オートスウィング基準額 ゆうちょ。 「オートスウィング基準額」に関するQ&A

ゆうちょ銀行の通帳 オートスィング基準額って?

オートスウィング基準額 ゆうちょ

今ちまたで話題になっている事の一つに「ゆうちょ銀行の限度額問題」がある。 1000万円までしか貯金(預金)出来ないと言うルールというが果たして本当だろうか? 日常生活、1000万円までの制限があれば困る業種がある 主として公共料金を徴収している「電気・電話・水道」などといった事業体が限度額1000万円と言っていたら 果たして仕事になるだろうか? 上記はNTTの年商はグループ合計で10兆円規模の企業である。 それが、1000万円の制限を付けていたら果たしてどうなるのか? NTTは大手だから例外だとか、元々国営だからといった事があるからと思われるが 実際の所、この件にはカラクリがあり 1000万円以上、預ける事が出来る事が可能だと言うこと。 一般の利用者でも可能な事なので、参考までにご案内したい。 ゆうちょ銀行の口座種別には、大きく「総合口座」と「振替口座」の2つがある。 普段、キャッシュカードを持っている口座はいわゆる「総合口座」と呼ばれるものだ。 一方で、キャッシュカードや通帳は無いが、口座番号が存在するのが「振替口座」の存在である。 今回、問題になっているのが「総合口座」の上限が1000万円以上預けられるように変更できないか?と言う事だが 振替口座の場合は、「預け入れ金額に上限が無い」 つまり、1000万であろうが、1億であろうが、1兆円であっても「預け入れ可能」になると言うこと。 預け入れに上限が無いのが「振替口座」のメリットだ。 じゃあ、みんな「振替口座」にしてしまえば良いのに?? と思うだろう。 しかし、そうは問屋はおろさない。 と言うべく、総合口座との違いがある 一つが、前述したように「キャッシュカード」というのが無い。 さらに、「通帳」もない つまり、ATMで残高照会や振込といった事が一切できないのである。 口座から出金するときは、指定された窓口営業時間内(通常は9時から16時)に届出印をもって払出請求書を用意し、手続きを行う。 入金をする場合は、出金時と同じ、指定された窓口または、口座へ振込(電信送金)という方法をとらねば、ならず即時性には乏しい。 しかし、「預け入れ上限額」が無いと言う魅力がある さらに、1000万円の上限を引き上げろと言う反面、上限が無い振替口座との違いは「預金利息」の存在である。 総合口座は「預金利息付与型」であるのに対し、振替口座は「無利子」である。 つまり、1000万円預ければ、いくらか「利息」が付くのにたいし、振替口座はいつまでたっても「0円」なのだ。 この点がさらなる違いといえる。 総合口座は、預金保護法で1000万円までの元本保証であるが、振替口座は全額保証である点も大きく異なる。 総合口座は広く個人に浸透しているが、振替口座は企業が主であること。 こういった事をふまえ、ゆうちょ銀行の「総合口座=普通預金」と「振替口座=当座預金」という構図が描かれる。 当座である性質を持っているため、「小切手」がある。 1000万円までしかもてないと、言うよりは「1000万円以上持つなら=振替口座」の開設を行えば良いと 先に述べた、決済の不便性を解消するためには「ゆうちょダイレクト=利用料無料」を用いることで、通常の入金は振替口座、小口現金が必要な時は総合口座にゆうちょダイレクトで資金移動を行えば良いと思う。 1000万円以上のお金を預けるなら、複数の銀行に分散して預金するしか無いだろうか。 結論として 1000万円以上ゆうちょ銀行に預けるなら「振替口座」を作る必要があること ただし「無通帳・無キャッシュカード・指定局のみ出金・利息は無し」 と言う条件が付くこと 「利息も欲しい」「キャッシュカードも必要」 と言うならば、やはりこれまで通りの枠組みで行うしか無いだろうか。 ちなみに「振替口座」はだれでも開設が可能であるため、最寄りの郵便局で開設してみるのも良い。 開設条件は普通口座開設と差は無い。 そんな訳で、1000万円の謎でした — posted by おおくす@ai2station at 10:53 pm.

