インスタ チェッカー エンゲージ と は。 エンゲージメントとは?インスタグラムで使う数値の見方

Twitterのインプレッション数とは?ツイートが何回見られたか確認する方法【Twitterアナリティクス】

インスタ チェッカー エンゲージ と は

Twitterには、ツイートアクティビティという自分以外のユーザーが自分のツイートに対して行ったアクションをチェックするツールがあります。 正確には、このツイートアクティビティという機能はTwitterアナリティクスの機能の一部です。 さらにツイートアクティビティにはインプレッションという項目が用意されていて、ツイートが何回見られたかを各ツイート毎に確認することができるのです。 インプレッションとは、ユーザーが自身のツイートを表示した回数です。 つまり、インプレッションは貴方のツイートを見る為のきっかけを示す回数となります。 Twitter利用者にとってとても重要なのがこのインプレッションという項目なのです。 今回はそんなツイートアクティビティにおけるインプレッションについて徹底解説したいと思います。 インプレッションはツイートアクティビティ内にて表示される項目ですが、ツイートアクティビティはTwitterアナリティクスがシステムとしては大元になっています。 ですので、まずはTwitterアナリティクスついて学んでいきましょう! Twitterのアナリティクスとは、Twitterアカウントの分析ツールです。 Twitter上の影響力を測り、高める為のシステムですね。 Twitterより無料公開され、TwitterユーザーならだれでもTwitterアナリティクスを利用することが可能です。 Twitterアナリティクスにて利用できるツイートアクティビティというツールでは、インプレッションやエンゲージメントなどを測り、エンゲージメント率を計算できます。 エンゲージメント率とは、自身のツイートを見かけた回数 インプレッション を実際にそのツイートに対して何らかのアクションをした回数で割った数のことを指します。 これにより、自身のツイートが何%の確率で他のユーザーからアクションをもらえるかのおおよその検討をつけるのです。 このようにTwitterユーザーが自身のツイートをよりたくさんの人達に見てもらうための補助的なツールとして利用できるのが、Twitterアナリティクスなのです。 Twitterアナリティクスは、PC パソコン もしくはAndroidやiPhoneなど、利用できる端末は多種多様です。 Twitterアナリティクスの内容を確認する方法も非常に簡単ですので、ぜひチェックしてみてください。 Twitterアナリティクスの知っておきたい用語としてはまず、『インプレッション』という用語があります。 Twitterでもツイートアクティビティ内にて表示される項目なのですが、このTwitterのインプレッションとは、自身のツイートが他のTwitterユーザーに見られた回数を示しています。 このインプレッションとは、Twitterのタイムラインや自身のアカウントページに並ぶ自身のツイートを、PC パソコン やAndroid、iPhoneなどの端末の画面上に表示された場合カウントされる数のことを指しています。 Twitterアナリティクスにて使用されているこのインプレッションとはつまり、他のユーザーが自身のツイートをチェックするきっかけがどれほどあったかを回数で表しているということですね。 当然ですが、フォロワー数の多いアカウントの場合、タイムラインは恐ろしい勢いで表示されていきます。 見られた回数 インプレッション は必ずしも重要とは言い切れませんが、どれだけ自分のツイートを見てもらえるチャンスがあったかを示してくれますので、インプレッションはデータとして非常に参考になる値かとと思います。 Twitterアナリティクスにて使用される用語には『エンゲージメント』という項目も存在します。 Twitterにおけるエンゲージメントとは、自身のツイートに対してユーザーが実際にアクションを取った回数のことを指しています。 ここでいうアクションとは、リツイートや返信、クリック、お気に入り、いいねといったアクションのことです。 つまり、このエンゲージメントこそ、Twitter上でユーザーが最も望む行動のことを指します。 