タイピング 長文 無料。 無料のタイピングゲームまとめ(寿司打・夜の森・歌詞・ボカロなど)

タイピング無料ゲームセンター

タイピング 長文 無料

長文タイピングのメリット 文章入力が早い 長文タイピングとは、 変換キーを押す頻度をできる限り少なくすることで、長文をまとめて漢字変換する文字入力方法です。 変換キーを押す回数が減るということは、それだけ打鍵数が減るということ。 作成する文章の文字数が増えれば増えるほど、 その恩恵は無視できない大きさになってきます。 ミスタイプが減る 長文タイピングが身についてくると、 ミスタイプの頻度も減ってくるようです。 これは一般的なタイピングに比べて、長文タイピングはタイプミスの修正が面倒(カーソル移動が多い)であるため、 自然とミスタイプを減らすような意識が働くためです。 手(指)が疲れにくい 打鍵回数が少ないということは、 手(指)に掛かる負担を減らすことができます。 さらに長文タイピングを極めると、変換候補を選ぶことすらなくなる(IMEの予測変換に任せてしまう)ため、変換キーを押す頻度は格段に減少します。 親指にはかわいそうですが、彼の出番はほとんどありません。 思考が止まらない 漢字変換の最中は、文字入力がストップしてしまいます。 頭の中に思い浮かぶフレーズや映像をどんどん文字起こししていきたい人にとっては、 これは一時停止ボタンを押しているようなものです。 映画やドラマを見ているときに一時停止ボタンを押してばかりいると、内容がちっとも頭に入らないことを思い浮かべれば、そのデメリットの大きさが想像できるのでは? 長文タイピングなら思考を一時停止させることなく、脳内の言葉・映像をそのまま文章に反映させていくことができます。 慣れてくると、 目を閉じてイメージをより鮮明にさせながら文章を入力するなんて技もつかますよ。 長文タイピング・変換のコツ 速度よりも正確さ優先 長文タイピング唯一と言っていい弱点が、 タイプミスの修正が困難(面倒)であるという点です。 そこで、文字入力の際には速度よりもタイピングの正確さを意識して 一文字一文字しっかりと打鍵していくようにしましょう。 「それじゃあ文章作成スピードが早くならないのでは?」と思うかもしれませんが、 少しくらい打鍵スピードがゆっくりになったとしても長文タイピングの速度優位性はゆらぎません。 やってみればわかります。 ホームポジションから手を動かさない タイピングの基本位置である 「ホームポジション」から手を動かすと、タイプミスの原因になってしまいます。 カーソルキーやテンキーなどは使わず、なるべくホームポジションから利用できる ショートカットキーを活用しましょう。 漢字変換確定キー(Enter)を押さない 変換を確定する際にEnterキーを押している方が多いかと思いますが、 大抵のIMEはわざわざ確定キーを押さなくても次の文章を入力し始めれば自動で変換を確定してくれます。 Enterキーの入力は、ホームポジションがずれる原因にもなりますので、 改行など最小限の利用に留めましょう。 ユーザー辞書を活用する 長文タイピングは 漢字変換の負担をなるべく減らすのが鉄則です。 そこで変換ミスや変換候補を探すためにキーを連打する必要がないように、 よく使う単語やミス変換されやすい単語は「ユーザー辞書」にどんどん登録してしまいましょう。 