めっちゃwifi 支払い方法。 口座振替ができるポケットWiFiを比較!思いもよらぬ注意点も

【発見!】審査なしのWiMAXはある?クレジットカードなしでもかんたん申し込み!

めっちゃwifi 支払い方法

Mugen WiFiのメリット データ通信無制限 Mugen WiFiはデータ通信が無制限です。 これは何も珍しいことではありませんね。 ほかのモバイルWi-Fiルーターも「無制限」を謳っていますから。 十分な通信速度 これに関しても他社と同じで、下りが最大150Mbps、上りが最大50Mbpsです。 他社と同じように回線を用意して運営しているから、同じなんです。 ドコモ・au・ソフトバンクの回線を利用しているのでエリアが広い これに関しても、やと同じ。 ドコモ、au、ソフトバンクの回線を利用しているので、エリアが広いです。 月額料金が定額3,280円 Mugen WiFiが唯一他社と比較して誇れるのが月額料金。 若干安くて3,280円です。 他社は3,450円だったり、3,500円だったりするので、少し安いんですよね。 3,500円と比較するなら、その差は月に220円なので、1年では2,640円の差が広がります。 端末代金が0円 端末代金は0円です。 これは他社も同じように無料にしていることが多いので、それに合わせた対応となっているのでしょう。 別途有料だが海外でもそのまま使える Mugen WiFiはルーターをそのまま海外に持っていっても通信を行なうことができます。 国によって1日あたり1,200円~かかりますが、お金に余裕がある人は、海外用レンタルWi-Fiを別に契約する必要がないので楽です。 安心全額返金保証あり Mugen WiFiはほかとは違って、「安心全額返金保証」があります。 ただし、返金してもらうにはいくつか条件があります。 【返金保証について】• フォームからの申込日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をお問い合わせフォームより連絡すること。 返品の「発送日時」が30日以内であること。 Mugen WiFiのご利用が初めてであること。 まず、「全額返金保証」と言っているのに、契約事務手数料は返金の対象になっていない時点で、「全額」ではありませんよね。 嘘を言っていることになります。 また、箱の破損などがあると、それだけで追加費用として20,000円を請求されます。 なぜ20,000円かというと、端末の値段がだいたいそれくらいだからです。 さらに、返却処理手数料というのを別に1,000円(税抜)が請求されます。 追記:なんと契約事務手数料も返金の対象に変わりました。 バッテリーが最大12時間 バッテリーは1日持ちます。 最大5台まで同時接続できる 通信機器を最大5台までつなげられるので、複数人での利用も問題なく行なえます。 Mugen WiFiのデメリット 「端末代42,000円が完全無料」はおおげさ 「端末代42,000円は完全無料!」と書いてありましたが、端末がこんなに高額なのは見たことがありません。 せいぜい19,200円か、それくらい。 「42,000円が無料になった」と聞くとかなりの割引感がありますが、さすがにこれは怪しすぎ。 モバイルWi-Fiサービスの知識がない人をターゲットにしているとしか思えません。 WiMAXの「3日10GB制限」を過度に警戒しすぎている Mugen WiFiのホームページには、3日制限による速度に悩む人のことを「ギガ難民」と表現していますが、WiMAXの3日10GB制限はそこまで悪いものではありません。 たとえ、WiMAXにおいて3日で合計10GB以上使い、速度制限が発生したとして、速度制限がかかる時間は18時~夜中2時にかけてのみ。 要するに、インターネット利用者の多い時間帯だけしか、制限が発生しないのです。 さらに、速度制限されたとしても、YouTubeの標準画質の動画なら見れる程度にしか速度は落ちません。 速度がめちゃめちゃ落ちて、サイトすら開けないような状態にはならないってわけです。 