清水愛理 ピアノ。 清水信之

第6回 結果発表

清水愛理 ピアノ

来歴 [ ]• 1964年、兵庫県神戸市に生まれる。 父、母、兄の4人家族で育った。 父親は平松医院を経営。 兄は消化器内科医局長。 平松が音楽と出合ったのは3歳の時。 実家の隣に住む七歳上の女の子が持つを見たのがきっかけ。 すぐに自分も同じ教室に通うようになり、4歳からはオルガンとともにも習い始める。 10歳の頃、洋楽好きで・ファンの4歳上の兄の影響で、歌に興味を持ち始める。 兄のの弾き語りに合わせてピアノを弾きながらカーペンターズをハモっていた。 に進学。 中学ではコーラス部に入る。 そのかたわら、ピアノでオリジナル曲を作り始める。 高校では軽音楽部に入部、ボーカルとして「ワイプアウト」に加わる。 そのバンドで出演した学園祭でオリジナル曲を披露、自分で作詞作曲した歌を歌って観客に拍手をもらったことでプロを意識するようになった。 17歳の時に関西ローカルのオーディション番組「」に出演。 それまでバンド活動に反対していた両親が、テレビに出たことで反対しなくなり、さまざまなコンテストに挑戦するようになった。 アルバイトをしながら曲を作り、週2回はレコード会社に売り込みをかける生活を送る。 「My Wish」などの曲でを執っている(ただし名前の表記は本名の「平松絵里」)。 他の2人は、のちにソロデビューする(にしつかさ)と、パイパーのリーダーである(やまもとけいすけ)。 するとそれが気に入られ、デビュー曲に採用された。 1989年2月21日、シングル「青春のアルバム」とアルバム『TREASURE』でよりソロデビュー。 1992年、アルバムからシングルカットした「」が100万枚近いセールスを記録するヒットとなり、ブレイクを果たす。 同年、ユニットとして、、と共同で、シングル・アルバム『』をリリース。 1994年1月29日、ともに楽曲制作をしていたのと。 結婚式場は東京・代沢の。 なお、出産後「両親ふたりとも家を遅くまで留守にするのは育児に差し障る」という配慮から、平松と清水が組んで仕事をするのは差し控えるようになった。 1995年1月17日、神戸の実家がで倒壊。 同年4月21日、震災チャリティソング「」をリリースする。 1996年に女児を出産。 しかし、デビュー当時から患い、以後毎日のように痛みに煩わされ続けたのせいで、母子共に危険な状態であった。 1997年1月17日、阪神淡路大震災復興支援ライブ「KOBE MEETING」を開催。 その後、1月17日に毎年神戸市内で開催し続けている。 1999年、レコード会社をに移籍。 2001年、子宮内膜症が悪化し、子宮を摘出。 その半年後の2002年にはが見つかり、音楽活動の休止を余儀なくされる。 休止中は各地での講演活動に参加した。 2004年4月21日、新曲「YOU ARE MINE/部屋とYシャツと私2004」をリリースし、歌手活動を再開。 また、併せて闘病手記「部屋とYシャツと『私の真実』」も上梓した。 これ以外にも雑誌、新聞にエッセーを執筆。 2005年8月2日、子育てと仕事とですれ違いが生じ、代理人を通して届を提出した。 報道によると、憎み合っての離婚ではなく、慰謝料等も特に生じず、娘(は平松が得た)の学校行事には父母揃って参加しているとのこと。 同年、「KOBE MEETING」の活動などが認められ、神戸大使を委嘱される。 2008年、新しい形のライブ「SLOW ROOM」を始める。 2010年5月、神戸への社会貢献が認められ、第64回神戸新聞文化賞を受賞。 5月30日、「がんばろうKOBEデー」と題してスカイマークスタジアムで行われたオリックス対ヤクルト戦にて、阪神大震災復興支援ソング「美し都〜がんばろやWe love KOBE」(作詞:阿久悠、作曲・歌:平松愛理)と国歌独唱を行う。 