カラー ボックス カビ。 カラーボックスのカビの除去方法や予防対策法について

カラーボックスの裏面カビ対策

カラー ボックス カビ

カラーボックスにカビが生える理由 カラーボックスに使用されている木材は、木の丸太を大根のようにかつら剥きにして作るべニア板を数枚重ねて強度を増した合板です。 この合板は接着剤で繊維方向が交互になるように貼りつけられているだけなので、木材が露出しているため湿気を吸収しやすく、カビが好む環境になります。 また、 カラーボックスそのものが壁と密着して設置されることが多く、通気性が悪くなりカビのエサになるホコリなどが多くなる環境に置かれることが多いため、どうしてもカビが生えやすくなります。 カラーボックスにカビが生えるとどうなるの? カビは菌糸という根を張ることでカラーボックスに定着し、 胞子を空気中にまき散らしてまた違う場所で菌糸を張って増殖します。 最初はカラーボックスの一部にしか生えていなかったカビが、放置することでカラーボックスに面している壁や、同じ室内のカーテン・畳などにどんどん広がってしまうので、一カ所カビを見つけたらすぐに除去するのが正解です。 絶対にカラーボックスにカビを生やさない方法 菌糸を張ったカビは根ごとカビを除去しなければ、またすぐに復活して増殖してしまいます。 では、どうすればカラーボックスに生えたカビを除去することができるのでしょうか? また、今後二度とカビを生やさないためにどうすればいいのでしょうか? 1. ハイター液で拭き取る カビ取りにはカビ取り専用のハイター液が適していると思いがちですが、 キッチン用ハイター液も主成分は同じ次亜塩素酸ナトリウムと水酸化ナトリウムなので、充分カビ取りすることができます。 キッチンハイターでカビ取りするやり方 カラーボックスに生えたカビを取り除くハイター液を作る時は、必ず水で薄めて使用します。 お湯で薄めてしまうと、成分が気化して洗浄力が落ちてしまう可能性があります。 そのため必ず水で薄めて使用しましょう。 カラーボックスのカビ取り用ハイター液の作り方は、 5~10倍にハイターを水で薄めるだけ。 ハイター液ができたら、キッチンペーパーなど使い終わったらそのまま処分できるものに染みこませて、カラーボックスに生えたカビの部分を拭き取ります。 拭き取り終わったら、そのまま換気しつづけてしっかりと乾かすようにしましょう。 できればベランダなど屋外にだしたほうが良い。 カラーボックスの木目や色で塗装されている部分にハイター液でカビ取りする場合は、 びっしゃびしゃにハイター液をキッチンペーパーに染みこませると塗装が浮き上がってしまう可能性があるので、硬めに絞って拭き取るようにしましょう。 キッチン泡ハイターで簡単にカビ取りをするやり方 キッチン泡ハイターなら、そのままスプレーするだけで簡単にカビ取りができます 「ハイター液作るのがめんどう」という方は、を使うとより簡単にカラーボックスのカビとりをすることができます。 キッチン泡ハイターでカビ取りをする時は、 キッチンペーパーに泡ハイターを2~3回スプレーして、カビが生えているカ所に貼りつけるだけでOK。 