だから、「速度制限」を過剰に恐れるのは全く意味のないことだと覚えておきましょう。 1年未満:30,000円• 1~2年未満:25,000円• 契約更新月:0円• それ以降:9,500円 Mugen WiFiで一番驚いたのが、解約費用。 なんと1年未満で解約すると3万円も取られてしまうのです。 2年以内でも25,000円です。 例えば、3万円近い高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているとくとくBB WiMAXは、1年未満の解約で違約金が19,000円取られますが、それは高額キャッシュバックがあるからこそです。 Mugen WiFiにはそういった還元キャンペーンがないのに、解約費用が異常なほど高いです。 これがMugen WiFiを契約すべきでない一番の理由です。 Mugen WiFiの解約違約金の内容が非常によくなりました。 【解約費用について】• 1年未満:9,000円(税抜)• 1~2年未満:5,000円(税抜)• 契約更新月以降:0円(税抜) 変更点の1つは、違約金の金額が他社と比べても非常に安くなったこと。 2つ目は 契約更新月以降の違約金が0円(無料)になったことです。 通常、月額料金を安くしている業者は解約しにくくなるように、契約更新月以降も縛りを設け、違約金が発生するようにしています。 しかしMugen WiFiは2年目以降の違約金を撤廃し、いつでも自由に解約できるようにしてくれました。 これはかなり評価できます。 これはどこも同じなので仕方のないことです。 しかし、なぜかMugen WiFiは事務手数料で3,000円かかり、さらに初期設定費用でも3,000円かかります。 要するに、合計6,000円の初期費用がかかってしまうのです。 これは謎過ぎます。 私のように知識がある者からすると、不可解です。 初期費用が事務手数料3,000円のみになりました。 これが普通です。 いままでのMugen WiFiが不可解だっただけ。 この改善は特に評価できることではありません。 まとめ Mugen WiFiは月額料金が3,280円と、他社よりも安く設定されており、魅力的に感じていた人もいるかもしれません。 しかし、ほかの部分に注目してみると、解約費用が高額だったり、初期費用が無駄にかかったりと、非常にリスクが高いことがわかりました。 ほかのサイトでMugen WiFiをおすすめしていることがありますが、そういったサイトはデメリットを隠しており、親切ではありません。 何が正しいのかを自分で判断し、不利な契約はしないように注意しましょう。 Mugen WiFiの解約違約金が最大9,000円まで下げられたこと、2年以降の違約金が0円(無料)になったこと、初期費用が事務手数料3,000円のみとまともになったこと、「安心全額返金保証」に事務手数料3,000円も加わったことから、相当条件が良くなりました。 このように改善されたのは、おそらく苦情が多かったからではないでしょうか?でないとここまでまともな価格に変わることはないと思います。 ただ、こうして柔軟に対応した点については評価できると感じました。 月額料金の安さなどメリットはそのままに、デメリットが一気に消えてこれ以上安いモバイルWi-Fiサービスは今のところないです。 端末が少し大きいところは気になりますが、コスパ重視でWi-Fiルーターを契約したい人はMugen WiFiが最適です。 ここまで条件が良くなったことには正直驚きました。 安さ重視でWiMAXを契約するなら、GMOとくとくBB(キャッシュバック)が断然おすすめです。 こちらはキャッシュバックキャンペーンより3年間合計の費用が多少高いですが、何の手続きもなしに毎月の費用が安くなります。 キャッシュバックキャンペーンの受け取り手続きを忘れてしまいそうな人は、月額割引キャンペーンのほうで契約しましょう。 違約金は1年以内なら1,000円、それ以降は無料になります。 いつでも気軽に解約できる点は大きな魅力です。

次の

どんなときもWiFiの支払い方法は何がお得?3つの支払い方法の違いを解説!

