帯状 疱疹 治療。 帯状疱疹後神経痛の治療方法は? 痛みの緩和が主目標|中高年の健康管理 老化防止対策 の最新情報

帯状疱疹・原因・症状・治療薬一覧

帯状 疱疹 治療

帯状疱疹の治療時の食事について 帯状疱疹において大切なことは免疫力を高めることと、 栄養を摂って体を健康に保つことになります。 その中で 食事は重要なファクターとなるのです。 特におすすめするのは抗菌作用・解毒作用・鎮痛作用がある生姜や疲労回復効果があるネギ、細胞が老化してしまうことを防ぐ抗酸化作用がある大根などでしょう。 特に生姜は血行促進や免疫力向上と言った効果もあるので帯状疱疹が出てしまった場合に一番効果がある食べ物と言えます。 それ以外には 梅干し・鶏肉・長いも・トマト・白菜・ブロッコリー・納豆といったものも該当しますので、食事にうまく取り入れて免疫力向上と体力回復及び栄養補給を行いましょう。 病院に行くべき? 基本的に 帯状疱疹の発症が確認された場合は病院に行くことが大切になります。 早めに症状に気が付いて抗ウイルス薬を用意してもらえれば症状の悪化を抑えることができるので早めに回復することができるようになります。 一般的に 病院にいくなら皮膚科を受診するようにしてください。 帯状疱疹は早く治療すれば楽に治る病気なので放置するのが一番やってはいけない行いと言えます。 仮に発疹が頭や顔に出た場合は目に影響を及ぼすことがあるので、 この時は皮膚科以外に眼科にも行く必要があります。 さらに症状が悪化して後遺症が残ってしまった場合、難聴などの耳の症状が出ることもあるのでその時は耳鼻科に行くようにしましょう。 どんな薬が使われる? 帯状疱疹の治療で用いられる薬は抗ウイルス薬のファムビル錠・ゾビラックス錠・バルトレックス錠・ビダラビン軟膏などがありますが、 軽症の場合は内服薬や塗り薬で充分治療ができます。 重症の場合は点滴治療が追加されるでしょう。 基本的にこれらの塗り薬や内服薬はウイルスの増殖を抑えるためのものでウイルスを死滅させる薬ではありません。 また痛みがひどい場合は非ステロイド性抗炎症薬のような鎮痛剤も処方されることになります。 点滴を行うこともある? 症状が軽い場合は基本塗り薬や内服薬で治すことができるのですが、 症状が重い場合は点滴による点滴注射を行うことがあります。 点滴を行うさいには外来で行われることもありますが、入院したうえで行うこともあります。 一刻も早く症状から解放されたい場合は即効性が高い点滴治療がおすすめとなっているので、なかなか通院できない人には良いかもしれません。 治療の流れと期間 点滴を受けるか否かで治療の流れと期間が変わってきますが、 基本は投薬治療と塗り薬になりますのでそちらの流れを説明します。 発症してから病院を受診して帯状疱疹であると診断された場合、抗ヘルペスウイルス薬を処方されることになるので、 この薬を指示された量を塗るか飲むかしてもらいます。 そうするとだいたい 2~3日ぐらいで効果が出始めてウイルスの増殖が止まります。 あとは 定められた期間薬を飲み続ければ症状は治まるでしょう。 このように効果を発揮するまで間があるので、効いてないと自己判断しないで必ず医師の指示に従って服用を続けてください。 それ以外にも生活習慣の改善なども促されることがあると思いますが、免疫力の低下は回復力の低下を招いて症状がなかなか治らなくなってしまうのでその指示にも従うようにしてください。 治療費の目安 帯状疱疹の治療費は場所や病院でかなり変わっているので目安程度にしか説明できませんが、 点滴を行った場合は診察代こみでだいたい3,000~4,000円、 薬は一週間分でだいたい5,000~8,000円となるでしょう。 