映像研には手を出すな 実写 評価。 実写版『映像研に手を出すな!』の魅力を考えてみた

映画『映像研には手を出すな!』公式サイト

映像研には手を出すな 実写 評価

いよいよ『映像研には手を出すな!』実写版の放送がスタートしました。 TBSでは4月7日深夜から、MBSでは4月5日から始まり、その他の放送局でも、続々と放送開始となりました。 原作は月刊スピリッツに連載中のまんが『映像研には手を出すな!』で犬童澄瞳さんの作品です。 TV版、映画版『映像研に手を出すな!』 以下映像研 の主演は乃木坂46齋藤飛鳥さん、山下美月さん、そして梅澤美波さんの3人です。 実際に放送が開始され、数々のネットニュースやSNSでも高い評価を受けているようですが、ファンならではの視点で、映像研についての記事をまとめたいと考えていたため、実は高評価を受けたすべての記事を読んでいません。 話題になっている記事のタイトルは何度も見て、読んでみたいという衝動に襲われてことが数え切れないくらいあったのですが、しっかりと自分なりの意見をまとめるまではと思って我慢を続けてきました。 そんな映像研の作品を自分なりの視点で、まとめてみたいと思います。 出典:『映像研には手を出すな!』「映像研」実写ドラマ化作戦会議• 原作の映像研という作品 映像研の実写版の乃木坂メンバーの3人が出演すると決まってから、個人的には原作のまんがも何度も読み返しましたし、またNHKで放送されていたアニメーションも全話見て、すっかり映像研という作品にはまってしまいました。 丁寧に書き込まれた絵に、たくさんの文字で表現されるギミックの説明文。 現実では存在しないようにみえる架空の高校世界でありながら、これまたアニメーションという架空の脳内世界を創り出す主人公浅草氏。 浅草氏のよき理解者でもあり、浅草氏の能力を引き出す役割もある金森氏。 そして浅草氏が創り出す設定の中に必要な、人物画を得意として協力して補い合いながら作品を創り出す水崎氏。 そんな他に類を見ない、独自の世界観を確立していることが、この作品の魅力ではないかと思いました。 同時に類を見ない独自の世界観という分だけ、実写で表現するには、特に難しい作品ではないかと心配をしていたのもまぎれもない事実です。 実写版映像研の特徴 現実ではありえなそうな架空都市にある高校を舞台に、浅草氏、金森氏、水崎氏が躍動しなながら、更なる架空空間であるアニメーションに挑む本作品ですが、実写版を見て驚くことがありました。 それは、浅草氏を演じる齋藤飛鳥さん、金森氏を演じる梅澤美波さん、水崎氏を演じる山下美月さんの3人が、何度も何度も読み返した原作の3人の、イメージにぴったりだったからです。 それも、このレベルであれば、原作のファンの期待を裏切らない、と確信できるほどの完成度でした。 金森氏の前かがみのいかり肩は、まんがでしか表現できないはずと思い込んでいました。 山下さんは水崎氏の前髪のない特徴的な髪型だけで、なぜか水崎氏に見えてしまいます。 迷彩の帽子をかぶった飛鳥ちゃんは、まるで別人で声まで変わってしまって、長年見続けててきたわたしでさえ、飛鳥ちゃんではなくて浅草氏に見えてしまったくらいです。 それはそれでファン失格ですけどね。 3人のシルエットはまさに、映像研の原作の中で躍動する映像研の3人だったのです。 原作と異なる点 確かに原作のイメージが異なる点もありました。 原作そしてアニメ版との決定的な違いは、作品の映像の明るさだと思います。 原作は緻密に書かれた絵と文で、舞台の芝浜高校をはじめその世界観に影を感じます。 一方実写版映像研の映像は、露出が明るい映像を使って、物語が進行していきます。 これは『あさひなぐ』でも太陽の光を効果的に使ったり、全体的に露出が高い画面構成だった、本作品の英監督のこだわりもあるのかもしれません。 しかし普段からまんがやアニメーション、そしておたく文化に代表される日本のサブカルチャーに、普段関わっていない人にとってみると、ダークな世界観は受け入れるのに時間がかかることもあり、明るい画像の中で映像研の3人が躍動している方が、はるかに多くの人に受け入れやすい効果があるのではないかと感じました。 次の映画の公開を見据えて、TVを通じて様々な年代の人々に、作品が愛されるための訴求効果があったのではないかと思います。 齋藤飛鳥という女優 これまでもけっこう齋藤飛鳥というひとの活躍ぶりは、ずっと見てきたつもりだったのですが、今回の浅草氏の演技は、確実に想像をこえてこれまでまったく見たことのない新しい一面がだったのではないかと思います。 以前こんな記事を書いたことがありました。 この記事の中で、齋藤飛鳥という女優さんの特徴としてこのように表現してみました。 