マイファス ボーカル。 【ワンオクTakaの兄弟】マイファスのhiroのトーク力がすごい!次男は何してる?

【ワンオクTakaの兄弟】マイファスのhiroのトーク力がすごい!次男は何してる?

マイファス ボーカル

元々は、 ジャニーズのNEWSのメンバーで、 「親の七光」 だとバッシングを受け、 悩んだ時期もありました。 そんなTaka君と全く同じ環境で 育った弟が居るのは知ってますか? 森進一さん、森昌子さんの 二人の間から生まれ、元ジャニーズ、 そして、 現在はロックバンドのボーカルをしている My first STORYのHIRO君です。 幼い頃から、 「ちゃんと縦社会を教えておく必要がある」 という考えから 長男であるTaka君に 敬語で話すように森進一さんが 教えて育てたようですね。 なので、正月だとかに Taka君が家に帰ってくると 「お兄さん、お元気ですか?」 と話しかけ、 食事に言っても、 「お兄さん、何を食べますか?」 「お兄さん、次は何をとりますか?」 みたいな感じで、 Taka君の友達が見て、ビックリするくらい かなりしっかりした敬語で話をするみたいです。 と、言うのも、 Taka君は 1988年4月17日生まれ HIRO君は 1994年1月25日生まれ で二人の年齢差は 6歳。 6歳差っていうと、 結構な年齢差なので、 話す内容も、趣味・関心も違うだろうし、 どうなんだろうな? って思いました。 Taka君は 父を重く思うことが多かったようですが、 HIRO君は そんなでもなかったのでは…? と…、、、 その証拠が 芸名です。 Taka君は本名が貴寛 HIRO君は寛樹。 この「寛」という字は 父、森進一さんの本名 「森内一寛」から一字当てて命名されています。 Taka君は、 わざわざ、「寛」を除いたところで、 「寛」という字を良く思ってなかったのかな? なんて思いました。 この辺の性格も、 Taka君とHIRO君で 若干、違いがありそうですよね。 最後まで読んでいただき ありがとうございました! Sponsored Link.

次の

マイファスHiroプロフィールWiki!兄Takaとの仲は?経歴や生い立ちは?|らぼぴっくこむ

マイファス ボーカル

最近のMY FIRST STORYが良い スポンサーリンク 最近のMY FIRST STORY(以下、マイファス)はかっこいいよなあと思うのだ。 ボーカルの表現力はあがってきたし、バンドの演奏も静と動のメリハリをつけてきて、よりアグレッシヴになってきた。 言うなれば、演奏そのものの表情が豊かになったと思うのだ。 もはやONE OK ROCK(以下、ワンオク)と比較するようなバンドじゃなくなった。 昔はワンオクの劣化バンドだなんて揶揄する人もいた。 そりゃあ兄弟だからボーカルの声質は似ている。 けれど、それ以外はまったくの別バンド。 良さも特徴も勝負しているポイントも全然違うバンドで、確かにワンオクにはワンオクの良さがあるけれど、マイファスも負けず劣らずのカッコいいバンドなのである。 新曲「無告」を聴いて、さらにそう感じた。 「無告」の話 まずはイントロ。 ピアノの旋律がベースにあって、静寂を感じさせる音の空間。 やがて、その中をドラムが侵入していき、やがてギターとベースが圧倒的な迫力で埋め尽くしていく。 このメリハリの効いた演出がすごく良い。 だから、曲の世界にグッと入り込めるのだ。 もちろん、hiroのボーカルも冴え渡っている。 どこか寂しげで儚げなボーカル。 タイトルにもある「無告」とは<苦しみを訴える相手のないこと>という意味の言葉であり、全体的な歌詞もじんわりと闇が見えてくる内容で、この力強さと哀愁のあるボーカルが絶妙にマッチしている。 ほんと、かっこいいんだけど、どこか切なさも漂う感じが、とても良いのだ。 ワンオクが良くも悪くも「洋楽化」していき、もはやロックバンドっぽくない音を鳴らすようになってきているなかで、マイファスは自分たちのサウンドを追求している感じがすごく伝わってくる。 マイファスはマイファスで不動の地位を築いたんだなーと思うのである。 だからこそ、だ。 「無告」のMVを見たときは、正直、んん????????と感じたのだ。 どうしてもワンオクの「Fight the night」の演出を想起させるからだ。 ONE OK ROCKの「Fight the night」に似ている 横並びに演奏するメンバーと、光の演出。 しかも、演奏する楽器隊の並びがワンオクのそれとまったく同じ。 せっかくワンオクと明確に差別化したバンドは、なぜかワンオクを想起させるような演出をMVに忍び込ませている。 もちろん、この演出は別にワンオクを意識したものではなくて、たまたま似たような演出になっただけかもしれないし、MVの絵コンテを考えたのはマイファスのメンバーではないだろうから、この演出にマイファスの意向なんて反映されていないと判断することもできる。 おそらく誰よりもワンオクを意識したバンドが、このような演出をまったく知らないままに実行するだろうか?という部分も生まれたりするのだ。 つまり、これって、わざとワンオクを意識したのではないか?と思ってしまうのだ。 「無告」というタイトルをつけた理由として、マイファスのhiroは今の自分の気持ちと合っていたからとインタビューでも述べている。 ということは、hiroは何かしらの苦しみを抱えていることになるわけだが、ここでいう<苦しみ>の延長線上にあるのは、特異な自分たちの立ち位置についてなのではないか?と疑ってしまうのである。 当然そこに交わるのはワンオクという存在だ。 スポンサーリンク 再度、「無告」の話について 「無告」の話に戻すと、この歌は今の一般的なバンドのフォーマットからすると、ちょっと長めのギターソロが入る。 