めっちゃwifi 支払い方法

「めっちゃWiFiってどんなポケットWiFi?」 「めっちゃWiFiって他のポケットWiFiに比べてどう違うの?」 など疑問に思われていませんか? めっちゃWiFiは容量無制限のポケットWiFiをずっと月額3,480円の定額で使えるサービスです。 ただ他の容量無制限のポケットWiFiと比べると、「ココが良い!」という大きなメリットもなく、 正直に言うとあまりおすすめはできません。 容量無制限のポケットWiFiであればMugenWiFiがおすすめです。 30日間お試し利用もできますし、月額料金や解約金も安く、安心して使うことができます! この記事では、めっちゃWiFiのメリット、デメリット、おすすめできない理由を誰にでもわかるように簡単に説明していきます。 また、最近容量無制限のポケットWiFiがたくさん出てきていますが、そっちも気になるという人のために、容量無制限の他社ポケットWiFiとも比較して情報をまとめてみました。 この記事を参考に、最適なポケットWiFiを選んで、快適にインターネットが使えるようにしましょう。 最安値保証WiFiが今ベストな理由• 申込から最短即日発送で、すぐにでも利用ができるから• 契約期間の縛りがなく、無料で解約ができるのでリスクが少ないから• 初期費用も0円なので、気軽に契約できるから• 月額料金も3,280円と最安級だから• 月に利用できるデータ量が「100GB」と明記されて安心して利用できるから• 契約期間の縛りが無いので、テレワークや在宅勤務の短い期間だけの利用ということもできるから 最安値保証WiFiは「契約期間の縛りが無い」「無料解約」「初期費用0円」「月額料金も安い」「データ量も明確」とおすすめできる要素が詰まったポケットWiFiです。 はじめてポケットWiFiサービスを利用する人や、短期間だけでの利用がしたい人も解約金や違約金といったリスクなく気軽に利用することができます。 もし今後めっちゃWiFiのサービスが再開したとしても、最安値保証WiFiのほうがおすすめできる要素が多いので、是非検討してみてください。 \ おすすめNo1 契約金・解約金0円/ 1.そもそもめっちゃWiFiって何? めっちゃWiFiってそもそも何?という人もいると思うので、ざっくりとめっちゃWiFiについて見ていきましょう。 めっちゃWiFiの基本情報 まずはの基本情報を確認しましょう。 以下に初期費用や月額料金、端末や通信速度などまとめて表にしてみました。 なんといっても容量無制限で、月額料金が永年一定の3,480円なのが大きな特徴でしょう。 2年以上使えば解約金も一切かからないので、好きなタイミングで解約することができるのもいいですよね。 他社では更新月以外では解約金が約9,800円ほどかかることが多いので、「ある程度使ったら好きなタイミングで解約したい」という人にはめっちゃWiFiはおすすめです。 運営会社情報 めっちゃWiFiは、スマモバ(SMART MOBILE PHONE)という主に格安SIMのレンタルサービスを提供している会社のWiFiサービスです。 運営会社であるスマモバの基本的な情報を以下の表にまとめてみました。 2.ここはお得!めっちゃWiFiのたったひとつのメリット めっちゃWiFiのたったひとつのメリットは、 端末が故障したときの交換代が安いということです。 他社のポケットWiFiサービスに比べると、1万円以上も違ってきます。 他社では、いざという時のための補償オプションあり、補償に入っていれば無償で端末を交換することができます。 ただし、端末を交換する必要がなかった場合、オプション費用分料金が高くなってしまうので、オプションに入るのはおすすめしません。 はもともと端末の交換代が安いので、端末が壊れるのが心配という人にとっては安心して申し込むことができるでしょう。 3.ここには注意して!めっちゃWiFiの2つのデメリット ざっくりとめっちゃWiFiの基本情報をお伝えしました。 ここからはめっちゃWiFiについて詳しく見ていきましょう。 まずは、めっちゃWiFiの2つのデメリットを他のポケットWiFiサービスと比較しつつ紹介していきます。 2年間の総額費用が高い• 解約金がそれほど安くない それぞれ見ていきましょう。 デメリット1.2年間の総額費用が高い めっちゃWiFiは同じような容量無制限のポケットWiFiサービスと比較すると、 2年間の総額費用が一番高いです。 