山川 穂高 インスタ グラム。 ソフトB・リチャード、西武首脳陣の作戦会議を妨害? 先輩山川が“普通はあり得ない”エピソードを暴露、辻監督の反応も明かす|ニフティニュース

山川穂高のInstagram(インスタグラムInstagram)

山川 穂高 インスタ グラム

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、開幕は3カ月も遅れ、試合数は120試合制で行われる今季のプロ野球のペナントレース。 チームの順位とともに注目を集めるのが個人タイトル争いだが、4回にわたり誰が獲得するのか予想してみたい。 最終回はパ・リーグの野手編だ。 予想するタイトルと昨年の受賞者、その成績は以下のとおりである。 【2019年パ・リーグ野手タイトル一覧】 首位打者:森友哉(西武) 打率. 329 本塁打王:山川穂高(西武) 43本塁打 打点王:中村剛也(西武) 123打点 最高出塁率:近藤健介(日本ハム) 出塁率. 422 最多安打:秋山翔吾(西武) 179安打 盗塁王:金子侑司(西武) 41盗塁 最高出塁率の近藤以外は、全員が西武勢という結果となった昨年の打撃タイトル。 山川穂高 まず、首位打者だが、昨年タイトルを獲得した森も当然有力候補となるが、本命には推しづらい。 理由は、やはり負担の大きいキャッチャーというポジションにある。 過去に捕手で首位打者を獲得した選手は、野村克也(南海)、古田敦也(ヤクルト)、阿部慎之助(巨人)の三人がいるが、いずれも一度の獲得にとどまっている。 先人の三人と比べても森の打撃技術の高さは目立っているが、それでも正捕手を務めながら、2年連続で首位打者を獲得することは簡単ではない。 そうなると、浮上してくるのが昨年最高出塁率のタイトルを獲得した近藤と、過去に2度首位打者に輝いている柳田悠岐(ソフトバンク)だ。 理由としては、技術の差というよりも、与えられる役割によるところが大きい。 柳田はどうしても長打と盗塁数を期待されるが、近藤はある程度ヒットを打つことだけに集中できる。 また、柳田は練習試合で順調な仕上がりを見せているが、昨年故障で長期離脱しており、今年で32歳という年齢も気がかりだ。 そういう意味でも打率に関しては近藤を推したい。 一方、出塁率に関しては長打力がある分、柳田は勝負を避けられて四球が多くなることが考えられる。 こちらのタイトルについては、柳田が筆頭候補となるだろう。 ホームラン王は2年連続タイトル獲得中の山川がやはり本命になりそうだ。 対抗としては柳田、セ・リーグから移籍したバレンティン(ソフトバンク)などの名前が挙がるが、安定してホームランを打つ力という意味では山川の方が上回っているように見える。 昨年は調子を落とした時期はあったものの、2年連続で40本塁打をクリアしたのは見事という他ない。 打点王についても、リードオフマンの秋山が抜けたことによるマイナスはあるが、チームには森、外崎修汰、源田壮亮など安定して結果を残している打者が揃っていることから、やはり、こちらも山川が本命となりそうだ。 難しいのが最多安打だ。 過去5年間で4度このタイトルを獲得している秋山がメジャーに移籍し、本命は不在。 首位打者のところで挙げた近藤、柳田ももちろん候補になるが、四球が多いタイプのため、安打数を稼ぐという意味では不利になることが考えられる。 そんな中で推したいのが、吉田正尚(オリックス)だ。 豪快なホームランの印象が強いが、過去2年間はいずれも160本以上のヒットを放ち、打率も3割2分をクリアしている。 新加入した大物外国人のアダム・ジョーンズが後ろを打つことが濃厚で、相手投手が吉田と勝負せざるを得ない場面が増えるのもプラス要因である。 初タイトルに向けて、準備は整ったと言えるだろう。 盗塁王は、金子と過去3度タイトルを獲得している西川遥輝(日本ハム)の争いになりそうだ。 昨年は西川が大きく数字を落として金子の独走となったが、盗塁の技術に関してはやはりこの二人が抜けている印象を受ける。 昨年、ブレイクした周東佑京(ソフトバンク)も候補になるが、層の厚いチームで出場数が限られそうなのがマイナス要因だ。 このオフにメジャー移籍を目指す西川が成績に対するモチベーションも高いと考えて、ここは本命としたい。 【2020年タイトル予想 パ・リーグ野手編】 首位打者:近藤健介(日本ハム) 本塁打王:山川穂高(西武) 打点王:山川穂高(西武) 最高出塁率:柳田悠岐(ソフトバンク) 最多安打:吉田正尚(オリックス) 盗塁王:西川遥輝(日本ハム) 西尾典文(にしお・のりふみ) 野球ライター。 愛知県出身。 1979年生まれ。 筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。 主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。 ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。 週刊新潮WEB取材班編集 2020年6月26日 掲載 外部サイト.

