カフェイン過敏症 検査キット。 遺伝子検査について

コーヒーアレルギーとカフェイン中毒の症状は?検査方法と治療について

カフェイン過敏症 検査キット

カフェインについてです。 よく日常で偏頭痛が多く気にしていました。 最近気づいたのですが、いつもコーヒーを飲んだあととてつもない頭痛に襲われます。 ちなみに3口程でもなったことがあります。 最初はコーヒーの口に残る感じが嫌で気持ち悪くなったり頭痛がするのかと思っていました。 ですが、コーヒーをのんだあと、頭痛がしたり、口の中、のど?のあたりが、痒くなったりします。 ミルクティーを飲んだあとは痒み、鼻水が止まらなくなり挙句頭痛に襲われました。 (ミルクが少なくにがめのミルクティー) その後なるべくカフェインを取らないようにお茶類もなるべくノンカフェインのものを選んでいます。 すると、よく起きていた頭痛が全くと言っていいほど無くなりました。 ビタミン系のドリンク(デカビタなど)を飲んでも問題はありません。 カフェインアレルギーや、カフェインが体に合わないなどありえるのでしょうか? 検査はすべきでしょうか? 片頭痛は脳の血管が拡張するために起こります。 コーヒーなどのカフェインは一時的には血管を収縮させるので,頭痛のなりはじめに適量飲むと片頭痛が治まることはよくあります。 しかし,血管が収縮した後にリバウンドとして拡張が起こるので,逆に頭痛を悪化させることになります。 飲む量は,その時の体調やカフェインの感受性などで様々です。 また,カフェインは今でこそ嗜好品に利用されていますがが,もともとは薬として利用されていたものです。 中枢神経に対する作用が強く,精神神経,身体に与える影響は大きいです。 カフェインによる体調不良は,急性中毒,慢性中毒(少量でも長期にわたって飲んでいる人)のほか,カフェイン過敏症・不耐症といわれるもの(カフェインの作用が体に表れやすい人)が主です。 いわゆる食品アレルギーのような即時型の免疫反応の検査はありません。 ネットで検索するとカフェインアレルギーは遅延型アレルギーなので自宅でできる検査キットで確認できるというものが散見されますが,この遅延型アレルギー検査(IgG抗体検査)は専門学会からも確実性有用性はないとの公式な見解が出ていますから,手を出さない方がよいでしょう。 摂取して不調を感じるならば,現在のように摂取を控えるなどで対処されるのがよいでしょう。