誤字修正は文章校正ツールに任せてしまう 長文タイピングに慣れてくると、 多少の変換ミスは無視してそのまま文章を書き進めたほうが効率が良いことに気づきます。 機械的に発見できるミスはなるべくツールに任せて、 人間は人間だけにしかできないことに頭をなるべく使いたいものですね。 長文タイピングに最適なキーボード ミスタイプがなるべく少なくなるように、長文タイピングに慣れていないうちは打鍵感がしっかりとしたキーボードを利用するのがおすすめです。 安価なキーボードで使われている「メンブレン」タイプや、ノートPCでよく採用される「パンタグラフ」タイプよりも、 「静電容量無接点」や 「メカニカル」タイプのもののほうが、確実な打鍵感が選べます。 また、キーピッチ(キーの間隔)がなるべく広いものを選ぶと、 隣り合ったキーを間違って押してしまうミスを防ぐことができます。 イータイピング 無料で利用できるタイピング練習ツールとしては1、2を争う有名どころ。 様々なジャンルごとに豊富な例文が用意されているので、利用シーンに合わせたトレーニングができます。 ひよこでも出来るタイピング練習講座(マイタイピング) こちらも有名どころ。 タイピング講座のコンテンツが充実しているのも特徴です。 スコアランキングがあるのでモチベーションを保ちながら練習が続けられそうですね。 寿司打 SNSなどでよく話題になるタイピング練習アプリ。 お皿が流れてしまう前に文字を入力してお寿司を確保していくというちょっとしたゲーム要素が飽きさせません。 漢字変換あり(変換込みの速度を追求) タイプミスが減って、ある程度の速度で入力できるようになったら、次は漢字変換込みの練習ツールで実践的なトレーニングを行いましょう。 かな漢字変換つきタイピング練習ツール 非常にシンプルですぐに練習が開始できるため、お試し感覚ではじめるのに最適。 サイトでは PCインストール版のほか、要約ソフトなども配布しています。 2 こちらも非常にシンプルな作りの変換入力練習ツール。 次々と短い例文が出てくるので、 長文タイピングっぽい感覚も味わえます。 タイプウェルFT こちらはインストール型の練習ソフト。 自分の好きな文章を例文として登録できるのが大きな特徴で、ネットで気になった文章を模写するときなどにも便利です。 ゲーム性重視(遊びながら楽しく練習) 「学習ソフトっぽいものは、すぐ飽きて長く続かない……」という方は、よりゲーム要素が強いタイピング練習アプリがおすすめです。 TypingQuest レトロRPGの世界でタイピングが練習できるWebアプリ。 なかなか難易度も高く、かなりやりごたえがあります。 ライブ変換のすすめ。 長文タイピングを極めた方は、mac標準のIMEことえりに搭載された 「ライブ変換機能」を活用するのがおすすめです。 これは 文章を入力していくとIMEが自動で漢字に変換し、確定まで行ってしまうというもの。 ATOKなどにも搭載されている予測変換(推測変換)をさらに進化させた機能と言えるでしょう。 変換キーを一度も押すことなく、どんどん文章が感じに変換されていく様は、 一度味わったらやみつきになる不思議な感覚です。 慣れるのには少し時間がかかりますし、変換ミスなども発生しますが、今回紹介したようなテクニックを身につければこの機能のメリットを120%享受できるのではないかと。 スピーチをしているようにスルスルと文章が生まれていく、魅惑の長文タイピングの世界。 ぜひご堪能あれ。

