断る 類語。 「断る」に関連した英語例文の一覧と使い方

「断る」の意味とは?・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

断る 類語

遠慮させていただきますの使い方3選!敬語やビジネスメール例文は? 「遠慮させていただきます」の意味は? 「遠慮させていただきます」の意味は、何かに参加することを断るといったような「断り」の意思を意味します。 主に相手の方から何かを誘われたときに、ソフトかつ丁寧に断る言い回しとしてよく使われる表現です。 「遠慮させていただきます」のほか、断りの意思を表明する言葉としては「お断りさせていただきます」や「辞退させていただきます」といった類語があります。 今回は類語の使い方や例文などもご紹介していきます。 「遠慮させていただきます」は断り方として正しい敬語? 「遠慮させていただきます」は敬語として正しい表現です。 遠慮という単語に「させていただきます」という丁寧な敬語表現をつけているので、目上の方にも使える表現となります。 失礼な表現なく断りの意思を相手の方に伝えるときに便利なので、覚えておくと良いでしょう。 「遠慮させていただきます」の別の丁寧な表現として、「遠慮させていただきたく存じます」や「遠慮させていただきます」といった表現方法もあります。 状況や相手との関係などに合わせて、言い回しを変えていくと良いでしょう。 参加できない旨をソフトに相手の方に伝えたいときなどに、よく使われる断り方になります。 例えばゴルフに誘われたときや、パーティーに誘われたとき、何かの勉強会に誘われたときなどの断り方に使える表現でしょう。 口語でも使うことはありますが、主にメールなどの文章でよく使います。 身内の方が亡くなるなどで年賀状を出せない、返事を書けないといったときに「年賀状は遠慮させていただきます」といった表現で年賀状を辞退する断り方をします。 年賀状を辞退するときは、年末の年賀状を投函する前のタイミングで年賀状辞退のお知らせを相手の方に送っておきます。 年賀状を辞退された方は、寒中見舞いなどの形にして年賀状に代わるハガキを投函するなどします。 その場合は行動をやめるのは自分ではなく相手の方なので、言い方が「ご遠慮ください」といった断り方です。 事前に連絡なく訪問するのをやめてほしいときは、「事前にご連絡いただくことなくご訪問いただくことは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。 」などといった使い方をします。 ・この度は起業〇周年記念パーティーにお誘いいただき、まことにありがとうございます。 誠に申し訳ありませんが、〇月〇日は予定がございますので、参加を遠慮させていただきます。 何かの集まりやイベントに誘われたとき、出席できない場合に「遠慮させていただきます」のフレーズを使ってお断りします。 遠慮させていただく、という表現を使うと相手の誘いを断るときにソフトな印象になるので、相手の印象を悪くする度合を低くすることが可能です。 何かを断るときに柔らかい印象を与えたい場合は、「遠慮させていただきます」という表現がおすすめです。 遠慮という単語を使うことで「出席できなくて申し訳ない」というニュアンスを込めることができます。 ・誠に勝手ながらお電話でのお問い合わせには対応いたしかねます。 お電話でのお問い合わせはご遠慮いただければ幸いでございます。 「ご遠慮ください」という表現にすると、相手に対して特定の行動をやめてもらう表現になります。 こういう行動をやめてほしいという意思を、丁寧に伝えるときに便利な表現なので覚えておくと良いでしょう。 相手に対して行動をやめてほしいときも、「遠慮」という単語を使うことでやや柔らかい印象を与えることができます。 「こちらの都合で申し訳ないけど、そういった行動はやめてほしい」といったニュアンスになるので受け手の印象もソフトになります。 また、下記の記事は「頑張ります」の敬語表現について書かれた記事です。 そのほか「頑張る」の丁寧語や精進、尽力いたしますといった類語、メールの文例などについても紹介されています。 「頑張ります」の敬語表現などについて興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 辞退という単語の意味は、断るという意味なので「遠慮する」「断る」と同義となります。 「辞退させていただきます」という表現は「遠慮させていただきます」という表現よりも、きっぱりと断るというニュアンスです。 「辞退させていただきます」の例文• ・この度はご招待いただきありがとうございます。 誠に申し訳ありませんが、その日は予定がありますので参加を辞退させていただきます。 ・申し訳ありませんが、この度のご依頼は辞退させていただきたく存じます。 断るの丁寧な表現で、「させていただきます」という表現がついていることで謙譲語として使えます。 遠慮させていただくという表現よりも、「辞退させていただきます」同様ややシャープな印象になる表現です。 「お断りさせていただきます」の例文• ・ポストへのチラシの投函はお断りさせていただきます• 「致す」は「する」という単語の丁寧な表現となります。 「致しかねます」は「することができない」という意味で、相手の方に対して断りの意思を表現する表現です。 「致しかねます」の例文• ・お電話での対応は致しかねますのでご了承ください• 口語であまり使われることがない表現ですが、ビジネスメールなどの文章で目上の方のお誘いなどを丁寧に断るときに使われることがあります。 「拝辞させていただきます」の例文• ・この度はご招待いただき誠にありがとうございます。 大変恐縮ではありますが、当日は別件があり出席することができません。 申し訳ありませんが出席を拝辞させていただきたく存じます。 申し出をされたときに辞退する表現のひとつとなります。 遠慮させていただきますという表現よりも、きっぱりと拒否する旨を伝えるニュアンスがあります。 「お受けできません」の例文• ・この度はご提案いただきありがとうございました。 折角のお申し出でございますが、今回のお話はお受けできない運びとなりました。 また、下記の記事は「以後気を付けます」の意味について書かれた記事です。 そのほか「敬語表現」やメールでの丁寧な謝罪の仕方についても紹介されています。 「以後気を付けます」の意味などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の

