理解した上でその後の説明を聞いてもらえます。 この段落でも、「自己PRでは、結論を最初に述べましょう」と、結論を初めに書いていますね。 相手に何かを説明する際に便利な方法ですから、ぜひ身に付けておきましょう。 仕事への活かし方を意識する 「コミュニケーション能力が高い」というのは、それだけでは単なる本人の特性でしかありません。 実際に、それをどのように仕事に活かしているのか、また、今後どう活かしていくつもりなのかが大切です。 また、「コミュニケーション能力が高く、誰とでも仲良くなれます」だけでは、仕事上の強みとはいえません。 コミュニケーション能力は、職種を問わず求められることが多いものですが、もう一歩進んで、自分自身がその能力をどう活かすつもりなのかについて考えておく必要があります。 さらに、その「活かし方」が、応募先の企業のニーズに合致したものでなければ選考を通過することはできません。 スキルの活かし方はひとつではありません。 応募先の企業でどのような活躍を求められているのか、併せて検討しておきましょう。 アピールポイントをしぼる 「コミュニケーション能力が高い」「問題解決能力に優れている」「チャレンジ精神が旺盛」など、アピールしたい能力がたくさんある方もいるでしょう。 しかし、いくつものアピールポイントを、短い自己PRの時間内に全て話そうとすると、全体の印象がぼやけてしまいます。 複数のアピールポイントについて述べるのではなく、相手先の企業がより強く求めていると考えられる能力と、それを表すエピソードにしぼって伝えるようにしてください。 書類の自己PR欄と内容を合わせる 自己PRは、履歴書や職務経歴書にも書く場合があります。 また、自己PRで述べた入社後の活かし方は、志望動機にも通じることです。 面接官は、手元に履歴書や職務経歴書を持っていますから、書類の内容と面接で話している内容に食い違いがないようにしなければいけません。 提出した履歴書や職務経歴書は必ず控えを取って、面接の前に内容を再確認しておきましょう。 自己PRの時間 自己PRの時間は、1分や3分など、時間を指定されてまとめるように指定されることがあります。 特に、1分と指定されるケースは多いため、あらかじめどの程度の分量で1分の自己PRになるのかを計っておく必要があります。 一般的には、1分で話せる言葉はおおよそ300文字程度だといわれています。 そのため、自己PRも、300~400文字程度でまとめるのがおすすめです。 実際の自己PR例を見て、分量について考えてみましょう。 <自己PR例> 私の強みは、向上心があり、そのための努力ができることです。 前職では個人向け営業をしておりましたが、1年目の成績は社員50名中40番目でした。 営業成績はお客様からどれだけ支持を得られているかの指針だと思っておりましたので、この結果には大きなショックを受けました。 同時に、お客様から支持される営業になりたいとあらためて感じ、必ず翌年は1番になると誓いました。 それから、お客様とより深くコミュニケーションをとるため、商品知識や政治経済、経営、テクノロジーなど、様々な分野の勉強を行いました。 さらに、上司や同僚とプレゼンの練習をしたり、優秀な営業からテクニックを学んだりと、営業面でのスキルアップにも努めました。 結果、翌年は営業成績トップを獲得。 以降は、連続して1位の成績を収めています。 この経験から、努力し結果が出ることでよりモチベーションが上がり、さらに努力ができるのだと学びました。 この強みを活かして、御社の営業の仕事に貢献したいと考えています。 この自己PRは、およそ400文字です。 実際に話してみて、自分がこの分量を何分で話せるのかを計ってみてください。 1分ぴったり、もしくは少し超える程度かと思います。 もし、1分を大幅に下回るようであれば、話す速度が早すぎると考えられます。 自分なりの自己PRを考えるとともに、実際に下書きを見ないで自分の言葉で話し直した場合に何分になるのか、練習をしておきましょう。 自己PRは面接におけるアピールタイム 自己PRは、面接において自分の魅力を面接官に自由に伝えることができる重要なアピールタイムです。 応募先の採用担当者にとって魅力的に映る内容を考えてから面接を受けるようにしましょう。 企業研究を十分に行うとともに、印象に残るキャッチーなフレーズを織り込むといったテクニックを使うとより効果的です。 あなたの長所を活かした自己PRを、キャリアアドバイザーが一緒に作成します!.