次の

タイピング無料ゲームセンター

タイピング 長文 無料

パソコンを使ってブログの記事やメールの入力、打ち合わせの議事をタイピングする方は、スピーディーに長文をタイピングすることが多いでしょう。 そこで今回は、長文をタイピングするコツと、実際どのくらいのタイピング速度が必要なのか、さらに長文のタイピングを練習できるサイトを紹介していきます。 なおスピーディに入力するためのタイピング技術として、ホームポジションとブラインドタッチが必要ですが、それらについての説明はの記事を参考にしてください。 長文をタイピングするときのコツ あなたは一度にどのくらいの長文を入力したことがありますか?一気に長文をタイピングすると時間も集中力も必要なので肉体的、精神的な疲労が発生します。 そこで、一般的にタイピングしやすいと言われている姿勢が大切になってきます。 具体的には、背筋を伸ばす、ディスプレイは視線の高さより低く配置して40cmは距離を離す、肘の角度を90度以上にするということがよいと言われています。 まずはこの姿勢をとって疲労に負けない態勢をつくっていきましょう。 そして、長文をタイピングしていると、何度も同じ単語を入力すると思います。 何度も出てくる単語は日本語IMEの辞書に単語登録しておくと、変換効率やタイピングの手間が省けて楽ができます。 また、あなたの指や手のサイズとキーボードの間隔はどうでしょうか?何か違和感があるのならば、タイピングしやすいキーボードに変更するというのも、長文を早くタイピングするには良い方法です。 タイピング速度の目標となる数値 長文をタイピングするケースとして、自分の考えをブログやメールに向けてタイピングする、文字を見ながらタイピングする、もうひとつは音声を聞きながらタイピングする、ということが考えられます。 自分の考えをタイピングすることはあまりスピードを意識しなくてもいい場合が多いですが、文字を見ながらや他人の発言を聞きながらの場合はスピードが必要になります。 一般的に1分間当たりに人が話し続ける文字数は、250文字から300文字といわれています。 全日本情報学習振興協会で行っているでは会話や説明文を聞いて、ダイレクトに入力する能力を評価し、10分あたり3000文字を入力できる方は速記認定者となります。 しかしこれは超上級者なので、かなり修練が必要です。 まずは文字を見ながら10分あたり400文字を目標にして、クリアできるようであればヒアリングしながら10分あたり1000文字の入力を狙っていきましょう。 これだけでもかなりの熟練が必要ですので、まずは次にご紹介するサイトで地道に練習しましょう。 長文タイピングの練習ができるサイト こちらはブラウザでタイピングするタイプで、20000を超えるタイピングアプリが無料で使用できます。 長文のタイピングを目指す前にホームポジションから練習したい方にもおすすめです。 ただ言葉を入力するだけではなく、やる気の出る言葉や人生に役立つ言葉を中心に練習コンテンツを提供しています。 こちらも無料ですので、ポジティブな言葉の入力でご機嫌になりながら長文のタイピング練習をしてください。 長文はもちろん、いろいろなタイピング練習ができるサイトです。 太宰治の小説を入力しながら長文のタイピング練習ができます。 こちらのサイトでは、日本情報学習振興協会で行っている会話や説明文を入力する体験が可能です。 体験は3級試験の練習問題で、長文ではなく短文ですが改めて話し言葉のスピードが速いことを認識できるでしょう。 まとめ 長文タイピングは、文字を見ながらでは10分あたり400文字を目標にして、慣れてきたらヒアリングしながら10分あたり1000文字の入力を狙っていきましょう。 今回ご紹介したサイトで長文のタイピングを練習しながら、必要に応じて入力するタイピングする姿勢、単語登録などのツール、指や手にあうキーボードなどの機器を見直してください。 根気よく続けていて頂き、スピーディなタイピングを目指しましょう。

