ワシン 水性 ウレタン ニス。 【つや出しニスと水性ニスどちらが良い?】つや出しニスと木工水性ニスの違いを検証してみた!!

はじめてのDIYでこれだけは抑えておきたいニスの塗り方と選び方まとめ

ワシン 水性 ウレタン ニス

花・ガーデン・DIYジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

水性ニス

ワシン 水性 ウレタン ニス

ニスとは まず初めに、ニスとは何なのかということですが、木材の表面を保護し艶や色を付ける物です。 ニスには、水性ニスと水性ウレタンニス、そして油性ニスがあります。 艶もありと艶なしが選べますし、色も、透明な物から茶色や、黒っぽいものまで色々選べますよ。 水性ニス 水性ニスは、匂いや有害物質がほとんどなく、室内で作業できます。 ただ耐久性があまりなく、椅子やテーブルなどの家具には向きません。 主な用途として、工作品や工芸品などの仕上げに使います。 水性ニスを薄める際は、水を使います。 使い終わった刷毛や容器は、水で洗うことができるので、管理がとても楽ですね。 水性ウレタンニス 水性ウレタンニスは、油性と水性の中間的な要素を、持っています。 この水性ウレタンニスも、水性ニス同様匂いや有害物質などがほとんどなく、室内で作業ができます。 水性ウレタンニスは、耐久性があるので、椅子やテーブルなどの家具に使用できます。 ただ湿気の多い場所には向いていません。 商品によっては、食品衛生法にも適合している物もあるので、ご飯を食べる時に使う、テーブルなどにも使えるんですね。 水性ウレタンニスを薄める際は、水を使つかいます。 使い終わった刷毛や容器も、水で洗うことができますよ。 DIY初心者には、この水性ウレタンニスが一番使いやすいためおススメですね。 今回私が実際に使っているものは、この水性ウレタンニスです。 油性ニス 油性ニスは、耐久性がとても強いです。 椅子やテーブルなどの、家具以外にフローリングなどにも使えるんですね。 商品によって多少違いがありますが、室外のウッドデッキや木材に使用できます。 紫外線を吸収してくれる成分が入っていると一番いいですよ。 ただDIY初心者の方には、扱いにくい点があります。 まず匂いがあります。 室内で作業する際は換気を十分にしてくださいね。 もう一つは乾くのが遅いため、作業時間が長くなってしまいます。 そんなの気にしない、っていう方には、油性ニスがおススメですよ。 油性ニスを薄める際は、うすめ液を使用すると綺麗に塗れます。 使い終わった刷毛や容器も、うすめ液で洗わないといけないので、少し手間がかかってしまうんですね。 準備する物 ニスを塗るために、準備する物をお伝えします。 ニス お好きな物を選んでください。 ニスを塗る物や用途、場所により水性ニス、水性ウレタンニス、油性ニスを使い分けます。 刷毛 安い物でいいですが、ホームセンターで売っている刷毛の方が、毛が抜けにくいのでおススメです。 サンドペーパー(紙やすり) あまり荒くないものを使用してくださいね。 #240位の物や、もう少し細かい物を選んでおくと、サンドペーパーをかけた時に、綺麗に仕上げることができます。 マスキングテープ 塗りたくない所を、養生するために使います。 ニスを入れる物 100円均一の物で十分ですが、大きいペットボトルの底付近を切った物でも大丈夫です。 油性ニスを使用する際は、ホームセンターの塗料置き場に売っている、容器を使用してください。 写真にはローラーが写っていますが、ニスを塗るときには使いません。 理由としては、ローラーを使ってしまうと、泡がすごく発生してしまい、見た目が悪くなってしまうんですね。 基本的にニスは、刷毛塗りをしましょう。 今回私は、水性ウレタンニスのエボニーという茶色い色を選んでいます。 私の実家は、築20年近く経っていて、塗る場所(木材)が、痛んで変色してしまっているので、クリアではなく茶色にしたかったんですね。 そして塗る場所が窓の所なので、水性ウレタンニスにしてみました。 実際に塗ろう まず初めに、塗る材料をよく拭き、その後サンドペーパー(紙やすり)で軽く磨いていきます。 この時小さな木材に、サンドペーパーを巻いて磨くと、手も痛くならないですし、平らに削ることができますよ。 木目に沿って、なでるように擦っていきます。 バリやささくれ等が、なくなるまで削ります。 この時に、塗る物に塗料や、ニスが塗っていないか確認してくださいね。 古いニスや塗料が残っていると、新しく塗ったニスが弾かれたり、乾いた後に剥がれてしまったりします。 その後、マスキングテープで塗りたくない場所を、養生(マスキング)していきます。 ニスを塗るときは、厚塗りするのではなく、薄く延ばす感じで塗ってくださいね。 何度も重ねて塗ることによって、綺麗になります。 ニスを、ドバっとつけてしまうと、泡が発生したり、色のムラが出てしまいますよ。 刷毛の動かし方は、木目に沿って同じ方向に動かすと、刷毛の跡が目立ちません。 ゆっくりと動かせば気泡が入りにくくなります。 一回目が塗り終わりました。 完全に乾くまで待った後、もう一度サンドペーパーを当てます。 刷毛の跡や、気泡が入ってしまった場合は、ここで綺麗に削りましょう。 ニスがちゃんと乾いていないと、上手く削れず汚くなってしまうので、気を付けて下さい。 この作業を2~3回位繰り返します。 自分の好みにより調整してください。 自分の好みの仕上がりになったら、マスキングテープをはがして完成です。 マスキングテープは、最後に塗ったニスが、少し乾いてきたなと思ったらはがしてくださいね。 完全に乾いてしまうと、はがれにくくなったり、ニスまで一緒にはがれてしまう可能性があります。 私は今回、わざと刷毛の跡や、木目を残すように塗ったので、こんな感じに仕上がりましたが、サンドペーパーで削り段差をなくせば、もっとつやつやのつるつるになりますよ。 コツは、塗る物に塗料や、ニスが付いていないか、確認する。 一回で塗るのではなく、何回も重ねて塗る。 完全に乾いてから、サンドペーパーで削るこれだけなんですね。 もしニスが垂れてしまったり、気泡ができてしまっても、サンドペーパーで削ってしまえば大丈夫です。 DIY初心者の方でも、手順や、コツさえ間違わなければ、とても綺麗に仕上げることができますよ。 とても簡単なので、ぜひやってみてくださいね。 今回使った水性ウレタンニスはこちらです。

