ドッペルゲンガー アルル。 【★5】ドッペルゲンガーアルル

ぷよぷよクエストについてです。

ドッペルゲンガー アルル

総合評価 【星6】 8. 0点 【星7】 9. 2倍の倍率がかかります。 2倍 5属性で攻撃できない場合にはかかる倍率は下がっていきますが、火力を調整できると思えば完全なデメリットではありません。 スキルを発動すると10秒のカウントダウンがはじまり、その間にタッチしたぷよ13個がプリズムボールに変換されます。 プリズムボールは、 ぷよ消しに巻き込むことでどの属性のキャラでも攻撃できるため、瞬間火力の向上に貢献できます。 また、自身がリーダーの場合には、スキルで変換したプリズムボールを消すことで、容易に最大倍率を出すことが可能です。 倍率が可変なのは完全なデメリットではありませんが、必要な時に最大倍率が出せない可能性があるのはイマイチかもしれません。 また、スキルの必要個数が30個のため、他のスキルと合わせて使う場合には、他のスキルが溜まるのを待たなければいけないこともあるでしょう。 うすやみのDGアルルのスキル リーダースキル 闇まとう幻影【星6】 味方全体の体力を3倍にし、さらに2属性以上の同時攻撃で1属性につき攻撃倍率0. 8倍プラス(最大4. 2倍) 闇まとう幻影 Lv. 2【星7】 味方全体の体力を3. 2倍にし、さらに2属性以上の同時攻撃で1属性につき攻撃倍率1. 05倍プラス(最大5. 2倍) スキル ヴォイドホール【星6】 フィールド内の好きな場所のぷよを5個までプリズムボールにぬりかえる 発動条件:あかぷよを30個消す ヴォイドホール Lv. 2【星7】 フィールド内の好きな場所の色ぷよとハートBOXを13個までプリズムボールにぬりかえる 発動条件:あかぷよを30個消す うすやみのDGアルルの使い道 プリズムボール生成を活かして戦おう うすやみのDG(ドッペルゲンガー)アルルは、高倍率のリーダースキル・自由度の高いプリズムボール変換スキルを持つ強力なカードです。 リーダーの場合、条件クリアのハードルが若干高めではありますが、自身のスキルでプリズムボールを生成すれば、最大倍率を出すこと自体は容易です。 また、、、など、各カードが攻撃する全消しスキルや、チャンスぷよ生成スキルと合わせることでも最大倍率でのダメージを狙えます。 スタメンの場合は、スキルチャージが加速できるカードと合わせて、プリズムボールの生成を回していきましょう。

次の

ドッペルゲンガーアルルのキャラソンを作ってみた [ニコニコあっぷる]

