ランス クジラ。 ランス、世界遺産の町 [フランス] All About

ルドラサウム大陸

ランス クジラ

新型(左側:後装式・平頭銛)および旧型(右側:前装式)の新旧2種のノルウェー式捕鯨砲 付属水産資料館(現:マリンサイエンスミュージアム)の展示品 (2014年4月6日撮影) 捕鯨砲(ほげいほう, : Harpoon cannon)は、火薬の爆発力によってを発射し、を捕獲する道具()である。 火薬を用いて銛を発射する方式としては、小型のクジラを対象とする沿岸でもに類似した小規模のものが用いられているが、それらは「捕鯨銃 (ほげいじゅう, : Harpoon gun」と呼ばれ、「捕鯨砲」と言う場合は大型のクジラを捕獲する沿岸捕鯨及び遠洋捕鯨で使用される大口径のものを指す。 日本の漁業法令上は「もりづつ」と称される。 歴史 [ ] 人類の歴史において捕鯨は古代から行なわれていたが、捕殺にはいずれも手投げの銛を使用していた。 しかし、属の鯨は死ぬと海中に沈んでしまうため、このような方法ではクジラを仕留めることはできても鯨体を収容することが不可能であり、これらのクジラは捕鯨の対象とされなかった。 に、人のスヴェン・フォイン Svend Foyn が火薬により銛を射出する道具、即ち捕鯨砲を発明し、船足の速い汽船に装備して捕鯨を行なう方式を考案した。 砲から射出される銛は丈夫なロープで船と結ばれているので、捕獲した鯨体を紛失する恐れもない。 この捕鯨砲と蒸気動力付きの(キャッチャーボート)の発明は、近代的な商業捕鯨の時代への第一歩となっただけでなく、ナガスクジラ属の鯨の捕獲も可能となり、それらのクジラの生息する南氷洋など遠洋での母船式捕鯨の発達を促した。 構造 [ ] 捕鯨砲は端的に言えば小~中口径の(直射砲)から弾頭の代わりにを発射するものである。 銛にはロープが結び付けられており、銛の飛翔に伴ってロープも飛翔し、銛がクジラに命中した後は銛を通じて捕鯨船とクジラを結ぶ。 口径は小型鯨類を対象とするものでは50~60mm、大型鯨類用のものでは90mmが多く使用されており、日本では中型鯨類用として75mm口径のものを使用した。 銛はより装填されるが、発射に用いる火薬()はよりを用いて装填しと呼ばれる装置で砲尾を閉鎖して発射するもの()と、砲口より銛を装填する際に銛に先行して装填するもの()がある。 また、前装式では別個に装填はせず、銛の後端に発射薬を装着して同時に装填する方式のものもあった。 ただし、捕鯨砲は船の舳先に装備する関係上、前装式では速やかな装填ができず、砲が舳先に設置されることから周囲のスペースが限られるため、前装式では作業が面倒な上に危険なために、19世紀以降の大口径のものはほぼ全て後装式である。 発射方式としては高圧の圧縮空気やガスを用いる方式も考案されたが、砲の構造が複雑になること(従って砲の整備も面倒になる)や、蓄圧に時間がかかること、また南氷洋などの寒厳な環境では空気圧やガス圧が充分な数値にならないことがある、といった問題から、実用されるものとしては普及しなかった。 捕鯨砲は要求される射程がそれほど長くないため、軍用火砲ほどには強力な発射薬を用いず、反動もさほど強烈ではないため、軍用火砲のような高度な反動吸収機構は備えられていないが、発砲時の反動を緩和する装置()は20世紀に作られたものではほとんどが備えている。 