サーフェス キーボード 反応 しない。 タイプカバーが全く反応しない

Surface pro3のキーボードとUSBが認識しない時の対処法

サーフェス キーボード 反応 しない

Surface Pro3のキーボードが反応しなくなった Surface Pro3のキーボードが反応しなくなった Windos10のUpdate後にキーボードが反応しないということで調査。 症状としてはタッチパッドは動くけど蓋のキーボードが反応しない。 USBでキーボードを接続するとそっちのキーボードは反応する。 ただし、なぜか英語キーボードとして認識されてしまっている状態。 どうも利用者が自分で解決しようとして色々試した結果らしい。 デバイスマネージャを見ると最初はキーボードのドライバ自体が 表示されていなかった。 どこかのサイトの情報にならってアンインストール とかしたらしい。 キーボードが効かなくなった最初の状態はわからないとのこと。 とりあえず、USBのキーボードを接続するとUSBキーボード用のドライバは入った。 とりあえず英語キーボードになってしまったのをまず直す。 このページの「対処方法2:言語の設定やIMEの設定を手動でやりなおしてみる。 説明のキャプチャとメニュー構成が 少し違うので注意「言語」側にオプションがあったのでそこで変更した。 次にSurface Pro3のドライバを探す 上記ページにアクセスし、「Surface Pro 3」の右側のURLに遷移。 「Download」をクリックして遷移、前のページにあった以下の説明に合致するmsiファイルにチェックを入れてダウンロード。 最新のドライバーとファームウェアによる更新を Surface に適用するには、 使用している Surface モデルと Windows のバージョンに一致する. msi ファイル名を選択します。 msi を選択します。 msi を選択します。 ダウンロードしたmsiファイルを実行するとドライバのインストールが始まる。 インストール後に再起動になるので再起動を行うとキーボードが復活した。 カテゴリー• 14 タグ アーカイブ•

次の

Surface Pro3/Pro4でタイプカバーキーボードが認識しなくなったときの対処方法

サーフェス キーボード 反応 しない

水をこぼしたらどうする? 仕事をしている途中で うっかりコーヒーをキーボードにこぼしたり、ペットがパソコン近くのコップを倒して、 パソコンに水がかかったり、いろいろな原因でパソコンが水で濡れる時があります。 その場合、慌てず初期対応が肝心です。 ほとんどの人が 水が入った瞬間に電源が入るか?否かを確認する為、電源を入れ直したり、何か操作したりします これ絶対ダメ! コーヒー(水分)がかかっても絶対に操作してはダメです 水がかかった状態でこのサイトを見ている人は慌てず下記の手順を従って行動を起こしてください。 大丈夫です! パソコンはそんなに弱いものではありません。 特に2016年以降のdynabookには何らかの対策かとられていますので、安心して下記を実施ください。 水こぼしの初期対応 初期対応で驚く結果を出します。 騙されたと思ってやってみてください。 1.電源を切る とにかく電源をダウンしてショート避けてください。 急いでシャットダウンもしくは電源ボタン長押しで強制終了です。 2.水分をタオルに逃す こぼした量にも依存しますが、大量にこぼした場合は下記のようにタオルを挟んで裏が返しして下さい。 このようにするとこぼれた水分が逆流して、大事な基盤に浸透しません。 もちろん、液晶も水は大敵ですので、かからないにしてください。 初期対応が良ければキーボードだけの故障で済みます。 タオルがある程度吸うまでしてください。 3.ドライヤーで乾かす とにかく根気よくキーボードの間から乾かしてください。 「 風」です。 水分は風で乾きます。 これ重要です。 ちょっと乾いたなあ~というくらいではだめです。 その状態で丸1日風通しの良いところに置いて放置してください。 仮に少しでも基板等に水分が残っていれば電源入れるとショートして終わりです。 完全に乾かせば、また普通のように使えます。 バラバラに分解できる人であれば、完全分解を実施し、乾かして組み立てても良いでしょう。 自信がなければ焦らず根気よく乾かしましょう。 先ほども言いましたが、 水分は熱より、風の方が乾きが早いですから、ドライヤーなどの送風で根気よく乾かすと早いです。 ジュースをこぼした場合 こぼしたものがお茶や水、コーヒー(ブラック無糖)などであれば、乾かすだけで復活しますが、ジュースや糖分のあるコーヒーの場合はそうはいきません。 糖分によりキーボードのパンタグラフがくっついてしまうからです。 こうなると文字が打てなかったり、押しっぱなしになって文字を連打した状態になったりという事が起きてきます。 流石にキーボードを洗うことはできませんので、この場合は キーボードの丸替え(交換)になります。 キーボード交換は修理センターに依頼するか、自分で交換する方法があります。 自分で交換する場合は、以下の記事を参考にして下さい。 修理依頼した場合 水分混入の状態で東芝の修理センターに見積依頼をすると、水没扱いで基板などの入れ替えの見積書がでてくるでしょう。 本体が動くのであればキーボード交換のみでも良いですが、その場合のリスクはきちんと認識しておきましょう。 つまりこの場合の修理の動作保証はありません。 交換してもらうだけですので、その後仮に文字が打てなくなっても対応してくれません。 まれにではありますが交換後のキーボード不良ということもあります。 このように水分混入(水没扱い)は非常にリスクを負ってしまうのです。 パソコンの構造を知る 因に昔の機種のサテライトなどがどうなっているか? 機種によって構造は様々です。 最近の機種はまず キーボード下の天板で一旦水が止められます。 その後、キーボード側面や細かい穴から、浸透し、 マザーボードに浸透します。 この時間がお猪口1杯で 約20秒~30秒ぐらい(推測です)です。 まずは電源を落とし、即座にドライヤーやタオルなどで乾かしてください。 我慢強く乾かすことで光が見えてきます。 ちょっと乾かしたくらいで電源を入れるとショートして使えなくなるかもしれませんので、2、3日は乾かすことに徹してください。 こういう考え方はその時知っても遅いので、まずこのことを頭の片隅に入れておくだけでも全然違います。 いざ、その状況の時に冷静に対処できると思います。 dynabookのリペア部品を探す 壊れたら自分で修理したい方のために再生部品サイトを運営していますので、是非興味のある方はご覧ください。 ダイナブック/サテライト部品販売 -.

