ご教示ありがとうございます。 「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の意味と違い、使い方とは?

「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

ご教示ありがとうございます

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の

ご教示くださりありがとうございます。

ご教示ありがとうございます

また取引先とのやりとりの中で、内容や手順、状況、対処の方法などを聞きたいときにも使われることがあります。 上司やクライアントなどとの日程調整で相手のスケジュールを聞きたいときも使うことが可能です。 ご教示願いますやご教示くださいは、メールなどでの書き言葉として使われることが多く、話し言葉ではお教えください。 ご指導をお願いいたします。 などが適切でしょう。 「ご教示願います」を使った例文をいくつか紹介します。 実際にビジネスメールなどを送る際に参考にしてみてください。 <例文> ・経費申請書の書き方を、お手すきでご教示願います。 ・〇〇のプランに申し込む場合の手順について、詳細をご教示いただければと思います。 ・貴社のご都合がつく日程を、いくつかご教示いただけますと幸いです。

次の

ご教示くださりありがとうございます。

ご教示ありがとうございます

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の