アナウンサー 女性 フリー。 日本のアナウンサー一覧

美人フリーアナウンサーXは誰(名前は)?薬物疑惑で捜査機関がマーク!

アナウンサー 女性 フリー

概要 [ ] 社員・職員として放送局に所属せずに、アナウンサーの仕事をする人のこと。 この場合の「フリー」は、放送局と直接の雇用関係がないことを指す。 完全なでなく、人材派遣事務所や芸能事務所などに所属している者もこう呼ばれる。 個人で活動する人もいるが、多くはやに所属する。 社員・職員として所属するアナウンサー(通称:局アナ)と区別するため、(フリー)やとも呼ばれる。 局アナと違い出演する放送局が限られずCM出演も可能となる一方、仕事の量は人気・所属事務所の力量次第のため雇用・仕事量が不安定である。 特に(21年)に入ってからは、放送局がテレビのデジタル化によるコスト増、不況・多メディア化による広告収入減でキー局ですら赤字を計上しているためその対策として人件費削減に乗り出しており、それまでフリーアナウンサーを使っていたところを社員・職員に置き換える動きが目立っている。 だが、放送局によっては社員・職員でも給料や昇進を巡って扱いが悪くなっているところもあるとされ、この不況下においてもフリーへの転身を決める者もいる。 『』2011年10月23日号 特大号によれば、局アナはフリーになれば利益還元率が非常に高いでもあるとされ、人気がなくなっても、芸能事務所にとっては結婚式の司会などを地味にこなさせれば年間数千万円の売上げが見込める存在でもあるという。 また、放送局側からは安く使える局アナを避けて、あえてフリーアナウンサーを番組のメインに起用することについて、「番組内で不祥事があった時にそのメインであるフリーアナウンサーの責任にして局側は上手く逃げやすい」というメリットがあるとされる。 自前の人材を持たないのニュース・スポーツ専門チャンネルやなどが増加したことで、テレビ・ラジオ以外でもフリーアナウンサーの需要が高くなってきているが、そのほとんどがに拠点を持っていることもあることから地方局のアナウンサーがを目指すケースも多くあり、競争は激しい。 また、結果的に生活のため転職を迫られるケースも少なくない。 早いうちから他業種に転身するケースも多くあるが、ベテランアナウンサーの多くは放送以外の司会業やナレーションなどをこなしたりアナウンサー志望者への教育などで生活の糧を得ている人物も多い。 アナウンサーは、およびではなくであるため、NHKを退職しても、とは言えない。 それは、NHKが外局ではなく、(総務省所管)だからである。 フリーアナウンサーになる経緯 [ ] 大別して3種類ある。 局アナが放送局を退職して、フリーアナウンサーになる。 男性の場合は主に30代後半から40代にかけて転じることが多い(理由としても管理職になることで現場から遠ざかることを良しとしない場合や自局では成功しているが他局でも挑戦してみたいといった上昇志向といった場合など)が、(または定年後一定期間の嘱託職・役員待遇を2~3年勤めた後も含め)退職後にフリーとなる者もいる。 女性の場合は結婚に伴い夫の仕事上での転勤や、出産、育児に専念する時間を確保するため等の理由が多い。 地方局の局アナを退職後、フリーアナウンサーを経験してから、別の放送局の局アナ・キャスター・記者に転職するケースも見られる(例:)。 その他、局の男性プロデューサーから受けるが原因との向きもある。 放送局退職の場合、古巣局への義理立ての意味もあり、フリー転身直後は一定期間(通常は半年から1年)他局への出演を控えるという慣例がある(明確に一定期間他局に出演しないと古巣局と取り決めを持つ場合もある。 系列局制作番組や企業のコマーシャル、テレビ単営局の場合はラジオ番組への出演はフリー転身直後でも可能の場合あり)。 その一方で、、、、のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。 特に小倉は東京12チャンネル(現:)を退職した翌日に、『』の総合司会に就任した(小倉をフリーアナウンサーにスカウトしたの尽力があった)。 また羽鳥はを2011年3月31日に退職し、同年4月4日にでレギュラーでのを開始させる形であった(この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという)。 羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。 また、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する(例:一時期の・・、ラジオ局の元アナウンサーなど)。 他の職業から転職して、フリーアナウンサーになる。 最初から、フリーアナウンサーになる。 例:()所属。 