空想と現実の狭間を表現する能力に卓越している 作品の評価が高かったFOD『鳥,貴族』でも異次元の世界の物語を漂うように存在していました。 名作『あの頃、君を追いかけた』では、誰もが学生時代に経験したことがある、現実と記憶の狭間で生き続ける憧れの女の子像を、リアルに演じきりました。 そして映像研では、現実離れした舞台設定の中で、更に創造の世界を創り出す主人公浅草氏を演じる飛鳥ちゃん。 コミュ力不足なのに、すごい才能を持つ浅草氏の言動を見ているだけで、おもしろくて少し笑いそうになったり、ださかわいさに癒やされたり、そしてその才能で創り出す世界観に自然と引き込まれたりします。 ご自身とはまったく違うキャラクターで、そして現実離れした舞台設計の中で、リアルに存在することができる、これがやっぱり齋藤飛鳥という女優の魅力だと再確認できました。 自分と役のキャラクターの振れ幅 ここからは、個人的な意見の域を出ないのですが、飛鳥ちゃんのことをわたしは、引っ込み思案で、そしてやさしい普通の女の子らしい女性だと思っています。 つめを伸ばすこともなく、ネイルも好まないし、髪を染めることもありません。 そして化粧をしないことも多い、本当に古風な考え方をもつ、いまどきいないやさしい等身大の女性です。 ただおにいちゃんたちの中で育ってきた分だけ、ちょっぴりお口がわるい笑のと 負けず嫌いなところが、ファンのみなさんがSっ気があると言われる部分かもしれません。 そのやさしい女の子なのに、なぜご自身と比べて振れ幅が大きい浅草氏、早瀬真愛そして「鳥,貴族」という役で評価が高い演技ができるのでしょうか。 その演技力を支えている原因のひとつが、モデル齋藤飛鳥の存在ではないかと、今回考えました。 齋藤飛鳥というモデル 数々のファッション誌にモデルとして起用される飛鳥ちゃんは、最初の頃はご本人らしい笑顔の写真が多かったのですが、いつの頃からか、他のモデルさんとは違って写真という世界観にアンニュイな表情で存在することが多くなったように思います。 え、これが本当に飛鳥ちゃん?と驚いたことも数知れません。 出典:OVERTURE No. 022 最近こそ、アンニュイな表情の飛鳥ちゃんを見慣れてきましたが、このアンニュイな表現ができるのが、飛鳥ちゃんと他のモデルさんの大きな違いのように思えます。 やさしくて普通の女の子だったはずの飛鳥ちゃんは、モデルとして自分とはまったく違うキャラクターのアンニュイでかっこいい表現を求められてきて その要望に応えようと、スタッフさんの要望をやさしい感性でくみ取り、そして人一倍負けず嫌いな努力で必死にがんばられてきたことでしょう。 モデルとして、ブランドの世界観に、雑誌の世界観に、服の世界観に自らを演じて表現し続けてきたことが、表現の振れ幅の大きい役柄でも、しっかりこなすことができる、希有な女優さんへ進化した秘密ではないかと思いました。 まとめ では、原点に戻って、なぜわたしが齋藤飛鳥という女優さんを、空想と現実の狭間を表現する能力に卓越していると感じたのでしょうか。 そこには、自分と演じる役の振れ幅があっても、演じきる実力が備わっていたことが、今回の映像研を見てわかったような気がします。 芸能界にはたくさんの女優さんがいます。 清楚な役が得意な人や、けなげな役が得意な人、明るい役が得意な人など、得意な役柄を持つ女優さんも多いことでしょう。 でも、齋藤飛鳥という女優さんはきっとどんな役柄が来たとしても、その振れ幅の大きい演技で対応されることでしょう。 ただし忘れてはいけないことがあります。 自分とまったく違うキャラクターと持って生まれた自分らしさを埋めるものは、きっとただ1つしかありません。 それが並大抵ではない努力です。 映像研の作品は10月に本読みが始まり、すべて撮影が終わったのはなんと3月でした。 都内では大がかりな撮影ができないので、冬のまだ暗い朝早くに2時間かけて移動して撮影に挑まれていました。 日々のモバメでも撮影での苦労どころか、まったく弱音を吐かない飛鳥ちゃんですが どんな状況で撮影されているかは、すべて山下ちゃんがモバメで教えてくれていました。 その状況から察するに、撮影に挑むための努力は本当に並大抵ではなかったと思います。 並大抵の努力ではない、ある意味ファンに届けるための自己犠牲の精神で届けられた作品が映像研という作品でもあります。 そんな思いで、これから続くTVドラマ、そして公開される映画、円盤化される媒体を 楽しみに、そして大切に見ていきたいと思う今日この頃でした。 努力と犠牲のうえに素晴らしい作品を提供していただき、ありがとうございました。 こんなことがあるから、毎日楽しみで楽しく生活ができるんだなと思ったかえるがおなのでした。 おしまい。 faceflog.