次の

郵便局の送金サービス 使いこなしガイド

オートスウィング基準額 ゆうちょ

ゆうちょ銀行には民営化後も貯金額の上限が設けられていて、2016年4月に変更があり現在その金額は1300万円です。 2016年4月1日(金)から、ゆうちょ銀行にお預け入れいただける貯金の預入限度額がお1人さま1,000万円から1,300万円に変更となりますので、お知らせします。 ではゆうちょ銀行で貯金額が1300万円を超えた時に何が起こるのかというと、内容証明でお知らせが届くことがあるようです。 お知らせの内容は貯金額が上限を超えたことと、上限以下になるように貯金額を減らす事をすすめるものらしいですが、実は1300万円を超えたまま放置しても実際は何も支障は無いようです。 ただ、上限を超えた部分の貯金には利子が付かなくなるだけです。 限度額を超えた分は振替口座(民間銀行の決済用普通預金口座に相当)で管理されるようになります。 という訳で、ゆうちょ銀行の上限が撤廃されなくても、1300万円以上の金額を貯金するのは可能です。 マイナス金利下の超低金利時代では、実質的には特にデメリットは無いと言えます。 普通貯金と定期性貯金を合計した上限額が1300万円ですが、普通貯金の上限額は1300万円以下で自分で設定できるようになっていて、ゆうちょダイレクトにログインすれば確認できます。 上限額は過去郵便貯金時代から何度も引き上げられているので、古くから口座を持っている人は確認してみたらいいかもしれません。 この普通貯金の上限額をゆうちょ銀行では「オートスウィング基準額」と呼び、ゆうちょダイレクトからも変更することができます。 基準額を超えた分は自動で振替口座にスイングされる訳です。 ペイオフで保護されるのが1000万円までなので、仮にオートスウィング基準額を1000万円に設定して定期性貯金がゼロなら基準額1000万円を超えた分は振替口座に入り、利子を放棄する代わりに全額保護されることになります(振替口座は全額保護の対象なので) 基準額を限度いっぱいの1300万円に設定すれば1300万円分利子が付く代わりに300万円分は保護されない事になります。 まあゆうちょ銀が破綻する事はまず考えにくいのであまり意味は無いかもしれませんが。 まとめると、 ・普通貯金と定期性貯金を合計した上限額が1300万円 ・1300万円を超えて入金されても実質的な問題はあまりない ・普通貯金の上限額を「オートスウィング基準額」と呼び1300万円以下まで変更可 ・オートスウィング基準額を超えた分は振替口座にスイングされ利子は付かない という事になります。 ただ2018年12月にこういう報道もありました。 政府の郵政民営化委員会は26日、ゆうちょ銀行の貯金の限度額を引き上げる意見書を公表した。 現在1300万円の枠を普通預金にあたる通常貯金と定期性貯金に分け、各1300万円と計2600万円に倍増させる。 決定したら記事も書き直しますが、現在通常貯金と定期性貯金で合計1300万円のところ、通常貯金と定期性貯金それぞれ別に1300万円の枠で合計2600万円になるようです。 記事の論調ではマイナス金利下で銀行側としてもただ預金を集めても運用難なので、上限額の変更はこれで打ち止めにしたいような感じです。 打ち止めならこの記事の更新も以降はしなくて済みます 笑 追記:やはり2019年4月1日に通常貯金と定期性貯金それぞれ別に1300万円の枠で合計2600万円に変更になりました。 変更後の解説記事は以下の通りです。