2011年、のコンチネンタル・スターレーベルへ移籍。 同年第一弾シングル「いいんじゃない? 」、2012年に第一弾アルバム「花と太陽」をそれぞれ発売。 2016年10月、「」パーソナリティを務める。 2017年4月よりでも放送開始。 2019年、「」のその後を描いた新曲「」を8月28日に30周年シングルとして発売。 大晦日の(・・など)へ初出場し、同曲を歌唱した。 2020年1月17日、25回続けてきた・の復興支援ライブ「KOBE MEETING」の最終公演を行う。 1月21日、これまでの功績を受け、神戸市から感謝状が贈呈された。 音楽 [ ] デビュー当初はのであったが、3枚目のアルバム『』、シングルでは「月のランプ」以降、がに代わる。 清水信之による平松作品は数多いが、例えば、「戻れない道」の編曲は、主体の通常の電子音スタイルとは異なり、なとをメインに使うといった、かつての的な手法を用いている。 エピソード [ ]• 「部屋とYシャツと私」に関連してのインタビューにおいて、選択的に関して、「結婚には覚悟がいる。 名字が変わることは、新たな家庭をスタートするに当たっての『けじめ』みたいな部分はあるが、の際の子供のこと、喪失感なども考えれば、別姓の選択は自然なこと」と賛同している。 との交友は「美し都」のバックコーラスのひとりに岡村が務めていたことや、岡村の楽曲を元夫である清水がアレンジャーとして関わっていたということもあり、以後現在まで長く続いている。 に岡村がに罹患した折に、岡村が当時パーソナリティを務めていたラジオ「あの頃ミュージック」の代打として真っ先に平松が指名されたほか、平松も岡村の病気快癒を祈った募集を行っている。 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ] 発売日 タイトル 規格品番 備考 1st 1989年2月21日 青春のアルバム S10A0239 CT:10P13330 EP:7A0948 2nd 1989年7月21日 太陽のストライキ S9A-11030 9P-10031 3rd 1989年11月21日 PCDA-00030 4th 1990年5月21日 PCDA-00086 系バラエティ『』エンディングテーマ 5th 1990年12月5日 PCDA-00143 PCSA-00095 フジテレビ系バラエティ『』エンディングテーマ 6th 1991年5月21日 PCDA-00184 PCSA-00128 系バラエティ『』エンディングテーマ 7th 1991年11月21日 思い出の坂道 PCDA-00241 8th 1992年3月21日 PCDA-00289 のヒット曲『』のアンサーソングと言われている。 (2013年01月12日付朝日新聞beうたの旅人より) のちにがアルバム『』・ 2008年がデビューアルバム「Voice from Kobe」の1曲目にカヴァー収録している。 もともとは1990年発売の『』に収録されていた。 9th 1992年6月3日 PCDA-00313 CMソング (が「セレス」と聞こえる) 10th 1992年9月2日 PCDA-00353 CMソング (『』身内自慢コンテストのオープニングでも使用されている) 11th 1993年3月8日 PCDA-00414 CMソング 『』放送第一回ゲストライブ曲 12th 1993年11月3日 PCDA-00504 フジテレビ系木曜劇場(10時枠)ドラマ『』主題歌 13th 1994年2月2日 PCDA-00545 14th 1994年7月21日 PCDA-00624 15th 1994年10月21日 PCDA-00659 映画『』主題歌 16th 1995年4月21日 PCDA-00659 神戸復興「がんばろや! WE LOVE KOBE」キャンペーンソング。 