次の

『映像研には手を出すな!』実写版映画が5月15日公開決定! 公開に先駆け、4月よりおなじスタッフ&キャストによるテレビドラマ(全6話)放送も決定!!

映像研には手を出すな 実写 評価

ファン待望の実写テレビドラマの放映がスタートした『映像研には手を出すな!』。 アニメも高評価だったため、実写化は心配ではあったが、その心配を見事に裏切ってくれるデキであった。 実写ドラマをみてこれほど事前の心配が杞憂であったと感じたことはない。 無駄な時間を過ごしてしまった。 地下水道をひた走る浅草氏、コインをもてあそぶ金森氏、そしてスーツ姿の男二人に追われる水崎氏。 女子高生がアニメを作るドラマとは思えない始まりである。 そこから始まるドラマ本編では、記念すべき1話目の冒頭という貴重な時間をたっぷり割いて、芝浜高校が普通の高校とは違っているということを描いている。 これからどんどん明らかになるこの高校独自の設定を、スムーズに視聴者に納得させるための布石であろう。 その後、徐々に揃っていく3人娘。 漫画を実写化する場合において、メインキャストがイメージと異なっていないかどうかは、ファンが最も気にするところであると考えられる。 今回の映像研の3人娘、これは言ひとことで言ってしまうと魅力的すぎた。 しかしこれはキャスティングに苦言を呈しているわけでも、ディスっているわけでもない。 素直に褒めている。 この上なく魅力的な3人娘を生み出してくれたキャスト・スタッフには感謝の念しか湧いてこない。 カリスマ読者モデルの水崎氏はさておいて、漫画ではコミカルなデフォルメで表現されることの多い浅草氏、そしてひょろりとやせ型で目つきの悪い金森氏をアイドルが演じると聞き、最初はそのギャップに違和感と失望感を抱いたものだった。 だが、これが実際にドラマで演じられるとこの上なくしっくり来ている! 浅草氏の人見知りから来る挙動不審っぷりや、金森氏のシニカルなところが見事に表現されていて、元が美少女なのにちゃんと浅草氏と金森氏になっているのだ。 アイドルだからと勝手に失望してすまなかった。 本当に。 素晴らしい浅草氏と金森氏を生み出してくれてありがとう。 それがドラマだ 漫画からアニメ、そしてドラマとなった映像研。 これらメディアミクスの中で、フェンににとっていちばん身近な世界はドラマだ。 漫画やアニメと違い、屋上や視聴覚室、川に銭湯とこれらのすべては実際に視聴者と同じ現実の世界に存在しているものだ。 その現実の世界にある舞台に3人娘がいる図を見ることで「私たちと同じ世界に映像研が生きている」と感じさせてくれる。 そう、ファンがドラマに期待するものは「現実感」だ。 その世界はドラマではまず白抜き線で表されている。 現実の世界に白抜き線で想像を描き加えることで、違和感のない世界のシフトを実現させている。 さらにその想像の世界に白抜き線を上書きしていくことで、想像の世界はより彼女たちの考える「最強の世界」へと近づいていく。 そうして完成した「最強の世界」。 彼女たちの想像物は現実世界に実写として出現する。 その世界では、汎用有人飛行ポッドが空を飛ぶ。 まだ現実では実現しえない技術であり妄想であるが、それを違和感のない図へと仕上げている。 現実から白抜き線の想像の世界、そして完成された実写の「最強の世界」へと徐々に図をシフトすることで視聴者を違和感なく想像の世界へと導いた手腕は圧巻である。 この「最強の世界」への投入感はドラマならではの魅力であろう。 これから3カ月間、毎週放映される予定の実写ドラマ。 そして公開を控えた実写映画。 映画とドラマは同じキャストによって撮影されている。 そのため、ドラマから映画への視聴者の意識のシフトも違和感なく行われることであろう。 乃木坂46が作り出す「映像研」の世界。 彼女たちの生み出してくれた3人娘の活躍を、最後まで期待をもって見守っていきたい。 水城みかん.

