ブルーハーツ 解散 理由。 【画像あり】ブルーハーツ解散後の甲本ヒロトの現在は?

ブルーハーツ解散の真相 │ 696cafe

ブルーハーツ 解散 理由

THE BLUE HEARTS B河口純之助,G真島昌利,Vo甲本ヒロト,Dr梶原徹也 ブルーハーツの解散は1995年 幅広い世代に愛され、影響を与え続ける伝説のバンド「THE BLUE HEARTS」。 ブルーハーツの解散は、1995年6月1日に甲本ヒロトより宣言されました。 冗談みたいな形で急に公表された感じですが、彼ららしいと言えば彼ららしいです。 ラジオで発表 当時のラジオを生で聴いていた方は、本当にびっくりしたと思われますが、ラジオで急に解散宣言されました。 しかも当日。 インタビュアー「今後の予定は?」 甲本ヒロト「いま決まってるのは予定は解散くらい」 … インタビュアー「いつ?」 甲本ヒロト「今日」 メンバーが宗教にハマり解散説 解散の原因はベースの河口純之助の宗教問題が主説。 それ以前に甲本ヒロトが演奏力不足などを理由に脱退を検討していましたが、河ちゃんの宗教問題が解散の決定打になったようです。 もともとヒロトは、やりたい音楽がいまのメンバーじゃできないと、ブルーハーツの脱退を考えていたみたいです。 ヒロトが言わなければマーシーが解散宣言をしてたと言う話もあります。 解散から20年以上経ちましたが、ブルーハーツのトリビュートアルバムやカバー曲は色々とリリースされています。 超豪華なメンバーで構成されたアルバムもあれば、アイドルが歌うものなど。 様々な形でブルーハーツを楽しめるので、それはそれでアリかなと思います。 「そもそも一度解散したバンドは大抵、解散時に大きな内輪モメを起こしています。 それでも再結成するのは、メンバーの多くが経済的に困って妥協した場合か、解散後に仲直りした場合のどちらかですが、JUDY AND MARYとTHE BLUE HEARTSに関しては『何があっても再結成しないだろう』と言われていますね」(マネジメント関係者) 「THE BLUE HEARTSの解散は、ベースの河口純之助が宗教法人・幸福の科学の熱心な会員となり、ファンを勧誘する騒動を起こしたことが主な原因でした。 ボーカルの甲本ヒロトとギターの真島昌利はこれに懲りて、自分たち以外のメンバーを何度も入れ替えながらバンドを続けており、現在のザ・クロマニヨンズは実質上THE BLUE HEARTSの最新版。 それだけに、再び初期メンバーを招いてバンドをやるということはあり得ません」(音楽雑誌編集者)•

次の

甲本ヒロト率いたブルーハーツの歌詞が鮮烈!解散理由はメンバーの宗教問題だった!

ブルーハーツ 解散 理由

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕 1980年代中盤から90年代中盤までに音楽シーンを塗り替えたバンド、ザ・ブルーハールを掘り下げて行きます。 プロフィール• バンド名 ザ・ブルーハーツ• 活動開始 1985年• カテゴリー ロックバンド• 所属レコード会社 イースト・ウエストジャパン 現在。 メンバーは何してる?解散の理由は?「TRAIN TRAIN」「情熱の薔薇」の誕生秘話は? 2015年にバンドは結成30周年を迎え、復活気運は高まりましたが実現せずに現在に至っています。 まあバンド再開についてはメンバーの誰かが再結成に閃きを感じてやろうと言うことにならなければ恐らく無理です。 続いてはメンバーは現在何をしているのかについて書いて行きます。 ボーカル 甲本ヒロト 甲本ヒロトさんは、ソロでの活動はしておらずザ・ブルーハーツ解散後は、ハイローズを結成、解散。 現在はクロマニヨンズを組んで活動しています。 また、甲本ヒロトさんについては何かの病気を患っているのでは無いか?と言う事や何かの薬と結び付いているのではという噂が常にあります。 ギター 真島昌利 ザ・ブルーハーツ解散後はボーカル甲本ヒロトと共にハイローズ、クロマニヨンズに参加し現在もクロマニヨンズの活動が続いています。 また、ザ・ブルーハーツ在籍時代から作詞作曲センスには定評があり、当時アイドル歌手だった近藤真彦に『アンダルシアに憧れて』を提供、現在も氣志團やのん(能年玲奈)などに楽曲提供をしています。 ベース 河口淳之介 現在の音楽活動については不明、またザ・ブルーハーツの解散原因とされる人です。 ドラム 梶原徹也 ザ・ブルーハーツ解散後いくつかのバンドを経由して現在、THUNDERBEATというバンドで活動しています。 ここまではバンドメンバーの現在について書いてきました。 ギターの真島とボーカルの甲本が現在もJ-POPの最先端で活動しており、他のメンバーについても音楽に関わっていると言う事で安心しました。 スポンサーリンク 続いてはザ・ブルーハーツの解散理由について書いて行きます。 ベース河口淳之介氏が幸福の科学に魅了され傾倒して行ったため解散したというのが理由らしいです。 その傾倒ぶりは、凄いものでベースに幸福の科学のロゴを入れてライブビデオにそのまま映っていたりとバンド周辺のスタッフ達が困惑したようです。 また、ザ・ブルーハーツに在籍していた時は宗教入信は公言されることはありませんでした。 また、当時甲本ヒロトさんがより高い音楽を目指して自身がバンド脱退を考えており、中心メンバーである彼が抜けるなら解散という流れもあったという噂もあります。 色々な複合的な理由が重なった部分があったのだろうと思います。 続いてはザ・ブルーハーツの楽曲「TRAIN TRAIN」「情熱の薔薇」について書いて行きます。 TRAINTRAINは6枚目のシングルでTBSドラマはいすくーる落書の主題歌に起用されて大ヒットを記録しました。 当時TBSで放送していたザベストテンにもランクインしましたが、一度も出演する事はなくブレイク当時からライブを大切にしていました。 続いては「情熱の薔薇」は9枚目のシングルでレーベル移籍第一弾シングルでした。 この頃屈折していた音楽活動状況であったようです。 まとめ 確かにザ・ブルーハーツの曲は歌詞と言うよりパッションを感じるものが多かった様な気がしますね。 TRAINTRAINにしても歌詞の中で使っている言葉は誰にでもわかりやすいように書かれているがその言葉で説明できない部分があの曲になった感じだと思います。 これ位のほとばしる情熱をぶつけているミュージシャンが今の時代にいるだろうかと考えるときがあります。 今はロジカルに曲を書いてこう書いたら喜ぶだろうと考えて書く事はあっても理屈じゃなくて感情だというぐらいの楽曲は少なくなった気がします。 それを考えると、活動期間は短かったけどザ・ブルーハーツに色んな物を貰ったというリスナーは沢山いすぎる程だと思いますね。 今後このようなバンドはあまり出てこないという感じは確かにありますね。