作詞は出身ので作曲が平松。 コーラスに、、、が参加している。 この作品はチャリティーシングルとして発売されたため、印税は神戸復興のチャリティー基金となる(現在廃盤)。 1995年7月までに約11万枚を販売した。 2004年まではアルバム未収録曲だったが、2005年発売のオムニバス『名曲発掘! ジュエル・バラッズ』で晴れてアルバム収録となった。 また、「」CMソングとしても流された。 平松のデビュー30周年記念楽曲。 アルバム、楽曲制作について自身で語るmpeg動画付き 映画『』主題歌「花と太陽」を収録。 の「天気図」、の「」をカバー。 ゲキツー!! 部屋とYシャツと「私の真実」(2004年2月25日)• しあわせになろうよ(2005年9月30日) 楽曲提供 [ ] 太字は平松が後にしている楽曲である。 「友達に戻ろう」作詞・作曲:平松愛理 編曲:• 「チョコレイト〜鮮烈な味わい魅惑の世界〜」作詞:Yuko 作曲:平松愛理 編曲:• 「ガラスの林檎」作詞:小野小福 作曲:平松愛理 編曲: 「22歳のMellow」作詞:小野小福 作曲:平松愛理 編曲:井上鑑• 「Invitation」作詞:平松愛理 作曲: 編曲:清水信之• 「明日へ」作詞:平松愛理 作曲: 編曲:佐藤公一郎• 「ギュッとずっと」作詞:平松愛理 作曲: 編曲:清水信之• 「 あなたに教えたい」作詞・作曲:平松愛理 編曲:小野沢篤• 「愛ひとひら」作詞:島倉千代子 作曲:平松愛理 編曲: 「ときめきよこんにちわ」作詞:島倉千代子 作曲:平松愛理 編曲:• 「クィーンズボローの橋の上で」作詞:平松愛理 作曲・編曲:鈴木康博• 「 最上級I LIKE YOU」作詞・作曲:平松愛理 編曲:清水信之• 「リバーシブル」作詞・作曲:平松愛理 編曲:井上鑑 「街路樹のAFTERNOON」作詞・作曲:平松愛理 編曲: 「助手席のPrefume」作詞・作曲:平松愛理 編曲: 「Domino」作詞:平松愛理 作曲:鈴木康博 編曲:萩田光男• 「妹のように」作詞: 作曲:平松愛理 編曲:COZY• 「君だけを…」作詞:平松愛理 作曲:鶴久政治 編曲:• 「ドアの向こう」作詞・作曲:平松愛理 編曲:清水信之 「彼と私の新しい関係」作詞・作曲:平松愛理 編曲:清水信之• 、久保田利伸 「ああ ホント やんなっちゃう」作詞:平松愛理 作曲・編曲:• 「十月人魚」作詞:及川眠子 作曲:平松愛理 編曲:• 「Boy Friend」作詞・作曲:平松愛理 編曲:冨田素弘• 「テンダークリスマス」作詞: 作曲:平松愛理 編曲:• 「3年分の雫」作詞: 作曲:平松愛理 編曲:• 「 Someday Everyday」作詞・作曲:平松愛理 編曲:清水信之 「 Shocking Blue」作詞・作曲:平松愛理 編曲:清水信之• 「ANTIQUE CLOCK」作詞・作曲:平松愛理 編曲: 「 平凡」作詞: 作曲:平松愛理 編曲:清水信之• 「平凡」は平松版では歌詞・タイトルが異なり「朝のホームで」となっている。 「GO・ME・N」作詞・作曲:平松愛理 編曲:武部聡志 「 エレベーターアクシデント」作詞・作曲:平松愛理 編曲:武部聡志• 「信じれば」作詞: 作曲:平松愛理 編曲:森俊之• 「Station Break」作詞・作曲:平松愛理 編曲: 「after school 4o'clock」作詞・作曲:平松愛理 編曲: 「君ならば大丈夫」作詞・作曲:平松愛理 編曲:西脇辰弥• 「」作詞・作曲:平松愛理 編曲:• 「」作詞・作曲:平松愛理 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (フジテレビ) - 毎週生放送の中、ピアノ演奏によるエンディングテーマの弾き語りを担当していた。 台風の中でも歌ったことがある。 TBS - 解答者として出演。