次の

西武山川と巨人坂本が奇跡の遭遇 2ショット写真にファン興奮「笑顔最高です」

山川 穂高 インスタ グラム

山川穂高 山川 穂高(やまかわ ほたか)は、埼玉西武ライオンズ所属のプロ野球選手(内野手)。 右投右打。 那覇市立城北小学校の時に野球を始める。 2019年開幕から4番として起用される。 3月・4月では全試合に4番として出場し、本塁打・打点・塁打・長打率の4部門でリーグトップに立ち、昨年の9月・10月度に続き5度目の月間MVPに選出された。 北海道日本ハムファイターズ戦でジョニー・バーベイトから本塁打を放ち、100号本塁打を達成した。 通算321試合目での100号到達は、秋山幸二(西武)の351試合を上回る日本人史上最速記録。 外国人を含めるとタイロン・ウッズと並ぶ6位タイの早さだった。 選手としての特徴は入団当時108kg、1年目のオフで103kgもあった巨漢選手。 チームメイトである中村剛也と体型が似通っているため、一部のファンから「おかわり2世」の愛称で呼ばれている。 自身も大学1年生の時から中村の打撃フォームをインターネット上の動画を見て研究しており、中村を最も尊敬している。 また地元沖縄の豚にちなむ「アグー」も愛称となっている。 大学生時代において50メートル走のタイムは6秒2である。 また、プロ入り時の検査で、右の握力は83kgを記録した。 大学生時代からピアノを趣味としている。 幼稚園の頃に始めた書道は8段。 チームメイトで同期入団のとは仲が良く、自分より歳下ながら「おい、デブ」と呼ばれ、しょっちゅうからかわれている。 女性芸人のゆりやんレトリィバァに似ていると自他共に認めており、ホームラン後にゆりやんレトリィバァの「調子乗っちゃって」パフォーマンスを見せていた。 また大相撲力士の御嶽海久司にも似ていると言われており、2019年には「どすこい」パフォーマンスを行っている。