射距離が比較的短いことから、軍用火砲のような照尺や間接式照準装置は用いられず、照準には砲の上部に装備されたが用いられるのが普通で、稀にがもちられることもある。 ただし、光学式のものは砲の設置位置の関係から波飛沫や風雨雪に晒されるためにレンズが汚れることが多く、寒厳な環境では曇りを抑制するのが難しいため、実用性に難があるとされ、使われている例は少ない。 平頭銛 [ ] 75mm捕鯨砲の平頭銛。 船の科学館の展示品 (2009年3月20日撮影) 従来の捕鯨砲は、銛の先端が鋭利であるほどよく命中するという考えで、 尖頭銛(せんとうもり)が用いられていたが、鋭く尖った銛を高速で発射すると、水面や鯨体に対する入射角が小さい場合にはしばしば水面や鯨体上で跳ね上がり、うまく命中しない事が珍しくなかった。 水面に浅い角度で石を投げると水面上を飛び跳ねて行くのと同じで、摩擦が小さいため運動エネルギーが逃げてしまう結果である。 、東京大学のが、尖頭銛の先端を切り落として直径10センチ程の平面とした銛を考案し、実際に使用したところ、摩擦が大きくなって跳ね上がりがなくなり、命中率が非常に向上する事がわかった。 これが 平頭銛(へいとうもり)で、銛は鋭いほど良い、とするそれまでの常識を覆すものであった。 実際、当初は砲手や関係者の反発があったが、性能の良さが証明されるとすぐに普及し、外国の捕鯨砲にも採用された。 クジラは銛に対して十分大きく、また銛は水や鯨体の抵抗に対して十分に高速で撃ち出されるので、10センチ程度の平面は鯨体への貫入性能においてほとんど問題にならない。 用法 [ ] 捕鯨砲で発射された銛が命中した瞬間。 ロープが伸びているのが分かる。 捕鯨砲自体は、捕鯨船の舳先に装備された砲を人力で操作、照準し、直接弾道(平射)によってクジラに銛を命中させるシンプルなものである。 しかし、クジラの遊泳速度は種類によってはかなりの高速であり、移動目標の上に潜行と浮上を繰り返すため、これを的確に把握して命中させることはかなりの熟練が必要で、更に、極力初弾でクジラの急所かつ鯨体の利用価値を損なわない部位に着弾させる必要があるため、高い技量が要求された。 1発目でクジラが死なない時は直ちに2番銛が装てんされ発射されたが、稀には2番銛が命中してもなお死なず、3番銛・4番銛を撃つ事もあった。 そのような場合は銛の火薬の爆発により鯨肉の廃棄部分が多くなる上、砲手にとっても不手際であり不名誉であった。 現在では、クジラに不要な苦痛を与えず即死させるよう、命中と共に高圧電流を流すようになっている。 これは 電気銛と呼び、に試行されたが、肉の鮮度が落ちる事がわかり、すぐに使用されなくなった。 その後、的見地として復活したものである。 ギャラリー [ ]• は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2019年2月)• 森田勝昭:著『鯨と捕鯨の文化史』()出版会:刊 1994年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - からに掛けて捕鯨砲の製造を手がける。 1966年以降は捕鯨砲部門であった横浜工場を ミロク精機製作所として分離独立させ、現在に至っている。 ミロク精機の主力製品はであるが、 75粍捕鯨砲の製造も継続されている。 外部リンク [ ]• - ミロク精機製作所.