そのギターソロの間は、ドラムも感情をぶちまけるようにして、荒々しいパフォーマンスを繰り広げる。 その後、静と動のメリハリがこの歌の醍醐味であると言わんばかりに、一気に静寂のサビパートに入る。 ギターのアルペジオと、ささやくような声で歌うhiro。 そして、ここの静寂のサビパートで歌わる言葉こそが、「無告」における重要なフレーズではないかと思ってしまうのだ。 なぜなら、このパートが一番、ボーカルが歌う言葉に注意が向くからだ。 (演奏がない分、ボーカルの声と歌っている言葉に注意が向く) しかもご丁寧にも、最後のサビパートに入るまでは、ギター以外の楽器は入ってこない。 で、この静寂サビパートで歌われている歌詞がこちらだ。 悲しくて 胸の奥が苦しくて どんな過去も今も未来も 全て変えれるのかな 寂しくて思い出すと空しくて いつかの理想と現実の狭間の中で このフレーズに何を想起するのかは聴き手の数だけあると思う。 けれど、なんとなく「今」のマイファスのことをどことなくイメージしてしまう。 今のマイファスはまだ現実を理想に変えるための道中であり、過去や今を切り離して、未来を掴むためにステップとして、歌われている言葉なのではないかと思ってしまうのである。 だからこそ、「わざと」ある種の過去の象徴であるワンオクを予感させる映像を、MVに取り入れたのではないか?そんな想像をしてしまうのである。 本当の<苦しみ>は言葉にできないからこそ、言葉と違う形でそのことを表現したのかなーなんて想像してしまうのである。 そして、そこにしっかりと対峙したかったからこそ、この歌は最初から最後まで、タイトルも含めて、きちんと日本語に向き合ったのではないかなあと思ったりするのである。 まとめ 真偽の程はわからないし、別に真偽を知ったところで意味なんてないかもしれない。 だって、単純にこの歌が素晴らしいから。 ワンオクのことを考えながらこの歌を聴くなんて邪道だし、その要素があろうがなかろうが、この歌が素晴らしいことには変わらない。 間違いなく今のマイファスはかっこいい。 そのことは間違いないし、そこに一点の揺らぎもないのだから。 スポンサーリンク.

次の

マイファスのヒロ(hiro)は結婚してる?相手(彼女)は明日花キララか | SandoraNEWS

マイファス ボーカル

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 にに基づいており、精度に欠けるかもしれません。 ( 2018年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2018年5月) MY FIRST STORY 出身地 ・ ジャンル 活動期間 - レーベル INTACT RECORDS (2012年 - ) 事務所 ジャパンミュージックシステム 公式サイト メンバー () Teru() Nob() Kid'z() (ギター) 旧メンバー Masack(ドラムス) MY FIRST STORY(マイ・ファースト・ストーリー)は、の。 ジャパンミュージックシステム所属。 はINTACT RECORDS。 は「 MFS」。 は「 マイファス」。 概要 [ ] 2011年夏、東京渋谷で結成。 の vo. が名付け親である。 2012年4月に1st FULL AL「MY FIRST STORY」でデビュー以降、全国の大型フェス出演や海外アーティストとの共演も数多く務め、2016年リリースの4thアルバム『ANTITHESE』では自身最高位であるオリコンウィークリー初登場4位を記録。 6月からは日本全国47都道府県をワンマンで回るツアー『 We're Just Waiting 4 You Tour 2016』を開催。 国内を回ったのちに台湾公演も行い、ツアーファイナルをで行った。 2017年7月、1stミニアルバム『ALL LEAD TRACKS』をリリース。 インディーズながら全ての曲にタイアップが付いた。 9月からはゲスト1組を迎えた全国の大型のライブハウスツアー『 MY FIRST STORY "MMA" TOUR 2017』を開催。 同ツアーのファイナル公演は12月23日、キャリア史上最大のキャパとなるで行った。 その後、横浜アリーナ、埼玉スーパーアリーナと続き着実にキャリアを伸ばしている。 メンバー [ ]• (ヒロ): 本名:森内寛樹(もりうち ひろき)、生年月日: 1994-01-25 (26歳)。 ・元夫妻の三男。 長兄はのボーカル。 メンバー最年少。 Nob(ノブ): 本名:加藤伸明(かとう のぶあき)、生年月日: 1984-10-14 (35歳)。 サウンドクリエイターユニット「」のメンバーとしても活動。 Teru(テル): 本名:西澤照貴(にしざわ てるき)、生年月日: 1992-05-28 (28歳)。 Kid'z(キッド): 本名:佐々木翔平(ささき しょうへい)、生年月日: 1992-07-27 (27歳)。 2016年3月にMY FIRST STORYに加入する以前は同レーベルに所属するバンドLOTHのドラムスであった。 LOTHは2015年11月に解散。 (ショウ):ギター 本名:土屋翔(つちや しょう)、生年月日: 1984-03-28 (36歳)。 メンバー最年長。 2015年末をもって無期限活動休止中。 2019年2月、ファンクラブ限定ツアーである「STORYTELLER TOUR 2019」で限定復活。 旧メンバー [ ]• Masack(マサック):ドラムス。 2016年3月3日脱退。 生年月日: 1988-01-03 (32歳) 現在はUtopia LeagueのDr. 来歴 [ ] 2011年• 8月、fromusの楽器隊であるSho、Nob、MasackがHiro、Teruを招く形で結成。 