月額料金はどんなときもWiFiと変わりませんが、初期費用やキャンペーンなどを考慮すると、めっちゃWiFiの2年間総額費用は高くなります。 少しでも安い料金で容量無制限のポケットWiFiを利用したいという人は、別のポケットWiFiを検討するようにしましょう。 端末補償を考慮しても、実はめっちゃWiFiは高い、、、 他社で端末補償に入ったことを考慮しても、めっちゃWiFiの2年間の合計費用は高くなります。 めっちゃWiFiを利用するよりも、 「」や「」で、端末補償オプションもつけた上で申し込みをする方が安くなります。 端末の故障が心配という人も、他社で端末補償オプションをつけて利用することを検討しましょう。 デメリット2.解約金がそれほど安くない めっちゃWiFiの解約金は、高くはないですが、それほど安くもないです。 2年以内に解約すると9,800円かかりますが、2年以降であれば解約金はかかりません。 ただMugenWiFiと比べると、 1年以内に解約した場合も、2年以内に解約した場合も、解約金は高くなります。 それほど高いわけではありませんが、どうせなら少しでも安い方がいいですよね。 解約金はなるべく安い方がいいという人は、別のポケットWiFiを検討するようにしましょう。 4.結論!めっちゃWiFiはおすすめできない めっちゃWiFiは以下の3つの理由からおすすめできません。 他社のポケットWiFiに比べて良いところがほとんどない• 2年間の総額が高い• 解約金もそれほど安くない めっちゃWiFiは決して悪いサービスではありませんが、 他の容量無制限のポケットWiFiに比べて良いところがほとんどありません。 また、めっちゃWiFiで使っている機種の性能は、他の容量無制限のポケットWiFiとほとんど一緒です。 あえてめっちゃWiFiを使う理由はないので、より安く利用できる容量無制限のポケットWiFiを検討するようにしましょう。 5.めっちゃWiFiよりもMugen WiFiおすすめ どんなときもWiFiが自分には合わないという人には、をおすすめします。 容量無制限のMugen WiFiをおすすめする理由は以下の通りです。 返金保証の条件 以下の1~3の条件を全て満たしていること。 申し込み日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をより連絡すること。 返品の「発送日時」が30日以内であること。 例 申し込みが10月1日 PM1:00の場合、保証対象:10月30日 PM7:00の発送 、保証不可:10月31日 AM7:00の発送• Mugen WiFiの利用が初めてであること。 海外での利用の場合デイリーの利用料金が別途発生する• 50GBを超える通常レベルを超えた大容量をご利用頂く場合は、解約金9,000円発生 返金保証の注意点• 箱の破損などや説明書の欠品がある場合、追加費用として20,000円が発生。 30日以上を過ぎた場合は解約金9,000円が発生。 返却処理手数料として1,080円発生。 送料は自分で負担。 以上の内容を守れば、解約金などはかかりません。 理由2.容量無制限のポケットWiFiの中でも解約金が最安 容量無制限のポケットWiFiの中でもMugen WiFiの解約金は最安です。 他の容量無制限のポケットWiFiに比べて、解約金が安いので、万が一短期間でキャンセルしたい、、、となった時も高い解約金を払う必要がありません。 2年以降は解約金が全くかかりませんので、更新月を気にする必要もなく利用できますね。 よくばりWiFiやNEXTmobileよりもMugenWiFiの方が良い? やの方がMugen WiFiよりも2年間の総額費用は安いです。 とはいえ、よくばりWiFiやNEXTmobileはあまりおすすめしません。 おすすめしない理由は以下の3つです。 よくばりWiFiやNEXTmobileの対応エリアはSoftbankのみ• よくばりWiFiを最安で使うには、条件が色々ある、、、• NEXTmobileは2年目以降料金が上がり解約金もかかる 順番に見ていきましょう。 よくばりWiFiやNEXTmobileの対応エリアはSoftbankのみ よくばりWiFiやNEXTmobileは、 対応エリアがSoftbankのみでMugenWiFiよりも狭いです。 