フロスト ロトム 育成 論。 【ポケモンUSUM】めざ草搭載フロストロトムの育成論【ボーマンダ対策】

【ポケモンUSUM】めざ草搭載フロストロトムの育成論【ボーマンダ対策】

フロスト ロトム 育成 論

「トリック」によって耐久ポケモンに対しても役割を持てます。 「ボルトチェンジ」によって交代戦も有利に進められるため、パーティの潤滑油のようなポケモンになっています。 通りが良いのも魅力。 こだわりアイテムと相性が悪いが、相手の物理アタッカーを機能停止にできる。 10まんボルトとの選択肢。 威力重視なら10まんボルト、麻痺狙いならほうでん。 オボンのみによって低めなHPを補填しているため、何度も相手ポケモンに対して後出しが可能になります。 ウォッシュロトムの役割と立ち回り パーティの補完要員 ウォッシュロトムは種族値とタイプが優秀な上に、豊富な変化技を覚えます。 アタッカーとしても相手の攻撃を受ける役目としても優秀なため、採用率が非常に高いポケモンです。 ボルトチェンジで対面操作 ウォッシュロトムは攻撃しながら後続と交代できる「ボルトチェンジ」を覚えます。 ですので、対面操作 相手の行動に対して複数の回答を用意すること がしやすくパーティの潤滑油として重要なポケモンです。 ウォッシュロトムと相性の良いポケモン 相性補完がよくサイクルを回せるポケモン サイクル(相手に有利なポケモンに交代して回していくこと)を回せる「とんぼがえり」を覚えるポケモンと相性がいいです。 とんぼがえりは「ウォッシュロトム」の「ボルトチェンジ」と同様に、攻撃しながら後続と交代できるので、さらに有利対面を作りやすくなります。 ポケモン 説明 ・素早さが高いので先制で「とんぼがえり」を打って交代できる ・攻撃が高いためウォッシュロトムの後攻「ボルトチェンジ」で有利対面に出すと非常に強力 ・耐久力があるのでウォッシュロトムの先行「ボルトチェンジ」の交代先になれる ・「はねやすめ」によりHPを回復できる 表のポケモンは「とんぼがえり」を覚えます 能力を上げて戦うエースポケモン 自分の能力を上げて戦うポケモンと相性がいいです。 「ウォッシュロトム」の「おにび」や「トリック」によって相手ポケモンの機能を停止させたところに、エースポケモンに交代して戦います。 「ボルトチェンジ」や、交代際に「おにび」を撒くことで「きあいのタスキ」の発動を無効化し、よりエース級のポケモンで相手を倒しやすくなります。 ポケモン 説明 ・「わるだくみ」の特攻上昇と技範囲の広さでアタッカーとして優秀 ・タイプ一致の「ダイジェット」で素早さを上げられる ・特性「ばけのかわ」により「つるぎのまい」で攻撃を上げやすい ・「ウッドハンマー」がウォッシュロトムの苦手な「水・地面」複合タイプのポケモンに有効 ウォッシュロトムの対策 ボルトチェンジを無効化する 「ウォッシュロトム」の「ボルトチェンジ」を無効化することにより、ウォッシュロトムの役割をなくしてしまう方法が対策として最も有効です。 しかし、じめんタイプだと「ハイドロポンプ」で押されてしまいますので、水技を半減以下で受けられるポケモンがおすすめです。