10月、ストリート・ファッション雑誌『Ollie』(オーリー)を出版する株式会社三栄書房が主催した音楽イベントに出演し、初めて公衆の面前にて演奏を披露した。 11月、ストリート・ファッション・ブランド「Subciety」(サブサエティ)が主催した音楽イベントに出演した。 2012年• 4月4日、結成から8ヶ月後に自身のバンド名を冠したアルバム『MY FIRST STORY』をリリース。 本作は、「Subciety」を運営するコアトラストによって設立された「INTACT RECORDS」(インタクト・レコード)から発売される第一弾の作品となった。 本作に収録されたリード曲「Second Limit」(セカンド・リミット)のミュージック・ビデオは、、、、らの映像を手がけた「maxilla」(マキシラ)が制作した。 同映像作品は、株式会社エンターメディアが運営するインディーズ音楽サイト「indiesmusic. com」(インディーズ・ミュージック・ドット・コム)限定で公開され、同サイトでの週間視聴率において第1位を獲得した。 8月19日、 2012に出演。 2013年• 2月6日、2ndアルバム「THE STORY IS MY LIFE」発売。 3月30日、 2013に出演。 4月29日、13に出演。 7月23日、1stシングル「最終回STORY」発売。 8月4日、2013に初出演。 8月10日、2013に出演。 8月24日、EAT THE ROCK 2013• 8月31日、RUSH BALL 2013• 12月28日、に出演。 2014年• 2月5日、初のLIVE DVD「The Beginning Tour Final ONEMAN SHOW at EBISU LIQUIDROOM」を発売。 4月29日、COMIN'KOBE14に出演。 5月3日、に出演。 6月14日、と共に「HIGHEST LIFE PARTY Vol. 」をにて開催。 7月16日、2ndシングル「Black Rail」発売。 8月9日、2014に出演。 8月16日、 2014に出演。 9月2日、10月25日より「虚言NEUROSE TOUR」の開催を発表。 9月24日、3rdシングル「不可逆リプレイス」発売。 10月29日、3rdアルバム「虚言NEUROSE」発売。 12月12日、Hiro Vo. とMasack Dr. がインフルエンザに感染。 ツアーの長崎、熊本、松山、広島の公演の延期を発表。 2015年• 4月29日、COMIN'KOBE15に出演。 5月4日、2015に出演。 5月27日、2nd LIVE DVD「ITSUWARI NEUROSE TOUR FINAL at SHINKIBASTUDIO COAST」発売。 7月19日、に出演。 8月2日、2015に出演。 8月5日、4thシングル「ALONE」発売。 8月28日 - 9月26日、バンド史上最大キャパの初のワンマンツアー「WE ARE NOT ALONE TOUR 2016」を開催。 10月、主宰のHALLOWEEN PARTY 2015出演。 10月9日、Sho Gt. が年内をもってライブ活動を休止を発表。 今後は裏方としてサポートをすることを発表。 11月12日、"VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666" にJOINT ACTとして出演。 12月2日、Shoの活動休止前最後のワンマンライブ「WE ARE NOT ALONE-Sho TIME!! -」をで開催。 2016年• 3月3日、ドラムのMasackが脱退を発表。 新ドラマーとして昨年解散したバンドLOTHのKid'z ex. Shohei が加入。 3月10日、Shoの活動休止、Masackの脱退を経て、新生MY FIRST STORYとしての初ライブ、「HIGHEST LIFE PARTY VOL. 5」を渋谷O-EASTで開催。 アンコールにて6月より47都道府県ワンマンツアー「We're Just Waiting 4 You Tour 2016」を行うことと今夏にフルアルバムを発売することを発表。 5月4日、2016に出演決定。 6月29日、4thアルバム「ANTITHESE」発売。 6月30日 - 10月22日、47都道府県を回る「We're Just Waiting 4 You Tour 2016」を開催。 11月5日、 ZERO 2016に出演。 11月18日、キャリア初となるでのワンマンを開催。 また、それに伴い会場限定でシングル「We're Just Waiting 4 You」をリリース。 2017年• 1月18日、スペシャルライブ〜SSIISL〜に出演• 1月22日、LET IT FESに出演• 2月6日、2月17日公開の映画「MY FIRST STORY DOCUMENTARY FILM-全心-」の完成披露上映会に登壇。 2月18日、「MY FIRST STORY DOCUMENTARY FILM-全心-」舞台挨拶を午前の部と午後の部で2回登壇。 2月21日 - 3月3日、Official member's club「STORYTELLER」会員限定ライブ「STORYTELLER TOUR 2017」及び、男性・女性限定ライブ「男祭り!」「女祭り!」を開催。 3月5日、主催「BREAKERZ 10周年 10番勝負-VS-」でBREAKERZと対バン。 3月20日、出演。 3月26日。 東京ガールズミュージックフェスに出演。 4月15日、A. T vol,10に出演。 5月21日、METROCKに出演• 5月28日、ガンホーフェスティバルに出演• 6月11日、SWANKY PLAYGROUND CIRCUITに出演。 7月5日、BOYS TUNE FESに出演。 