MugenWiFiのエリアは、au、docomo、Softbankのトリプルキャリアのエリアに対応しています。 3つのうち一番繋がり安い回線を拾って繋げてくれるので、通信障害などで一つの回線が繋がらないとった時にも安心です。 Softbankだけのエリアでも決して狭い訳ではありませんが、より広いエリアで使いたい人にはMugenWiFiがおすすめでしょう。 よくばりWiFiを最安で使うには、条件が色々ある、、、 容量無制限のポケットWiFiの中で一番安く利用できるのは、です。 しかし、よくばりWiFiを最安で利用するためには以下の2つの条件をクリアする必要が出てきます。 月額380円の端末保証オプションに加入すること• に申し込み、支払いをそのカードで行うこと 私もポケットWiFiを4年ほど使っていますが、 端末が壊れたことはなく、端末保証はいらないと感じています。 またNTTグループカードを申し込むのにも時間がかかるので、正直めんどくさい、、、と思われる人も多いはず。 最安でポケットWiFiを使いたいんだ!!という人であれば、よくばりWiFiがおすすめですが、色々と条件がややこしいという人にはMugen WiFiがおすすめです。 NEXTmobileは2年目以降金額が上がり解約金もかかる 容量無制限のポケットWiFiの中で2番目に安く利用できるのは、の使い放題プランです。 しかし、 2年以内の解約金が高いので、万が一のことがあった時に解約しにくいでしょう。 また更新月を逃して2年以降も利用することになると、月額料金も上がりますし、解約金も必要になります。 更新月を忘れずに、絶対に2年間で乗り換えるという人であればNEXTmobileはおすすめです。 ただ更新月を忘れてしまうのが不安だ、、、という人であれば、更新月を気にすることなく利用できるMugen WiFiがおすすめでしょう。 6.Mugen WiFi(無限WiFi)を最もお得に申し込む5STEP Mugen WiFiが自分に合うという人は、申し込み手順も確認しておきましょう。 Mugen WiFiを最もお得に申込む手順は、5STEPあります。 エリアが対応していなければ、使うことはできませんので、必ず確認してくださいね。 STEP2.Mugen WiFiの公式ページへアクセスする 申し込みをする時には、にアクセスして申し込みしましょう。 「申込みはこちらから」を選択すれば、申し込みページに飛ぶことができます。 お得なキャンペーンを実施している場合もあるので、申し込みをする時には、公式ページからするようにしましょう。 STEP3.端末・プラン、オプションを選択する 先ほどの「申込みはこちらから」をタップすると、以下の画面が表示されるので、端末・プラン、オプションを選んでください。 全て選び終えたら、「契約約款について」「申込みにおける個人情報の取り扱いについて」にチェックを入れ、「お申し込みはこちらから」をタップ。 () 申し込み内容に間違いがないか確認する画面になりますので、金額などもう一度確認して、間違いがなければ「決済画面に進む」をタップ。 () 端末・プラン、オプションの選択は以上です。 オプションって必要?? () 機器の故障などが不安なかたは、入っておくといいと思いますが、 月額が500円高くなるので、少しでも安く使いたいという人にはおすすめしません。 Mugen WiFiの補償オプションは月額500円で利用することが可能です。 補償オプションに入っておけば、Mugen WiFiの契約期間中に水没や全損で、端末が故障してしまった場合、新品と無料でしてくれます。 補償オプションに入っていない場合、機器を新品に交換するには、1台あたり20,000円の支払いが必要です。 ただし、2年間で機器が故障することはまれです。 筆者もポケットWiFiを4年近く使っていますが、故障したことはありません。 故障が心配な人は入っておくといいかもしれませんが、当記事としてはおすすめしません。 申し込む前にしっかりと考えてから申し込みをしましょう。 STEP4.決済情報などを入力する 「決済画面に進む」をタップすると、以下の画面が表示されますので、必要な情報を入力していきましょう。 全て入力をしたら、「次へ」をタップ。 () 以上でMugen WiFiの申込は完了です。 STEP5.