ジャニーズ jr 謹慎。 謹慎処分&デビュー取り消しも!なにわ男子・藤原丈一郎の寝顔写真流出に滝沢秀明が激怒!!

謹慎処分&デビュー取り消しも!なにわ男子・藤原丈一郎の寝顔写真流出に滝沢秀明が激怒!!

ジャニーズ jr 謹慎

事務所「所属タレントとしてふさわしくない行動」 ジャニーズ事務所の発表によると、岩本さんは同席者の中に未成年者がいる認識はなかったものの、報道にある酒席に参加したことは事実であると認めたという。 事務所は、こうした酒席に参加したこと自体が「社会人としての自覚と責任が欠如していることの表れ」「所属タレントとしてふさわしくない行動」だとして、「岩本自身により深い反省を促すために、一定期間芸能活動を自粛する」と説明した。 Snow Manは今年1月22日に同事務所のグループ「SixTONES(ストーンズ)」と同時デビュー。 2グループの両A面シングルは、3日でミリオンを達成した。 Snow Manのデビュー曲「D. 」のMV(ミュージックビデオ)は2000万回再生突破(3月30日時点)と大きな反響を呼んでいる。 最近はバラエティ番組での活躍も増えている。 ツイッター上では「スノ大事な時期だけにね... 」「残念ではあるけど、これは仕方ない」「しっかりと反省をしてまた出直して欲しい」などといった声が寄せられており、なんとか活動自粛を受け入れようとするファンの複雑な胸中がうかがえる。 グループのリーダーである岩本さんの活動自粛は、グループにも大きな影響をもたらしそうだが、謹慎期間はどのくらいの長さになるのだろうか。 近しい例のNEWS小山は20日だが... 近しい例では、同事務所の先輩グループ「NEWS」の小山慶一郎さんがいる。 18年6月、未成年女性との飲酒を「週刊文春」に報じられ、20日間活動を自粛した。 小山さんも岩本さんと同様、同席者の中に未成年者がいる認識はなかったが、女性に飲酒を促すようなコールをしていたという。 一方で、その場に同席していたNEWSの加藤シゲアキさんは厳重注意にとどまった。 当時、小山さんの20日間という謹慎期間については、ファンからも「早すぎる」との声が上がっていた。 だが、小山さんの活動再開日の6月27日はNEWSのシングル「BLUE」の発売日であり、8月には15周年記念のライブも控えていたため、早期復帰の必要性があったとも考えられる。 また、最近ではジャニーズJr. の若手グループ「HiHi Jets」メンバーの約4か月間の謹慎の例もある。 19年9月上旬に同グループの橋本涼さんと作間龍斗さんのプライベートな「ベッド写真」がネット上に流出、拡散。 2人とも年内活動自粛となった。 ファンからはツイッター上で、HiHi Jetsよりも重い処罰になるとして、半年くらいではないかと見立てがある。 なお、小山さんの前例のように早期復帰を期待する声も一部から出ている。

