攻撃範囲制限 モンスト。 【モンスト】イタクァの適正キャラと攻略方法【究極】|ゲームエイト

【モンスト攻略】イタクァ戦攻略と適正モンスター紹介/狂気絡まる歪みの暗殺者 [ファミ通App]

攻撃範囲制限 モンスト

ギーラの最新評価 ギーラ(進化)の評価 Wキラー持ち ギーラはアビリティに聖騎士キラーと味んキラーを持つ。 さらに、星5制限クエストで展開されやすいダメージウォールにも対応できるため、星5制限クエストでは活躍しやすい性能。 友情とキラーの相性が悪い。 ギーラの友情は白爆発M。 友情の誘発がしやすくサポートに向いているが敵への攻撃には向いていない。 そのため、せっかく素アビでWキラーを持っているのに、敵への攻撃には向かない白爆発Mが友情になっているため相性が悪い。 総合評価と使い道 汎用性には欠けるがWキラー持ちのため、星5制限クエストではアタッカーとして活躍がしやすい。 ただ、ゲージ無しでキラーが使えるのにもかかわらず、友情がサポート寄りの白爆発Mなのが非常に残念なところではある。 4 タス上限 2460 3925 85. 0 タス込み最大 14385 15487 327. 2893 レア度 星4 属性 火属性 種族 ボール 貫通 タイプ バランス型 アビリティ わくわくの力 英雄の証なし ステータス HP 攻撃 スピード 最大 6881 9374 242. 53 タス上限 1400 900 23. 8 タス込み最大 8281 10274 266. ギーラはWキラー持ちで、ADWも持っている。 全体的に、星5制限クエストでは何かと活躍しやすい性能となっているので、運枠として作っておくことをおすすめする。

次の

【モンスト】マチの評価と素材の使い道(ハンターハンター)

攻撃範囲制限 モンスト

イタクァの攻略ポイント 地雷の対策をしよう 「イタクァ【星5制限】」のステージギミックは「地雷」になります。 「地雷」は 1発約2万ダメージと強力な上にの展開量も多いので、「マインスイーパー」や「飛行」を持ったキャラ4体を編成して挑戦しましょう。 反撃モードに触れてから剣を取ろう クエストを通して出現する「剣」のアイテムを取得することで敵へ与えるダメージが 5倍になります。 しかし、敵の反撃モードに触れると攻撃力ダウンしてしまうため、 先に反撃モードに触れてから「剣」を取得する立ち回りを意識しましょう。 ガンクロスを倒す• ステージ1ではまず友情か反射タイプハマりにいき、「ガンクロス」を処理しましょう。 次のターンい「剣」が湧くので、攻撃ダウンを最後に受けないよう気を付けつつ、残りの敵を処理してステージを突破します。 周りのザコを倒す• 先に広範囲友情で「イタクァ」の反撃を起動しつつ「剣」を取り、右壁との隙間に入っていくことで効率よくダメージを稼ぐことが可能です。 周りのザコを倒す• ザコ処理をする際は「イタクァ」の近くで停止しないことを心がけると、攻撃ダウンに巻き込まれずに済みます。 残った「イタクァ」は遠くから広範囲友情で攻撃するか、攻撃アップ状態のキャラで弱点を攻撃して倒しましょう。 バジリスクを倒す• 残りのザコを倒す• 初ターンに「バジリスク」を倒すことで動きやすくなるので、優先して倒すのがおすすめです。 ザコ処理後は反撃起動した後に「剣」を取り、反射タイプで壁カンすることで素早く「イタクァ」を倒すことができます。 スプリッツァーを倒す• そうすることで味方が攻撃アップ状態のまま、友情で火力を出せるので攻略がスムーズになります。 直殴り主体で攻撃する場合は、反撃を起動後「剣」を取得し、ボスと壁下との隙間で弱点攻撃するのがおすすめです。 バジリスクを倒す• ガンクロスを倒す• その後「ガンクロス」は反射タイプで隙間にハマって倒し、「イタクァ」に攻撃していきます。 「イタクァ」はこれまで同様「剣」を持ったキャラが周囲に停止しないよう気をつければ、友情だけで大ダメージを稼ぐことが可能です。 また、反射タイプのキャラであれば「イタクァ」の頭上で弱点カンカンすることで一気に火力を出すこともできます。

次の

モンストの「タオダオ(2)」の適正キャラ/攻略について解説!

攻撃範囲制限 モンスト

反射制限を倒さないとギミックが進展しないため、貫通タイプを4体編成ましょう。 中ボス、ボスへの攻撃は出現した ギャラクシーの反撃を発動しないとダメージが通りません。 反射制限を倒しクロスドクロを必ず発動させましょう。 広範囲の友情コンボ持ちの編成は控える 呼び出されたギャラクターには、「 あたり」と「 はずれ」が存在します。 あたりのギャラクシーに攻撃すると反撃でボムをボスへ投下し攻撃してくれます。 はずれに攻撃してしまうと敵の回復とギャラクシー全てが透過してしまいます。 広範囲に攻撃する友情コンボ持ちを編成していると、友情コンボではずれの反撃を発動させやすくなってしまいます。 広範囲に攻撃する友情コンボは控え、攻撃アップや防御アップなどを編成するのがおすすめです。 暗転前に呼び出されたギャラクシーを覚える 各ステージで、反射制限を倒しクロスドクロが発動すると、暗転前にギャラクシーがまず1体出現します。 ここで出現したギャラクシーが「あたり」なので、暗転後に攻撃すべきギャラクシーを判断できます。 暗転前に呼び出されたギャラクシーの 弱点の大きさやイラストの向いている方向を覚え、見逃さないようにしましょう。 各ステージのあたりギャラクシー バトル1 バトル2 バトル3• 弱点のサイズ【小】• 傾き【左側】• 弱点のサイズ【大】• 傾き【右側】• 弱点のサイズ【中】• 【貫通】• ・友情コンボで反撃を阻害しない• ・友情コンボで反撃を阻害しない• 【貫通】• ・友情コンボで反撃を阻害しにくい• 【貫通】• ・友情コンボで反撃を阻害しない• 【貫通】• ・サポート友情が優秀• 【貫通】• ・友情コンボで反撃を阻害しにくい• ・友情コンボで反撃を阻害しにくい• 【貫通】• ・友情コンボで反撃を阻害しにくい• ・友情コンボで反撃を阻害しにくい• 【貫通】• ・友情コンボで反撃を阻害しにくい.

次の