次の

カフェイン過敏症スレPart1

カフェイン過敏症 検査キット

どうもみなさんあゆむです。 今回はタイトルの通りカフェイン過敏症が治っていた話です、それもちょっと良くなったとかじゃなくて完全に。 さらにいうと今はややカフェイン依存症じゃないかってくらいにコーヒーとか飲んでます。 この記事はコーヒーが普通に飲める人にとってはあまり関係ない話かもしれません。 しかし、かつての自分のようにカフェイン過敏症に苦しめられた人にとっては参考になると思い書いてみました。 ただ、 カフェイン過敏症がなぜ治ったのか正直なところ自分でもよくわかっていません。 いつも自分のnoteには出来るだけ科学研究等、根拠となるようなものを載せるようにしています。 ですが今回はそういったものがあまりなく実体験ベースになりますが、いくつかの仮説を考えましたので是非ご覧ください。 自分のカフェインとの付き合い まず、私あゆむのカフェインとの関係を見ていきます。 自分は子供のころからカフェオレや紅茶、コーラ等は普通に飲めておりました。 なので根っからのカフェイン過敏症というわけでは無かったのは確かです。 ただ、高校生ぐらいまではコーヒーをブラックで飲む事はありませんでしたし、たまに飲むと少し苦しくなったのであまりカフェインに強いというわけでもありませんでした。 しかし大人になるにつれ、カフェイン耐性がついてきたのか大学生になる頃にはガバガバ飲むようになっていました。 以前のnoteに高速音読をする以前は頭が働かなかったという事を書いていたと思います。 実際当時は常にボーっとしていました。 なので、音読と出会う以前はカフェインに頼りまくりの日々でした。 なにしろ頭が常にボーっとしているのでカフェインで喝を入れないとまともに働いてくれなかったのです。 またその後も、一日中働かなくてはいけない時などは自分に活を入れる為にコーヒー、コーラ、エナジードリンクをけっこう飲んでいました。 朝コーヒーを飲んで、昼にコーラ、夜にラストスパートの為にエナジードリンクという感じです。 少なくともこの頃まではむしろ過敏どころか依存くらいの感じだったのです。 しかし、この頃から徐々にに暗雲が立ち込めた始めたというかカフェインの負の部分にも気づき始めました。 というのもカフェインを摂り過ぎた時に明らかに不安感が増すのです。 また不安な時にカフェインを摂ると不安がより増幅されます。 つまり不安とカフェインは密接に関係していることに気が付きました。 そして、ネット漬けと座りっぱなしの生活になり生活習慣が乱れ情緒不安定がひどくなると共にカフェインを含むものを一切摂れなくなりました。 今ではその頃の事を思い出すのも難しいのですが、ただでさえ情緒不安定だったのでカフェインのような興奮作用のあるものはとれなくなっていたのです。 飲んだら即座に不安や緊張に襲われ、また夜はまったく眠れなくなりました。 それはネット断食と生活習慣の改善をしてからもしばらく続いていました。 正確にいうと良くなる時期と悪化する時期を交互に繰り返す感じでした。 ただ大きな傾向としては良くなっていて、調子のいい日は飲めるようにはなっていました。 そしてネット断食&生活改善をして一年ちょっと経った現在、 気が付くと普通にコーヒーやらコーラをガバガバ飲んでいる自分がいました。 もはや気にもしていません、良くなってるどころか完全に過敏症が消失しています、それどころかむしろ依存症です 笑。 何故カフェイン過敏症が治っていたのか4つの仮説 何故こうなったのか自分でもよくわからないのですが、自分なりに考えたり調べたりしていくつかの候補をあげてみました。 1.メンタルが安定した為。 2.だんだんとカフェインに慣れていった為。 3.大幅な減量で脂肪肝が解消され肝機能が正常になった為。 4.断食で脳神経がリセットされた為?。 それでは上から順番に見ていきたいと思います。 これは自分的に一番可能性が高いんじゃないかと思っています。 