次の

新卒面接の自己PRの方法・誰でも使える強み一覧【長所は無くとも】

自己 pr 面接

面接完全攻略記事一覧 「自己PRを面接でうまく伝えられない…」そんな悩みを抱いている就活生もいると思います。 面接はESとは異なり、ただ話すのではなく 面接官と会話をするということがポイントです。 そこで本記事では面接での自己PRの伝え方や、注意点を紹介していきます。 本記事の構成• 企業が面接で見ている点 面接官は面接を通して以下の以下の項目をチェックしています。 マナー• 志望度• 将来性 それそれについて詳しく解説していきます。 マナー 企業によって面接でのチェック項目は多少異なるかもしれませんが、マナーに関してはどの業界でも共通してチェックされていると言えます。 どんなに良い自己PRができても、第一関門と言われるマナーをクリアできなければ選考を進んでいくのはそもそも難しいです。 マナーは社会に出て働くためには必ず必要なものとなります。 例えば、社会に出たらお客様と接することも多く、マナーがなってない人と一緒に仕事をしたいと思ってくれる人などほとんどいません。 お客様や会社の仲間など、様々な人と良い関係を築くためにはマナーはとても大切なものだと言えます。 それを学生のうちから身に着けることで、社会人になってからのスタートがよりスムーズになるため、予めマナーについては知っておいた方が良いでしょう。 以下の記事で就活マナーについてわかりやすくまとめてあるので、参考にしてみてください。 印象 印象とは細かく分けると以下の項目でチェックすることができます。 身だしなみ• 声のトーン・大きさ• 言葉遣い 第一印象とはとても重要な要素であり、第一印象がその後のその人の評価や好感度を大きく左右するということが心理学的にも言われています。 一度ついた印象はなかなか変えることができないため、第一印象はできるだけ良い方が良いと言えます。 上記の4つはどれも良い第一印象を形成するために必要な要素となっているため、話す時はできるだけ笑顔を心がけ、身だしなみはしっかり整え、声のトーンや大きさ、言葉遣いに注意し、相手が聞きやすいような話し方を意識するようにしましょう。 志望度 志望度は企業研究や業界研究でアピールすることができます。 ただ、企業HPなどで得られるような情報ではなく、多方面から情報を収集し、しっかりと業界・企業研究を行っていることをアピールしましょう。 また志望度に関しては、志望動機でアピールすることができるため、志望動機を語る際はできるだけ具体的に述べるようにしましょう。 例えば「〇〇企業の~~~事業は社会課題に向き合っており~~」のように業界や企業の特徴を交えて語るようにすることで業界・企業研究をしっかり行っているアピールにもなり、志望企業への志望度を伝えることができます。 将来性 企業は新卒を採用する際に 現在の能力より将来性を重視しています。 面接官は就活生に対して、将来どれくらいの成長が期待できるかを見ており、成長性があると感じた就活生を採用する傾向にあります。 そのため、将来性をアピールする際はその企業が求めている人材像を理解し、将来そのような人材になれると面接官に思ってもらえるようなエピソードを話すようにしましょう。 自己PRを魅力的に伝えるポイント 1 手順を理解する 自己PRの伝え方に関しては、でも述べている、自己PRを書く際の手順と同様な流れで答えるようにしてください。 簡単にまとめると、以下の流れになります。 自己PRを伝える手順 1 長所を一言で伝える 2 長所を表すエピソードを伝える 3 課題・目標を伝える 4 課題に対しての努力や工夫を伝える 5 結果を伝える 6 長所で会社にどう貢献したいかを伝える それぞれの手順について以下で詳しく解説します。 自己PRの伝え方 1 :長所 強み を一言で伝える 結論から伝える 自己PRを書く際は長所を一番初めに伝えるようにしましょう。 具体的には「私の長所は〇〇です。 」というように結論から述べましょう。 最初に結論を述べることで、聞いている人も話が入ってきやすくなるため大切な部分となる結論は初めに伝えることでより面接官の印象に残すことができます。 長所は具体的に伝える 自己PRで「課題解決力があります」「計画性があります」と自分の長所を伝えたことがある人は多いと思います。 しかしその伝え方では面接官に十分に自分の長所が伝わっていない可能性があります。 「課題解決力があります」「計画力があります」だけでは聞いている側の解釈によって、受け取り方が変わってしまうため、伝えたい内容が実は選考官に伝わっていないということが多くあります。 そのため例えば、計画性をアピールしたい場合は、「計画性があります」のような抽象的な伝え方ではなく、「最終的な目標から逆算し、やるべきことを順序立てて計画することができます」のような具体的な伝え方を意識してみてください。 自己PRの伝え方 2 :長所を表すエピソードは端的に伝える 長所はエピソードを交えて伝える 選考官に長所を伝える際は、根拠となるエピソードを述べる必要があります。 根拠がなく、ただ「〇〇力があります」と言われても選考官も信じることができません。 そうならないためにもしっかりと根拠を伝えるようにしましょう。 具体的には、「私は課題解決力という長所を発揮し、最終的な目標から逆算することで一日単位でやらなければならないことを明確化し、メンバー毎にやるべきタスクを振り分けました。 