次の

『NEWS』にそっくり!? ジャニーズJr.の“謹慎処分”巡りファン同情

ジャニーズ jr 謹慎

前提として宗教=悪ではない 特定の宗教に所属しない人が多い日本では、宗教=怪しいイメージが強い。 だけど、宗教は本来、人間の生活を豊かにしてくれるものだ。 信じ、その存在を心に宿すことで、生きる力になる。 宗教的な儀式を日常に取り入れることで、習慣ができて、心が落ち着く。 困難があっても、それを想像するだけで心が楽になる。 イベントや人との出会いがあり、生きる範囲が広がる。 仲間ができる。 いろいろな「良いこと」がある。 どんな風にジャニーズを宗教として役立ててるのか 実際、どんな時にジャニーズへの信仰が役立ったのかを書いてみる。 台風で停電して怖い思いをしている時に救ってくれた美少年 先日の台風。 被害の大きい地域に住んでいる。 なんとか避難してきたものの、家は停電して住める状態ではない。 真っ暗な部屋の中で怖い思いをしている時、すごく心臓がバクバクした。 3時半を過ぎても眠れなかった。 落ち着かないので、大好きな美少年の那須くんと浮所くんのことを想像した。 停電で電子機器が使えないので、頭の中で「Cosmic Melody」を繰り返し口ずさんだ。 明るさやテンポで安心したのか、いつの間にか眠っていた。 自分を慰めるものが何もなくて辛い時でも、頭の中にジャニーズを思い浮かべることで、心が癒された。 運動会の練習がとても嫌な時に救ってくれた相葉ちゃん 小学生の頃、転校の影響で全然友達がいない時期があった。 運動神経も悪かった。 協調性と運動神経を求められる運動会や運動会の練習がとても苦痛だった。 でも練習には参加しないといけない。 そんな時に11歳のわたしを癒してくれたのは、嵐の相葉ちゃんのラジオだった。 どんなに学校が苦痛でも、金曜日の12時になれば相葉ちゃんのラジオが聴ける。 1週間を終えたわたしへのご褒美。 当時は狭い集合住宅に住んでいたので自分の部屋もなかったけれど、ラジカセのイヤホンから聞こえる相葉ちゃんの声は、確実にわたしだけの空間だった。 みんなが寝静まって、真っ暗な中、「明日は学校に行かなくてもいいんだ」という嬉しい気持ちとともに相葉ちゃんの明るい声を聞いていた。 真っ暗な毎日に、唯一光ってくれる存在だった。 特殊な仕事だし、普通の人が感じないストレスも感じるだろう。 若くてかっこいいんだから、女の子と遊ぶこともあるだろう。 プライベートで何をしてもいいけれど、楽しんで生きてくれればいいのだけど、できるだけ長くアイドルをやっていてほしいなって思う。 別に、犯罪を犯さなければ、アイドルだって何をしてもいい。 女の子と遊んだり、彼女がいたり、夜に遊びに歩いたり、何をしてもいい。 だけど、工夫すれば防げるはずの出来事を防げなかったせいで「アイドルが続けられなくなる」のは悲しいことだ。 本人が「あまりアイドルをやる気がない」なら仕方ない。 でも、本人がアイドルをやっていくつもりなら、できるだけ長くアイドルを続けられるように、できる工夫はするべきだと思う。 どんなことをしたら、どんなことがバレたらアイドルを続けられなくなるかは、普通の感覚があれば分かるはずだ。 個人的には、はしもっちゃんも作ちゃんもHiHi Jetsに戻って、元気にアイドルをやってくれたらいいなって思う。 別に犯罪をしたわけじゃないから。 写真を見たことによって悲しくなるファンがいたかもしれないけど、アイドルだって一人の人としての人生があるんだから、何をしたって自由だ。 文句を言う筋合いはない。 アイドルはアイドルをするのが仕事で、ファンはそれを勝手に応援しているだけ。 自分の信仰心として、拠り所として、応援させてもらってるだけだ。 入信しているだけ。 憶測で文句を言ったり、応援していたのに手のひらを返して批判したりするのは、気持ち悪いなって思う。 だけどはしもっちゃんも作ちゃんもアイドルという特殊な仕事をしてる以上、なるべく長く続けるための工夫はするべきだったはず。 なるべく長くアイドルをやるための工夫を怠ったのは、良くなかった。 それはきっと、事実。 実際の出来事が大きく膨らんで、なんだか異常なくらい悪いイメージがついてしまって可哀想だ。 犯罪はしてないのにね。 影響力がある人って、良くも悪くも右に左に、上下に、揺れやすいよね。 HiHi Jetsに戻ってほしいな〜と、個人的には思う。 5人から3人になってしまうのは悲しいことだ。 HiHi Jetsが無くなったら、ローラーをする人がいなくなって、ガリさんの立場も謎になってしまう。 ローラーを売りにするグループが無くなったら、ガリさんの存在価値がかなり下がってしまうと思う。 ガリさんはHiHi Jets(ローラーが売りのグループ)にいるからこそ、大きい存在なんだろうなと、改めて思う。 最後に 何が言いたいのかよく分からなくなったけど。 これからも自分の心を安定させるためにも、ジャニーズを楽しんでいようと思う。 HiHi Jetsは復活してくれたら嬉しい。 はしもっちゃんはアホだし(ごめん)アイドル以外で上手く生きられる気がしないから、アイドルとして輝いてほしい。 作ちゃんは賢いし一般人としてまだまだやり直せると思うけど、道半ば感が強くて悲しいので、あえてアイドルという道で頑張ってほしい。 はしもっちゃんは小学校3年生からジャニーズをやっているね。 作ちゃんも小学校4年生くらいからジャニーズをやっているね。 そんな小さい頃から積み上げてきたものが一瞬で崩れてしまうのは、見ていて悲しい。 何度でもやり直したらいい。 その都度工夫しながらアイドルを続けてくれたら、わたしは嬉しい。

次の

ジャニーズJr.って何したら謹慎になりますか?

ジャニーズ jr 謹慎

ジャニーズJr. の人気グループ「HiHi Jets」のメンバー、橋本涼と作間龍斗の二人が年内謹慎処分になったことはすでに報じられているが、今回のジャニーズ事務所の処分についても賛否両論、様々な声が上がっている。 「事件の発端は9月初旬、ネット上に二人のプライベート写真が流出。 しかもその相手の女性が流出の経緯について生配信したことから、ジャニーズ事務所は10日、公式サイトで二人の年内謹慎処分を発表するに至りました。 HiHi JetsはCDデビューこそしていませんが、今夏『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の応援サポーターに就任。 来年以降のCDデビューも噂されていただけにファンの間でも衝撃が走りました」(女性誌記者) このジャニーズ事務所の対応について、マスコミでも議論が分かれている。 「ジャニーズJr. のトラブルは、何も今回が初めてではありません。 これまでもSnow Manの岩本照やSixTONESの京本大我などの女性とのトラブルが報じられてきましたが、お咎めなし。 今回、2人が舞台『DREAM BOYS』の公演中にも関わらず、この処分に至ったのは事務所内外への引き締めの意味のあったのではないでしょうか」(前出・女性誌記者) ジャニーズ事務所は、9月4日にジャニー喜多川氏の「お別れの会」を終えたばかり。 ジャニーズJr. を統括するタッキーこと滝沢秀明が、ジャニー氏から受け継いだジャニーズJr. をさらに厳しく律する思惑があったことは間違いなさそうだ。 「ジャニーさんから英才教育を受け、次世代ジャニーズの世界進出を目指すタッキーにとって厳しい稽古を課すのは勿論、今後はスキャンダルに対しても厳しい姿勢で臨んでいくものと思われます」(エンタメ誌ライター) しかし、そんなタッキーの姿勢に疑問を呈する声もある。 「ジャニーズ事務所は今まで何か不祥事が起きても、徹底的に所属タレントを守ってきました。 難しい舵取りを迫られそうだ。 (窪田史朗).

次の