次の

西武山川と巨人坂本が奇跡の遭遇 2ショット写真にファン興奮「笑顔最高です」

山川 穂高 インスタ グラム

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] の時にを始め 、「首里マリナーズ」に所属。 時代は、が名誉監督を務める硬式の「チームSOLA沖縄」(現・大矢ベースボールクラブ)でプレー。 として全国大会出場経験がある。 1学年下にがいた。 なお、中学校ではに所属していた。 では主に一塁手、外野手として出場し、2年生秋から4番打者を務めた。 3年夏は沖縄大会決勝に進出。 この試合では2安打を放つ活躍を見せたが、チームは2年生エースのを擁する(この翌年には春夏連覇)に2-4で敗れた。 甲子園出場経験はなく、高校通算27本塁打。 2学年下には富士大学、埼玉西武ライオンズでもチームメイトとなるがいた。 では1年生の春から4番を務め 、・秋季リーグでは打点王を獲得した。 2年生時に第38回の日本代表に選ばれ、第1戦で満塁本塁打を放った。 3年生時には11月開幕のの日本代表に選ばれた。 大学4年生時の春季リーグではのベストナインを獲得した。 なお、5月26日の対戦では推定飛距離140メートルの本塁打を放っている。 6月に第39回日米大学野球選手権大会の日本代表候補に選出されたが 、最終メンバーからは外れた。 10月に行われたでは大学生で唯一に選ばれて4番を務め、戦で満塁本塁打を放った。 大学リーグ通算成績は78試合出場、11本塁打、55打点、打率. 304。 ドラフト後の10月27日に行われた、第5回明治神宮野球大会東北地区大学野球代表決定戦の準決勝・対戦で本塁打2本を放った。 チームは決勝で八戸学院大学に敗れたが、自身は大会の敢闘賞を受賞した。 2013年10月24日に行われたでに2位で指名され 、契約金7,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。 同大学からは4人目のプロ入りで、野手では初となった。 西武時代 [ ] 6月21日の対戦にて5番・指名打者でプロ初先発・初出場し、初打席は四球だった。 その後7試合15打数無安打3四球で迎えた8試合目、9月15日の対戦でプロ初安打となる本塁打を放った。 二軍では5月度の月間MVPに選ばれた(同月全17試合に出場、7本塁打21打点、打率. 344)。 7月17日に行われたに4番・一塁手で先発出場、2点本塁打を含む3打数2安打1四球の成績で優秀選手賞を受賞した。 このとき、同じく優秀選手賞を受賞した()とMVPを受賞した()の3人ともが体重100kgを超える巨漢だったことが話題になった。 二軍通算では21本塁打を放っての最多本塁打者になり、打点部門でもリーグ2位(62打点)だったほか、選定の新人賞を受賞した。 4月28日に同チームの、と共に「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜に選出された。 6月29日に行われたこの試合では、4番・一塁手で先発出場し、第1打席で2点本塁打を放った。 、3月25日のとの開幕戦では7番・一塁手で先発出場し、4打数無安打だった。 この年、8月19日の対戦では2打席連続本塁打を放つと、21日の対ロッテ戦、9月20日の対オリックス戦でも2打席連続本塁打を記録した。 またこの年、自身初の2桁本塁打を記録した。 二軍では64試合に出場して22本塁打を放ち、二度目のイースタン・リーグ最多本塁打者賞を受賞した。 、開幕一軍入りを果たすも打率. 111と成績を残せず、5月1日に登録抹消。 二軍戦で打率. 312、8本塁打と調子を上げ、7月8日に一軍登録。 8月2日の楽天戦で3打席連続の本塁打を記録した。 8月は全27試合に先発出場して9本塁打、28打点、64塁打、20四球、長打率. 696、出塁率. 451と6部門で月間リーグトップを記録し、自身初のを獲得した。 続く9、10月も全25試合に出場しリーグトップの10本塁打、19得点、68塁打、長打率. 739を記録し、パ・リーグ史上3人目、ライオンズの選手としては初となる野手での2ヶ月連続月間MVP受賞を達成した。 8月以降はクリーンナップ、9月以降は4番に定着し、打撃面で自己最高の成績を残した。 オフの10月12日にオーバーエイジ枠でのに選出された。 は開幕から4番を担当。 4月は全24試合に出場し、11本塁打、33打点とリーグトップの成績を記録。 4月の月間MVPを受賞し、前年から3ヶ月連続の受賞となった。 9月にはリーグではチームメイトの以来7年ぶり、自身初のシーズン40本塁打を達成すると、最終的には平成生まれ最多(2018年シーズン終了時点)となる47本塁打を記録して本塁打王に輝き、更には同僚のに敗れはしたものの最後まで打点王争いを繰り広げて閉幕を迎えた。 自身初となるベストナインを受賞。 さらに、258票中148票の1位投票を得てパ・リーグの最優秀選手に選出された。 シーズン打率2割台での最優秀選手(シーズンMVP)選出は1989年の以来29年ぶり。 も開幕から4番として起用される。 3月・4月では全試合に4番として出場し、本塁打・打点・塁打・長打率の4部門でリーグトップに立ち、昨年の9月・10月度に続き5度目の月間MVPに選出された。 5月12日の戦でから本塁打を放ち、100号本塁打を達成した。 通算321試合目での100号到達は、1987年のの351試合を上回る日本人史上最速記録。 外国人を含めるとと並ぶ6位タイの早さだった。 5月21日にで行われた福岡ソフトバンクホークス戦でから凱旋本塁打を放った。 翌シーズンより背番号を「3」に変更することが球団より発表された。 選手としての特徴 [ ] 入団当時108kg 、1年目のオフで103kgもあった巨漢選手。 チームメイトであると体型が似通っているため、一部のファンから(中村の愛称にちなんで)「おかわり2世」の愛称で呼ばれている。 自身も大学1年生の時から中村の打撃フォームをインターネット上の動画を見て研究しており 、中村を最も尊敬している。 また地元沖縄の豚にちなむ「」も愛称となっている。 大学生時代において50メートル走のタイムは6秒2である。 また、プロ入り時の検査で、右の握力は83kg(ベストは87kg)を記録した。 人物 [ ] 大学生時代からピアノを趣味としている。 幼稚園の頃に始めた書道は8段。 チームメイトで同期入団のとは仲が良く、自分より歳下ながら「おい、」などと呼ばれよくからかわれている。 女性芸人のに似ていると自他共に認めており、2018年シーズンにはホームラン後にゆりやんレトリィバァの「調子乗っちゃって」パフォーマンスを見せていた。 またのにも似ていると言われており、2019年には「どすこい」パフォーマンスを行っている。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 14 34 30 3 3 0 0 2 9 3 0 0 0 0 4 0 0 10 0. 