喪中 なのに 年賀状 を もらっ たら。 喪中に年賀状が届いたら返事はどうする?返事の文例とメールではNG?

喪中に年賀状が届いた時は?

喪中 なのに 年賀状 を もらっ たら

スポンサーリンク 喪中に年賀状をもらったらどうする? 喪中に年賀状が届いた場合、こちらから年賀状を返すことはできません。 それが喪中という風習ですからね。 なので、寒中見舞いにて返事をすることになります。 ちなみに、喪中というのは年賀状を出す側の話だけで、年賀状をもらう側には関係がないということを知っていましたか? 喪中の人が年賀状を出すことは避けたほうが良いとされていますが、喪中の人に年賀状を出すことは厳密にはタブーではないのです。 なので、喪中なのに年賀状が届いたからといって、必要以上に腹を立てないようにしましょうね。 喪中の年賀状への返信はいつすればいい? 年賀状の返信を寒中見舞いで行うことはわかりましたが、じゃあその寒中見舞いはいつ出せばいいのかも悩みどころですよね。 年賀状は1月1日に届くものですが、寒中見舞いにも出す時期というものがあるのです。 基本的には、寒中見舞いのはがきは松の内(1月7日)から立春(2月4日頃)の間に出すことが正しいとされています。 なので、もし年賀状が1月1日に届いたとしても、慌てて返信するのではなく、1月7日まで待ってから返信するようにしましょう。 もちろん、1月7日よりも早く返信することが完全に悪いこととは言いません。 1週間経っても年賀状の返信がないと、何かあったのではないかと心配になってしまうかもしれませんしね。 ですが、マナーとしてはむしろ1週間待ったほうがよいのです。 寒中お見舞い申し上げます。 このたびは、ご丁寧なお年始状を頂き、有り難く存じます。 亡父の喪中につき、年始の挨拶を控えさせていただきました。 厳冬の折、皆様お元気でお過ごしくださいますよう。 ここで細かいポイントとしては、寒中見舞いではおめでたい単語を使わないように言い換えるということです。 例えば、「年賀」という単語は「賀」という言葉が入っていますよね。 この「賀」はおめでたい言葉とされているので、こういった寒中見舞いでは避けるのが正解です。 今回の例文では、「お年賀状」を「お年始状」と言い換えています。 他にもうっかり使ってしまう可能性がある忌み言葉としては、「重ね言葉」が挙げられます。 これは、「ますます」「重ね重ね」など、言葉を2回重ねる単語を指します。 言葉が繰り返されることから、不幸が重なることが連想されてしまうからです。 そのため、一度文章を書いたら、再度読み返して、このようなタブーに触れていないかをチェックするほうが確実でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 喪中といえど、基本的には年賀状を受け取ること自体はタブーではありませんので、そのまま受け取って、寒中見舞いにて返信を行いましょう。 その際は、1月7日を過ぎてから投函すればよいので、急ぐ必要はありません。