次の

乃木坂・梅澤美波「実写化『映像研』はびっくりしすぎ注意」

映像研には手を出すな 実写 評価

『映像研には手を出すな!』1話のあらすじネタバレ 浅草みどり(齋藤飛鳥)は芝浜高校に入学したばかりの1年生、学舎のテラスから双眼鏡で周囲を眺めていました。 増改築を繰り返し複雑怪奇な学舎は、浅草にとってはダンジョン。 アニメの制作意欲を刺激され、良い高校に入学したと感激していたところ、部活の勧誘に来た上級生たちに取り囲まれてしまいます。 その頃、第一講堂では予算審議委員会が開かれていました。 生徒会長・道頓堀透(小西桜子)、書紀・さかきソワンデ(グレイス・エマ)、斬り込み隊長・阿島九(福本莉子)、そして会計・王俊也(松﨑亮)。 芝浜高校には413の部活動と72の研究会および類する学生組織が存在、それらを大・生徒會が取り仕切っていました。 その頃、浅草は極度の人見知りで上級生の部活動勧誘の対処に困惑、壊れたロボットのようになっていました。 お使いから戻って来た中学からの同級生・金森さやか(梅澤美波)が、上級生たちを追い払います。 買って来たずんだ餅としるこを渡し釣り銭は駄賃として貰う金森は、金に目が無い商売人気質でした。 双眼鏡を借りて金森が眺めていると、水崎ツバメ(山下美月)が現れ、居合わせた女生徒たちに囲まれサインを強請られます。 水崎は芝浜高校の1年生でカリスマ読モ(読者モデル)、その上、財閥令嬢で、金森は水崎から金のニオイを嗅ぎつけます。 ダーク系のスーツに身を包む2人の男を見かけると、水崎は女生徒を掻き分け逃げ出します。 一方、予算を大幅にカットされた応援部は、川岸の土手に集まっていました。 そんな中、野球部では、野球観の違いから内野と外野で内紛が勃発、内野部と外野部に分裂します。 アニ研(アニメ研究会)が主催するアニメの上映会が視聴覚室であり、浅草は金森に付き添って貰います。 人見知りの浅草は、牛乳4本で金森と手を打ちました。 アニメが始まり、爆発音が遅れて聞こえる爆発シーンの拘りに浅草は感激。 金森には理解し難く、浅草は無駄にうんちくを傾けます。 しかし、金森は必要以上の説明が嫌いで、浅草のうんちくを制止します。 すると突然、水崎がふたりの会話に割って入ります。 水崎もアニメが好きだったのです。 ところが、水崎を追っているスーツの男2人が視聴覚室に乱入、水崎は嫌がる浅草の迷彩柄の帽子を借り、代わりに自身のスケッチブックを預けて逃走します。 視聴覚室は大混乱、浅草の想像力が掻き立てられ、ストーリーが次々と湧いて出ます。 追って来るスーツの男2人から川岸を走って逃げる水崎、対岸から後を追う浅草と金森。 土手に居た応援部が水崎を応援し妨害するも、大・生徒會直轄の警備部を引き連れ、阿島が取り締まりに現れカオス状態。 水門まで追い詰められ逃げ場を失った水崎がダイブ、先回りしていた金森に助けられます。 浅草と金森と共に、水崎は音曲浴場に併設されたコインランドリーに居ました。 水崎を追っていたのは黒田(鈴之助)と麻笠(出合正幸)、水崎家の使用人でした。 水崎の両親は著名な俳優で、役者に成ってもらいたい両親は、水崎がアニメーターを目指すことに反対、アニ研への入部を禁じていたのです。 金森が水崎の許可を得て、浅草は預かっていたスケッチブックを開きます。 スケッチブックには、様々なキャラクターが描かれ、人物画が苦手な浅草は水崎に関心します。 すると、金森が浅草のスケッチブックを、勝手に水崎に見せました。 描かれているのがイメージボードと設定画であることを、水崎は直ぐに理解。 これまで設定画であることを理解されたことがなく、浅草は水崎に感激します。 