次の

つや消しの水性ウレタンニスの塗り方は?ニスの種類/重ね塗り/乾燥時間

ワシン 水性 ウレタン ニス

まずは下地処理 どんな塗装方法を選ぶにしても、まずは下地処理をしっかりとしておきましょう。 サンドペーパーで、ささくれや小傷を取っておきます。 まず120番程度で大まかにサンディングした後に240番程度のサンドペーパーで仕上げていきます。 サンドペーパーというとA4サイズ程度の長方形をイメージしますが、ロールタイプのサンドペーパーもあります。 必要な長さだけ切って使えるので、便利です。 下地処理の場合、空研ぎ用のペーパーを使います。 下地処理で出た研磨カスはキレイに取り去りましょう。 研磨カスが残っていると、塗料を塗ったときにムラが出来ることがあります。 木目の見える塗装にする場合、罫書き線もちゃんと消しておきましょう。 サンドペーパーで削り落とすか、鉛筆やシャープペンシルでの罫書きの場合は、消しゴムで消します。 経験上、消しゴムで消すのが確実です(サンドペーパーではなかなか消えない)。 ペイント塗装(木目が見えなくなるような塗装)の場合、深い傷やひび割れはパテで埋めます。 木目の見えるような塗装の場合、パテ埋めするとパテの部分に塗料が浸透せずに目立つことがある(塗装OKのパテもありますが)ので注意しましょう。 より良い下地処理を求める 加工時に材料を置いたり、ぶつけたりと、気づかないけど木材には結構へこみがあったりします。 凸部分は削れば良いですが、凹部分は削っても戻すことが出来ません。 より良い下地処理を求めるなら 水引きという作業を行います。 木材は水分を含むと膨らむ特性があります。 この特性を利用して凹んだ部分を復元させます。 復元させた後に再びサンドペーパーなどで研磨することで平らな面を作ります。 水引きの方法は簡単で、霧吹きなどで表面をまんべんなく濡らしていくか、水を十分に含ませたウェス(ぞうきん、ぼろ布、タオルなど)かスポンジで表面に水分を含ませます。 その後は、日陰で十分に乾燥させてから下地研磨を行います。 水引きを行わずに塗装をして、乾燥させたら表面がざらざらデコボコ(塗料も水分なので、へこみが膨らんできてしまう)ということもあります。 床やダイニングテーブル、実用的な家具などには不向きです。 また、野外の作品にも向いていません。 水性なのでハケが水洗いでき、また、塗料自体を水で薄めることができるので手軽に扱えます。 臭いが少ないのも良いところ。 注意するのは塗装後でも傷がつきやすく、耐久性が多少劣る点です。 クリヤー色の水性ニスは乳白色をしていますが、乾燥すると透明になります。 どの色もツヤのある仕上がりになります。 ニスの仕上げで失敗しやすいのは、粘度が高すぎて刷毛の跡が残ってしまうことや気泡が出来ること。 これを無理矢理消そうと思ってもどつぼにはまります。 水で薄めて、薄く塗るのが成功の秘訣です。 2~3回塗り重ねましょう。 良いことずくめのように思いますが、油性なので、刷毛の洗浄にはペイント薄め液が必要であったり、薄めるのにもペイント薄め液が必要で、手軽とは言えません。 耐久性、防水性の必要性などを考えて選択しましょう。 水性ニス同様、ペイント薄め液で薄くして、粘度を下げてから塗りましょう。 そのまま塗れると書いてあっても、粘度が高いと塗料が伸びないので塗りにくいです。 着色済みのニスとクリヤー、つや消しクリヤーとあります。 着色して、つや消しの効果を得たい場合は、着色済みのニスの上につや消しクリヤーを塗ります。 