7月13日、タワレコ主催のレコ発ライブ「LIVE! TO\ワー/RECORDS feat. MY FIRST STORY」に出演。 7月19日、ミニアルバム「ALL LEAD TRACKS」発売。 発売に伴い発売記念イベントをタワーレコード新宿店にて開催。 ハズレ無しのスピードくじにて「LET IT DIE」MV撮影機材プレゼント・ツアーポスターの手渡し・サイン会を行った。 8月11日、ROCK IN JAPAN FESに出演。 8月27日、a-nationに出演。 9月8日 - 11月4日、ゲストを迎えるツーマンツアー「"MMA" TOUR 2017」を開催。 10月27日、主宰のHALLOWEEN PARTY 2017にMY FIRST STORYとして出演。 また、HJOの一員に。 12月13日、未告知にて「ALL SECRET TRACKS」発売。 公式からは一切告知はなく、発売前日である12日にHMVやタワーレコード等のCDショップのツイッターにて入荷及び発売が知らされた。 歌詞カードも付いておらず、発売も歌詞もタイトル通りSECRETとなっている。 購入時に配布される抽選券で直筆サイン色紙・ポスター・ステッカーが当たるスピードくじをタワレコ渋谷店のみで開催した。 12月23日、「"MMA" TOUR 2017」のファイナル公演「"MMA" TOUR 2017 FINAL ONE MAN SHOW "THE PREMIUM SYMPHONY"」を開催。 フルオーケストラとともにリアレンジで披露。 また、会場限定シングル「Merry Christmas」をリリース。 初のシーズンソングとなっている。 12月27日、「"MMA" TOUR 2017 裏FINAL」をMUSIC ZOO KOBE 太陽と虎にて開催。 12月28日、に出演。 2018年• 2月12日 - 3月4日、Official member's club「STORYTELLER」会員限定ライブ「STORYTELLER TOUR 2018」及び、男性・女性限定ライブ「男祭り!」「女祭り!」、「Oneman Show at Kumamoto 2018」「Nob From MY FIRST STORY PREMIUM ONEMAN SHOW〜これがホントのALONEや〜」を開催。 3月28日、既発曲のオーケストラアレンジ8曲が収録された「THE PREMIUM SYMPHONY」を発売。 また限定で、スマートフォンで視聴できるVRセット販売 MFSオリジナルVRゴーグル付 も行う。 DVDとは異なるアングルで、DVD収録曲の中から「終焉レクイエム」「ALONE」「Black Rail」の3曲が視聴できる。 7月11日、シングルとしては、約3年ぶりとなる5thシングル「ACCIDENT 」発売。 10月16日、フルアルバムとしては約2年ぶりとなる5thアルバム「S・S・S」発売。 12月5日、さユりとのコラボ曲のシングル「レイメイ」発売。 2019年• 1月11,12日、「S・S・S TOUR FINAL at Yokohama Arena」を開催。 2日間にアンコール以外は全て違う曲が演奏された。 」を発売。 8月14日、6thシングル「無告」発売。 11月23日、神戸ワールド記念ホール、11月30日さいたまスーパーアリーナでツアーファイナルアリーナツアーが開催された。 どちらもチケットSOLD OUT。 さいたまスーパーアリーナのアンコールでは以前Hiroが偶然渋谷で出会った花-0714-を歌っていた優里を客席からステージに呼び一緒に花-0714-アレンジver. を歌った。 最終回STORY• EXPERIENCE• 「花」-0714- [DVD] THE STORY IS MY LIFE TOUR FINAL SHIBUYA CLUB QUATTRO• Lose your Mind• Awake• Second Limit• EXPERIENCE• The Story Is My Life 2 Black Rail CD INRC-0009 17位• Black Rail• FAKE• Love Letter 虚言NEUROSE 3 2014年 不可逆リプレイス CD INRC-0010 15位• 不可逆リプレイス• ALONE• 失踪FLAME• 21Miles [DVD]• ALONE MUSIC VIDEO• ALONE MV MAKING SHOOT ANTITHESE 5 ACCIDENT CD INRC-0030 15位• ACCIDENT• ブラック・スワン• lonely S・S・S 6 無告 INRC-0038 16位• mine• We're Just Waiting 4 You• Take My Hand 日本武道館公演での会場限定販売。 「Take My Hand」の歌詞は掲載されていない。 2 Merry Christmas CD INRC-0027• Merry Christmas• 不可逆リプレイス Acoustic Ver. 幕張メッセ公演での会場限定販売。 歌詞は掲載されていない。 初のシーズンソングと公言している。 3 光輝ける場所 CD INRC-0034• 光輝ける場所• Calling you Acoustic Ver. 横浜アリーナ公演での会場限定販売。 歌詞は掲載されていない。 CDの売上金は全額ALS団体に寄付している。 オリジナルアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 オリコン 1 CD INRC-0001 CD• S・S・S• WINNER• ACCIDENT• One Step• 絶対絶命• LET IT DIE• REVIVER• 2 FACE• Last Kiss• マボロシサスペンス• REMEMBER• With You 初回盤DVD• 私立 マイファス学園 STORYTELLER盤DVD• LET IT DIE• REVIVER• この世界で一番の幸せ者にはする事など出来ないかもしれないけど... The Storyteller• 「花」 -0714- feat. UK from MOROHA• Smash Out!! 