次の

ブルーハーツにまつわる宗教と3人の信者の話

ブルーハーツ 解散 理由

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕 1980年代中盤から90年代中盤までに音楽シーンを塗り替えたバンド、ザ・ブルーハールを掘り下げて行きます。 プロフィール• バンド名 ザ・ブルーハーツ• 活動開始 1985年• カテゴリー ロックバンド• 所属レコード会社 イースト・ウエストジャパン 現在。 メンバーは何してる?解散の理由は?「TRAIN TRAIN」「情熱の薔薇」の誕生秘話は? 2015年にバンドは結成30周年を迎え、復活気運は高まりましたが実現せずに現在に至っています。 まあバンド再開についてはメンバーの誰かが再結成に閃きを感じてやろうと言うことにならなければ恐らく無理です。 続いてはメンバーは現在何をしているのかについて書いて行きます。 ボーカル 甲本ヒロト 甲本ヒロトさんは、ソロでの活動はしておらずザ・ブルーハーツ解散後は、ハイローズを結成、解散。 現在はクロマニヨンズを組んで活動しています。 また、甲本ヒロトさんについては何かの病気を患っているのでは無いか?と言う事や何かの薬と結び付いているのではという噂が常にあります。 ギター 真島昌利 ザ・ブルーハーツ解散後はボーカル甲本ヒロトと共にハイローズ、クロマニヨンズに参加し現在もクロマニヨンズの活動が続いています。 また、ザ・ブルーハーツ在籍時代から作詞作曲センスには定評があり、当時アイドル歌手だった近藤真彦に『アンダルシアに憧れて』を提供、現在も氣志團やのん(能年玲奈)などに楽曲提供をしています。 ベース 河口淳之介 現在の音楽活動については不明、またザ・ブルーハーツの解散原因とされる人です。 ドラム 梶原徹也 ザ・ブルーハーツ解散後いくつかのバンドを経由して現在、THUNDERBEATというバンドで活動しています。 ここまではバンドメンバーの現在について書いてきました。 ギターの真島とボーカルの甲本が現在もJ-POPの最先端で活動しており、他のメンバーについても音楽に関わっていると言う事で安心しました。 スポンサーリンク 続いてはザ・ブルーハーツの解散理由について書いて行きます。 ベース河口淳之介氏が幸福の科学に魅了され傾倒して行ったため解散したというのが理由らしいです。 その傾倒ぶりは、凄いものでベースに幸福の科学のロゴを入れてライブビデオにそのまま映っていたりとバンド周辺のスタッフ達が困惑したようです。 また、ザ・ブルーハーツに在籍していた時は宗教入信は公言されることはありませんでした。 また、当時甲本ヒロトさんがより高い音楽を目指して自身がバンド脱退を考えており、中心メンバーである彼が抜けるなら解散という流れもあったという噂もあります。 色々な複合的な理由が重なった部分があったのだろうと思います。 続いてはザ・ブルーハーツの楽曲「TRAIN TRAIN」「情熱の薔薇」について書いて行きます。 TRAINTRAINは6枚目のシングルでTBSドラマはいすくーる落書の主題歌に起用されて大ヒットを記録しました。 当時TBSで放送していたザベストテンにもランクインしましたが、一度も出演する事はなくブレイク当時からライブを大切にしていました。 続いては「情熱の薔薇」は9枚目のシングルでレーベル移籍第一弾シングルでした。 この頃屈折していた音楽活動状況であったようです。 まとめ 確かにザ・ブルーハーツの曲は歌詞と言うよりパッションを感じるものが多かった様な気がしますね。 TRAINTRAINにしても歌詞の中で使っている言葉は誰にでもわかりやすいように書かれているがその言葉で説明できない部分があの曲になった感じだと思います。 これ位のほとばしる情熱をぶつけているミュージシャンが今の時代にいるだろうかと考えるときがあります。 今はロジカルに曲を書いてこう書いたら喜ぶだろうと考えて書く事はあっても理屈じゃなくて感情だというぐらいの楽曲は少なくなった気がします。 それを考えると、活動期間は短かったけどザ・ブルーハーツに色んな物を貰ったというリスナーは沢山いすぎる程だと思いますね。 今後このようなバンドはあまり出てこないという感じは確かにありますね。

次の