さらにその回数が分かるということはTwitterでの満足度を高める重要な要素となるでしょう。 実際には、次に紹介する『エンゲージメント率』という値を出す為の計算式に用いるのがこのエンゲージメントです。 ツイートアクティビティはPC パソコン でもスマホ AndroidやiPhone でもチェックできますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 では続いてAndroidでTwitterのインプレッション ツイートが何回見られたか を表示する方法ですが、方法はiPhoneと変わりません。 まずTwitterへログインしてください。 すると、画面下部に『ツイートアクティビティを表示』という項目があるかと思います。 こちらをタップしましょう。 その後画面下部にある『ツイートアクティビティを表示』をタップすると、ツイートアクティビティの画面へ移行します。 このツイートアクティビティ内に『インプレッション』という項目が表示されているのを確認できるかと思います。 インプレッションのすぐ下には、『ユーザーがTwitterでこのツイートを見た回数』と分かりやすく説明が記載されていますね。 ここまでがAndroidでTwitterのインプレッションを表示させる方法となります。 インプレッションのことを考えるということは、他のTwitterユーザーに自分のツイートを見てもらう為の最初の一歩の段階です。 インプレッション 見られた回数 が少ないということは、ツイートを見てもらう回数が少ないということです。 つまり、インプレッション 見られた回数 を増やすということはバズるきっかけにもなります。 実際のアクションであるエンゲージメントについ意識がいってしまいますが、このインプレッション 見られた回数 こそ他のユーザーにたくさん見てもらう為の最大の要因ですので、このインプレッション 見られた回数 を増やすことを視野に入れてツイートしてみてくださいね。 せっかくTwitterのツイートアクティビティについて触れたので、Twitterにおけるインプレッション数の平均を上げる方法についても検討していきましょう。 インプレッションを上げるには、まず投稿頻度を上げる必要があります。 投稿頻度を上げれば、それだけ見てもらえる インプレッション 数が増えますからね。 とはいえ、やりすぎると逆に問題です。 インプレッションは増えますが、ウザイアカウントとして勘違いされて肝心のエンゲージメント数が下がる可能性もあります。 マナーは守りつつTwitterを楽しむというのが重要ということですね。 そのほかにもインプレッションを上げる方法として、ハッシュタグを使用する方法があります。 これはフォロワー以外にも見てもらう インプレッションを上げる 方法です。 Twitter上で検索する人達が、ハッシュタグをもとに検索に引っかかって自身のツイートを見てくれるようになる=インプレッションが増すのです。 トレンドをチェックすることもインプレッションを上げる手法の一つでしょう。 Twitterは面白い投稿であればどんどんリツイートされ、インプレッションも跳ね上がるケースがあります。 バズるツイートはインプレッションもきっとものすごい数になっているでしょう。 筆者は一度もバズったことはないのですが、一度は経験してインプレッションがどれだけ跳ね上がるのか見てみたいなとは思っています。 さて、今回はツイートアクティビティにおけるインプレッションについて解説してみました。 いかがだったでしょうか。 インプレッションはツイートが画面上で表示された回数のことです。 他のユーザーが貴方のツイートをチェックするきっかけとなる回数がインプレッションとなります。 インプレッションを増やすことは、貴方のツイートを見てもらう為のきっかけを増やすということです。 よりTwitterを楽しむ為にも、インプレッションは非常に重要な項目となります。 今回取り上げたインプレッションを高める方法は様々な人達が活用している手法ですので、インプレッションを高める際はぜひ活用してみてください。 インプレッションの増加を狙ってツイートした結果どうなるのか、PDCAを回して運営するとより本格的にフォロワーの増加が見込めるかもしれませんよ。 それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。