クリヤーといっても若干飴色がかった色合いになります。 油性ニスの何が面倒かというと後処理。 使用した刷毛はペイント薄め液で洗浄しないといけません。 刷毛の洗い方はペイント薄め液で洗った後に、中性洗剤を使って、お湯の中でぬめりが無くなるまで洗浄します。 ペイント薄め液はそのまま下水に流すことは出来ません。 塗料固化剤というものが売っているので、固めてから可燃ゴミで捨てます。 若干、お値段高めなのが玉にきず。 水性なので屋外では使用できませんが、丈夫な塗膜を作ることで高い耐久性があります。 完全に乾けば、水拭きなども出来ます。 和信ペイントの水性ウレタンニスは食品衛生法に適合していますので、食卓周りの塗装にも利用出来ます。 着色済みのニスとクリヤー、つや消しクリヤーとあります。 クリヤー色の水性ウレタンニスは乳白色をしていますが、乾燥すると透明になります。 つや消しクリヤー以外はツヤのある仕上がりになります。 着色して、つや消しの効果を得たい場合は、着色済みのニスの上につや消しクリヤーを塗ります。 つや消しクリヤー仕上げは、テカテカしない木材の持つ自然な風合いになるのでオススメです。 ニスの上手な塗り方 1.塗る前の準備。 下地処理をしておきます。 塗りたくない部分にはマスキングテープでマスキングします。 2.道具を用意する。 ニスを使用する前に、容器をよく振って攪拌しましょう。 ニスを使用分だけ別の容器に移したら、水、またはペイント薄め液で薄めます。 少しずつ様子を見ながら薄めていきましょう。 さらさらになるくらいが良いです。 刷毛を使って塗装する場合は、抜け毛が大敵。 買ったばかりの刷毛(特に価格の安いモノ)は毛が抜けやすいので、刷毛を振ったり、くしを使って梳(と)かすなどして抜け毛が取り除きます。 3.刷毛を使って塗る。 木目に沿って、薄くまんべんなく塗っていきましょう。 薄くがポイントです。 また、クリヤー色だと、塗り残しにも注意。 光り具合などを見ながら塗り残しが無いように塗ります。 4.十分に乾燥させる。 製品に書かれている乾燥時間を守って、直射日光があたらない場所で乾燥させます。 乾燥時には周辺でホコリが立たないように気を付けましょう。 乾燥時間が経過して、触ってもべとつかなくなればOK。 5.サンドペーパーを掛ける。 320~400番程度のサンドペーパーで表面を研磨します。 白い粉が出てくるので、キレイに拭き取りましょう。 6.3~4を繰り返す。 ニス仕上げでは重ね塗りが基本。 最低2回の重ね塗りをしましょう。 着色ニスの場合、塗り重ねる毎に色が濃くなっていきます。 好みの色になるまで、繰り返しましょう。 仕上がり具合もしっかりシミュレーション! DIYの設計で忘れがちなのが仕上げの塗装の、塗料の見積もり。 このアプリなら塗料を登録して見積もりも簡単にできます。 ベッドの塗装ということで、水気などの心配も無いと思いますので、水性ステインのみでの仕上げも良いかと思います。 メーカー商品サイトを見るとラッカー系、ポリウレタン系ニスの上塗り可。 とありますので、どんなニスでも上塗りは可能かと思います。 (詳しくは塗料メーカーにお問合せ頂くのが確実です) ニス仕上げは、ニスの濃度(粘度)が高いと、かなり塗りにくいです。 油性ならペイントうすめ液、水性なら少量の水などを使って濃度を調整してあげると失敗が少ないと思います。 水性ニスが扱いやすいですね。 1度に仕上げず、何度か重ね塗りすることで失敗は防げると思いますよ。

次の