次の

【ポケモン剣盾】ウォッシュロトムの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

フロスト ロトム 育成 論

フロストロトム育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 フロストロトムは第4世代から登場しているポケモンだ。 「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。 HPは低いものの防御、特攻、特防が高い。 素早さもそこそこあり、「こだわりスカーフ」で補強すれば高速アタッカーとしての運用も可能。 電気+氷は攻撃範囲は非常に優秀。 電気を半減以下にする草、地面、ドラゴンには氷技が刺さる。 だが、氷技は命中率が劣る「ふぶき」のみである点は痛い。 また、2倍弱点が4つ(ふゆう込みで3つ)、半減以下が3つ(ふゆう込みで4つ)と耐性も微妙。 ポケモン剣盾(ソードシールド)では同じく電気・氷の複合タイプで耐久が高いパッチルドンというライバルが現れた。 ただ、パッチルドンはどちらかといえば物理アタッカーであり鈍足なので、 フロストロトムでの差別化にはそれほど苦労しない。 ダイマックスが追加されたことはフロストロトムにとって追い風。 第7世代以前は「ふぶき」の命中率が低く、あられを降らせるポケモンと一緒に採用する必要性が高かった。 だが、ポケモン剣盾(ソードシールド)では命中率が低いふぶきを「ダイアイス」で必中にして撃つことができる。 ダイマックスを前提とするなら、フロストロトム単体での運用も十分可能となった点は評価できる。 「ダイアイス」であられを起こせるため、タスキつぶしができ、 ダイマックス終了後も「あられ」状態が終了するか書き換えられるまでは「ふぶき」を必中で撃てるのも優秀。 スポンサーリンク フロストロトムの特性 ふゆう (地面タイプの技を受けない。 ) 考察 「ふゆう」のおかげで弱点を1つ減らすことができている。 電気タイプも弱点が少ないタイプであるため、 フロストロトムは氷タイプとしては弱点が少なく耐性が多いと評価できる。 一方で「ふゆう」で浮いてしまっており、各種フィールドの効果の恩恵は受けられないのは欠点。 一応、「ねむる」を使う場合エレキフィールドやミストフィールド下でも発動できるのでメリットにもなりえる。 スポンサーリンク フロストロトムの技考察 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 ふぶき 氷 110 70 氷10% タイプ一致技。 威力は高いが命中がかなり不安。 普通に撃つのは最後の手段。 あられを降らせるか「ダイアイス」として使うかしたい。 10万ボルト 電 90 100 麻痺10% タイプ一致技。 威力と命中が安定している。 「かみなり」の命中率が不安定なので雨を降らさないならこちらを選ぼう。 かみなり 電 110 70 麻痺30% タイプ一致技。 威力は高いが命中不安。 「ダイサンダー」用として使うのはアリ。 ほうでん 電 80 100 麻痺30% タイプ一致技。 威力は低いが命中が安定している。 耐久型で何度も撃って麻痺をまくといい。 ボルトチェンジ 電 70 100 自身が交代 タイプ一致技。 交代して撤退しつつ相手に負荷をかけていける。 あくのはどう 悪 80 100 ひるみ20% 威力は低いが命中が安定している。 ゴーストに刺さる他、「こだわりスカーフ」を持たせるなら怯み効果を活かしやすい。 環境に多いゴーストに刺さる。 たたりめ 霊 65・130 100 状態異常の相手に威力倍増 「おにび」「でんじは」など相手を状態異常にする方法は豊富なので使える機会があるかもしれない。 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 イカサマ 悪 95 100 相手の攻撃の値でダメージ計算する。 自身の攻撃が低くとも、関係ないので選択肢。 環境に多いゴーストの物理アタッカーには刺さる。 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 でんじは 電 90 相手を麻痺させる。 地面を呼びづらいので決まりやすい。 「ちくでん」「ひらいしん」には注意。 おにび 炎 85 相手を火傷させる。 命中が少し不安だが、物理アタッカーを機能停止できる。 トリック 超 100 自分と相手の持ち物を入れ替える。 こだわりメガネやこだわりスカーフを押し付けて相手の行動を制限しつつ、自身は自由に動けるようになる。 リフレクター 超 - 物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの物理耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの特殊耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 火力を倍増できる積み技。 半減相手でも押し切れる可能性が生まれる。 ねむる 超 - HP全回復・状態異常回復。 2ターンの間眠る。 カゴの実やラムの実を組み合わせることで、1ターンで全回復してねむりから覚めることができる。 ダイマックス時の火力を上げるために持ち物は「いのちのたま」がおすすめ。 技は「ふぶき」と電気技は確定。 電気技は平常時の使用も考えるなら「10まんボルト」だが、「ダイサンダー」の威力が「10万ボルト」より10高くなる「かみなり」も選択肢。 残り2枠は自由枠。 攻撃技としては相手の特防を下げる「ダイアーク」が使えるようになる「あくのはどう」がおすすめ。 補助技としては火力を倍増できダイマックス後の攻撃で相手を一撃で倒すことも可能となる「わるだくみ」と 次ターンから多くの相手に先手がとれるようになる「でんじは」のどちらも優秀。 どちらかの補助技は覚えさせておきたい。 素早さに補正をかけ188振ることで最速ドラパルトをぎりぎり抜くことができるのでおすすめ。 技は「ふぶき」と「ボルトチェンジ」は確定。 命中率が低い「ふぶき」を普通に撃つのは危険すぎるので、「あられ」を別のポケモンで降らせておきたい。 他の技としては、交代せずに撃てる電気技として「10まんボルト」の優先度が高め。 環境に多いゴーストタイプに刺さる「あくのはどう」OR「シャドーボール」OR「イカサマ」も選択肢。 個人的にこの3つの中では怯み20%を活かせる「あくのはどう」の優先度が高め。 補助技にも「こだわりスカーフ」を押し付けられる「トリック」や先制火傷を狙える「おにび」など優秀なものが揃っている。 電気+氷でも十分攻撃範囲は広いので、ゴーストタイプ対策を他のポケモンに任せ、補助技を一つは覚えておくのも選択肢となる。 スポンサーリンク フロストロトムのパーティメンバー考察 フロストロトムの弱点は炎・格闘・地面・岩と多め。 地面については「ふゆう」で無効にできるものの、使用率の高い「かたやぶり」ドリュウズには「ふゆう」を無効化されるので安定しない。 他のポケモン1体でこの4つの弱点をカバーするのは難しい。 水、フェアリー、飛行、地面などのタイプのポケモンを複数パーティに入れて、 相手のパーティにあわせてフロストロトムの相棒を切り替えるといい。 フロストロトムの対策 注意点 ・高めの特攻と電気+氷の優秀な攻撃範囲を持ち、攻撃能力が高い。 ・努力値や道具で様々な型が作成可能となっており、読みづらい。 ・第7世代以前と異なり、「ダイアイス」を使うことで自身で「あられ」を引き起こすことが可能。 対策方法 フロストロトム対策としてヒートロトムが非常に有効。 氷技も電気技も半減することができ、こちらは炎技で弱点をつくことができるので非常に有利と言える。 「ふゆう」で弱点である地面を無効にしている。 だが、「かたやぶり」のドリュウズやオノノクスであれば地面技で弱点をつくことができる。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