次の

勇魚捕る初期の銃砲類

ランス クジラ

プロフィール? kg 出身 現住地 中央部空洞 職業 特技 世界創造,生命創造,読心 趣味 中の不和を眺め楽しむ 目標 退屈しない世界 登場作品 (超聖書) OP、墓場のプレート ラフ画集 Table of Contents• 解説 を創ったこの世界の。 巨大な白いくじらに酷似した姿を持ち、片側三枚ずつのヒレは、それぞれが12枚の翼からなる計72翼。 も も も も も、彼の前では全て等しく小さな存在で、全ては の一部に過ぎない。 正しくこの世界の全て。 性格、言動こそ子供じみているが、苦しみ、憎しみ、哀しみ等の負の感情を心地よく思い、それを生む死や破壊を好み、悲劇と混乱の観賞をこの上ない愉悦とする歪んだ精神の持ち主。 の舞台となる は、この存在が自らの娯楽の為に創造した劇場のような物である。 彼は、 を創っただけでは寂しく退屈なので、自らの生命力の一部を千切って生物を作り、その生命力の輪廻のシステムとして僕となるや などを作成した。 この作業の為に作られた分身体が であり、彼らが を愉しませる為に、管理役のや 、観察対象の 、敵役の などを用意していった。 また、 を造る際の少量の余り物の生命力が自意識を持って逃亡したのが、もう一体の分身体であり、後に 王を名乗る である。 尚、意図して作られた魂持つ様々な生命体とは別に、 の老廃物から勝手に生まれて増えていったのが、この世界の一般的な動 に当たる、 、サカナなどの魂の無い生き物。 の生き物たちは彼曰く「ドラマチック」になるように野蛮に作られており、自らが浮かぶ 中央の大空洞から、日々そのちっちゃな生き物がお互いの様々な思惑から殺し合う光景を眺めては、太くゆったりとした声に似合わぬ幼い口調で感想を響かせている。 過去、永遠に続く争いを求める の意を知らず、 を倒して平和な世界を勝ち取ってしまった 族は、娯楽の種を潰され憤った彼に飽きられ、差し向けられた によって滅ぼされている。 でも、人類 彼の言う所の「ぷちぷち」 が統一され、敵対する 勢力を駆逐すると同時に、秩序が産まれ平和になったと早々に判断して世界を滅ぼそうと行動した。 このような巨大な存在だが実在のとしては一般にほとんどに知られて居らず、古代宗教が世界の成り立ちを記した古文書等に登場する偉大な存在として勝手に崇めていた程度。 その創世記自体、あまりに荒唐無稽な内容から今では誰も信じていない扱いだと言う。 一周年記念で行われたTwiiter上での織音氏の質問回答によると、 世界の宇宙では と同種の存在は存在しないとの事。 実際に対面することになる鬼畜王では、姿が見えない段階でも近づいただけでその圧迫感で の高くない物は苦しくなり動けなくなってしまう巨大過ぎる存在感や、こちらに気付かない彼に が放った渾身の鬼畜アタックによる会心の一撃でも「かゆい……むにゃ…」程度にしか感じない等の圧倒的な隔絶ぶりを見せた。 の最大覚醒時でもこの存在にだけは敵わない。 魂の総量の内訳 この世界を構成する の魂の総量は100億。 現在のところ次のような割合で使われている。 とはいえ現在、明確にその事を知っているとされる は現 と、元 である 、 の のみ。 では 世界全体の観測者として幕間のモノローグで垣間見る事が出来る。 による人類の蹂躙、殺戮。 弱い者が抵抗し無駄な足掻きと共に死んでいく。 その姿を楽しんでいる様が伺える。 のプロローグにて、 の 特典により人類で初めて との謁見を果たした様が語られる。 その後、神は人類の世界から姿を消す。 通称「神異変」と呼ばれる現象により、 界に降り立った神は約16年の間、 として過ごしている事が の口から語られていた。 の主人公である。 その魂が 本人である事がスタッフロール後のエピローグにて語られた。 弱い が蹂躙され足掻きと共に死んでいく。 その楽しみしか知らなかった に、謁見を果たした が「新しい遊び」を提案する。 それが彼が作り出した世界で として、 と の子どもとして僅かばかりの力で世界を己の目で見るという遊び。 自ら作り出しながらも文字通りの俯瞰視点でしか世界を知らなかった彼に、 とはどういう生き物なのか。 楽しむというのはどういう事なのか。 