次の

団体名で「ゆうちょ銀行口座」を開設する・利用申込書の記入例

オートスウィング基準額 ゆうちょ

今ちまたで話題になっている事の一つに「ゆうちょ銀行の限度額問題」がある。 1000万円までしか貯金(預金)出来ないと言うルールというが果たして本当だろうか? 日常生活、1000万円までの制限があれば困る業種がある 主として公共料金を徴収している「電気・電話・水道」などといった事業体が限度額1000万円と言っていたら 果たして仕事になるだろうか? 上記はNTTの年商はグループ合計で10兆円規模の企業である。 それが、1000万円の制限を付けていたら果たしてどうなるのか? NTTは大手だから例外だとか、元々国営だからといった事があるからと思われるが 実際の所、この件にはカラクリがあり 1000万円以上、預ける事が出来る事が可能だと言うこと。 一般の利用者でも可能な事なので、参考までにご案内したい。 ゆうちょ銀行の口座種別には、大きく「総合口座」と「振替口座」の2つがある。 普段、キャッシュカードを持っている口座はいわゆる「総合口座」と呼ばれるものだ。 一方で、キャッシュカードや通帳は無いが、口座番号が存在するのが「振替口座」の存在である。 今回、問題になっているのが「総合口座」の上限が1000万円以上預けられるように変更できないか?と言う事だが 振替口座の場合は、「預け入れ金額に上限が無い」 つまり、1000万であろうが、1億であろうが、1兆円であっても「預け入れ可能」になると言うこと。 預け入れに上限が無いのが「振替口座」のメリットだ。 じゃあ、みんな「振替口座」にしてしまえば良いのに?? と思うだろう。 しかし、そうは問屋はおろさない。 と言うべく、総合口座との違いがある 一つが、前述したように「キャッシュカード」というのが無い。 さらに、「通帳」もない つまり、ATMで残高照会や振込といった事が一切できないのである。 口座から出金するときは、指定された窓口営業時間内(通常は9時から16時)に届出印をもって払出請求書を用意し、手続きを行う。 入金をする場合は、出金時と同じ、指定された窓口または、口座へ振込(電信送金)という方法をとらねば、ならず即時性には乏しい。 しかし、「預け入れ上限額」が無いと言う魅力がある さらに、1000万円の上限を引き上げろと言う反面、上限が無い振替口座との違いは「預金利息」の存在である。 総合口座は「預金利息付与型」であるのに対し、振替口座は「無利子」である。 つまり、1000万円預ければ、いくらか「利息」が付くのにたいし、振替口座はいつまでたっても「0円」なのだ。 この点がさらなる違いといえる。 総合口座は、預金保護法で1000万円までの元本保証であるが、振替口座は全額保証である点も大きく異なる。 総合口座は広く個人に浸透しているが、振替口座は企業が主であること。 こういった事をふまえ、ゆうちょ銀行の「総合口座=普通預金」と「振替口座=当座預金」という構図が描かれる。 当座である性質を持っているため、「小切手」がある。 1000万円までしかもてないと、言うよりは「1000万円以上持つなら=振替口座」の開設を行えば良いと 先に述べた、決済の不便性を解消するためには「ゆうちょダイレクト=利用料無料」を用いることで、通常の入金は振替口座、小口現金が必要な時は総合口座にゆうちょダイレクトで資金移動を行えば良いと思う。 1000万円以上のお金を預けるなら、複数の銀行に分散して預金するしか無いだろうか。 結論として 1000万円以上ゆうちょ銀行に預けるなら「振替口座」を作る必要があること ただし「無通帳・無キャッシュカード・指定局のみ出金・利息は無し」 と言う条件が付くこと 「利息も欲しい」「キャッシュカードも必要」 と言うならば、やはりこれまで通りの枠組みで行うしか無いだろうか。 ちなみに「振替口座」はだれでも開設が可能であるため、最寄りの郵便局で開設してみるのも良い。 開設条件は普通口座開設と差は無い。 そんな訳で、1000万円の謎でした — posted by おおくす@ai2station at 10:53 pm.

次の