100. 206. 300. 506 1 1 1 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1. 000 1. 000 1. 000 2. 000 49 157 139 24 36 4 0 14 82 32 0 0 2 0 15 0 1 36 1. 259. 335. 590. 925 78 293 242 46 72 19 0 23 160 61 0 1 0 0 46 1 5 72 7. 298. 420. 661 1. 081 143 647 541 115 152 24 1 47 319 124 0 0 0 2 88 2 16 138 5. 281. 396. 590. 985 143 626 524 93 134 20 0 43 283 120 1 0 0 3 86 8 13 142 13. 256. 372. 540. 912 :6年 428 1758 1477 281 398 67 1 129 854 341 1 1 2 5 239 11 35 398 26. 269. 383. 578. 961• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2014 西武 1 2 0 0 0 1. 000 7 2 3 0 1 1. 000 2016 41 304 20 5 37. 985 - 2017 66 568 39 5 48. 992 - 2018 142 1288 110 14 133. 990 - 2019 142 1303 86 8 120. 994 - 通算 392 3465 255 28 338. 993 7 2 3 0 1 1. 000• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ]• : 2回(2018年、2019年) 表彰 [ ]• :1回(2018年)• :2回 (一塁手部門:2018年、2019年)• :5回 (野手部門:2017年8月、9月、2018年3月・4月、9月・10月、2019年3月・4月)• 最多本塁打者賞:2回 (2014年、2016年)• ファーム新人賞 (2014年)• :1回 (2014年5月)• 優秀選手賞:1回 (2014年)• :1回 (2018年)• 敢闘選手賞:1回(第1戦) 記録 [ ]• 初出場・初先発出場:2014年6月21日、対3回戦()、5番・で先発出場• 初打席:同上、1回表にから四球• 初安打・初打点・初本塁打:2014年9月15日、対21回戦()、2回裏にから中越ソロ• 初盗塁:2019年8月17日、対18回戦()、2回表に二盗(投手・、捕手・) 節目の記録• 100本塁打:2019年5月12日、対8回戦()、3回表にから左越2ラン その他の記録• 出場:2回(、) 背番号 [ ]• 33(2014年 - 2019年)• 3(2020年 - ) 登場曲 [ ]• 「(エイサー・バージョン)」 (2014年 - 、2017年シーズン途中は奇数打席のみ)• 「ダイナミック琉球」(2017年シーズン途中、第2打席) 代表歴 [ ]• 2011年日米大学野球選手権大会日本代表• 関連情報 [ ] 出演 [ ] 映画 [ ]• (沖縄限定) 脚注 [ ] []• 日刊スポーツ. 2018年12月26日閲覧。 富士大学 地域経済マーケ天狗の森 [ ]• 高校野球ドットコム. 2018年8月26日閲覧。 別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2014 宝島社 33頁• 、 公益財団法人 全日本大学野球連盟• 日刊スポーツ 2012年11月26日掲載• 富士大学硬式野球部• 日刊スポーツ 2013年5月27日紙面から• 日刊スポーツ 2013年6月7日掲載• 公益財団法人 全日本大学野球連盟• 南東北大学野球連盟公式サイト• 南東北大学野球連盟公式サイト• 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2013年10月24日配信• 日刊スポーツ 2014年6月21日掲載• 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト• 日刊スポーツ 2014年9月15日掲載• 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト• NPB. jp 日本野球機構• NPB. jp 日本野球機構• com. 2019年11月12日閲覧。 Full-Count. 2019年7月11日. 2019年11月12日閲覧。 、 NPB. jp 日本野球機構• 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年4月28日配信• NPB. jp 日本野球機構• 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト• 、、 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト• 、 NPB. jp 日本野球機構• スポニチ Sponichi Annex. 2017年8月2日. 2017年8月2日閲覧。 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2017年9月7日配信• NPB公式サイト]• 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト 2017年10月12日 2017年10月22日閲覧• 日刊スポーツ. 2018年5月9日. 2018年6月3日閲覧。 Full-Count 2018年11月27日• 2019年5月15日閲覧。 日刊スポーツ 2019年5月21日• 日刊スポーツ 2019年5月12日掲載• スポーツ報知 2019年5月13日掲載• スポニチ Sponichi Annex 2014年11月25日掲載• 日刊スポーツ 2014年1月28日• 日刊スポーツ 2017年4月17日• 日刊スポーツ 2013年12月14日紙面から• spread 2020年4月14日 2020年4月16日閲覧• 西日本スポーツ. 西日本新聞社 2018年12月3日. 2019年1月6日閲覧。 BASEBALL KING 2014年11月26日. 2017年9月7日閲覧。 2018年6月21日. 2018年8月10日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、• - 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト• hotamyon3 -.

次の