なぜなら先にも書いたようにカフェインとメンタル、特に不安はかなり密接に関係しています。 カフェインを摂り過ぎると不安になるし、不安な時にカフェインを摂ると不安がより増します。 それはカフェインに興奮作用があるためです。 人間は神経が程よく興奮してる時が一番調子もよく気分もいいです。 興奮が足りないと無気力や退屈感、眠気を感じ、逆に興奮過剰だと不安や過緊張、パニックになります。 なのでメンタルが不安定であればあるほどカフェインは危険という事になります。 逆にいうとメンタルが安定すればするほどカフェインを飲んでも大丈夫という事にもなります。 自分はこの一年ネット断食や生活習慣の改善、心理療法等の継続でメンタルが格段に回復し安定しました。 なのでカフェインを飲んでも大丈夫になったんじゃないかと思います。 これも大いにありうると思いました。 お酒を飲み続けるとだんだん強くなるという事がありますが、カフェインも飲み続けると少しずつ耐性がついてきます。 つまり身体がカフェインに慣れてくるのです。 最初は一杯のコーヒーしか飲めなかったのがだんだん二杯、三杯と飲める量が増えてきます。 これが行き過ぎると依存症になりますが、単純にカフェインに強くなった、慣れたとみる事もできます。 自分の場合はメンタルが安定するにつれ緑茶等を少しづつ飲むようにしていたのでいつの間にかカフェインに慣れていっていたのかもしれません。 という感じだと思います。 これも実はあるんじゃないかと思いました。 ですがたぶんそうじゃないかというものなので確証はありません。 また、自分が情緒不安定だった頃の話に脱線しますがお付き合い下さい。 去年の春頃まで自分は情緒不安定、特に怒りの感情がひどく心療内科に通っていました。 その頃体重が80キロ近くあり、身長が164㎝くらいなのでかなりのデブでした。 そして血液検査でも肝臓の数値と中性脂肪が高かったので脂肪肝だった可能性があります。 実際その当時の心療内科の先生にも肝臓が悪いんじゃないかと言われました。 なぜ心療内科でそんな事を言われるのかというと、実はそこは東洋医学系の病院だったのです。 東洋医学では心身を一つとしてみるので精神の問題でも身体をみるんだそうです、そして肝臓に効く漢方薬を処方してもらいました、大柴胡湯去大黄という漢方薬です。 自分としては怒りの感情がほんとにひどかったので強力な鎮静剤を求めたのですが先生が許可してくれませんでした。 ちなみに東洋医学では怒りの感情は肝臓と深い関わりがあるそうです 目とも関係があるそう。 ただその当時は正直半信半疑でした。 その後結局で急激にメンタルが改善し、その事は忘れていました。 ですが一年たってあれってけっこう本当の事だったのかなと思いました。 というのもこの一年で15キロほど落とし腹回りもだいぶ締まって体脂肪率も減ったので、おそらく脂肪肝も解消されたと思います。 そして それと同時にメンタルも本格的に安定してきて ネット断食と生活改善をした当初はまだムラがあった 前みたいに怒ることがなくなり、むしろなんで以前はあんなに怒っていたのだろうとさえ思うようになりました。 思えば以前の怒りはほんとに異常でした、自分でも憑りつかれたんじゃないかと思うぐらいの激しい怒りでした、今あの当時と同じくらいの勢いで怒れと言われても絶対無理です。 その異常な怒りというのはもしかしたらネット中毒&座り過ぎ&食べ過ぎでの急激な体重増加とそれに伴う肝臓の異常からきていたのかもしれません。 さらにさらに、実は自分は大学時代にもほぼ同じ事を経験しているのです。 詳しくはの中に書いていますが、この時も10~15キロ程減量し、それと共に怒りっぽかった性格が安定したものへと変わっています。 この時もかなり太っていましたし酒もガバガバ飲んでいたので アル中でした 脂肪肝だった可能性は高いです。 長々と書いたのですがここで肝臓とカフェインをつなげます。 実は肝臓というのは数多くの代謝と関わっています、アルコール等もそうですがカフェインの代謝とも関わっているのです。 