次の

Surface Laptop のキーボード入力に関する不具合の解決方法 … 症状:半角記号の入力内容がおかしい

サーフェス キーボード 反応 しない

キーボードが物理的に死んだかどうかわからないので、再起動を試し、ドライバの不具合も疑ってWindows 10 Fall Creators Update も当てたりしたが復活せず…。 この場合、ドライバをインストールし直すことで解消することがあります。 Windows10の場合、スタートボタンを右クリックし、デバイスマネージャーを開きます。 表示された中に「キーボード」があるので、文字の左にある>をクリックします。 表示されたメッセージのうち下にある「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」をクリックします。 さらに表示されたメッセージのうち下にある「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します」をクリックします。 「互換性のあるハードウェアを表示」にチェックを外し、下のリストの中から「標準キーボード」を選択します。 一番下の「次へ」ボタンをクリックすると、ドライバーが更新されるはずです。 その後再起動して完了となります。 キーボードが反応しないのは?キーが故障している 時々キーボードの「Sキー」だけが反応しない。 パソコンに電気が帯電しているせいかもと思って放電してみたら反応した。 — ししく shishiku11 一部のキーが反応しないという現象は、帯電が原因というケースもあります。 デスクトップなら一度電源を落としてから、電源コードを抜き、1分程おいてから再度差し込めば放電完了です。 ノートパソコンなら電源を落としてから電源コードを抜き、さらにバッテリーを外して1分程おいてください。 その後元に戻して完了です。 これだけで直ってしまうことがあるので試す価値はあるでしょう。 また、帯電による不具合は他の箇所でも発生することがあるため、おかしいと思ったら放電してみるということをおすすめします。 テンキーだけ反応しない キーボードで文字は入力できるが、テンキーで数字がはいらないという場合は、NumLockがかかってしまっている可能性が高いです。 テンキー付近にあるNmLkキーを押してみましょう。 ライトがついていれば入力できる仕様ですので、つけた状態で数字を入力できるかどうか確認してください。 お茶やコーヒーをこぼしてしまってキーボードが反応しない! キーの入力が一部反応しないとの事でお預かりし、中を確認したところ何らかの液体が侵水した形跡が・・おそらくキーボードにジュースをこぼしてしまったようです。 交換対応となりました。 電源が入っていると水分がショートを起こすため、すぐに電源を落とします。 デスクトップのキーボードなら外し、縦にして水分を落とします。 ノートパソコンでもすべての接続機器を外してから縦にして水分を落としてみてください。 その後、布などで見える部分の水分をふき取り、できるだけ乾かします(ドライヤーなどの熱は高熱となるため逆効果です。 冷風などで乾かしましょう)。 これはお手上げ... どうしても緊急でログインの必要があるといった場合に救世主となります。 Windows10のログイン画面で出す場合、右下に3つのアイコンがありますが、真ん中の時計のようなアイコンをクリックします。 そこに「スクリーンキーボード」があります。 クリックすれば画面上に表示されて使用できます。 すでにログインした状態の場合は、スタートボタンからアプリの一覧の中に「Windows簡単操作」とあり、その中にスクリーンキーボードがあります。 マウスで操作するのは面倒ですが、緊急時には助かります。 外付けキーボードで対処 デスクトップであれば外付けのキーボードと交換すれば問題ありませんが、ノートパソコンの場合でも可能です。 詳しくは下記の記事で紹介していますのでご覧ください。 修理に出す ノートパソコンで外付けが嫌だという場合、最後の最後はやはり修理でしょう。 ノートパソコンのキーボード修理の相場は6千円~2万5千円と幅があります。 軽症で一部のキーだけ交換できた場合と全部を取り替える場合とで変わってきます。 メーカーの修理が高額でも、修理専門店なら安く済むということもあるため、見積もりを取ってみましょう。 場合によっては新品を買った方がお得ということもあるかもしれません。 まとめ デスクトップの場合はキーボードの交換も簡単なので、それほど深刻になる必要も無さそうですが、ノートパソコンの場合は本体と一体化しているため、キーボードが反応しないと困りますね。 ちょっとしたことで直ってしまう場合もあるので、ぜひ今回の記事を参考に冷静な対処を心がけてください。

次の