キッチンペーパーを貼りつけたら 15~20分そのまま放置して、はがす時に表面のカビを拭き取りながらはがすようにします。 このように、簡単にカビ取りができる上に、壁などハイター液では垂れてしまうところでも簡単にカビ取りをすることができます。 びっちりカビが生えている場合や、乾燥する冬場にカビ取りする場合は、 キッチンペーパーの上からラップをしてパックすると泡ハイターが乾くのを防ぐことができます。 キッチンハイター、泡ハイターともにハイターはかなり臭いがキツイので、必ず換気をしながら使用するようにします。 つまり、木工用ニスを塗って木材の表面をコーティングします。 カラーボックスにニスを塗るやり方 用意するものは、木工用ニスとニスを塗るハケ、これだけでOK。 ニスを塗るハケはダイソーで購入しました。 木材が露出している部分にまんべんなく塗っていきます。 こうすることで、 木材の小さな溝の中までニスを塗ることができるので、カビの発生をゆるしません。 ニスを塗る時は薄く塗るのではなく、 少し垂れるのを覚悟で厚く塗ります。 垂れても良いように、カラーボックスの下には新聞紙を敷いてニス塗りをしましょう。 敷いた新聞紙にニスが垂れると、ニスが乾いた時にはり付いてしまうので、ニスを塗り終わったらなるべく早く新聞紙を取るようにします。 今回使用したニスは「」です。 このニスは 屋内で使用してもニスの臭いが全く気にならないので私のお気に入り。 食品衛生法適合製品なので、カラーボックスをリメイクしてダイニングテーブルやキッチンカウンターとして使用する場合は特におすすめです。 今回使ったのは130mlでしたが、3段のカラーボックスに使用して約半分の減りでした。 4段のカラーボックスや複数のカラーボックスにカビ対策として和信ペイントの水性ウレタンニスを塗る時は、がおすすめです。 ニスを塗ったら1時間ほど風通しの良い場所で乾かします。 窓を全開にしておくと乾くのが早い。 捨てる 色や木目の塗装・コーティングがされている部分にも大量にカビが生えてしまったカラーボックスの場合、もう捨ててしまったほうが良いと私は思います。 その理由は、カビは根ごと除去してカビが生えないようにしなければ根本的な解決にならず、ハイター液やアルコールで拭き取るだけではまた新しいカビが生えるからです。 特にコーティングされている部分はハイター液が染みこみにくく、 脱色やヨレの可能性があるのでそもそもコーティング部分のカビ取りはおすすめしません。 カビ取りは労力もいりますし、新しいカラーボックスを買ってニス塗りをしたほうが正直早い… カラーボックスを組み立てたらすぐにニスを塗ろう ご紹介してきたカラーボックスに生えたカビ対策や除去する方法は、非常に手間がかかります。 ハイターなんて臭いんですから、できれば使いたくないものです。 そこで、カラーボックスを買ってきて組み立てたら、その場でニスを塗ることでカビを防ぐことができます。 カビが生えたらアルコールスプレーorハイター液or泡ハイターをキッチンペーパーに染みこませてカビを拭き取る• カビが今後生えないように、ニスを塗って露出した木材の表面をコーティングする• カラーボックスを買って組み立てたら、すぐにニス塗りをする.