武道館LIVE Ver. REVIVER オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団- オリジナルVer. STORYTELLER盤 DVD• ごっつぁんです!! Vol. EXPERIENCE• Lose your mind• Gift• The Story Is My Life• Awake• Calling you• 「花」-0714-• Still• Bullet radio• Take it Back!! preservation SE• The Reason• Warning• Deserve!! START OVER• 最終回STORY• Silence word ENCORE• Second Limit ENCORE [Extra]• Tour Document 2 ITSUWARI NEUROSE TOUR FINAL at SHINKIBA STUDIO COAST 2DVD INRC-0012 Disc 1• 虚言NEUROSE• The Story Is My Life• 最終回STORY• ROOM• Black Rail• FAKE• Zero Gravity• Awake• CHiLD -error-• Still• We Are Never Ever Getting Back Together Taylor Swift Cover• If I Am... 「花」-0714-• Love Letter• Drive me• Calling you• Someday• モノクロエフェクター• Second Limit• 不可逆リプレイス• Bullet radio ENCORE• Take it Back!! ENCORE• Second Limit Disc 2• Nothing In The Story• ALONE• 最終回STORY• Last Call• 悪戯フィクション• Black Rail• Smash Out!! Missing You• One Light• 君の唄• 「花」-0714-• Love Letter• monologue• 虚言NEUROSE• The Story Is My Life• "Boom"• 失踪FLAME• The Puzzle• モノクロエフェクター• Someday• Tomorrowland• Second Limit• 不可逆リプレイス• ALONE -ENCORE-• We're Just Waitting 4 You -ENCORE-• Home -ENCORE-• 終焉レクイエム• ALONE• Black Rail• 悪戯フィクション• Missing You• REVIVER• この世界で一番の幸せ者にはする事など出来ないかもしれないけど…• 失踪FLAME• See you again• Love Letter• monologue• 虚言NEUROSE• LET IT DIE• "Boom"• Zero Gravity• The Puzzle• CHiLD -error-• Tomorrowland• モノクロエフェクター• 不可逆リプレイス WIZY限定 VRダウンロード楽曲• 終焉レクイエム• ALONE• Black Rail 参加作品 [ ] 発売日 タイトル アーティスト 規格 規格品番 レーベル 収録曲 BEYOND THE BLUE vol. 5 CD EKRM-1217 Kick Rock MUSIC maximum10 compiles This. 『MAYDIE!! 』 Various Artists CD MXMM-10025 maximum 10 EXPERIENCE 2013年 CD VTCL-35165(ナノ Ver. ) CD VTCL-36166(蒼き鋼のアルペジオ Ver. ) SAVIOR OF SONG feat. MY FIRST STORY CD VTCL-36167(MY FIRST STORY Ver. ) SAVIOR OF SONG feat. MY FIRST STORY 2013年 BONEDS Various Artists CD INRC-0005 INTACT RECORDS What's my name?? START OVER BONEDS TOUR MOVIE Various Artists DVD INRC-0008 INTACT RECORDS What's my name?? START OVER DVD-BOX DVD PCBC-61735 ・ 不可逆リプレイス 2015年 Rock on. ナノ 2CD VTZL-93(NA ver. 10,000枚完全初回生産限定盤) Flying Dog Be the one 2CD VTZL-94(NO ver. 10,000完全初回生産限定盤) SAVIOR OF SONG Be the one CD VTCL-60388(通常盤) SAVIOR OF SONG Be the one 2015年 新宿スワン INSPIRED TRACKS -Selected by 白鳥龍彦- Various Artists CD SRCL-8818 CHiLD 〜error〜 2015年 CD VTCL-60408 〜 60409 Flying Dog SAVIOR OF SONG TV size nano's