そして絆を作るとはどういう事なのかを身をもって体験させる新しい「遊び」。 それが の物語の全てである。 の案は受け入れられ、その後の経緯は不明だが、RA15年のある日、 の子である として が住む世界に送り出された。 自分の目で見る世界は、これまで俯瞰視点で 含む をただのゲームの駒としてしか見た事のない にとって、とても刺激にあふれるものだった。 産み育ててくれた母親の温もりを知った。 冒険についてきてくれる、奇妙な の友達が出来た。 無茶な戦いをして命の危機があり、親切な人が助けてくれた。 困っている人たちを助け、感謝してくれた。 掛け替えのない家族と出会うために 中を駆け回り、様々な事件に巻き込まれた。 日常の家事すら大変で、創意工夫溢れる物だと知った。 大きな大会に出て、家族ともライバルとして競い合った。 強くなった果てに挫折を知り、また新しく立ち上がる勇気を得た。 大事な親友と絆を深め、共に新しい冒険へ踏み出した。 父である と戦い、そして最後は父と一緒にこの世界を縛る悪しき仕組みを打ち破った。 創造主でも傍観者でもなくなり、世界に生きる個人として冒険する楽しさを知った。 長い時間の果てに、再び と邂逅した時、 は彼女と行った「遊び」を思い出していた。 とても楽しく刺激的で、何度でも遊びたくなる物。 次の新しい遊びについて話す彼は、もう退屈していなかった。 名台詞• 苦しみ…いいねぇ…心地好い感情だよ…これは…憎しみ…ふーん…悪くないなあ…破壊は…素敵だねえ…死も…消滅も…みんなが苦しむ…憎む…悲しむ…。 そして、再生…みな喜ぶ…喜ぶ…だからみんな、もう一度…苦しむ…ははは。 普段のご様子。 ははあ、わかった。 最近の戦争…原因は、あの… の国の、あいつ…あの個体かあ…ふふふ…いいなあ、あいつ。 ああいうのが出てくると、世の中とんでもなく楽しくなるね… 世界統一を進める 君が目を付けられたようです。 ははははまあ、ありえないさ…秩序が産まれる事なんて…ははは…あっちゃいけない。 、 でも世界統一を防げなかったら? 今の世界は壊して作りなおしかな。 ぼくには、わかるぞ。 君の心は、安息を求めている。 君は、真の鬼畜じゃないもん を評して。 性悪でも絶対神だけに誤魔化せない。 今までで一番スリリングで……夢中になれて……なによりも……楽しかった…… くすくすくす……本当に楽しかったなぁ…… 自らが作り上げた世界で、初めての冒険を終えて。 コメント 過去ログ Show recent 15 comments. で魂の浄化もさせてるしね。 真っ白になった魂をルドに還元させてるから引き継げる物は何もないだろ。 -- 2019-03-05 火 23:15:21• 魂が溜め込んだ経験値みたいなのは鯨の糧になる、みたいな説明もあったかな -- 2019-03-06 水 09:53:44• 精神汚染とは無縁にいるからこそ残酷さが維持される。 上位神ほど無垢なんだろうな -- 2019-05-07 火 23:28:51• を自分でやるのと全国版全自動を眺めてるのとどっちが面白いかなんて他の鯨 あなた -- 2019-03-07 木 23:27:39• からしたら当たり前だよなぁ? -- 2019-03-07 木 23:28:33• イブニクル2によれば、クジラは複数体存在するとか。 大本から分裂した個体Aが 世界、個体Bがイブニクル世界を形成してるっぽい -- 2019-03-12 火 02:37:52• ルドが50億キープし続ければ、 が他全部吸収に成功しても50億vs50億の停滞状態が限界なんだよな -- 2019-03-15 金 05:19:50• イブニクル世界はクジラが分裂した並行世界と考える方がいいと思うぞ。 世界には と同等の存在はいないと断言されてるし -- 2019-03-19 火 18:50:35• ルドは別れた無数の の1つってことでしょ、イブ2ラストでがっつり言及されてるし -- 2019-03-29 金 21:56:21• 一周年の質問 ナーの回答で「あの宇宙に と同質の存在はいない。 平行世界ならまた別」って言ってたな -- 2019-05-01 水 22:15:04• にも別個体がいるのか -- 2019-04-18 木 18:47:52• どれくらいの個体がいるのか気になる。 -- 2019-04-18 木 18:51:20• 人の数だけ くんちゃんがいるんだから、人の数だけ もいるんだろうきっと。 -- 2019-04-19 金 07:51:14• を産んだ母親はどんな物だろうか?出来の悪い息子が歪んだ妄想してるから叱って欲しいものだ。 -- 2019-04-19 金 18:15:22• なんだあの宇宙にルド他にもいたのか -- 2019-04-22 月 21:58:05• 世界では唯一だぞ、並行世界では複数いる内の一体らしい -- 2019-09-21 土 06:46:01• ルドは今後プ ヤーとしてあの世界に転生繰り返しするんだろうか? -- 2019-03-18 月 18:24:29• ルド自体は動いてはいないでしょ、自分の意識を の魂に干渉して見たって感じじゃないだろうか。 の魂もルド一部だからそうしたやり方をしたみたけど -- 2019-05-08 水 03:03:47• の最後で明かされたのは、私らゲームユーザーが だ。 って事だと思ったけど違ったかな? -- 2019-06-07 金 18:50:23• そもそも のモデルが俺らプ ヤーだからある意味ではそうなんじゃない? -- 2019-06-23 日 21:19:02• ゲームを完全ク したら飽きてポイ捨て。 別のゲームを ンにする。 まさしくプ ヤー -- 2019-10-15 火 14:32:36• 第2部の一周目は一番スリリングで夢中になれたけど、極め要素ないし、3周程度で飽きて 派遣しそう -- 2019-12-01 日 14:36:43• そらもうママックーの手腕次第よ -- 2019-12-13 金 09:37:46• Rans「俺様とお前が本当に親子なら、お前はもうここには戻ってこないはずだ。 」 -- 2019-12-14 土 08:16:58• になった父と激闘を繰り広げるって一周目のプ であの世界で一番面白そうな体験したからなー、2週目以降のハードルクッソ上がりそう -- 2020-01-01 水 16:30:44• いい解釈だな。 グッドだ! -- 2020-02-14 金 19:04:29• の能力で人類を虐殺する夢を見続けるENDが好きだったよ -- 2020-01-23 木 12:22:31• ヌヌハラの語りかけていた「あなた」はやっぱり鯨と考えていいのかな?第4の壁意識してきたと見せかけてちゃんと 世界の中の話 -- 2020-02-01 土 16:19:47• あの子「 作品」を知ってるし鬼畜王世界線の話も知ってるから第4なのは確かよ -- 2020-02-01 土 16:21:53• 英雄的な人生を繰り返した末に「一般人の人生良いよね」とか言い出す可能性も -- 2020-02-04 火 00:31:43• オートモードの戦略ゲー hoiとか なら、平和な状態はつまらんよな。 見ているよりは、やった方が楽しいし、実際に一個人として生きるなら争いなんて、無い方が良いよな -- 2020-02-10 月 11:31:15• イカマン時代にはもう居ないかもしれないらしい、 と遊び続けて何が起きたのか -- 2020-02-24 月 23:52:58• 楽しくなって世界に回す魂の割合が増えたのかもね。 舞台を広げたりとか、質を上げたりとか -- 2020-07-06 月 21:47:04• TRPGの観客とプ ヤーみたいだな。 いい〆め方 -- 2020-06-11 木 16:35:55• 第2部ク して最初は =ゲームプ ヤーなんじゃないかと思ってたけどデバッカーじゃないかとも思えてきた。 今回は になって 倒して平和にしたけど、 になって世界を滅ぼすことだって出来るわけだし。 ただ唯一神ってのは寂しいもんだなって思った。 自分で作った世界を自分でプ するしか楽しみが無いなんて -- 2020-07-06 月 04:15:44• どらぺこやイブニクル、 世界の神はそうでもなさそう。 -- 2020-07-07 火 10:11:26• どらぺこは最後の で「対等な存在(少なくとも比較対象にできるくらいの存在)」に出会えたってわかるもんな。 ……宇宙を漂ってる「神」の魂量が大きさと等しいとすると、ルドは「比べられるような存在」に会うにはでかすぎたんだろうなぁ -- 2020-07-08 水 00:55:56 - - 原画神 - CG神 - 音楽神 - シナリオ神 - プログラム神 - 業務神 - 手伝い神 - 通信神 第1級神 ラグナロク - ナウトアラ - ダ・アンガス - - - - 第2級神 - - 閻魔 第3級神 オーナズ 第4級神 - 第7~13級神 - - - - - マッハ - ラセ - じょにぃ - チェロキー - 様 階級不明 コスモス - 失敗作 - クシイパン様 - - - 前世神 - - イリラ - 泉の女神 - 大日如来 - ラツノミコ Tag: 織音氏はデザインを変えたがっているようだが、今ひとついい案が浮かばず、結局くじらに落ち着きそうらしい。 あまり根幹的な部分までころころと変わるのもどうかと思うが。 パラレル世界にはいる の名前自体は初出ではない。 の記事参照。 故人だが、 の側近だった 達も知っていたと思われる ヨド教の として名前のみ登場。 ただし、名前が「ルドサウム」だったため、同一の存在かどうかは長らく不明だったが、「織音計画」CROQUISにて初期段階の設定では名前が「ルドサウム」だったことが判明した。 神は魂を複数持つ者もいるため、個体数とは一致しない。 で2~3億ほど。 も魂を複数持つ者もいるため、神と同様に個体数とは一致しない。 元々は10億ほどあったが、 に盗まれた魂の補充に使われて減ってきている。

次の

フラワーナイトガール 6月1日メンテナンス ランスコラボイベント 後半:花騎士のブロマガ❀727さんは最高です

ランス クジラ

新型(左側:後装式・平頭銛)および旧型(右側:前装式)の新旧2種のノルウェー式捕鯨砲 付属水産資料館(現:マリンサイエンスミュージアム)の展示品 (2014年4月6日撮影) 捕鯨砲(ほげいほう, : Harpoon cannon)は、火薬の爆発力によってを発射し、を捕獲する道具()である。 火薬を用いて銛を発射する方式としては、小型のクジラを対象とする沿岸でもに類似した小規模のものが用いられているが、それらは「捕鯨銃 (ほげいじゅう, : Harpoon gun」と呼ばれ、「捕鯨砲」と言う場合は大型のクジラを捕獲する沿岸捕鯨及び遠洋捕鯨で使用される大口径のものを指す。 日本の漁業法令上は「もりづつ」と称される。 歴史 [ ] 人類の歴史において捕鯨は古代から行なわれていたが、捕殺にはいずれも手投げの銛を使用していた。 しかし、属の鯨は死ぬと海中に沈んでしまうため、このような方法ではクジラを仕留めることはできても鯨体を収容することが不可能であり、これらのクジラは捕鯨の対象とされなかった。 に、人のスヴェン・フォイン Svend Foyn が火薬により銛を射出する道具、即ち捕鯨砲を発明し、船足の速い汽船に装備して捕鯨を行なう方式を考案した。 砲から射出される銛は丈夫なロープで船と結ばれているので、捕獲した鯨体を紛失する恐れもない。 この捕鯨砲と蒸気動力付きの(キャッチャーボート)の発明は、近代的な商業捕鯨の時代への第一歩となっただけでなく、ナガスクジラ属の鯨の捕獲も可能となり、それらのクジラの生息する南氷洋など遠洋での母船式捕鯨の発達を促した。 構造 [ ] 捕鯨砲は端的に言えば小~中口径の(直射砲)から弾頭の代わりにを発射するものである。 銛にはロープが結び付けられており、銛の飛翔に伴ってロープも飛翔し、銛がクジラに命中した後は銛を通じて捕鯨船とクジラを結ぶ。 口径は小型鯨類を対象とするものでは50~60mm、大型鯨類用のものでは90mmが多く使用されており、日本では中型鯨類用として75mm口径のものを使用した。 銛はより装填されるが、発射に用いる火薬()はよりを用いて装填しと呼ばれる装置で砲尾を閉鎖して発射するもの()と、砲口より銛を装填する際に銛に先行して装填するもの()がある。 また、前装式では別個に装填はせず、銛の後端に発射薬を装着して同時に装填する方式のものもあった。 