小学生の頃からアニメが作りたくて、浅草は設定画ばかり描いていたのです。 人物画ばかりのスケッチブックの中に、たった1つだけ描かれていたメカに、浅草は興味を覚えます。 人物ばかりではなく他にも描こうと、義務感から描いたもので、水崎はあまり気に入っていませんでした。 想像力を掻き立てられた浅草は、水崎の許可を得てメカのページに背景や水崎に設定を尋ねメカにウインチやアームも描き足します。 設定を考えて描いたことがない水崎は、浅草の手法に感心します。 自身が考える『最強の世界』を描きたくてアニメを作りたい浅草にとって、設定は命でした。 そして、浅草と水崎が意見を出し合い汎用有人飛行ポッド・カイリー号を造りあげます。 気がつけば3人は想像の世界に引き込まれ、カイリー号に乗り込み不思議な世界に飛び立ったのです。 我に返り金儲けになると考えた金森は、浅草と水崎にアニメを作れと言うのでした。 スポンサーリンク 『映像研には手を出すな!』1話のネタバレ感想 想像力が逞しく何かと騒動を起こすと言えば、真っ先に思い浮かぶのが『赤毛のアン』です。 社交性の無い浅草は違いますが、水崎がアンといったところでしょうか。 浅草と水崎がカイリー号の意見を出し合っている時、おしゃべりなアンが想像した話をひたすら語るシーンを思い出しました。 原作の漫画は読んでいないのですが、ドラマ放送前にアニメ版を一気観しました。 どうやってあの独特の街並みを再現するのか興味津々でした。 VFXと実在の場所や建物を匠に組み合わせ、見事にあのカオスな世界観を再現していてビックリです。 アニメ版を観て、ぶっちゃけこの世界観を実写で再現するのは無理なんじゃないかと思い、ハードルを上げてしまったかとアニメを観たことを後悔しました。 ところが、蓋を開けてみれば見事に世界観が再現されていて、不安は取り越し苦労というか余計なお世話でした。 実写化に大満足!映像が綺麗だし面白い 朝から見てしまった! ワクワクするとはこの事ですな。 展開早いから見てて爽快だし3人とも役にハマってる! ツバメちゃんと金森氏もいいけど浅草氏クソ可愛いわ。 何より深夜ドラマとは思えないほどCGとか撮影にお金かかってる気がする。 逆に水崎氏と金森氏はイメージぴったりのハマり役。 アニメで慣れ親しんだ人でも観やすい実写化ドラマ。 あと妄想シーンの出来栄えがエグい。 映画かよってレベル。 — あんたい(ラゴリバ) anneentai 深夜にもかかわらず爆発的ツイート数! 「浅草氏(齋藤飛鳥)かわいすぎた、良すぎた」というツイートしている人が殺到していますね(確かに可愛かった)。 早くも視聴者からは実写化に大満足の声も出ていますし、トレンド入り達成も納得の面白さでした。 ドラマの設定・展開はハチャメチャのカオスでしたが、とにかく映像が凝っていて綺麗だし、今後どうなっていくのかワクワクします。 『映像研には手を出すな!』2話のあらすじ 公式サイトが発表している『映像研には手を出すな!』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 コインランドリーでの会話で意気投合した浅草 齋藤飛鳥 とツバメ 山下美月。 この2人に確かな金儲けの可能性を感じた金森 梅澤美波 は、アニ研とは別に新たな部を作ることを提案。 意を決して大・生徒会室に向かった3人。 幹部の道頓堀 小西桜子 、ソワンデ グレイス・エマ 、阿島 福本莉子 、王 松﨑亮 に詰問されるも、金森の機転とハッタリでなんとかその場を切り抜ける。 そして、一週間後。 大・生徒 会に報告をする日を迎える。 果たして、映像研は爆誕する…のか?

次の