REMIXES ナノ CD VTCL-60433 Flying Dog SAVIOR OF SONG 映画「新宿スワンII」オリジナル・サウンドトラック Various Artists CD SRCL-9294 ソニー・ミュージックレコーズ Smash Out!! 2012年04月23日・30日 - 「」• D YOKOHAMA• 9 V2• 5 @TSUTAYA O-EAST 2016年6月30日〜11月18日 We're Just Waitting 4 You TOUR• 9 V2• D YOKOHAMA• 9 V1• 2011年11月18日 - Subciety A. T PROJECT Vol. 2012年03月17日 - RED LINE BEGINNING TOUR• 2012年04月14日・15日・26日 - MUSIC AGAINST THE FUTURE!! 2012年05月16日 - C. C TOUR 2012• 2012年04月29日・05月08日 - 50 PUSH!! ALL AROUND JAPAN TOUR 2012• 2012年06月02日 - BEYOND[THE]BLUE Tour 2012• 2012年06月05日・06日 - Keep on Calling Tour• 2012年06月16日・17日 - EMOTIONS tour• 2012年06月24日 - 大和音魂-YAMAOTOTAMASHII-• 2012年07月21日 - 2012• 2012年08月09日 - "A Bloody Love Letter" Release Tour• 2012年08月14日 - THE REALM OF POSSIBILITY• 2012年08月19日 - 2012• 2012年08月22日 - ROCK KIDS 802 THE MUSIC CAMP• 2012年09月02日 - 2012 LIVE [ON FIRE] SUMMER TOUR• 2012年09月16日 - 2012• 2012年09月17日 - Wicked Friends, Be Naked!! Tour 2012• 2012年09月25日 - [NOID] vol. 2012年09月29日 - REDLINE TOUR 2012• 2012年10月01日 - TOKYO HIGH SCHOOL ROCK'12• 2012年10月06日・07日・08日 - UNIONWAY FEST 2012• 2012年10月12日 - New Audiogram ver. 2012年10月14日 - MINAMI WHEEL 2012• 2012年11月14日 - カントリーロードツアー2012• 2012年11月18日 - SKULLSHIT presents SKULLMANIA Vol. 2012年12月17日 - KINGS ROAD TATTOO STUDIO Presents "COUNTER CULTURE"vol. 2013年03月02日 - SUBCIETY A. T project Vol. 2013年03月17日 - MUSIC CUBE 13• 2013年03月30日 - 2013• 2013年04月28日 - 13前夜祭 〜いよいよ明日! 前日から泊り込みで神戶にみんなやってきて仮眠具神戶! 2013年05月11日 - MADOllie 2013• 2013年05月18日 - Red Bull Live on the Road Qualify Stage• 2013年05月23日 - THE WILD ONE• 2013年06月02日 - RADIOTS 3rd ALBUM "REBELS" "THE GREAT REBELLION TOUR 2013"• 2013年06月28日 - TOUR 2013 FINDING "SIGNAL"• 2013年06月29日 - special program "RASCAL VALLEY 2013 in OSAKA"• 2013年06月30日 - ワンマンツアー2013【独想演奏会〜大阪編〜】• 2013年07月06日 - INTACT RECORD presents MY FIRST STORY vs Another Story• 2013年07月20日 - FREEDOM NAGOYA 2013• 2013年07月27日 - MORNING RIVER SUMMIT 2013• 2013年07月31日・08月01日・08日 - presents GG13• 2013年08月04日 - 2013• 2013年08月10日 - SUMMER SONIC 2013• 2013年08月24日 - EAT THE ROCK 2013• 2013年08月27日 - Shibuya CLUB QUATTRO 25th Anniversary "QUATTRO QUARTER"• 2013年08月29日 - 太陽と虎3周年記念興行「松原祭40連発くらい」23発目• 2013年08月31日 - 2013• 2013年09月11日 - 9microphones presents "Fight Back"• 2013年09月14日 - '13 〜夏の魔物〜• 2013年10月12日 - MINAMI WHEEL 2013• 2013年10月14日 - REDLINE TOUR 2013 10DAYS• 2013年10月27日 - 第50回 海の見える丘祭• 2013年10月31日 - DOGIMAZUN 2013 Helloween Night SPECIAL!! 