恵山 高校生 遭難。 【画像】北海道函館市の恵山で遭難した15歳男子高校生、警察が写真公開

【北海道】家族3人で恵山(618M)に登山した男子高校生(15)遭難か…頂上で別れた後行方不明に

恵山 高校生 遭難

北海道函館市の恵山で、5月15日家族と山登りをして行方が分からなくなっている15歳の男子高校生の捜索は3日目の17日朝から再開されましたが、まだ見つかっていません。 警察は引き続き情報提供を求めています。 行方がわからなくなっているのは、函館市深堀町の高校生、佐藤晶さん 15 です。 佐藤さんは15日午前8時ごろから、2人の姉と一緒に恵山に山登りにでかけ、頂上に着いた後先に山を降り、その後行方が分からなくなっています。 家族が付近を捜索するも見つからず 15日午後8時ごろに警察に通報しました。 恵山は標高618メートルの活火山で、標高300メートルの火口原駐車場まで車で行くことができ、佐藤さんも姉2人とこの駐車場から頂上へ向かいました。 標高差約310メートルは片道70分ほどで、佐藤さんたちも午前9時30分ごろに山頂に到着。 その後別れて姉2人が待ち合わせ場所の駐車場に午前11時ごろに戻った際、佐藤さんの姿がなかったということです。 警察は遭難したとみて15日に続き、16日早朝から警察と消防など50人以上の態勢で佐藤さんを捜索しましたが、現場付近は濃い霧に包まれ捜索は難航。 午後5時に中断しました。 3日目の17日は警察、消防などに自衛隊60人も加わり約150人態勢で午前4時30分から捜索を再開しました。 前日の霧は晴れて見通しはいいということで、自衛隊がドローンを飛ばす上空からの捜索も行っていますがまだ見つかっていません。 佐藤さんは携帯電話や食料は持っておらず軽装だったということです。 警察は、当日山頂で撮影された佐藤さんの写真を公開し、情報提供を求めています。

次の

【男子高校生行方不明】函館恵山は初心者向け⁉️原因は?別の事件の可能性も

恵山 高校生 遭難

行方がわからなくなっているのは、函館市深堀町の高校生、佐藤晶さん 15 です。 佐藤さんは15日午前8時ごろから、2人の姉と一緒に恵山に山登りにでかけ、頂上に着いた後先に山を降り、その後行方が分からなくなっています。 家族が付近を捜索するも見つからず 15日午後8時ごろに警察に通報しました。 警察は遭難したとみて16日も早朝から警察と消防など50人以上の体制で佐藤さんを捜索していますが、現場付近は濃い霧に包まれ捜索は難航し手がかりはまだ見つかっていません。 佐藤さんは携帯電話や食料は持っておらず軽装だったということです。 警察は佐藤さんの写真を公開し、情報提供を求めています。 引用元『北海道ニュースUHB』 事故現場 北海道函館市御崎町の「恵山」です。 みんなの意見 非難お叱りは無事に帰ってきてからちゃんとした人たちから受けると思うから 今はともかく無事を祈ります。 函館民です。 恵山は、学校の遠足で登るくらいに、気軽に登れる山。 あの山で遭難することあるの?って思ってしまうくらいに標高もかなり低いし、登山道も なだらかで、楽に登れる山です。 軽装で登山してもおかしくない山なんです。 私も学校遠足で、実際に学校の指導で指定ジャージで登りましたよ。 恵山は田舎だし人もまばらだから、運動のために登山したのかなと思います。 昨日はあったかかったけど、今日は寒いです。 午後からは雨の予報だし、心配です。 早く見つかりますように。 登山、と出てますが、恵山を調べたら、『標高618m。 そのうち300mまではバスで行けて、バス降りたとこから山頂までは片道70分』とありました。 これだとたしかに携帯食も万が一の遭難準備もしない、観光程度で出かけてしまうかと・・。 晴れてれば迷うことないのでしょうが、霧が酷かったのかな。 お姉さん2人も高校生の男の子がこんなことになると思わなかったのでしょう。 とにかく無事に見つかることを願って。 自粛中の観光については見つかった後に散々怒られれば良いのです。 道も整備され、地元の子供が遠足で行くような山とのこと。 どこに行ってしまったんだろう?? 運動がてらの兄弟との時間が 思いがけない事態になってしまって、ご家族もさぞ心配だろう。 早く無事に見つかりますように。 軽装なのを見ると山登り慣れてたのかな? こう言う世の中がざわついてる時は、なぜか思いもしないハプニングや災いが身に降りる確率が高くなるから大人しくしてるのが一番かと。 無事に見つかる事を祈ってます。 携帯電話を所持してないのがなぁ… 山に入るならどれだけ家族全員で登山と言ってもやはり一人一台は万が一のために持っておきたいね。 あと、急場を凌ぐ最小限の食料もね。 一緒に登山するほど仲の良い兄弟だったのだろうに、なぜ一人で降りるのを許してしまったのか… やっぱり、どんな山でもなめちゃいけないんだね。 無事で見つかりますように。

次の

恵山を下山中に高校生が5/15から行方不明・報道まとめ【情報提供呼び掛け】 | 週刊いーハコ・函館一週間 by e

恵山 高校生 遭難

北海道函館市の恵山で、5月15日家族と山登りをして行方が分からなくなっている15歳の男子高校生の捜索は3日目の17日朝から再開されましたが、まだ見つかっていません。 警察は引き続き情報提供を求めています。 行方がわからなくなっているのは、函館市深堀町の高校生、佐藤晶さん 15 です。 佐藤さんは15日午前8時ごろから、2人の姉と一緒に恵山に山登りにでかけ、頂上に着いた後先に山を降り、その後行方が分からなくなっています。 家族が付近を捜索するも見つからず 15日午後8時ごろに警察に通報しました。 恵山は標高618メートルの活火山で、標高300メートルの火口原駐車場まで車で行くことができ、佐藤さんも姉2人とこの駐車場から頂上へ向かいました。 標高差約310メートルは片道70分ほどで、佐藤さんたちも午前9時30分ごろに山頂に到着。 その後別れて姉2人が待ち合わせ場所の駐車場に午前11時ごろに戻った際、佐藤さんの姿がなかったということです。 警察は遭難したとみて15日に続き、16日早朝から警察と消防など50人以上の態勢で佐藤さんを捜索しましたが、現場付近は濃い霧に包まれ捜索は難航。 午後5時に中断しました。 3日目の17日は警察、消防などに自衛隊60人も加わり約150人態勢で午前4時30分から捜索を再開しました。 前日の霧は晴れて見通しはいいということで、自衛隊がドローンを飛ばす上空からの捜索も行っていますがまだ見つかっていません。 佐藤さんは携帯電話や食料は持っておらず軽装だったということです。 警察は、当日山頂で撮影された佐藤さんの写真を公開し、情報提供を求めています。

次の