端末到着・利用開始 平日であれば16時までに、土日祝の場合週明け月曜に発送されます。 発送完了のメールが届くので、そちらも確認するようにしましょう。 届いたら端末の設定をすれば、端末を使うことができます。 届いたばかりの状態だと、端末の充電が少ない可能性もあるので、充電してから利用するようにしましょう。 本当に無制限なの?• WiMAXと比べてどうなの? 気になる部分だけピックアップして見てみてくださいね。 Q1.本当に無制限なの? どんなときもWiFiやMugenWiFiなど 容量無制限と言われているポケットWiFiにも実は通信制限があります。 ただどれくらい利用すると、どのぐらい通信制限にかかるのか?など細かい情報はわかりません。 著しくネットワークを占有するレベルと書かれているので、3日間に100GB以上など短期間で大量に使うことがないように注意してください。 Q2.WiMAXと比べてどうなの? エリア、データ容量を優先して考えたいなら、容量無制限のポケットWiFiがおすすめです。 ただし、 通信速度や通信の安定性ならの方がいいでしょう。 また容量無制限のポケットWiFiは通信制限の条件が明確ではなく、いつ通信制限にかかるかははっきりとわかりません。 今は通信制限にかからなくても、今後利用者が増えた時にどういう対応がされるかもわからないので、不安が残るところです。 「速度が不安だ」「通信制限の条件ははっきりしている方が安心」という人にはをおすすめします。

次の

料金プラン ┃ 【公式】よくばりWiFi

めっちゃwifi 支払い方法

このページの目次• スマモバは『めっちゃWiFi』以外にも 『THE WiFi』やスマホ月額レンタルサービスなどを法人として運営していて、回線系サービスをいくつも運営。 会社自体は十分に信用に値すると言えるでしょう。 また月額料金も3,480円で初期費用も3,000円であることから、非常に安価に契約できる点も大きな魅力です。 とはいえ『めっちゃWiFi』自体は、2019年10月からスタートしたサービスであるため、まだ利用者数も少なく、情報もそれほど集まっていないというのが現状と言えるでしょう。 めっちゃWiFiのメリットは?他のWiFiと比べて何が優れている? データ容量無制限のポケットWiFiは多数あるため、具体的に他のWiFiと比べて何が優れているのか分かりにくいことが多いですよね。 ここでは めっちゃWiFiは、他のWiFiと比較して何が具体的に優れているのかについて解説します。 めっちゃWiFiが主に優れているポイントは3つです。 契約料金がずっと定額• 端末保証料金が安い• 海外でも使える 契約料金がずっと定額 めっちゃWiFiの最大の特徴は、契約期間中は基本料金が3,480円の定額であるというポイントです。 一般的に、どのポケットWiFiであっても契約料金はずっと定額ではなく、縛り期間である2年を超えたタイミングで料金が値上がりします。 しかしめっちゃWiFiの場合は、契約料金がずっと定額であるため、 2年を超えてもずっと基本料金の3,480円で利用できます。 契約料金がずっと定額であることによって、料金や速度に満足していれば、期間を気にせずに契約できるという点で優れています。 端末保証料金が安い めっちゃWiFiにおいては、端末を故障させた場合に必要となる端末保証料金が安価に設定されています。 めっちゃWiFi どんなときもWiFi Mugen WiFi 限界突破WiFi 端末交換代金 5,000円 18,000円 20,000円 18,000円 ポケットWiFiはスマホ同様、常に携帯して持ち歩いているため、落としたり無くしたりする危険性が非常に高いもの。 無くしてしまったり、本人の過失で使えなくなったりした場合は、端末を取り替えなければなりません。 端末保証料金として設定されているものでは、 20,000円代の料金設定が多いため、なかなか大きい出費ですよね。 しかしめっちゃWiFiなら、わずか5,000円程度で保証をしてもらうことが可能であるため、安心して持ち運ぶことができます。 海外でも使える めっちゃWiFiは国内だけでなく、海外に持っていってそのまま利用することが可能です。 これまで海外でネットを利用するには、事前に海外用のレンタルWiFiを契約して持っていくか、プリペイドSIMを使わなければなりませんでした。 