次の

喪中の年賀状は子供も出しちゃだめ?年賀状が来た場合の返事は?年賀状の喪中期間もご紹介。

喪中 なのに 年賀状 を もらっ たら

【書く内容】• 喪中はがきを頂いた事に対するお礼• 励ましの言葉・近況• あなたも年賀状を遠慮させていただく旨 あなたが、亡くなった方の葬儀に出席していたり、すでに相手から不幸があったことを聞いていた場合は、喪中はがきを送ってもらった事への お礼、そして、あなたからの新年の 年賀状も遠慮させていただくことなどを書きましょう。 また、相手は喪中で年賀状が来なくなるたため、寂しい思いをしているかもしれません。 励ましの言葉や近況などを付け加えると良いですね。 喪中はがきを頂いた事に対するお礼• 不幸があったことを知らなかった無礼を詫びる• お悔やみの言葉を伝える• 励ましの言葉・近況• あなたも年賀状を遠慮させていただく旨 少し遠い人であったり、相手が遠慮して知らせなかった場合などだと、喪中はがきが来るまで、不幸があったことを知らない事がありますね。 もちろん知らなくてもあなたのせいではありませんが、そんな場合は必ず、 不幸を知らなかった事に対するお詫びと お悔やみの言葉を書き加えましょう。 3,000円程度のもので大丈夫です。 仏壇があることが分かっている場合は、お線香がおすすめです。 もちろん故人とあなたの関係にもよりますので、必ずしも贈る必要はありません。 個々で判断してくださいね。 寒中見舞いでの返信 寒中見舞いとして返事をする場合は、出す時期が決まっていますので注意が必要です。 通常、挨拶として出す場合の「寒中見舞い」は小寒(1月5日頃)から立春(2月4日頃)に出しますが、喪中はがきへの返信で出す場合は、お正月の松の内が過ぎた、 1月8日から2月4日の間に出すようにしましょう。 書く内容は、最初の部分以外は、喪中見舞いと基本的には同じです。 ただし、1月8日以降に出すものなので、年賀状欠礼を詫びる部分では、「年賀状を遠慮した」と 過去形で書きます。 亡くなっていたことを知っていた場合 【書く内容】• 喪中はがきを頂いた事に対するお礼• 不幸があったことを知らなかった無礼を詫びる• お悔やみの言葉を伝える• 励ましの言葉・近況• 内容については、上でご紹介したものを参考にしてくださいね。 仲の良い相手なので、あまり堅苦しくする必要もありませんね。 不幸があって間がない場合は、励ましの言葉はもちろん、近況などを伝え合って、元気づけてあげてくださいね。 喪中はがきを受け取ったら返事をしよう 喪中はがきを受け取ったら、相手を思いやる気持ちを持っていても、なんとなく伝えづらくて、そのままにしておくことが多いと思います。 もちろん、返事をしなくても問題はありませんが、わざわざはがきを送ってくれた相手ですので、できるだけ返信はしておきたいところですね。 そんな場合は、ぜひ 喪中見舞い、 寒中見舞いを出してみてください。 また、人によっては、寂しくなるので年賀状を出してもらってもいいという内容のことが、喪中はがきに書いてあることがあります。 その場合には、相手を元気づける意味でも、普通に年賀状を出しましょう。 喪中はがきの内容は、しっかり読んで確認してくださいね!.