次の

カラーボックスのカビ取り|除菌方法や再発させない対策は?

カラー ボックス カビ

節約の味方!カラーボックス 節約家に限らず、カラーボックスにお世話になっている家庭は多いのではないでしょうか。 私も昔から愛用しています。 カラーボックスは安価にも関わらず、非常に強固で使い勝手もよく、工夫次第では机やテレビ台としても利用することが出来る素晴らしい家具です。 そんな便利なカラーボックスですが、一つだけ欠点があります。 それは「カラーボックスの裏側がカビやすい」ということです。 湿気の多い梅雨時になると、イヤな匂いが漂ってくる事もあります。 そこで今回は カラーボックスの裏側のカビ対策を紹介します。 上手くカビ対策を施して節約につなげてほしいと思います。 カラーボックスの裏側がカビる原因 カラーボックスの裏側がカビてしまう原因は、単純に 湿気を吸収しやすいからです。 カラーボックスは安価で販売されている事もあり、コストダウンのために裏側の加工が施されていません。 木材(合板)がむき出しの状態なので、湿度が高いと湿気を吸収してカビが生えてしまいます。 また部屋の壁近くに設置すると空気の流れも悪くなるので、ホコリも貯まりやすくなります。 この貯まったホコリも湿気を吸収してカビてしまう事があります。 よく「ホコリで人は死なない」などと言いますが、長年蓄積されたホコリはダニやカビの温床になり、健康を害する可能性があります。 実際に私も緑色に変色したホコリの塊を見たことがあります。 しかもプラスチックの衣装ケースの隙間に貯まったホコリです。 部屋の換気をしている家庭も多いと思いますが、どうしても家具の裏側となると換気効率が悪いので、カラーボックスの裏側ように加工されていない箇所はカビが生えやすくなってしまいます。 これを防止するには家具類を壁にピッタリと寄せないで、たまに掃除をする事です。 掃除機だと床に落ちてきたホコリぐらいしか吸い込めないのですが、毛ばたきのようなものでカラーボックスの裏側の段差を定期的に掃除するのが簡単でおすすめです。 参考 空気の流れが少ない押入れやクローゼットの中にカラーボックスを入れている場合は、特に気をつけてください。 ホコリそのものは貯まりにくいかも知れませんが、湿気を完全に防ぐのは難しいので、定期的に空気の入れ替えをするなり、裏側の掃除をするなり、除湿剤などを利用して湿気対策をしてください。 参考 カラーボックスの表側は加工処理されているので、よほどな事がない限りカビる心配はないのですが、裏側は構造上湿気やホコリが貯まってカビやすいので気をつけてください。 次はこのカラーボックスの裏側のカビ対策として、自分で加工処理する方法を紹介します。 カラーボックスのカビ対策!裏面を加工しよう 壁から少し離して設置し、定期的に換気や掃除をする事でカビの発生を防ぐ事が出来るのですが、どうしても部屋が狭くなってしまうので、なるべくなら壁にピタッと設置させたい人も多いと思います。 そのような場合はカラーボックスの裏側を、表側と同じように湿気を吸わない加工処理する事でカビを防ぎやすくなります。 加工処理と言っても難しく考える必要はありません。 基本的にカラーボックスの裏側は人に見られることはないので綺麗に加工する必要はありません。 要するに裏側のザラザラを塞いで空気に触れないようにすればOKです。 理想はカビ防止の塗料を塗ることですが、自宅に余っている何かしらの塗料があれば代用できます。 カラーボックスの裏側は人目につかないので、空気が触れないように隙間なく塗るだけでOKです。 ただ匂いの強い塗料は注意してください。 別の意味で不快感が伴います。 他にも壁紙などが余っていれば、カラーボックスの裏側のボードに貼ってもOKですし、糊で覆ってしまっても効果があると思います。 ザラザラとして木目に空気が触れないようにできれば何でも構いません。 私はガムテープで塞ぎました。 ボードだけでなくボックスの淵にも張り付けています。 ただツルツルとしたガムテープは剥がれやすく、重ねて張り付ける事もできないので、布のガムテープの方が簡単かも知れません。 カラーボックスのボードを取り外してから張った方が綺麗になるかも知れませんが、厚みのあるテープや壁紙だと入らなくなってしまうかも知れないので気をつけてください。 ただし、これらの加工処理は あくまでもカラーボックスの裏側がカビる前にするべきことです。 新品のカラーボックスを組み立てる時に、これらのようなカビを防止する加工するのがおすすめです。 カラーボックスにカビが生えてしまったら 一方で既にカラーボックスの裏側がカビてしまった場合は少々対策が面倒です。 お風呂用のカビ取り剤や漂白剤のようなものは木材には使用できません。 アルコールやエタノールといった消毒液を使ってカビを除菌する事も出来なくはないのですが、カビは木材の奥深くにまで入り込んでいるので、 これらは一時的な効果しかないと思ってください。 私も除菌用のファブリーズをふりかけて見た事があるのですが、一時的にカビの匂いは和らいでも、その効果は持続してくれませんでした。 カラーボックスの裏側がザラザラのままだと、いずれまたそこに湿気やホコリが付着してカビてしまいます。 完璧にカビを落としたいのであれば、紙ヤスリなどで表面を削った上で先ほど紹介した裏側の加工をするのが良いのですが、これはかなり大変な作業になってしまいます。 