しかしめっちゃWiFiの場合は、煩雑な手続きをしなくても、ただ持っていくだけで海外で通信を利用することができます。 海外で利用する場合は1日あたり1,250円ほどかかりますが、レンタルWiFiをいちいち契約していく手間を考えたら、そこまで高くはありません。 長期旅行で海外に行く機会が多い方は、簡単に使うことができるため、ぜひ試してみてください。 めっちゃWiFiがおすすめできない5つの理由 確かにメリットもありますが、先述したように『めっちゃWiFi』を選択すること自体はあまり得策ではありません。 具体的に、なぜめっちゃWiFiはそこまでおすすめすることができないのでしょうか。 めっちゃWiFiをおすすめすることができない具体的な理由は5つです。 2年間の総額が結局高い• 速度が遅い• 端末が届くのが遅い• 支払い方法はクレジットカードのみ対応• 問い合わせフォームが用意されていない 2年間の総額が結局高い めっちゃWiFiは基本利用料金が定額であることをメリットとして押し出していますが、2年間の総額で考えてみると料金は他のWiFiよりも高いです。 めっちゃWiFi どんなときもWiFi Mugen WiFi 限界突破 WiFi 2年間の料金合計(保証なし) 90,000円 88,260円 85,000円 85,750円 2年間以降の料金も値上がりしないのは魅力的かもしれませんが、多くの人は2年契約したタイミングで他のプランに変更するもの。 2年間の料金の総額が他より高くなってしまっては、あまり意味がありませんよね。 めっちゃWiFiは 料金を安く抑えたい方に、あまり向かないWiFiであることを覚えておきましょう。 速度が遅い ポケットWiFiの速度は、場所によって大きく異なるため計測しにくいですが、めっちゃWiFiは他のWiFiと比べて速くはありません。 めっちゃWiFiの測定結果 Ping値: 78. 32ms ダウンロード速度: 13. 39Mbps あまり速くない アップロード速度: 3. 63Mbps かなり遅い — たぁ。 @魔法的 taakun1978 公式ページでは「下り最大150Mbps」「上り最大50Mbps」となっていますが、これはあくまで最大値。 平均的に測るとそこまで早くはならないという特徴もあるため、注意が必要なのです。 端末が届くのが遅い めっちゃWiFiは端末が届くまでに4日以上かかってしまうケースがほとんど。 他社のWiFiであれば、午前中に申し込めば最短即日で発送が終わることもありますが、めっちゃWiFiの場合は基本的に端末が届くのが遅いです。 めっちゃWiFi どんなときもWiFi Mugen WiFi 限界突破 WiFi 配達速度 3営業日前後 最短即日 最短即日 記載なし めっちゃWiFiの場合は「3営業日前後」となっているため、 土日を挟むと1週間ほどかかってしまうことも。 契約してからもすぐに使えるわけではないということを覚えておきましょう。 支払い方法はクレジットカードのみ対応 ポケットWiFiを運営している企業の中には、口座振替に対応しているところもありますが、めっちゃWiFiでは対応していません。 支払い方法は下記の種類のクレジットカードに対応しています。 VISA• Master Card• JCB• American Express• Diners どんなときもWiFiなら口座振替にも対応しているため、カードがない方はどんなときもWiFiもチェックしてみてください。 問い合わせフォームが用意されていない めっちゃWiFiにおける最大の問題点は、お問い合わせフォームが公式ページに用意されていないという点です。 問い合わせフォームがないということは、 何か不具合があった時に質問などができないということ。 特に送られてきてすぐに不具合が見つかった時には、どこに連絡すれば良いのか分からないですよね。 電話番号も大きく記載されていませんでしたが、端末と一緒に送付されてくる取り扱い説明書に問い合わせ先の電話番号が書いてありました。 Tel: 0570-022-577(受付時間10時〜18時) この電話番号に電話すれば、とりあえず対応してもらえるようですが、チャットサポートなどが用意されていない点で非常に不便ですよね。 めっちゃWiFi vs どんなときもWiFi!どっちの方がお得? めっちゃWiFiと並べてしばしば比較されるのが、どんなときもWiFi。 