薬はジェネリックにできるかどうかで料金も変わってきますが、処方された薬次第でも料金が変わってくるので一概には言えませんが他の人たちの意見を統括するとだいたいこのような形になると思います。 Sponsored Link しかしこれに帯状疱疹の再発予防として水痘ワクチンを加えた場合保険が適用できないので、プラス1万円ぐらいの費用がかかってしまうようです。 帯状疱疹で家にいる時は安静にしておくことが大切? 帯状疱疹は免疫力が低下することで発症しやすくなり、症状も重くなるので安静にしておくのが良いのですが、治るまで時間がかかるケースも多いのでずっと安静にしておくことは難しいでしょう。 体を温めて血行が促進されることで痛みが和らぐタイプなのがこの帯状疱疹ですので、自宅で安静にする方々は体を温めるような状況を作ると良いでしょう。 夏場においては冷房で冷えた部屋で冷たいものをたくさん摂取すると痛みが増加す可能性もありますので注意しましょう。 治療中は仕事を休むべき? 世界には様々な病気があふれていますが、病気になった際に一番気になるのが学校や仕事に行ってもいいのかどうかですよね。 もし感染力が高い病気であるならば、会社からストップがかかる可能性もあります。 帯状疱疹の場合は自己判断で休むかどうか判断する必要があるため、症状がひどい場合は休むようにしましょう。 また、営業とかで顔を良く見せる必要がある人は顔に帯状疱疹ができた場合は人に会うこともできないので会社からストップがかかることになるかもしれません 休めるなら休んだほうがいいですが、どうしても会社に出てくださいと言われてしまったら出るしかないでしょう。 帯状疱疹の症状について 帯状疱疹の症状は、最初のうちはピリピリとかチクチクするような痛みが発生します。 これは発疹が出る数日前から感じ始めるものなので、何らかの違和感を感じるようになるのです。 この痛みを感じた部位に発疹が起こるのですが、この段階で帯状疱疹と気づくのは患者でも医者でもかなり難しいようです。 痛みが発生してから数日が経過すると痛みがひどくなって発疹が出始めます。 痛みの段階では気が付かない人でも具体的に発疹の症状が出始めると「自分の体に何かが起きている」と感じるようになるので、多くの人が病院を受診することになります。 そこからさらに時が経過すると神経に沿って帯状に発疹がでてきます。 こうなると 痛みが非常にひどくなり夜眠るのも困難なほどになってしまうでしょう。 再発する原因と予防法 帯状疱疹は100人に1人は再発する可能性があるので、再発予防には気を付けたほうがいいでしょう。 再発する原因も基本的には同じ水痘帯状疱疹ウイルスで、 免疫力が低下すると発症してしまいます。 ただし、 基本的には2年ぐらいは水痘帯状疱疹ウイルスに対しての免疫を持った状態をキープできるので発症しません。 それ以降は免疫力が低下してしまうと再発してしまうこともあるでしょう。 また、免疫抑制薬を投与中であったり後天性免疫不全症候群(AIDS)や骨髄疾患などの治療を行っている状態だと2年以内に再発する可能性もあるので気を付けてくださいね。 帯状疱疹につきましては次のページも参考にしてください。 帯状疱疹の治療につきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 最後に 以上、いかがだったでしょうか? 今回は帯状疱疹の治療法と期間や費用についてお伝えしました。 帯状疱疹は早期治療を行えば早くく治すことができるので、発疹と痛みといった症状が出たならば早めに病院に行くことをおすすめします。 しかし、最も大切なことは発症しないことなので免疫力が低下しないような生活を送るようにするのが大切になってくるでしょう。 発症してしまうとかなりしんどい思いをしてしまうので、そうならないためにも健康な体を維持していきましょう! カテゴリー•