ドッペルゲンガー アルル

概要 ドッペルアルルとはにおけるキャラクターであるが、ここではシリーズにおけるアルルのにも触れる。 (ドッペルゲンガーとは自分とそっくりの姿をした分身。 詳細は当該項目参照。 ) 大別すると初期作品から登場している雑魚敵としてのドッペルまたはドッペルゲンガー、に登場するもう一人のアルルあるいはドッペルゲンガーと自ら名乗る存在、そしてにおけるドッペルアルルである。 余談だが昔の学生語で「ドッペる」と言ったら「」の事である(語源はドッペルゲンガーと同じく「二重」と言う意味の。 英語版は「()」)。 声優はぷよぷよ~んのと同じ。 容姿や服装はぷよぷよ~んでのアルルとほぼ同じだが、対照的な赤紫色のイメージであり表情も違ったものがある。 衣装はアルルと比べて、色の他に僅かな部分が違ってることもある(絵によって変わる部分もある)。 マントは分裂したりしなかったり。 ゲーム中の漫才デモにおける立ち姿はマントが破れたようにも無傷にも見えうる(マントでないものが破れているようにも見える)が、ぷよぷよ~んの設定資料によるとマントが縦に引き裂かれた絵が存在する。 なお、ストーリーは無いがのごちゃまぜでは2種類の衣装で再登場している。 対戦ステージのルールは、なんとこれまでのステージの要素 全部入り。 つまり、おじゃまぷよが1列ずつしか落ちてこない、ちぎりを行うと大幅なタイムロスになる、固ぷよの下に良質の得点ぷよが埋まっている、高所で消去するほど攻撃力が上がる、そしてフィールドの両端が繋がっているというカオスワールドに。 もう何が何やらである。 このステージではおじゃまぷよが 4倍の固ぷよになっているため、この得点でも凶悪な妨害が可能。 元の得点が高過ぎて、連鎖に巻き込んで消去すると攻撃力がオーバーフローを起こしておじゃまぷよを与える数が減ってしまう現象が割と簡単に発生する。 その他のドッペルゲンガー、もしくはアルルに似たキャラクター 雑魚敵としてのドッペルゲンガー アルルに限らずただ相手の姿をコピーする魔物である場合が多い。 アルルと衣装が少し違ったり(MSX2)、利き手が逆だったり(PC98)、全く同じだったり(GG)、色違いで紫だったり(MD・PCE)することもある。 アルルが覚えていない魔法を使うことも。 初登場はMSX2版の「ドッペル」で、ここで登場する場合は他の魔物と同様に先生が生み出した試験用の幻覚ということになる。 MSX2版では装甲スーツを付けておらず普段着で、当時「留年する=ドッペる」という俗語があったことからそれを掛けているらしい。 しかし、PC-98版に登場したザコドッペルケンガーについてはイリュージョンのような説明はされておらず、単にそういう系統の魔物なのかもしれない。 GG版なぞぷよアルルのルーのドッペルゲンガー ラスボスとして初登場。 アルルがようやく完成したカレーを食べようとすると現れ、カレーを巡って本物と争う。 詳しい正体は分からず、リメイクのルルーのルーでは登場しなくなっている。 やさしい方は勝負に勝つとワープの魔法を教えてくれる。 一方、ワルルは名前通り悪い子で、悪事をアルルになすりつけてくる。 おそらくどちらもザコ同様に試験用のイリュージョンだったのかもしれない。 魔導物語はちゃめちゃ期末試験のドッペルゲンガー では、ファントムゾーンに登場する、アルルの分身を名乗る存在。 雑魚敵ではなく、アルルと会話して挑戦してくる。 アルルとうり二つだが肌はやや白く、髪色はやや濃く、目は紫色である。 アルルの衣装の青い部分を紫色にしたような鎧と服を身に着けている。 関連イラスト 関連タグ (版ドッペル) 類似タグ 以下ネタバレ 注意!はちゃめちゃ期末試験、ぷよぷよ〜んの重要なネタバレを含みます。 はちゃめちゃ期末試験 はちゃめちゃ期末試験のドッペルゲンガーは、アルル自身の暗黒面でありそしてアルル自身でもあると自称し、アルルに勝ったら自分が本物のアルルになると宣言する。 しかし、なお実力の弱いアルルが対決にふさわしい存在になれる為にと様々な援助をしてもくれる。 最後の独り言によると、彼女の正体はこの世の全てを定める因果律すなわち運命の糸を紡ぎ続ける存在であるという。 しかし彼女自身も世界という重い鎖につながれており、アルル自身もその選択次第では彼女と同じ道を歩んでしまうというのだ。 彼女はアルルがそのような未来を打ち破ることを願い、そして「アルル・ナジャ・・・私の・・・」と呟いて独り言は途切れ、アルルとの関係は先祖等なのかあるいは似た生涯を送った女神なのか謎のままに退場する。 この設定は商業二次作品のに登場するキャラに引き継がれ、真・魔導年表上でという名が与えられている。 ぷよぷよ~ん ぷよぷよ~んのドッペルアルルはをさらった犯人でピエロの中の人。 コンパイルの最後のボスキャラクターである(ぷよぷよBOXを含めればモードによってなどのキャラが最後となる)。 が手に取った箱の中から急に出現し、サタンを操ったことがOPからうかがえる。 カーバンクルをさらった理由や、サーカスを開こうとしたのはサタン自身かドッペルアルルかなどは明らかではない。 アルルと全く違った技や訴え、真・魔導物語のリリスなどから色々な想像が可能だが、未だその正体は不明。 GB版ぽけっとぷよぷよ~んでは設定とストーリーが違い、彼女の目的は明らかなものとなっている。 のドッペルゲンガーアルル スマホ版ではサービス開始から約1年ほど経った招待報酬としてもらえるカードだった。 現在はぷよポイント交換所で手に入る たびたび出現するがその期間はある程度限られているので注意。 またキャラは1枚しか持てない。 声優はと同じ。 必要ぷよ数は40。 リーダースキルはと同じだがスキルはあの涙目の強さを誇る。 の赤属性に該当するがスキル、リーダースキル共に他の属性と異なっている。 というだけはあるか。 2018年3月初旬ではぷよフェスキャラとして「うすやみのDGアルル」が登場した。 DGはドッペルゲンガーの略である。 必要ぷよ数は30個。 2倍にし、攻撃する属性数が2色から増えるごとに攻撃力が上昇する =1色では効果が起こらない。 2の4. 2の5. この攻撃力上昇はスキル攻撃や追加攻撃も対象に入る。 コンビネーション ナゾ多き、ボス!?、ガールズ リーダースキルはやや癖があるものの、5色で攻撃できることが維持できればあのよりも強力な攻撃になる可能性がある。 スキルに関してはと比べると好きな場所をプリズムボールに変えられる利点があるため、同時消しに巻き込む形になるよう上手く塗り替えれば非常に強力になる。 スキル名のヴォイドホールはぷよぷよ~んの特技で使われていたもの。 懐かしいと思う人もいるのではないだろうか。 関連記事 親記事.