カビてしまったカラーボックス対策として私がお勧めなのは、 背面のボードを取り外してしまう方法です。 これはカラーボックスの使い方にもよるのですが、100円ショップなどで売られている カラーボックス専用のインナーボックスを組み合わせると、カビやすい背面ボードが無くても困りません。 本棚のような使い方だと難しいですが、収納棚として利用する分には背面ボードが無くても問題ないケースがあるので、あえて取り外してみるのも良いのではないでしょうか。 この方法の利点はカラーボックスの裏側の空気の流れを考える必要もないので、壁のギリギリまで近づけて設置できます。 空気の流れが少ない押入れの中などに設置する場合にも相性が良いので、既にカビてしまったカラーボックスは、思い切って背面ボードを外して活用できないか考えてみてください。 ただし、背面ボードを取り外してもボックスの淵の合板はむき出しでザラザラなままなので、そこだけ軽く削ってカビを落とし、塗料やテープなどで塞いで防止しましょう。 セロテープでもビニールテープでも構わないので、空気が触れないように覆い隠せばOKです。 ちなみにネットで調べてみると、この淵をコテで焼いて加工している猛者までいました。 流石にそのような道具を所有している人は多くないと思うので、適当なテープや塗料や糊などで塞いでしまう方が簡単だと思います。 カラーボックスは横側にネジがあるので、それを外すと簡単に分解できます。 ボードを取りはずだけなら片面だけで十分です。 このようにシールでネジが隠されている場合もあるのでよく確認してみてください。 ボックスの淵のカビだけであれば、削るのも簡単ですし、コロコロクリーナーやガムテープを張り付けるだけでも結構な汚れが落ちてくれるので、簡単にカビ防止の為の加工をする事ができますよ。 まとめ カラーボックスの凄さ カラーボックスは本当に良くできた素晴らしい家具です。 ちょっとしたアレンジを加えるとオシャレな家具に早変わりしてくれます。 最近では様々なカラーも増えていますし、昔ながらの3段だけではなく2段も増えてきました。 あえて横置きにする事でテレビ台として活用できたり、横置き用のインナーボックスも売られているので、アイデア次第で可能性が広がります。 カラーボックスは節約家の強い味方なので、今回紹介したカビ防止対策を施して上手く活用してほしいと思います。 既にカビてしまったカラーボックスの場合は、ボートを取り外して使えないか考えてみてください。 ちょっとしたカビなら除菌したり削り落として加工処理をすれば良いかとは思いますが、びっしりと緑色のカビが生えてしまった場合は難しいと思います。 カラーボックスは非常に強固なので、倉庫や物置の隙間空間を無駄なく有効活用することができるので、背面ボートが無くても収納棚として活躍してくれるものですよ。 カラーボックスを買い替えるとなると、粗大ゴミ扱いになるので大変なのですが、背面ボードだけなら燃えるゴミで処分できるので、節約という意味でもお勧めの方法です。 カラーボックス本体もノコギリで小さく分解すれば燃えるゴミとして出せるので、道具や根気がある人であれば処分費用も抑えられるかと思います。 ちなみに私は古いカラーボックスを、リサイクルショップで買い取ってもらったことがあります。 引っ越し前に洗濯機の買い取りの為にリサイクル業者に自宅に来てもらった時、「他に何か不要なモノはありますか?」との事だったので、ダメもとでカラーボックスを出してみると50円で買い取ってくれました。 中々の年期が入っていたのもかかわらずです。 単品で持ち込んで買い取ってもらえるのかわかりませんが、近くのリサイクルショップにカラーボックスが売られていれば、引き取ってもらえる可能性があると思います。 参考 ちなみにその時はカラーボックスの他にも突っ張り棒、ドライヤー、アイロン、電気ストーブ、姿勢矯正椅子、古いギター、シンク下の収納棚なども買い取ってもらいました。 どれも数十円程度の買い取り価格でしたが、有料のゴミ袋や粗大ゴミに出すよりは節約になりますよ。 参考 節約という意味では安易にカラーボックスの買い替えは勧めにくいのですが、背面ボード付きのまま使いたくて状態が酷い場合は買い替えも検討してみてください。 ホームセンターなどで千円前後で売られていますし、持ち運ぶのが大変な場合でもネット通販で手ごろな価格で見つけられます。 分厚い棚の方は売られていたのですが、送料の事を考えると買い替えた方がお得でした。 どうしても背面のボードも必要な場合は、サイズを計って自作したり、綺麗にヤスリで削ってから加工処理するのも良いかと思いますが、背面ボードを外した状態で使える用途も多いと思うので、やはりこれが最も簡単なカビ対策になるのではないでしょうか。 追記 激安カラーボックスを発見! 節約家である私がよくお世話になっている激安スーパー「トライアル」にも、カラーボックスが売られていました。 参考 ホームセンターで売られているカラーボックスよりも安価だったので、近所にトライアルがある人はチェックしてみてください。 トライアルは税込み価格なので節約家の強い味方ですよ。 ただカラーボックスを持ち帰るとなると大変なので、車がない家庭や階段が大変な住宅の場合は、自宅まで運んでくれるところで購入した方が良いかと思います。