• しゃべくりDJ 平松愛理のミュージックアワー!! (2018年10月 - 、)• (2019年2月 - 、歌謡ポップスチャンネル) 単発出演 [ ]• (フジテレビ)2019年9月19日• (フジテレビ)2019年12月5日• (・・など)2019年12月31日 ラジオ番組 [ ]• 「HIT RADIO '99」()1989年4月 - 1990年2月• 「795レポート」 1989年4月 - 1989年7月• 「平松愛理のTREASURE NIGHT」(・)1989年4月 - 1990年3月• 「平松愛理のWARM IN THE MOON」(FM新潟)1990年4月 - 1991年3月• 「Kiss POP SQUARE MOONLIGHT WALK」 1990年10月 - 1993年4月• 「」()金曜2部 1991年4月 - 1991年10月4日• 「4ウェイミュージックストリート」(FM仙台・・・・)1991年6月 - 1994年8月• 「MELODY FARM」 NACK5 1991年10月 - 1992年3月• 「」(・・ラジオ大阪)1992年10月 - 1993年4月、1993年10月 - 1994年4月、1994年10月 - 1995年4月• 「ヨコハマラジオナイト My Pop Sketch」 1992年10月 - 1994年4月• 「Radio Pop Sketch」 FM yokohama 1994年4月 - 1997年3月• 「TO BE YOUR STYLE」 1994年7月 - 2002年4月• 「79. 5FM『JYOSHI BEYA』」 2004年4月 - 2004年12月• 「愛イ理アンSpace」 2007年10月 - 2007年12月• 「」(、)2016年10月 - 2020年6月• 「・ミッドナイトトーク」()偶数月第1週土曜日担当 2019年4月 -• 2002年4月に上述の通り活動休止を余儀なくされ、このライブの開催も危ぶまれたが、当時毎年の開催の場('00~'05年)であったライブハウス・チキンジョージ(神戸市中央区)側の懸命なスケジュール調整や、何より震災に拘り続ける平松本人の強い意向もあり、本来休業期間とされていた間も、KOBE MEETING当日だけは公の場に姿を見せライブを敢行。 回を重ねるごとに、サンテレビジョン、、といった地元はもとより、兵庫県外のメディアからも取材を受けるようになり、この長期にわたるチャリティー活動が高く評価され、アーティスト活動再開からまる1年の2005年4月21日、平松は神戸市より「神戸大使」の委嘱を受けている。 このライブの収益およびグッズの収益等から、ライブ実施にかかる諸経費を差し引いた金額、さらに当日の会場内での募金等を併せ、毎年同市東灘区にある「あしなが育英会・レインボーハウス」へ寄付(2012年以降は前年の東日本大震災発生を受け、東北レインボーハウスの設立基金にも充当)。 ライブ当日に代表者への目録贈呈が行われている。 その理由として、近年の自然災害の多発を上げており、「神戸で学んだ助け合いの精神を、東北など、新たな被災地に伝えることが使命であると考えた」としている。 脚注 [ ] []• 120-127「クローズアップ・インタビュー シンガーソングライター 平松愛理さんに聞く• 平松愛理『ゲキツー!! 』、2001年8月。 2019年11月1日閲覧。 、朝日新聞、2015年12月13日• 『』1995年8月30日付東京朝刊。 2019年11月1日閲覧。 (2018年1月13日 日刊スポーツ)• (2019年12月4日 神戸新聞) 外部リンク [ ]• - 旧オフィシャルブログ( - 2011年10月31日)• - オフィシャルブログ(2011年11月1日 - )• hiramatsueri -• - 神戸市.