諸事情によりの例文や使い方と意味とは

断る 類語

「ご辞退」 の意味と使い方 辞退は、「 断る」という意味です。 ただし、古語の「しりぞく」には「へりくだる」・「控え目にする」という意味があり、それゆえ、辞退は主としてへりくだった気持ち(謙遜)で「断る」・「引き下がる」という意味に用いられています。 また、尊敬の接頭語「御」(ご)を冠した ご辞退は、「ご辞退される」・「ご辞退になる」・「ご辞退なさる」などの形で相手や第三者の辞退に敬意を払った言葉遣いになりますが、自分が辞退する場合も 謙譲語として用いることができます。 辞退に限らず一般に「~する」という使い方ができる動作性の漢語名詞では、「御」を冠することで、その動作が及ぶ相手に敬意を示す言葉遣いとなります。 「ご辞退」の場合も、「ご辞退いたします」・「ご辞退申し上げます」などの使い方で、相手に対してへりくだった謙譲表現になります。 漢語名詞が多用されるビジネス文書では、ご辞退は和語の断るを使った「お断りします」・「お断りいたします」などよりもよく用いられる文言です。 「ご辞退」 の例文 例文) この度のご融資のご提案は誠にかたじけなく存じます。 さりながら、事業規模の拡大は時期尚早と判断致しましたので、折角のお話ではございますが ご辞退申し上げます。 例文) 弊社にて調査・検討の結果、製造に不可欠な原材料の内、モリブデンの安定的な入手が困難との結論に至りました。 従いまして、誠に恐縮ではございますが、今回のお申し出は ご辞退致します。 例文) この度の理事にご推挙いただくお話は、誠に光栄の至りに存じます。 しかしながら、昨今は社業ことのほか繁忙につき、理事の重責を全うすることは難しいと思われます。 ご意向に添えず甚だ恐縮ではございますが、謹んで ご辞退させて頂きます。 スポンサードリンク 「ご辞退」 の類語の例文 例文) 陸運業界では、近年、長距離バス・トラックの重大事故が続発したことを受け、乗務員の長時間乗務と健康管理について国交省ならびに警察庁より厳しい指導を受けております。 つきましては、弊社では東京から北東北以北への日帰り運行を お断り致しております。 例文) 長年のご交誼を頂戴しながら、このようなことを申し上げるのは心苦しいのですが、現状では御社との表立った共同事業を お受け致しかねます。 何卒弊社の置かれた立場にご理解を賜りますようお願い申し上げます。 例文) この度は、県道80号延伸工事に係る競争入札へのご指名を賜り、厚く御礼申し上げます。 あいにく弊社におきましては来年6月まで工事予定が決定しておりますので、折角のご指名ではございますが、 拝辞させて頂きます。 例文) 先日はたいへん優れたSP企画をご提案いただき、ありがとうございました。 慎重に検討しました結果、先月の不祥事にて広告を自粛しております関係から、今回のお申し出は ご遠慮することと致しました。 スポンサードリンク.

次の

ビジネスで「断る」敬語は?丁寧な断り方を例文とともに解説!

断る 類語

1 「辞退」「固辞」は、自分にとって光栄なことや、利益になるすすめや依頼などに、なんらかの理由で応じないこと。 また、遠慮して権利や地位の授与を受けないこと。 「固辞」は、その意志が非常に強い場合にいう。 また、「辞退」は、すすめや依頼、あるいはいったん受けた権利や地位の授与を、自分にはふさわしくないとして取り消す場合に多く用いられる。 2 「謝絶」は、失礼にならないように配慮して、申し出に応じられないと伝えること。 3 「断り」は、なんらかの理由で、せっかくのすすめや依頼に応じられないということを、話したり、手紙を書いたりして伝えること。 また、その言葉。 また、「あんな客はもうお断りだ」のように、「願い下げ」「御免」と同じ意でも用いられる。 4 「願い下げ」「御免」は、自分にとって不利益になったり、迷惑に感じたりする依頼に応じない気持ち、態度を表わす。 「御免」は、「願い下げ」にくらべ、その気持ちが非常に強い場合に用いられることが多い。

次の