次の

Instagramのリーチ数を増やすには“タグ映え”が重要。ハッシュタグの関連性を把握する

インスタ チェッカー エンゲージ と は

「エンゲージメント率」は、InstagramなどのSNSを運用する際に重要とされる指標です。 しかし、「聞いたことはあるけれど、よくわからない」という方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、エンゲージメント率の基礎知識について解説します。 具体的には、Instagramを中心に ・エンゲージメント率とは何か? ・エンゲージメント率が重要な理由 ・エンゲージメント率の計算方法 ・エンゲージメント率を上げる方法 ・エンゲージメント率アップを狙うときの注意点 を詳しく解説します。 ご一読いただき、ぜひ業務にお役立てください。 エンゲージメント率とは何か? 一言でいうと、「 投稿に対してどれだけのユーザーが反応(エンゲージメント)したかを割合で示したもの」です。 そもそも「エンゲージメント(engagement)」とは、「約束」や「婚約」を意味します。 エンゲージリング(婚約指輪)という言葉を知っている方は多いでしょう。 つまり、マーケティング用語としてのエンゲージメントは、「ブランドや商品に対する消費者の愛着や結びつき」を意味しているのです。 さらに、そこから意味が広がり、InstagramなどのSNSにおいて「 投稿に対するユーザーの反応」を指すようになりました。 具体的には、「いいね!」「コメント」「保存」などのアクションを指します。 SNSによって設定されたエンゲージメントとは異なります。 エンゲージメント率が重要な理由 エンゲージメント率が重要な理由は、大きく分けて3つあります。 以下で詳しく見ていきましょう。 ユーザーとの結びつきを知る目安になる エンゲージメント率をチェックすることで、ユーザーの興味関心や、閲覧者との結びつきの強さを把握できます。 そのため、 企業にとってSNSアカウントの運用指標となるのです。 アルゴリズムによって、投稿の露出が高まることが期待できる エンゲージメント率がアップすれば、各SNSのアルゴリズムによって、より多くの人々の目に触れることが期待できます。 いいね!やコメントが多いことは、それだけ質の高い投稿だと考えられるためです。 ユーザーに対する影響力が高いと見なされる かつては、フォロワーが多い人ほど影響力があると考えられてきました。 しかし近年では、もうアカウントを使っていないユーザーがいたり、フォロワーの売買が行われたりなど、単純に「フォロワーが多い=影響力が強い」とは言えなくなってきました。 その点、エンゲージメント率の高さはユーザーとの結びつきの強さを表すため、 エンゲージメント率が高いアカウントほど閲覧者に対する影響力があると考えられます。 エンゲージメント率の算出方法はSNSによって異なりますが、いずれもしっかり計算して現状を把握し、運用のために活用していきましょう。 Instagramのエンゲージメント率の計算方法(参考:Facebook、Twitter) ここからは、Instagramにおけるエンゲージメント率の計算方法を解説します。 なお、参考までに、FacebookとTwitterのエンゲージメント率についてもご紹介します。 Instagramのエンゲージメント率の計算式 Instagramには、公式の計算式はありません。 分子にあたる「エンゲージメント」については「いいね!、コメント、投稿の保存」の3種類と定義されているため、分母は自分で決めることになります。 つまり、 Instagramのエンゲージメント率= エンゲージメント(いいね!、コメント、投稿の保存)/X となります。 このX部分についてよく使われる数値は、 ・フォロワー数 ・インプレッション数(投稿が見られた回数) ・リーチ数(投稿を見た人の数) です。 割合が増えた、減ったなどの比較ができればいいので、分母には好きな数値を入れて問題ありません。 ただし、一度分母の数値を決めたら、その後は変えないようにしましょう。 なお、フォロワー数については、前述のとおり売買されている可能性があるほか、もうInstagramを使っていないユーザーも含まれている可能性があるので注意が必要です。 Facebookのエンゲージメント率の計算式 Facebookでは、インサイトで数値を確認できるほか、算出方法も掲載されています。 式は以下のとおりです。 Facebookのエンゲージメント率= エンゲージメント(いいね!、コメント、シェア、クリックをした人数)/投稿のリーチ数(投稿を見た人の数) Twitterのエンゲージメント率の計算式 Twitterでは、アナリティクスから割合をチェックでき、算出方法も掲載されています。 式は以下のとおりです。 Twitterのエンゲージメント率= エンゲージメント(クリック、リツイート、返信、フォロー、いいね)の数/インプレッション(ユーザーがツイートを見た回数)の合計数 エンゲージメント率を上げる方法 エンゲージメント率を上げるためには、なんといっても良質な投稿内容と戦略が重要です。 以下で、具体的な方法をご紹介しましょう。 