2013年11月02日 - BREAK OUT祭 2013• 2013年11月09日 - COMBAT LIVE Vol. 2013年11月24日 - NOISEMAKER DOUBLE COLOR SHEEP TOUR 2013• 2013年11月29日 - THE ROCK FACTORY Vol. 2013年12月01日 - -アルス・ノヴァ-LIVE"Blue Field" 「ナノ Feat. MY FIRST STORY」として出演• 2013年12月28日 - ROCK FESTIVAL• 2014年01月03日〜02月05日 - BONEDS TOUR• 2014年02月15日 - Subciety A. T project Vol. 2014年03月15日 - HAPPY JACK 2014• 2014年03月16日 - LIVE SHUFFLE 2014• 2014年03月20日・21日・22日 - REDLINE BEGINNING TOUR 2014• 2014年04月01日 - ツタロック フェス 2014• 2014年04月24日〜05月11日 - INTACT RECORDS TOUR• 2014年04月29日 - COMIN'KOBE14• 2014年05月03日 - VIVA LA ROCK• 2014年05月25日 - 第53回友好祭 LIVE• 2014年06月14日 - HIGHEST LIFE PARTY Vol. 2014年06月15日 - TSM学園祭 2014 「西葛祭」スペシャルライブ• 2014年06月24日 - 音楽ノチカラ 3rd LIVE 〜ITSUZAI 2014〜• 2014年06月27日 - I ROCKS 2014 stand by LACCO TOWER【盟友編】• 2014年07月25日 - CIRCLE OF US Fes. 2014年07月31日 - presents SWANKY DANK "Circles" tour• 2014年08月09日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014• 2014年08月16日 - SUMMER SONIC 2014• 2014年09月06日 - 2014 〜galaxy of liberty〜• 2014年09月10日 - Northern19 5th Full Album【DISCOVERY】リリース "DISCOVERY tour"• 2014年10月31日 - REDLINE ZEPP TOUR 2014• 2014年11月03日 - 板橋キャンパス 第92回大東祭• 2015年01月24日 - NO MATTER LIVE 2015• 2015年03月21日 - Zephyren presents A. project vol8• 2015年03月28日・29日 - PUNKSPRING 2015• 2015年05月04日 - VIVA LA ROCK 2015• 2015年05月05日 - BEACH 2015• 2015年05月08日〜06月07日 - MY FIRST STORY vs ANOTHER STORY• 2015年07月17日 - BONEDS SPECIAL NIGHT• 2015年07月19日 - 2015• 2015年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015• 2015年08月15日・16日 - SUMMER SONIC 2015• 2015年10月10日 - 第47回わたらせ祭• 2015年10月11日 - 第53回 八王子祭• 2015年10月18日・23日 - HALLOWEEN PARTY 2015• 2015年10月24日 - LIVE IN SYUNKI FES 2015 〜俺達が届ける最高のstory〜• 2015年10月30日 - 第28回 明海祭• 2015年10月31日 - St. Paul's Festival 「MY FIRST STORY RIKKYO LIVE 〜Are you ready Go!! 2015年11月01日 - 第57回アジア祭• 2015年11月02日 - SWANKY PLAYGROUND TOUR• 2015年11月12日 - LIVE 2015-2016 JOINT 666• 2015年11月15日 - 六甲祭• 2015年11月22日 - MUTSUME FES LIVE2015 第二公演• 2015年12月06日 - SKULLSHIT presents SKULLMANIA vol. 10〜Final Episode〜• 2015年12月22日 - uP!!! SPECIAL LIVE HOLIC vol. 5 supported by SPACE SHOWER TV• 2015年12月28日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2015• 2017年01月13日 - III RELEASE TOUR FINAL SERIES• 2017年01月18日 - 『II』スペシャルライブ〜SSIISL• 2017年01月22日 - LET IT FES• 2017年03月05日 - 10周年 10番勝負 -VS-• 2017年03月19日 - JAPAN'S NEXT TURBO 2017• 2017年03月20日 - uP!!! SPECIAL LIVE HOLIC extra -LIVE HOLIC vol. 10- supported by SPACE SHOWER TV• 2017年03月26日 - TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017• 2017年04月15日 - THE GREAT ROCK'N'ROLL SEKIGAHARA 2017 〜氣志團万博 vs