次の

ニトリのカラーボックスだけは買ってはいけない

カラー ボックス カビ

あれこれ期限のある作業に追われていて、ようやく済んだので家の片づけ再開。 カラーボックスの背板を外したのは2台め。 300均のカゴを取りつけて、洗面台前の棚の上に置いた。 洗面台前は風呂のすぐ傍でもあり、しかし洗濯機の上ほど湿気が気にならないので、いつも家族がここに脱いだ服を置き、次の日着るつもりだったのだろうが忘れてタンスから出すためうず高く積もってしまうのが気になっていた。 ついでに別な用途でお払い箱になっていた百均のプラカゴを置いて、ここに娘たちが使うドライヤーやらを入れておいたら、二人ともここへ戻すようになった。 ドライヤーはコードを畳むのがとにかく面倒くさいのは、自分が若い頃に経験したのでただ放り込めば済む状態を作りたかった。 なぜカラーボックスの背板を抜くのかと言えば、我が家はずっと賃貸の集合住宅住まいで2回引っ越ししているが、常に結露と壁のカビとの格闘の歴史だったからだ。 私は実家では結露を気にした事がなかったので、窓はともかく壁まで結露して壁紙がカビる、なんて結婚後初めて知ってびっくりした。 賃貸なので今までは手入れしても無駄骨と思ってあまり手入れしていなかったが、壁が濡れて部屋の端から黒ずみ、部屋に居られなくなった。 今年壁紙だけは張り替えてくれたので、もうその壁には家具が置けなくなった。 思えばそこら辺から断捨離を始めて、ともかく物と家具を減らそうと思った気がする。 最初は家具を買い換えるつもりで、出来るだけ背中(背板)のないものにしようと思った。 結果、無印やの「背中のないウッディな棚」に目をつけた。 (無印のサイトからいただきした写真) (同じくの以下略) 無印のものはお洒落で丈夫そうだが高い。 長く使える良い家具と思っても、結局邪魔になって廃棄するのはでもうたくさん。 どのの言葉か忘れたが、断捨離は自分の誤った選択肢とかとか結局棄てる自分の罪悪感とか割とネガティブな感情と向き合わなければならない、というような言葉があって全面的に同意した。 でもそれを自分で認めて行くと、買った時の嬉しかったり楽しみだった気持ちや、当時の家族の状況などが懐かしく思い出されもし、それが無くなっても平気な自分に、変な自信というか、それがあったことには変わりないみたいな変な想い?がつく。 いわゆる「昔はバカやったもんだが…」と微笑みながら呟くオヤジの心境に近いかもしれない。 話を戻すと、の棚は安くてこれで十分と思い、実際に店舗で一応チェックして通販の注文一歩手前まで行ってふと、正直カラーボックスの背板を抜いて連結しても良い気がした。 というか、連結する必要なくね?と思ったわけだ。 それに加えて、最近は売り場や写真で良いと思っても、家に来たらどうなるかイメージ出来るようになった。 これは洋服も同じで、自分が着たらどんな感じになるかイメージするとぶっちゃけ凹むが下手に買わなくなる。 棚も売り場ディスプレイや広告だとセンスが良いが、今のわが家では雑誌とか使わなくなった小物でたちまち溢れホコリまみれになるのを私がひとり掃除するいつものオチになると思う(こういうところ、インテリアはペットに似ている) というわけで背板外し実践。 カラーボックスは背板を抜いてしまうと強度的に問題があるだろうと思ってはいた。 それで、ネットで調べてみると、カラボに限らず補強にはとにかく金具で固定、というのが定番のようだ(すごくざっくりしているけど)。 本当はこれに合う筋交いの針金状のものがあれば一番良いのだろうが、ホームセンターをうろついていたらその手のものはよほど大きい棚用しか無く、L字型・T字型の金具が売っていたのでそれを使ってみることにした。 それぞれ4枚のセットを買って200円ちょっと。 これを片側に打ち付けて、反対側の板をドライバーで外し、背板を抜いてから元通りにし、そっち側の金具も取りつける。 カラーボックスの板は割とスカスカなので、私のようなオバサンでも簡単に釘が入る。 その分強度は甘いと思うが、もう重いものは入れる予定がないので構わない。 一応強力接着剤をスカスカの穴に充填しながら打ち込んでみたが、あまり変わらなそうなので途中で止めた。 子供も大きくなって、うっかり乗ったり体当たりする事もない。 体当たりというのは半分冗談だけど、子供は大人が想像つかない事をするのでこういう事が出来なかった。 小さいお子さんがいる家庭では真似すると事故になりかねないので勧めません。 本など入れると向こう側へ落ちるが、そういう物は入れない事が今は肝心だと思っている。 収納用品を増やせば要らないものを保存してしまう。 カラーボックスを買うと要らないものを詰め込む事になり、現にカラボは主に長女の部屋にあったのだが、片づけの際本人も長いこと見ないような、思い出の品でもない意味不明なものがたくさん入っていた。 勝手に棄てると本人より夫が怒るので、まだだいぶ残っているが連休後半とっつかまえて整理させたい。 とは言え、もう大学生にもなると一日顔も合わせないという日の方が多かったりする。 いずれ用済みになって廃棄されると良いなと思うが、多分このくらいの箱家具は、最後は押入れに入って冬物や季節ものの保存棚になるのではなかろうか。 そうなった時のためにもやはり背板はない方が良い。 ys669.

次の