光化学 スモッグ 東京。 光化学スモッグ

光化学スモッグの状況|東京都北区

光化学 スモッグ 東京

ページ番号1003976 更新日 令和2年4月3日 4月から10月頃にかけての日差しが強くて気温が高く、風の弱い日には、光化学スモッグが発生しやすくなりますので、光化学スモッグ情報に注意してください。 光化学スモッグとは 自動車や工場の排出ガスに含まれている窒素酸化物や揮発性有機化合物(VOC)が、太陽の紫外線を受けて化学反応を起こし、オゾン(O3)などの酸化性の強い光化学オキシダントを発生させます。 光化学オキシダントの濃度が高くなると、白くもやがかかったようになり、この現象を「光化学スモッグ」といいます。 光化学スモッグにより、目がチカチカする、のどが痛むなどの健康被害が発生することがあります。 (東京都ホームページから引用) 光化学スモッグ注意報等が発令されたら 目やのどに痛みを感じた時には洗眼やうがいをし、次のところへ連絡してください。 平日(午前8時30分から午後5時) 保健所保健予防課 (電話)03-3602-1238• その他の時間帯 東京都保健医療情報センター (電話)03-5272-0303 光化学スモッグ情報を得るには• 以下のホームページから光化学スモッグ注意報等の発令状況や発令基準などが確認できます。 以下のホームページからメールアドレスを登録すると、注意報発令時などに、東京都からのメールを受信できます。 なお、メールの配信期間は年度末までとなりますので、毎年度登録が必要です。 警報、重大緊急報が発令されたときには、防災行政無線でもお知らせします。 気象情報やかつしかFMの情報にもご注意ください。

次の

光化学スモッグについて

光化学 スモッグ 東京

更新日:2019年6月13日 光化学スモッグ 光化学スモッグとは 自動車の排気ガスや工場の煙などから排出された窒素酸化物(NOx)とガソリンなどに含まれる炭化水素(HC)が、太陽の強い紫外線を受けて光化学反応を起こし、オゾンなどの光化学オキシダント(Ox)を発生します。 光化学オキシダントの濃度が高くなると、白くもやがかかったようになります。 この現象を「光化学スモッグ」といいます。 発生しやすい条件 光化学スモッグは、4月から10月にかけて、日差しが強く、気温が高く、風が弱い日に発生します。 特に、太平洋高気圧が強い7月から8月は、気温も高く、紫外線も強い安定した天気が続くため、光化学スモッグが発生しやすい気象条件になります。 光化学スモッグ注意報が発令されたら 光化学オキシダント濃度が0. 12ppmを超えると、光化学スモッグ注意報が発令されます。 区では、防災行政無線、ホームページ、フェイスブック、ツイッター等で、注意報発令をお知らせします。 (防災行政無線以外は、平日のみです。 また、防災行政無線の放送を行うのは、午後5時までです。 ) 注意報発令時の対応• 屋外になるべく出ない• 屋外の運動は避ける• 自動車の使用は控える• また、区でも情報を把握するために、後日、みなと保健所(電話番号:03-6400-0080)及び環境課(03-3578-2490)にもご連絡をお願いします。 東京都のホームページ 光化学スモッグ注意報の発令基準や、光化学スモッグの発令状況などが確認できます。 メールによる緊急時情報の送信 メールアドレスを登録すると、東京都から、注意報発令時などに、メールが送信されます。 以下のホームページから、登録してください。

次の

光化学スモッグの状況|東京都北区

光化学 スモッグ 東京

光化学スモッグとは?原因は? 光化学スモッグとは、大気汚染の一種で、 オゾンや アルデヒドなどからなる気体成分の 光化学オキシダントと、硝酸塩や硫酸塩等の固体成分の微粒子が混合して、 周囲の見通しが低下した状態のことです。 光化学オキシダント とは、強い酸化作用を持った健康被害を引き起こす 大気汚染物質のことで、炭化水素等の汚染物質が太陽光線を受けて光化学反応を起こし発生します。 主な原因は、自動車の排ガスや工場からの排煙等です。 また、自治体によってはメール配信、防災無線のスピーカー、道路の電光掲示板等で知らせてくれます。 また、自分で確認したい時は がオススメです。 光化学スモッグへの対処 光化学スモッグ注意報・警報が発令された場合の対処法をまとめてみました。 ・目や喉、皮膚に異常が感じられた場合、 洗顔や うがい、 皮膚を水で洗い流す。 その後、室内などの空気の清浄な場所で安静にする。 症状が改善されない場合、内科で診療を受けることをオススメします。 ・屋内にいる場合、部屋の窓を閉める。 ・屋外に洗濯物を干していた場合、夜まで外に出しっぱなしにしておく。 まとめ いかがだったでしょうか? 光化学スモッグへの知識が少しでも深まれば幸いです。 特に小さなお子様や高齢者、喘息持ちの方は影響を受けやすいため、特に注意が必要です。 それでは! スポンサーリンク.

次の