利用している端末や、サービスがほぼ同じであるということから、どちらのWiFiがいいのか比較対象にされがちです。 結論から言うと、2020年4月現在でおすすめなのは『めっちゃWiFi』です。 なぜめっちゃWiFiの方がおすすめなのか、理由を以下に記載しました。 どんなときもWiFiは通信の質に問題があるから どんなときもWiFiは2020年3月に大規模な通信障害が発生し、ほぼ全てのユーザーが通信できない状態に陥りました。 それまで無制限のポケットWiFiとして圧倒的な地位を築いてきたどんなときもWiFiでしたが、ネット上での口コミは一気に最悪に。 現在は新規の契約を休止して対応に追われています。 一方でめっちゃWiFiは現在も普通に通信できる状態ですし、機能的にはどんなときもWiFiとほぼ同じであるため、断然おすすめです。 ずっと使うなら料金面でもお得だから どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの月額料金は全く同じです。 めっちゃWiFi どんなときもWiFi 料金 3,480円 3,480円 しかし料金面でも、めっちゃWiFiは2年目以降も全く同じ料金で利用することができるため、お得に利用できます。 ずっと使うということを考えても、めっちゃWiFiの方がどんなときもWiFiよりもお得であるということが分かるでしょう。 めっちゃWiFiの評判・口コミ!辛口な評判もまとめました これから契約しようとしている方が一番気になるのが、めっちゃWiFiを実際に使っている人の評判や口コミですよね。 今回は SNSで実際にめっちゃWiFiを利用している方の口コミについて解説していきます。 速度が遅い 昨日、Xbox Game Pass に加入したので、25本くらいゲームをダウンロードしようとしたが、朝、確認すると3本しかダウンロードされてなかった。 めっちゃWiFi重すぎる。 — たぁ。 WiFiが繋がらなくなることが多いようで、速度が遅くてイライラしている人も多いようです。 THE WiFIも運営してて謎だし不安 THE WiFiを運営しているスマモバは去年10月にクラウドSIMの「めっちゃWiFi」を開始してるのに、別ブランドのTHE WiFiで大規模な宣伝をしている点に不信感はあります。 クラウドWiFiは違約金が無いのでリスクは少ないでしょうし、サーバーの負荷軽減で300GBに制限していると言われてます。 — みみ GvcC5d2qVd2FPJT めっちゃWiFiの運営元であるスマモバは、最近『THE WiFi』というWiFiの方を強く売り出しています。 YouTubeやInstagramなどの広告も全面的に出しており、 めっちゃWiFiよりも圧倒的に力を入れています。 めっちゃWiFiですらそこまで評判がよくないのに、THE WiFiも運営していて、通信状況が悪くならないか不安に感じる方も多いようです。 届くのが遅い めっちゃwifi。 webから申し込んで早3日、メールも、何も連絡が無い。。 — sti sti36082604 WiFiが届くのが非常に遅いという口コミも。 営業日から数日かかってしまうため、なかかなか配達されないと感じてしまう人も多いようです。 在庫不足は大丈夫そう? 今、JPWiMAXも端末在庫不足で受付中止にしてるのね。 クラウドSIM系は、よくばりWiFi以外は端末が不足してるもんね。 めっちゃWiFiは大丈夫そうだけど…。 コロナの影響計り知れない。 でも、通常時でもJPWiMAXは端末の発送が遅いとの口コミが多いのであんまりおすすめできない。 しかしめっちゃWiFiの在庫不足は、今のところ問題がないため、確実に発送してもらうことができるようです。 めっちゃWiFi口コミ・評判のまとめ 今回はめっちゃWiFiをおすすめしない理由について、評判や口コミも交えてご紹介してきました。 めっちゃWiFIは容量無制限のWiFiとして選ぶなら、あまりおすすめすることができません。 確かに 2年目以降の料金が安いということは魅力的かもしれませんが、そのくらいしか他に魅力がないという弱点もあります。 容量無制限WiFiを選ぶのであれば、他のWiFiも検討して調べてみるようにしましょう。 無制限で利用可能なその他のポケットWiFiについては、下記で詳しく紹介しています。

次の