次の

帯状疱疹の治療方法、期間は?受診は何科?仕事や日常生活で気をつけること

帯状 疱疹 治療

「 帯状疱疹になると、どのくらいの期間治療しなきゃいけないの??」 前回記事でも紹介した私の友人ですが、長い期間、帯状疱疹と闘っていました。 実際、いつまで治療が必要なのか気になるところだと思います。 そこで… 帯状疱疹の治療期間 はどのくらいなのかをリサーチしました!大体の治る目安がわかれば、精神的にも安心できますよね。 また、対処が早ければ、なんと治療期間を短縮することができるのです!その対処についても一緒に見ていきましょう。 それでは、 帯状疱疹 の 治療 期間についてお伝えしていきますね。 スポンサードリンク 目次• それは、 薬を服用すること!帯状疱疹は薬を服用しなくても自然に治癒するものですが、治るスピードは断然違うんですよ。 薬を服用すると、どのくらいの治療期間になるかというと・・・なんと、 7〜10日程度 に短縮されます。 症状が酷くならずに済むため、体への負担が少なくなります。 ただし、薬が効果を発揮するために、 発疹が出てから3日以内に服用することが推奨されています。 薬を服用しない場合だと、治るまで3週間〜1か月程度もかかるため、早い段階で治療を受けることが大切です。 薬で早く治療することで肌に跡が残ったり、重症化することを防ぐこともできます。 帯状疱疹を早期に治療する重要性について、分かりやすい動画があるので、下記もご参照くださいませ。 帯状疱疹の治療には、どのような薬を服用することになるのでしょうか?続いて、帯状疱疹の治療薬についてお伝えしていきますね。 抗ヘルペスウイルス薬は主に「 ファムビル」と「 バルトレックス」という薬が使われます。 これらの薬はウイルスを殺す薬ではなく、 ウイルスの増殖を抑える薬です。 効果が現れるまでに、2日ほどかかります。 そのため、服薬してすぐに効果を感じないからといって、自己判断で薬を止めたり増やしたりすることがないようにしましょうね。 これらの薬は、インフルエンザのタミフルやリレンザといった薬のように、ウイルスが増殖している最中に飲まないと効果が出ないのが特徴。 ウイルスの増殖を抑えることが目的の薬なので、早ければ早い方がいいです。 発疹が現われてから 3日以内に服薬を始めることで、高い治療効果が期待できます。 5日を過ぎると治療効果は、期待できなくなってしまうので、早めに病院を受診しましょうね! 上記でご紹介しているファムビルとバルトレックスですが、この2種類の薬にはそれぞれちょっとした違いがあります。 続いて、その違いについてもご紹介したいと思います。 それぞれの薬の特徴をご紹介していきますね。 <帯状疱疹の治療期間はコレ!> 帯状疱疹の治療期間は、 3週間〜1か月程度 薬を服薬すると、 7〜10日程度 に短縮される! 薬の服用が効果的なのは、どんなに遅くとも発疹が出てから 5日以内。 帯状疱疹の症状が重症化しないためにも、「 3日以内の服薬」が勧められています。 症状が悪化すると、夜も眠れないくらい激しい痛みを伴うこともあります。 そうならないように、皮膚の状態が少しでもおかしいと感じたら、早い段階で 皮膚科を受診しましょうね!.

次の

帯状疱疹の治療に使われる薬の種類と服用期間

帯状 疱疹 治療

どんな病気も早期発見と早期治療が重要になります。 とくに帯状疱疹の場合、後遺症を残さないためにも、症状に気づいたらすぐに受診することが大切です。 頭や顔を含めた体の左右どちらかにピリピリした痛みを感じたり、コリのような違和感があったら、もうその時点で帯状疱疹を疑ってもいいでしょう。 普通は、痛みが日を追うごとに増してきて、赤い発疹が出てきたら完全に帯状疱疹と思って、まず間違いありません。 赤い発疹がしだいに水疱になります。 病院でも水疱が出なければ、確定診断をするのは難しいといいます。 特徴的な痛みに気づいたら、病院でその症状を伝えましょう。 早い段階から治療を始めることで、症状の進行を止めることができます。 「もう1日様子を見て…」なんて思っていると、重症化してしまうかもしれませんよ。 私の父親のちょっと恥ずかしい話をしたいと思います。 以前、留学する私に付き添うため、母が2週間ほど家を留守にしたことがありました。 まともな料理も作れず、外食も嫌いな父はスーパーで買ってきたお惣菜で毎日の食事を済ませていたようです。 あるとき、お腹の部分にチクチクした痛みを感じ、病院に行ったところ下された診断は帯状疱疹! 「ちゃんと、ご飯食べてますか?」こう聞かれたといいます。 仕事が忙しくて体力が落ち気味だったうえに、しっかりと栄養が取れていなかったみたいですね。 幸い症状は軽かったのですが、その連絡を受けて、母は慌てて帰国したのでした…。 あとから、その話を聞いた私は、バランスのいい食事も帯状疱疹を予防することを改めて知りました。

次の