なので脂肪肝などで肝機能が低下していると処理できるカフェインの量も少なくなってきます。 そうなると少しのカフェインでも過剰な反応が現れ、しかもそれが長く続いてしまいます。 そして振り返ってみると自分がカフェインを飲めなくなって来た時期と不摂生で太り始めた時期が一致してるようにも感じるのです。 そして反対に最近やっと適正体重付近まで体重が落ちてきたのですが、それと共にカフェインが普通に飲めるようになってきてるように感じます。 これはおそらく脂肪肝が完全に解消され、肝機能が正常になったからなのではと思うのです、あくまで推測ですが。 まとめると、自分の場合は肝機能の悪化が情緒不安定やカフェイン過敏に直接つながっていて、また肝機能の正常化がメンタルの安定やカフェインが飲めるようになってきている事と関連してるようにも感じます。 後もう一つ言うと、自分は去年からイノシトールというサプリを飲んでいます。 これはカフェインを摂り過ぎた時や不安になった時に効くので飲んでいるのですが。 このイノシトールは脂肪肝にも効くらしいのでその影響ももしかしたらあったのかもしれません。 また、研究でも内臓脂肪が多すぎると慢性的な炎症を発生させて脳や身体の機能を低下させるというのはわかっているので、ダイエットがプラスに働いたのは間違いないと思います。 実際適正体重に近づいてからほんとに心身ともに調子いいですもん。 2020. 13追記 先日献血に行ったのですが、その血液検査の結果が本日届きました。 26歳以降では正常値になった記憶がないですし、生活改善を始めて3か月くらいの去年の春頃に測った時もまだオーバーしていたので、この9ヵ月くらいでけっこう劇的に肝臓が良くなったのは間違いないようです。 という事はやはりこの肝機能正常化説が正しかったのかなと思います。 これもたぶんそうかもしれないというレベルのものなので悪しからず。 一日おきに断食するという事は一週間でトータル3~4日は断食するという事です、さすがにそれは人間業ではないと思いましたw。 しかし、得たものもありました。 それは たとえ一日の断食でも結構な効果があるという事。 具体的にいうとすごい元気になりますし、肌荒れがけっこう治ります。 また自分の場合は断食の最中は鼻炎の症状ががきれいさっぱりなくなります、そしてそれなりに痩せます しかもちゃんと体脂肪も落ちてるっぽい。 ちなみに断食で代謝や筋肉が落ちて痩せにくくなるというのは長期の断食 72時間以上 の話であって、プチ断食や一日断食程度ではそんな事は起こらないという事は研究でもわかっています。 ちょうどその習慣が定着したあたりから本格的にカフェインが普通に飲めるようになってる実感があるのです。 自分は断食中でも運動はしっかりとしているので内臓脂肪、肝臓の脂肪が落ちたのかもしれません。 また内臓に休息が与えられ各臓器がリフレッシュされているのかもしれないです。 実際、身体は飢餓状態になるとオートファジーという仕組みが働き、不要な細胞や老廃物を栄養に変えてしまうそうです。 また、断食をすると脳の一部で脳神経の栄養因子であるBDNFが増加するという事もわかっています。 BDNFは脳神経の成長を促し神経のネットワークのつながりを促進させ損傷を防ぎます。 なので、もしかしたらアンバランスになっていた脳神経を修復してその結果カフェイン過敏が治ったのかもしれないです。 ただこれについてあまり確証がないのでよくわからんです。 まとめ 以上4つほど仮説を考えてみました。 また、この4つはどれが正解とかじゃなくてそれぞれ全部が連携してるようにも感じます。 今回は科学的な根拠もあまりなくかっちりした事がいえずもやもやした感じになってしまいましたが、カフェイン過敏症の人に少しでも参考になれば幸いです。 また自分はこのように再びカフェインが摂れるようになりましたが、遺伝的に飲めない人や今現在メンタルの不調を抱えている方は無理せずカフェインは控えた方がいいと思います。 今回も最後まで見て頂いてありがとうございました!.