男性・女性を問わず、フリーになる時期も様々だが、得意・専門分野での活動ができなくなったり、放送局内での人員配置転換などで管理職やアナウンサーとは別の部署へ異動するケース、キー局でのアナウンサー試験に失敗し結果地方局で契約職のアナウンサーとして活動したのち東京に転機を求めるなど、自身のアナウンサーとしての職業意識のモチベーションなどにより、芸能事務所や制作プロダクションなどに自らオファーをしたり、ヘッドハンティング的にスカウトされたりしてフリーアナウンサーになる場合も少なくない。 (TBS)• (TBS定年)• (定年)• (ラジオ関西)• (テレビ朝日)• (TBS)• (日本テレビ)• (文化放送)• (フジテレビ)• (NHK)• (テレビ東京定年)• (TBS)• (関西テレビ定年)• (CBCテレビ定年) さ• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (NHK定年)• (関西テレビ定年)• (TBS定年)• (フジテレビ役員待遇満了)• (NHK)• (ニッポン放送)• () た• (ニッポン放送定年)• (CBCテレビ定年)• (テレビ朝日)• (フジテレビ役員待遇満了)• (文化放送)• (日本テレビ)• (テレビ東京) な• (ラジオたんぱ)• (文化放送定年)• (NHK)• (RKB定年)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (文化放送)• (仙台放送)• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (NHK) ま• (フジテレビ定年)• (ニッポン放送)• (文化放送)• (朝日放送)• (NHK)• (瀬戸内海放送)• (文化放送)• (フジテレビ)• (ラジオたんぱ)• (関西テレビ)• (文化放送)• (定年)• () ら• () 女性 [ ] あ• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (TBS)• (CBC)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (秋田放送)• (フジテレビ)• (テレビ東京)• (文化放送)• 小川綾乃• (テレビ朝日) か• (フジテレビ)• (読売テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (琉球放送)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (フジテレビ) さ• 坂本安代()• (テレビ朝日)• (中京テレビ)• (テレビ朝日)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (テレビ東京)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (TBS)• (フジテレビ)• (テレビ愛媛)• (フジテレビ)• (新潟放送)• (フジテレビ) な• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (東海テレビ)• (日本テレビ)• () は• (福岡放送)• (静岡放送)• (静岡放送)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (朝日放送)• (中京テレビ)• (フジテレビ) ま• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (東海テレビ)• (TBS)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (テレビ長崎)• (日本テレビ) や• (フジテレビ)• (毎日放送)• (テレビ東京)• (テレビ朝日)• (TBS定年)• (TBS)• (毎日放送) ら• 引退・転職したフリーアナウンサー [ ] 男性• 2012年入社)• 榎本猛 えもと・たけし (NHK)• 奥田博之 おくだ・ひろゆき (元)• かしむら・たけあき ()• 川原恵輔 かわはら・けいすけ (NHK) 女性• こうの・けいこ (フジテレビ)• さいとう・ようこ ()• たなか・あや• 松任谷國子 まつとうや・くにこ• やまもと・もな (朝日放送) 故人 [ ] 放送局在職中に死去した人などは除く。 (元)• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (NHK)• (文化放送)• (NHK)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (NHK)• (TBS)• (TBS) 女性• (フジテレビ)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ) 主なフリーアナウンサー事務所 [ ]• フリーアナウンサー・リポーター専業ではない場合もある。 ウィキペディア内に記事のある企業・団体については を参照のこと 脚注 [ ] [].