次の

喪中なのに年賀状が来たら?喪中だけど年賀状をもらった時の返信は?サンプル有

喪中 なのに 年賀状 を もらっ たら

喪中の間は祝賀会のようなめでたい行事を避ける慣習があるため、親しい人に『喪中はがき』を出して年始を祝えないことをお知らせします。 喪中はがきを書くときに押さえておきたいポイントや、喪中に年賀状をもらったときの対処法をチェックしましょう。 なぜ喪中に年賀状を出してはいけないの? 喪中は家族が亡くなって、喪に服す期間中のことを指します。 喪中期間中に注意すべきことをまとめました。 祝い事を控える習慣がある 喪中に年賀状を出さない理由を知るには、年賀状を出す目的について理解を深めることが大切です。 年賀状は『知人やお世話になった人に出す新年の挨拶状』で、これまでの関係に感謝しこれからも関係を続けていくことを目的に出します。 年賀状はたいていの場合、新年を祝う言葉とセットで出すものです。 喪中は『家族を失った悲しみを癒やすための期間』にあたるため、祝い事は控えられています。 近い関係の人を失ったときは、お祝いの言葉が必要な年賀状を出したり受け取ったりしないのが一般的です。 代わりに喪中はがきを出すのが一般的 家族を失ったときは、年賀状を出さない代わりに喪中はがきを出します。 喪中はがきは新年を祝福するために出すのではなく、新年の挨拶ができないことを詫びるためのものです。 年賀状を出さないことは簡単ですが、受け取らないようにするには喪中であることをあらかじめ周囲に知らせなければなりません。 葬儀から時間がたっている場合、うっかり忘れて年賀状を出してしまうこともあると考えられます。 もし、家族葬や小規模な葬儀をした場合、すべての知り合いを招けないでしょう。 亡くなったことを知らずに年賀状を出す人がいても仕方ありません。 年賀状の欠礼の挨拶とともに故人が亡くなったことを知らせる手段の一つとして、1950年代後半頃から、一般の家庭でもなじみのある存在となっています。 誰に?いつまで?喪中はがきのマナー 親戚がたくさんいる人や積極的な親戚付き合いをしている人の場合『亡くなった人との間柄』によって、喪中はがきを出すべきかどうかが決まります。 いつまでに、どの程度の範囲まで喪中はがきを出せばよいのでしょうか。 出す親族の範囲はどこまで? 一般的には『二親等まで』の近い関係性の身内が亡くなった場合に、喪中はがきを出します。 二親等は近い血縁者のことです。 会社の忌引休暇でも二親等までと決められていることが多いでしょう。 具体的には、祖父母・両親・兄弟姉妹・子供・孫が二親等に該当します。 家系図を見るとよくわかりますが、本人を基準にして二つまで上がったり下ったりできる『直系』の家族と覚えておきましょう。 両親の兄弟姉妹は直系ではなく『傍系(ぼうけい)』にあたります。 たとえ日頃から親しい関係だったとしても、叔父・叔母・従姉などが亡くなった場合は喪中はがきを出す必要はないという考え方です。 送る相手は故人との関係性を見て臨機応変に 例年新年の挨拶を交わす関係で、年賀状がくることを予測できる人に喪中はがきを出します。 親戚だけでなく故人と特に親しかった人にも、知らせておきましょう。 例えば、故人が闘病中に見舞いにきてくれた人や、仕事関係でお世話になった人などの顔を思い浮かべると、知らせたほうがよい人のイメージが湧きます。 内容は亡くなった日時と年齢、生前の付き合いに対する感謝に留めて、近況報告は別の機会に送るようにしましょう。 失礼にならない投函時期 喪中はがきを送る場合、クリスマス頃になってしまうと年賀状の準備をすっかり終えている可能性があります。 年賀状の投函受付を開始するのは例年『12月15日』頃です。 逆算して喪中はがきを出せば、すでに用意した年賀状が無駄になることはありません。 できれば年賀状の準備を始める『12月の最初の週まで』に出しましょう。 後回しにしていると年末の忙しさに紛れて、喪中はがきの手配を忘れてしまう可能性があります。 四十九日が過ぎてひと段落したら、あらかじめスケジュールを立てておくようにするとよいでしょう。 書き方とポイント 喪中はがきに書くべき要素は『年賀状の辞退』『故人の名前』『命日』『享年』『締めの挨拶』などがあります。 例えば、下記のような書き方をするとよいでしょう。 『喪中につき年始のご挨拶をご遠慮申し上げます 〇年〇月〇日 故人(名前)が〇〇歳で永眠いたしました これまで賜りましたご厚情に対し故人に代わって深くお礼申し上げます 寒冷の候 皆様のご清祥をお祈り申し上げます』 喪中はがきは、あくまでもお知らせです。 通常の手紙のような『拝啓』『敬具』は必要ありません。 喪中なのに年賀状が届いてしまったら? タイミング悪く喪中はがきの配達が間に合わなかった場合や、相手が喪中はがきをもらったことを忘れて出してしまう場合もあります。 喪中に年賀状が届いたときの対処法をチェックしましょう。 寒中見舞いで返事を出す 年賀状を出していない人から年始の挨拶状が届いた場合、返事を出すことが礼儀ですが『身内が亡くなってから1年間』は、平常時のように返事は返せません。 喪中に年賀状が届いたときは『寒中見舞い』として年賀状の返事を出す方法があります。 寒中見舞いは年賀状とは意味合いが異なる挨拶状であり、寒さが厳しいときに相手の体調を気遣って出すもので祝い事にはあたりません。 寒中見舞いを出す時期 寒中見舞いは『1月5日~2月4日』頃までに出す挨拶状です。 旧暦では節分の日にあたる『立春』の日を境に季節が変わると考えられています。 寒中見舞いを出せるのは、立春の日までだと覚えておきましょう。 関東では1月7日以降・関西では1月15日以降の『松の内』が明けた頃に、寒中見舞いとして年賀状の返事を出すことがおすすめです。 寒中見舞いを出すときは、年賀状のお礼と喪中であることを書くとよいでしょう。 以下が例文です。 『心のこもった年賀状をいただき、誠にありがとうございます。 喪中につき新年のご挨拶を失礼しましたこと、お詫び申し上げます。 寒さが一層厳しい季節、ご自愛くださいませ。 本年も何卒よろしくお願いいたします』 文/編集部.

次の