次の

ドッペルゲンガー・アルル

ドッペルゲンガー アルル

・・・はっきり言って想像つきません。 スキルを発動すると チャンスぷよは全部消えてしまうのでしょうか? それとも 消えずに攻撃に加算されるだけなのでしょうか? ちなみにチャンスぷよがないと・・・ スキル発動しません・・・ チャンスぷよ生産デッキで検証してみました。 インキュバス チコ ジャジァーン パノッティ バラバラのデッキですね。。。 結果は、 チャンスぷよは全部消えました。 チャンスぷよは通常1個消しても複数消しても変わりはないので、複数チャンスぷよがある場合は ドッペルゲンガーアルルのスキルを使う方がいいでしょう。 しかし、魔導4倍デッキや初代デッキなどとの組み合わせが難しいです。 スイートアミティとセットで組ませるといいと思います。 ・・・まさか、ドッペルゲンガーアルルのためにスイートアミティ再来を?! ・・・そんな訳は無いとは思いますが。 リーダーにドッペルゲンガーアルル コンビネーション200%発生させ スイートアミティ チコ ジャジァーン あと一人誰かガールズ入れてもいいかもですね。 多色になりますが、チャンスぷよ発生ガールズデッキといったところでしょう。 しかし、星3ピエロは 謎多きのコンビネーションが組めます。 ガールズはのりません。 じゃあボーイズは乗るのか??? 未検証 恐らく星5までいくとガールズ組めると思います。 ちなみに月ぷよ5つでレベルが1〜45まで上がりました。 星3の育成は楽でいいのですが、友達紹介でもらえる限定素材と特殊素材アイスが必要です。 星5にするにはきっとプラスで星4アイス1枚必要になるのかな、と思います。 そう簡単にはドッペルゲンガーアルルは手に入れられないようです・・・.

次の