投稿前にペルソナ設定をする(途中で軌道修正も可) まずは、エンゲージメントを数多く得られるよう、投稿に反応してほしいターゲット設定をしっかり行いましょう。 ターゲットは、年齢やライフスタイルなどを細かく想定した「ペルソナ」を作るのがおすすめです。 具体的な人物像が浮かび上がるため、投稿内容の検討や、世界観の統一が進めやすくなります。 もし、運用の方向性とペルソナがいまいち噛み合わないと感じれば、途中で軌道修正してもよいでしょう。 投稿時はハッシュタグをつけ、検索にヒットしやすくする 近年は Instagramを検索エンジン代わりに利用するユーザーが増加しています。 そこで重要となってくるのが、ハッシュタグの活用です。 特に新規ユーザーを獲得する際には、ハッシュタグを使って、ユーザーの目に触れる可能性を高めましょう。 ただ、投稿と無関係のハッシュタグをつけたり、数が多すぎたりするのは悪印象ですので、節度を心がけましょう。 コメント返信やいいね返しなど、ユーザーと密なコミュニケーションを取る 運用方針によって異なりますが、より高いエンゲージメント率を狙うなら、 ユーザーと積極的にコミュニケーションを取り、関係性を深めていく必要があります。 ここで言うコミュニケーションとは、コメント返信や、いいね!を返す、フォローバックをするなどのアクションを指します。 もし全ての反応に返信しきれない場合は、「常にコメントは読んでおり、感謝している」などの文章を投稿に付け加えてみましょう。 キャンペーンを開催する キャンペーンは、ユーザーの注目だけでなく、エンゲージメントを集める手段として効果的と言えます。 よく行われているのは、ユーザーが 「いいね!」や「コメント」をつけるユーザー参加型キャンペーンです。 商品やブランドのアピールになることはもちろん、エンゲージメント率のアップにもつながります。 また、特定のハッシュタグを考案し、キャンペーンの条件としてそのハッシュタグをつけて投稿してもらえば、情報拡散の効果も期待できます。 競合他社の投稿を分析する 競合他社のアカウントがある場合、その企業の投稿にどれだけ反応があるのかを調べて、自社アカウントの運用に活かしましょう。 フォロワー数のほか、いいね!やコメント数は誰でも見られるため、ちょうどよい比較対象にもなります。 競合アカウントがどんな内容の投稿をしているのか? どの投稿にコメントやいいねが集まっているのか? などを分析し、参考になる部分を自分の投稿に反映させましょう。 インフルエンサーの力を借りる 投稿すれば、常に いいね!やコメントがつくような人々にインフルエンサーになってもらい、自社のエンゲージメント獲得を高める手法もあります。 フォロワー数が全てではないといっても、ファンが多いインスタグラマーの影響力は、やはり絶大です。 エンゲージメント率アップを狙うときの注意点 エンゲージメント率を上げるにあたって、以下の3つに注意してください。 フォロワーが増えるとエンゲージメント率は下がる傾向あり フォロワーが増え始めると、それに伴ってエンゲージメント率が下がることがあります。 これはファンが減ったのではなく、 分母が大きくなり、相対的に数値が下がってしまうことが考えられます。 よって、いかに分子(エンゲージメント数)を増やすかが重要な課題となります。 エンゲージメント率が下落し続けている場合は、運用方針や内容の改善を検討してみてください。 過剰な投稿はユーザーに敬遠されるリスクあり Instagramを頻繁に更新することは大切なのですが、1日に何度も投稿するのはおすすめできません。 なぜなら、 フォロワーのフィードに特定ユーザーの投稿がいくつも並ぶことになり、人によっては不快に思われてしまう可能性があるからです。 そのリスクを避けるためにも、 ・1日1〜2投稿にする ・複数の写真は1つの投稿にまとめる ・ストーリー機能を使う などで対応するのがおすすめです。 投稿時間によってはユーザーに見られない可能性あり せっかく質の高い投稿をしても、ターゲットユーザーが見てくれなければ、エンゲージメントの獲得につながりません。 Instagramでは、インサイトでアクセスが多い時間帯を調べることができます。 ビジネスプロフィールを設定すると見ることができるので、これを活用して投稿時間を工夫してみましょう。 【参考までに】昨年のデータによると、 全曜日の21時~22時台(夕食後)、平日の7~8時台(通勤・通学時間)、12時台(ランチタイム)にアクセスが集中していたようです。 まとめ エンゲージメント率は、ユーザーとの結びつきの強さを示し、どれだけ自社ブランドが認知されているのかを知るのに役立つ指標です。 しかし、単に「エンゲージメント率を上げたい」と思っても、「効果が出なかったらどうしよう」という不安もあるでしょう。 そんな方は、SNSプロモーションをおこなっている企業や代理店に任せるのもひとつです。 ハイウェルでも、InstagramをはじめとしたSNSによるプロモーション事業支援を行なっております。 エンゲージメント率アップを含め、Instagramの運用についてお悩みの点などがございましたら、ぜひハイウェルまでお問い合わせください。 >><<.