次の

セントフォース女子アナ一覧

アナウンサー 女性 フリー

田中みな実さんのプロフィール 田中 みな実 たなか みなみ 本名 田中エイミーみな実 出身地 埼玉県朝霞市 生年月日 1986年11月23日 血液型 A型 最終学歴 青山学院大学 所属事務所 テイクオフ 職歴 TBSアナウンサー(2009年4月 — 2014年9月)フリーアナウンサー(2014年10月 — ) 活動期間 2009年 — ジャンル バラエティ番組 田中みな実の年収がヤバい! 最初に言ってしまうと、田中みな実さんの推定年収はなんと 7000万円です。 稼ぎますねー 笑 実は田中みなみさんの TBS の局アナ時代の年収は700万円でした。 あんなに有名なアナウンサーの年収700万円なんてちょっと少ないんじゃないかって思うかもしれません。 しかし、いくらアナウンサーといえどテレビ局に属していれば会社員ですので、びっくりするほどの年収を稼ぐことは難しいでしょう。 そして、キャリアを積んだ田中みな実さんは満を持して独立。 ルックスの良さからテレビの CM のオファーを受けたり、もちろんアナウンサーの仕事も多々あり、さらには雑誌 anan では 可愛さを存分に発揮。 世間の男性から多くの支持を得ました。 最初は女性から嫌われるアナウンサーとして有名だった田中みな実さん。 理由はぶりっ子に見えるからです。 しかし、そのぶりっ子は言い方を変えれば人当たりが良いということ。 その人当たりの良さで一緒に仕事をするスタッフからの評判も高く、仕事が絶えないんですね。 最近では女性ファンも増え、同性からの支持を得られるようになりました。 この人気はまだまだ衰えないでしょう。 これからの田中みなみさんの活躍に期待ですね。 TBS アナウンサーの先輩としては水卜麻美アナウンサーもいますね。 田中みな実さんの方が後輩ですが、フリーアナウンサーになることで田中みな実さんの年収が圧倒的に勝ってしまいました。 次はカトパンこと加藤綾子アナウンサーの年収を抜きたいところ。 そしてさらには夏目三久アナウンサーですね。