その結果、40%しかなかったゼミの出席率を90%まで伸ばすことができました」のようにエピソードを伝えるようにしましょう。 この時に定量的かつ具体的であればあるほど、面接官からの評価は良いものになると言えます。 成果が著しく良い場合は結論の部分でも伝える 良い成果を残せている場合は、最初の結論を述べる際にも伝えるようにしましょう。 最初に成果を伝えることによって面接官の関心をより惹きつけることができる可能性が高いです。 結論の部分で成果を伝える場合は以下のような流れで伝えてみてください。 「私の計画性という長所を発揮した経験は、アルバイトの集客目標が50人だったのに対し100人と2倍の人数を集客できたことです。 」 上記のように結論の部分で成果について述べることでより評価の高い自己PRを伝えることができます。 自己PRの伝え方 3 :課題・目標を伝える 課題・目標を伝える ここではエピソードの詳細を伝えますが、その際はまず初めにその経験の課題や目標を伝えましょう。 課題や目標の内容によって面接官の評価は変わります。 しかしその課題や目標が伝わってなければ面接官は評価することができなくなってしまうため、必ず書くように意識してください。 その課題・目標を選んだ理由を伝える 課題や目標を伝えたら、なぜその課題・目標を選んだのかについて伝えましょう。 その理由によって面接官はあなたの人柄や価値観を判断することができます。 選考を通して、企業側は就活生と自社の価値観が合うかどうかチェックしているため、面接官に自分の価値観を知ってもらうためにも、しっかりとアピールするようにしましょう。 自己PRの伝え方 4 :課題や目標に対しての努力や工夫を伝える 課題や目標を乗り越えるために、どのような努力・工夫をしたのかを具体的にアピールすることで他者との差別化を図ることができ、面接官から高い評価位を得ることができます。 例えば、「ゼミの出席率を上げるために、最終的な目標から逆算し、一日単位でやらなければならないことを明確化し、メンバー毎にやるべきタスクを振り分けました。 」のような伝え方を意識してみてください。 ここをしっかりと伝えることができれば面接官に入社後の姿を想像させやすくなります。 自己PRの伝え方 5 :結果を伝える 結果を伝える際は、「定量的に伝える」「過去と比較する」この2つを意識してください。 定量的に伝える 例えば「カフェのアルバイトで売り上げを上げた」と「カフェのアルバイトで売り上げを40%上げた」では後者の方が成果がわかりやすいですよね。 このように定量的に伝えることで面接官により良い自己PRを伝えることができるため、意識してみてください。 過去と比較する 「ゼミの出席率を上げた」と「メンバーごとにタスクを振り分け出席率を50%から90%まで上げることができた」では、後者の方が成果がわかりやすくなっています。 そのため、結果の部分を書く際は上記の2つのポイントを意識して具体的に伝えるようにしましょう。 自己PRの伝え方 6 :長所で会社にどう貢献したいかを伝える いくら良い長所があっても、その長所が志望している企業で活かせるものでなければ意味がないため、自分の長所をどう企業で活かすことができるのかについて伝えるようにしましょう。 具体的には「~~~という業務において私の長所である〇〇を活かして~~~のように貢献したいと思っています」というように書いてみてください。 そうすることで、選考官があなたが自社で働いている姿をイメージしやすくなるだけでなく、しっかりと企業研究ができていることもアピールすることができます。 自己PRを魅力的に伝えるポイント 2 :時間を意識する 企業に自己PRを伝える際には 時間を意識することが大切です。 時間を意識とはどういうことなのか。 ここでは2つの意識すべきポイントを紹介します。 指定された時間内に収める 指定された時間内に収めることは大切です。 しかし企業によって、1分だったり、3分だったり、5分だったり、指定される時間は異なります。 そのため、予めそれぞれの制限時間に合わせた自己PRを作成しておくようにしましょう。 目安となりますが、1分で話せる文字数は300文字程度と言われています。 また先程も述べましたが企業によって制限時間は異なるため、事前準備として制限時間を1分、3分、5分と想定し、300文字、900文字、1500文字程度のの自己PRを作成しておくと、どんな状況でも落ち着いて自己PRを伝えることができるので、ぜひ試してみてください。 時間指定がない場合 もし自己PRをする際に時間制限がなかった場合は、1分~1分半くらいで伝えるようにしましょう。 時間制限がないからといって、長々と話してしまうと「話しをまとめられない人だな」「結局何をアピールしたいんだろう」などといった悪い印象を面接官に持たれてしまう可能性があります。 自己PRを簡潔に伝え、良い印象を持ってもらうためにも、制限がなかった場合は1分~1分半くらいで収めるようにしてください。 最後に 本記事では面接での自己PRの伝え方や面接官が見ている就活生のマナーについて解説しました。 自己PRの考え方はで紹介しているフレームワークと同様ですが、面接はESとは異なり面接官とコミュニケーションをとることが大切です。 そのため一方的ではなく"会話をする"ということを意識するようにしましょう。

次の