VAMPARK FEST〜• 2017年04月15日 - Zephyren presents A. T project vol. 2017年05月04日 - NIIGATA RAINBOW ROCK CIRCUIT 2017• 2017年05月07日 - 2017 in 金沢• 2017年05月14日 - OSAKA 2017• 2017年05月21日 - TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017• 2017年05月28日 - ガンホーフェスティバル 2017• 2017年06月10日 - 25周年特別企画 Special Live 2017• 2017年06月11日 - SWANKY PLAYGROUND CIRCUIT 2017• 2017年06月17日 - MIYAKO ISLAND ROCKFESTIVAL 2017• 2017年07月05日 - BOYS TUNE FES 2017• 2017年07月13日 - LIVE! TO\ワー/ RECORDS feat. MY FIRST STORY• 2017年07月16日 - JOIN ALIVE 2017• 2017年07月22日 - NUMBER SHOT 2017• 2017年08月11日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017• 2017年08月20日 - MONSTER baSH 2017• 2017年08月26日 - RUSH BALL 2017• 2017年08月27日 - 2017• 2017年09月02日 - TREASURE05X 2017 -MARCH OF TIME-• 2017年10月27日 - HALLOWEEN PARTY 2017• 2017年10月28日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2017• 3月10日 - Zephyren presents A. T project vol. 4月7日 - FISE HIROSHIMA WORLD MUSIC ACTION! 2018• 5月19日 - OSAKA METROPORITAN ROCK FESTIVAL 2018• 5月28日 - TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2018• 6月30日 - SUMMER TIME LOVER CIRCUIT 2018• 7月17日 - ICON SCRAMBLE• 8月1日 - WILKINSON Only One Fes. 2018• 8月5日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018• 8月15日 - SUMMER SONIC 2018(東京)• 9月15日 - AMBITIOUS TOHOKU FES 2018• 10月8日 - フジソニック2018SPECIAL• 10月26日 - HALLOWEEN PARTY 2018 (hyde主催)• 3月2日 - Zephyren presents A. T project Vol. 5月18日 - OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019• 6月1日 - 百万石音楽祭2019~ミリオンロックフェスティバル~• 6月2日 - LOVE MUSIC FESTIVAL 2019• 6月8日 - OTODAMA SEA STUDIO 2019「SPECIAL ACOUSTIC ONEMAN LIVE ON THE BEACH」• 8月2日 - FM802 30 PARTY ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!! -SPECIAL LIVE HIGH! HIGH! HIGH! 8月16日・18日 - SUMMER SONIC 2019• 12月1日 - REDLINE ALL THE BEST 2019 ~10th Anniversary~ 脚注 [ ] []• TSUTAYA T-SITE NEWS. 2017年6月19日. 2017年12月26日閲覧。 ナターシャ 2012年1月26日. 2012年3月12日閲覧。 CDジャーナル. 音楽出版社 2012年1月25日. 2012年3月12日閲覧。 ナターシャ 2012年2月23日. 2012年3月12日閲覧。 CDジャーナル. 音楽出版社 2012年2月27日. 2012年3月12日閲覧。 Musicman-NET. エフ・ビー・コミュニケーションズ 2012年3月12日. 2012年3月12日閲覧。 音楽ナタリー 2015年10月9日. 2015年10月9日閲覧。 MY FIRST STORY 公式サイト. 2019年7月22日. 2019年7月25日閲覧。 2019年8月23日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年11月9日. 2016年11月9日閲覧。 注釈 [ ]• 元々はに発売される予定だったが、JEESEの報道を受け、発売日の延期とともに収録予定であった 「アンダードッグ feat. 「絶対」はタイトル• 初回盤のみ• オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団- 盤のみ• によるSee you againのカバー楽曲 関連項目 [ ]• Hiroの実兄がボーカルを務めているバンド。 外部リンク [ ]• myfirststoryofficial -.

次の