次の

フリーアナウンサー

アナウンサー 女性 フリー

概要 [ ] 社員・職員として放送局に所属せずに、アナウンサーの仕事をする人のこと。 この場合の「フリー」は、放送局と直接の雇用関係がないことを指す。 完全なでなく、人材派遣事務所や芸能事務所などに所属している者もこう呼ばれる。 個人で活動する人もいるが、多くはやに所属する。 社員・職員として所属するアナウンサー(通称:局アナ)と区別するため、(フリー)やとも呼ばれる。 局アナと違い出演する放送局が限られずCM出演も可能となる一方、仕事の量は人気・所属事務所の力量次第のため雇用・仕事量が不安定である。 特に(21年)に入ってからは、放送局がテレビのデジタル化によるコスト増、不況・多メディア化による広告収入減でキー局ですら赤字を計上しているためその対策として人件費削減に乗り出しており、それまでフリーアナウンサーを使っていたところを社員・職員に置き換える動きが目立っている。 だが、放送局によっては社員・職員でも給料や昇進を巡って扱いが悪くなっているところもあるとされ、この不況下においてもフリーへの転身を決める者もいる。 『』2011年10月23日号 特大号によれば、局アナはフリーになれば利益還元率が非常に高いでもあるとされ、人気がなくなっても、芸能事務所にとっては結婚式の司会などを地味にこなさせれば年間数千万円の売上げが見込める存在でもあるという。 また、放送局側からは安く使える局アナを避けて、あえてフリーアナウンサーを番組のメインに起用することについて、「番組内で不祥事があった時にそのメインであるフリーアナウンサーの責任にして局側は上手く逃げやすい」というメリットがあるとされる。 自前の人材を持たないのニュース・スポーツ専門チャンネルやなどが増加したことで、テレビ・ラジオ以外でもフリーアナウンサーの需要が高くなってきているが、そのほとんどがに拠点を持っていることもあることから地方局のアナウンサーがを目指すケースも多くあり、競争は激しい。 また、結果的に生活のため転職を迫られるケースも少なくない。 早いうちから他業種に転身するケースも多くあるが、ベテランアナウンサーの多くは放送以外の司会業やナレーションなどをこなしたりアナウンサー志望者への教育などで生活の糧を得ている人物も多い。 アナウンサーは、およびではなくであるため、NHKを退職しても、とは言えない。 それは、NHKが外局ではなく、(総務省所管)だからである。 フリーアナウンサーになる経緯 [ ] 大別して3種類ある。 局アナが放送局を退職して、フリーアナウンサーになる。 男性の場合は主に30代後半から40代にかけて転じることが多い(理由としても管理職になることで現場から遠ざかることを良しとしない場合や自局では成功しているが他局でも挑戦してみたいといった上昇志向といった場合など)が、(または定年後一定期間の嘱託職・役員待遇を2~3年勤めた後も含め)退職後にフリーとなる者もいる。 女性の場合は結婚に伴い夫の仕事上での転勤や、出産、育児に専念する時間を確保するため等の理由が多い。 地方局の局アナを退職後、フリーアナウンサーを経験してから、別の放送局の局アナ・キャスター・記者に転職するケースも見られる(例:)。 その他、局の男性プロデューサーから受けるが原因との向きもある。 放送局退職の場合、古巣局への義理立ての意味もあり、フリー転身直後は一定期間(通常は半年から1年)他局への出演を控えるという慣例がある(明確に一定期間他局に出演しないと古巣局と取り決めを持つ場合もある。 系列局制作番組や企業のコマーシャル、テレビ単営局の場合はラジオ番組への出演はフリー転身直後でも可能の場合あり)。 その一方で、、、、のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。 特に小倉は東京12チャンネル(現:)を退職した翌日に、『』の総合司会に就任した(小倉をフリーアナウンサーにスカウトしたの尽力があった)。 また羽鳥はを2011年3月31日に退職し、同年4月4日にでレギュラーでのを開始させる形であった(この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという)。 羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。 また、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する(例:一時期の・・、ラジオ局の元アナウンサーなど)。 他の職業から転職して、フリーアナウンサーになる。 最初から、フリーアナウンサーになる。 例:()所属。 男性・女性を問わず、フリーになる時期も様々だが、得意・専門分野での活動ができなくなったり、放送局内での人員配置転換などで管理職やアナウンサーとは別の部署へ異動するケース、キー局でのアナウンサー試験に失敗し結果地方局で契約職のアナウンサーとして活動したのち東京に転機を求めるなど、自身のアナウンサーとしての職業意識のモチベーションなどにより、芸能事務所や制作プロダクションなどに自らオファーをしたり、ヘッドハンティング的にスカウトされたりしてフリーアナウンサーになる場合も少なくない。 (TBS)• (TBS定年)• (定年)• (ラジオ関西)• (テレビ朝日)• (TBS)• (日本テレビ)• (文化放送)• (フジテレビ)• (NHK)• (テレビ東京定年)• (TBS)• (関西テレビ定年)• (CBCテレビ定年) さ• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (NHK定年)• (関西テレビ定年)• (TBS定年)• (フジテレビ役員待遇満了)• (NHK)• (ニッポン放送)• () た• (ニッポン放送定年)• (CBCテレビ定年)• (テレビ朝日)• (フジテレビ役員待遇満了)• (文化放送)• (日本テレビ)• (テレビ東京) な• (ラジオたんぱ)• (文化放送定年)• (NHK)• (RKB定年)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (文化放送)• (仙台放送)• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (NHK) ま• (フジテレビ定年)• (ニッポン放送)• (文化放送)• (朝日放送)• (NHK)• (瀬戸内海放送)• (文化放送)• (フジテレビ)• (ラジオたんぱ)• (関西テレビ)• (文化放送)• (定年)• () ら• () 女性 [ ] あ• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (TBS)• (CBC)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (秋田放送)• (フジテレビ)• (テレビ東京)• (文化放送)• 小川綾乃• (テレビ朝日) か• (フジテレビ)• (読売テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (琉球放送)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (フジテレビ) さ• 坂本安代()• (テレビ朝日)• (中京テレビ)• (テレビ朝日)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (テレビ東京)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (TBS)• (フジテレビ)• (テレビ愛媛)• (フジテレビ)• (新潟放送)• (フジテレビ) な• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (東海テレビ)• (日本テレビ)• () は• (福岡放送)• (静岡放送)• (静岡放送)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (朝日放送)• (中京テレビ)• (フジテレビ) ま• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (東海テレビ)• (TBS)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (テレビ長崎)• (日本テレビ) や• (フジテレビ)• (毎日放送)• (テレビ東京)• (テレビ朝日)• (TBS定年)• (TBS)• (毎日放送) ら• 引退・転職したフリーアナウンサー [ ] 男性• 2012年入社)• 榎本猛 えもと・たけし (NHK)• 奥田博之 おくだ・ひろゆき (元)• かしむら・たけあき ()• 川原恵輔 かわはら・けいすけ (NHK) 女性• こうの・けいこ (フジテレビ)• さいとう・ようこ ()• たなか・あや• 松任谷國子 まつとうや・くにこ• やまもと・もな (朝日放送) 故人 [ ] 放送局在職中に死去した人などは除く。 (元)• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (NHK)• (文化放送)• (NHK)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (NHK)• (TBS)• (TBS) 女性• (フジテレビ)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ) 主なフリーアナウンサー事務所 [ ]• フリーアナウンサー・リポーター専業ではない場合もある。 ウィキペディア内に記事のある企業・団体については を参照のこと 脚注 [ ] [].

次の