ただし、捕鯨砲は船の舳先に装備する関係上、前装式では速やかな装填ができず、砲が舳先に設置されることから周囲のスペースが限られるため、前装式では作業が面倒な上に危険なために、19世紀以降の大口径のものはほぼ全て後装式である。 発射方式としては高圧の圧縮空気やガスを用いる方式も考案されたが、砲の構造が複雑になること(従って砲の整備も面倒になる)や、蓄圧に時間がかかること、また南氷洋などの寒厳な環境では空気圧やガス圧が充分な数値にならないことがある、といった問題から、実用されるものとしては普及しなかった。 捕鯨砲は要求される射程がそれほど長くないため、軍用火砲ほどには強力な発射薬を用いず、反動もさほど強烈ではないため、軍用火砲のような高度な反動吸収機構は備えられていないが、発砲時の反動を緩和する装置()は20世紀に作られたものではほとんどが備えている。 射距離が比較的短いことから、軍用火砲のような照尺や間接式照準装置は用いられず、照準には砲の上部に装備されたが用いられるのが普通で、稀にがもちられることもある。 ただし、光学式のものは砲の設置位置の関係から波飛沫や風雨雪に晒されるためにレンズが汚れることが多く、寒厳な環境では曇りを抑制するのが難しいため、実用性に難があるとされ、使われている例は少ない。 平頭銛 [ ] 75mm捕鯨砲の平頭銛。 船の科学館の展示品 (2009年3月20日撮影) 従来の捕鯨砲は、銛の先端が鋭利であるほどよく命中するという考えで、 尖頭銛(せんとうもり)が用いられていたが、鋭く尖った銛を高速で発射すると、水面や鯨体に対する入射角が小さい場合にはしばしば水面や鯨体上で跳ね上がり、うまく命中しない事が珍しくなかった。 水面に浅い角度で石を投げると水面上を飛び跳ねて行くのと同じで、摩擦が小さいため運動エネルギーが逃げてしまう結果である。 、東京大学のが、尖頭銛の先端を切り落として直径10センチ程の平面とした銛を考案し、実際に使用したところ、摩擦が大きくなって跳ね上がりがなくなり、命中率が非常に向上する事がわかった。 これが 平頭銛(へいとうもり)で、銛は鋭いほど良い、とするそれまでの常識を覆すものであった。 実際、当初は砲手や関係者の反発があったが、性能の良さが証明されるとすぐに普及し、外国の捕鯨砲にも採用された。 クジラは銛に対して十分大きく、また銛は水や鯨体の抵抗に対して十分に高速で撃ち出されるので、10センチ程度の平面は鯨体への貫入性能においてほとんど問題にならない。 用法 [ ] 捕鯨砲で発射された銛が命中した瞬間。 ロープが伸びているのが分かる。 捕鯨砲自体は、捕鯨船の舳先に装備された砲を人力で操作、照準し、直接弾道(平射)によってクジラに銛を命中させるシンプルなものである。 しかし、クジラの遊泳速度は種類によってはかなりの高速であり、移動目標の上に潜行と浮上を繰り返すため、これを的確に把握して命中させることはかなりの熟練が必要で、更に、極力初弾でクジラの急所かつ鯨体の利用価値を損なわない部位に着弾させる必要があるため、高い技量が要求された。 1発目でクジラが死なない時は直ちに2番銛が装てんされ発射されたが、稀には2番銛が命中してもなお死なず、3番銛・4番銛を撃つ事もあった。 そのような場合は銛の火薬の爆発により鯨肉の廃棄部分が多くなる上、砲手にとっても不手際であり不名誉であった。 現在では、クジラに不要な苦痛を与えず即死させるよう、命中と共に高圧電流を流すようになっている。 これは 電気銛と呼び、に試行されたが、肉の鮮度が落ちる事がわかり、すぐに使用されなくなった。 その後、的見地として復活したものである。 ギャラリー [ ]• は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2019年2月)• 森田勝昭:著『鯨と捕鯨の文化史』()出版会:刊 1994年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - からに掛けて捕鯨砲の製造を手がける。 1966年以降は捕鯨砲部門であった横浜工場を ミロク精機製作所として分離独立させ、現在に至っている。 ミロク精機の主力製品はであるが、 75粍捕鯨砲の製造も継続されている。 外部リンク [ ]• - ミロク精機製作所.

次の