フロストロトム育成論 : HBCチョッキ氷ロトム|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

フロスト ロトム 育成 論

道具「とつげきチョッキ」を持たせることで、 相手の特殊攻撃に対する高い耐性を発揮します。 技「ほうでん」を採用することで、麻痺の確率を高めつつ相手に着実なダメージを与えていけるので、非常に強力な型となります。 ドラパルトやミミッキュに対する打点になる。 ほうでんとの選択肢。 威力重視なら10まんボルト、麻痺狙いなら確率が高いほうでん。 「ミミッキュ」などの物理アタッカーに対して後出しして、対面不利を嫌って交代してきたところを「ボルトチェンジ」で更に優位に進めることができます。 この型では、「ミミッキュ」や「ヒヒダルマ」を意識して性格はずぶとい、努力値はHPと防御に振っていますが、もし特殊を受けたいポケモンがいた場合は性格おだやか、努力値をHPと特防に振っても同じような役割を持つことができます。 炎と電気の技をタイプ一致で出せる上に、相手によっては等倍の攻撃を耐える程度の耐久があるので、「ミミッキュ」や「ナットレイ」、「ギルガルド」といった環境に多くいるポケモンを倒すことができます。 ヒートロトムの役割と立ち回り アタッカーから耐久までできる万能なポケモン 「ヒートロトム」は特攻、防御、特防の種族値が高いので、持ち物や努力値によってアタッカーから耐久までできる万能なポケモンです。 それゆえに、相手に自分の型を読まれにくく、「」を覚えることからも、先発で選出しやすいという強みがあります。 先発で「ボルトチェンジ」が強力 「ヒートロトム」は先発で繰り出して「ボルトチェンジ」を打つことで、相手にダメージを与えながらポケモンを交代することができます。 相手がポケモンを交代した場合は、相手の交代先を見てからこちらも交代することができますし、相手が交代しない場合でも有利なポケモンを投げれるので、先発「ボルトチェンジ」は非常に強力な行動です。 しかし、先発ロトム「ボルトチェンジ」は強力であるがゆえに読まれやすいので、先発に地面ポケモンを選出されたり、ロトムより遅い相手がボルトチェンジ交代読みの攻撃をしてくる可能性もあるので注意しましょう。 ヒートロトムの対策 特性「かたやぶり」で地面タイプ攻撃を当てる 「ヒートロトム」は地面タイプが4倍弱点ですが、特性「」なので地面技は無効にできます。 しかし「」の特性を持つポケモンなら、ふゆうを無視して地面技を当てることができるので、致命的なダメージを与えることが可能です。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の