次の

Instagramのエンゲージメント率とは?上げる方法は?計算式や注意点もご紹介!

インスタ チェッカー エンゲージ と は

そうすると閲覧者リストが表示され、ストーリーを見てくれたユーザーの名前やユーザーネームを確認できます。 この閲覧者リストにはフォロー外のユーザーや鍵垢も表示されるので、自分が誰かのストーリーを見る際はくれぐれもご注意ください。 また、24時間が経過してアーカイブに移動したストーリーは閲覧者リストが見れません。 ハイライト ハイライトと呼ばれる機能を使うと、上記でご紹介したストーリーを24時間経った後も自分のプロフィールページで公開できます。 投稿から24時間経過したストーリーをハイライトとして公開しても足跡はつかないのですが、24時間以内に公開した場合はストーリーと同じように足跡がつきます。 足跡の確認方法もストーリーと同じです。 インスタライブ インスタでライブ動画を配信できるインスタライブも誰が視聴してくれているのか確認できます。 視聴者数 画面上部の視聴者数をタップするとリアルタイムで見てくれているユーザーを確認できます。 ライブ終了画面 配信者はライブ終了画面でユニーク視聴者数と視聴者のアイコン・ユーザーネームを一部確認できます。 ですので、視聴者数の少ないインスタライブを視聴した場合は、ライブ終了画面に自分のユーザーネームやアイコンが表示される可能性があります。 ユーザーネームやアイコンの表示基準は明らかにされていないのですが、以下のような基準で表示されているものと思われます。 プロフィールページの閲覧• フィードの写真や動画の閲覧• ユーザー検索• IGTVの閲覧 IGTVには足跡を連想させるインサイト機能があり、そちらに「エンゲージメント」や「オーディエンスリテンション」といった項目があるのですが、これらは足跡には該当しないのでご安心ください。 2020年現在、インスタの足跡確認アプリはある? ストーリーやハイライトなどの足跡(閲覧履歴)は、インスタの公式アプリに標準で備わっている機能ですが、公式以外で足跡を確認できるアプリはあるのでしょうか? 結論を申し上げると、そのようなアプリは存在しません。 以前、誰かに自分のインスタグラムのプロフィールを見られたら通知を送信してくれるアプリという触れ込みで、「Followly」というアプリの広告がYouTubeで大々的に流れていたことがあります。 しかし、広告で紹介されていた「プロフィール閲覧者」という項目は存在しませんでした。 代わりに「プロファイルインタラクター」と呼ばれる、それらしき機能が用意されているのですが、こちらはただ単に自分の投稿にいいねしてくれたユーザーが表示されるだけで、尚且つ課金しないと見られない有料機能でした。 ですので、誰かがあなたのプロフィールを見ても通知されることはありません。 Followlyに似たアプリの例をもう一つ挙げると、あなたのインスタをストーカーしている隠れファンが知れる「Insta チェッカー」というアプリの広告も話題になりました。 このエンゲージ(反応)の回数がプロフィールを見た回数だと思われがちだったのですが、実際の所は自分がフォローしているユーザーでプロフィールを覗く可能性が高いユーザーが表示されているだけでした。 他にも古くは「insta fans catcher」や「Websta」といったアプリやサイトがあったのですが、いずれも正確に足跡を確認できるサービスではなく現在は閉鎖されています。 悪質なケースだと「InstaAgent」というアプリはインスタの足跡が見れると謳い、その実態はパスワードを盗み取るマルウェアだったというケースもあります。 (参考:) インスタが外部アプリの開発者向けに公開しているには、ユーザーのプロフィール情報や投稿にアクセスできる権限があるので、同じアプリの利用者でかつアプリ内で閲覧した人を調べる足跡アプリの制作は可能です。 ですが、そのような足跡は多くの方が確認したい足跡とは異なりますし、InstaAgentのような危険性もあるので、インスタの足跡が見れると謳うアプリが登場しても興味本位で利用しないことをおすすめします。 まとめ インスタの足跡を見る方法や足跡アプリに関する解説は以上です。 ストーリーやハイライト・インスタライブで足跡をつけてしまっても、アカウントを一時停止すれば足跡を消すことができます。 厳密にはアカウント削除でも足跡を消せるのですが、こちらは現実的な方法ではないので、足跡を消したい場合はアカウントを一時停止して24時間以上経ってから再開してください。

次の