次の

英語タイピング練習【無料】【おすすめ3サイト】【裏技】

タイピング 長文 無料

小学生のプログラミング教育の準備にタイピング練習を!無料タイピングゲームで遊びながらキーボード練習 小さな頃からタイピングに親しみをもちキーボードを使いこなせるようにしておけば、のちのちショートカットキーやファンクションキーを使うなどの操作や、メールや文章の作成などにも抵抗なく取り組むことができます。 スムーズなタイピングの基本が身につけば小学生のうちにタッチ・タイピングができるようになるのも決して夢ではありません。 小学校では今後プログラミング教育も始まるため、子供とコンピュータの距離はますます近くなっていきます。 予めキーボード操作に不安がない状態までレベルアップしておくことは、お子さんの自信にも繋がるでしょう。 <タイピング練習ゲーム 目次>• 知っておきたいタイピングの基礎用語!• タッチ・タイピング 手元のキーボードを見ずに指先の位置感覚を頼りに文字を入力することをタッチ・タイピングといいます。 以前はブラインド・タッチという表現が使われていましたが、差別的という指摘などから、現在はタッチ・タイピングという表現が一般的になっています。 ホーム・ポジション タッチ・タイピングには、指をどこのキーに置いておくか、どのキーをどの指でタイピングするかが決まっており、 キーボードのFに左手人差し指、Jに右手人差し指を置き、親指以外の指4本を自然にキーボード中段に置く姿勢をホーム・ポジションといいます。 1本の指がキーボード上の複数のキーを担当し、キー入力後はホーム・ポジションに指を戻します。 タイピング練習を始めるタイミングはいつ? キーボードのタイピングを始める時期によって習得時間やレベルに大きな差がつくことはありません。 ただ、 指使いに変な癖がついてから直すのはお子さんが苦労することになりますので、ご 家庭や学校でキーボードに触れ始めるタイミングでタイピング練習を始めるのがベストでしょう。 多くのタイピングゲームが指の置き方から徐々にレベルアップしていく方式を採用していますので、初心者のお子さんも安心です。 「タイピング練習に乗り気ではない…」というお子さんには、ゲームクリアでもらえるトレーディングカードを集めたり、 レベルを表記した認定証をプリントアウトできたる、ごほうび型のタイピングゲームがおすすめ。 保護者の方がお子さんの前でタイピングゲームをして見せることで、お子さんが興味を持つ場合もありますので、ぜひご家族で取り組んでみてください。 タイピングゲームでタイピング名人になるコツ! 「程よいスピードでタッチ・タイピングができる」レベルに到達するには時間がかかります。 一度に長時間練習するより、毎日短時間でもコツコツ続けるほうが効果的ですので、焦らずコツコツとタイピング練習を続けていきましょう。 タイピング練習を始めてしばらくの間は、 タイピングの速度にはこだわらず「ホーム・ポジションを守り正しい指使いでタイピングできているか」を意識することが大切です。 ホーム・ポジションを守り、少しずつ手元を見る時間を減らしていけば、タイピングの速度は必ず上がります。 タイピングするキーを光で教えてくれるタイピングゲームもあるので、ふだんの練習から少しずつキーボードを見ないよう心がけていくと良いでしょう。 今回ご紹介するタイピングゲームは、ホームポジションの確認から英単語や長文の入力まで幅広いレベルに対応していますので、お子さんのレベルにあったゲームから始めてみてください。 タイピング練習初心者も安心『FMVキッズ めざせ!タイピングマスター』 お寿司が流れているうちに単語をタイピングする寿司打 は、回転寿司のレーンに流れてくるお寿司が画面から見切れてしまう前に、指定された文字をタイピングするゲーム。 タイピングのレベルは、以下の3種類• 「お手軽3,000円コース」単語の入力文字数2~7文字・制限時間60秒• 「お勧め5,000円コース」単語の入力文字数5~10文字・制限時間90秒• 「高級10,000円コース」単語の入力文字数9~14文字以上・制限時間120秒 ゲーム終了後には正しく打ったキーの数、1秒あたりの平均キータイプ数、ミスタイプ数の確認とランキングへの登録ができます。 タイピングする単語を登録できるゲーム 『myTyping』 次に入力するキーを色と点滅で知らせてくれるタイピングゲーム なるほどネ! のは、 ホームポジションの練習にぴったりなタイピングゲーム。 次に入力するキーを色と点滅で知らせてくれるので、キーの位置を覚えきれていないお子さん、自分の使っている指が正しいのか確認したいお子さんも安心です。 タイピングのテーマは、アルファベット・かな・数字など初心者向けのものから、ことわざや・四字熟語、俳句・百人一首、日本文学など勉強に役立つものが多く用意されています。 これからローマ字を学習されるお子さんやローマ字の知識があやふやでキーボード練習に自信が持てないお子さんは、何度でも無料でプリントアウトできる「」や壁に貼れる「」などもご紹介しています。 こちらもぜひ参考になさってください。 【関連記事】•

次の