次の

コーヒーアレルギー検査は何科を受診すればよいですか?

カフェイン過敏症 検査キット

カフェイン中毒における症状 中毒症状にはまず身体的に表れる症状と精神的に表れる症状があります。 またその中でも突発的に発生する急性症状、ゆっくり症状が表れ継続的に影響を与える慢性症状があります。 それぞれ中毒症状はどういったものがあるか、それをお伝えしていきたいと思います。 カフェインと聞きまず最初に思い浮かべるといえば、やはり睡眠障害だと思われます。 寝る前にコーヒーを飲んだからなかなか寝付けない、勉強中で寝るわけにはいかないからエナジードリンクを飲もうと睡眠を調整する行為にカフェインの話題は欠かせないかと思います。 事実カフェインの摂り過ぎ、摂る時間帯により睡眠障害へと発展します。 どれぐらいの量で摂り過ぎになるのかというと、通常1日250mgのカフェインを摂取する事により不眠などの障害を起こす可能性が高いと言われます。 個人差はありますが平均的な統計としてこちらが打ち出されております。 またこの数値はカフェイン過敏症の方にとっては、関係ないと言えるでしょう。 症状の違いにもよりますが、1杯・1口飲むだけでもこの様な症状を引き起こす可能性が高いからです。 また過敏症でない方ですとカフェインは普段から継続的に飲まれる方は4時間、飲まれない方は8時間以上のカフェイン効果を発揮します。 夜に飲むと寝付けないというのはカフェインを摂取し、中枢神経が興奮状態によるところが大きいという事です。 またカフェイン過敏症の人はここから特に気を付けてもらいたいのですが、あくまでの睡眠障害は初期症状といえます。 悪化に伴い落ち着きが無くなり多弁や気分の高揚、さらに悪化するとパニック障害に陥ります。 また不安や焦燥感からの不眠症、悪化するとうつ病や精神の錯乱にまで発展する事があります。 基本的には身体的に表れる症状にて軽度なものは体調不良や蕁麻疹にかゆみが多くなります。 これは先程お話させてもらったご飯を食べた時に引き起こされるアレルギーと考えてもらえると分かりやすいと言ったものに繋がります。 しかしこちらはあくまで軽度であり症状の悪化につれ、嘔吐や不整脈になったりひどいときには足を攣ったり歩行困難になる可能性もあります。 足を攣ったり歩行困難になるという方はほとんどいませんが、それでも重度の過敏症の方になると楽観視できないのも事実です。 今この時までこの様な中毒症状をコーヒーや紅茶を飲んだ後に起こしている方がいて、カフェインに対する中毒か不安な方はどうすればよいか。 過敏症の治療や検査方法 治療は基本的にカフェイン中毒の治療になります。 また検査においてはカフェインアレルギーとしての検査となります。 病院や自宅における検査キットにてアレルギーがどうか発見する事が可能です。 カフェイン過敏症はアレルギーになります。 ただしカフェインアレルギーという病名は存在しません。 それは医学的に不確かな為認められていないからです。 ただし言葉としてカフェインアレルギーに置き換えられるのも事実です。 病院に行き検査をすれば発見へ至るでしょう。 ただしその後治療になると話は別となります。 基本的に処方箋や特効薬と言ったものは存在しません。 どれだけ日常生活でカフェインを摂らないかという方向に注視していきます。 身体から全てカフェインを抜き取った後少しずつ年月を重ねるごとにカフェインを摂れるかもしれないという希望的観測で行います。 言い換えますと最初にもお伝えしておりますがお酒同様、身体がカフェインという物に敏感に反応する為カフェインに弱い体質というだけになります。 その為明確な治療というものがないのですね。 残念ながら病院へ行って確実に治すという事は現段階ではまだ出来ません。 ただしアレルギーかどうかは発見出来ますので、そちらは是非確認しておいた方が良いでしょう。 自身がアレルギーかどうかを知っているという事は生活に大きく影響します。 またこちらも残念な事ではありますが、カフェインアレルギーという物が認められていない為に医師の方もカフェインにアレルギーは無いと考えられている方もいらっしゃるのが事実です。 まとめ 今回はカフェイン過敏症についてお話させて頂きました。 難しかったり楽しいお話ではなかったと思いますが、カフェインを知っていくにあたり避けては通れない道だと思ってます。 楽しくカフェインライフを過ごしたいのに、そのカフェインによって楽しめないという可能性もありますからね。 カフェイン過敏症に関しては確実な治療は難しいですが日常生活における注意点や生活の仕方など、医師と二人三脚で考えるのも立派な治療の一つです。 またカフェインの摂取は出来ませんがノンカフェイン飲料というものが数多く存在する為、コーヒーや紅茶を飲みたい!でもカフェインが!という方にはノンカフェイン飲料はオススメです。 ノンカフェインはカフェインが含まれません。 その為飲んでも体に害はない為美味しくカフェの時間を楽しむ事が出来るという事です。 ちなみにカフェインレス飲料となると通常のカフェイン飲料よりカフェインの量は少なくなりますがカフェインが含まれる為、この違いにはご注意くださいね。 多少とはいえカフェインが含まれる為過敏な方においては大変なことになると思われます。 それでは良いノンカフェインライフを。

次の