次の

【結果発表】第28回愛知ピアノコンクール

清水愛理 ピアノ

新人演奏家コンサート 様々なコンクールなどで数々の賞を受賞した未来の音楽家たちの熱演をお楽しみください。 成田萌(ヴァイオリン) 1997年生まれ。 豊橋市出身。 3歳よりヴァイオリンを始める。 2005年、愛 ・地球博にて日本弦楽指導者協会中部支部 弦楽演奏会に出演。 桜丘高等学校音楽科を経て現在愛知県立芸術大学音楽学部3年に在学中。 高校在学中に学内選抜オーディションにより第50回、第5 1回定期演奏会にソロ出演。 第27回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。 第11回ベーテン音楽コンクール全国大会第6位入賞。 14"に出演。 第20回女神湖ミュージックキャンプに参加し、吉川朝子氏、ジャン・ ムイエール氏のレッスンを受講。 これまでにヴァイオリンを寺井祥子、松本茂、白石禮子の各氏に師事。 室内楽を天野武子、桐山建志、白石禮子、百武由紀の各氏に師事。 清水愛理(ピアノ) 5歳よりピアノを始める。 2012年愛知ピアノコンクール小学3• 4年B部門、並びに連弾部門金賞、中日新聞社賞。 同受賞記念 演奏会出演。 2014年クオリア音楽フェスティバル第5回オーディション小学5• 6年部門第1位。 2015年東京ピアノコンクール 小学裔学年の部第1位。 第7回岐阜国際コンクール専門コース中学生の部第2位、併せて審査員特別賞、ジャーナリスト特別賞。 第9 回横浜国際音楽コンクール中学生の部第3位。 2016年ピアチェーレコンチェルトにてセントラル愛知交響楽団と共演。 2017年KAWAI室内楽シリーズにてセントラル愛知交響楽団と共演。 第19回日本演奏家コンクール中学生の部第1位、併せて名古屋市教育委員会賞。 第8回 クオリア音楽コンクール中学生の部第2位。 これまでに小笠原厚子、太田祐子、中沖玲子、西典代、東誠三の各氏に師事。 現在、安城市立安祥中学校3年 在学中 新野智子(フルート) 愛知県立岡崎北高等学校卒業、名古屋芸術大学音楽学部演奏学科卒業。 第7回岐阜国際音楽祭コンクール専門コース管楽器一般I部門にて第2位、ジャーナリスト賞を受賞。 第18回日本フルートコンベンション2017 にて行われたアンサンブル部門にて金賞受賞。 また2015年8月には高井優希氏の指揮により名古屋室内管弦楽団と尾高尚忠の《フルート協奏曲作品30b》を共演。 これまでにフルートを烏山暁代、麻木直喜の各氏に師事。 2017年7月、スイス・ルガーノにて開催されたTicino Musicaに 参加し、アンドレア・オリヴァ氏のマスタークラスを受講。 その他、中野真理、ハンスゲオルグ・ シュマイザー、ウルフ=ディーター・シャーフの各氏のプライベートレッスン、ジャン・ フェランディス氏の公開マスタークラスを受講。 現在東海地区を中心に演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導や音楽教室の講師等、後進の指導にも力を入れている。 細江裕樹(ピアノ) 金城学院大学卒業、愛知教育大学大学院修了。 大学在学時に山田貞夫音楽財団より音楽奨学金、大学院在学時に学科奨学金授与。 セントラル愛知交蓉楽団との演奏会にソリストとして共演。 2012年ショパン国際ピアノコンクールi n AS I A・ アジア大会入賞。 2013年ヨーロッパ国際ピアノコンクール金賞。 2015年全日本アールンピアノコンペティション1位。 2015年みどり 音楽祭総合1位。 ちりゅうフレッシュコンサートで演奏家として活動を始める。 宗次ランチタイムコンサート、第4回イメージ・ファンタジー他、コンサートに多数出演。 山崎能子、森本恵美子、関本昌平、武本京子の各氏に師事。 現 在、専門学校専任教員、短期大学非常勤講師。

次の

《クオリア音楽コンクール》第8回 結果発表|お知らせ|特定非営利活動法人 コンブリオ[con briO]

清水愛理 ピアノ

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の